BlazBlue Wiki Story:Heat Haze in the Wake of the Child of Heaven ~Distortion Catastrophe~

Story:Heat Haze in the Wake of the Child of Heaven ~Distortion Catastrophe~

From BlazBlue Wiki

第1節 アマノホコサカ/

Summary
目覚めるとホムラという人物と二人、記憶を

なくして出口のない建物にいた。唯一の手掛 かり『最強の剣』を探して行動を開始する。

???

……おぉ、目が覚めたか。

???
???

ずっと眠っていたから、心配したぞ。 大事ないか……?

???

1: ええと、ここは?
2: 君は誰?

1:
2:

???

……わからぬ。

???
ホムラ

余はホムラ。天ノ矛坂焔という。 そなたは、なんという名だ?

Homura
ホムラ

余はホムラ。天ノ矛坂焔という。 ……それ以外はなにもわからぬ。

Homura
ホムラ

そなた、名は?

Homura

1: ええと、ここは?
2: あなたは誰?

1:
2:

???

……わからぬ。

???
ホムラ

余はホムラ。天ノ矛坂焔とという。 そなたは、なんという名だ?

Homura
ホムラ

余はホムラ。天ノ矛坂焔という。 ……それ以外はなにもわからぬ。

Homura
ホムラ

そなた、名は?

Homura
ホムラ

……レイか。

Homura
ホムラ

うん? 誰か探しているのか? すまぬが、余にはわからぬ。

Homura
ホムラ

そなたを見つけたときから、そなたはずっとひとりで この場に倒れていた……。

Homura
ホムラ

……どうした? 余の顔がなにかおかしいか?

Homura

1: 男の子?
2: 女の子?

1:
2:

ホムラ

そ、そんなことが気になるのか?

Homura
ホムラ

だが、少し安心した。 そなたとは、ちゃんと会話ができるのだな。

Homura
ホムラ

いや、普通に言葉が交わせる相手と出会うのは、 ここでは少々珍しいことでな……。

Homura
ホムラ

…………。

Homura
ホムラ

もしやそなた、自分がどうしてこのような場所にいるのか、 事情もなにもわからぬのではないか?

Homura
ホムラ

……やはりそうか。実は、余もそうなのだ。

Homura
ホムラ

いつの間にか眠っていたようで、 目が覚めたら、この建物の中にいた。

Homura
ホムラ

あちこち探したのだが、外へ出られる場所が見つけられない。 広大な建物だが……まるで牢獄だ。

Homura
ホムラ

そなたが外に出る道を知ってやいないかと思ったのだが…… そううまくはいかぬか。

Homura
ホムラ

あ! そなたが無事であったことは、 喜ばしいと思っているぞ。本当だ。

Homura
ホムラ

ただ……もうずいぶん長くここにいる。 どうにか外に出られる手はないものか。

Homura
ホムラ

やはり『最強の剣』を見つけなければならないか……。

Homura

1: 最強の剣?
2: なにか方法を知ってるの?

1:
2:

ホムラ

うむ。なににも負けない、決して折れない『最強の剣』だ。

Homura
ホムラ

うむ。この建物のどこかに『最強の剣』があるはずなのだ。

Homura
ホムラ

それさえ見つけられれば、余はここから出られる。 理由を思い出せないのだが、間違いないはずだ。

Homura
ホムラ

その剣を見つけることが、誰かとの約束だったのだが……。

Homura
ホムラ

約束の相手が誰だったのか、そもそも『最強の剣』とは どんなものだったのか……それも今は思い出せなくて。

Homura
ホムラ

目が覚めたときからそうなのだ。頭に霞がかかったようで、 色々なことがはっきりしない。

Homura
ホムラ

そなたは、そのようなことはないか? ……そうか。ここに来た経緯以外は、思い出せるのだな。

Homura
ホムラ

なによりだ。

Homura
ホムラ

そうだ、そなた。余と一緒に『最強の剣』を探さぬか?

Homura
ホムラ

そうでなくとも、なにかしらここから出る手立ては そなたにも必要だろう。協力しようではないか。

Homura
ホムラ

そなたは悪人には見えぬ。 むしろ、信頼を置ける人物のように思える。

Homura
ホムラ

どうだ?

Homura

1: こちらこそ、お願いします
2: ひとりで迷うよりはよさそう

1:
2:

ホムラ

おぉ、そうか。では、共に行こう。 そうと決まれば、早速だが紹介したい者がいる。

Homura
ホムラ

実は、余には同行する者がもうひとりいるのだ。

Homura
ホムラ

なかなか頼りになる者でな。 今、この先の様子を見に行ってくれているのだが。

Homura
ホムラ

そろそろ戻ってくるのでは――

Homura
ホムラ

っ、な、何事だ!?

Homura

ちぃっ! 次から次へと!

Mei
ホムラ

冥!!

Homura
ホムラ

ど、どうした、なにがあった? 余もすぐそっちに行く、待っておれ……!

Homura

あ、こら、来るんじゃない! 逃げろ、馬鹿者! 奴らが押し寄せてきてる!

Mei
ホムラ

奴ら?

Homura

うわ来た! ええい、走れ、ホムラ!

Mei
ホムラ

ま、魔物が、あんなに……!

Homura

扉を開けたら、信じられない数の魔物が詰まってたんだ! いくらか倒したが、とても捌き切れん!

Mei

一旦退くぞ!

Mei

1: 加勢するよ!
2: ふたりでなら勝てそう?

1:
2:

お前は、さっき倒れていた奴か。 動けるんだな!?

Mei

よし、なら構えろ! ぶっちゃけ逃げ切れると思えん!

Mei
ホムラ

冥、レイ……!

Homura

ホムラは下がっていろ!

Mei

レイ、どこの誰だか知らんが、油断するな。 とにかく数が多い!

Mei

今追いかけてきてる奴らだけでも張り倒して、 さっさと逃げるぞ!

Mei

ーーー/

Summary
もう一人の協力者・冥も合流し周辺調査中、

突然の殺気と共にヒビキが現れる。ホムラを 解放せよ、と傍に立つ二人に斬りかかった。

はぁ、はぁ……ぜー、ぜー…… た、倒した……か?

Mei
ホムラ

た、倒した……倒したぞ、冥、レイ! すごい、ふたりで本当に全部倒してしまったとは……!

Homura
ホムラ

すごいのだな、ふたりとも! 余は驚いた! それに……安心したぞ。どちらも無事だな? 怪我はないか?

Homura

こっちも問題ない。めちゃくちゃ疲れたが……。

Mei

レイがいなければ、危なかったな。 助かった、礼を言う。

Mei

ようやく名乗れるな。私は天ノ矛坂冥。 こう見えても、陰陽術師だ。……お前は、何者だ?

Mei

1: なんと説明すればいいやら……
2: 簡単に言うと、迷子です

1:
2:

何だ。ややこしい事情があるのか?

Mei

迷子?

Mei
ホムラ

冥。 レイも余たちと同じなのだ。

Homura

同じ? ……ああ、そういうことか。

Mei

お前もわけもわからずに閉じ込められた系か。 戦力にはなるが、打開策にはならんということだな。

Mei
ホムラ

レイも一緒に、出口を探そうと思うのだが、 構わないだろうか。

Homura

ああ……そうだな。そのほうがいいだろう。

Mei

どうやらこの建物の中には わんさか魔物が潜んでいるらしいからな。

Mei

私がホムラを見つけたときも、 魔物に襲撃されようとしていたところだったし。

Mei

お前を放置して、あとで魔物に食われたところを 見つけでもしたら寝覚めが悪いにもほどがある。

Mei
ホムラ

余は……あまり戦いが得意ではない……。 そのために、冥にばかり戦闘を任せている。

Homura
ホムラ

冥はとても頼りになるが、限界はあろう。 すまぬが……冥を助けてやってくれまいか。

Homura

見くびるな。お前のような子供を 戦わせなければならないほど、落ちぶれていない。

Mei

……とはいえ、限界があるのも事実だ。

Mei

レイが手を貸してくれるのは、 素直に言ってありがたい。

Mei

……聞こえたか? 魔物の声だ。 近くじゃないが、気付かれると面倒だ。場所を変えよう。

Mei

……よし。どうやら気付かれずにすんだようだな。

Mei

ホムラ、大丈夫か? 疲れてはいないか?

Mei
ホムラ

大丈夫だ。これくらいで音を上げていては、 そなたたちの足を引っ張るばかりだ。

Homura

ふふ、そうか。 だが、無理はするなよ。

Mei

1: 冥がお姉ちゃんみたいだね
2: 元々知り合いじゃないの?

1:
2:

ホムラ

実はな、余もそんな風に感じている。 ここに閉じ込められてから、ほぼずっと一緒にいるからだろうか。

Homura

ああ。ここに閉じ込められて、あちこち彷徨っているときに 出会ったんだ。こんな子供をひとりで放っておけんだろう。

Mei

……ホムラに対して、妙な親近感は抱いているな。 なにせ名前が『天ノ矛坂』だ。

Mei
ホムラ

余も驚いた。まさか同じ姓を持つ者と出会おうとは。

Homura

偶然一致するような、ありふれた名ではないからな。 それに天ノ矛坂に限っては、遠縁であることも考えにくい。

Mei

……『天ノ矛坂』という家は少々特殊でな。

Mei

古い家で、分家は多く存在するがそのどれもが違う名を名乗る。 天ノ矛坂を名乗れるのは、本家の者だけだ。

Mei

ゆえにこの名を持つ者は非常に少ない。

Mei

同じ苗字でありながら、私の知らない人物がいるというのは、 実に不思議なことなんだ。

Mei

まあ、とはいえ、絶対にあり得ないとまでは言い切れないし、 そもそもここに来てからというものどうにも意識が曖昧だ。

Mei

私が思い出せずにいる親族のひとり、という可能性もある。

Mei
ホムラ

余にとっても、この名は特別な名であったはずだが…… どのような者が血族にいたかはまるで思い出せぬ。

Homura

わかるぞ、その感じ。自分が、大事な人のことを 忘れているような、そういう感覚がずっとあるんだ……。

Mei
ホムラ

あ、でもレイはそうではないようだぞ。 ここに来る経緯以外は、しっかり思い出せるようだ。

Homura
ホムラ

ならば余たちも、そのうちに思い出したりできるやもしれぬ。 大事なことなのだ……忘れたりするはずがない。

Homura

うん……そうだな。

Mei
ホムラ

……ん。冥、あれを見よ! 扉がある。これまでとは違う扉だ、出口かもしれぬぞ!

Homura

おお、確かに。ホムラ、よく見つけたな。 外に出られるかもしれない。行ってみよう。

Mei

む? 今のは……?

Mei

殺気!

Mei

くっ!?

Mei
ホムラ

め、冥!?

Homura

なんだ、何者だ!? いきなり斬りかかってくるとか、危ないだろ!

Mei
???

…………。

???

気配はすれど、応答なし……か。 ということは、手違いってわけじゃないようだな。

Mei

だったら遠慮はいらん。 ……そこだな、これでもくらえ!

Mei
ヒビキ

ハッ!

Hibiki

式神を斬った……!?

Mei

どうやら、さっきまでの魔物とは違うようだな。

Mei
ヒビキ

…………。

Hibiki
ホムラ

な……何者だ? なぜ余たちを襲う?

Homura
ヒビキ

勘違いしないでください。 全員を狙ったわけではありません。

Hibiki
ヒビキ

標的は、ホムラ殿下以外の二名だけです。

Hibiki

私とレイを?

Mei
ヒビキ

ホムラ殿下を解放しなさい。 今、すぐに。

Hibiki
ホムラ

なっ……狙いは余か!?

Homura

そうらしいな。 だが、はいそうですか、と渡せるか。

Mei

挨拶も説明もなしにいきなり斬りかかってくる奴だぞ。

Mei
ヒビキ

交渉決裂、ですね。後悔しますよ?

Hibiki

何が交渉だ。脅迫の間違いだろうが!

Mei

レイ、手を貸せ。 あいつを追い払うぞ。

Mei
ヒビキ

……仕方ありません。強引にでも、渡していただきます。

Hibiki

舐めてくれるなよ。後悔するのはそっちのほうかもしれないぞ。 行くぞ、レイ!

Mei

第2節 メザスベキモノ/

Summary
刃が迫る刹那、飛び込んできたシエルに救わ

れる。ヒビキの目的はホムラを守る事だと判 明し、一同は和解。皆で窯を目指すことに。

はぁぁっ!

Mei
ヒビキ

しっ!

Hibiki

くっ、また式神を斬られた! なんなんだ、あいつ。しつこいし、強い……!

Mei
ホムラ

レイと冥、ふたりがかりでも 倒せないなんて……。

Homura
ホムラ

そのような強者が何故、余を狙う? 何が目的なのだ?

Homura
ヒビキ

ふっ……!

Hibiki

レイ、注意しろ! 距離を詰められるぞ!

Mei
ヒビキ

遅い! これで終わりです。

Hibiki
ホムラ

レイ!?

Homura

1: 間に合わない!
2: どうにかして、受け止める……!

1:
2:

諦めるな、避けろぉ!

Mei
ホムラ

む、無茶だ! 逃げてくれ!

Homura
ヒビキ

でやぁっ!

Hibiki
ヒビキ

っ……もうひとり、いたのですか。

Hibiki
シエル

はっ!

Ciel
ヒビキ

甘い!

Hibiki

レイ、無事か? ……無事だな、よし。

Mei

それで、あいつは一体なんなんだ? 私たちが 押されていた相手と互角に打ち合っているが……。

Mei
ヒビキ

……なるほど。なかなかやりますね。

Hibiki
シエル

そちらも、相当な実力者ですね。奇襲には成功したと 思いましたが、対処は冷静で、攻撃は正確です。

Ciel
ヒビキ

さすがにこの程度で冷静さを欠くようでは、 任務を果たすことなどできませんからね。

Hibiki
ヒビキ

ホムラ殿下をなんとしてもお守りする……。

Hibiki
ヒビキ

そのためならば、どれほど集まってこようと 全力で排除するのみです。

Hibiki
シエル

そうですか。でしたら、私もただ、戦うだけです。

Ciel

おい待て、ちょっと待て! そっちの、私たちを襲ってきた奴! 今さらっと大事なこと言わなかったか?

Mei

お前の目的は、ホムラを守ることなのか? 危害を加えることではなく?

Mei
ヒビキ

当たり前です。 何故、自分がホムラ殿下を傷付ける必要があるのですか。

Hibiki
ヒビキ

自分はホムラ殿下をお守りするべく、得体の知れない あなたがたから殿下を保護しようとしているにすぎません。

Hibiki

…………。

Mei
ヒビキ

事情をご理解いただけたなら、構えてください。 全員まとめてお相手いたします。

Hibiki
シエル

望むところです。

Ciel

1: ちょっと待って、シエル
2: シエル、一度話し合おう

1:
2:

シエル

待つのですか? あちらは、そのつもりはないようですが。

Ciel
シエル

……相手の無力化を優先すべきだと思います。 その方が、交渉も安全に行えます。

Ciel

なんだ、加勢してくれた方は レイの知り合いか。

Mei

だったらいい、引いてくれ、攻撃の必要はない。 こいつがホムラを狙っていないのなら、事情を話し合うべきだ。

Mei

誤解を広げてややこしくするのは得策じゃない。

Mei
ホムラ

余からも頼む。双方、武器を納めてくれ。 余を守ると言うのなら、なおさらだ。

Homura
ヒビキ

……わかりました。ホムラ殿下のご命令とあらば、 従いましょう。

Hibiki
シエル

…………。

Ciel

ひとまず、話を聞いてくれ。 我々がいかに争う必要がないか、わかってもらえるはずだ。

Mei
ヒビキ

……申し訳ありません。 自分の早とちりだったようですね……。

Hibiki

そういうことになる。わかってもらえたか……。

Mei
ヒビキ

この場において、自分以外にホムラ殿下をお守りしようという 人間がいるとは思わず……大変、失礼いたしました。

Hibiki

どこへ行っても魔物だらけだしな。無理もない。 事情を知らなければ、怪しい連中に見えるのもわかる。

Mei
ホムラ

誰かが怪我をする前に、引いてくれてよかった。 聞いてくれて感謝するぞ。

Homura
ホムラ

……して、そなたら。名はなんと言う?

Homura
ヒビキ

……ヒビキ=コハクと申します。

Hibiki
シエル

シエル=サルファーです。

Ciel

シエルか。お前はレイと知り合いなんだな? どういう関係だ?

Mei
シエル

同じ組織に所属しています。

Ciel

同僚ということか。

Mei
ホムラ

そなたもレイと同じで、 自分についてよくわかっているようだな。

Homura
ヒビキ

そのことですが。もしやホムラ殿下は自分の…… ヒビキ=コハクのことをお忘れですか?

Hibiki
ホムラ

すまない。ここへ来てから、 どうも記憶がはっきりしていなくてな……。

Homura
ホムラ

そなたのことを、余は知っているはずなのだな?

Homura
ヒビキ

……そうでしたか。

Hibiki
ヒビキ

ではどうぞ、自分のことはお気になさらず。面識はありますが、 殿下にとって重要な人物というわけでもありません。

Hibiki
ヒビキ

ただ自分はホムラ殿下を、命に代えてもお守りする立場に あるというだけのこと。

Hibiki
ヒビキ

……そういう事情があるのなら、自分がホムラ殿下のことを、 殿下と正しく認識できていて幸いでした。

Hibiki
ホムラ

ヒビキよ。そなたは何故、余を守るのだ?

Homura
ヒビキ

それが、自分に与えられた任務だからです。 ある方から、殿下の御身を守るよう命じられております。

Hibiki
ヒビキ

……残念ながら、誰にお任せいただいたのかは…… 思い出せないのですが。

Hibiki

お前も思い出せないことがあるのか。

Mei
ヒビキ

はい、そのようです。

Hibiki
ヒビキ

ですがその方を思い出せないことを、 あまり重要な問題とは思っておりません。

Hibiki
ヒビキ

それが誰であれ、その方の命令は自分にとって絶対でした。 そのことさえわかっていれば、自分にとっては十分です。

Hibiki
ホムラ

……そうか。そなたの事情はよくわかった、ヒビキ。 余の元に参じてくれたこと、感謝するぞ。

Homura
ホムラ

余は、そなたを信頼する。余を守ると言う目には 覚悟があり、迷いがない。

Homura
ホムラ

そなたのことを思い出せないまま、こんなことを言うのは 礼を欠いているやもしれぬが……。

Homura
ホムラ

どうか余たちと共にきてはくれぬか。 ここから出る、出口を探したいのだ。

Homura
ヒビキ

はい。お供いたします。

Hibiki
ヒビキ

とはいえ、闇雲に出口を探しても 状況の改善は難しそうですね。

Hibiki
ヒビキ

ホムラ殿下を探す途中、建物の中を調べ回りましたが 出入口らしきものは見つかりませんでした。

Hibiki

そっちもか。……ちょっとは、 新しい情報が出るのを期待していたんだがな。

Mei
ヒビキ

では、あなたがたも特に 打開策となる情報をお持ちではないのですね。

Hibiki
ホムラ

いや。冥とレイには既に話したが、 『最強の剣』を探したい。

Homura
ホムラ

それがどういったものかは思い出せないが、 『最強の剣』は余を守り、助けてくれるもの。

Homura
ホムラ

それさえ見つければ、ここから出ることも可能なはずだ。 ……記憶はないが、確信があるのだ。

Homura
ヒビキ

では出口そのものというより、 その剣を探そうというのですね。

Hibiki
ホムラ

うむ。

Homura

その道中で、運よく出口が見つかることもあるだろう。 『最強の剣』とやら、本腰入れて探してみるか。

Mei
シエル

待ってください。私とレイさんは 残念ながら目的が異なります。

Ciel

1: え、そうなの?
2: 僕たちの目的って……

1:
2:

1: え、そうなの?
2: 私たちの目的って……

1:
2:

シエル

……どうやら、レイさんも一部、 記憶の欠落があるようですね。

Ciel
シエル

私たちの目的は、ファントムフィールドの調査です。 そのためにここへやってきました。

Ciel
シエル

もっとも、現在はイレギュラーが発生しているので、 調査よりも脱出を優先すべき状況だと判断します。

Ciel
シエル

脱出するべく、ファントムフィールドを支える窯を発見し、 破壊することが最優先事項です。

Ciel
ヒビキ

ファントムフィールド……? それに窯を破壊、とおっしゃいましたか?

Hibiki

どういうことなんだ、それは?

Mei
シエル

事情を説明することは可能ですが、 皆さんの脱出に役立つ情報ではないと思います。

Ciel
シエル

ただ私たちと皆さんの目的は異なりますので、 同行するのは非合理的だということを、お伝えしておきます。

Ciel
ホムラ

では……レイと一緒には行けぬのか……?

Homura
ホムラ

そうか……仕方がないが……寂しいな。

Homura

1: 寂しいなら一緒に行こう
2: 無理に別れる必要はないよ

1:
2:

ホムラ

え……だが、よいのか? 窯とやらを探さねばならぬのだろう?

Homura

優しいじゃないか、レイ。 だが、調査はいいのか?

Mei
シエル

……私たちの調査を行いながら、ホムラさんの剣探しも行う、 というおつもりですか?

Ciel
シエル

目指すものが違うのですから、同時に回収できるとは限りません。 そもそも目的地が違いますから、非効率的ではないでしょうか。

Ciel
ホムラ

シエル、そういうことなら、 ひとつ提案をさせてもらえないだろうか。

Homura
ホムラ

余は『最強の剣』を探したいが、それがどこにあるのかは わかっていない。手がかりもないのだ。

Homura
ホムラ

だから、できるならそなたたちの調査とやらに同行させてもらい、 その道中で『最強の剣』を探したい。……どうだろうか。

Homura

なるほど。それはいい考えだ。

Mei
ヒビキ

この建物は魔物の巣窟です。 戦力を分散させないのは、得策でしょう。

Hibiki
シエル

……わかりました。 ご一緒しましょう。

Ciel
シエル

ですがどちらかの目的を優先させなければならないとき、 私は任務を優先させていただきます。

Ciel
ホムラ

もちろんだ、そうしてくれ。

Homura
シエル

ありがとうございます。

Ciel
シエル

窯のおよその位置はすでにわかっています。 まずはそちらを目指しましょう。

Ciel

行くべき先がわかっているのか。それはありがたい。 さっきまでは、闇雲に彷徨うだけだったからな。

Mei

あとはできるだけ、魔物に出くわさないですむと いいんだが……。

Mei
魔物

シャアアアッ!

Monster

うわっ! ほら出た、まただ! しかもこの数!

Mei
シエル

っ……! かなりの数です。皆さん、警戒してください。

Ciel
ヒビキ

どんどん集まってきます! 各々、離れすぎないように。 はぐれては命取りです!

Hibiki

シエル、行き先はこっちで合っているんだよな!?

Mei
シエル

はい。 方角は、間違っていません。

Ciel
ホムラ

だが行こうとしている先に、うじゃうじゃいるぞ。 遠回りをしたほうがいいのではないか?

Homura
シエル

残念ながら、ルートを変えても同じです。

Ciel
シエル

これだけ多くの魔物が出現するのは、 私たちが窯を目指しているからです。

Ciel
シエル

窯を守るためにファントムフィールドの防衛機構が機能し、 過剰に障害を出現させます。

Ciel
シエル

このファントムフィールドの主な防衛手段は、魔物のようです から……窯を目指す以上、遭遇は避けられません。

Ciel

そいつは困った事態だな。

Mei
ヒビキ

突破するなら、自分が先陣を切ります。 ホムラ殿下、一時お側を離れますが、他の者から離れぬように。

Hibiki
ホムラ

わ、わかった。気を付けろ、ヒビキ。

Homura
ヒビキ

ご心配は無用です。 ……はぁっ!

Hibiki

私たちも行くぞ! ホムラは下がっていろ。

Mei
シエル

魔物の殲滅を開始します。

Ciel

ーーー/

Summary
皆でつかの間囲む食卓を、メイファン、ファ

ジーが襲撃。ホムラが彼女たちを拒絶する と、二人は一同に対し武力制圧を開始する。

シエル

…………。

Ciel
シエル

周囲から魔物の気配が消失しました。 殲滅、完了です。

Ciel
シエル

ただ、この建物自体にはまだ多くの魔物が潜んでいるでしょうから、 安全が確保されるのはしばらくの間だけですが。

Ciel

それでも、一息はつけるわけだ。 ふぅ……やれやれだな。

Mei
ヒビキ

ホムラ殿下、お怪我はございませんか?

Hibiki
ホムラ

見ての通りだ。みんなが守ってくれたおかげでな。 感謝する。

Homura

……誰だ、盛大に腹の音を鳴らしてるのは。 緊張感のないやつだな。

Mei
ホムラ

……す、すまない……余だ。

Homura
ヒビキ

殿下、空腹ですか?

Hibiki
ホムラ

あ、あぁ……少し、気が抜けたのかもしれない。

Homura
ホムラ

みんなが余を守るために頑張ってくれているというのに…… 己が情けない……。

Homura

気にするな、 それだけ今まで気持ちが張りつめてたってことだ。

Mei
ヒビキ

むしろ頼もしい限りです。このような状況に置いても 正常に空腹を覚えることは、大事なことですよ。

Hibiki
ヒビキ

近くに食事ができる場所がないか、探してきます。 みなさんはここで待っていてください。

Hibiki

わかった。気を付けろよ。

Mei
ヒビキ

大丈夫です。ひとり歩きは慣れていますから。

Hibiki
ホムラ

……ヒビキはああ言っていたが、余たちは 黙って待っていていいのだろうか?

Homura
ホムラ

何か、手伝った方がいいのではないか?

Homura

本人が大丈夫だと言っているのだから、任せておけ。 自分の力量を越えた無茶を簡単にするようなやつではなさそうだ。

Mei

それより、さっきから戦い続きだ。疲れただろう。 今のうちにゆっくり休んでおいたほうがいい。私はそうする。

Mei
ホムラ

むむぅ、休息も務めのうち、というわけか。 余は、やはりまだまだ未熟だな……。

Homura
ホムラ

レイ、そなたも疲れただろう。 共に休もう。

Homura

いつ、魔物がまた襲ってくるかわからないからな。 シエル、周囲の警戒を任せてもいいか?

Mei
シエル

…………。

Ciel

シエル?

Mei
シエル

……あ、はい。なんでしょうか?

Ciel

どうしたんだ、ぼうっとして。 どこか負傷したか?

Mei
シエル

いえ……何も問題ありません。

Ciel

そうか? だったら、考え事でもしていたのか?

Mei

お前、さっきから私の方を見つめていたじゃないか。 なのに、話を聞いていないというのは妙な感じだ。

Mei

何を考えていた? 私に何か訊きたいことでもあるなら、答えるぞ。

Mei
シエル

いえ。本当に、何でもないです。すみません。

Ciel
シエル

魔物の襲撃に備えて、見張りに立ちます。 みなさんは、休んでいてください。

Ciel

……変な奴だな。レイ、シエルは いつもあんな感じか?

Mei
ホムラ

まぁよいではないか、冥。

Homura
ホムラ

任務のことで、思うところがあるのかもしれない。 今はそっとしておこう。

Homura
ヒビキ

ただいま戻りました。

Hibiki

ああ、おかえり。何か見つかったか?

Mei
ヒビキ

はい。向こうの部屋にキッチンがありました。

Hibiki
ヒビキ

火も問題なく使えそうです。冷蔵庫に食材もありましたし、 きっと、食事の用意ができますよ。

Hibiki
ホムラ

おお、本当か?

Homura

キッチンがあっても作る人間がいないと 料理にならないだろ。

Mei
ヒビキ

料理人のようにとはいきませんが、簡単な料理でしたら 自分ができます。

Hibiki
ヒビキ

空腹を満たす程度の軽食くらいのものですが。

Hibiki
ホムラ

何を言う。それでも十分、ありがたいぞ。

Homura
ホムラ

余は、ヒビキの料理が楽しみだ。 作ってもらえるなら、ぜひ食べてみたい。

Homura

そうだな。 一度腰を落ち着けたら、私もなんだかお腹がすいてきた。

Mei
ヒビキ

では、キッチンへ移動しましょう。すぐにご用意します。

Hibiki
ホムラ

……ヒビキ。そなた、嘘をついたな?

Homura
ホムラ

そなたの料理は、とてもおいしいぞ。料理人のようには いかないなどと言っていたが、とんだ嘘ではないか。

Homura
ヒビキ

いえ、そのような……。

Hibiki

いや、本当にこれは大したものだぞ。 なあ、レイ。

Mei
ホムラ

せっかくだ、シエルもこちらで一緒に食べよう。 皆で食卓を囲むのは、楽しいぞ。食事もすごくおいしい。

Homura
シエル

必要ありません。私のことは気になさらないでください。 補給は十分です。索敵と警戒を続けます。

Ciel
ホムラ

そうか……それは残念だ。

Homura
ホムラ

だが、こうして皆で食事をするというのは、良いな。

Homura
ホムラ

記憶ははっきりしないが、以前の余には あまりこういう機会はなかったように思える。

Homura
ホムラ

だがそういうときでも、あやつは決まって……。 あやつは……確か……。

Homura
ホムラ

……? いや、誰だ……? 余のそばには、こういうとき、誰がいた……?

Homura
ヒビキ

みなさん、警戒を!

Hibiki

レイ! 後ろだ!

Mei

無事か、レイ!

Mei
ホムラ

な、何者だ!?

Homura
ヒビキ

あなたは……メイファン=ラピスラズリ。

Hibiki
メイファン

そうとも、ヒビキ=コハク。 その顔をここで見るとはな。

Meifang
ファジー

僕はファジー。よろしくね。 アハハハハ!

Fuzzy
メイファン

さて、不届きな逆賊ども。 即刻……ホムラ様を返してもらおうか!

Meifang
ホムラ

ま、また余を狙っているのか……。

Homura
ホムラ

メイファンとやら。 すまぬが、余はそなたのことが思い出せないのだ……。

Homura
ホムラ

だからなぜそなたが余を狙うのか……その理由がわからない。 余はそなたにとって、なんなのだ?

Homura
メイファン

ホムラ様は『あの方』の大切なもの。 有象無象が触れていいものではありません。

Meifang

要するに、お前もまたホムラを守ろうとしているのか? だったら、戦う必要はない。

Mei

私たちは皆、ホムラを害するつもりはない。 むしろ守りながら行動を共にしている。

Mei
ホムラ

そうだ、この者たちは余を守ってくれている仲間だ。 だから心配はいらない。メイファン、矛を納めてくれ。

Homura
ホムラ

そなたとこの者たちは、協力できるはずだ。

Homura
メイファン

……ホムラ様。

Meifang
メイファン

あなたは余計なことをお考えにならずともよい。

Meifang
ホムラ

え……?

Homura
メイファン

あなたは余人とは異なる存在。特別な地位に座すべき方。 それゆえにあなたの御身は、あなたの物に非ず。

Meifang
メイファン

よくよくご自分のお立場をご理解ください。

Meifang
メイファン

誰が御身を守るかも、誰が御身の味方であるかも、 あなたがお決めになることではない。

Meifang
メイファン

あなたの身柄を預かるべきなのは、私。 それ以外に道は必要ないのです。

Meifang
ホムラ

な……なにを……それではまるで、余は物ではないか! 余は人形ではないぞ!

Homura
メイファン

それもまた、御身がお決めになることではありません。

Meifang
メイファン

さあ、ホムラ様。こちらへ。

Meifang
ホムラ

……冥、ヒビキ、レイ。 余は、あの者が怖い……。一緒に行きたくないぞ……。

Homura
ヒビキ

賢明なご判断です。

Hibiki

ああ、当然の反応だ。それにああして、誰かのことを 思い通りにできると信じて疑わない態度、個人的に気に入らない。

Mei

1: ホムラ、隠れてて
2: ホムラは連れて行かせない

1:
2:

ホムラ

す、すまない。ありがとう、レイ!

Homura
ホムラ

レイ……そなたは、 本当に頼りになるな。嬉しいぞ……。

Homura
メイファン

フン、反逆者どもめ。 邪魔をするなら処分するまでだ。

Meifang
メイファン

帝様の『最強の矛』として、 我が忠誠に反するお前たちを討つ! ファジー!

Meifang
ファジー

はいはーい。簡単に壊れないでね。 すぐ遊べなくなっちゃったら、つまんないからさ〜。

Fuzzy
ヒビキ

……メイファン=ラピスラズリ。自分が所属する組織において、 反逆者を処分する隊を率いる者です。その実力は相当のもの。

Hibiki
ヒビキ

加えて、連れているのはどうやら人ではない様子。 十分にご注意ください。

Hibiki

ついさっき、壁をぶち破ったところを見たばかりだ。 侮るはずもない。

Mei

行くぞ、レイ!

Mei
シエル

……戦闘態勢に移行。攻撃を開始します。

Ciel

第3節 ワスレタダレカ/

Summary
辛くも襲撃から逃げ切るが、シエルは冥をど

こか警戒し、ホムラは記憶が戻らないまま。 各々不安を抱えつつも、一行は先へと進む。

メイファン

ちっ……薄汚い反逆者どもめ! 無駄な抵抗を!

Meifang
ファジー

アハハー! すごいすごい! いいよ、君たち! もっと楽しもう!

Fuzzy

しつこい連中だな! 付き合いきれるか!

Mei
ヒビキ

ですが、動きは鈍っています。 撤退するなら、今が好機。

Hibiki
ヒビキ

冥さん、式神で天井を!

Hibiki

わかった! レイ! ホムラを抱えて逃げろ!

Mei

……さあ、頼むぞ、式神たち!

Mei
ホムラ

天井が崩れて、道を塞いだのか!

Homura
メイファン

フフフっ、バカめ。この程度で止められるものか。 こんなもの、すぐに破壊して……。

Meifang

……それだけですむと思うのか?

Mei
ファジー

あ、ストップ、ストップ。マズイよ、メイファン。 これ、床まで崩れてる!

Fuzzy
メイファン

ちっ! 壁は時間稼ぎと目くらましか……!

Meifang
ファジー

アッハハ、やられちゃったね〜。 わぁぁ〜〜〜!

Fuzzy
ホムラ

はぁ、はぁ、はぁ……ち、ちょっと待ってくれ、 息が……。

Homura

奴らは……?

Mei
ヒビキ

追ってはきていませんね。 なんとか撒けたようです。

Hibiki

苦し紛れだったが、なんとかなったな。

Mei

それでみんな、怪我はないか?

Mei
ホムラ

余は問題ない。そなたたちがよく守ってくれた。

Homura
ヒビキ

自分とレイさんも大丈夫かと。

Hibiki

どれ、一応診せてみろ。

Mei

……うん。確かに問題なさそうだ。 シエルはどうだ?

Mei
シエル

私は大丈夫です。気にしないでください。

Ciel

……お前、私を避けてないか?

Mei
シエル

いえ、そんなことありません。

Ciel

本当にそうか? けっこう露骨な気がするんだが……。

Mei

まぁいい。無理に診るものでもないしな。 問題がないなら、それでいいさ。

Mei

……ところで、ホムラ。 『最強の剣』についてはどうだ? なにか思い出せたりしたか?

Mei
ホムラ

いや……まだなにも。

Homura

そうか……。いや、さっきのメイファンとやらが、 自分を『最強の矛』だとか言っていたからな。

Mei

『最強の剣』になにか関係していたんじゃないかと、 ふと思ったんだ。

Mei
ホムラ

……どうだろうか。だが、少なくともあやつが 『最強の剣』というわけではない。

Homura
ホムラ

肝心なことは何も思い出せないが、もしも見つけたら、 すぐにそれだとわかるはずだ。

Homura
ホムラ

それくらい、余にとって『最強の剣』とは 大事なもののはずなのだ。

Homura
シエル

失礼ながら……本当に、そんなものがあるのでしょうか。

Ciel
ホムラ

ある! あると言っているではないかっ。

Homura
ホムラ

余の『最強の剣』は、誰よりも、何よりも強くて、 どんなことからも余を守ってくれる……。

Homura
ヒビキ

ですが、それがどんなものかは、 覚えていないのですよね……?

Hibiki
ホムラ

……説得力がないのは、自分でもわかっている。

Homura
ホムラ

だが、嘘ではない……あれは決して、 余を見捨てたりせぬ……。

Homura
ヒビキ

……申し訳ありません、ホムラ殿下。 お言葉を否定しようというのではありません。

Hibiki
ヒビキ

自分にも『最強』と呼べるようなものの心当たりが あるように思えてならないのです。

Hibiki
ホムラ

っ! そ、それは真か!

Homura
ヒビキ

はい。それはとても強く、誰にも負けない…… 殿下のおっしゃっているようなものでした。

Hibiki
ヒビキ

それはなんなのか……思い出せませんが、間違いなく 存在していたはずです。

Hibiki

……思い出せないもの、か。

Mei

何故だろうな……。 その話を、妄想だと切り捨てるつもりになれないのは。

Mei

とはいえ、『最強』とはひどく曖昧な表現だな。

Mei
ホムラ

冥も、余を信じられないのか?

Homura

違う、そうじゃない。力の形は様々だ。 強いと言っても、色々あるだろう?

Mei

権力なのか、暴力なのか、能力なのか、人柄なのか。 これらは全て、世界において重要な『力』だ。

Mei

人によって求める強さは違うし、場面によっても 求められる強さは違う。

Mei

……ホムラ。お前の言う『最強』とはどんなものだ? どんな力を『最強』とするんだ?

Mei

それがわかれば、何か手がかりになるかもしれない。

Mei
ホムラ

余が思う、『最強』の形……。

Homura
シエル

……お話しの途中ですが、みなさん、警戒してください。

Ciel

1: メイファンたちが追いついてきた?
2: もしかして、また魔物?

1:
2:

シエル

いえ、これは違います。 ですが、おそらくピンチです。

Ciel
シエル

はい。気配が近づいてきています。 すでにこちらは補足されているようです。

Ciel
シエル

……来ます!

Ciel

うわっ!?

Mei
ヒビキ

魔物……! ホムラ殿下、我々の背後へ!

Hibiki
ホムラ

も、もうまわっておる! 襲われるのにも慣れてきたぞ!

Homura

いいぞ、そうやって安全を確保しておけ! つきっきりで守ってやれるほど、余裕はないからな!

Mei
シエル

窯を目指す限りは、仕方ありません。 戦闘行動を開始します。

Ciel

ーーー/

Summary
度重なる魔物の襲撃を切り抜けるが、更に前

方からヴァルケンハインとレリウスが強襲。 天ノ矛坂の血を根絶する、と語り冥を狙う。

えぇい、ひどい乱戦だったな……。

Mei
ヒビキ

ホムラ様、ご無事ですか!?

Hibiki
ホムラ

無事だ! ……シエル、魔物たちの群れは まだ続きそうか?

Homura
シエル

いいえ、さすがに落ち着いたようです。

Ciel
シエル

……と、思ったのですが。

Ciel

こいつら、一体どこから湧いてきた?

Mei
ヒビキ

直前まで気配はしませんでしたね。 急に部屋の外に現れたように感じます。

Hibiki
シエル

先ほどの戦闘で殲滅したはずなのですが 防衛機構の動きが活発になっているのでしょう。

Ciel
シエル

私たちが窯に近付いている分、防衛機構の進行を阻止しようと する力も強くなります。

Ciel

なるほど、反発する力が強まるわけか。

Mei

その防衛機構とやらの詳細はわからないが、 よほどお前たちを窯に近付けたくないらしいな。

Mei
シエル

……とにかく、ここで足止めされるわけにはいきません。

Ciel
シエル

出入口に立ちふさがる魔物を散らして、 そのまま廊下へ出ます。あとに続いてください。

Ciel
シエル

はぁぁっ!

Ciel
シエル

今です!

Ciel
ヒビキ

ホムラ殿下、掴まっていてください!

Hibiki

窯の方角はわかっていると言ってたよな! 逃げ回ってばかりだが、ちゃんと近付けているのか!?

Mei
シエル

はい。それに関しては問題ありません。 窯へは着実に近付いています。

Ciel
シエル

今のところ、魔物に襲われても対処できています。 この調子で行けば――

Ciel

なんだ? 急に止まったぞ?

Mei
ヒビキ

っ! ホムラ殿下、伏せてください!

Hibiki
ホムラ

わ、わわっ!?

Homura

げほっ、げほっ…… 今度はなんだ……!?

Mei
ヴァルケンハイン

…………。

Valkenhayn
レリウス

……ふむ。今ので仕留めたと思ったんだがな。 まぁいい。ひとまず足を止めることには成功した。

Relius
レリウス

……貴様、天ノ矛坂冥だな?

Relius

それがどうした?

Mei
レリウス

どうもこうもない。

Relius
レリウス

天ノ矛坂の血筋を根絶する。 そのために来た……。

Relius
ホムラ

……今度の狙いは冥だというのか。

Homura

狙われる覚えはないんだがな……。 理由は教えてもらえるのか?

Mei
ヴァルケンハイン

……むんっ!

Valkenhayn

くそっ、行儀がよさそうなのは服装だけか!

Mei
ヒビキ

話し合いはできそうにありませんね。 であれば、戦いを避けるのは難しそうです。

Hibiki
シエル

巻き込まれるのは不本意ですが……仕方ありません。 戦闘態勢に移行します。

Ciel
シエル

レイさん、お気を付けて。

Ciel

第4節 トウセイキコウ/

Summary
二人を撒いた一行の前に、ハザマとその部下

が現れた。ホムラの身分を明かし引き渡しを 要求、一行が拒否すると実力行使に出る。

ヴァルケンハイン

ちぃっ! あいつら、どこへ消えた!?

Valkenhayn
ヴァルケンハイン

おい、レリウス!

Valkenhayn
レリウス

見当たらん。逃げたのだろうな。

Relius
レリウス

お前の鼻で探せないのか?

Relius
ヴァルケンハイン

俺を犬のように言うな!

Valkenhayn
ヴァルケンハイン

ちっ……できるならそうしている。嫌な気配をまき散らされて、 追えんのだ。ただでさえここは魔物の臭いがひどすぎる。

Valkenhayn
レリウス

気配を遮断する術……あるいは、ドライブか。

Relius

こ、ここまで、くれば……ひとまず大丈夫じゃないか……?

Mei
シエル

……そうですね。先程の二人組の気配は感じられません。

Ciel
ホムラ

や、奴らは一体、なんだったのだ? 冥を狙っておったようだが……。

Homura

私にもわからん。

Mei

ただまあ……特殊な家柄に生まれた者だ。私自身知らない間に、 狙われるに足る理由が生まれたのかもしれない。

Mei
ホムラ

そんなことがあるのか?

Homura
ヒビキ

ありますよ。特殊な立場にいればいるほど、 その可能性は高くなるものかもしれません。

Hibiki
ヒビキ

……ホムラ様も、そのようなお立場です。覚えはなくとも、 様々な理由で御身を狙う者は後を絶たないでしょう。

Hibiki
ヒビキ

ここにいる間のみならず、どんなときでも、 どうぞ身の回りにはご注意ください。

Hibiki
ホムラ

あ、あまり脅かすな、ヒビキ……。

Homura
ホムラ

……だが、そうだな。うむ。そなたの言葉、肝に命じよう。

Homura
ヒビキ

出過ぎた口をききました。

Hibiki
ホムラ

いや、余の身を案じてくれたこと。 それくらいは、余にもわかるぞ。

Homura
ホムラ

……しかし、ここは広いな。これだけあちこち 逃げ回っているというのに、まだ先へ続く道がある。

Homura

そもそも、一体なんの建物なんだろうな。 ホテルのような……役所のような……。

Mei
ヒビキ

おそらくですが、統制機構関連の建物だと思います。 内装の様子がよく似ていますから。

Hibiki

統制機構? なんだそれは?

Mei
ヒビキ

正確には、世界虚空情報統制機構です。

Hibiki
ヒビキ

……私の知っている常識を元にした話ですが、世界各地の 都市を管理する組織……といったところでしょうか。

Hibiki

世界規模の行政組織、ということか? 運営することを考えただけで胃が痛くなりそうだ。

Mei
ヒビキ

事実、上に立つ人々は苦労されていたと思いますよ。

Hibiki

で。その統制機構がホムラや我々をここに 閉じ込めている理由はなんだ?

Mei
ヒビキ

それは……わかりかねます。

Hibiki
シエル

私にもわかりません……。それに統制機構の施設であるのなら、 これだけ魔物が歩き回っているのも不可解ですね。

Ciel
ヒビキ

はい。私の知る統制機構は、少なくとも 魔物の巣窟になるような場所ではなかったのですが……。

Hibiki
ハザマ

いやぁ、不思議ですねぇ、なぜなんでしょう。

Hazama
ヒビキ

っ、ハザマ大尉!?

Hibiki
ホムラ

い、いつの間に?

Homura
シエル

っ!? 周囲は警戒していたのですが……すみません。

Ciel
ハザマ

いえいえ、無理もないことです。 私たちは、そういう訓練を受けた存在ですから。

Hazama

ずいぶんと大所帯だな。まるで、私たちを 取り押さえようとしているみたいじゃないか。

Mei
ハザマ

あ〜、察しがよろしい。もちろん、そうならず穏便に事がすめば それに越したことはないのですが。

Hazama
ハザマ

私こう見えて、穏やかな人柄なものですから。 どうぞ手荒な真似はさせないでいただきたいですねぇ、はい。

Hazama
ヒビキ

……なにが目的ですか?

Hibiki
ハザマ

話が早くて助かります。ヒビキ大尉。 ホムラ殿下の身柄を、こちらへ渡してください。

Hazama
ホムラ

な、なぜだ。なぜ、余を狙う!?

Homura
ホムラ

さっきのメイファンという者といい…… 余はそなたたちのなんなのだ。

Homura
ハザマ

特別な存在、ですよ。私たち、世界虚空情報統制機構に とって……ひいては全世界にとって。

Hazama
ハザマ

あ。さてはご自分のお立場がわかっておいででない? それはいけません。改めてご理解ください、殿下。

Hazama
ハザマ

ホムラ殿下は統制機構を総べる帝、 天ノ矛坂テンジョウの嫡子。

Hazama
ハザマ

テンジョウ様亡きあと、その座を受け継ぎ役目を担うのは あなた様の責務です。

Hazama
ハザマ

望む望まざるに関わらず、あなたは生まれた瞬間から、 そのために生かされ、そのために存在している。

Hazama
ハザマ

だからこそ、良からぬ不穏分子に身柄を抱え込まれるわけには いかないのです。それこそホムラ殿下があまりにも憐れ。

Hazama
ハザマ

……おわかりいただけました?

Hazama
ホムラ

余が……帝……。

Homura

……口調と名前からして、ただの子供というわけではないと 思っていたが……ずいぶん大層な重要人物だったな。

Mei
ホムラ

余は……。

Homura
ハザマ

さ、殿下。ご理解いただけましたら、どうぞこちらへ。

Hazama
ハザマ

ここまでご一緒だったお友達を、 ご自分のせいで危険な目になど遭わせたくはないでしょう。

Hazama

おい、なんて言い方をするんだ! 相手はまだ幼い子供だぞ!

Mei
ハザマ

子供ではありません。 『天ノ矛坂焔』です。

Hazama

……ホムラ。あんな男の言うことを信用するな。 たとえ天ノ矛坂であろうと、お前はひとりの人間だ。

Mei

それを否定する者に、お前が従う必要はない。

Mei
ヒビキ

……同意見です、冥さん。

Hibiki
ヒビキ

ハザマ大尉。 彼は統制機構の諜報部に所属する衛士のひとりです。

Hibiki
ヒビキ

……詳細な情報までは思い出せませんが……それでも、 彼を信用するべきではない。

Hibiki
ヒビキ

油断して、気を許してはならない相手です。

Hibiki
ヒビキ

それに……彼が口にしたホムラ殿下の情報は間違っていませんが、 話した通りのことをあの男が思っているとは、限らない。

Hibiki
シエル

先代の帝の後継として扱う、とは限らないという意味ですね。 ……確かにそうです。

Ciel
シエル

彼の真意を知らない以上、ハザマさんがホムラさんの安全を 確保する保証はどこにもありません。

Ciel
ハザマ

おやおや、ひどいですねぇ。同じ組織で同じ理念の元、 働く仲だというのに。

Hazama
ヒビキ

少なくともあなたと同じ理念を抱いたことはありません。

Hibiki
ハザマ

やれやれ。それでよろしいのですか、ホムラ殿下?

Hazama
ホムラ

うっ……。

Homura
ハザマ

あなたの態度ひとつで、 ここで起こる出来事は大きく変わります。

Hazama
ハザマ

私の後ろにいる大勢の部下たちを、 無用に働かせる必要は本当にあるのでしょうか。

Hazama
ハザマ

よくお考えください。

Hazama
ホムラ

それは……。

Homura

1: ホムラはどうしたいか聞かせて
2: そんな脅し、怖くない

1:
2:

ホムラ

余は……余は、行きたくない。 あやつの目は恐ろしい。

Homura
ホムラ

それに、レイたちと一緒にいたいのだ。 一緒に『最強の剣』を探して、ここを出たい。

Homura
ホムラ

レイ……。

Homura
ホムラ

……余は、怖い。だが、余には強い仲間がたくさんいる。 そなたの脅しに、余とて屈するものか!

Homura

よく言った。それでこそ天ノ矛坂の血筋だぞ! ぐっじょぶ!

Mei
ヒビキ

御意にございます、ホムラ殿下。

Hibiki
シエル

レイさんが戦われるのでしたら、 私も戦います。

Ciel
ハザマ

はぁー……結局、こうなりますか。残念です。

Hazama
ハザマ

総員、戦闘準備。天ノ矛坂焔を確保せよ。

Hazama
ハザマ

言っておきますが、 一度や二度、退けたからといって安心しないでくださいね?

Hazama
ハザマ

私、こう見えてとてもしつこいので。

Hazama

ーーー/

Summary
部下を目くらましに、ハザマがホムラの身柄

を奪う。それでも尚抵抗を続けるホムラを救 うため、一行はヒビキの作戦に乗って動く。

ヒビキ

……ようやく途切れましたか。

Hibiki

組織の人間は、やはり魔物とは違うな……。 戦術が存在する分、厄介だ。

Mei
シエル

常に私たちを分断させるような立ち回りをしていました。 はぐれずに戦闘を終えられてなによりです。

Ciel
ヒビキ

……ハザマ大尉はどこですか?

Hibiki

ん? ハザマ? そういえば、どこへ行った……?

Mei
ヒビキ

警戒を! あの男が意味もなく消えるはずがありません!

Hibiki
ハザマ

その通り。いやぁ〜、残念でしたねぇ。

Hazama
ホムラ

うわぁぁっ!

Homura

あ!? ホムラっ!

Mei
ホムラ

め、冥……!

Homura
ハザマ

あれだけの衛士がただの目くらましにしかならないのは 計算外でしたが、多少の役には立ちましたね。

Hazama
ハザマ

さあ、大人しく投降していただきましょうか。 大事なホムラ殿下に傷がついては、可哀想ですから。

Hazama
ヒビキ

……貴様。

Hibiki
ハザマ

あ、いいです、いいですよ、その表情。 悔しいですよねぇ、情けないですよねぇ。

Hazama
ハザマ

護衛であるかのように側につき従いながら、 結局守ることができなかったのですから。

Hazama
ハザマ

……まぁ、そんなのはどうでもいいんですけど。 さ、ホムラさん。行きましょうか。

Hazama
ホムラ

い、嫌だ!

Homura
ホムラ

<size=130%>ヒビキ! 冥! 助けて!</size> <size=130%>シエル、レイ!</size>

Homura
ホムラ

余はこやつと行きたくない! そなたたちと一緒が良い!

Homura

当たり前だろうが。すぐに助ける!

Mei

1: 危ないからじっとしててね
2: 必ず助ける!

1:
2:

ホムラ

わ、わかった! じっとしている! そなたたちを信じているぞ……っ。

Homura
シエル

わかりました。レイさんの意思に従います。 必ず、ホムラさんの身柄の安全を確保します。

Ciel
ハザマ

あらまあ、まさかの熱血展開。 状況がわかっているのですか?

Hazama
ハザマ

そう容易く反抗の意思など見せて……。 私が腕の中の殿下になにをするともわからないのに。

Hazama
ホムラ

構わぬ! 余を殺しはしないだろう。 皆、頼む!

Homura

ホムラがそこまで言っているのに、怖気づけるか。 お前がなにかしようものなら、その前に動きを封じるまで!

Mei
ヒビキ

(冥さん。戦闘中、ハザマ大尉の目を 少しだけ引き付けてくれませんか?)

Hibiki

(……何か考えがあるんだな?)

Mei

(わかった。やってやる!)

Mei
ヒビキ

(よろしくお願いします。)

Hibiki
ハザマ

気乗りしませんが、やりますか。 ホムラさんを傷付けないよう、注意してくださいよっ。

Hazama

第5節 ウマレモツヤクワリ/

Summary
ホムラを奪還し、先へと進む一行の周囲に死

臭が漂ってくる。その行く手には倒れる衛士 たちと、不穏な空気を纏うサヤがいた。

はぁぁぁっ!

Mei
ハザマ

おっとぉ……!

Hazama

シエル、今だ!

Mei
シエル

はい! せやぁぁぁっ!

Ciel
ハザマ

……くっ。

Hazama

まだまだ、こちらからも行くぞ!

Mei
ハザマ

ああもう、ひとりに寄ってたかって、卑怯じゃないですかぁ!

Hazama

お前が言うな!

Mei

それに……卑怯はまだ終わりじゃないぞ。

Mei
ハザマ

!!

Hazama
ハザマ

これは、いけません……!

Hazama
ホムラ

ヒビキ! ありがとう……助かった。

Homura
ヒビキ

ハザマ大尉、あなたは諜報員。世界の裏側を暗躍する影。

Hibiki
ヒビキ

ですが自分は暗殺者です。逃げ隠れし物事を暴くのではなく、 標的を仕留めるために影に潜むのは、自分の方が専門です。

Hibiki
ハザマ

……そうでした。通常衛士のような格好をしてはいても、 あなたは『そういう』生まれ育ちでしたね。

Hazama

形勢逆転だな。ホムラも取り返したし、頼みの衛士たちも もういない。まだやるか?

Mei
ハザマ

ご冗談を。このような場所で殿下のために、 これ以上この身を賭けるつもりはありませんよ

Hazama
ハザマ

一度、退かせていただきます。 ……せいぜい、がんばってくださいね。

Hazama

……消えるようにいなくなったぞ。

Mei
ヒビキ

追うのは危険です。逃げ切ることに関しては、 おそらく自分よりも上でしょうから。

Hibiki
ホムラ

皆の者、すまない……ありがとう。 そなたたちは恩人だ。

Homura
ヒビキ

いえ……。一時とはいえ、御身を危険にさらしました。 申し訳ありません。

Hibiki
ホムラ

何を言う。ヒビキに何も落ち度はない。 余のために策を講じ、余のために戦ってくれた。

Homura

無事でなによりだ。

Mei

レイとシエルの助力あってこそだった。 ありがとう。

Mei
シエル

私は、レイさんに従ったまでです。

Ciel

そっけないな。……あとお前、やはり私を避けていないか。

Mei
シエル

そんなことはありません。 きっと、気にしすぎですよ。

Ciel

……それこそ、そんなことない気がするんだけどな。

Mei
シエル

それより、状況が落ち着いているうちに、 窯へ向かいましょう。

Ciel
ヒビキ

ハザマ大尉はもちろん、メイファン大佐や他の衛士が、 いつ追ってくるかわかりませんからね。

Hibiki

次に襲ってきたら、金でも取るか。 私たちの貴重な時間を奪っているんだからな。

Mei

労働には対価を、だ。

Mei
シエル

……行きましょう。

Ciel

本当にそっけないな……。

Mei

……こんなところを通らないといけないのか?

Mei
シエル

窯の気配はこの先です。他に道があるかもしれませんが、 今は探す時間が惜しいです。

Ciel
ホムラ

冥、余を心配しているのか? それなら、気にしなくてもよい。

Homura
ホムラ

余は、シエルとレイに 同行を願い出ている身。わがままを言うつもりはない。

Homura
ホムラ

それにこのような場所だからこそ、余の探しているものの 手がかりがあるかもしれんしな。

Homura
ホムラ

……うわっ!

Homura
ヒビキ

大丈夫ですか、ホムラ殿下。 足元が悪いです。お気を付けください。

Hibiki
ホムラ

あ、ああ……すまぬ、濡れているせいか滑ったようだ。

Homura
シエル

足場もですし、視界もあまりよくありません。 こんな場所での戦闘は避けたいですね。

Ciel

こら、思っていてもそんなこと言うな。 フラグというんだぞ、そういうのは。

Mei

……ん? 何か妙な臭いがしないか?

Mei
ホムラ

それなら、ずっとしている。 ……余の鼻は曲がりっぱなしだ。

Homura

いや、最初から感じてるカビ臭さとは違って……。

Mei
ヒビキ

……死臭、ですね。

Hibiki
ホムラ

なっ…… それは、この先で誰かが死んでいるということか……?

Homura
シエル

皆さん。前方に、誰かいます。

Ciel

あれは……誰だ?

Mei
ホムラ

ひっ……あ、あやつの足元に大勢倒れておるぞ!?

Homura
ヒビキ

統制機構の制服を着ています。衛士たちですね。

Hibiki

……生きている気配はないな。死臭の元はあれか?

Mei
ヒビキ

であれば、おかしいですね。 あれだけの人数が倒れているというのに、少しの血痕もない。

Hibiki
ヒビキ

毒物の類でやられたのだとしても、 もう少し痕跡があるはずです。

Hibiki
サヤ

…………。

Saya
ヒビキ

そこの方。何者ですか? ……衛士たちを殺めたのはあなたですか?

Hibiki
サヤ

……?

Saya

心ここにあらず、って感じだぞ?

Mei
ヒビキ

あなたの仕業でないのなら、状況を説明してください。

Hibiki
サヤ

…………。

Saya
サヤ

あなた、は……。

Saya
サヤ

何故、そのような者たちをお連れになっているのです……?

Saya
サヤ

何故……『冥様』のようなお方が、私ではなく、 そのような子供を……大事そうに……従えて……。

Saya

え。わ、私か?

Mei
サヤ

何故、そんな得体の知れない者たちと……。 何故……何故、何故……。

Saya

ま、待ってくれ。私はお前のことを知らない。 人違いではないのか?

Mei
サヤ

まあ。何をおっしゃいますか……。

Saya
サヤ

あなた様は天ノ矛坂冥様。 その名が示す方はひとりだけ。

Saya
サヤ

あなた様は魔を討ち払う由緒正しき『天ノ矛坂』を継ぎし方。 慈しみ深き我等が当主。

Saya
サヤ

我が『輝弥』を含めた退魔の一族を総べる者……。 それが、あなた様。このサヤが見間違えるはずがありません。

Saya

輝弥……その名まで知っているとは。 私のことを本当に知っているようだな。

Mei
サヤ

ああ、冥様。このような場所でお会いできるなんて。 私は幸運にございます。

Saya
サヤ

どうか……どうか、お願い申し上げます。 あなたのその類まれなる術でもって、どうか……。

Saya
サヤ

私の魔を祓ってくださいませんか……。

Saya

お前の魔? どういうことだ?

Mei
サヤ

私の中には魔物が棲んでいるのだと、 教えてくださったのは冥様ではありませんか。

Saya
サヤ

その魔物は怖ろしく、あらゆる命を喰らうのだと。 いずれ私の命も喰らうのだと。

Saya
サヤ

ええ、まさに、今まさに。その魔物が喰らうのです。 私の命を喰らわんと、私の奥底から這い出てくるのです。

Saya
サヤ

ああ、怖ろしい……怖くて怖くてたまりません。 私は喰われたくないのです。ですから、どうか……。

Saya
サヤ

ああどうか、その身を私に喰らわせてくださいませ……!

Saya
ホムラ

ひっ……!?

Homura
ヒビキ

ホムラ様、下がってください!

Hibiki
ヒビキ

……どのような手を使ったのかはわかりませんが、 そこにいる大勢の衛士は、やはりあなたの仕業ですね。

Hibiki
サヤ

私が……? ああ、そう、そうなのかもしれません。 私が喰らってしまったのかしら?

Saya
サヤ

ひとり残らず? 魔物が……私の中の魔が、 なにもかも飲み込んでしまう……。

Saya
シエル

明らかに様子がおかしいです。 錯乱状態にあると言えます。

Ciel
ホムラ

それも、彼女の言う魔のせいなのだろうか。 ……サヤは、苦しんでいるのだな。

Homura

……私はあいつのことを思い出せないが、 私に助けを求めているというのなら、助けてやりたいと思う。

Mei

この死の山を築いた事情に、彼女の意思が関わっていないのなら なおさらだ。そこにある魔とやら、祓ってやろうじゃないか。

Mei

ホムラ、力を貸してくれ。

Mei
ホムラ

え……よ、余か?

Homura

お前が私と同じ『天ノ矛坂』なら、 同じように退魔の血を受け継いでいるはず。

Mei

家のことなどくそくらえだが、 目の前で助けを求める少女のひとり、助けてやらんと名が廃る。

Mei
ホムラ

……わかった。余にどれほどのことができるかわからぬが…… できることを、やってみる!

Homura
サヤ

嗚呼……救ってくださるのですね。 私の手を、取ってくださるのですね。

Saya
サヤ

嬉しい……嬉しゅうございます。

Saya

1: サヤさんから溢れたものが、魔物に……
2: あれがサヤさんの中の魔物?

1:
2:

いや、あれは副産物みたいなものだろう。 彼女の抑えられない力が、魔物の形になって表れているに過ぎない。

Mei
シエル

全て倒せばいいのですか?

Ciel
ホムラ

ど、どんどん溢れてくるぞ……!

Homura

制御しきれない力の濁流、ってところか。 ああ、とにかく倒せ! でないとサヤに近付けない!

Mei
ヒビキ

わかりました。先鋒は私が。

Hibiki
ヒビキ

レイさん、シエルさん。 殿下と冥さんをお願いします。

Hibiki
シエル

了解しました。

Ciel
サヤ

さあ……あなた様を……皆さまを…… 喰らわせてくださいませね……。

Saya

ーーー/

Summary
サヤから漏れ出す魔物は抑えたが、彼女の内

に渦巻く「魔」が迫る。ヒビキはその正体を ドライブ能力だと看破し、無力化を試みる。

サヤ

うううっ……ああっ……!

Saya
ホムラ

サヤから噴き出してくる魔物が止まったぞ!

Homura
ヒビキ

ようやく、ですね……。このあとは、どうすれば!?

Hibiki

元を叩く! ……つまり、あいつの中にいる魔物を黙らせる!

Mei
サヤ

あぁぁぅ、うあぁぁ……!

Saya
サヤ

私の内で……黒いものが、渦巻くのです……。 私の中に潜むもの……そやつを止めねばなりません……!

Saya

えぇい、だったら攻撃してくるんじゃない! 言ってることとやってることが真逆だろうが!

Mei
ホムラ

サヤ! 正気を取り戻してくれ! 余たちは、そなたを救いたい!

Homura
サヤ

うぅぅ……ぁぁあああっ!!

Saya
ヒビキ

……なるほど。サヤさんの言う魔というのは、 彼女のドライブ能力のことですね。

Hibiki
ホムラ

これが、ドライブだと?

Homura
ヒビキ

とてつもなく大きな力を持ったドライブ能力……。 その暴走が、彼女の自我を乱れさせ、この状況を作ったのでしょう。

Hibiki
ヒビキ

ドライブがなんなのかまでは、自分には見通せませんが…… そうであるなら、とにかく意識を失わせることです。

Hibiki
ヒビキ

意識がなくても動き続けるドライブでもない限り、 それで一時的には無力化できるはず!

Hibiki

わかった、やるぞ!

Mei
ホムラ

もう少しの辛抱だぞ、サヤよ!

Homura

ーーー/

Summary
倒れるサヤを冥が受け止める。ドライブ能力

は止まったが、その対処には外部の力ではな く、サヤ自身による解決が必要だった。

サヤ

……冥、様……。

Saya

おっと。

Mei

……やっと静かになったか。

Mei
ホムラ

……冥。サヤはどうなのだ? 助けられそうなのか?

Homura

……ヒビキの言う通り、 こいつの『魔』の正体はドライブ能力だ。

Mei

残念ながら、 これを私たちの力で引きはがすのは不可能だな……。

Mei

外部からの力ではなく、 サヤ自身がどうにかしなければならない問題だ。

Mei
ホムラ

……そうか。

Homura

……できることなら、祓ってやりたいがな。

Mei
ホムラ

……『最強の剣』があれば、サヤも助けられるだろうか。

Homura
ヒビキ

……ホムラ殿下。 それは難しいかと思いますよ。

Hibiki
ヒビキ

剣がどんなものかはわかりかねますが。 いかに最強であろうとも、それは万能とは違います。

Hibiki
ホムラ

……そう、だな。そうかもしれん。

Homura
ホムラ

だが、それでも余は――

Homura
シエル

口を挟んで申し訳ありませんが、先を急ぎましょう。

Ciel
シエル

もう、ここにいても私たちがサヤさんのために できることはありません。違いますか?

Ciel

いや、その通りだ。……ホムラ、行こう。

Mei
ホムラ

…………。

Homura
ホムラ

(『最強の剣』……そなたは今『どこにいる』?)

Homura

第6節 サイキョウノツルギ/

Summary
最深部に辿り着き、窯を発見。しかしシエル

が破壊に臨むと、これまでをはるかにしのぐ 数の魔物の群れが現れ、襲撃を受ける。

シエル

ありました。あれが窯です。

Ciel
シエル

そしておそらく、ここがこの建物の最深部ですね。

Ciel
ホムラ

お、大きいな。それに……なんとも言えぬ、威圧感がある。 少し怖いくらいだ……。

Homura
ヒビキ

こんなところに……窯が……。

Hibiki

これほどのものを、破壊するつもりなのか?

Mei
シエル

はい。窯を破壊すれば、 ファントムフィールドは解放されます。

Ciel
シエル

私とレイさんは 帰還するべき場所へ帰ることができるでしょう。

Ciel
シエル

それに、この場に迷い込んでしまった皆さんも、 この建物から解放されると思います。

Ciel

何? そうなのか!?

Mei
シエル

ファントムフィールドが解放されれば、この世界における 歪みは正され、それぞれ本来あるべき形に戻ります。

Ciel
シエル

……皆さんがこの建物に閉じ込められている状況が、 この世界としてのあるべき形だとは思えません。

Ciel
シエル

少なくとも、永遠に建物の中を彷徨うという状況は、 解消されるのではないでしょうか。

Ciel
ヒビキ

……それがわかっていながら、そのことを黙っていたのは 何故ですか?

Hibiki
ヒビキ

そのうえあなたは、初め、 自分たちの同行を拒否しようとしていましたよね。

Hibiki
シエル

お伝えする必要がないと判断したので、言いませんでした。

Ciel
シエル

私とレイさんが窯を破壊すれば、 おのずと事態は解消されます。

Ciel
シエル

同行を拒否したのは、窯へ向かう以外のことに リソースを割く可能性が高くなるためです。

Ciel
シエル

非効率的と考えました。

Ciel

それでも、話しておいてもらいたかったがな。

Mei

だったら始めから『最強の剣』なんてものを 探す必要すらなかったんだから。

Mei
ホムラ

まぁ、いいではないか、二人とも。

Homura
ホムラ

結果的に、余たちはこの場所を出るために 行動できていたということだろう?

Homura
ホムラ

余たちを本気で拒むつもりなら、 シエルは断ることもできたはず。でも、そうはしなかった。

Homura
ホムラ

共にここまで来て、共にこの建物から出られる。 余は、それでいいと思う。

Homura
ヒビキ

……そう、ですね。ホムラ殿下の安全と無事が叶うなら 詮索は必要ありませんね。

Hibiki

まぁ、私もここを出られるなら文句はないが……。

Mei
シエル

…………。

Ciel
シエル

では、窯の破壊を開始します。 ……レイさん、どうされましたか?

Ciel

1: 観測者は誰だったんだろう?
2: なんで窯が出現してるんだろう?

1:
2:

シエル

……そのこと、でしたか。 確かに私たちはまだ、この世界の観測者を特定できていませんね。

Ciel
シエル

……私にもわかりません。本来は、観測者が 特定できない限り、窯は出現しないものですが……。

Ciel
ホムラ

観測者、というのはなんだ?

Homura
シエル

この世界を構築している意識のことです。

Ciel
シエル

全てのファントムフィールドは、観測者の意識や願望を 元に、窯から流れ込む力を使用して形成されます。

Ciel
シエル

その観測者が自らを観測者である、と認識できていない限り、 基本的に窯は姿を現しません。

Ciel

ってことは、すでに観測者……という誰かは、 自分がそうであるとわかってる……ってことになるか?

Mei
シエル

はい。おそらく。

Ciel
シエル

……それは冥さんか、ヒビキさんか、ホムラさんではないかと、 レイさんはお考えなのではないですか?

Ciel

待て待て。私たちの中に、この状況を望んだ者がいる っていうのか?

Mei
シエル

その可能性はあります。もちろん、ハザマさんや メイファンさんの可能性もありますから、断定はできません。

Ciel
シエル

ですが誰が観測者であるかを追求、特定する必要はありません。 窯はすでに出現し、破壊可能な状態となっています。

Ciel
シエル

速やかに目的を達成し、状況の解決をはかりましょう。

Ciel

む……近いな?

Mei
ヒビキ

なにをするにしても、 先に魔物の排除を行ったほうがよさそうですね。

Hibiki
ホムラ

き、来たぞ! なんだ、これまでの襲撃よりもだいぶ数が多いような……。

Homura
シエル

最深部で、しかも窯の目の前ですからね。私たちを窯付近から 排除するべく、防衛機構が働いているためでしょう。

Ciel
シエル

くっ! 隙を見て窯を破壊するのは難しそうです。

Ciel
シエル

まずは安全を確保しましょう!

Ciel

ああ、わかった!

Mei

ーーー/

Summary
戦況は悪化。無力を痛感するホムラが取り戻

した記憶の中の『カグラ』に助けを求め…… 溢れ出す闇を纏い、『最強の剣』は現れた。

はぁ、はぁ……これでどうだ、だいぶ倒したぞ。

Mei
ヒビキ

そのはずなのですが……。

Hibiki

なに……? くそっ、どうなってるんだ、今までの襲撃とまるで違う。

Mei

本当に切れ間なく魔物が襲ってくるじゃないか……! これも防衛機構とやらのせいなのか!?

Mei
シエル

はい、そうだと思います。 ……冥さん、気を付けてください。

Ciel

そのつもりだが、この数が相手ではな。 いつまで湧き続けるんだ?

Mei
シエル

それは……わかりません。

Ciel
ホムラ

うわ、わぁっ……! く、くるな! あっちへ行け!

Homura
ヒビキ

ホムラ殿下、こちらへ!

Hibiki
ホムラ

あ、ああ……!

Homura

はっ!

Mei

くうぅ……きつい……! いつまでももたないぞ!

Mei
シエル

同感です。一旦退いたほうが……。

Ciel
ホムラ

ひっ……! だ、だが、どこから逃げる……?

Homura
ヒビキ

っ、全員、集まってください。魔物の標的はホムラ殿下です! 殿下を囲むように陣形を組みます。

Hibiki
シエル

わかりました。 レイさん、大丈夫ですか?

Ciel

1: まだ大丈夫!
2: ぎりぎりって感じ……

1:
2:

シエル

では私の隣へ。援護をお願いします!

Ciel
シエル

堪えてください。まだ魔物は来ます。 ご自分の安全を確保してください。

Ciel

うぐっ……く、くそ……っ。

Mei
ホムラ

め、冥……!

Homura

だ、大丈夫……かすり傷だ。 前へ出るな、ホムラ。狙われているのは、お前なんだぞ。

Mei
ホムラ

だが……っ!

Homura
ホムラ

だが……このままでは……冥も、ヒビキも、 シエルも、レイも……。

Homura
ヒビキ

はぁぁっ!

Hibiki
シエル

ふっ!!

Ciel
ホムラ

……余が、いなければ。

Homura
ホムラ

余がここにいなければ、守る必要などなければ、 皆はここまで苦戦することはなかったのではないか……。

Homura
ホムラ

余は、皆が余のために傷つくのは嫌だ! 余のことは捨て置け、自分たちの身を守ることを……。

Homura
ヒビキ

いいえ、ホムラ殿下。それはできません。

Hibiki
ヒビキ

たとえ他のなにを犠牲にしようとも、殿下だけはお守りします。 あなたを傷付けさせるわけにはいきません。

Hibiki
ヒビキ

それが――

Hibiki
ヒビキ

それがカグラ様の副官である自分の務めです。

Hibiki
ホムラ

…………。

Homura
ホムラ

……カグ……ラ……?

Homura
ホムラ

(……そうだ。 そうだ、何故、余は忘れていたのだ。)

Homura
ホムラ

(いつも余を護り、 いつも余の側にいてくれた者のことを……。)

Homura
ホムラ

(彼さえいれば、このようなことにはならなかった。)

Homura
ホムラ

(冥も、ヒビキも、シエルも、レイも。 無用に傷付け、苦労させることはなかった。)

Homura
ホムラ

(囚われることも、助けてくれた人を危険にさらすことも、 こうして皆を苦しめることも……。)

Homura

くっ……もう、限界だ……!

Mei
ヒビキ

うぐぅぅっ、ぐ……っ。

Hibiki
シエル

はぁ、はぁ……このままでは……。

Ciel
ホムラ

……助けて。

Homura
ホムラ

助けてくれ。 ――『カグラ』。

Homura

な、なんだ……!?

Mei
シエル

これは……。

Ciel
ヒビキ

……あ……あな、たは……まさか……。

Hibiki
アナザーダーク=カグラ

…………。

Another Dark Kagura
ホムラ

『カグラ』!!

Homura
アナザーダーク=カグラ

……はぁぁっ!

Another Dark Kagura
アナザーダーク=カグラ

手加減はなしだ……消し飛べ。

Another Dark Kagura
シエル

…………。

Ciel

……強い……あれだけの魔物を、たったひとりで……。 なんなんだ、あれは。常軌を逸しているぞ。

Mei
アナザーダーク=カグラ

……終わりか? あっけねぇな。

Another Dark Kagura

……味方、なんだよな?

Mei
ホムラ

カグラ……。

Homura
ホムラ

来てくれたのだな、カグラ。 余の『最強の剣』……!

Homura

『最強の剣』? あの男がか……?

Mei
ヒビキ

…………。

Hibiki
アナザーダーク=カグラ

……参上しました、ホムラ殿下。 ご無事でなによりです。

Another Dark Kagura
ホムラ

ああ。……ああ、嬉しいぞ、カグラ。 そなたに会えて、余は嬉しい。

Homura
アナザーダーク=カグラ

どうぞこちらへ。

Another Dark Kagura
ホムラ

うわ……ヒビキ、冥、それにレイ。 心配するな、あれはカグラだ。カグラ=ムツキ。

Homura
ホムラ

なににも負けない『最強の剣』ぞ。

Homura
アナザーダーク=カグラ

…………。

Another Dark Kagura
アナザーダーク=カグラ

……おい、ヒビキ。なんだってお前が俺の邪魔をする? そこをどけ。

Another Dark Kagura
ヒビキ

……いいえ。

Hibiki
ヒビキ

あなたは、カグラ様ではありません。 自分の知るカグラ=ムツキとは、異なる存在です。

Hibiki
アナザーダーク=カグラ

…………。

Another Dark Kagura
ホムラ

なにを言う! 彼はカグラだ! 間違いない!

Homura
ホムラ

余を助けに来てくれたのだ。

Homura
ヒビキ

いいえ、違います。 カグラ様は……そのような目をなさる方ではない。

Hibiki
アナザーダーク=カグラ

お前が俺を決めるってのか? ずいぶんな口の利き方じゃねぇか。

Another Dark Kagura
ヒビキ

……自分はカグラ様より、カグラ様がご不在の際は 命に代えてもホムラ様をお守りするよう命じられています。

Hibiki
ヒビキ

あなたがカグラ様と同じ名を名乗り、同じ顔で現れたとしても、 主から任を解かれる前に、任務を放棄するわけにはいきません。

Hibiki
ヒビキ

なにより、あなたはカグラ様ではない。

Hibiki

事情はよくわからんが……ヒビキがそう言うのなら、 私もここをどけない。

Mei

そうだろう、レイ。

Mei
アナザーダーク=カグラ

ちっ……うぜぇな。

Another Dark Kagura
アナザーダーク=カグラ

くだらねぇ茶番に付き合うつもりはない。 俺を阻もうっていうんなら、そいつは全員敵だ。

Another Dark Kagura
アナザーダーク=カグラ

……もう一度言う。 そこをどけ。ホムラを渡せ。

Another Dark Kagura
ヒビキ

いいえ。できません。

Hibiki
アナザーダーク=カグラ

なら、死ね。

Another Dark Kagura

ーーー/

Summary
現れた男に対立するヒビキたち、剣を向ける

カグラ。戦いは思わぬ決着を迎え……シエル が正体を現した時、景色と共に姿は消えた。

なに……!?

Mei
シエル

まだ起き上がるのですか……? それに、まるで反応が衰えません。状態としては、ほぼ無傷です。

Ciel
ヒビキ

そんな、確かに、倒したと……手応えがあったはず。

Hibiki
アナザーダーク=カグラ

はっ……何の手応えを感じたんだ? ヒビキ……。

Another Dark Kagura
アナザーダーク=カグラ

俺が……倒れるわけがねぇだろ。 俺はホムラ殿下の『最強の剣』だぞ。

Another Dark Kagura
ホムラ

カグラ……カグラ!

Homura
ヒビキ

お待ちください、ホムラ殿下……! っ、う、ぐ……。

Hibiki
ホムラ

もうよい、もうよいぞ、ヒビキ。 戦うことはない。余はカグラと共に行く。

Homura
ホムラ

カグラがいれば、もうなにも怖いことはない。 余もそなたたちも、みんな守ってくれる。

Homura
ホムラ

そうだろう、カグラ。

Homura
アナザーダーク=カグラ

……殿下が望むなら。

Another Dark Kagura

1: ホムラをどうするつもり?
2: 目的は何?

1:
2:

アナザーダーク=カグラ

ホムラ殿下を……ここから連れ出す。

Another Dark Kagura
アナザーダーク=カグラ

殿下はこんな狭い場所に閉じ込められるべき存在じゃない。

Another Dark Kagura
アナザーダーク=カグラ

いつか、帝となる。誰よりも日に近い場所で、 世を再建するだろう……。

Another Dark Kagura
アナザーダーク=カグラ

それを邪魔する奴は、俺が排除する。 もう戦う力も残っていないような、お前でもだ。

Another Dark Kagura
アナザーダーク=カグラ

……一刀で首は落としてやる。安心しろ。

Another Dark Kagura
ヒビキ

いけない……レイさん! 退避を!

Hibiki

(防護の符ではもたない。私の攻撃では止められない。 ならば……)

Mei

(そうだ。あの男は、ホムラの呼び声に応じて現れた。 もしそれがホムラの力が成したことなら……)

Mei

(さっきのサヤと同じように、コントロールできない ドライブの可能性がある……)

Mei

すまん、ホムラ!

Mei
ホムラ

うあっ!?

Homura
ホムラ

……カグ、ラ。

Homura

1: ……公園?
2: ホムラ? カグラは?

1:
2:

…………な……なん、だ? なにが起こった?

Mei

突然目の前が真っ暗になって、気が付いたら……。 どうなっている!?

Mei
シエル

……邪魔をしてもらいたくは、なかったのですが。

Ciel

シエル……? どういう意味だ? なにを知っている?

Mei

1: ……本当にシエル?
2: やっぱりシエルじゃなかったんだね

1:
2:

シエル

……そうおもっていないから、 そう尋ねられているのですよね、レイさん。

Ciel
シエル

……お気づきでしたか。やっぱりあなたの目を誤魔化すのは 難しいですね。レイさん。

Ciel
シエル?

いや。レイ。

Ciel?

……!?

Mei

シエル、が……男に変わった?

Mei
ハーン

……姿を似せるのは簡単だったけど、僕は君やシエルについて あまり多くを知らないからな。

Hearn
ハーン

じきに見抜かれるとは思っていた。 それでもいいと思っていたけど……。

Hearn
ハーン

最初から君の記憶を封じてしまうほうが、 都合がよかったかもしれないな。

Hearn

……………………。

Mei
ハーン

本当は君を排除してしまえるのが、一番よかったんだけど。 欲張り過ぎると足元をすくわれるかな。

Hearn
ハーン

もうひとつの目的は達成できたから、良しとしよう。

Hearn
ハーン

……なにも君個人に恨みがあるわけじゃない。 レイ。

Hearn
ハーン

だが君がいると、 厄介な異物を色々と巻き込んでしまうからね。

Hearn
ハーン

できればもう会わないことを祈っているけど…… そうはいかないだろうな。

Hearn

1: ハーンの目的は何?
2: バベルの目的は何?

1:
2:

ハーン

……知ったら、君はどう思うかな。 笑うかもしれないな。

Hearn
ハーン

……いずれ知ることになるよ。 君が望まなくても。

Hearn
ハーン

今回は、ここまでだ。もうすぐこの空間も解放されて、 君たちはあるべき場所に戻るだろう。安心していい。

Hearn
ハーン

……きっと、また会うんだろうな。

Hearn
ハーン

そのとき君が僕をどんな『存在』 (もの) として観測るのか……。

Hearn
ハーン

――少しだけ興味があるよ。

Hearn

…………。

Mei

今の、は……。

Mei

今のは『誰』だ……? 私は、あいつを……どこかで……。

Mei

どこか、違う場所で……一緒に……――

Mei

エピローグ/

Summary
自室で目を覚ますと、傍にシエルがいた。心

配した様子で異変はないか尋ねるが、眠って いる間に見たものの記憶は夢と消えていた。

シエル

レイさん。 ……レイさん!

Ciel
シエル

レイさん! ご無事ですか!?

Ciel
シエル

……あれ?

Ciel

1: どうしたの?
2: 何かあったの?

1:
2:

シエル

いえ、あの……。 それが、私にもよくわからないのです……。

Ciel
シエル

それは、私がお尋ねしたいことです。 ……なんともないんですね?

Ciel
シエル

カガミさんから、大至急レイさんの 様子を確認するように言われたんです。

Ciel
シエル

非常に慌てていたようなので、 私も大急ぎで来たのですが……。

Ciel
シエル

見たところ、異常はなさそうですね……。 ちょっと、失礼します。

Ciel
シエル

心音、脈拍、瞳孔の状態…… 全て問題ありませんね。

Ciel
シエル

肌ツヤもよく、唇や舌も異常なし。 それどころか、良好に思えます。

Ciel
カガミ

シエル! レイはどうだ!? 無事か!?

Kagami
シエル

はい。特に健康状態に問題あるようには見えません。 一体どうされたのですか?

Ciel
シエル

レイさんの周りで、 何か異常が観測されたのでしょうか?

Ciel
カガミ

…………。

Kagami
シエル

カガミさん?

Ciel
カガミ

あ、ああ、すまない……そうだった。

Kagami
カガミ

異常が観測されたんじゃない。その逆だ。

Kagami
カガミ

実は、先ほど、タカマガハラシステムが突然、 レイを見失ったんだ。

Kagami
シエル

……それは、つまり、レイさんの 存在がフガクから消えていたということですか?

Ciel
カガミ

もちろん現在は、問題なく観測できている。 見失ったといっても、ほんの数十秒のことだ。

Kagami
カガミ

だが……本来なら、あり得ないことだ。 システムの誤作動を疑ったけど、その形跡もなかった。

Kagami
カガミ

他の事象については、何も問題なく観測できていた。 レイだけを見失ったんだ。

Kagami
シエル

……レイさん、 本当に何もないですよね?

Ciel
カガミ

私もそれを確認したいね。 何かおかしな点はないか?

Kagami
カガミ

…………。 ……………………。

Kagami
カガミ

寝ていて、夢を見ていただけ……か。

Kagami
カガミ

だが、誰かに会った気がするだけで、 夢の内容までは覚えていないと。

Kagami
カガミ

もしかしたら、頭の中を調べてみたら 夢の内容を解析できるかもしれないな。

Kagami
カガミ

ちょうど、そういう手法に興味が湧いていたところだ。 試してもいいか?

Kagami
シエル

カガミさん、絶対に止めてください。 レイさんが怖がっています。

Ciel
カガミ

そうか……残念だ。ちぇ。

Kagami
カガミ

冗談はさておき、問題がないようでよかった。

Kagami
カガミ

シエル、念のためにレイの そばにいてやってくれるか。

Kagami
カガミ

私は、もう一度タカマガハラシステムのログと、 機能に異常がないかをチェックしてくる。

Kagami
シエル

わかりました。

Ciel
カガミ

レイ、 体調が悪くなったらすぐに言うんだぞ。

Kagami
シエル

レイさん、安心してください。 私が必ずあなたをお守りします。

Ciel
シエル

誰かが危害を加えようと接近しても、 体調が悪くなっても、対処してみせます。

Ciel
シエル

レイさんの護衛は、私の最優先任務ですから。

Ciel