BlazBlue Wiki Story:BBDW Prologue

Story:BBDW Prologue

From BlazBlue Wiki

Prologue: Observer (観測者 Kansokusha)

In the beginning, there was a small island cut off from the outside world.
People were vanishing from the Magister's City, Ishana, when suddenly the mysterious girl "Ciel Sulfur" appeared.
Her purpose, and the reason people have vanished—what are they?
The world is cutting away at foreign elements...this world that was distorted to grant a pure wish[1]

第一節 (TU)/ Tutorial

Summary
謎の声が聞こえ、名前を聞かれる。 A mysterious voice calls out, asking for a name.
謎の声

……よし、始めろ。

Mysterious Voice
???

認識……認識……認識……。

???

1: ……?

1:

???

――か? ――か? ――ですか? ――大丈夫ですか?

???

1: だれ?
2: 呼ばれて……いる?

1:
2:

???

気が……付かれましたか?  すみません、アナタを巻き込んでしまって……。

???
???

(……認識)

???

1: なにこれ? 夢?
2: 君は……

1:
2:

シエル

申し遅れました、私は……シエル。シエル=サルファー。 御剣機関のスレイプニールです。

Ciel
シエル

よろしければアナタの名前を教えていただけますか?

Ciel
???

(……認識)

???
???

(……認識……認識)

???
シエル

……承認……了解。

Ciel
シエル

シエル=サルファー。 現時点よりレイさんの護衛を開始します。

Ciel

1:
2: ……え?

1:
2:

シエル

気がつかれましたか、レイさん。 申し訳ありませんが即時撤退したいのですが、動けますか?

Ciel

1: 君はさっき、夢の中で会った……
2: う、後ろの浮いてる玉、何?

1:
2:

シエル

すみません、ご質問にお答えしている猶予がありません。 今は急いで……。

Ciel
???

<size=135%>うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!</size>

???
???

いつつつっ……。あ! レイくん! 良かった、気が付いたんですね。

???
???

いつつつっ……。あ! レイさん! 良かった、気が付いたんですね。

???

1: え、え? 誰?
2: か、カズマさん!?

1:
2:

カズマ

カズマですよ、カズマ=クヴァル! 同じ学園の先輩を忘れるなんて、ひどくないですか?

Kazuma
カズマ

よかったです、覚えていてくれて。 同じ学園の後輩に即忘れられるとか、悲しいですから……。

Kazuma
カズマ

ああいや、今はそんな悠長な話をしてる場合じゃないんです。 気絶から復活したばかりで、急かしてすみませんが……。

Kazuma
カズマ

それより、ええと……シエルさん、でしたよね? これ、どうにかしてもらえませんかねぇ!?

Kazuma
シエル

敵性体……完全に囲まれていますね。

Ciel
カズマ

何ですか? その残念そうな顔は。

Kazuma
シエル

『戦える人』だと思ったのですが…… 見込み違いだったようです。

Ciel
カズマ

勝手に見込まないでください。 僕、戦闘は専門外なんです……よっ!

Kazuma
カズマ

……駄目だ。何なのですかこの魔物たちは!? いくら倒しても再生して……全くキリがない。

Kazuma
カズマ

僕ひとりじゃ、どうにもなりませんよ……! レイくん、動けそうなら手伝ってください!

Kazuma
カズマ

魔道学園に入学したんだし、 魔術くらい使えるでしょう?

Kazuma
カズマ

僕ひとりじゃ、どうにもなりませんよ……! レイさん、動けそうなら手伝ってください!

Kazuma
カズマ

魔道学園に入学したんだし、 魔術くらい使えるでしょう?

Kazuma

1: 魔術なんて使えません!!
2: 戦闘って、どうやればいいんですか!?

1:
2:

???

!!!!!!!!!!

???
シエル

『つべこべ言うな、教えてやるから 言われた通りにやってみろ』……だそうです。

Ciel

第一節/

Summary
謎の声が聞こえ、名前を聞かれる。 A mysterious voice calls out, asking for a name.
魔物が消え安堵すると、突如襲来した謎の少

女マイ。追い詰められそうになるが、不意に 視界がゆがみ、その場からの離脱に成功する。

After safely warding off monsters, a mysterious lady Mai suddenly attacks. Just as it seems they've been cornered, the world warps and they're able to successfully escape the area.
謎の声

……よし、始めろ。

Mysterious Voice
???

認識……認識……認識……。

???

1: ……?

1:

???

――か? ――か? ――ですか? ――大丈夫ですか?

???

1: だれ?
2: 呼ばれて……いる?

1:
2:

???

気が……付かれましたか?  すみません、アナタを巻き込んでしまって……。

???
???

(……認識)

???

1:なにこれ? 夢?
2: 君は……

1:
2:

シエル

申し遅れました、私は……シエル。シエル=サルファー。 御剣機関のスレイプニールです。

Ciel
シエル

よろしければアナタの名前を教えていただけますか?

Ciel
???

(……認識)

???
???

(……認識……認識)

???
シエル

……承認……了解。

Ciel
シエル

シエル=サルファー。 現時点より、レイさんの護衛を開始します。

Ciel

1:
2: ……え?

1:
2:

シエル

気がつかれましたか、レイさん。 早速で申し訳ありませんが即時撤退します。動けますか?

Ciel

1: 君はさっき、夢の中で会った……
2: う、後ろの浮いてる玉、何?

1:
2:

シエル

申し訳ありません、今はお答えしている時間がありません。 急いでこの場を……。

Ciel
???

<size=135%>うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!</size>

???
???

いつつつっ……。あ! レイくん! 良かった、気が付いたんですね。

???
???

いつつつっ……。あ! レイさん! 良かった、気が付いたんですね。

???

1: え、え? 誰?
2: か、カズマさん!?

1:
2:

カズマ

カズマですよ、カズマ=クヴァル! 同じ学園の先輩を忘れるなんて、ひどくないですか?

Kazuma
カズマ

よかったです、覚えていてくれて。 同じ学園の後輩に即忘れられるとか、悲しいですから……。

Kazuma
カズマ

ああいや、今はそんな悠長な話をしてる場合じゃないんです。 気絶から復活したばかりで、急かしてすみませんが……。

Kazuma
カズマ

それより、ええと……シエルさん、でしたよね? これ、どうにかしてもらえませんかねぇ!?

Kazuma
シエル

敵性体……完全に囲まれていますね。

Ciel
カズマ

何ですか? その残念そうな顔は。

Kazuma
シエル

『戦える人』だと思ったのですが…… 見込み違いだったようです。

Ciel
カズマ

勝手に見込まないでください。 僕、戦闘は専門外なんです……よっ!

Kazuma
カズマ

……駄目だ。なんなんですかこの魔物たちは!? いくら倒しても再生して……まったくキリがない。

Kazuma
カズマ

僕ひとりじゃ、どうにもなりませんよ……! レイくん、動けそうなら手伝ってください!

Kazuma
カズマ

魔道学園に入学したんだし、 魔術くらい使えるでしょう?

Kazuma
カズマ

僕ひとりじゃ、どうにもなりませんよ……! レイさん、動けそうなら手伝ってください!

Kazuma
カズマ

魔道学園に入学したんだし、 魔術くらい使えるでしょう?

Kazuma

1: 魔術なんて使えません!!
2: 戦闘って、どうやればいいんですか!?

1:
2:

???

!!!!!!!!!!

???
シエル

『つべこべ言うな、教えてやるから 言われた通りにやってみろ』……だそうです。

Ciel

1:
2: 倒した……

1:
2:

カズマ

きえ……た? 再生もしてこない……いったいどうして?

Kazuma
シエル

敵性体の消滅を確認しました。

Ciel
シエル

……間違いありません。 先程の計測通り……レイさんは『観測者』です。

Ciel
???

…………。

???
???

……なるほど、『そういう事』か。

???
シエル

<size=140%>!? </size>

Ciel
???

そいつも、ねぇ……。 まったく、仕事を増やしてくれる。後で追加報酬、請求しないと。

???

1: あの人……見覚えが……

1:

シエル

危険です、レイさんは私の後ろに!

Ciel
カズマ

ま、待ってください、なんですか? なんなんですかこの人は!?

Kazuma
シエル

詳細は不明です。ですが先ほど攻撃を受けました。 つまり現時点では敵性体と認識しています。

Ciel
カズマ

敵性体? じゃあ、敵ってことですか? いやいやいや、冗談じゃないですよ……!

Kazuma
カズマ

僕にでもわかるくらい、とんでもない魔力じゃないですか! イシャナ最強の魔術師『十聖』……いや、それ以上かも。

Kazuma
カズマ

そんなのを相手にするとか、本気でヤバイやつですよ、 死んじゃいますよ!? 死ぬ気ですか!?

Kazuma
???

うるさいぞ……君。

???
カズマ

ひいっ、す、すみません……。

Kazuma
シエル

アナタが……私たちの『敵』なんですか?

Ciel
???

酷いことを言うね、君。敵って言われると まるで僕のほうが悪役みたいじゃないか。

???
???

だいたい、僕の邪魔をしているのは君たちの方だよね? あぁ、つまり、君たちが僕の敵って事になるのか。

???
???

まぁ、今更の話なんだけどね。

???
???

だからさ、もう一回『死んで』みてよ?

???

1: お……お前は!!

1:

???

『お前』?

???
シエル

いけない、レイさん……!

Ciel
シエル

レイさん、 彼女を強く『認識』してはいけません。

Ciel
シエル

大丈夫です。アナタのことは私が必ず守ります。 だからどうか、平静を保ってください。

Ciel

1: あ、ありがとう……
2: 少し冷静になりました……

1:
2:

???

駄目だよ、人の事をいきなり『お前』なんて言っちゃ。 僕にはちゃんと『マイ』って名前があるんだから。

???
カズマ

だからと言って、いきなり刺し殺そうとするのも いかがなものかと思うのですがね……。

Kazuma
シエル

対象の名称を確認しました。 『マイさん』ですね。

Ciel
マイ?

さん付けでどうも。 そう言う君は、さっきより動けるみたいだね。

Mai?
マイ?

もしかして……大事そうに庇われてる、 そっちの『君』の力なのかな?

Mai?
マイ?

……でも君は、ここの『観測者』ではないみたいだね。

Mai?

1:
2: 観測者?

1:
2:

マイ?

……まぁいいや。少し予定外だけど念の為に全員 『処分』させてもらうよ。

Mai?
カズマ

え……僕もですか?

Kazuma
シエル

……戦闘態勢に移行します。カズマさん、 レイさんを連れて退避してください。

Ciel
シエル

今の私なら、足止めくらいは出来るはずです。

Ciel
???

いや、却下だ。

???

1: え?

1: Huh?

シエル

ま、待ってください――!

Ciel
マイ?

今のは……『転移魔法』? いや違う……あの丸いのの仕業か。

Mai?
マイ?

想像以上に面倒くさい依頼だなぁ……これ。

Mai?
マイ?

まぁいいか。少し確かめたいこともできたし……ね。

Mai?
カズマ

うわぁぁ!

Kazuma
カズマ

い、たたた……。

Kazuma

1: な、なに? 今の?
2: ワープした……?

1:
2:

シエル

……なぜですか? なぜ『転移』を……ラーベさん?

Ciel

第二節 記憶の断片/

Summary
シエルは、この世界の異常を正すべく、『窯』

を探しているとのこと。一方カズマは今の状 況を整理するべく、今に至るまでを回想する。

Ciel is searching for a "Cauldron" in order to right the wrongs of this world. Kazuma believes they need to go over the situation, and they consider what has occurred up until now.
カズマ

い……今のって、まさか『転移魔法』ですか!?

Kazuma

1:
2: 転移魔法??

1:
2:

カズマ

魔術の中でも超高難易度のものです。 まさに『魔法』と呼ぶべき、とんでもない術ですよ。

Kazuma
カズマ

歴代の十聖でも扱えたのは数えるほどですよ。 それくらい、非常に難しい魔術なんです。

Kazuma
カズマ

今のはいったい、どういうことなんですか? シエルさん……説明してもらえませんか?

Kazuma
カズマ

あの……シエルさん?

Kazuma
シエル

現在、周囲に敵影らしき反応はありません。 ひとまず安全は確保されたと思われます、ご安心ください。

Ciel
シエル

それと、先程の事象は『転移魔法』ではありません。 私では原理を詳しく説明することはできませんが……

Ciel
シエル

『事象干渉』の応用だと聞いています。

Ciel

1: 事象……なに?
2: (なんであの変な玉を叩いてるんだろう……?)

1:
2:

カズマ

事象に、干渉する……? 理論はなんとなく勉強しましたけど、 そんなこと本当に……って、シエルさん、聞いてます?

Kazuma
シエル

すみません、少々お待ちください。 『アストロラーベ』が動かなくなってしまって……。

Ciel

1: それ、アストロラーベっていうんだ
2: さっき、一瞬しゃべったような……

1:
2:

カズマ

アストロラーベって、たしか『天体観測機』のことですよね。 それで……えっと、なぜそれを、ぶっ叩いているんです?

Kazuma
シエル

はい。以前読んだ資料に、動かなくなった機械は斜め四十五度の 角度で衝撃を与えると機能が回復するとありましたので……。

Ciel
シエル

……もしかして、衝撃が足りないのでしょうか?

Ciel

1: だ、駄目だよ、壊れちゃう!
2: 角度を変えてみるとか

1:
2:

ラーベ

<size=140%>!?</size>

Raabe
シエル

<size=140%>あいたっ!</size>

Ciel
ラーベ

!!!!!!(かなり怒っているみたいだ!)

Raabe
シエル

うぅ……。ど、どうやら無事に再起動できました……。

Ciel
ラーベ

…………。

Raabe
シエル

……ですが、先程の事象干渉の影響で、 音声再生機能に支障が出ているみたいです。

Ciel
シエル

先程までは、わずかに機能していたのですが……。

Ciel
シエル

データによる情報伝達も、断片的なものに なってしまいそうです……困りました。

Ciel
カズマ

あの……安全が確保されたとのことですし、 一旦状況を整理させてもらえませんか?

Kazuma
カズマ

わけがわからないまま魔物に追い回されて、 なにがどうなっているんだか、さっぱりなんですが。

Kazuma

1: 賛成です!
2: 自分も状況がさっぱりわかりません!

1:
2:

シエル

……了解です。 私もおふたりに、聞きたいことがあります。

Ciel
カズマ

まず初めに、シエルさん。あなたはどこの誰なんですか?

Kazuma
カズマ

僕やレイくんと違って、 魔道学園の生徒ではありませんよね。

Kazuma
カズマ

まず初めに、シエルさん。あなたはどこの誰なんですか?

Kazuma
カズマ

僕やレイさんと違って、 魔道学園の生徒ではありませんよね。

Kazuma
シエル

はい。私の名前はシエル=サルファー。 御剣機関のスレイプニールです。

Ciel
シエル

こちらは、自立思考型支援ユニットのアストロラーベ。 通称……。

Ciel
ラーベ

…………。

Raabe
シエル

…………はい、詳細を省略します。

Ciel
シエル

……私たちは『御剣機関』の者です。この島、『イシャナ』に 異常な『場』の反応があったため、調査に来ました。

Ciel
シエル

調査中、先ほどの『マイさん』に襲撃を受け、 その際にレイさんと遭遇。

Ciel
シエル

交戦状態からの離脱には成功したのですが、その後 レイさんが気を失ってしまい……。

Ciel
カズマ

今に至る、というわけですね。

Kazuma
シエル

はい。なお『マイさん』に関する情報はなにもありません。 私もあれが初めての遭遇でした。

Ciel
カズマ

『マイさん』……ですか。 あの人には、できれば二度と関わりたくありませんね……。

Kazuma
カズマ

アレは規格外です。敵に回すなんて、とんでもない。 あまりにも危険すぎます、僕はごめんですよ。

Kazuma
シエル

…………。

Ciel
カズマ

彼女のことはさておき。今のイシャナが異常な状態に あることについては、僕も同意します。

Kazuma
カズマ

なにせ、人が誰もいないんですから。街にも、学園にも。 普段は小さな島に大勢、ひしめき合っているのに。

Kazuma
カズマ

この異常状態を解明してくれるというのなら、 個人的には大歓迎なんですが……その前に。

Kazuma
カズマ

『御剣機関』とかいう組織は、 イシャナとどのような関係なんですか?

Kazuma
カズマ

ここは外界から隔たれた、ちょっと特殊な孤島です。 無関係の調査機関では、気軽に入り込めないはずですが。

Kazuma
シエル

すみません、私は御剣機関とイシャナの関係性について 知らされておりません。

Ciel
シエル

ですが、私はあなたがたの敵ではありません。 これだけは明言できます。

Ciel
カズマ

そう言い切れる理由があるのなら、 うかがいたいのですが。

Kazuma
シエル

私たちならこの『場』を『本来あるべき形』に 修正できるからです。

Ciel
カズマ

本来あるべき形に修正? つまり……あなたがたは、 なぜこんな状況になったのか知っている、ということですか?

Kazuma
シエル

『理由』はわかりません。 ですが『原因』はわかっています。

Ciel
シエル

その『原因』を排除するために、 お聞きしたいことがあります。

Ciel
シエル

『窯』について、知っていることがあれば 教えていただけませんか。

Ciel

1:
2: ……窯?

1:
2:

カズマ

窯……ですか。 それは、具体的にはどのようなものなんですか?

Kazuma
シエル

……わかりません。 私も『窯』を実際に見たことはないんです。

Ciel
シエル

ですが、わかるかたにはそれが『窯』だと 認識できるそうです。

Ciel
カズマ

……詳細不明、形状も不明。『窯』という名称だけ判明している ナニカを見つければ、この異常事態が解決すると?

Kazuma
シエル

はい。私は、そのためにここに来ました。

Ciel
カズマ

……………………。

Kazuma
カズマ

……すみません。あなたの説明をすぐに鵜呑みには できません。

Kazuma
カズマ

そちらの事情は一応、わかりましたが…… こちらの情報を提示する前に、少し相談させてください。

Kazuma
カズマ

レイくん、ちょっと向こうで、 ふたりで話しましょう。

Kazuma
カズマ

レイさん、ちょっと向こうで、 ふたりで話しましょう。

Kazuma
カズマ

…………あの、シエルさん?

Kazuma
シエル

何でしょうか?

Ciel
カズマ

僕はレイくんと ふたりで話をしたいと言ったはずですが……。

Kazuma
カズマ

僕はレイさんと ふたりで話をしたいと言ったはずですが……。

Kazuma
シエル

その件について了承はしていません。 私にはレイさんを護衛する任務がありますので。

Ciel

1: 護衛……って、あれ夢じゃなかったんだ
2: 確かにさっきも、守ろうとしてくれたね

1:
2:

シエル

はい。レイさんの身の安全を確保することは、 現在の私の最優先事項です。

Ciel
カズマ

でしたらなおのこと、僕たちに情報開示の準備を させてくださいよ。

Kazuma
カズマ

そんな配慮もなしに、黙って信用しろと言う人に、 自分の身の安全なんて預けられますか?

Kazuma
シエル

それは……そう、かもしれません……むう。

Ciel

1: カズマさんと二人で話がしたい
2: すぐに戻るから、待ってて

1:
2:

シエル

…………了解しました。 ですが、私の視界内でお願いします。

Ciel
カズマ

この辺でいいですかね……。

Kazuma
カズマ

護衛役の監視が厳しいようですから、 手短に言いますが……。

Kazuma
カズマ

レイくん。僕は、シエルさんはもちろん、 あなたのことも今ひとつ信用しきれずにいます。

Kazuma
カズマ

レイさん。僕は、シエルさんはもちろん、 あなたのことも今ひとつ信用しきれずにいます。

Kazuma

1: え、僕もですか!?
2: まあ、状況が状況ですし……

1:
2:

1: え、私もですか!?
2: まあ、状況が状況ですし……

1:
2:

カズマ

信じきれないのは、そちらも同じじゃないですか? 僕のこと、決して全面的に信用できないでしょう。

Kazuma
カズマ

だけど誤解しないでください、 信じたくないわけではないんです。

Kazuma
カズマ

なにせ、こんな大変なことになる前からの知り合いは、 今のところあなただけなんですから。

Kazuma
カズマ

ただ、僕が思っている通りのあなたなのか確認するためにも、 今現在に至るまでの経緯を、お聞きしていいでしょうか。

Kazuma

1: 記憶に少々混乱がありまして
2: 色々と覚えてないです……

1:
2:

カズマ

なら、思い出せるところから話をしましょうか。

Kazuma

1:
2: えっと、確か……

1:
2:

カズマ

すみません、お待たせしてしまって。

Kazuma
カズマ

僕はカズマ=クヴァル。教授から、あなたを案内 するように頼まれたのですが……あの?

Kazuma

1: あ、すみません
2: レイです

1:
2:

カズマ

ああ。『イシャナの大時計』を見ていたんですね。

Kazuma
カズマ

気になりますよね。とても不思議な『色彩』いろで……。 僕も初めてここに来たとき、しばらく眺めていました。

Kazuma
カズマ

なんでも、魔道協会設立時からあるそうですよ。 ……ああ、魔道協会ってわかります?

Kazuma
カズマ

世界中から魔術や錬金術の知識と技術を集め、けれどそれを 決して表の世界には現さず、保護し続けるための機関。

Kazuma
カズマ

それが『魔道協会』です。

Kazuma
カズマ

その協会が、あらゆる魔術や錬金術を基部とする『世界』を 継承させるために設立したのが、この学園。

Kazuma
カズマ

これだけご大層な場所の正面玄関を飾る時計ですから、 さぞ気合いの入ったものなのでしょうが……。

Kazuma
カズマ

今はもう、壊れていて動かないみたいです。

Kazuma

1:
2: え? さっき動いたような……

1:
2:

カズマ

ほ、本当ですか!?

Kazuma
カズマ

…………普段と変わらないように見えるのですが。

Kazuma
カズマ

きっと気のせいですよ。それより、教授をあまり待たせると いけませんから、行きましょう。

Kazuma
カズマ

ところで、学園へは迷わず辿り着けましたか?

Kazuma

1: どうやってここまで来たのか……
2: はっきり覚えてなくて

1:
2:

カズマ

そうなんですか? それは大変ですね。 といっても、この学園に関してはあり得ることか……。

Kazuma
カズマ

僕も実は、この学園に来たときのことは、 はっきり覚えてないんですよ。

Kazuma
カズマ

特殊な場所ですからね。 そういう人、結構いると思いますよ。

Kazuma
カズマ

でもそれなら、簡単に説明しておきましょうか。

Kazuma
カズマ

僕たちが今いるのは、魔道都市イシャナの、 中心にある魔道学園です。

Kazuma
カズマ

学園を中心にして、 住居や商店のある街が広がっていまして……。

Kazuma
カズマ

その外へ行くと、丘だとか森だとか、 自然豊かなエリアがあります。

Kazuma
カズマ

その外は……まあ、海ですね。 イシャナはひとつの島ですから。

Kazuma
カズマ

イシャナというのはそもそも、 魔道協会を中心にした組織全体のことを指すらしくて……。

Kazuma
カズマ

その総本山があるから、この島は魔道都市イシャナなんて 呼ばれているんですよね。

Kazuma
カズマ

島の名前がイシャナだから、組織の名前がそうなったのか。 組織の名前がイシャナだから、島の名前がそうなったのか。

Kazuma
カズマ

その辺の事情や名前の由来がはっきりわかってないだなんて、 なんとも魔道協会らしいじゃないですか。

Kazuma
カズマ

所属している人間すら、素性を把握していない。 さすが世界屈指の秘密組織ですよ。

Kazuma
カズマ

そのうえ、イシャナの島は全体を強固な結界で覆われている。

Kazuma
カズマ

島から出るのにも、島に入るのにも、面倒な手続きと 唯一の港を経由しなければならないなんて……。

Kazuma

1: じゃあ、簡単には逃げられないね
2: じゃあ、来た時もそこから?

1:
2:

カズマ

え? ああ、はい。まあ、そうなりますね。

Kazuma
カズマ

イシャナの説明は、こんなところで十分でしょうか。

Kazuma
カズマ

あとは学園の中ですけど……授業に必要なときは、 手近な人に案内してもらえばいいでしょうし。

Kazuma
カズマ

ああ、中庭だけ説明しておきましょうか。

Kazuma
カズマ

一階のあちこちから出られる中庭があるんですが。 そこには大図書館と聖堂があります。

Kazuma
カズマ

大図書館は言葉の通り、大きな図書館です。

Kazuma
カズマ

ここの生徒なら誰でも利用できますから、 調べたいことがあればどうぞ。

Kazuma
カズマ

もうひとつの聖堂ですが……こちらはあまり近づかないほうが、 身のためでしょうね。

Kazuma
カズマ

イシャナでも特別な儀式を行うための場所らしくて、 許可のない生徒は基本的に立入禁止なんです。

Kazuma
カズマ

まあ……あなたがあえて面倒事を引き起こしたいタイプなら、 止めはしませんが。

Kazuma

1: 色々とご説明ありがとうございます
2: この島に詳しいんですね

1:
2:

カズマ

いえいえ。教授から説明しておくようにと 言われていましたから。

Kazuma
カズマ

……ところで、レイくん。 その制服、どうしたんですか?

Kazuma
カズマ

それ、相当前に廃止された制服のデザインだと 思うんですけど。

Kazuma
カズマ

……ところで、レイさん。 その制服、どうしたんですか?

Kazuma
カズマ

それ、相当前に廃止された制服のデザインだと 思うんですけど。

Kazuma

1: そうなんですか?
2: 気が付いたら着ていて……

1:
2:

カズマ

あ、すみません、気にしないでください。 入学手続きが終われば、今の制服が支給されると思いますよ。

Kazuma
カズマ

……それにしても十聖の列聖式前だからなのか、 妙に静かですねぇ。

Kazuma

1: 十聖?
2: 列聖式?

1:
2:

カズマ

魔道協会の頂点と言える優秀な魔道士が『十聖』。 その座に新たな人物を加えるための儀式が『列聖式』ですが……。

Kazuma
カズマ

なんだかピンときていない顔をしている気がするんですが、 もしかして十聖を知らないとか……ですか?

Kazuma

1: まったく
2: ぜんぜん

1:
2:

カズマ

いったいどうやってイシャナに入校出来たのか…… 僕、すごく気になります……。

Kazuma
カズマ

……どうしました?

Kazuma

1:
2: 今、真っ赤なマントの方が……

1:
2:

カズマ

真っ赤なマントって……もしかして『レッドセンチネル』!?  まさか、『アレ』が見えたんですか!?

Kazuma

1: はい、見えました
2: すごく真っ赤でした

1:
2:

カズマ

それはすごい……! いや、本当にすごいことなんですよ!

Kazuma
カズマ

すごいって、それ本当にすごいことなんですよ!

Kazuma
カズマ

レッドセンチネルというのは、イシャナに伝わる都市伝説、 いえ学園伝説と言ったほうがいいですね。

Kazuma
カズマ

その中でもかなり古くから伝わっているもので、 もしかしたら学園設立当時から存在していたのでは、

Kazuma
カズマ

とまで言われているんです!

Kazuma
カズマ

過去、イシャナにかなり大掛かりな魔術攻撃を 仕掛けてきた組織があったそうなのですが、

Kazuma
カズマ

噂……話によると、レッドセンチネルたったひとりで 撃退、いえ『殲滅』させたとか。

Kazuma
カズマ

つまりですね、 レッドセンチネルはこの魔道都市に関わる何らかの術式システム

Kazuma
カズマ

もしかしたらこの謎だらけの魔道都市『イシャナ』の 秘密に繋がる可能性があるんです!

Kazuma
カズマ

いやぁ、一度お話を聞いてみたいですねぇ。 まあ、言葉が通じるならですけど……。

Kazuma
カズマ

そもそも人かどうかもわかりませんし、 ゴーレムや使い魔の類とも考えられますから。

Kazuma
カズマ

それに、レッドセンチネルを認識するのはかなりの…… それも先程お話した十聖か、

Kazuma
カズマ

それに匹敵するほどの魔力が必要だと言われています。

Kazuma
カズマ

それでも、 存在を認識出来る程度だそうですが……あれ?

Kazuma
カズマ

そう考えると、レイくんってもしかして すごい魔力をお持ちなのでは……?

Kazuma
カズマ

そう考えると、レイさんってもしかして すごい魔力をお持ちなのでは……?

Kazuma
カズマ

<size=130%>ち、ちょっと待ってください!</size> <size=130%>僕、こんなにハイテンションでしたか!?</size>

Kazuma

1: かなり
2: 意外な一面?

1:
2:

カズマ

うっ……。 と、とりあえず話を続けましょうか……。

Kazuma
シエル

駄目です。

Ciel
カズマ

うわぁぁぁっ!!  シ、シエルさん、いつからそこに!?

Kazuma
シエル

驚かせて申し訳ありません。 至急、この場からの移動を提案します。

Ciel
カズマ

何かあったのですか?

Kazuma
シエル

話に聞き入り……いえ、考え事をしていたせいです。 申し訳ありません、索敵を怠りました……。

Ciel

1: それって
2: つまり

1:
2:

シエル

敵性体に囲まれています、お二人とも戦闘準備を。

Ciel

第三節 断絶された島①/

Summary
魔物は『異物』であるシエル達を狙っている

らしく、安全な場所へ移動する。カズマは魔 物の襲撃によって中断となった回想を続ける。

It seems the monsters are chasing after "Contaminants" like Ciel, so the group moves to a safer location. Kazuma continues his conversation from before they were interrupted by the monsters.
シエル

敵性体の排除を完了しました。

Ciel

1: お疲れ様。ところで……今の人たちは?
2: 突然味方が増えてませんでした!?

1:
2:

シエル

戦闘に参加していた個体は『ユニット』といいます。

Ciel
シエル

私が装備している接続器を介してデータをサルベージし、 具現化した存在です。

Ciel
カズマ

具現化? 僕には、ボヤッとしたなにかが 動き回ってるようにしか見えませんでしたが……?

Kazuma
シエル

『ユニット』クロノファンタズマは、本来は『居ない筈の者』です。

Ciel
シエル

それをレイさんの持つ『観測の力』によって、 一時的に具現化させています。

Ciel
シエル

ですので基本的に『ユニット』は、レイさんや、 データの処理を行う私にしか、明確に認識できません。

Ciel
シエル

レイさんのおかげでなんとか具現化できている 状況なので、現状では戦闘時のみ、数体の確保が限界ですが……。

Ciel
シエル

今後、観測の力が安定、あるいは強化されることで、 より強力に、より明確に具現化させることができるはずです。

Ciel

1: やり方、よくわかってないんだけど……
2: なんとなくできてるけど、大丈夫なの?

1:
2:

シエル

問題ありません。無事に戦闘は行えました。 現在は自衛のための手段として、使用してください。

Ciel
シエル

……そろそろ、移動したほうがいいかもしれません。

Ciel
シエル

先程カズマさんが魔物と呼称した生物は、 こちらの存在を感知しているようです。

Ciel
シエル

一度倒したとしても、別の個体が再び集まってきて 私たちを追跡する可能性が高いです。

Ciel
カズマ

それって、僕たちが魔物に狙われてるってことですか? なんでまた……。

Kazuma
シエル

まだ推測ですが、私……いえ、私たちが この場において『異物』だからかもしれません。

Ciel

1: 異物って?
2: それだとどうして襲われるの?

1:
2:

シエル

異物というのは……本来、この世界に存在してはいない者を 指します。この場に巻き込まれた人と言いますか……。

Ciel
カズマ

存在しない、って。僕たちはイシャナの生徒ですよ? いないはずなのは、シエルさんだけでは?

Kazuma
カズマ

それに今は、いるはずの人がいない、という状況だと 思うんですけどね。島の人がどこにもいないんですから……。

Kazuma
シエル

誰が異物であるかは、私には判断できません。 現状、私を含めて誰でも、異物である可能性はあります。

Ciel
シエル

先程の魔物たちは、異物を排除しようとしていると 思われます。そのため、繰り返し襲撃される危険性があります。

Ciel
シエル

ただ、感知能力はそれほど広くはないようです。

Ciel
シエル

私もある程度の範囲なら、敵性体を感知することが可能です。 奇襲は回避できると思いますので、ご安心ください。

Ciel
カズマ

今しがた囲まれたばかりですが!?

Kazuma
シエル

……すみませんでした。つい夢中になっていて……。

Ciel
カズマ

夢中? なににです?

Kazuma
シエル

なんでもありません。失礼しました。

Ciel
シエル

不手際について、お詫びします。ですが先ほどの戦闘で こちらの所在地を感知した魔物が、徐々に集まりつつあります。

Ciel
シエル

この場に留まるのは危険ですので、 早急な移動を推奨します。

Ciel
カズマ

わかりました……レイくん、 とりあえず話の続きは後にしましょう。

Kazuma
カズマ

わかりました……レイさん、 とりあえず話の続きは後にしましょう。

Kazuma
カズマ

ですが移動と言っても……どこに行ったものか……。

Kazuma

1:
2: シエルさん、どの方角が安全ですか?

1:
2:

カズマ

ち、ちょっと……そんなに簡単に この人を信用していいんですか?

Kazuma
シエル

……確実とは言えませんが、 北東の方角は敵性体の反応が少なく感じます。

Ciel
カズマ

……ここから北東に行けば、港がありますね。確か港には、 島外への通信機があるはずです。それに、船も……。

Kazuma

1: 外部に連絡できるかも!
2: 外に脱出できるかも!

1:
2:

カズマ

……わかりました。とりあえず港に向かいましょう。

Kazuma
シエル

レイさん。 信用してくださって、ありがとうございます。

Ciel
シエル

それと、私のことは『シエル』で結構です。

Ciel

1:
2: じゃあ、シエル

1:
2:

1: カズマさんとの話、どこから聞いてた?
2: カズマさんとの話、どこまで聞いてた?

1:
2:

シエル

カズマさんがレイさんを迎えにきて、 学園の入り口にある大時計のお話を……。

Ciel
シエル

カズマさんが興奮しながらお話を始めて、 そんなにテンション高かったっけ、と……。

Ciel
シエル

あ。

Ciel

1: 結構引っかかりやすいタイプ?
2: 嘘が苦手なんだね

1:
2:

シエル

す、すみません。立ち聞きをしていました……。

Ciel
シエル

はじめはレイさんの安全を危惧しての ことだったのですが……途中からは、お話が興味深くて……。

Ciel
ラーベ

…………。

Raabe
カズマ

ふたりとも、移動するんじゃないんですか? ひとりにしないでくださいよ……。

Kazuma
シエル

失礼しました。行きましょう。

Ciel
カズマ

はぁ〜、結構歩きましたね……。

Kazuma
カズマ

普段なら町から真っ直ぐ行けばいいことなのに、 遠回りな上に道も悪くて……さすがに疲れました。

Kazuma
シエル

魔物との接触を避けてもいますから、ルートとしてはかなり 非効率的ですね。

Ciel
カズマ

危険を冒すよりは、非効率的なほうがいいですよ。

Kazuma
シエル

はい、私もそう思います。

Ciel
シエル

カズマさんは戦闘に不向きのようですし、 可能な限り交戦は回避すべきです。

Ciel
シエル

……レイさんは、少しお疲れのようですね。

Ciel
シエル

ここなら視界も開けていて安全を確保できます。 レイさんの休息を提案します。

Ciel
カズマ

『レイくんの』と言うか『僕たちの』ですね。 でも賛成です、少し休憩しましょう。

Kazuma
カズマ

『レイさんの』と言うか『僕たちの』ですね。 でも賛成です、少し休憩しましょう。

Kazuma
カズマ

それに、話も途中でした。 続きを……ああ、でもシエルさんが……。

Kazuma
シエル

安全面と警備面を考慮して、私も同席させていただきます。

Ciel
カズマ

……やっぱり、そうおっしゃいますよね……。

Kazuma

1: 多分、大丈夫だと思いますよ
2: シエルは信用できる気がします

1:
2:

シエル

レイさん。多分、と言われるのは 心外です。私は確実に大丈夫です。

Ciel
シエル

はい。レイさんの言う通りです。 私を信用してくださって、問題ありません。

Ciel
シエル

現状、私の最優先事項は、レイさん……。

Ciel
シエル

…………。 お二人の安全ですから。

Ciel
カズマ

先程から、なんとなく僕がオマケのように 感じているんですけど。

Kazuma
シエル

気のせいです。

Ciel
カズマ

はぁ……。 わかりました、いきなり魔物に襲われても困りますし。

Kazuma
カズマ

えっと……どこまで話しましたっけ?

Kazuma
シエル

カズマさんが興奮しながらお話を始めた辺りです。

Ciel
カズマ

そこまで興奮してませんよ! って、なんで知ってるんですか!?

Kazuma
シエル

気のせいです。

Ciel

1: まぁまぁ、とりあえず話の続きを……
2: 結構ハイテンションでしたけどね……

1:
2:

カズマ

……確か、レッドセンチネルが現れた辺りでしたよね?

Kazuma
カズマ

そう考えると、レイくんってもしかして すごい魔力をお持ちなのでは……?

Kazuma
カズマ

そう考えると、レイさんってもしかして すごい魔力をお持ちなのでは……?

Kazuma
???

まぁ、そうなんですかぁ?

???
カズマ

うわっ! あ、と、トリニティさん!? ええと、あの、どうも……。

Kazuma
トリニティ

こんにちは。それと……はじめまして〜。 転校生さんですね。

Trinity
トリニティ

私はトリニティ=グラスフィールと申します。 カズマさんの、同級生なんですよぉ。

Trinity

1: はじめまして
2: レイです

1:
2:

トリニティ

ふふ、よろしくお願いしますね。

Trinity
トリニティ

今のお話、立ち聞きしてしまってごめんなさい。

Trinity
トリニティ

レイさんは、 とってもすごい魔力をお持ちなんですか〜?

Trinity
カズマ

そうなんだと思います。 だって彼、あのレッドセンチネルを見たそうなんですよ。

Kazuma
カズマ

そうなんだと思います。 だって彼女、あのレッドセンチネルを見たそうなんですよ。

Kazuma
トリニティ

まあ! それは本当にすごいですねぇ〜。 びっくりです〜。

Trinity
トリニティ

私のお友達に、それはそれは強い魔力を持った、 コノエという子がいるんですけどね。

Trinity
トリニティ

彼女でも、薄っすらと存在を感じられるくらいなんだそうです。 それを認識できただなんて。

Trinity
トリニティ

レイさんにはなにか、とてつもない才能が あるのかもしれませんよぉ〜。

Trinity
カズマ

ええ。なんたって、今のイシャナでレッドセンチネルを 知覚できるのは、あの十聖くらいなんですから。

Kazuma

1:
2: 十聖って偉い人たちでしたっけ?

1:
2:

カズマ

……え? 十聖を知らないって、あれ本気だったんですか? え、本当に? 嘘でしょう?

Kazuma
トリニティ

あらぁ〜、そういうこともあるのですねぇ。 では、簡単にご説明しましょうか〜。

Trinity
トリニティ

十聖はイシャナの特別優秀な魔術師に与えられる 称号なんですぅ〜。

Trinity
トリニティ

ただ優秀なだけではなく、技術と才能、類まれなる能力を 有する者だけが、その名を冠することを許されます。

Trinity
トリニティ

本来は十人いることになっているんですけれど……。

Trinity
トリニティ

その席が埋まるほど一度に才覚が集まることはそうそうなくて、 いつもどこかしらに空席があるんだとか。

Trinity
カズマ

……ん? 十聖といえば、コノエさんの列聖式が もうすぐですよね。トリニティさん、準備でお忙しいのでは?

Kazuma
トリニティ

まあ、まあ。そうでした、私ったらついうっかり、 おしゃべりに夢中になってしまって〜。

Trinity
トリニティ

その準備の真っ最中だったんですけどね、 ちょっと困ったことが起こってしまいまして〜……。

Trinity
トリニティ

カズマさんのお力を借りたくて、探していたんですぅ。

Trinity
カズマ

僕を……ですか。なにも僕じゃなくても、トリニティさんなら 他にもたくさんお知り合いがいるでしょうに。

Kazuma
トリニティ

そんなことありませんよ〜。それに、こういうことを お願いできるのは、カズマさんだけですから。

Trinity
カズマ

はぁ……そうですか。 ちなみに、困ったことというのは?

Kazuma
トリニティ

はい。列聖式では十聖に選ばれた魔術師に合わせて、 様々な術式や魔力を織り込んだ、法衣を用意するんですけれど〜。

Trinity
トリニティ

コノエの魔力量に合わせてたくさん魔力を織り込んだら、 ちょっと多すぎたみたいで〜。

Trinity
トリニティ

肝心の法衣が、今にも燃えだしてしまいそうなんですよ〜。

Trinity
カズマ

も、燃え!? ええ!?

Kazuma
トリニティ

なので、魔力を一度抜き取りたいんですが、 絶妙なバランスで織り合わさっているので……。

Trinity
カズマ

バランスを崩さないよう、一度にまとめて魔力を抜く必要が ある……ってことですよね?

Kazuma
トリニティ

そうなんですぅ。ひとりではちょっと難しいので、 カズマさんにお手伝いをお願いできればと思ったのですけれど〜。

Trinity
トリニティ

まだ、レイさんのご案内の 途中だったようですね〜。では、またあとでにします〜。

Trinity
カズマ

いやいやいや、なに悠長なこと言ってるんですか!  こうしてる間にも、法衣が駄目になるかもしれないでしょう!?

Kazuma
カズマ

すぐ行きますから! コノエさん級の魔力が暴れだしたら、 下手したら校舎吹っ飛びますよ!?

Kazuma
トリニティ

あらぁ、でもご案内の途中ですし〜。 私の都合でお邪魔するのも、申し訳ないですからぁ……。

Trinity
カズマ

そんなこと言ってる場合じゃないですよ!

Kazuma
カズマ

レイくん、すみませんがここでちょっと 待っていてください。作業が終わったらすぐ戻るので。

Kazuma
カズマ

レイさん、すみませんがここでちょっと 待っていてください。作業が終わったらすぐ戻るので。

Kazuma

1: 近くなら、ひとりで行ってみます
2: こっちは大丈夫、気にしないでください

1:
2:

カズマ

そう……ですか?

Kazuma
トリニティ

まあ……すみません、お気を遣わせてしまって……。

Trinity
トリニティ

でも、助かりますぅ。実はちょっと、急がないと 危なかったものですからぁ〜。

Trinity
トリニティ

お言葉に甘えて、カズマさんをお借りしますね。 ありがとうございます、レイさん。

Trinity
カズマ

では、すみませんが教員室まで おひとりでお願いします。

Kazuma
カズマ

教員室はこの廊下を真っ直ぐ行って、突き当りを左に曲がった ところにあります。曲がって最初に見える扉がそうです。

Kazuma
カズマ

上にプレートもついているはずですから、 それで確認してください。

Kazuma

1: わかりました!
2: 燃えないうちに急いで……

1:
2:

カズマ

よろしくお願いします。 では、僕はこれで。

Kazuma
トリニティ

はい、急ぎますね〜。 では、失礼します〜。

Trinity

1: 真っ直ぐ行って、左に曲がる……
2: 最初に見える扉だったっけ

1:
2:

……………………。 …………………………………………。

……………………。 …………………………………………。

1: (窓から中庭が見える……)
2: (あ、あそこにいるの……)

1:
2:

1: (トリニティさんだ。ひとりかな?)
2: (中庭の奥の……建物に入っていった)

1:
2:

…………。

1: ……あれ?
2: ……廊下がまだ続いてる

1:
2:

???

…………。

???

1: (さっき見た……)
2: あの……

1:
2:

1: 待って!
2: (僕を呼んだ……?)

1:
2:

1: 待って!
2: (私を呼んだ……?)

1:
2:

1: (ここ、カズマさんが言ってた聖堂だ)
2: (地下に向かってる……?)

1:
2:

1: 地下にこんなところがあるんだ……
2: ここ、見覚えがあるような……

1:
2:

???

…………。

???
???

…………。

???

1" なに?
2: よく聞こえないよ

1:
2:

???

……負けないで。

???

1: え? え? え? え?
2: ここは……どこ?

1:
2:

1: なんの物音?
2: 誰かいる!

1:
2:

マイ?

遅いよ!

Mai?
シエル

っ……!

Ciel
マイ?

やるね。人形のくせに。

Mai?
シエル

……損傷を確認。被害状況、軽微。 戦闘を続行します。

Ciel
マイ?

まだやれるつもりなんだ。逃げたほうが賢明じゃないかな。 君が僕に勝てる見込みなんてないと思うけど。

Mai?
マイ?

まあでも……逃さないけどね! ……ん?

Mai?
シエル

<size=140%>……!?</size>

Ciel

1: うわ、こっち見た!
2: (あ、これ、やばいやつだ……!)

1:
2:

マイ?

なんで島の人間が? いや、異物? だとしたら……この感じは……どういうことだ?

Mai?
シエル

<size=140%>逃げてください!!!</size>

Ciel
マイ?

……まあいいか、なんでも。 邪魔だし、排除しておこう。

Mai?
マイ?

なんで島の人間が? いや、異物? だとしたら……この感じは……どういうことだ?

Mai?
マイ?

……え?

Mai?
シエル

……!!

Ciel

1: なん……だ、今の……?
2: あれ……体の……力が……

1:
2:

マイ?

この、感覚……。まさか……。

Mai?
シエル

今のは……。

Ciel
マイ?

……事象干渉。

Mai?
マイ?

どういうことだ? 誰が『此処』を『観』ている……?

Mai?
シエル

退避します! 私につかまってください!

Ciel
カズマ

……で、気を失って……そのあとは?

Kazuma

1: 気がついたらシエルがいて
2: すぐ後にカズマさんが転がってきました

1:
2:

カズマ

ああ、なるほど。 さっきの、僕と合流した場面に繋がるわけですか。

Kazuma
カズマ

……なんだか、不思議な現象に遭遇してばかり いたんですね。

Kazuma
カズマ

レッドセンチネルらしき人影に遭遇して、呼ばれるまま 中庭の建物に入ったら……地下の奇妙な部屋にたどり着いた。

Kazuma
カズマ

で、気が付いたら今度は、突然森の中にいた……なんて。

Kazuma
カズマ

というか、夢でもない限りありえないですよ。 中庭の建物って、聖堂でしょう?

Kazuma
カズマ

聖堂の地下に入ったなんて、 そんなこと……できるはずが……。

Kazuma
カズマ

ああ、いえ。なんでもありません。

Kazuma
カズマ

それより、今の話だとレイくんも シエルさんとは初対面で、彼女が何者かは知らないんですね。

Kazuma
カズマ

それより、今の話だとレイさんも シエルさんとは初対面で、彼女が何者かは知らないんですね。

Kazuma
カズマ

……まあ、実際何者かなんて、ここにいる全員が お互いにわかってないことなんでしょうが。

Kazuma
シエル

お話中に失礼します。前方に港らしき照明を確認しました。 それと……。

Ciel
カズマ

あ、本当ですね。あの辺りが港だと思います。 それじゃあ休憩はこのくらいにして、そろそろ行きま……。

Kazuma
カズマ

ひえっ!?

Kazuma
シエル

それと、魔物が接近しています。 警戒してください。

Ciel
カズマ

そ、そういうことは、 もう少し早く言っていただけませんか!?

Kazuma
シエル

戦闘行動に移行します。 レイさん、私から離れないようにしてください。

Ciel
カズマ

ああ、戦闘は専門外なのに……!

Kazuma

第三節 断絶された島②/

Summary
港に辿り着き、船と通信機を確認するシエル

達。不意に悲鳴が聞こえ、カズマが駆けつけ た時、少女トリニティが魔物に襲われていた。

After reaching the port, the group tries to get their hands on a communication device and a ship. When they hear a mysterious scream, Kazuma runs to help and finds Trinity being attacked by monsters.
カズマ

はぁ〜……なんとか港まで来られましたね。

Kazuma
ラーベ

!!

Raabe
シエル

はい、ラーベさん。確認します。 ……周囲に敵性反応はありません。

Ciel
シエル

見通しは悪いですが、辺りはとても静かですから、 魔物の接近があればわかりやすいと思います。

Ciel
カズマ

それはなによりです。 では……そうですね。

Kazuma
カズマ

レイくんは、 港に船が残っていないか見てきてもらえませんか。

Kazuma
カズマ

レイさんは、 港に船が残っていないか見てきてもらえませんか。

Kazuma
カズマ

ついでに誰かいるといいんですけど……。

Kazuma

1: 船だね、わかった
2: カズマさんはどうするの?

1:
2:

カズマ

僕はあの建物に行ってみます。

Kazuma
カズマ

あそこは港に入る船の管理をしているところでして、 外部と通信機でやりとりをしているはずなんです。

Kazuma
カズマ

もし通信機が動けば、外部に連絡ができるかもしれません。

Kazuma
カズマ

確認が終わったら、またここで待ち合わせということで。 では、よろしくお願いします。

Kazuma
シエル

ここが船着き場ですね。波止場があります。 港の規模としては中規模程度と思われます。

Ciel
シエル

……ですが……。

Ciel
ラーベ

…………。

Raabe

1: 船がない……
2: 誰もいない……

1:
2:

シエル

はい。小型船1艇すら見当たりませんし、 海上にもそれらしいものは確認できません。

Ciel

1: 船で脱出はできそうにないね
2: しかたない、合流場所に戻ろう

1:
2:

カズマ

ああ、もう戻られていたんですね。 すみません、お待たせしました。

Kazuma
カズマ

それで……船着き場のほうは、どうでしたか?

Kazuma
シエル

船は1艇もありませんでした。船影も見られません。 また、人がいる様子もありませんでした。

Ciel
カズマ

……船なし、人なし、ですか……。 そうじゃないかなとは思っていたんですよね……。

Kazuma
シエル

通信機はいかがでしたか?

Ciel
カズマ

お察しかとは思いますが……繋がりませんでした。

Kazuma
カズマ

通信機自体はすぐに見つかりましたし、電源も入ったんですが、 いざ通信しようとするとどこにも繋がらないんです。

Kazuma
カズマ

故障しているわけでもなさそうなのですが……。

Kazuma
カズマ

やれやれ……こうなると、まるでこの島だけが 外の世界から切り離されてしまったかのようですね。

Kazuma
シエル

…………。

Ciel
カズマ

とはいえ、イシャナはそもそも、外界から認識できないように 結界が張ってあるはずですから、

Kazuma
カズマ

それが影響して通信を阻んでいるのかもしれません。

Kazuma
カズマ

結界を維持したまま外部と連絡を取るために、 なにか特別な手順が必要なのかもしれませんし……。

Kazuma
カズマ

まずはその辺りを、確認できれば……。

Kazuma
シエル

っ!

Ciel
ラーベ

!!!

Raabe

1: 今の……
2: 誰かの悲鳴だ!

1:
2:

シエル

はい。女性の悲鳴が聞こえました。

Ciel
カズマ

今の声は、もしかして……行ってみましょう!

Kazuma

1: 僕も行くよ!
2: 急がないと!

1:
2:

1: 私も行くよ!
2: 急がないと!

1:
2:

シエル

待ってください、レイさん。 危険です。

Ciel
シエル

聞こえた悲鳴から推察するに、 声の主は生命維持に関わる重大な危機に直面しています。

Ciel
シエル

行けばレイさんの身に 同様の危険が降りかかる恐れがあります。

Ciel
シエル

現場へ向かうことは、推奨できません。

Ciel

1: そういうわけにはいかないよ
2: だったら余計に、放っておけない

1:
2:

シエル

あっ……待ってください!

Ciel
シエル

安全の確保が、生存のための重要事項のはずです。 それなのに……なぜ、危険だとわかっていて向かうのでしょう。

Ciel
シエル

私には……理由がわかりません。

Ciel
ラーベ

…………。

Raabe
シエル

はい。レイさんを追走し、 想定される危険から守ります。

Ciel
魔物

グゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!

Monster
トリニティ

はぁ……はぁ……。倒しても、倒しても……。 一体どこから、こんなにたくさんの魔物が……?

Trinity
魔物

グアァァァァァァァァァ!!

Monster
トリニティ

きゃぁっ……だ、だめ……!

Trinity
カズマ

トリニティさん!

Kazuma
トリニティ

え……カズマさん!? どうして……。

Trinity
カズマ

説明はあとにさせてください。 戦いながらなんて器用なこと、僕にはできませんからね……!

Kazuma

第三節 断絶された島③/

Summary
倒しても、再び集まってくる魔物たち。カズ

マを追いかけてきたシエルたちは魔物を捕捉 すると、その排除を開始する。

Defeating one group of monsters only brings in another group. Ciel and Rei arrive after chasing Kazuma and begin to help with the extermination.
魔物達を退け、トリニティと無事を喜び合う

カズマ達。しかし、彼らがいるイシャナ島は、 外界から切り離されているようだった。

カズマ

ひい……はぁ……と、とりあえず倒しましたか……?

Kazuma
カズマ

大丈夫ですか、トリニティさん?

Kazuma
トリニティ

は、はい……でも、カズマさん……!

Trinity
カズマ

へ? う、うわ! また集まってきた……!

Kazuma
シエル

敵性体を確認。 ……カズマ=クヴァル及び要救助者、計2名を確認。

Ciel

1: カズマさん、大丈夫!?
2: トリニティさん、大丈夫!?

1:
2:

カズマ

な、なんとか。死ぬかと思いましたが……。

Kazuma
トリニティ

レイさん……? あなたまで来てくださったなんて……。

Trinity
シエル

周囲の敵性体の捕捉完了。対象の排除を開始します。

Ciel
カズマ

これで、全部ですかね……?

Kazuma
シエル

……はい。周囲の警戒レベルの低下を確認。 敵性体の反応はありません。

Ciel
カズマ

よかった……。 トリニティさんにも、お怪我はないみたいですね。

Kazuma
トリニティ

は、はい……ええ、大丈夫です。どこも、なんともありません。 その前に、来てくださいましたから……。

Trinity
トリニティ

でも、ごめ、ごめんなさい。 安心したら、気が緩んでしまって……。

Trinity
カズマ

え、あ、わ、その、な、泣かないで、ください。 あの……。

Kazuma
トリニティ

倒しても、倒してもきりがなくて…… いつまでも魔物が追いかけてくるんです……。

Trinity
トリニティ

必死に逃げてきたのですけれど、もうこれ以上は 逃げられないと……。

Trinity
トリニティ

誰にも会えないまま、魔物に食べられてしまうんだと 思っていたので……。

Trinity
トリニティ

カズマさんやレイさんに、 お会いできて、よかった……。

Trinity

1: もう魔物はいないから、安心してください
2: 僕もトリニティさんに会えて嬉しいです / 私もトリニティさんに会えて嬉しいです

1:
2:

トリニティ

はい……。 すみません……私ったら、取り乱してしまって〜。

Trinity
トリニティ

本当に、カズマさんとレイさんが ご無事でよかったです〜。

Trinity
ラーベ

…………。

Raabe
シエル

そちらの方が『トリニティさん』ですか?

Ciel
カズマ

ああ……そうです。トリニティ=グラスフィールさん。 僕のクラスメイトで……。

Kazuma
トリニティ

はじめまして。 トリニティ=グラスフィールと申します〜。

Trinity
シエル

シエル=サルファーと申します。

Ciel
トリニティ

よろしくお願いいたしますぅ。

Trinity
トリニティ

シエルさん、とってもお強いのですね〜。 魔物を次から次へと倒して……あら?

Trinity
トリニティ

まぁ、大変ですぅ。 お礼を言うのがすっかり遅れてしまいましたぁ〜。

Trinity
トリニティ

カズマさん、レイさん、それにシエルさん。 助けていただいて、ありがとうございます〜。

Trinity
シエル

いえ。それが私の任務です。

Ciel
シエル

ところで、先程の戦闘ですが。私達が到着するまでの間は、 カズマさんが戦っていらしたのですよね。

Ciel
カズマ

え? ええ、まあ……。 どうやら僕にも倒せる程度の敵だったようです。幸運でした。

Kazuma
シエル

そう……ですか。

Ciel
カズマ

そうだ、トリニティさん。 落ち着かれたなら、うかがいたいのですが。

Kazuma
カズマ

どうして、こんなところにいらしたんです? 街の外れなんて、今でなくても人気がないのに。

Kazuma
トリニティ

はい……でも気になることがあって、 港を見に行ってきたところだったんですぅ。

Trinity
カズマ

港を? トリニティさんもでしたか。 実は、僕たちも今見てきたところなんです。

Kazuma
トリニティ

あらぁ、では、危うく入れ違いになるところだったんですねぇ。 お会いできて、本当によかったですぅ。

Trinity
カズマ

そうですね。 でも……それなら、もう船がないことはご存知なんですね。

Kazuma
トリニティ

はい……。それに、結界も。

Trinity
シエル

結界? 外界から認識できないように張ってある、 とカズマさんが言っていたものですか?

Ciel
トリニティ

ええ……そうですぅ。 いつもは、島全体を覆うように張られているんです。

Trinity
トリニティ

でも、それがなくなっていましたぁ。

Trinity
カズマ

そんな、馬鹿な……!

Kazuma
トリニティ

港まで行って、直接目で見て確認しましたから、 間違いありません……。

Trinity
カズマ

そんな……。あれ、でも、でしたら さっき通信が繋がらなかったのは……?

Kazuma
トリニティ

通信というと、港の通信装置のことですか?

Trinity
カズマ

ええ。それで外部に連絡が取れないかと思ったんですが、 試してみてもどこにも繋がらなかったんです。

Kazuma
カズマ

結界があるせいかと思っていたんですが……。 どうやらそのお話だと、原因は違うようですね。

Kazuma
トリニティ

……そうですね。通信が繋がらなかったのは、おそらく イシャナ自体が外界から遮断されているせいだと思いますぅ。

Trinity
カズマ

え……? そ、それって、どういうことですか? 普段の結界がある状態とは違うんですか?

Kazuma
トリニティ

ええ〜。 普段のイシャナは、結界によって外界を遮断していますぅ。

Trinity
トリニティ

ですが今は……外界、つまり世界そのものから 切り離されてしまっている状態なんだと思います。

Trinity
トリニティ

……いつもは、ただこちらが姿を隠しているだけで、 その外に世界は存在していました。

Trinity
トリニティ

でも今は、本来ならあるはずの イシャナの外の世界が確認できないんです……。

Trinity
カズマ

そ、そんなことって、あり得るんですか?

Kazuma
トリニティ

これは、私も本で読んだだけなので、 詳しいことまでは知らないのですけれど……。

Trinity
トリニティ

なんらかの原因で『イシャナ』という存在を 維持できなくなった。

Trinity
トリニティ

もしくはそれに準じる事象が発生した場合、

Trinity
トリニティ

この島ごと別の次元に隔離、保護するシステムが あるらしいんですぅ。もしかしたら、今回の現象は……。

Trinity
カズマ

そのシステムが関係しているかもしれない、 ってことですか……。

Kazuma
シエル

島ごと別の次元に隔離するなど、 容易なことではありません。

Ciel
シエル

なぜそうまでして、 この島を外界から隠す必要があるのですか?

Ciel
カズマ

ああ、なんでもイシャナが抱える『魔術』についての 技術や知識を、正しく保存するためだそうですよ。

Kazuma
カズマ

そのために、外部からの来訪者は厳重にチェックされ、 島から出るときも様々な手続きが必要なんです。

Kazuma
カズマ

……とは、聞きますけど。僕がこの島に来たときは、 それほど厳重なチェックを受けた記憶はないんですけどね……。

Kazuma

...Or so I hear. I don't recall going through such a thorough checkup when I first came here.

1: 僕にもないな…… / 私にもないな……
2: というか、どうやってここに来たんだっけ?

1: I also didn't really...
2: Come to think of it, how did I get here again?

If Choice 1:
カズマ

ですよねぇ。だから島の管理が厳重という話を、 あまり信用してなかったんですけど。

If Choice 2:
Kazuma
カズマ

船じゃないですか? それ以外の方法では島に入れませんし。 だけど……。

Kazuma
カズマ

まさかその島ごと隔離するなんて…… 思いもしませんでしたよ。

Kazuma

To think the island would get cut off like this... It's unimaginable.

シエル

隔離システムは、イシャナがなんらかの危険に 晒されたから作動した、と考えていいのでしょうか?

Ciel
トリニティ

たぶんそうだと、思いますぅ。すみません、私も厳密な 動作条件までは知らなくて……。

Trinity
カズマ

あ、でも、だとしたらですよ。危険がなくなれば、 この状態は解除されるってことです……よね?

Kazuma
トリニティ

そうだと思いますぅ。

Trinity
カズマ

なんだ、じゃあ我々はこのまま待っているだけで 事態は解決されるわけですか。

Kazuma
トリニティ

おそらくは……けれどイシャナが安全だと判断するまで、 どれくらいの時間がかかるのか、想像もつきません。

Trinity
トリニティ

1年かもしれませんし…… 10年や……100年以上、必要なのかもしれません。

Trinity
カズマ

ひ……100年……。

Kazuma

1: 100年はさすがに待てない……
2: なにか今できることはないかな

1:
2:

シエル

問題は空間の遮断、 あるいは隔離そのものだけではありません。

Ciel
シエル

住人が見当たらない中、 ライフラインの確保ができるとも限りません。

Ciel
シエル

それに、魔物は町の中にも出没しています……。

Ciel
カズマ

……そうでした。『マイ』さんの存在もありますね。

Kazuma
トリニティ

『マイさん』、ですか?

Trinity
カズマ

イシャナを徘徊している、異様に強い人です。 なぜか僕たちを殺そうとしているみたいで……。

Kazuma

She's loitering around Ishana, and is abnormally strong. She's trying to kill us for some reason...

カズマ

このままだと、イシャナが世界に戻るより 僕たちが彼女に始末されるほうが早いでしょうね……。

Kazuma

Before Ishana returns to the outside world, we might get done in first.

カズマ

どうにか、システムとやらを 解除する方法はないんですかね?

Kazuma

Isn't there some way to turn off the system?

カズマ

一度元に戻ってもらって、僕たちが脱出してから また別次元に隔離されてもらうとか。

Kazuma

Like, once things are back to normal and we escape, it can go back to hiding in another dimension.

トリニティ

ど、どうでしょう、わかりません〜。できたとしても、 一時的にとはいえ解除なんてしていいのかどうか……。

Trinity
トリニティ

だって、その必要があるから、島は今こういう状態に なっているんでしょうから……。

Trinity
カズマ

イシャナを大事に思うお気持ちはわかります。 でも僕は、ここと心中なんてできませんよ。

Kazuma
カズマ

システムそのものを破壊しようってわけじゃないんです。

Kazuma
カズマ

解除方法があるのかどうかだけでも、 調べてみる価値はあるんじゃないでしょうか?

Kazuma
トリニティ

……そう、ですね。そうですよね。 このままじゃ、みんな……助からないかもしれないですもんね。

Trinity
トリニティ

でしたら大図書館に行きましょう。 私がイシャナのシステムを知ったのも、大図書館でした。

Trinity
トリニティ

解除方法には辿り着けなくても 手がかりくらいは見つけられるかもしれません。

Trinity
カズマ

ええ。 レイくん/レイさん、それでいいですか?

Kazuma

1: 僕も行きたいです / 私も行きたいです
2: シエルはどう思う?

1: I want to go too.
2: Ciel, what do you think?

シエル

状況の進展に必要な行動だと思います。 即座に身の危険に繋がる可能性も低いでしょう。

Ciel
シエル

向かわれることに私も賛成です。 ですが私も同行させてください。

Ciel
カズマ

ではみんなで行きましょう。 大図書館は学園の中ですから、街を通り抜けて……。

Kazuma
シエル

それは危険です。街中には敵性反応が多数確認できます。 通り抜けようとすれば、戦闘はまぬがれないかと思います。

Ciel
カズマ

それじゃあ……どうやって学園に向かったら いいでしょうね……。

Kazuma
トリニティ

あ……でしたら。確か……えっと、こちらへ。

Trinity

第4節 地下道を抜けて①/

Summary
事態解決の糸口を得るべく、シエルたちは、

魔道学園の大図書館を目指し、イシャナの地 下道を進む。

カズマ

地下通路ですか……。 よくこんな場所をご存知でしたね、トリニティさん。

Kazuma
トリニティ

私も、コノエに教えてもらうまでは知りませんでしたぁ。 一度だけ、こっそり中を覗きに来て……それ以来ですねぇ。

Trinity
トリニティ

魔術で明かりは作りましたけど、 暗いので足元には気を付けてくださいね〜。

Trinity
シエル

はい、わかりました。 レイさんも、どうぞ気を付けてください。

Ciel
トリニティ

お優しいですね、シエルさん。 おふたりはご友人なのですか?

Trinity

1: 知り合い……というわけではないです
2: さっき知り合いました

1:
2:

トリニティ

まぁ、そうなんですかぁ? とてもそうは見えませんでした。仲が良さそうです。

Trinity
トリニティ

そういえばシエルさんのお洋服は、イシャナの制服では ありませんね。外部からいらしたのですか?

Trinity
シエル

はい、私は学生ではありません。 御剣機関に所属しています。

Ciel
トリニティ

御剣機関……? どこかで、聞いたことがあるような……。

Trinity
シエル

この島から検出された異常反応の調査、 並びに、事態の解決方法を探ることが私の目的です。

Ciel
カズマ

異常な反応というのは、 この状況を予知……したものだったんですかね?

Kazuma
シエル

というより、この事象そのものだと思います。

Ciel
トリニティ

反応が検出された……ですか。すみません、シエルさん。 それはどなたが確認されたのか、教えていただけませんか?

Trinity
シエル

はい。 反応を観測したのは、フガクのタカマガ……。

Ciel
シエル

はウっッ!

Ciel
ラーベ

!!!!、!!!!

Raabe
トリニティ

だ、大丈夫ですかぁ〜? とても凄い音がしましたけれど……ゴシュッ……みたいな。

Trinity
シエル

も……問題ありません。それと、すみません。 私の説明ではご理解いただけないかと思います。

Ciel
シエル

調査に赴くまでの経緯や、調査方法については、 疑問に思われるでしょうが……。

Ciel
シエル

私たちは、皆さんを異常現象から解放するために来ました。 それだけは、間違いのないことです。

Ciel
カズマ

解放……ですか。

Kazuma
シエル

……と、上司が申しております。

Ciel
ラーベ

〜〜〜〜〜!!

Raabe
シエル

……今のは余計でしたか? すみません。

Ciel
トリニティ

このおかしな状況から、私たちを解放……つまり 助けようとしてくださっているのですよね。

Trinity
トリニティ

それはとても、頼もしいですぅ。 来てくださって、ありがとうございます〜。

Trinity
トリニティ

シエルさんがここへいらっしゃるまでの経緯は、 気になりますけど……複雑なご事情があるのでしょうね。

Trinity
トリニティ

もし話してもいいと思われたら、 少しでも聞かせてもらえたら嬉しいですぅ。

Trinity
トリニティ

島の外のお話、ちょっと興味があります。

Trinity
シエル

はい。可能でしたら、そのようにいたします。

Ciel
カズマ

これまでの経緯といえば…… トリニティさんはあのあと、どうしてたんですか?

Kazuma
カズマ

僕やレイくんは、気が付いたらそれぞれ 誰もいない森の中にいた……って感じだったんですけども。

Kazuma
カズマ

僕やレイさんは、気が付いたらそれぞれ 誰もいない森の中にいた……って感じだったんですけども。

Kazuma
トリニティ

まあ……おふたりもなんですねぇ〜。 私も、いつの間にか森で倒れていまして〜。

Trinity
トリニティ

……そのときにはもう、 イシャナには誰もいなくなっていたと思いますぅ。

Trinity
トリニティ

カズマさんとレイさんは、 目を覚ましたときからご一緒だったのですかぁ?

Trinity
カズマ

……その辺りも含めて、 僕たちのこれまでの状況をお話しておきましょうか。

Kazuma
カズマ

よかったらそのあと、トリニティさんの状況が どんなだったのかも、聞かせてもらえませんか。

Kazuma
カズマ

自分以外の視点での情報があると、欠けている部分が 補足できて、視野が広がると思うので。

Kazuma
トリニティ

ええ、もちろん。

Trinity
カズマ

それじゃあ、まずレイくんから……。

Kazuma
カズマ

それじゃあ、まずレイさんから……。

Kazuma
トリニティ

……そうだったんですね。森や港や……私も近くにいたはず なのに、おふたりにちっとも気が付かなかったなんて。

Trinity
トリニティ

それにレイさんは、気を失う前、 とても不思議な体験をされたのですね。

Trinity
カズマ

トリニティさんは、どうでしたか? なにか不思議な体験をしたりはしませんでしたか?

Kazuma
トリニティ

私は……それほど変わったことはなかったと思います。 思い出しながら、順を追ってお話しますね。

Trinity
シエル

待ってください。先ほどの敵性体と同一の反応が接近中です。

Ciel
トリニティ

魔物……こんなところにもですか?

Trinity
シエル

通路の奥からです。排除します。

Ciel
カズマ

ひぃぃ……っ、ぼ、僕は戦闘は苦手なので…… よろしくお願いします、シエルさん……!

Kazuma
トリニティ

わ、私も、お手伝いします!

Trinity

第4節 地下道を抜けて②/

Summary
シエルに促され、今に至るまでを回想するト

リニティ。友人コノエの工房を訪ねたはずの 彼女には、記憶の断絶があるようだった。

シエル

敵性体の排除を完了しました。 現在、周囲に魔物の反応はありません。

Ciel
トリニティ

シエルさん、本当にお強いですねぇ〜。 すごいです。

Trinity
カズマ

そうなんですよ。彼女のおかげで、僕も レイくんも無事でいられたんだと思います。

Kazuma
カズマ

そうなんですよ。彼女のおかげで、僕も レイさんも無事でいられたんだと思います。

Kazuma

1: いなかったら魔物に食べられてたかも……
2: 何度も守ってくれてありがとう

1:
2:

シエル

レイさんの護衛は、私の最優先事項ですから 私が戦うのは当然です。

Ciel
トリニティ

ごえい?

Trinity
シエル

それより、お話が戦闘で中断されてしまいました。 状況確認の再開を、お願いします。

Ciel
トリニティ

あ、ええ、そうでしたねぇ〜。失礼しましたぁ。

Trinity
トリニティ

では……廊下でレイさんと 別れたところから、お話しますねぇ。

Trinity
トリニティ

あのあと私とカズマさんは、 校内にある友人の工房に行きましたぁ。

Trinity
トリニティ

レイさんとカズマさんのご好意で、 たっぷり手伝っていただけることになりましたからぁ、

Trinity
トリニティ

せっかくなので、あれこれお手伝いいただこうと 思っていたのですけれど……。

Trinity
トリニティ

……駄目、ですねぇ……。

Trinity
カズマ

やっぱり、駄目ですか。

Kazuma
トリニティ

はい〜。 たぶんコノエが自分で封印しちゃったんだと思いますぅ。

Trinity
トリニティ

あの子、封印をほどこすのも鍵をかけるのも、 労力としてあまり変わらないでしょうから……。

Trinity
カズマ

だからって、ただの引き出しに こんな厳重な封印ほどこしますか?

Kazuma
カズマ

しかも、その中身を人が使うとわかっているはずなのに……。

Kazuma
トリニティ

そういうところがありますからねぇ〜。 そそっかしいんです、案外。

Trinity
カズマ

そそっかしいで済む話じゃないですよ、間違えれば即死級の 防御術式とか、ありえないですから!

Kazuma
トリニティ

コノエに解除コードを教えてもらってきますねぇ〜。 すぐに戻りますから、待っていてください〜。

Trinity
カズマ

へ? ト、トリニティさん!? ……それまで僕、ここで待ってるんですか……?

Kazuma
カズマ

……絶対になににも触らないでおこう。

Kazuma
トリニティ

(確か聖堂にいるはず…… 列聖式の準備をしているのでしょうかぁ)

Trinity
トリニティ

(それにしては、静かですけれど……)

Trinity
トリニティ

失礼いたしますぅ。あ、コノエ〜、 ちょっとお願いしたいことがあるのですが……。

Trinity
トリニティ

確かにコノエを呼んだところまでは覚えているのですけれど、 その直後からまったく記憶がなくて……。

Trinity
トリニティ

ふと目を覚ましたら、 森にいたんですぅ。

Trinity
カズマ

…………。

Kazuma
トリニティ

カズマさん? どうされましたか〜? 難しいお顔をなさっていますけれど……。

Trinity
カズマ

いや……その。 トリニティさんがコノエさんを呼びに行かれた少し後……。

Kazuma
カズマ

すごく……恐ろしいものを見たような気がするんです……。 でも、いざそれを思い出そうとすると、思い出せないんですよ。

Kazuma
シエル

恐ろしいもの……ですか?

Ciel
カズマ

あ、すみません。倒れている間に見た夢かもしれませんね……。 気にしないでください。

Kazuma
カズマ

それより、トリニティさん。 聖堂に入られたんですね?

Kazuma
トリニティ

ええ。今日の放課後は聖堂にいるから、 なにかあれば呼んでと言われていたので〜。

Trinity
トリニティ

もちろん、立入禁止区域には入っていませんよ〜。

Trinity
カズマ

……聖堂に入ってすぐ、記憶が……意識がなくなった。 どうして意識がなくなったのかは、覚えていないんですよね?

Kazuma
トリニティ

はい。次に目を開けたときはもう、森の中でしたぁ。

Trinity
カズマ

ちなみにコノエさんの姿は、見ましたか?

Kazuma
トリニティ

見た……と思います。いた、と思って声をかけましたから〜。

Trinity
カズマ

そうですか……。

Kazuma
トリニティ

なにか気になることがありましたか?

Trinity
カズマ

あるというか、ないというか……。 もうちょっと考えさせてください。

Kazuma
カズマ

気にはなっているんですけど、まだ自分でも、 なにが気になっているのかはっきりしないので……。

Kazuma
トリニティ

もちろん、待ちますとも。 お考えの役に立てそうでしたら、なんでも言ってくださいね〜。

Trinity
シエル

私も、可能な範囲でお手伝いします。

Ciel
ラーベ

……………。

Raabe
カズマ

はは……どうも。

Kazuma
カズマ

ところで、抜け道ってどこまで続いてるんですか?

Kazuma
トリニティ

もうすぐおしまいのはずです。 ええと……あ、ありました、出口のマーク。

Trinity
トリニティ

ここを……こうして……。

Trinity
シエル

壁が、階段と扉に変形しました。 これが魔法ですか……?

Ciel
トリニティ

はい。本来あるべき形へと戻す。 錬金術の応用です。では、地上へ上がりましょう〜。

Trinity

第4節 地下道を抜けて③/

Summary
地上に出て、学園近くの公園に至るシエルた

ち。記憶と違う公園の様相に違和感を抱くカ ズマだが、そこにも魔物が現れる。

気分を悪くしたカズマを案じたトリニティが

離れた隙に、カズマは、彼女の記憶が断絶す ることについて、懸念を抱く。

シエル

ここは……どこでしょうか。 イシャナの学園の敷地内ですか?

Ciel
トリニティ

いいえ。近くにある公園です〜。

Trinity
トリニティ

学園の地下には、色々と魔術的な施設があったりするので…… 真下に通路は作られなかったそうですよ。

Trinity
シエル

なるほど。

Ciel
カズマ

……なんでしょう。 この公園、あんまりいい思い出がないような……。

Kazuma
トリニティ

そうなんですかぁ? 綺麗で穏やかな公園だと思いますけれど〜。

Trinity
カズマ

僕にはちっともそうは思えませんね。 今にも魔物かなにかに襲われそうな気がしますよ……。

Kazuma
カズマ

それにここ……こんなに綺麗でしたっけ? もっとめちゃくちゃに破壊されていたような……。

Kazuma
トリニティ

破壊? まさか、そんなことあるはずないですよぉ。

Trinity
カズマ

…………。

Kazuma
シエル

気になられますか?

Ciel
カズマ

ああ、いえ。いいんです。 早くここを抜けてしまいましょう。

Kazuma
カズマ

……って、どうやらそう穏便にはいかないようですね……。

Kazuma
シエル

カズマさんの予見の通りですね。 公園各所から、魔物がこちらに接近中です。

Ciel
カズマ

そんな予見、当たっても嬉しくないんですけど……。

Kazuma
トリニティ

こんな学園の近くにまで、魔物が現れるなんて。 通常のイシャナでは、絶対にあり得ないことですぅ。

Trinity
シエル

公園を抜けるには、戦闘は避けられないようです。 迎撃します。レイさんは、私の後ろへ。

Ciel
トリニティ

はぁ……なんとか撃退できましたが……。 学園の退魔防衛機能は働いていないようですね……。

Trinity
カズマ

ええ……ですが、その、すみません。 ちょっと休ませてもらってもいいですか?

Kazuma
シエル

なにか問題ですか?

Ciel
トリニティ

まさか! 今の戦いで怪我をされましたか? 大変ですぅ、すぐに手当てを……。

Trinity
カズマ

ああいや、怪我とかは大丈夫です。 ただちょっと……気分が悪くて。

Kazuma
カズマ

えーと、申し訳ないんですけど、 水とかどこかにないですかね……?

Kazuma
トリニティ

お水ですね。確か、表通りにお店が……。

Trinity
トリニティ

いただいてきますから、 待っていてくださいね、カズマさん……!

Trinity
カズマ

すみません。ありがとうございます……。

Kazuma
カズマ

…………。

Kazuma

1: 具合、大丈夫……?
2: トリニティさん、ひとりで平気かな?

1:
2:

カズマ

ああ、全然大丈夫です。なにも問題ありませんから。

Kazuma
カズマ

それに彼女のことも心配いりませんよ。 そうは見えないでしょうけど、彼女は僕の数倍は強いですから。

Kazuma
カズマ

なにかあったら、声を上げてくれますよ。 それに彼女はああ見えて、かなりの実力者ですから。

Kazuma
カズマ

そうは見えないでしょうけど、 彼女は僕の数倍は強いですよ。

Kazuma
カズマ

それよりも、レイくん。 あなたに聞きたいことがあるんです。

Kazuma
カズマ

それよりも、レイさん。 あなたに聞きたいことがあるんです。

Kazuma
カズマ

このおかしなイシャナで目を覚ます前……。 教員室に向かっているとき、

Kazuma
カズマ

あなたは確か、聖堂に入って行くトリニティさんを見た、 と言っていましたよね?

Kazuma

1: 校舎の廊下から見たよ
2: 確かに入って行ってたよ

1:
2:

カズマ

そのあと、あなたもまた聖堂に入った……ですよね?

Kazuma
シエル

確かそのように、お話されていました。

Ciel
カズマ

でも、レイくんが行ったとき、 聖堂には誰もいなかった。トリニティさんも、コノエさんも。

Kazuma
カズマ

でも、レイさんが行ったとき、 聖堂には誰もいなかった。トリニティさんも、コノエさんも。

Kazuma
カズマ

……そうですよね?

Kazuma

1: そういえば……
2: ふたりともいなかった……

1:
2:

カズマ

念の為うかがいますが、争った形跡や、 争いを連想させるような痕跡はありませんでしたか?

Kazuma
カズマ

それから……聖堂は、壊れてはいませんでしたか?

Kazuma

1: そんなものはなかったと思う
2: 綺麗な聖堂だったよ

1:
2:

カズマ

……そうですか……。

Kazuma
シエル

疑問ですか?

Ciel
カズマ

そう……ですね。トリニティさんは聖堂に行った直後に、 なんらかの理由で意識を失った。あるいは記憶が途切れた。

Kazuma
カズマ

自然と記憶が途切れるはずはありません。 なにかあったから、途切れたんです。

Kazuma
カズマ

ですから聖堂には、トリニティさんが記憶を途切れさせるに 足る『なにか』があったはずなんです。

Kazuma
カズマ

なのにレイくんは、 その『なにか』と遭遇していない。

Kazuma
カズマ

なのにレイさんは、 その『なにか』と遭遇していない。

Kazuma
カズマ

それどころか、おそらく意識を失って倒れているだろう トリニティさんを見てもいない。

Kazuma
カズマ

……ふたりが聖堂に入ったのは同時ではありませんから、 その間にすれ違った可能性はあります。

Kazuma
カズマ

でも誰にも会わなかったうえに、 痕跡すらなかったなんて……なんだか妙じゃないですか。

Kazuma
シエル

妙……ですね。 時系列が合っていないように思います。

Ciel
カズマ

彼女……トリニティさんは、『白銀の錬金術師』プラチナ=ザ=トリニティと 呼ばれるほどの実力者なんですよ。

Kazuma
カズマ

コノエ=マーキュリーさんの次は、 彼女が十聖ではとも言われていたんです。

Kazuma
カズマ

その彼女が、なんの因果もなく『意識を失う』、 『記憶が途切れる』なんてこと、まずありえない……。

Kazuma
シエル

……確かに、そうですね。

Ciel
トリニティ

お待たせしました〜。カズマさん、お水、ありましたぁ〜。

Trinity
カズマ

あ……ああ、ありがとうございます。すみません、本当に。

Kazuma
トリニティ

いいえ。お店の方がいなかったので、 お金と一緒にメモも置いてきました。

Trinity
トリニティ

むせるといけませんから、ゆっくり飲んでくださいね〜。

Trinity
カズマ

……ありがとうございます。もう大丈夫そうです。

Kazuma
トリニティ

それはよかったですけれど……本当に大丈夫ですか? ご無理はなさらないでくださいね〜。

Trinity
カズマ

ちょっと立ちくらみしただけみたいです。 心配をおかけして、どうもすみませんでした。

Kazuma
カズマ

シエルさんたちも、すっかり付き合わせてしまいましたね。 もう大丈夫ですから、行きましょうか。

Kazuma
ラーベ

…………。

Raabe
シエル

わかりました。もしまたなにか不調があったり…… あるいは、気にかかることがあれば、言ってください。

Ciel
カズマ

ええ、そうします。

Kazuma

第5節 大図書館①/

Summary
ようやく魔道学園のエントランスに至るシエ

ルたち。そこにある大時計は、トリニティに だけ見えている時間が違っていた。

カズマ

はぁ〜……なんとかここまで来られましたね。

Kazuma
カズマ

公園から学園までなんて、いつもならすぐなのに……。 あちこちから魔物が出てくるんですから……。

Kazuma
シエル

私達の進行を妨害するかのような動きでした。

Ciel
トリニティ

それは……魔物が学園を守っているということですか?

Trinity
シエル

わかりません。 ですが可能性は否定できません。

Ciel
トリニティ

……そうですね。今のイシャナがどうなっているのかは、 まだなにもわかっていませんものね。

Trinity
カズマ

じ、じゃあまさか、学園の中はすでに魔物でいっぱい…… とか、ありますか……?

Kazuma
シエル

その可能性を懸念しましたが、どうやらそうではないようです。 少なくとも現在、学園内から魔物の反応はありません。

Ciel
カズマ

それを聞いて安心しました……。 魔物が集まってくる前に、大図書館に向かいましょう。

Kazuma
カズマ

……それにしても……綺麗ですね、ここも。

Kazuma
トリニティ

え? ええ……学園の正面エントランスですからねぇ。 とても綺麗なところだと思いますぅ。

Trinity
カズマ

ああ、いえ、そうではなくて……。 ……いや、なんでもないんです。

Kazuma
シエル

なにか気になりますか? レイさん。 先程から上のほうを見ているようですが……。

Ciel

1: 大時計が……
2: 前に見たときから、時間が変わってない

1:
2:

カズマ

……ああ、大時計ですか。

Kazuma
カズマ

レイくんと初めて会ったときにも、見ましたね。 確か、時計が動いたように見えたと言っていましたっけ。

Kazuma
カズマ

レイさんと初めて会ったときにも、見ましたね。 確か、時計が動いたように見えたと言っていましたっけ。

Kazuma
カズマ

あのときから時間が変わっていないのなら、 やっぱり壊れているんですねぇ。

Kazuma
カズマ

もしかしたら修理されたのかとも思ったのですが。

Kazuma
トリニティ

12時過ぎ、ですね。 いつからあの時計は、12時のままなのでしょう〜。

Trinity
カズマ

え? 12時?

Kazuma
トリニティ

え? はい。あら、違いますか?

Trinity

1:
2: 3時に見えるけど……

1:
2:

シエル

はい。私も3時に見えます。

Ciel
カズマ

実は……僕もです。

Kazuma
トリニティ

まあ、本当ですかぁ? 眼鏡が歪んでいるのでしょうか〜? 困りました〜。

Trinity
ラーベ

…………。

Raabe
シエル

ここは見通しがいいです。長く留まるのは危険です。 移動を推奨します。

Ciel
カズマ

そうですね。時計を見ていても仕方ないですし。 大図書館はこっちです。行きましょう。

Kazuma
トリニティ

あ。あの〜……。

Trinity
カズマ

はい?

Kazuma
トリニティ

その……大図書館には……。ええと……。

Trinity
トリニティ

…………。

Trinity
カズマ

行きましょう、トリニティさん。

Kazuma
トリニティ

あ……は、はい〜。

Trinity

第5節 大図書館②/

Summary
大図書館に至るも、更なる手がかりを求め書

庫へ進むことに。トリニティが入り口を解錠 するも、警備用ゴーレムが立ちふさがる。

ゴーレムを倒すも、部外者であるシエルたち

の同行を懸念するトリニティ。カズマにさと されて、ようやくその同行に同意する。

カズマ

……外も中も、綺麗ですね。

Kazuma
トリニティ

そうですね。掃除が行き届いていると思いますぅ。

Trinity
シエル

ここが、イシャナの大図書館ですか。とても広いです。 それに、とてもたくさんの書物が集められているんですね。

Ciel
トリニティ

ええ、そうです〜。古いものから新しいものまで、 様々な書物が保管されていますぅ。

Trinity
トリニティ

魔術や歴史に関する書物が主ですが、 お料理の本やお魚の図鑑なんかもあるんですよ〜。

Trinity
カズマ

ちょっとでも魔術に関わりそうなものなら 手当たり次第に、って感じですよね。

Kazuma
カズマ

魔法使いの出てくる童話とか、小説なんかもあるみたいですし。

Kazuma
シエル

魔術を守り伝える島の蔵書ですか。興味深いです。

Ciel
トリニティ

シエルさん、ご本はお好きですか? 私もなんですぅ。 放課後はよくここに来て、色々と借りているんですよ〜。

Trinity
トリニティ

調べ物がしたいときなんかは、本当に重宝します〜。

Trinity
トリニティ

ふふ、そういえば今日も、 カズマさんとここで調べ物をしましたね。

Trinity
トリニティ

正確には、私の調べ物を手伝ってもらっていたんですけれど〜。

Trinity
カズマ

あれ、それって今日でしたっけ?

Kazuma
トリニティ

ええ、そうですよ〜。 レイさんを迎えに行かれる前まで。

Trinity
カズマ

ああ……そうでしたっけ。すみません、なんだか記憶が曖昧で。

Kazuma
カズマ

それより、今は必要な調べ物をしてしまいましょう。

Kazuma
カズマ

トリニティさんが読んだ、イシャナを異次元に隔離させる システムについての記述は、どの本ですか?

Kazuma
トリニティ

はい、ちょっと待ってくださいね。ええと……確か……。 これ、だったかと思います〜。

Trinity
カズマ

『十聖という礎』…… 十聖がこれまでイシャナに残してきた実績の本ですか。

Kazuma
トリニティ

公的で正式な記録というより、十聖というすごい人たちの すごい伝説をまとめた本、といった感じなんですけれど。

Trinity
トリニティ

その中で、少しだけ触れてあったんですぅ。 ……この辺りです。

Trinity
シエル

……イシャナ創設期のお話のようですね。知識と技術を 守るために、イシャナを島ごと隠匿することが可能……。

Ciel
カズマ

このころの十聖やイシャナの正確な記録が読みたいですね。 こういう、さらっとした内容でなく。

Kazuma
トリニティ

そうですねぇ……。 となるとやっぱり『奥』に行ったほうがいいですよねぇ。

Trinity
シエル

『奥』とは、なんですか?

Ciel
トリニティ

大図書館の奥に、通常閲覧禁止の書物が収められている 特別な書庫があるんです〜。

Trinity
トリニティ

イシャナそのものにまつわる記録は、 すべてそこに保管されているので……

Trinity
トリニティ

逆に言えば、原則として 『外』にはそういうものは置かれていないんですぅ。

Trinity
シエル

『外』が、私達が今いるエリアですね。

Ciel
カズマ

ええ、そうです。本来なら『奥』へは手続きがないと 入室出来ないんですが……今は非常事態ですからね。

Kazuma
カズマ

ちょっと入らせてもらいましょうか。 トリニティさん、入り方、わかりますか?

Kazuma
トリニティ

え、ええ……わかりますよぉ。 ……こちらですぅ。

Trinity
トリニティ

ここが入り口ですぅ。魔術で封印されているので、 まずはそれを解かないといけません。ええと……。

Trinity
トリニティ

ここと、ここがこうなって…… こっちを外して、これも外して。それから……。

Trinity
トリニティ

……はい。開きました〜。

Trinity
カズマ

さすがですね。 僕にはなにがどうなっていたのか、さっぱりです。

Kazuma
トリニティ

物の構造を解析するのは、大得意ですから〜。

Trinity
トリニティ

……あ、誤解しないでくださいねぇ。 普段からこんなことは、していませんからね〜。

Trinity

1: もちろん、わかってます
2: 誤解するところでした……

1:
2:

トリニティ

まぁ、よかったです。

Trinity
トリニティ

まぁ。信じてください〜。

Trinity
シエル

トリニティさんは物の構造を把握するのが得意で、 けれど普段から解錠を行っているわけではない。理解しました。

Ciel
トリニティ

はい。わかっていただけて、嬉しいです。

Trinity
カズマ

はは……。ほら、行きましょう。入り口、開けますよ。

Kazuma
トリニティ

あっ、待ってくださ……。

Trinity
カズマ

<size=140%>ぐえっ。</size>

Kazuma
シエル

対象、出現。敵性体の反応を確認しました。

Ciel
カズマ

な、な、なんですか、これは……!?

Kazuma
トリニティ

警備用のゴーレムですぅ。許可のない者が扉を開けて、 中に入ろうとすると発動してしまうんです。

Trinity
トリニティ

危ないですので、気をつけてくださいねぇ〜。

Trinity
カズマ

発動しちゃったあとに言われましても、 気をつけようがないんですがっ!

Kazuma
カズマ

というか、 トリニティさんどうしてそのことを知ってるんですか!?

Kazuma
トリニティ

だって、私が作った警備システムですから。

Trinity
カズマ

次からは早めに言っていただけると、非常に助かります!!

Kazuma
シエル

対象の戦闘レベルの上昇を確認。 ……対処方法を指示してください。

Ciel
トリニティ

すみません……動いてしまった以上、 倒さないと中には入れません。

Trinity

1: だったら倒すしかないね
2: そんな気がしていました!

1:
2:

シエル

了解です。戦闘態勢に移行、対象の排除を開始します。

Ciel
カズマ

まさか図書館の中で、 戦闘をする日が来るとは思いませんでした……。

Kazuma
トリニティ

みなさん、すごいですぅ〜。 こんなにあっさり倒されてしまうなんて……。

Trinity
トリニティ

耐久テストもかなりしたんですけれど。 これは、頑張って改良しないといけませんねぇ〜。

Trinity
カズマ

そ、それについての考察は、 イシャナを元の世界へ戻してからにしましょうか。

Kazuma
トリニティ

はい。そう……ですね。

Trinity
シエル

内部に動体反応はありません。 現時点では、危険はないようです。

Ciel
カズマ

ええ……じゃあとりあえず手分けして……。

Kazuma
トリニティ

あ、あ、あの! すみません、待ってください……!

Trinity
トリニティ

こんなことを突然言い出すのは、とても失礼だと わかっているのですが……。

Trinity
トリニティ

ごめんなさい……。

Trinity
トリニティ

シエルさん。イシャナの関係者ではないあなたを、 この先へは……お連れしたくありません。

Trinity
カズマ

そんな……トリニティさん、なにを今更。

Kazuma
シエル

理由をうかがってもよろしいでしょうか?

Ciel
トリニティ

ここは……イシャナにとって、とても大切な場所なんです。

Trinity
トリニティ

古くから多くの魔術師たちが積み重ね、 守ってきた知識や技術が保管されています。

Trinity
トリニティ

それこそ、島を異次元に隔離させてでも守りたいものが、 たくさんここにあるんです。

Trinity
トリニティ

そこへ……そんな場所へ、申し訳ないですが素性の明らかでない 方をお連れするのは……ためらわれます……。

Trinity
トリニティ

すみません。私、とても失礼なことを言っています。

Trinity
トリニティ

だけど……私はまだ学生ですが、イシャナの魔術師です。 イシャナの『意義』を守らなくてはなりません……。

Trinity
シエル

…………。

Ciel
シエル

……申し訳ありませんが、私はレイさんを 守らなければなりません。

Ciel
シエル

レイさんが内部に入られるのでしたら、 私もついていきます。

Ciel
シエル

さもなければ……レイさんと共に、 ここでおふたりの調査終了を待っています。

Ciel
トリニティ

そうですね、なら……。

Trinity
カズマ

僕は、シエルさんには来てもらったほうがいいと思いますよ。

Kazuma
トリニティ

か、カズマさん……?

Trinity
カズマ

こんな事態です。大図書館の奥であったとしても、 安全とは断言できません。

Kazuma
カズマ

トリニティさんの知らない警備システムによって、 突然攻撃を受ける可能性だってあるわけです。

Kazuma
カズマ

危険を察知する能力や、 戦闘能力に長けている人がいたほうが、安全ですよ。

Kazuma
トリニティ

……ごもっともだと思いますぅ。 ですがここは……イシャナそのものです。

Trinity
カズマ

イシャナに籍を置く者としては、トリニティさんの言い分が 正しいということはわかります。

Kazuma
カズマ

ですが僕たちは今、そのイシャナの非常事態を強引に解除して 自分たちの生存を優先させようとしているところなんですよ。

Kazuma
カズマ

……真面目なあなたには、心苦しいことかもしれませんが。 学園の規律にこだわっている場合ではないと思います。

Kazuma
トリニティ

……それは……確かにそうですが……。

Trinity
カズマ

それに、イシャナの学生か否かを基準にするのなら、 レイくんだって部外者になってしまいますよ。

Kazuma
カズマ

レイくん。教員室に行く前に 気を失ったのなら、入学手続きはまだですよね?

Kazuma
カズマ

それに、イシャナの学生か否かを基準にするのなら、 レイさんだって部外者になってしまいますよ。

Kazuma
カズマ

レイさん。教員室に行く前に 気を失ったのなら、入学手続きはまだですよね?

Kazuma

1: まだです
2: 学生としては半端な感じですね……

1:
2:

カズマ

でしょう? ……トリニティ=グラスフィールさん。 イシャナの魔術師としての立場は理解できますが……。

Kazuma
カズマ

そう頑なにされると、シエルさんを中に入れたくない 特別な理由でもあるのかと、邪推してしまいますよ。

Kazuma
トリニティ

決して、そのようなことは……。

Trinity

1: 入らないで、入り口で待ってますよ
2: なにも見ないよう、目を閉じてますよ

1:
2:

シエル

私もレイさんにならいます。

Ciel
トリニティ

レイさん……シエルさん……。

Trinity
カズマ

……いいえ、現実的ではありません。大図書館の蔵書は膨大です。 そして僕たちがここでのんびりできる保障はない。

Kazuma
カズマ

トリニティさん。今はなにを優先するべきか、考えてください。 あなたなら……おわかりでしょう。

Kazuma
シエル

……機密の漏えいが気がかりでしたら、 内部で知り得た情報は口外しないと約束します。

Ciel

1: 僕も約束します
2: 誰にも言いません

1:
2:

1: 私も約束します
2: 誰にも言いません

1:
2:

トリニティ

おふたりとも……ありがとうございます。

Trinity
トリニティ

わかりました。 私のわがままで、お時間をとらせてしまってすみません。

Trinity
トリニティ

行きましょう……。 みんなが助かる方法を、みんなで探しましょう。

Trinity

第5節 大図書館③/

Summary
大図書館の書庫にてイシャナ島の別次元への

隔離が『窯』によるものらしいと突き止める。 窯があると思われる聖堂の地下へ向かう。

シエル

失礼します。 ……似た系統の本を探してきました。

Ciel
シエル

いかがですか、レイさん。 有益な記述は見つかりましたか?

Ciel

1: まだなにも……
2: 実は全然わからなくて

1:
2:

シエル

……ラーベさんが読まれているのですね。

Ciel
シエル

レイさんは少し休憩されてはいかがでしょうか。 ラーベさんのサポートは、私が引き継ぎま……。

Ciel
ラーベ

……、……!

Raabe
シエル

わ。なんですか、ラーベさん。 この本がどうかしたのですか?

Ciel
ラーベ

……………………。

Raabe
シエル

……なるほど。わかりました。

Ciel
カズマ

どうしたんです? なにかわかったんですか?

Kazuma
シエル

はい。イシャナ創設時の、 都市構造計画についての資料なのですが……。

Ciel
シエル

島全体を覆う結界に代表されるような、 大規模な魔術の構想や仕様等が記載されています。

Ciel
シエル

記述によると、どんな魔術的装置であっても 膨大な魔力源の確保が必要なのだそうです。

Ciel
カズマ

それは……そうでしょうね。

Kazuma
カズマ

発動そのものにも膨大な魔力が必要でしょうけど、 それを維持するための魔力はもっと膨大でしょうし。

Kazuma
シエル

現状をみると、島を異次元に隔離させるシステムが 起動しているのは間違いないと思われます。

Ciel
カズマ

つまりイシャナは何かしらの方法で、膨大で、しかも安定した 魔力の供給源を確保しているはずだ……と、言いたいんですね?

Kazuma
シエル

はい。

Ciel
シエル

であれば、その供給源を止めてしまえば、 システム自体を維持できなくなる可能性が高いです。

Ciel
カズマ

システムを強制的にダウンさせる、ってことですか……。

Kazuma

1: かなり大胆な方法だけど……
2: それって大丈夫なの?

1:
2:

カズマ

動力源を止めた途端、異次元に島ごと永遠に置き去り…… なんてことには、ならないですよね……?

Kazuma
シエル

それはわかりません。これはあくまで提案のひとつであり、 発見した情報のひとつにすぎません。

Ciel
カズマ

な、なるほど。ですが……今のお話を踏まえると、 僕が見つけたこの記述の真実味が増しますね……。

Kazuma
トリニティ

まあ。どんな内容ですか〜?

Trinity
カズマ

先程の、島の機能を維持するために必要な膨大な魔力を、 いかに補うか……という事についてなんですが。

Kazuma
カズマ

……いや、 さすがにちょっと信じがたい話なんですけどね。

Kazuma
カズマ

異次元の魔力を吸い上げて、島の動力として利用する……。

Kazuma
カズマ

膨大な魔力資源で満たされた次元に直接、 島を接続するという仕組みです。

Kazuma
カズマ

しかも、実際に完成させて、それを運用しているとか……。

Kazuma
ラーベ

…………。

Raabe
シエル

……それはおそらく『窯』についての記述だと思われます。

Ciel
カズマ

『窯』……。前にシエルさんが言っていたものですね。 詳細不明、形状不明のナニカ。

Kazuma
シエル

何故『窯』と呼称されているかは、不明です。

Ciel
シエル

ですが、この世界……の外側には『境界』と呼ばれる…… 次元の狭間のような領域が存在しています。

Ciel
シエル

その境界には、膨大な……それこそ人智の及ばない程の エネルギーが満ちていて……。

Ciel
シエル

『窯』は、その境界へ接続するために必要な 装置のようなものなのだそうです。

Ciel
シエル

ですから、この規模の島を覆うほどの結界を維持したり、 島ごと別次元へ転移したりする魔力源を確保するなら……。

Ciel
シエル

『窯』を利用する以外には、考えにくいです。

Ciel
シエル

……で、合っているでしょうか、ラーベさん?

Ciel
ラーベ

……(こくり)。

Raabe
トリニティ

私は何年もイシャナで学んでいますが、 そんな装置の事は聞いたことがありません……。

Trinity
トリニティ

シエルさんは、どうしてそのようなことをご存知なのですか?

Trinity
シエル

『神秘』に関する知識は、イシャナだけが独占している わけではありません。

Ciel
シエル

イシャナが窯を所持しようとしていたことは、 御剣機関の記録にも残されています。

Ciel
シエル

そして御剣機関は、イシャナに窯の危険性を 通達しているはずです。

Ciel
シエル

その後、イシャナが実際に窯をどうしたのかまでは、 記録されていませんが……。

Ciel
シエル

ここにある資料から察するに、 実際に完成させ運用しているようですね。

Ciel
トリニティ

そんな……。では、それでは……。

Trinity
カズマ

イシャナは危険性を指摘されながらも、 使用に踏み切った……ということになりますね。

Kazuma
カズマ

……実際に『窯』なるものがあれば、の話ですが。

Kazuma
トリニティ

……おそらく、あるのだと思います。

Trinity
トリニティ

それにシエルさんがおっしゃっていることも…… きっと本当のことなのでしょう。

Trinity
カズマ

何故ですか?

Kazuma
トリニティ

私の読んでいた本に……あ、ここです。見てください〜。 理論的なものかと思い、読み飛ばしていた箇所なのですが……。

Trinity
トリニティ

イシャナの存続に関わる事象が発生した場合、 知識と技術の保護を優先し、島ごと別次元に隔離するシステム。

Trinity
トリニティ

それは……『イシャナ』そのものが状況を判断するため、 起動にも状況判断にも魔術師は不要……と、ありますぅ。

Trinity
トリニティ

魔術師は、己の中に蓄えた魔力を使って、魔法を扱います。

Trinity
トリニティ

周囲のものから魔力を引き出すにしても、 そうするための技術が必要ですぅ。

Trinity
トリニティ

魔術師という、魔力も、技術も存在しない状態で、 これほど大掛かりな魔法を扱うのであれば……。

Trinity
トリニティ

通常では考えられないような、なにかしらのシステムや 装置が必要です。

Trinity
トリニティ

それこそ、シエルさんがおっしゃる 『窯』のようなものが……。

Trinity
カズマ

……なるほど。では現状、イシャナの隔離システムが 働いているとして、

Kazuma
カズマ

そのシステムは、魔力資源が満ちた次元に島を接続している 『窯』が動かし、維持しているとしましょう。

Kazuma
カズマ

まあ、ただその『窯』を止めれば元の世界に戻れるかどうかは、 結局不明なままなんですけどね……。

Kazuma
カズマ

……そもそも根本的な疑問なんですけど。

Kazuma
カズマ

この隔離システムはイシャナの存続に関わる危機的状況が 起こったときの、対抗措置なんですよね?

Kazuma
カズマ

じゃあその『危機的状況』ってなんなんですか? イシャナ自体が危機だと感じるようなことって、例えば……。

Kazuma
カズマ

痛ッ……。

Kazuma
トリニティ

カ、カズマさん、大丈夫ですか!?

Trinity
カズマ

あ……いえ、大丈夫です。 一瞬、急に頭痛がして。

Kazuma
カズマ

なにか……思い出しそうになったんですけど。 なんだろう、わからなくなってしまいました……。

Kazuma
カズマ

すみません、落ち着きがなくて。

Kazuma
トリニティ

気にしないでください〜。 こんな状況です、誰だって、落ち着いてはいられませんよ。

Trinity
トリニティ

それより、頭痛は大丈夫ですかぁ? ご無理なさらないでくださいね。

Trinity
トリニティ

カズマさんにもしものことがあったら、私……。 心配ですぅ。カズマさんも、イシャナも。

Trinity
トリニティ

他の方々やコノエたちのことも、すごく心配で……。 みんな、大丈夫なのでしょうか。

Trinity
カズマ

え? あぁ、そうですね……心配……ですね。

Kazuma
ラーベ

…………。

Raabe
カズマ

で……『窯』の話に戻りますけど。この状況を打開する鍵が 『窯』なら、次はどこにあるのかを調べないと……ですよね。

Kazuma
カズマ

トリニティさん、心当たりはありませんか?

Kazuma
トリニティ

そうですねぇ……う〜ん……。

Trinity

1: もしかして……
2: 聖堂、とか

1:
2:

トリニティ

聖堂……?

Trinity
カズマ

……あり得ない話ではありませんね。

Kazuma
カズマ

魔道協会には、十聖しか知り得ない『機密』があると 聞いたことがあります。

Kazuma
カズマ

イシャナ聖堂の地下は、十聖も聖冠式でしか 立ち入ることのできない聖域です。あそこなら……。

Kazuma
トリニティ

窯の存在をほぼ完璧に隠匿することができますね……。

Trinity
カズマ

ええ。僕達一般生徒はもちろん、魔道協会の重役だって 聖堂の地下には入れません。

Kazuma
カズマ

そこになにがあるのかは、十聖以外は誰も知らない。 そして十聖は、聖堂になにがあるのかを誰にも知らせない。

Kazuma
トリニティ

……ですが……だからこそ、あそこに立ち入ることが どんな意味を持つのか、カズマさんもご存知でしょう。

Trinity
トリニティ

聖堂地下に立ち入ることは、重大な禁忌です。それを犯すと いうことは……相応の『罪』を負うということです……。

Trinity
カズマ

それは平常時の話でしょう。この状況で罪を犯したとして、 一体『誰が』僕たちを罰するって言うんです?

Kazuma
トリニティ

それは、そうなのですけれど……。 本当に、いいのでしょうか……私、怖くて……。

Trinity
シエル

……私はレイさんの判断に従います。

Ciel

1: 行くだけ行ってみない?
2: 違うようなら、すぐ戻るから

1:
2:

カズマ

レイくんもそう言ってますし。 とりあえず確認だけしてみませんか。

Kazuma
カズマ

レイさんもそう言ってますし。 とりあえず確認だけしてみませんか。

Kazuma
トリニティ

……わかりました。そうですよね、このままここにいても らちが明かないのですし……。

Trinity
トリニティ

なにを優先するべきなのか考えるように、ついさっきも 言われたばかりなのに……ごめんなさい。

Trinity
トリニティ

ですが、お願いします。 『窯』があるか、確認するだけにしましょう。

Trinity
トリニティ

目的のものが見つからなければ、すぐに立ち去る。 どうか、そうさせてください……。

Trinity
カズマ

ええ、もちろん。 僕だって、聖堂のあちこちを弄り回す勇気はありませんよ。

Kazuma
トリニティ

……ふふ、そうですね。

Trinity
トリニティ

…………。

Trinity
トリニティ

こんな時に……コノエがいてくれたら……。

Trinity
シエル

コノエさん。トリニティさんの状況説明で、何度かあがった 名称ですね。十聖のひとりだと認識しています。

Ciel
トリニティ

ええ。 正確には、十聖になる準備を進めていたところですぅ。

Trinity
トリニティ

明日には、十聖の九番目…… 『ナイン』とお呼びすることになっていました〜。

Trinity
トリニティ

私の知る限り……知識、実力など全てにおいて、 最強と呼んで差し支えない魔術師です。

Trinity
シエル

最強……ですか。

Ciel
トリニティ

はい。

Trinity
トリニティ

……でも、駄目ですね、私ったら。 こんな時にもあの子を頼ろうなんて。しっかりしないと。

Trinity
シエル

…………。

Ciel
トリニティ

では、行きましょうか。まずは中庭に出ましょう〜。 聖堂へは……そこから行くのが近いです。

Trinity

第6節 世界の仕組み①/

Summary
道中、シエルはこの世界の異常を解決するた

め、窯を破壊することをカズマたちに告げる。 だがトリニティには反対されてしまう。

シエル

向こうに見えるのが、聖堂ですか?

Ciel
カズマ

ええ、そうです。学園やそれを取り仕切る魔道協会が 儀式や集会なんかを行うときに使われています。

Kazuma
カズマ

建物の地上階は僕たち学生も度々使いますが、地下へは……。

Kazuma
トリニティ

…………。

Trinity
カズマ

浮かない顔ですね……。 やっぱり、抵抗がありますか?

Kazuma
トリニティ

それは……はい。聖堂の地下は決して立ち入ってはならないと 言われてきましたから。

Trinity
トリニティ

そこへ踏み込むには、少し、 勇気がいるみたいです。

Trinity
トリニティ

だからなのか、余計なことも 色々と考えてしまって……。

Trinity
カズマ

本当なら、トリニティさんが『十聖』になってから 入りたかったですか?

Kazuma
トリニティ

い、いえ、そんな! 私が十聖なんて……ありえませんよ。

Trinity
トリニティ

十聖なんて……『人』には重すぎる称号です……。

Trinity
シエル

重すぎる……ですか?

Ciel
トリニティ

あ、ごめんなさい、気にしないでください〜。

Trinity
トリニティ

ただ、漠然と……その、不安に思っているだけです。 『窯』なんてものが本当にあるのか、とか……。

Trinity
トリニティ

仮に、あったとしても、 それをどうしたらいいのかなぁとか、そんなことを〜。

Trinity
カズマ

確かにそうですよねぇ……。 その『どうしたらいいのか』は問題ですよね。

Kazuma
カズマ

この状況を作り出している要因が その『窯』と呼ばれるなにかしらであるとしてですよ、

Kazuma
カズマ

それを止めるにはどんな操作や手順が必要なのか…… 調べた資料の中には、それらしい記述はありませんでしたし。

Kazuma
カズマ

もし『窯』を見つけられたとしても、 同時に止める方法も考えないと……。

Kazuma
シエル

『窯』は停止させません。 破壊します。

Ciel
トリニティ

え……?

Trinity
カズマ

は?

Kazuma
シエル

『窯』を破壊すれば、境界との接続は断たれます。

Ciel
シエル

よって、この現象も停止し、本来あるべき世界へ戻れる……。

Ciel
ラーベ

…………。

Raabe
シエル

……ようです。

Ciel
カズマ

そりゃあ、 壊してしまえば止められるでしょうけど……。

Kazuma
カズマ

というか『窯』というのは、 そう簡単に破壊できるものなんですか?

Kazuma
シエル

『窯』は物理的な干渉を一切受け付けないと聞いています。 ですので『窯』を破壊することは不可能です。

Ciel
カズマ

へ!? なら壊せないじゃないですか!?

Kazuma
シエル

はい。ですが私は『窯』を破壊する手段を持っています。 『窯』へ至ることさえできれば、破壊は可能です。

Ciel
シエル

そもそも私の最終的な目的は、 『窯』の破壊です。

Ciel
カズマ

そ、そう断言されても、 いささか反応に困るのですが……。

Kazuma
カズマ

ん? でもなんだか引っかかる言い方ですね。 窯へ……至る?

Kazuma
シエル

『窯』のある場所に到着したとしても、 おそらくそこには『窯』が存在しないと思われます。

Ciel

1: どういう意味?
2: ちょっと詳しく

1:
2:

シエル

『窯』は間違いなく、この世界……イシャナにあります。 ですが、その姿は認識不可能……な、状況だと思います。

Ciel
カズマ

あー……ええと、つまり……『窯』は なんらかの方法で隠されている……と、いうことですか?

Kazuma
シエル

その通りです。なので『窯』を出現させるためには、 観測者を特定しなければなりません。

Ciel
トリニティ

観測者? ……誰かが『窯』を観測しているというのですか?

Trinity

1: 観測者って……聞き覚えがあるような
2: 先生、観測者ってなんですか?

1:
2:

トリニティ

私たちが言う『観測者』は……簡単に説明しますと、

Trinity
トリニティ

世界に『これ』が『ある』と定義し、 確定させる存在のことを指しています。

Trinity
トリニティ

『窯』を誰かが観測しているということは、その誰かは 『窯』の存在自体を左右できるということになります。

Trinity
トリニティ

……でも、そんなことができる人など いるはずがないんです。

Trinity
トリニティ

ただの人が事象を観測し、それを確立させるなんて…… 通常は不可能です。

Trinity
トリニティ

なにより観測者というのは本来、 概念や理論上にのみ語られる存在ですから……。

Trinity
カズマ

でも、なんとなくですけど、シエルさんの言っている『観測者』 というのは、僕たちが授業で聞くものとは少々違うようですね。

Kazuma
カズマ

少なくとも…… もっと具体的な存在のように聞こえます。

Kazuma
トリニティ

『観測者』……シエルさんがそうおっしゃる何者かによって 『窯』が認識されたとして……。

Trinity
トリニティ

そうなったら、あなたは窯を破壊されるおつもりなんですよね?

Trinity
シエル

はい、そうです。

Ciel
トリニティ

……どうにか、破壊しないですませることは できませんか?

Trinity
シエル

できません。 ……なぜ破壊したくないのですか?

Ciel
トリニティ

もし本当に『窯』があって、それがイシャナの動力源なら、 『窯』はイシャナにとって非常に重要なもののはずですぅ。

Trinity
トリニティ

それを止めるならまだしも、破壊するだなんて…… 取り返しのつかないことです……。

Trinity
トリニティ

イシャナに致命的なダメージを与えることだって、 考えられます。そんなこと……できません……。

Trinity
カズマ

……確かに、取り返しのつかないことですね。

Kazuma
カズマ

万が一これが、あなた方……ミツルギ機関でしたっけ? そちらの破壊工作であったなら……。

Kazuma
カズマ

僕たちはまんまと嵌められて、 イシャナを失う可能性もある……と。

Kazuma

1: 多分、それはないと思います
2: 僕はシエルを信じたいです

1:
2:

1: 多分、それはないと思います
2: 私はシエルを信じたいです

1:
2:

カズマ

何故そう思うのか、うかがっても?

Kazuma

1: 僕たちを守る意味がない
2: 僕たちのために戦ってくれた

1:
2:

1: 私たちを守る意味がない
2: 私たちのために戦ってくれた

1:
2:

シエル

信用していただき、ありがとうございます。 レイさん。

Ciel
カズマ

うーん…… 確かに、シエルさんには度々助けられていますね。

Kazuma
シエル

……もし私たちが、破壊行動を目的としてこのイシャナに 来ているとしたら、このような遠回しな行動はしません。

Ciel
シエル

この場で速やかに皆さんを無力化し、目的を達成します。

Ciel
シエル

トリニティさんはかなりの実力者であると認識していますが、 戦闘行動においては私のほうが性能は上です。

Ciel
カズマ

……戦力として、僕は頭数にすら入っていないようですね。

Kazuma
トリニティ

おっしゃりたいことは、わかります。 私も、たくさんシエルさんには助けていただきましたし……。

Trinity
トリニティ

でもだからといって、イシャナの重要設備の破壊に 同意するのは……難しいことですよ……。

Trinity
シエル

…………。

Ciel
カズマ

ま、まあまあ、ここで対立していても なにも始まりませんよ。

Kazuma
カズマ

破壊するもしないも、まず窯を見つけてから考えませんか? 窯が本当にあると確定したわけでもないんですから。

Kazuma
トリニティ

そう……ですね。

Trinity
シエル

了解しました。

Ciel
シエル

なお、現状のイシャナにある窯を破壊しても『本来あるべき』 イシャナに影響はありません。心配は無用です。

Ciel
トリニティ

本来あるべき? あの〜……シエルさんは、 一体なんのお話をされているのですか?

Trinity
シエル

ここにいるはずの観測者が存在を決定づけているのは、 窯『だけ』ではありません。

Ciel
シエル

観測者が観測しているのは、このイシャナ全体です。

Ciel
トリニティ

…………。

Trinity
カズマ

……正直なところ、また突飛なことを言い出したな この人は、と思っていますよ。

Kazuma
カズマ

観測者がイシャナ全体を観測している、ですか?

Kazuma
カズマ

なら、僕達やこの島自体も、 誰かの認識、意思によって存在していると?

Kazuma
シエル

概ねは、そうです。

Ciel
カズマ

概ね?

Kazuma
シエル

意思というよりは、願望……だと聞いています。

Ciel
シエル

その願望により、今ある『この』イシャナは存在している。 と、いうことになります。

Ciel
カズマ

全く理解できませんね。

Kazuma
シエル

理解していただく必要はありません。 カズマさんが理解しなくても、現状に変化はありませんので。

Ciel
カズマ

うっ…… そんな風に言われると……ちょっと気まずいですね。

Kazuma
シエル

それに、正確に理解するのは難しい事項です。 ですので……。

Ciel
シエル

すみません。お話は一旦中断いたします。

Ciel
カズマ

え? ……うわぁっ!?

Kazuma
トリニティ

そんな……魔物が学園の中にまで 入ってくるなんて……!

Trinity
シエル

先程までは、気配はありませんでした。 突如出現したように思えます。

Ciel
魔物

<size=135%>グアァァァァァァ!</size>

Monster
シエル

警戒してください。戦闘行動に移行します。

Ciel

第6節 世界の仕組み②/

Summary
観測者は、トリニティその人であった。彼女

もまた、皆のいる元の世界が良いと言い、出 現した窯へシエルたちと共に向かう。

シエル

……対象の排除を完了しました。 準警戒態勢へと移行します。

Ciel
シエル

……検索。進行方向に複数の敵性反応があります。

Ciel
ラーベ

…………。

Raabe
トリニティ

まだ、学園の中に魔物がいるということですか?

Trinity
シエル

はい。 完全に進路を塞がれる前に、聖堂へ向かうことを推奨します。

Ciel
トリニティ

なら無理せず、一度引いてから態勢を立て直したほうが……。

Trinity
カズマ

僕はここで引いたらまずい気がします。 聖堂まで一気に駆け抜けましょう。

Kazuma

1: 賛成です!
2: シエル、先導お願い!

1:
2:

シエル

了解です。

Ciel
カズマ

走りますよ、トリニティさん!

Kazuma
トリニティ

え? あ、あわわ、待ってください、カズマさん!?

Trinity

1: つ、疲れた……
2: なんとか、戦闘は避けられましたね……

1:
2:

カズマ

ハァハァハァハァ……。 僕的には、一生分走った……気分です。

Kazuma
トリニティ

はぁ………はい……私も……一生分……走った…… 気が……します……はぁ、はぁ……。

Trinity
シエル

この扉……魔術的な処理が施されていますね。 これならすぐに破られる心配はないと思われますが……。

Ciel
シエル

現状、学院内にいる魔物が全てこちらに押し寄せた場合、 いつまでもつかは保証しかねます。

Ciel
トリニティ

すぅ……はぁ……。ならどうでしょうか。 この聖堂のすぐ近くに、コノエの工房があります〜。

Trinity
トリニティ

コノエの工房は多分この学園……いえ、この島で最も強固な 結界に護られています。

Trinity
トリニティ

まず破られることはないと思いますので、一旦そちらに 身を隠しませんか?

Trinity
カズマ

え? まあ、確かにコノエさんの工房は安全でしょうが……。 聖堂までやっと来たのに、ですか?

Kazuma
シエル

……聖堂……。すでにここは聖堂の内部なのですね。

Ciel
カズマ

そうです。僕はあまり入ったことがないので、 案内はできませんけど。

Kazuma
シエル

…………。

Ciel

1: シエル?
2: どうしたの?

1:
2:

シエル

窯の気配を……感じません。

Ciel
カズマ

ち、ちょっと、ここまできて 窯がないってことですか?

Kazuma
シエル

ですが、力の流れは感じます。 近くにあるのは間違いない……はずなのですが……。

Ciel
カズマ

なんだか曖昧ですね。先程言っていた、 観測者とやらを見つけないと駄目ってことですか?

Kazuma
トリニティ

それなら、やはりコノエの工房に向かったほうが、 いいのではないですか?

Trinity
トリニティ

今のイシャナで誰かを闇雲に探し回るのは、 すごく危険な気がしますし……。そこで一度状況を……。

Trinity
ラーベ

…………。

Raabe
シエル

……了解しました。

Ciel
トリニティ

そうですか、よかった。では早速……。

Trinity
シエル

申し訳ありません。 トリニティさんの発言への了解ではありません。

Ciel
シエル

このまま任務を遂行するよう指示を受けたので、 それに対する返答です。

Ciel
シエル

どこにいても、魔物は異物である『私たち』を排除するべく、 押し寄せてくるでしょう。

Ciel

1: やっぱり急がないと……
2: やばいよね

1:
2:

シエル

はい、やばいです。

Ciel
トリニティ

だ、だったらなおのこと……。

Trinity
シエル

なので、そろそろ真実を開示していただけませんか。 『カズマ=クヴァル』さん。

Ciel
カズマ

……はい?

Kazuma
トリニティ

シエルさん……? なにをおっしゃっているんですか?

Trinity
シエル

言葉の通りです。

Ciel
カズマ

意味がわかりませんね。 僕になにを開示しろと?

Kazuma
シエル

先程お話した通り、我々のいるイシャナは 観測者の願望により存在しています。

Ciel
シエル

正確には、観測者の願望を元に事象が発生しているのですが。

Ciel
シエル

極端に言えば、現状のイシャナは観測者の願望を 叶えている状態なのです。

Ciel
カズマ

……そうなるでしょうね。 あなたの言うことが全て事実ならば。

Kazuma
シエル

これは私の上司、ラーベさんからの指摘ですが。

Ciel
シエル

カズマさんは街の中でお会いしてからここに至るまでの間、 一度も『他者』を心配しませんでした。

Ciel
シエル

カズマさんとレイさんのお話の中には、 トリニティさん以外の登場人物こそいませんでしたが、

Ciel
シエル

他者の存在は認識されていました。

Ciel
シエル

レッドセンチネルと呼ばれる存在や、十聖、それにコノエさん という方、教員室にいるはずの教員などがそうです。

Ciel
シエル

ですがこの無人のイシャナにおいて、カズマさんはそのうちの 誰も、心配することはありませんでした。

Ciel
シエル

それよりも、ご自身の保身や、島からの脱出、 それに原因解明に対して意欲的でした。

Ciel
カズマ

なんだか、僕が他人より自分のことを優先する、 非人道的な人のような言われ方ですね。

Kazuma
シエル

非人道的であるかは私には判断できませんが、 カズマさんは本来、そういう人であったはずです。

Ciel
トリニティ

そ、そんなことは……!

Trinity
カズマ

……いえいえ。そんなこと、ないとは言えませんよ。 少なくとも、他人と積極的に関わる人間ではありませんしね。

Kazuma
シエル

それが悪いというわけではありません。重要なのは、 カズマさんが、今言った通りの行動をとっていたという点です。

Ciel
カズマ

ああ……なるほど。 それで?

Kazuma
シエル

さらにアナタは、大図書館に私達を引き入れました。 しかも、イシャナの機密に関わる最奥にまで。

Ciel
カズマ

何を言い出すのかと思えば……この状況ですよ?

Kazuma
カズマ

知り得た情報を、皆で知恵を出し合って 解決手段を模索するのは当たり前じゃないですか。

Kazuma
シエル

ですがトリニティさんのおっしゃったように 魔道協会の性格を考えると、本来ならあり得ない禁忌です。

Ciel
シエル

なのにカズマさんは、トリニティさんを説得してまで 私たちを招き入れ、

Ciel
シエル

その結果、魔道協会の機密である『窯』の存在を 知ることができました。

Ciel
シエル

そうされたのはおそらく、 どうしても知りたい事項があったからではないでしょうか。

Ciel
カズマ

…………。

Kazuma
シエル

カズマさんはずっと、なにかを知りたがっていました。 なにかを確認したがっていました。そのために動いていました。

Ciel
シエル

アナタはなにが知りたかったのですか? なにを確認したかったのですか?

Ciel
カズマ

――ふ……ははっ、はははははは。

Kazuma
カズマ

あーあ。そこまで言うのでしたら、 もう気が付いているのでしょう?

Kazuma
カズマ

なら、僕も認めるしかないじゃないですか。 ええ、そうですね。シエルさんのご指摘の通りですよ……。

Kazuma
カズマ

……トリニティ=グラスフィールさん。 『観測者』はあなたですよ。

Kazuma
トリニティ

……え?

Trinity
シエル

……窯の出現を確認しました。

Ciel

1: ってことは……
2: 本当にトリニティさんが?

1:
2:

シエル

はい。彼女が観測者です。

Ciel
トリニティ

そ、そんな……そんなこと。私、知りません。 観測者なんて……。

Trinity
シエル

いいえ。アナタはすでに、無意識的に 自分が観測者であると自覚しているはずです。

Ciel
シエル

また窯の出現によって、アナタに窯からの力が 流れ込んでいることも確認できました。間違いありません。

Ciel
トリニティ

…………。

Trinity
カズマ

……観測者の話をシエルさんからうかがったときから、 そうではないかと考えていたんですよ。

Kazuma
カズマ

だって……ここで会った人の中で、あなただけが 『このイシャナ』を生み出すことができるんですから。

Kazuma

1: どういう意味ですか?
2: どうしてトリニティさんだけなの?

1:
2:

カズマ

思い出してくださいよ、イシャナの街並みを。 家の並びはもちろん、細い路地、細かなレリーフ、

Kazuma
カズマ

植えられた木々や小さな損傷に至るまで、 僕の知っているイシャナそのままです。

Kazuma
カズマ

イシャナをこれだけ細部まで描き出すことは、つい先日転校して きたばかりのレイさんには不可能でしょう。

Kazuma
カズマ

もちろん、外部からやってきたはずのシエルさんにも難しい。 あの『マイ』さんにもできないでしょうね。

Kazuma
カズマ

なんとなくですが、彼女が世界にイシャナを作るとしたら、

Kazuma
カズマ

道端の花や伝統あるレリーフなんてものを 気に留めるとは思えません。

Kazuma
カズマ

残るは僕ですが……これは先ほど、シエルさんの言葉が 否定してくれましたからね。

Kazuma
トリニティ

え……?

Trinity
カズマ

僕は他人と積極的に関わるような人物じゃない。 誰かを心配するような『お優しい』心も持ち合わせていません。

Kazuma
カズマ

だからもし僕がイシャナを作って、そこから人が消えるとしたら、 中途半端に誰かだけ残したりしませんよ。

Kazuma
カズマ

いや、いっそ初めから誰も残さないかもしれません。

Kazuma
カズマ

そして誰より僕が、僕の知っている、そしてあなたの知っている カズマ=クヴァルであるはずがない。

Kazuma
トリニティ

…………。 それは……そうかも、しれませんね……。

Trinity
トリニティ

カズマさんはいつも、忘れてしまったご自分の過去を 気にされていました。

Trinity
トリニティ

あなたが観測者だったなら……ずっと抱えていらしたその穴を、 埋めないはずがないですものね……。

Trinity
カズマ

ええ。なんたって、こんなときでも探していたくらいですから。 自分が何者なのか。それから、ここはどこなのか……って。

Kazuma
カズマ

……ね? 完璧なイシャナに、歪みのない僕を置ける人物は、 あなただけでしょう?

Kazuma
カズマ

僕がなくした記憶や、それについてどう思っているのかを 話したのは、あなただけなんですから。

Kazuma
トリニティ

でも……ごめんなさい。未だにわからないんですぅ。 私が観測者だなんて、とても信じられません。

Trinity
トリニティ

ここが私の願望から生まれたのなら、 どうして私はこんなイシャナにしてしまったんでしょう?

Trinity
トリニティ

魔物がいて、お友達はカズマさんしかいない、 こんな寂しくて閉ざされたイシャナを、

Trinity
トリニティ

私は望んでいたというのでしょうか……?

Trinity
シエル

……その件についてですが。 現状この『場』は特殊な状況にあるようです。

Ciel
シエル

イシャナの現状は、不完全とも言えます。 観測者の願望に、なんらかの干渉が働いた可能性があります。

Ciel
トリニティ

干渉……ですか?

Trinity
ラーベ

…………………。

Raabe
シエル

……原因は……不明ですが。

Ciel

1: ???
2: (し……視線を感じる)

1:
2:

カズマ

なるほど……だからですか。これは感覚的な話ですが…… トリニティさんはなんだかずっと、妙……でしたからね。

Kazuma
カズマ

例えば、そう、学園の正面入り口にある大時計の前での ことがそうですよ。

Kazuma
カズマ

僕やレイさん、シエルさんには 同じ時間が見えていたのに、

Kazuma
カズマ

トリニティさんだけ違う時間が見えていました。

Kazuma
カズマ

何故だかわからなかったのですが、あれはトリニティさんに 見えた時間がおかしかったのではなくて……

Kazuma
カズマ

『僕たち』に見えた時間が、違っていたんですね。

Kazuma
カズマ

大図書館でも、トリニティさんと僕の間では、 経過した日数の感覚が違っていました。

Kazuma
カズマ

他にも、合流するまで、いた場所は近かったはずなのに お互いに戦闘の音を聞いていなかったり。

Kazuma
カズマ

例の『マイ』さんに狙われなかったり。

Kazuma
カズマ

……ずっと、トリニティさんだけが世界からズレているように 感じていましたが……。

Kazuma
カズマ

トリニティさんが『観測者』なら、世界からズレていたのは、 僕たちのほうだったんでしょう。

Kazuma
カズマ

そうなると、僕も……シエルさんの言う『異物』なのかも しれませんね。

Kazuma
トリニティ

……異物……。

Trinity
カズマ

これは僕の予想ですけれど、 本当はこの世界はもっとトリニティさんがいかにも望みそうな、

Kazuma
カズマ

平和なイシャナだったのではないでしょうか。

Kazuma
カズマ

だけどシエルさんの言うように、なんらかの影響があって おかしくなってしまった。

Kazuma
カズマ

僕も本当はトリニティさんの世界にいたんだと思いますよ。

Kazuma
カズマ

でも……今は世界が、 あなただけを取り残して消えようとしているかのようです。

Kazuma
カズマ

どういうわけか、最後まで僕とレイさんは 残されたみたいですけど。

Kazuma
トリニティ

……カズマさんが最後まで残っているのは……きっと、私が 望んだからだと思いますぅ。

Trinity
カズマ

なにをですか?

Kazuma
トリニティ

あなたと……。

Trinity
トリニティ

あなたと、ずっと友達でいたい……だとか。 あなたの力になりたい……だとか。

Trinity
カズマ

それはまた……あなたは本当に『お優しい』んですね。

Kazuma
トリニティ

違います、私……優しいんじゃありません。 これはもっと身勝手な……私の『願望』です。

Trinity
トリニティ

でも……悲しいですね。私がこんな世界を…… こんな形を望んだということは……。

Trinity
トリニティ

望まなければ、あなたとはこんな風にいられない、 ということでしょうから……。

Trinity
カズマ

…………。

Kazuma
トリニティ

すみません。……行きましょう。『窯』を確認しに。

Trinity
カズマ

いいんですか? あなたが観測者なら、 ここはあなたの願望が生んだ世界のはずです。

Kazuma
カズマ

それを……破壊することになるかもしれませんよ。

Kazuma
トリニティ

だとしたら、私は愚かです。 思い描くだけでは、なにも形にはなりません。

Trinity
トリニティ

仕組みを理解して、繋がりを構成し、 言葉や物質を組み合わせて、物は形作られるんです。

Trinity
トリニティ

錬金術師でありながら、 その本分を見失ったままではいられません。

Trinity
カズマ

そういうところ、実にあなたらしいです。

Kazuma
トリニティ

それにカズマさんが、言っていました。 私だけが世界に取り残されているみたいだって。

Trinity
トリニティ

そんなの、寂しいです。私、とても弱い人間ですから。 本当にひとりぼっちになる前に、どうしても戻りたいです。

Trinity
トリニティ

あなたの……みんなのいる世界のほうがいいです。

Trinity
シエル

では、聖堂の地下へ向かいましょう。

Ciel
カズマ

はい。ではちゃっちゃと……。

Kazuma
カズマ

ひえぇっ!? な……警備用ゴーレム!? なんでこんなところに?

Kazuma
トリニティ

わ、わかりません。普段ならこんな場所に、 理由もなく現れたりしないはずですが……。

Trinity
ラーベ

…………!

Raabe
シエル

我々が地下へ行くのを、阻止しようとしているのかも しれません。

Ciel
カズマ

阻止って、なぜです!?

Kazuma
シエル

おそらく、そこに『窯』があるからだと思われます。

Ciel

1: こっちに向かってくるよ!
2: 突破しよう!

1:
2:

カズマ

話し合いで解決は、難しそうですね。 仕方ありません……!

Kazuma
トリニティ

はい……私たちは、地下へ行かなくてはなりません。 そこを通していただきます!

Trinity

第7節 聖堂の地下①/

Summary
聖堂の地下へ進むシエルたち。窯を守る魔物

たちが押し寄せ、不意に動けなくなったトリ ニティを守りながら、突破する。

シエル

……地下へ降りる階段や通路には、 本来は封印が施されていたのですね。

Ciel
シエル

それもかなり強固なものが設置されていたようです。

Ciel
トリニティ

聖堂は地下へ行くほど、 立ち入れる人が制限されていきます〜。

Trinity
トリニティ

階層に相応しい人でなければ入れないよう、 封印されているのですけれど……。

Trinity
トリニティ

それが消えてしまっているなんて。 これも私のせい……なのでしょうか。

Trinity
シエル

カズマさんがおっしゃっていた、魔道協会の機密というのは、 聖堂の一番下にあるんでしたよね。

Ciel
カズマ

ええ、そう聞いています。 噂ですけどね。

Kazuma
トリニティ

私も聞いたことがありますから、本当は地下になにもなくても、 今ならあるかもしれませんよ。

Trinity
トリニティ

……ここは、私の願望が造り出した、 イシャナの幻のような場所なのでしょう?

Trinity
シエル

厳密には違いますが……。

Ciel
ラーベ

……!

Raabe
シエル

……とりあえず現状では、その理解で問題ないそうです。

Ciel

1: 少し緊張する
2: 少し楽しみ

1:
2:

カズマ

……そうですね、僕もです。 以前からずっと、魔道協会の機密とやらに興味がありましたから。

Kazuma
トリニティ

必要なもの以外には、触らないほうがいいと思いますよ〜。 なにが起こるか、わかりませんから〜。

Trinity
カズマ

ええ、わかっていますよ。

Kazuma
シエル

……っ! 待ってください。 下のほうから、反応が接近しています。

Ciel
トリニティ

あらぁ? そういえば…… 勢いよく階段を駆け上がってくるような……。

Trinity
カズマ

げぇっ!

Kazuma

1: なんかいっぱい来た!
2: 上からも来てるよ!

1:
2:

ラーベ

!!!!!

Raabe
シエル

我々を排除しようとしているようです。

Ciel
カズマ

『窯』を守っているんですかね。 なら、やっぱり地下にあるのは『窯』なのか……。

Kazuma
トリニティ

…………っ。

Trinity
カズマ

トリニティさん? どうしました?

Kazuma
トリニティ

体が……思うように、動かないんです……。

Trinity
カズマ

えぇっ!? で、でもこんなところで突っ立ってたら、 挟み撃ちで格好の餌食ですよ……! 逃げないと!

Kazuma
シエル

退路はありません。 前方の敵性体をすばやく処理しながら、先へ進みます。

Ciel
カズマ

えぇ、で、でも……!

Kazuma
シエル

先陣は私が。レイさんは離れないでください。 カズマさん、トリニティさんをお願いします。

Ciel
カズマ

お、お願いしますと言われましても……!

Kazuma
シエル

走ります。追従してください。

Ciel
カズマ

ひぃ〜〜〜!

Kazuma

第7節 聖堂の地下②/

Summary
最下層に至るシエルたち。しかし、マイが窯

の前に立ちふさがる。マイはシエルたちに興 味を示し、その力を試そうとする。

本気で戦ってはいなかったマイ。姿を消すマ

イだが、窯を破壊しようとするシエルの前に、 トリニティが立ちはだかる。

カズマ

ま、まだ、最下層には着かないんですか……!? もうそろそろ、さすがに限界……なんですけど……!

Kazuma
トリニティ

す、すみません……ご迷惑を……。

Trinity
カズマ

うわ、あ、足がもつれて……。

Kazuma
トリニティ

きゃっ……!

Trinity
カズマ

い……ったたた。すみません、巻き込んでしまって。

Kazuma
トリニティ

いえ……私こそ、どんくさくてすみません〜。

Trinity

1: ふたりとも大丈夫!?
2: 立てる? 手を貸します

1:
2:

トリニティ

す、すみません、レイさん〜。 ご心配いただいて、ありがとうございます〜。

Trinity
トリニティ

……あら?

Trinity
カズマ

ここ……は……。

Kazuma
シエル

……下層への通路は見当たりません。

Ciel
ラーベ

…………!

Raabe
シエル

ここが、聖堂の最下層ですか。

Ciel
カズマ

…………。

Kazuma
カズマ

これが……ここが……。

Kazuma
トリニティ

カズマさん?

Trinity
カズマ

…………。 そう……か……。

Kazuma
シエル

カズマさん。危険です。必要以上に窯に近づかないでください。

Ciel
カズマ

あ……ああ、そうですね、すみません。 見ていたら、なんだかぼうっとしてしまって……。

Kazuma
???

気になるなら、入ってみれば? 未知の世界にたどり着けるかもしれないよ。

???
シエル

!!

Ciel
カズマ

あ、あなたは……!

Kazuma

1: あのときの……!
2: マイさん!

1:
2:

マイ?

やあ。ようやくここまでたどり着いたね。いつまで待てば いいのか、うんざりしていたところだったけど……。

Mai?
マイ?

『窯』は姿を表している。 このファントムフィールドの正体には、気づいているんだね。

Mai?
カズマ

ど、どうしてここに……。

Kazuma
マイ?

僕がここにいる理由? 呼ばれたからさ。

Mai?
マイ?

『窯』を求める不届き者を始末するためにね。

Mai?
マイ?

そうだろ? 観測者のお嬢さん。

Mai?
トリニティ

わ、私……は……。

Trinity
マイ?

震えてるね。怖いのかな? それとも、体が覚えてるのかな。

Mai?
マイ?

『此処』が『こう』なるひとつ前。 君は僕に殺されたんだからね。

Mai?
カズマ

なっ……!

Kazuma
マイ?

あのとき、この建物に入ってきた君を、僕は待ち構えていた。 入り口のすぐ近くでね。

Mai?
マイ?

友だちを探して入ってきた君は僕を見つけて、 声をかけようとして。その瞬間に、この槍に貫かれたんだよ。

Mai?
トリニティ

っ……!

Trinity
マイ?

……殺せるはずだった。『この槍』ならね。

Mai?
マイ?

でも君は死ななかった。 いや『死んだ』けど『消滅』はしなかった。

Mai?
マイ?

そのせいなのか、なんなのか。まさかこんな中途半端な 再構成が始まるとは、思ってなかったよ。

Mai?
マイ?

まぁ、ここの窯はイシャナの魔術師達が本物を模して作り上げた 『人工』のモノだからね。

Mai?
マイ?

機能は本物の窯と変わらないけど、性能のほうは……ねえ。 比較するのもばかばかしいくらいだ。

Mai?
マイ?

それなのに、僕まで観測の影響下に置くなんてさ。 使い捨ての検証用のくせに、意外と根性あるじゃないか。

Mai?
シエル

……あなたは何者ですか。 なぜこのファントムフィールドに介入しているのですか?

Ciel
マイ?

そうだな……目的は色々あるけど。 今回は『観察』かな。

Mai?
マイ?

君たちと同じだよ……御剣機関。 テストだ。これからのための、ね。

Mai?
シエル

…………。

Ciel
カズマ

テストって、なにを言っているんですか、あなたは!

Kazuma
カズマ

イシャナもトリニティさんも、 あなたのおもちゃではないんですよ!

Kazuma
マイ?

おもちゃ?  楽しく遊べるほどの価値もない、 検証用のコマが何を言うかな……。

Mai?
カズマ

うっ……。

Kazuma
マイ?

本当は、さっさと必要な作業を終えて撤収しようと思って たんだけど……思いがけず、興味深いものを見つけたからさ。

Mai?

1: それって……僕?
2: それって……シエル?

1:
2:

1: それって……私?
2: それって……シエル?

1:
2:

マイ?

そうとも言えるし、そうじゃないとも言える。 なんにせよ、懇切丁寧に教示してやる義理はない。

Mai?
マイ?

ただ君は、見せてくれればいい。 君たちの戦い方。君たちの力を、その性能を!

Mai?
シエル

来ます。全員、戦闘態勢を取ってください!

Ciel
カズマ

は、はい……!

Kazuma
トリニティ

……ごめん、なさい……私は……。

Trinity
カズマ

トリニティさん…… 巻き込まれないところまで、下がっていてください。

Kazuma
マイ?

練習はたくさんしたろ? なら、今度はもっと思いっきり暴れてみせろ!

Mai?
マイ?

はぁぁぁぁぁっ!!

Mai?
マイ?

……ふうん。やっぱり、そういうことか。

Mai?
シエル

く……っ。対象の戦闘レベルに変化を確認できません……。 本気ではないようです。

Ciel
マイ?

……こんなところかな。 これ以上、ここで回収できるものはなさそうだし。

Mai?
カズマ

え……?

Kazuma
マイ?

もうこの『場』は用済みだから。君たちの好きにすればいい。 煮るなり焼くなり、切り刻むなり……。

Mai?
マイ?

じゃあね。 またどこかで会おう……君たちが生きていたらね。

Mai?
カズマ

消えた……?

Kazuma
シエル

っ! ……周囲に反応はありません。

Ciel
カズマ

イシャナから……出ていったのでしょうか? でも、だとしたらどうやって……?

Kazuma
シエル

…………。

Ciel
ラーベ

…………!! !!!!

Raabe
シエル

……はい。未確定存在ストレンジャーの反応の消失を確認。 任務内容を確認。

Ciel
シエル

『窯』の破壊を実行します。

Ciel
カズマ

……トリニティさん、どうしたんですか? 窯がなにか……。

Kazuma
トリニティ

……ごめんなさい。

Trinity
トリニティ

でも……私、ここからどくことができません。

Trinity
トリニティ

『窯』を……渡せません。

Trinity

第7節 聖堂の地下③/

Summary
観測者としての意思のために、道を明け渡す

ことができないトリニティ。彼女自身も救う べく、シエルたちは戦闘を開始する。

『蒼の魔道書・写本』を起動し、窯を破壊す

るシエル。そして異物であるシエル達は、カ ズマとトリニティを残してその場から消える。

1: トリニティさん、どうして?
2: 『窯』を壊せば、元に戻る可能性が

1:
2:

トリニティ

本当に、ごめんなさい。わかっています。 皆さんのやろうとしていることは、きっととても正しいことです。

Trinity
トリニティ

そして私がやろうとしていることは、とても悪いこと。

Trinity
トリニティ

いけないと私は確かにわかっているのに……あなたたちの 行く手を阻み、こうして武器を握りしめている……。

Trinity
カズマ

トリニティさん。 なにも僕たちがここで争う必要はないはずでしょう。

Kazuma
カズマ

これを壊せば、僕たちは今まで通りのイシャナに 戻れるかもしれないんです。

Kazuma
カズマ

もしかしたら、あなたのお友達だってみんな、 何事もなかったかのように戻ってくるかもしれないんですよ?

Kazuma
カズマ

そういう……この場の誰よりもあなたが大切にしていた イシャナに、戻りたくはないんですか?

Kazuma
トリニティ

戻りたいです! もちろん……今すぐにでも。

Trinity
トリニティ

イシャナは私の故郷です。私を育ててくれた大切な場所。 とても穏やかで、とても綺麗な島なのです。

Trinity
トリニティ

イシャナでの私の日々は、それは幸せなものでした。 だから、戻りたい。

Trinity
カズマ

それなら!

Kazuma
トリニティ

でも……駄目なんです。 どうしてなんでしょう?

Trinity
トリニティ

戻りたくて仕方がないのに、 ここをどきたくなくて仕方がないんです。

Trinity
トリニティ

『窯』を壊されてはならないと、強く強く、 私が勝手に思ってしまって。

Trinity
トリニティ

まるでこの『窯』を破壊されたら、 イシャナそのものが破壊されてしまうかのようで。

Trinity
トリニティ

怖くて、恐ろしくて。許せない……。

Trinity
ラーベ

…………!!!!

Raabe
シエル

『観測者であるトリニティ』さんの意思と 『世界をあるべき形にと望むトリニティ』さんの意思が、

Ciel
シエル

彼女の中で拮抗しているのだろう、と 私の上司が分析しています。

Ciel
シエル

この状態を解消する方法は、ひとつです。

Ciel
カズマ

……確か『窯』は膨大なエネルギーを取り込む装置、 でしたね。

Kazuma
カズマ

それを使って『観測者』は『イシャナ』を、 いわば無意識にコントロールしている。

Kazuma
カズマ

だから『窯』を壊せば、トリニティさんは解放される。 ……そうですね?

Kazuma
シエル

……はい。

Ciel
カズマ

であれば、迷うことはないですね。

Kazuma
カズマ

僕はトリニティさんほどイシャナに思い入れはありませんが、 それでも魔物だらけの今よりは快適に暮らしていました。

Kazuma
カズマ

それに、元のイシャナには、僕の大事なものがあるはずなんです。 だから是が非でも戻りたいので。

Kazuma
トリニティ

ああ……いや……もうやめてください……。

Trinity
トリニティ

私の……私の大事な学園から……出ていって……!

Trinity
シエル

対象の戦闘レベルの上昇を確認。 敵性反応を検知。……戦闘を開始します。

Ciel

1: トリニティさん、イシャナに帰ろう!
2: 『窯』を壊して、終わりにしよう

1:
2:

トリニティ

あ……う……。

Trinity
カズマ

はぁ……はぁ……いやはや、彼女とは思えない強さでした……。 こんな力をお持ちとは。

Kazuma
カズマ

……いや、本来のトリニティさんとは、違うのでしょうかね。

Kazuma

1: 大丈夫? しっかり!
2: 僕たちがわかる?

1:
2:

1: 大丈夫? しっかり!
2: 私たちがわかる?

1:
2:

トリニティ

…………。

Trinity
トリニティ

……ええ。もちろんですぅ。

Trinity
カズマ

……立てますか?

Kazuma
トリニティ

いえ……お恥ずかしいですけれど、すっかり力が抜けてしまって。 しばらくは立ち上がれなさそうですね〜。

Trinity
トリニティ

ですから……どうか、今のうちに。 『窯』を……お願いします。

Trinity
シエル

…………。

Ciel

1: 壊していいの?
2: もう怖くないの?

1:
2:

トリニティ

まあ。ふふ……誘惑しないでください〜。 壊さないで、やめて……って、今も私、思っているんですからぁ。

Trinity
トリニティ

だから、今のうちですぅ。私がなにも手出しできないうちに、 終わらせてください……。

Trinity
シエル

わかりました。では、終わらせます。

Ciel
シエル

……第666拘束機関解放。次元干渉虚数方陣展開。

Ciel
シエル

『蒼の魔道書・写本』ブレイブルー……起動!

Ciel

1: すごい……!
2: なにが起こったの……?

1:
2:

トリニティ

ああ……っ! 『窯』が……壊れて……。

Trinity
カズマ

トリニティさん、しっかりしてください。

Kazuma
トリニティ

もう、頭の中がぐちゃぐちゃですぅ。

Trinity
カズマ

元通りに戻ったら、 きっとそのぐちゃぐちゃな頭の中身もすっきりしてますよ。

Kazuma
トリニティ

ええ。そうですね。

Trinity
シエル

…………『窯』の反応の消失を確認。 任務完了。

Ciel
カズマ

お疲れ様です。……で、いいんですかね?

Kazuma
トリニティ

ありがとうございます、シエルさん。 これで……イシャナは元の平和な姿に、戻れるのでしょうか?

Trinity
シエル

はい。そのはずです。

Ciel
シエル

『窯』が破壊されたことで、 現状のイシャナを維持していた力の供給は断たれました。

Ciel
シエル

『観測者』に流れていた力も断たれたことになりますから、 観測により発生していたイシャナの異常事態も解消されます。

Ciel
シエル

……そうなるはずだと、聞いています。

Ciel
カズマ

今ひとつ、安心しきれないんですよねぇ…… シエルさんの言い方って。まあ、もう慣れましたけど。

Kazuma
トリニティ

でも、きっと今までよりはいいはずです。 そう私は信じていますよぉ〜。

Trinity
トリニティ

だってもう、信じるしかないですから。

Trinity
カズマ

確かにそうですね。

Kazuma
ラーベ

!!!!!!

Raabe
カズマ

え? 今のは……なんですか? シエルさんたちの姿が……ブレたように見えたんですが。

Kazuma
シエル

任務は完了しました。

Ciel
シエル

私達は本来、ここにいるべき存在ではありません。 外部から介入した者です。ですので、帰還します。

Ciel
トリニティ

『異物』……とおっしゃっていましたね。

Trinity
トリニティ

始めは島の外からいらしたのだと思っていましたけれど…… もっと『外』からいらしていたんですねぇ。

Trinity
カズマ

僕はまだ事態が信じられないんですけど。 もうなにもかも夢だったかのような気分です。

Kazuma
シエル

夢ではありません。これも現実です。

Ciel
シエル

……アクセスを確認。これより帰還します。

Ciel
トリニティ

もう、行かれるのですか?

Trinity
シエル

はい。任務は終わりましたので。

Ciel
カズマ

そうですか……。なんだか淡々としたものですね。 らしいと言うべきなんでしょうか。

Kazuma
カズマ

では、お疲れ様です。お戻りはお気をつけて。

Kazuma
トリニティ

あの、シエルさん。ありがとうございましたぁ。 窯が壊れて……解放されたような心地です。

Trinity
トリニティ

もしシエルさんがいらっしゃらなかったら、私、イシャナを どうしてしまっていたのか……想像するのも怖いです。

Trinity
トリニティ

大変お世話になりました。 またどこかでお会いできたら、そのときは……。

Trinity
トリニティ

自慢のハーブティをごちそうさせてくださいね〜。

Trinity
シエル

はい。よろしくお願いします。

Ciel
シエル

では、失礼します。 ……行きましょう、レイさん。

Ciel

1: え!?
2: なんで僕も!?

1:
2:

1: え!?
2: なんで私も!?

1:
2:

…………。 ……………………。

???

…………い。 ……おーい、聞こえるかー?

???

1: ……誰!?
2: ……どこ!?

1:
2:

???

ようし、意識ははっきりしているようだな。

???
???

はじめまして、レイ。 ようこそ、我らが船、フガクへ!

???