BlazBlue Wiki Story:BBDW Character Story Raquel

Story:BBDW Character Story Raquel

From BlazBlue Wiki

第1節 裸のお姫様?/

Summary
(とくになし) (None)
ラケル

まったくもう……。 私に命令しないでくれるかしら?

Raquel
ナオト

命令なんかしてねぇだろ!? むしろごく普通のお願いって言うかだな――

Naoto
シエル

どうしたのですか……?

Ciel
ナオト

いや、たいしたことじゃねぇんだけど……。 ラケルに服を買いに行かせたくってさ。

Naoto
カガミ

服を……?

Kagami
ナオト

こいつ、世の中の常識とかまるで知らねぇから、 社会勉強を積ませてやりたいんだよ。

Naoto
ナオト

自分の服を自分で買いに行かせたら、 いい経験になるんじゃねぇかと――

Naoto
ラケル

社会勉強なんか必要ないわ。 それに服なら私だって持ってるでしょ?

Raquel
ナオト

今着てる服だって結局借り物じゃねぇか! 自覚がないにもほどがあるだろ!?

Naoto
ナオト

まったく……なあ、レイとシエルも 一緒に買い物に行ってやってくれねぇか?

Naoto
シエル

ファントムフィールドで買い物をするのなら、 私とラーベさん、レイさんの同行が必要です。

Ciel
シエル

買い物のための《浸入》ダイブはカガミさんも 許可してくれますから、問題はないかと。

Ciel
ナオト

ありがとう、助かる……!

Naoto
カガミ

ナオト、お前は同行しなくてもいいのか?

Kagami
ナオト

いや、俺が一緒に行くと、 どうしても余計な口を出しちまいそうだからさ。

Naoto
ナオト

それに女モノの服なんてよくわからねぇし。

Naoto

1: 任せておいて
2: センスはないからね……

1:
2:

ナオト

レイ、ありがとな! じゃあよろしく頼むぜ。

Naoto
ナオト

俺よりはあるから心配すんなって!

Naoto
ラケル

私は行きたくないと言ってるのに……。

Raquel
ナオト

いいから行ってこいっての。 お金は渡してやるから、ちゃんと服を買って来いよ。

Naoto
ラケル

……まあいいわ。 そこまで言うなら買ってきてあげるわよ。

Raquel
ラケル

レイには荷物持ちをしてもらうわ。 ちゃんと私の言うことを聞いて動くこと、いいわね?

Raquel
ナオト

一応、人気がある店が新川浜にあるらしいから そこに行ってみてくれよ。

Naoto
シエル

新川浜……ファントムフィールドですね。 承知しました、すぐに向かいましょう。

Ciel
ラーベ

ナオトが言っていた店はここか?

Raabe
シエル

デザイン性の高いお洋服が揃っているようですね。 きっと、ラケルさんに似合うものが見つかるはずです。

Ciel
ラケル

そうかしら? 私にはすべて同じように見えるけれど……。

Raquel
ラーベ

色が違えば心理的効果も変わるのが衣服だ。 ある種の催眠効果を発揮する場合もあるぞ?

Raabe
ラケル

そんなことを言われてもね。 もともと服なんて着ていなかったわけだし――

Raquel
おじさん

フーッ、フーッ!!

Older Man
ラケル

――……ところで、あなたは何をしているの? ずいぶんと鼻息が荒いみたいだけれど。

Raquel
おじさん

ウヒヒヒ……う、動いちゃダメじゃないか。 せっかくいい写真が撮れそうだったのに。

Older Man
シエル

写真……?

Ciel
ラーベ

ふむ……靴に隠しカメラが仕込まれている。 この男、どうやら盗撮犯のようだな。

Raabe
おじさん

写真が撮れないなら仕方ないかぁ。 ウヒヒ、それにしてもキミ、かわいいねぇ。

Older Man
おじさん

今日の下着は何色なんだい? おじさんに教えてくれよ、デュフフフ……。

Older Man
ラケル

なんでそんなことが知りたいの? そもそも、私は下着なんて窮屈なものは履いてないわ。

Raquel
おじさん

むほーッ! なんてイケない娘なんだろうねぇ!

Older Man
おじさん

そんなイケない娘にはお仕置きが必要だねぇ……!

Older Man
シエル

男性が極度の興奮状態に陥っているようです。 戦闘レベルも併せて急激に上昇……危険です。

Ciel
ラーベ

だから言わんこっちゃない……。

Raabe

第2節 ディープな世界/

Summary
(とくになし) (None)
ラケル

私に襲いかかろうとするだなんて、 身の程を知らない変態だったわね。

Raquel
ラーベ

はからずして、 新川浜の平和に貢献してしまったな。

Raabe
シエル

これで落ち着いて買い物ができそうですね。 さっそくお店の中に入ってみましょう。

Ciel
店主

ちょっとお待ちください。  さっき、店の前で暴れていた方々ですよね?

Shopkeeper
店主

他のお客様者のご迷惑となるため、 申し訳ありませんが、お引き取りいただけますか?

Shopkeeper
ラケル

なんですって……?

Raquel
シエル

ちょっと待ってください。 そもそも、原因はあの男性にあるのであって――

Ciel
店主

申し訳ございません……。

Shopkeeper
シエル

……出入り禁止になってしまいましたね。 これではラケルさんのお洋服が買えません。

Ciel
ラーベ

さて、どうする? 諦めて帰ることにするか?

Raabe
ラケル

その必要はないわ。

Raquel
ラケル

私もこの街のことは少し知っているし、 お店だって心当たりがないわけじゃないからね。

Raquel
ラーベ

ラケルが知っている店、か。 よし、そこに向かってみるとしよう。

Raabe
シエル

これは……かなり薄暗い通りですね。 こんなところに、洋服のお店があるのですか?

Ciel
ラーベ

私も同じことを考えていた。 怪しげな店しか目に入ってこないんだが……。

Raabe
ラケル

何をごちゃごちゃ言っているのよ。

Raquel
ラケル

お店はこの先にあるわ。 離れずに、ちゃんとついて来なさい。

Raquel
シエル

ここがラケルさんの言っていたお店……ですか?

Ciel
ラケル

ええ、その通りよ。 ほら、服を売っているでしょう。

Raquel
ラーベ

そうだな、かなりシャレた店に見える。 だが、どうしてこんな裏路地のお店を知っていたんだ?

Raabe
ラーベ

普通に生活していたら、こんな路地に入ることは まずないと思うんだが……。

Raabe
ラケル

前に、この路地の別のお店に行く機会があったのよ。 その時に通りがかったのを覚えていただけ。

Raquel
ラーベ

この路地にある他の店、だと? いったい何をしに――

Raabe
ラケル

そんなことはどうでもいいでしょ。 ほら、早く入りましょうよ。

Raquel
キイロ

ふふっ……良い服が買えたわ♪ これでナオトくんのハートを鷲掴みに――

Kiiro
キイロ

あら? あなたは……。 こんなところで何をしているの?

Kiiro
ラケル

そ、そ、それはこっちの、台詞、だわ……っ!

Raquel
キイロ

あらあら、捨てられた犬みたいに怯えちゃって。 せっかく会ったんだからもっと前に出てきて話したら?

Kiiro
ラケル

お、怯えてなんか――

Raquel
キイロ

それにしても、おかしなところで会ったわね。

Kiiro
キイロ

ここは知る人ぞ知る高級ブティックよ? あなた、こんなところに用事なんてないでしょう?

Kiiro
キイロ

それともなぁに? まさか、ここで買った服でナオトくんを誘惑でもするつもり?

Kiiro
シエル

いいえ、そういうわけではありません。 ラケルさんはただ――

Ciel
キイロ

部外者は黙っていてくれるかしら? これはナオトくんを取り合う、女同士の問題なんだから。

Kiiro
キイロ

まあ、結論はもう出ているんだけどね。 ナオトくんの周りをうろつく虫は、殺虫しておかないと。

Kiiro
ラケル

わ、私は……その……。

Raquel
シエル

キイロさんが戦闘態勢に入りました……!

Ciel
ラーベ

完全に誤解されているようだが、仕方ない。 弁解しようにも、ラケルがこんな状態ではな。

Raabe
ラケル

だ、だから……それはその……。

Raquel
ラーベ

まるで別人のようだな。 普段の威勢はどこへいったのやら……。

Raabe

第3節 苦手なひと/

Summary
(とくになし) (None)
キイロ

……つまり、洋服を買いに来たってこと? こんなところに? それ、本気で言ってるの?

Kiiro
シエル

はい、キイロさんが疑っているような、 ナオトさんを誘惑しようという意図はありません。

Ciel
ラーベ

そもそも、この買い物はナオトからの依頼だ。 ラケルに社会勉強を積ませてほしいと言われてな。

Raabe
キイロ

こんな吸血鬼ごときの服の面倒まで見させられているなんて、 ナオトくんが不憫でならないわ……。

Kiiro
キイロ

そばにいるのが私なら、こんな苦労なんてさせないのに。 なんなら、服を着ているからこその魅力を教えてあげても――

Kiiro
ラケル

……。

Raquel
キイロ

ねぇ、さっきからその子に隠れているけど、 ナオトくんに飽きて乗り換えたの?

Kiiro
キイロ

だったら、私がナオトくんをもらってもいいわよね?

Kiiro
ラケル

そ、それは許さないわ……!

Raquel
ラケル

ナオトが私の下僕なのは、もう決められたことよ。 あなたが何を言っても変わらないわ!

Raquel
キイロ

あら、ずいぶんハッキリ言うのね? ナオトくんも、なんでこんな小娘みたいな女を――

Kiiro
キイロ

はぁい、私よ。 ……はぁ? ずいぶん急に事態が動いたわね。

Kiiro
キイロ

わかったわ、こちらも対処に向かうから そっちでも駆逐部隊の編成と準備を進めておいて。

Kiiro
ラーベ

何か起きたのか?

Raabe
キイロ

蟲の大群がこの近くで出現したのよ。 御剣機関が総出で駆除にあたることになるわ。

Kiiro
キイロ

だから、あなた達と遊んでいる時間はもうないの。 この続きはまた別の機会にでもしましょうか。

Kiiro
ラケル

……行ったわね。

Raquel
ラケル

私の下僕にずいぶんと執心しているようだけれど、 自分の立場ってものをわきまえて欲しいものだわ。

Raquel
ラーベ

様子を見ていて思ったが、キイロのことが苦手なんだな。

Raabe
ラケル

べ……別にそんなことないわ。 ただ、ああいう生き物が不慣れなだけよ。

Raquel
ラケル

生まれてからずっと、 女の人とまともに話したことはなかったし……。

Raquel
ラケル

それに私、ああいうタイプの女は特別苦手なの。

Raquel
シエル

ですが…… 先ほどはキイロさんに言い返していました。

Ciel
シエル

それは、ナオトさんを譲れないという強い意志が、 精神的負荷を抑え込んだと推察しますが、いかがでしょうか。

Ciel
ラーベ

なるほど、それほどまでに黒鉄ナオトが大事なんだな。

Raabe
ラケル

大事、という感覚とは違うわ。 ナオトは私と共に在るのが当然なのよ。

Raquel
シエル

戦闘が始まったようです。 私のほうでも、複数体の敵性反応を確認しました。

Ciel
シエル

被害を最小限にするためには、 我々も戦闘に参加することを推奨しますが、どうしますか?

Ciel

1: 少しでも力になろう
2: 行った方がいいよね?

1:
2:

シエル

はい! ではさっそく――

Ciel
シエル

住民のためにもそのほうが――

Ciel
ラケル

なぜ、御剣機関の手伝いをするの?

Raquel
ラケル

そもそも、ここはファントムフィールドよ。 私たちが手を貸す義理があるとは思えないんだけれど。

Raquel
シエル

ですが、このままでは住民が危険にさらされます。 ナオトさんも、それは望まないのではないでしょうか?

Ciel
ラケル

ナオトは……そうかもしれないわね。

Raquel

ギイイイイイイイイイイィ!!

Insect
ラ―ベ

ここまで蟲が来ているぞ。 キイロが言っていた通り、かなりの数がいるようだな。

Raabe
ラケル

私の道を塞ごうだなんて、愚かね。

Raquel
ラケル

……緋鏡キイロに協力するのは不服だけれど、 私の目の前に自ら現れたのであれば、排除しない理由はないわ。

Raquel
ラケル

少しだけ、私の時間を割いてあげる。

Raquel

第4節 小さな箱の中で/

Summary
(とくになし) (None)
ラーベ

やれやれ……。 結局、御剣機関と共同で蟲を駆除することになったな。

Raabe
ラケル

不本意だけれど、やむを得ないでしょ? 私達はただ、巻き込まれたから戦っただけよ。

Raquel
ラーベ

わかったわかった、そういうことにしておこう。

Raabe
キイロ

ちょっといいかしら?

Kiiro
ラケル

な、な、なにかしら……?

Raquel
キイロ

怯えた子猫みたいな顔しないでちょうだい、 いじめたくなっちゃう。

Kiiro
キイロ

って、そうじゃなくて……。 今回の件でお礼を言いに来ただけよ。

Kiiro
キイロ

あなた達のおかげで、被害は最小限に抑えられたわ。 おかげで犠牲も出なかったし、本当に助かったと思ってる。

Kiiro
キイロ

ついでに、吸血鬼のお姫様も活躍してくれたみたいだしね。 そのお礼と言うにはなんだけど、これをプレゼントしてあげる。

Kiiro
ラケル

こ……れは?

Raquel
シエル

ファッション雑誌……のようですね。

Ciel
キイロ

これで借りは返したわよ。 そこに載ってる服を参考に選んでみたらいいんじゃない?

Kiiro
シエル

キイロさん、笑っていましたね。 あの笑みはどういう意味なのでしょうか……?

Ciel
ラーベ

……何か企んでいるな、あの顔は。 とりあえず、どんな服が載っているのか見てみるといい。

Raabe
ラケル

……よくわからないけど、これが最近の流行なのかしら。

Raquel
シエル

ちょっと見せてください。

Ciel
シエル

こ、これは……。 金色ヒョウ柄のシャツに、蛍光色のマーブルスパッツ!?

Ciel
ラーベ

なるほど、こう来たか。 さすがはキイロだ、実に面白い嫌がらせだな。

Raabe

1: 強烈なファッションだね……
2: すごい! 斬新だね!

1:
2:

ラケル

そうなの?

Raquel
ラケル

斬新……ということは、 一般的じゃないっていうことなのかしら。

Raquel
シエル

オシャレについてはわかりませんが、 ヒョウ柄に蛍光色の組み合わせは、心理的にあまり良くないかと。

Ciel
シエル

場合によっては、攻撃的な印象を与えかねない色合いです。

Ciel
シエル

キイロさんは、なぜこんな雑誌をラケルさんに――

Ciel
ラーベ

ナオトをめぐるライバルを減らそうとしたんだろうな。 奇抜な格好をさせて、ナオトに笑わせようとしたのかもしれん。

Raabe
ラケル

やっぱりよくわからないわ。 服なんてどれも一緒でしょ。

Raquel
ラケル

これに載ってる服でいいから、早く買って帰りましょうよ。 いろいろ歩き回って、そろそろ疲れてきたわ。

Raquel
ラーベ

これは親切心から言っているんだが、 別の店で別の服を買ったほうがいいぞ。

Raabe
ラケル

もう決めたことだから、早く行くわよ。 言っておくけれど、私は指図されるのが嫌いなの。

Raquel
ラーベ

……そこまで言うなら、好きにするといい。

Raabe
ラーベ

その結果をナオトが知った時に、 あいつがどんな顔をするのか楽しみだな。

Raabe