BlazBlue Wiki Story:BBDW Chapter 3

Story:BBDW Chapter 3

From BlazBlue Wiki

Chapter 3: The Mechanized Town (機械じかけの町 Kikaijikake no Machi)

The brand new infiltration of a Phantom Field.
Only the sounds of the churning machinery reverberate through this strange, lifeless world.

As Ciel and the group investigate this mechanized world,
a cyborg that looks like a "Red Devil" and a self-proclaimed "Genius Scientist" named Kokonoe appear before them.

What is their goal? And, who are these new antagonists that have also shown up?
BlazBlue Alternative: Dark War Chapter 3 The Mechanized Town[1]

1. ピンクの猫と赤い鬼① / Pink Cat and Red Devil - 1

Summary
次にダイブするファントムフィールドは、明確な

形を持ったファントムフィールドだった。警戒し ながら浸入すると、シエルが窯の反応を感知する。

The next Phantom Field they Dive into is one with a clearly defined form. They stay on guard and Dive, and Ciel picks up the signal of a Cauldron.
シエル

レイさん。 ……レイさん?

Ciel

Rei-san. ...Rei-san?

シエル

失礼します。レイさん、 返事がありませんでしたが、どうしましたか?

Ciel

Excuse me. Rei-san, you're not responding. Are you alright?

シエル

……あ。お休みだったのですね。

Ciel

...Oh. You must be sleeping.

シエル

…………。

Ciel

....

シエル

レイさん。起きてください。 カガミさんが呼んでいます。

Ciel

Rei-san. Please wake up. Ms. Kagami is calling for you.

1: うーん……おはよう、シエル
2: むにゃむにゃ……あと5分……

1: Yeah...Good morning, Ciel.
2: Mnyam mnyam...5 more minutes...

If Choice 1:
シエル

あ。目が覚めてしまいましたか。 おはようございます、レイさん。

Ciel

Ah. You're awake. Good morning, Rei-san.

1: なにかしようとしてた?
2: なにを持ってるの?

1: Were you about to do something?
2: What's that in your hands?

シエル

はい。シンバルです。 思い切り叩こうとしていました。

Ciel

Yes. These are cymbals. I was about to bang them together with all my might.

シエル

もしレイさんがお休み中で、 起きないようなら使えと、カガミさんから預かったものです。

Ciel

Ms. Kagami lent them to me to use in case you were asleep and wouldn't wake up.

If Choice 2:
シエル

……起きませんね……。 状態を確認。秘密兵器を使用します。

Ciel

...You're not waking up.... Assessing situation. Deploying secret weapon.

1: うわぁぁぁぁっ!?
2: な、なに、今の物凄い音……!?

1: Aaaaaaargh!?
2: Wh-what!? What was that sound!?

シエル

おはようございます、レイさん。 さすがカガミさんの秘密兵器です。すぐに目が覚めましたね。

Ciel

Good morning, Rei-san. Of course Ms. Kagami's secret weapon would produce immediate results. You woke up right away.

シエル

これは、シンバルという楽器だそうです。

Ciel

These are cymbals, a kind of musical instrument.

シエル

レイさんが起きなければ使うようにと、 預かりました。

Ciel

I borrowed them to use in case you wouldn't wake up.

シエル

ぐっすり眠っていたようですが、 まだ前回の《浸入 (ダイブ) 》の疲れが残っているのでしょうか。

Ciel

You were sound asleep. You must still be tired from our last Dive.

シエル

お疲れのところすみませんが、カガミさんが呼んでいます。 ご同行願えますか。

Ciel

I'm sorry to bother you while you're still tired, but Ms. Kagami is calling for you. Please come with me.

シエル

お待たせしました、カガミさん。 レイさんをお連れしました。

Ciel

Thank you for waiting, Ms. Kagami. I have brought Rei-san.

カガミ

お。やっと来たか。 待ちくたびれたぞ、レイ。

Kagami

Ah, you're finally here. You've really kept us waiting, Rei.

シエル

私もまだお聞きしていませんが、ご用件はなんでしょうか? 次の任務ですか?

Ciel

What did you need from us? I haven't heard yet either. Is it our next mission?

カガミ

その通り。 次のお前達の目的地――

Kagami

That's exactly it. Your next destination―

カガミ

つまり、次に《浸入 (ダイブ) 》するファントムフィールドが決定した。

Kagami

―that is, the next Phantom Field you're going to Dive into, has been decided.

カガミ

いやぁ、中々好調な発見速度じゃないか。 これもレイの奮闘のおかげだぞ。感謝、感謝。

Kagami
カガミ

というわけで、このたび観測されたファントムフィールドに 早速赴き、観測者を捜索してきてくれ。

Kagami
カガミ

もちろん最終目的は、窯の破壊だ。 わかっているな?

Kagami
シエル

はい。了解しました。

Ciel
カガミ

ん? なんだ、レイ。 難しい顔をして。

Kagami

1: あの……カガミさん
2: ちょっと聞きたいことが

1: Um...Ms. Kagami
2: There's something I want to ask

カガミ

あぁ……前回の《浸入 (ダイブ) 》のときに、聞いた話か。 うん。把握はしているよ。

Kagami

Ah...is this about what you heard during your last Dive? Yeah. I think it was made pretty clear.

カガミ

……そうだね、『私』が言った通り、 私達の世界は消滅している。

Kagami

....That's right, as "I" said, our world was erased.

カガミ

理由や原因に関して、今は詳しく説明出来ないけど、 『観測者』が関わっていることは間違いない。

Kagami

I can't explain to you the exact cause or reason for it yet, but there's no mistake that an "Observer" was involved.

1: 観測者が?
2: まさかそれって……

1: An Observer?
2: You don't mean...

カガミ

……疑問に思ってることはわかるよ。

Kagami

...I know you're having doubts right now.

カガミ

私たちの世界も、今、『私たち』が行っているように、 『観測者を解放したから消滅した』と……思っているよね?

Kagami

You're probably thinking that our world, like those worlds "we" have been to, "had its Observer released and was erased"...right?

1: …………
2: はい……

1: ....
2: Yes...

カガミ

うん。だからね、把握しておいてほしい。

Kagami

Yeah. That's why I want to make this clear.

カガミ

解放された世界は、消滅しないよ。 正しい世界の形へと『修正』『再構築』されるんだ。

Kagami

The worlds that have been released are not erased. They're "corrected" and "reconstructed" into their proper shapes.

カガミ

未来の可能性としてね。

Kagami

As the possibilities of the future.

カガミ

でも、私たちの世界はそうじゃなかった。 『消滅』した。綺麗サッパリ。

Kagami

But, our world wasn't like that. It was "erased". Cleanly and completely.

カガミ

だから今、私たちは戦っている。 消滅した世界を救うためにね。

Kagami

That's why right now, we're fighting...so we can save the world that was erased.

カガミ

さっきも言ったけど、今は詳しく説明できない。 だけどそれでも、レイ。

Kagami

I said this earlier, too, but I can't explain it in detail right now. Even so, Rei.

カガミ

今は私を信用してほしい。

Kagami

I want you to trust me.

カガミ

それに、うまく行けば世界を救った英雄になれるぞ。

Kagami

And if things go well, you might just become a hero who saves the world.

1: 英雄……ですか
2: なんだか軽いですね

1: A hero...is it?
2: Seems lighthearted

カガミ

重く考えて世界が救えるならそうするけど、 幸か不幸か、私たちはもう失うものは無いからね。

Kagami

If making things serious would help save the world then I'd do it, but for better or for worse, we have nothing left to lose.

1: 次はどんな場所なんですか?
2: 次はどんな世界なんですか?

1: Where are we going next?
2: What kind of world is next?

カガミ

ありがとうレイ。

Kagami

Thank you, Rei.

カガミ

そうだね。詳しいことは実際に《浸入》してみないことには、 なんとも言えないんだが……。 ダイブ

カガミ

ちょっと気になることがあるんだ。

'

シエル 気になること、ですか?

カガミ

今までのファントムフィールドに比べると、 世界の形が明確すぎる、とでも言えばいいのかな。

Kagami

You could say, compared to the Phantom Fields we've visited up until now, this one's world is too well defined.

カガミ

ファントムフィールドというのは、仮初の世界なだけあって 全体像のはっきりしない、あやふやなものでもあるんだが……。

Kagami

Because Phantom Fields are by nature transient worlds, a Field's overall shape is usually unclear, and itself, vague.

カガミ

今回のは、全体像がくっきりしている。 簡単に言えば、ひとつの大きな都市だ。

Kagami

This time, the overall shape is clear-cut. Basically, it's a single City.

カガミ

その『都市』しかない世界。そこだけがくっきり切り取られた 世界……あるいは、そこ以外を排除した世界……。

Kagami

...And nothing else. Either it's a world that cut out exactly that one city, or it’s one that has erased everything else....

カガミ

と、言えるかな……? とにかく輪郭が明確すぎて 逆に不明瞭……いや、未解析な部分が多いんだ。

Kagami

...I guess you could say? Anyway, the boundaries are so clear-cut that it's become completely unclear...no, unanalyzed.

カガミ

実際どうしてこういう形になったのかはわからないが、 そのあたりに、観測者を特定する手がかりがあるかもしれないな。

Kagami

We have no idea why the world might have taken this shape, but there may be a clue to who the Observer is in it.

シエル

あの、世界がはっきりしているということは、 それだけ観測の条件がいいということでしょうか?

Ciel

Um, if the world is this clear, then that means the conditions for Observation have been met, right?

TC

イエス。今回の作戦成功確率は52パーセントです。

TC

YES. The chance of success for the current operation is 52 percent.

1: それは大丈夫なんですか?
2: 思ったより低いような……

1: Is this going to be alright?
2: That's lower than I thought...

カガミ

五分五分で成功するんだし。もう成功したも同然じゃないか。

Kagami

That's basically half-half. It's as if you've already succeeded.

TC

ノー。作戦はまだ遂行されていません。

TC

NO. The operation has not started yet.

カガミ

細かいことはいいの。水を差すんじゃない。

Kagami

Details, details. Don't rain on our parade.

TB

まあ、ちょっとは安心していいんじゃないかな。 これでも今までの作戦で、最も高い成功率だしね。

TB

Well, you can relax a little. The operations you've undertaken up until now had much lower rates of success, after all.

TA

よって、今回は比較的安定した作戦行動となる。

TA

Therefore, you can consider this time a more stable operation than before.

シエル

了解しました。

Ciel
カガミ

ん? なんだ、レイ。微妙そうな顔をして。

Kagami

Hm? What's wrong, Rei? You're making a strange expression.

カガミ

念のため言っておくけど、これはお前たちを 送り込むという行為に対する確率だぞ。

Kagami

Just so you know, that's the percentage of sending you guys there.

カガミ

実際のファントムフィールド内での作戦成功確率は、もっと低い。 安心しろ!

Kagami

The chance of your mission succeeding within the Phantom Field itself is actually much lower. So relax!

1: 安心できない!
2: ソレハアンシンデスネー

1: How can I relax!?
2: Oh, very reassuring.

If Choice 2:
カガミ

ははは、うんうん。そうだな。

Kagami

Hahaha, yep yep. That's it.

シエル

カガミさん、レイさんはあまり安心できて いないようです!!

Ciel

Ms. Kagami, Rei-san doesn't seem very reassured!

カガミ

あれ、なんで? ファントムフィールド浸入の成功確率が 10パーセントちょっとだったこともあったんだ。

Kagami

Oh, why not? There were times when Diving into a Phantom Field had just about a 10% chance of success.

カガミ

それが今や、タカマガハラシステムが補強されてきたとはいえ、 50パーセントを越えてくるとは……。

Kagami

And to think that now, thanks to the Takamagahara System's reinforcement, we've managed to exceed 50%...

カガミ

感無量だよ。 それもこれも、お前の存在あってこそだ、レイ。

Kagami

It's very moving. It's all thanks to you being here, Rei.

シエル

それは……そうですね。 確かにレイさんが一緒だと、心強いです。

Ciel

That...That's right. It's true that with Rei here, it's very reassuring.

カガミ

もしお前たちが肉体を失うことになっても、 魂はサルベージしてやる。バックアップ体制も万全だ。

Kagami

If you ever happen to lose your physical body, we'll salvage your soul. Your backup body is already ready to go.

1: ……え、『魂は』?
2: また凄いことを聞いた……

1: ....Huh, my "soul?"
2: Wow, what a thing to say....

シエル

問題は、ファントムフィールドの観測者ですね。

シエル

前回は観測者が中々特定できずに、苦心しました。 今回はなるべく早い段階で特定ができると望ましいです。

カガミ

まったくだな。ちゃっちゃと見つけて、ちゃっちゃと窯を 破壊して、するーんとフガクに戻ってきてほしいもんだ。

カガミ

とはいえ、そんな都合よく観測者が 名乗り出てくれるはずもない。

カガミ

しかも、これだけ克明な世界を築く相手だ。 一筋縄ではいかないかもしれないな。

シエル

そうですか……。心してかかります。

カガミ

そうしてくれ。ま、いつものことだけど。

カガミ

いやな、ロクな情報もないまま、未知の世界に放り込まれ、 誰ともわからぬ人を探す任務。厳しいことを課しているとは思う。

カガミ

だがまあ、大丈夫でしょ。これまでもなんとなかったし。 今回もきっとなんとかなるなる。

TB

前向きに考えたほうが、物事は好転する、なんて 考え方もあるそうだしね。

カガミ

さあ、長話をしている時間はないぞ。 そろそろスタンバイしてもらおうか、ふたりとも。

シエル

了解。レイさん、こちらへ。

カガミ

向こうについたら、ラーベの言うことをよく聞いて、 頑張るんだぞー。それでは……。

スタッフ

ファントムフィールド、接続完了しました。 タカマガハラシステム、ランニング。

Staff

Phantom Field, contact complete. Takamagahara System, running.

カガミ

よし。 《浸入》 (ダイブ) 、開始!

Kagami

Alright, begin the Dive!

シエル

……《浸入》 (ダイブ) 、完了。 機能に問題ありません。

ラーベ

こちらも問題なし、絶好調だぞ。 さてさて、レイのバイタルは……。

ラーベ

よーし、問題なし。無事、《浸入》 (ダイブ) 成功だね。

シエル

ここが、今回探索するファントムフィールドですね。

シエル

この風景……何処か見覚えがあるのですが。

ラーベ

ふむ……確か統制機構とやらの階層都市……だったか。 《浸入》 (ダイブ) に失敗したとは思えんが。

ラーベ

……レイ、気を抜くな。 シエル、周囲をサーチしろ。

シエル

了解です。

シエル

………………。

シエル、どう?

……静かだね

シエル

はい、……とても、静かです……。人の気配も感知出来ません。

シエル

ですが…… あらゆる所から、微かに機械の駆動音のようなものが聞こえます。

シエル

構造的に前回《浸入》 (ダイブ) した 場所と大きな違いは感じられないのですが……。

ラーベ

ふーむ、機械音ねぇ……。潜んでいるのか、 本当にいないのか……。少し歩き回ってみるか。

シエル

……あれ。……あれれ?? ラーベさん、レイさん。変です。

え、なに?

どうしたのシエル?

シエル

窯の反応を感知しました。

ラーベ

…………はぁ!?

シエル

窯が出現しています……。場所は……すみません、 不明なのですが。

シエル

確かにこれは、窯の反応です。

は……早いですね

問題解決ですか?

ラーベ

逸るなレイ。

ラーベ

それより……シエルが窯の反応を感知しているのに、 場所は不明? ……どういうことだ??

ラーベ

……まぁいい……よくないけど、今は窯の対応が先か。

ラーベ

つまり、自身が観測者であることを認識している…… って、ことになっちゃうんだが?

ラーベ

うん。そうだな。フガクからの観測でも不明瞭な 点が多かったし、まだ浸入したばかりだからな。

ラーベ

ひとまず、あらゆる可能性を前提にして情報収取を……。

ラーベ

いや。ちょっと待て。 その前に対処すべき問題がやってきたみたいだ。

シエル

! 反応を確認。前方から複数接近してきます。

シエル

あれは……人型の人工物のようです。 敵対反応を感知しました。

ラーベ

窯の次は早速敵か。 慌ただしいファントムフィールドだな。

ラーベ

よし、まずは小手調べだ。 やっておしまい。

シエル

アイアイ……了解しました。対象を確認。 戦闘態勢に移行します。

1. ピンクの猫と赤い鬼➁ / Pink Cat and Red Devil - 2

Summary
なにかの用途として配備されたゴーレムと戦闘。

なぜそこに配備されたのかの理由を探るため、 情報収集を続ける。

They fight the golem, which seems to have been placed there purposefully. They continue gathering information to find out why it's been stationed there.
シエル

戦闘終了。 対象の排除を完了しました。

Ciel
ラーベ

いわゆるゴーレムってやつだね。でも基本構造は機械式で ロボットに近いようだけど……機械音の原因はこれか?

Raabe

This thing's pretty much a golem, but its basic construction is mechanical, making it closer to a robot...maybe this was the source of all the sounds of machines we noticed earlier?

ラーベ

人が居ない都市を徘徊するロボット……。 しかも緑生い茂る公園を……か、ちょっとロマンあるな。

Raabe

A robot wandering around an uninhabited city...in a park filled with greenery...it's a little romantic.

1: 人はいないんでしょうか?
2: どうしてゴーレムが?

1:
2:

ラーベ

ふむ……。

Raabe
ラーベ

ゴーレムが自然発生する特殊環境下でないのなら、 作成し、配置した何者かがいる……あるいは、いたはずだな。

Raabe
シエル

私達を排除しようとしていたようです。

Ciel
ラーベ

そもそも私たちは、このファントムフィールドにとって 『異物』だ。こういったものに狙われるのは当然だけど……。

Raabe
ラーベ

そもそもこいつらが配備された理由はなんなんだろうな。

Raabe
シエル

この場所の防衛でしょうか。もしくは侵入者や遭遇者の 排除などが考えられます。

Ciel
ラーベ

防衛にせよ、排除にせよ、そうする理由があるはずだ。 まず取っ掛かりとしてはその辺りからかな。

Raabe
ラーベ

お……?

Raabe

1. まだまだたくさん来た!
2. 情報は聞き出せなさそうですね……

1:
2:

ラーベ

そうだな。でも対話だけが情報収集じゃないぞ。 こいつらの構造に行動パターン、じっくり観察させてもらう。

Raabe
シエル

対象、多数。いきます。

Ciel

1. ピンクの猫と赤い鬼③ / Pink Cat and Red Devil - 3

Summary
ゴーレムは防衛目的で配備されたと推測するラー

ベ。さらなる情報収集をしようとしていると、赤 い巨影がシエル達の前に立ちはだかる。

Raabe suspects the golems were set up for defense. Before they can continue gathering information, a giant, red shadow looms over them.
『赤鬼』テイガーと共にココノエの研究室へ向か

うシエル達。ココノエは自らが『観測者』である と告白し、窯の破壊に協力しろと言う。

Rei, Ciel, and Raabe head for Kokonoe's lab together with the "Red Devi" Tager. Kokonoe reveals herself that she's the "Observer" and asks them to cooperate with her to destroy the Cauldron.
ラーベ

……ほー、なるほど。こういう仕組みか。

Raabe
シエル

なにかわかりましたか?

Ciel
ラーベ

こいつら、かなりシンプルな構造みたいだ。

Raabe
ラーベ

単純な命令を、永続的に行うことを目的としている感じだが。 これだけシンプルにすると、逆にかなりの技術がいる。

Raabe
ラーベ

作成者は相当な腕前の技師と見た。

Raabe
シエル

なるほど。 ではどこかに、技師さんがいるかもしれませんね。

Ciel
ラーベ

それから、行動パターンや中身からして、 こいつらは防衛目的で配備されたと推測できる。

Raabe
ラーベ

となると、こいつらは何を……いや、何から守ろうと……。

Raabe
???

見つけたぞ。

???
???

お前たちだな。侵入者というのは。

???
ラーベ

……とりあえず会話のできそうな奴はいるみたいだな。

Raabe
シエル

すごく大きな方です。それにとても赤いですね……。 とにかく会話を試みてみます。

Ciel
シエル

そこの赤い方、質問です。アナタは人間ですか?

Ciel
テイガー

……こちらテイガー。目標を発見した。 これより戦闘行動に入る。

Tager
シエル

残念ながら会話は成立しませんでした!

Ciel

1: ……シエル、頑張れ!
2: 無視されたのでは……?

1:
2:

ラーベ

うん、大丈夫。 こうなるんじゃないかなぁ〜って、思ってたから。

Raabe
ラーベ

それになるほど、報告を入れる相手もいる……か。 しかし、力ずくとは穏やかじゃないな。

Raabe
テイガー

すまんが、これも仕事だ。 少々手荒になるぞ。

Tager
シエル

対象、戦闘態勢に入りました。 迎撃します!

Ciel
シエル

っ、固い……。

Ciel
テイガー

なかなかやるな。 ……このくらいで十分ではないか、ココノエ?

Tager
ココノエ

ああ。とりあえず今必要なデータは十分だ。

Kokonoe
シエル

通常回線からの通信です! ですが……。

Ciel
ラーベ

……なんだ、この性根の悪い解析妨害は……。

Raabe
シエル

あらゆる方向から話しかけられるみたいで……。 凄く気持ち悪いです……。

Ciel
ココノエ

おい、貴様ら。ちょっと顔を貸せ。

Kokonoe
シエル

顔……ですか? すみません、私の顔は、 取り外すことができない構造になっています。

Ciel
シエルそうじゃない

用があるから来てって意味だよ

シエル

はっ……慣用句、比喩表現ですね。 失礼しました。

Ciel
テイガー

……本当に、この者たちでいいのか?

Tager
ココノエ

……いささか不安だが、背に腹は代えられんだろうが。

Kokonoe
ラーベ

こらこら。そっちで話を進めないでもらおうか。 私たちはまだ、『顔を貸す』ことを承諾していないぞ。

Raabe
ラーベ

だいたいだ、用件も聞かず、初対面の相手の要求を ほいほいと気軽に呑めるか。

Raabe
ココノエ

余計な手間は時間の無駄だ。 私のところまで来い。そうすれば説明してやる。

Kokonoe
ココノエ

それに、『そちら』とて情報がほしいところだろう。

Kokonoe
ココノエ

ここが『どんな』場所で、『誰』が作ったのか……。 知りたいんじゃないのか?

Kokonoe
ラーベ

……ほう。それは当然、『こちら』のことを わかって言っているんだろうな?

Raabe
ココノエ

ふん。御託はいいからさっさと来い、『御剣機関』。

Kokonoe
シエル

あ……映像が消えてしまいました。

Ciel
ラーベ

なるほど……こちらの手の内はお見通しか。 食えない奴……いや、奴等か?

Raabe
テイガー

今のはココノエ。私の名はテイガーだ。

Tager
シエル

テイガーさん……ココノエさん……了解。 認識しました。

Ciel
シエル

私は判断できる立場にありません。 レイさん、どうされますか?

Ciel

1: 行ってみよう
2: 会ってみよう

1:
2:

テイガー

助かる。私の上司は少々気難しいのでな。

Tager
ラーベ

さっきのが上司か。やれやれ、ここから近いんだろうな。 わけもわからず長旅なんてごめんだぞ。

Raabe
テイガー

安心しろ。すぐ近くだ。

Tager
シエル

……ここは?

Ciel

1: 確か……図書館?
2: 統制機構……だっけ?

1:
2:

テイガー

こっちだ。

Tager
ラーベ

なるほど、こういう『仕組み』か……。 だが……なんだ、この感覚は?

Raabe
シエル

……正面。生体反応を感知しました。

Ciel
ココノエ

遅いぞ。

Kokonoe
テイガー

距離と速度を考えれば、至って平均的な経過時間だと思うが。

Tager
ラーベ

人を呼びつけておいて、遅いだのなんだの文句とはな。 ずいぶんな態度じゃないか。

Raabe
シエル

カガミさんも、よくそのようにおっしゃられます。

Ciel
ラーベ

無邪気は時として首を絞めるぞ、シエル。

Raabe
シエル

どういう意味でしょうか?

Ciel
ラーベ

いや、いい。今のお前にはちょっとばかり難しかったな。

Raabe
シエル

意味を教えて頂ければ理解します。

Ciel
ココノエ

……おい。話を進めるぞ。

Kokonoe
シエル

あ。失礼しました。お願いします、ココノエさん。

Ciel
ココノエ

ああ……テイガーから聞いたのか。 手間が省けた。それで、お前たち、名は?

Kokonoe
シエル

シエル=サルファー。御剣機関のスレイプニールです。 そして、こちらはレイさんです。

Ciel

1: よろしくお願いします
2: はじめましてレイです!

1:
2:

ラーベ

私はアストロラーベ。ラーベと呼ぶがいい。

Raabe
ココノエ

シエル=サルファーにレイ、 それとポンコツボール……面倒だな、ポンコツでいいか。

Kokonoe
ラーベ

その略し方には異議がある!  つか、人の名前を勝手に変えるな!!

Raabe
ココノエ

お前たち。私に協力しろ。

Kokonoe
シエル

協力? あの、なにへの協力を求められているのでしょうか?

Ciel
ラーベ

訂正しろ! 私はポンコツではないぞ!!

Raabe

1: すごい!!
2: 話が全く噛み合っていない!

1:
2:

ココノエ

説明が必要か? そんなものは時間の無駄だ。 お前たちは私の指示に従い、行動すればいい。

Kokonoe

You want an explanation? That's a waste of time, just do as I say.

ラーベ

…………どれだけ自分勝手なんだコイツ。 お前が説明してやると言ったから、ここまで来たんだぞ。

Raabe

......Just how selfish can you be? We only came here because you said you'd explain yourself.

シエル

ココノエさん。私たちには任務があります。 それを放棄するわけにはいきません。

Ciel

Ms. Kokonoe. We have our own mission, and cannot just ignore it.

ココノエ

知っている。『観測者』を探しに来たんだろう。 だったらもう必要ない。

Kokonoe

I know. You came here to look for the Observer, right? Well, now you don't need to.

ココノエ

私が『観測者』だ。

Kokonoe

I'm the Observer.

シエル

……え?

Ciel

...Huh?

ラーベ

は?

Raabe

...What?

1: えええええええっ!?
2: 今、なんて言いました……?

1: WHAAAAAAAAAT!?
2: Sorry, what was that...?

ココノエ

言われたことは一度で理解しろ、ポンコツとその一党。

Kokonoe
ココノエ

私が、このファントムフィールドを構築した『観測者』だ、 と言ったんだ。

Kokonoe
ラーベ

そう……きたか……。

Raabe
ラーベ

すでに観測者本人が、自分のことを自覚していると。

Raabe
ラーベ

だからさっきシエルは、浸入直後だっていうのに 窯の反応を感知できたんだな……。

Raabe
ラーベ

あり得ない話じゃないが、にわかには信じがたい。 そのうえ、ファントムフィールドのことまで把握してるなんて。

Raabe
ココノエ

実際に起こっている事象なのだから、 それを解明したまでだ。

Kokonoe

The Phenomenon was something that actually occurred, and I wanted to look into it.

ココノエ

さすがに驚きはしたがな。 私を観測者として、『世界』が構築されているなど。

Kokonoe

But I guess it would be surprising for me to become an Observer and create a "world."

ココノエ

これ好都合とばかりにいくらか面白い実験も出来たが、 もうそろそろやれることも尽きてきた。

Kokonoe

It's incredibly convenient and I was able to run all sorts of experiments, but I'm about done with it now.

ココノエ

だからいい加減、この小癪な仮想世界、 『ファントムフィールド』というのか? それを終わらせたい。

Kokonoe

So it's about time this fake world--"Phantom Field," you said?--was ended.

ココノエ

お前たちの任務とやらでもあるのだろう? なら協力しろ。

Kokonoe

You guys have your own mission, right? So cooperate with me.

ラーベ

…………つまり飽きたってことだろ。最低だなコイツ。

Raabe
シエル

……ですが浸入直後に、観測者が自ら接触してくるなんて、 想定していませんでした。

Ciel
ラーベ

こんなスムーズな展開があろうとは……。 だが、コイツの態度は気に入らん!

Raabe

To think things would go this smoothly...But I really dislike that attitude!

ココノエ

知るか。それよりだ、確かに私は観測者で、 この世界を終わらせることに異論はない、むしろ早く終わらせろ。

Kokonoe

Like I care. Anyway, I may be the Observer, but I've no objections to ending this world, and in fact, I welcome it.

ココノエ

そのためには『窯』を破壊して、私と境界との接続を 断つ必要があることも理解している……。

Kokonoe

I know the Cauldron needs to be destroyed, and the connection between me and the Boundary needs to be severed….

ココノエ

が……この世界は未だ存在している。 その意味は……わかるよな?

Kokonoe

Yet...this world still exists. You understand what that means, right?

ラーベ

……やはり観測者でも窯の破壊は不可能……と、いうことか。

Raabe

...An Observer can't destroy the Cauldron themselves...

ココノエ

観測者は『神』では無いからな。 何でもかんでも出来るわけではない。

Kokonoe

An Observer isn't a "god" after all.

ココノエ

だが……お前たちはその『《術》 (すべ) 』を持っているのだろ?

Kokonoe

But you guys have a "technique" (way) to do it, don't you?

ココノエ

まぁ安心しろ。再構築が始まっても私は干渉しないと 約束してやる。

Kokonoe

And don't worry. I can promise you I won't Intervene once the reconstruction begins.

ラーベ

ちッ……そこまでも把握しているのか……。 ほんと何者だ、コイツ。

Raabe

1: 窯の位置はわかるんですか?
2: 窯へはどうやって行くんですか?

1:
2:

シエル

そうですね、教えてくださいココノエさん。

Ciel
シエル

窯の存在は感知できましたが…… 実際にどこにあるのか、わからないのです……。

Ciel
シエル

今まではもっとはっきり感じ取れていたのに。どうして 今回はこんなにも、漠然としか感知できないのでしょうか?

Ciel
ラーベ

窯の位置は不特定か……よほど巧妙に隠蔽されているか。 可能性は色々と考えられるが……。

Raabe
ラーベ

おい猫耳、第三者の介入の可能性は?

Raabe
テイガー

他勢力の介入については不明だ、無いと断言は出来ない。 だが、窯の位置なら見当はついている。

Tager
テイガー

そうだな、ココノエ?

Tager
ココノエ

ああ。

Kokonoe
ラーベ

観測者が自覚している。窯の位置も判明しているとか……。 イレギュラーのオンパレードだな。

Raabe
ラーベ

それで? 窯はどこにあるんだ?

Raabe
ココノエ

この都市の一番下だ。

Kokonoe
シエル

下……地下ですか?

Ciel
ココノエ

ああ、そうだ。

Kokonoe
ココノエ

簡単に言えば、ここ、階層都市の最下層だ。

Kokonoe
ラーベ

階層都市……そういえば以前にも聞いた名称だな。 猫耳、お前も統制機構とやらの関係者か?

Raabe
ココノエ

も?……なんの話だポンコツ。

Kokonoe
ラーベ

んだと!?

Raabe
シエル

以前、第十七階層都市と呼称される場所で任務を行いましたが。

Ciel
シエル

その時は統制機構と呼称される組織が、 階層都市の管理をしていました。

Ciel
シエル

この都市も、第十七階層都市と同じ都市構造の様なので。

Ciel
ココノエ

十七……か、その都市自体を私は知らんし、 統制機構の関係者でもない。

Kokonoe

The seventeenth…? I don't know that City, and I'm not related to the NOL.

ココノエ

それに、階層都市と呼ばれるものは 大体同じような造りをしているからな。

Kokonoe

And all Hierarchical Cities are pretty much built the same way.

ココノエ

市街の層をいくつも重ね、地上に充満する魔素から 逃れるべく、標高の高い位置に市街を築く……。

Kokonoe

A city, with streets stacked in layers upon itself, built at high altitudes to escape the layers of seithr at ground level....

ココノエ

その最上部は統制機構のアジトが居座り…… 最下層、最深部には……必ず窯がある。

Kokonoe

With the NOL's base built at its highest point...and at its lowest level, in the deepest part...a Cauldron. Always.

シエル

確かに第十七階層都市も、その様な構造になっていました。

Ciel

The 17th Hierarchical City really was constructed the same.

ラーベ

だからこの階層都市の地下にも、窯がある、と?

Raabe

So this Hierarchical City also has a Cauldron underground?

ココノエ

そうだ。というか、順番が逆だな。

Kokonoe

That's right. But you've got the order reversed.

ココノエ

観測者でありながら、窯の位置を明確に把握できない状況が 気に入らなかったのでな。

Kokonoe

I didn't like the idea of not knowing where the Cauldron was despite being the Observer.

ココノエ

無駄を徹底的に省いて、ファントムフィールドの規模を 階層都市ひとつに縮小させた。

Kokonoe

So to streamline things, I built this Phantom Field in the shape of a Hierarchical CIty.

ココノエ

階層都市は窯の上に築かれる。

Kokonoe

Hierarchical Cities are built on top of Cauldrons.

ココノエ

であれば、世界に階層都市ひとつしか存在しない以上、 窯は必然的に都市の地下に配置される。

Kokonoe

Therefore, this world only has one Hierarchical City in it, and the Cauldron is situated beneath it, underground.

ラーベ

……は?

Raabe

...What?

ラーベ

お……お前、窯の位置に必然性を生じさせるために、 世界の規模をいじった? 《世界構造》をいじったのか!? ワールドコンソール

Raabe
ラーベ

……とんでもない話……と言うかコイツ人間か?

Raabe
シエル

猫の様な耳と、尻尾が確認出来ます。

Ciel

1: 気に……なるよね
2: 本物……かな?

1:
2:

ココノエ

この世界は私の観測で構築されているんだろう。 だったら、そう認識してやればいいだけのことだ。

Kokonoe
ラーベ

いやいやいやいや、そんなに自在に調整できるもんじゃないぞ。

Raabe
ココノエ

できたのだから、問題あるまい。

Kokonoe
シエル

そうですね。確かに合理的だと思います。

Ciel
ラーベ

そういう問題じゃないんだが……。

Raabe
ラーベ

くっ、私の感じている衝撃を理解できるやつが、 今ここにいない……!

Raabe
ココノエ

これでこちらの事情は理解できたな。 では早速、窯へ向かうぞ。テイガー、先導しろ。

Kokonoe
テイガー

ああ。了解した。

Tager
ココノエ

っと……そうだな。特殊な状況下だ。 一応、貴様らの意思を確認しておいてやろう。

Kokonoe

And...oh, right. Since this is a special circumstance, I'll check what you bastards think.

ココノエ

私に協力することに、異論はないな?

Kokonoe

No concerns about cooperating with me, right?

ラーベ

なんでこいつはこう、いちいち上から目線なんだ……。 おい、レイ、シエル。

Raabe

Why does she always have to act like she's so far above us…. So, Rei, Ciel.

シエル

私はレイさんに従います。

Ciel

I will follow Rei-san.

ラーベ

はいはい、そう言うと思いましたよー。

Raabe

Yeah, yeah, I thought so.

ラーベ

悪いが猫耳。私は少々反省をしていてな。 お前を全面的に信用することはできない。

Raabe

Sorry, cat ears. I've got some doubts, you see. I can't trust you just like that.

ラーベ

むしろ、話が突拍子すぎて信用するほうが難しい……。

Raabe

In fact, when the deal's too good it becomes even harder to believe….

ラーベ

だからレイ、お前が決めていいぞ。 今回に限り撤退も許可する。

Raabe

So Rei, you decide. Just this once, I'll even allow retreating.

1: 喜んで協力します!!
2: でも、協力しないと帰れないし……

1: I'll happily cooperate!!
2: But, we can't retreat if we don't cooperate....

If Choice 1:
ラーベ

少しは悩めよ!!!

Raabe

At least take some time to think it over!!

If Choice 2:
シエル

そうですね。

Ciel

You're right.

シエル

ですが、ご安心ください。 レイさんは、必ず私がお守りします。

Ciel

But don't worry, Rei-san. I'll be sure to protect you.

ココノエ

では決まりだ。

Kokonoe

And that's that.

ココノエ

貴様らが自ら決めたことだ。 あとで泣きごとを言うんじゃないぞ。

Kokonoe

You decided this for yourselves, so don't come crying to me later.

ラーベ

……嫌な予感がビンビンする。むしろ嫌な予感しかしない。

Raabe

...I have one hell of a bad feeling about this. Actually, this can only go badly.

テイガー

……私が言うのもおかしな話だが。 ココノエの意思が作った世界なら、十分に気を付けることだ。

Tager

...This might be strange coming from me, but because Kokonoe created this world, you need to be extra careful.

テイガー

どんなとんでもないことが飛び出してきても、 おかしくはないからな。

Tager

No matter what kind of preposterous thing pops out, it won't be out of the ordinary.

シエル

肝に銘じます。

Ciel

2. 出口と門番① / Exit and Gatekeeper - 1

Summary
窯への行き方がわからないというココノエ。施設

の奥にある『出口』へと向かう。その途中、見覚 えのある形の敵が現れる。

Kokonoe announces she's forgotten how to proceed, and they head for the "exit" deep within the facility. En route, a familiar enemy appears.
???

……干渉してきた? ……いや、まだか。 しかしこの感覚……奴の報告と少し違うみたいだな……。

???

...Someone Intervened? ...No, not yet. But this feeling...It looks like the situation is slightly different from what was reported....

シエル

この辺りはとても複雑ですね。 まるで迷路のようです。

Ciel
シエル

それに窓がないから、外の様子がわかりません。 ここは、階層都市のどの辺りの高さなのでしょうか。

Ciel
ココノエ

さあな。私にもわからん。 少なくとも、すぐに窯に到達できるほど下層ではないだろう。

Kokonoe
ラーベ

おい猫耳。まさか、地道に地下へと向かう訳じゃないよな?

Raabe
ラーベ

以前行った階層都市では、 一番上の建物から昇降機で一気に地下へ降りられたぞ。

Raabe
ココノエ

……確かに、本来の階層都市では、その方法が一番手っ取り早い だろうが、今は難しい。

Kokonoe
シエル

どうしてですか?

Ciel
ココノエ

先ず、それが可能なら、既にそうしている。

Kokonoe
シエル

可能では無いのですか?

Ciel
ココノエ

……先程も話したとおり、私はこの世界の観測者ではあるが、 神では無い。

Kokonoe
ココノエ

それに、『《掟》 (ルール) 』がある。この世界を構築するにあたっても、 その『《掟》 (ルール) 』には従っているつもりだ。

Kokonoe
ラーベ

つもり? はっ、やはりそういうことか。 お前、詰め込み過ぎたな!

Raabe

1: ココノエさんが不機嫌そうです!
2: 先生、説明お願いします!!

1:
2:

ラーベ

そうだな。簡単に言うと、この階層都市と言う枠の中に 世界を無理やり突っ込んだわけだ。

Raabe
ラーベ

外観的には階層都市とやらの体をなしてはいるが、 その中身はあらゆる空間情報が無秩序に混在していて……。

Raabe
シエル

よくわからない。と、いうことですね。

Ciel
ココノエ

馬鹿を言うな。私がそんなミスをする訳ないだろ。 この世界は今、美しくも絶妙なバランスで構成されているぞ。

Kokonoe
ラーベ

それってつまり、一歩間違えば危ういということだろ? よくあの『力』が発動しなかったな……。

Raabe
ラーベ

それに先程の部屋だって……。 猫耳……お前、整理整頓が苦手だろ?

Raabe
ココノエ

黙っていろ、このポンコツ。

Kokonoe
ラーベ

だ・か・らっ! 私をポンコツと呼ぶな!!

Raabe
シエル

と、ところで先程お話に出た統制機構とは、 以前関係した統制機構と同じ組織なのでしょうか?

Ciel
ラーベ

さあな……。だが安心したぞ。お前ほどの観測者でも 『《掟》 (ルール) 』にまでは干渉出来ないと言うことだな……。

Raabe
ラーベ

観測者はその知識や能力以上の世界を 構築することは出来ない。

Raabe
ココノエ

それが出来ていれば、窯など既に破壊している。 お前らのようなポンコツ一党などには頼らんよ。

Kokonoe
ラーベ

……おい猫耳、我々は撤退しても構わんのだぞ。

Raabe

1: なんだか……'
2: 似た者同士?

1:
2:

ココノエ・ラーベ

何だとコラァッ!!!

Kokonoe & Raabe
テイガー

はぁ……。シエル=サルファー、先程の疑問に対しての 返答となるかわからんが……。

Tager
テイガー

この階層都市では統制機構が機能していないのだ。 というより、存在していない。

Tager
テイガー

辺りを見て、違和感を覚えないか? ここはどこだと思う?

Tager
シエル

そうですね……雰囲気からして、研究所か開発所のような、 なにかの施設のようです。……あ。

Ciel
シエル

そういえば、 ココノエさんとテイガーさん以外、誰もいません。

Ciel
シエル

……簡単に周囲をサーチしてみましたが、 誰かがいる気配はありませんね……無人の施設なのですか?

Ciel
テイガー

外れではないが、正解でもないな。

Tager
テイガー

この階層都市には、我々以外、ほとんど人間は存在しない。

Tager
テイガー

アストロラーベの言う通り、外部の形状と内部の構造が 同一では無い状態だからな。

Tager
テイガー

統制機構の施設が存在するかも不明といえる。

Tager
テイガー

少なくとも、コンタクトが取れる状況ではないな……。

Tager
テイガー

……まあ、コンタクトできたとしても、 我々に統制機構が協力してくれるとも思えんがな。

Tager
ラーベ

ほう、お前たちは統制機構とやらと、どんな関係なんだ?

Raabe
テイガー

お世辞にも、良好とは言えんな。

Tager
テイガー

私とココノエは第七機関という組織に属している。 世界虚空情報統制機構とは、いわば敵同士だ。

Tager
シエル

なるほど。そもそも関係が悪い組織の施設であるうえに、 人が存在しないのだから、稼働しているか不明なのですね。

Ciel
テイガー

そうだ。 ……とはいえ、それが根本的な理由ではないんだがな。

Tager
ラーベ

……ん? おい、そもそも質問に答えてもらってないぞ。 私たちはこれからどういう手段で窯を目指すんだ?

Raabe
ココノエ

わからん。

Kokonoe

1: え……!?
2: 今、なんて……?

1:
2:

ココノエ

だから、わからんと言っている。

Kokonoe
ココノエ

なぜなら私とテイガーは、 この階層より下に降りたことがないのだからな。

Kokonoe
ココノエ

現在位置が階層都市のどの辺りなのかはもちろん、 このエリアがどうなっているのかも知らん。

Kokonoe
シエル

で、ですが、先程この階層都市を構築したのはココノエさんだと 仰っていませんでしたか?

Ciel
ココノエ

うむ。構築はしたが、内部構造を把握しているとは、 一言も言っていないぞ。

Kokonoe
ラーベ

なんてことだ……それが根本的な理由か……。

Raabe
ココノエ

それに私は、この階層都市を観測し続ける為に、 あの場所を動くことが出来なかったからな。

Kokonoe
ラーベ

……だから詰め込みすぎなんだよ。

Raabe
ココノエ

ふん。だが、貴様らが外部から、このファントムフィールドへ 干渉したのを感知したときは、しめたと思ったものだ。

Kokonoe
ラーベ

だから浸入した直後にも関わらず、テイガーとやらは こちらを探していたかのように行動していたわけだな。

Raabe
シエル

私たちの浸入が、感知されていたのですか?

Ciel
ラーベ

普通は不可能だ。こいつが常軌を逸しているにすぎない。 だが、今後の参考にはなるな。

Raabe
ココノエ

それなりの対策をしていたからだ……。

Kokonoe
ココノエ

しかもどうやら、想定していた以上に使える人材らしい。 実に好都合だったよ。

Kokonoe
ココノエ

ん。褒めているんだぞ、喜べ。

Kokonoe
ラーベ

嬉しくないわ!

Raabe
ココノエ

お前じゃない、ポンコツ。

Kokonoe
ラーベ

ちっ……レイか。

Raabe
ココノエ

うむ。中々面白い《能力》 (ドライブ) じゃないか。 何と言うんだ?

Kokonoe
シエル

カ……ラーベさんは《最果てを観る者》 (エンドゲイザー) と言っていたと思います。

Ciel
シエル

…………あ。……すみません。

Ciel
ラーベ

別にいいよ。大方、テイガーとやらの戦闘が、 レイのデータ取りだったのだろ?

Raabe
ラーベ

それに、ココノエはこの世界の観測者で、それを自覚もしている。

Raabe
ラーベ

下手に隠しごとをするより、情報を伝えた方が効率も良いだろう。

Raabe
シエル

なるほど……。了解しました。

Ciel
ラーベ

だが、反省はしろ。

Raabe
シエル

はい……以後気をつけます……。

Ciel
ココノエ

まぁ、私に情報を素直に開示するのは良い心がけだぞ。

Kokonoe
ココノエ

しかし、《最果てを観る者》 (エンドゲイザー) か。 ……微かだが記憶にある響きだな。

Kokonoe

So, "End Gazer." ....Sounds somewhat familiar…

ココノエ

とにかく、レイが私の存在を 『観測』してくれるのであれば。

Kokonoe

Anyway, if Rei "recognizes" my existence,

ココノエ

この世界を自由に動き回ることが出来る。

Kokonoe

we'll be able to move freely about this world.

ココノエ

私の存在を証明してくれていたのは、テイガーと 部屋にあった機材だけだったからな。

Kokonoe

Since the only ones proving my existence are Tager and a machine back in the room right now.

ココノエ

レイ、頼りにしているぞ。

Kokonoe

Rei, I'll be counting on you.

1: お、お役に立てているようで……
2: あ、ありがとうございます?

1: I-I hope I'll be able to help….
2: T-thank you?

ラーベ

ん? 何だ?? シエルといい、レイに 観測された奴等はみんなレイに甘くなるのか?

Raabe

Hmm? What?? Ciel's one thing, but isn't everyone Rei Observes a little too sweet on Rei?

ラーベ

あれ? それまずくない??

Raabe

Huh? Isn't that really bad??

シエル

ラーベさん、何か言いましたか?

Ciel

Raabe-san, did you say something?

ラーベ

あ、いや、何でもない。

Raabe

Ah, no, nothing.

ラーベ

おい、猫耳。レイの力を利用するのは構わんが、 この世界には干渉させるなよ。

Raabe
ラーベ

この惨状だ、何が起こるか分かったもんじゃない。

Raabe
ココノエ

ふん。この私を誰だと思っている?

Kokonoe
ラーベ

知るか。とにかく、このエリアを抜ける手段を探さないと 駄目なわけだが……。

Raabe
シエル

ココノエさんは、とてもすごい観測者さんなのですよね?

Ciel
シエル

それほどすごい力を持っているのなら、窯への 到達ルートを簡潔にすることも、できるのではありませんか?

Ciel
ココノエ

それができれば、こんな苦労はしなくてすむんだがな。

Kokonoe
ラーベ

全くだ。良いか、レイ、シエル。 ここから先は、この猫耳の理性と本能の戦いのようなものだ。

Raabe

Geez. Alright, Rei, Ciel. From here on out, it'll be a battle against this cat ears' reasoning and true motives.

ラーベ

ココノエは確かに卓越した観測者であるが、『人間』である以上、 何をどうしようとも、決して抗うことはできない……。

Raabe

Kokonoe is an excellent Observer, but as long as she's human, no matter what she does, she won't be able to go against it….

ラーベ

その意思、無意識に沿って、世界は自らを護る為に、 ある『力』を発動させる。

Raabe

The will will, even without a consciousness, activate a certain "power" for the world to protect itself.

ラーベ

それが、この世界が存続するための、『《掟》 (ルール) 』、 『秩序の力』だ。

Raabe

Which is the "law (rule) ," the "Power of Order," that exists for the sake of this world's continued existence.

ラーベ

誰かが……特に、この世界、ファントムフィールドに 大きな影響を与える観測者が窯に近付くことは……。

Raabe

If someone were to...especially in this world, where the Phantom Field was greatly affected by the Observer, if the Observer were to approach the Cauldron….

ラーベ

世界の存続を危うくさせる行為でもある。ましてや、 ココノエは、窯の破壊を望む観測者だ。その力が必ず働く。

Raabe

That action becomes a threat to the continued existence of the world. Moreover, Kokonoe is an Observer who wishes for the destruction of the Cauldron. That Power is certain to be at work.

ラーベ

ココノエがこのエリアより下層に降りることが出来なかったのは、 それが事由だ。

Raabe

If Kokonoe is unable to enter any lower floors of the CIty, then that would be the reason.

ラーベ

誰であろうと、自分を刺そうと豪語している奴など、 好んで近づけたくなどないだろ?

Raabe

No matter who it is, if someone is boasting about stabbing themselves, you wouldn't want to get close, right?

ラーベ

それが、自分の分身だったらどうする?

Raabe

What if that was your clone?

ラーベ

むしろ今のココノエは、このファントムフィールドにとって 最大の敵ですらある。

Raabe

In fact, right now, Kokonoe is Enemy Number One to the Phantom Field.

ラーベ

……素直に行かせてくれる訳が無いだろ?

Raabe

...So of course it won't let us just walk over.

1: なるほど……
2: 何となく理解……したかも

1:
2:

シエル

つまり、窯へ向かうことが、容易では無いと言うことですね。

Ciel
ラーベ

この件にかんしては、ココノエにレイを 観測者として認識された時点で私たちの詰みだ……。

Raabe
ラーベ

障害を何とかして、窯まで辿り着く以外に方法は無い。

Raabe
ココノエ

ふっ……。私自身が私を阻むとはな。厄介な話だ。

Kokonoe
テイガー

まったくだ。敵がココノエかと思うと、頭が痛い。

Tager
ココノエ

私は天才だからな。私を倒せる手段などない。

Kokonoe
ラーベ

自分で言い切るんじゃない。本当になかったら、 ファントムフィールドの解放などできないだろうが。

Raabe
ココノエ

その辺りについては、貴様らの働きに期待する。

Kokonoe
ラーベ

自分の始末は自分でつけてもらいたいものだなぁ! 天才なら特に!

Raabe
シエル

あの。ところで、今私たちはどこへ向かっているのですか?

Ciel
ココノエ

ああ。このなんらかの施設の、一番奥だ。

Kokonoe
シエル

そこには、なにがあるのですか?

Ciel
ココノエ

『なに』……そうだな、アレをなんと呼ぶか。

Kokonoe
ココノエ

相応しい名前かどうか、データ不足でわからんが。 一応『出口』としておこうか。

Kokonoe
シエル

『出口』……ですか?

Ciel
ココノエ

この施設、というより、このエリアの出口だ。 ……おそらくな。

Kokonoe
ラーベ

確証はないわけか。

Raabe
ココノエ

ない。だが、そうでなければ不自然だ。

Kokonoe
シエル

それはなぜです?

Ciel
ココノエ

質問が多いなお前……。まぁいい、見ればわかる。

Kokonoe
ココノエ

……お。早速、第一波のお出ましだぞ。

Kokonoe
テイガー

……来たか。

Tager
シエル

未確認の反応を感知しました。警戒します。

Ciel
ラーベ

こちらでも確認した。結構な数だな……ん?

Raabe

1: んんん?
2: 見覚えのある形……

1: Hmmm?
2: These look familiar...

量産型テイガー

オイ、ココノエ!

Mass-Produced Tager

Hey, Kokonoe!

量産型テイガーA

オイ、ココノエ!

Mass-Produced Tager A

Hey, Kokonoe!

量産型テイガーB

オイ、ココノエ!

Mass-Produced Tager B

Hey, Kokonoe!

シエル

これは……少し小柄なテイガーさんです!

Ciel

These are...slightly smaller Mr. Tagers!

テイガー

……できれば、あまり見られたくはなかったが……。

Tager

…If possible, I didn't want you to see these.

ココノエ

この辺りの防衛を担当しているシステムらしくてな。 後から後から出てくるんだ。

Kokonoe

They're here as a sort of defensive system. They'll keep coming.

ココノエ

『量産型テイガー(仮称)』とでも呼称してやろう。

Kokonoe

Let's call them "Mass-produced Tager (name not final)" for now.

ココノエ

撃破しないことには、ここを通れない。 遠慮はいらん、思いっきりぶっ壊してやれ。

Kokonoe

If we don't break through here, we won't be going anywhere. No need to hold back; feel free to destroy them.

1: い、いいんですか?
2: ちょっと罪悪感が……

1: A-are you sure?
2: Feels kinda criminal….

ココノエ

構わん。どーんとやってやれ。

Kokonoe

I don't mind. Give 'em a good whack.

テイガー

おい、ココノエ……。

Tager

Hey, Kokonoe….

量産型テイガー

オイ、ココノエ! オイ、ココノエ!

Mass-produced Tager

Hey, Kokonoe! Hey, Kokonoe!

ラーベ

……(仮称)、不憫だな……。

Raabe

....(name not final), how pitiful….

シエル

小さいテイガーさん、来ます! 戦闘態勢に移行し、通路を確保します。

Ciel

The small Tagers are advancing! Switching to combat. I'll hold the road.

2. 出口と門番② / Exit and Gatekeeper - 2

Summary
『窯』を守るために配置された量産型テイガー。

量産型とはいえあまりに貧弱な性能が気に入らな いココノエ。

Mass-produced Tagers try to protect the Cauldron. Kokonoe dislikes how fragile the mass-produced ones are.
量産型テイガー

オイ、ココノ……エェェェェェエエエッ!!

Mass-produced Tager

Hey, Kokono...eeeeeeee!!

1: 爆発した!?
2: テイガーさーーーん!

1: It exploded!?
2: Mr. Tageeeeeeer!

ココノエ

ふはははは! いい爆発だ! 気分がいい。

Kokonoe

Huahahaha! That's a good explosion! How freeing!

テイガー

まったく別のタイプであるとはいえ…… なんとも複雑な気持ちだ……。

Tager

It's a completely different model from me, but...I can't put this feeling into words....

テイガー

そもそも、なぜ爆発する必要があるんだ……?

Tager
ココノエ

なにを言う。爆発はロマンだ。 それにデータや極秘の技術を隠蔽するには、もってこいだぞ。

Kokonoe
シエル

確かに、爆破してしまえば跡形も残りませんし、 合理的です。

Ciel
テイガー

合理性の前に優先してほしいものがある、という話なのだが……。

Tager
ラーベ

日頃からの苦労が窺えるな。 性格に問題のある上司を持つと大変だ。 --うかが

Raabe
ココノエ

ふん、お前には言われたくないな。

Kokonoe
ラーベ

何を言う、私は部下に優しい良き上司だ。 そうだろう、シエル。

Raabe
シエル

はい、カ……ラーベさんは優しい上司です。

Ciel

1: ソウデスネ
2: 40%とか50%とか何とか……

1:
2:

ラーベ

なんだレイ。 この私に、なにか言いたいことでもあるのか?

Raabe
テイガー

……苦労しているのだな、レイ。

Tager
シエル

ところで……ひとつ質問をしてもよろしいですか。 今の防衛システムは、何故守っていたのでしょうか?

Ciel
テイガー

『何故』?

Tager
シエル

はい。テイガーさんにお会いする前に、 ゴーレムに襲撃されたとき、ラーベさんが言っていました。

Ciel
シエル

なにかを防衛しようとしているのなら、 防衛する目的がある、と。

Ciel
シエル

さっきの小さなテイガーさんたちは、一体誰が、 なんの目的で配備したものなのか、少し気になりました。

Ciel
ココノエ

なにを守っているのかと言えば、それは単純に 『窯』だろうな。

Kokonoe
ココノエ

先程そのポンコツも言っていただろ? 『窯』を破壊されないために、破壊しようとする者を排除する。

Kokonoe
ココノエ

……いや……奴等の構造と行動パターンからして、 守ろうとしている対象は、もっと手前の『出口』かもしれんが。

Kokonoe
ココノエ

とにかくそういうわけで、侵入者は見境なく襲うように 設計されている。当然、私自身も含めてな。

Kokonoe
ラーベ

どちらにせよ、説得でどいてもらうことができない 相手なら、排除するしかないってことだ。

Raabe
ココノエ

そうだな。テイガーのモデルを使用しているようだが、 性能はあまりにも貧弱だ。

Kokonoe
ココノエ

排除に手間はかかっても、大きな危険はあるまい。

Kokonoe
ココノエ

むしろ私の世界が設けた防衛機構だというのなら、もっと 性能の向上を図ってもらいたいものだ。

Kokonoe
ココノエ

現状を『私』の程度と思われるのは、はなはだ不本意だ。 つまらん。

Kokonoe
テイガー

排除対象の強化を望まないでくれ。

Tager
ラーベ

おい、誰かこいつを黙らせろ。

Raabe
ココノエ

なにを言う。 向上心を失った科学者に存在意義があるか。

Kokonoe
ココノエ

わからんようなら、直接その体に教えてやるぞ? 科学者の向上心がどういうものかをな。

Kokonoe
ココノエ

さあ、どんな新機能がほしい? 特別に今すぐグレードアップしてやる。ポンコツお前もだ。

Kokonoe
ココノエ

腹で茶を沸かすか? 脚部パーツを取り払って宙に浮けるようにしてやろうか?

Kokonoe
テイガー

それは遠慮させてもらおう……。

Tager
シエル

宙に浮ける機能は便利だと思いますが。

Ciel
ラーベ

私は既に浮いてはいるのだが……。つかポンコツ言うな。

Raabe
ラーベ

まぁ……それはそれとして、ロマンは感じるぞ。 レイはどうだ? どんな機能がいい?

Raabe

Well...be that as it may, I guess I can feel the romance. So Rei, what do you think? What would you like?

1: やっぱり、ロケットパンチかな
2: ここは合体機能とかどうでしょう

1: It's gotta be a rocket punch!
2: How about the ability to combine?

If Choice 1:
ココノエ

定番だがいい案だ。前向きに検討するとしよう。 ロケットらしく、着弾点で爆発するのもいいな。

Kokonoe
If Choice 2:
ココノエ

いいじゃないか、合体はいい。わかるぞ。 超合体テイガーロボ。うむ、悪くない。

Kokonoe

Nice, combining is great. I know that feeling. A super, combined Tager robot...yeah, not bad.

テイガー

勘弁してくれ……。

Tager

Please spare me….

ココノエ

む……?

Kokonoe
シエル

ココノエさん、どうかしましたか? ……あっ!

Ciel
量産型テイガー

オイ、ココノエ!

Mass-produced Tager

Hey, Kokonoe!

量産型テイガーA

オイ、ココノエ!

Mass-produced Tager A

Hey, Kokonoe!

シエル

再び量産型テイガー(仮称)さんです。 先ほどよりも数が多いです。

Ciel

It's Mr. Mass-produced Tager (Name Not Final) again. There's more than last time.

ラーベ

……(仮称)は必要なのか??

Raabe

...You really added the (Name Not Final) part??

ココノエ

性能で足りない部分は数で補う、か。 どうやら状況に応じて防衛体制を変更させる頭脳はあるらしい。

Kokonoe
テイガー

気は進まんが、再び撃破するしかなさそうだな。

Tager
シエル

また自爆させればいいのですね。

Ciel
ココノエ

ああ、念入りに破壊しろ。 もう二度と無駄口を利けないようにな。

Kokonoe
シエル

了解しました。

Ciel
テイガー

胃が痛くなってくる気分だな……。

Tager

2. 出口と門番③ / Exit and Gatekeeper - 3

Summary
無尽蔵に現れて行く手を阻む量産型テイガー達。

先に進めばいいとだけ言うココノエの言葉をラー ベが解説する。

The mass-produced Tagers appear endlessly to block them. Kokonoe says it's fine to just move on, and Raabe deciphers her reasoning.
量産型テイガーA

オイ、ココノエ!

Mass-produced Tager A

Hey, Kokonoe!

量産型テイガーB

ココノエ!

Mass-produced Tager B

Kokonoe!

シエル

量産型テイガーさん、さらに出現しました。

Ciel

There's more Mass-produced Tagers appearing.

1: キリがないね'
2: 終わりが見えない……

1: There's no end to this.
2: I can't see this ending any time soon....

量産型テイガーA

オイ、ココノエ!

Mass-produced Tager A

Hey, Kokonoe!

ココノエ

やれやれ……流石テイガーだ。

Kokonoe

Really, now...that's Tager for you.

テイガー

それは評価してもらっていると捉えていいのか?

Tager

I can take that as a compliment, right?

ラーベ

無駄口を叩いていると、 あっという間に包囲されそうな勢いだぞ。

Raabe

If you've got time to talk, you've got time to fight. It feels like we'll be surrounded any time now.

シエル

やあっ!

Ciel

Yaaah!

量産型テイガー

オイ、ココノエ!

Mass-produced Tager

Hey, Kokonoe!

シエル

私はココノエさんではありません。

Ciel

I am not Ms. Kokonoe.

テイガー

これが、ココノエの願望を反映した結果だと思うと、 いささかめまいを覚える。

Tager

I vaguely recall thinking this is the result of Kokonoe's desires.

ココノエ

それはいかんな。 あとで頭を開けて回路をいじくっておいてやろう。

Kokonoe

Can't have that. Let me open your head later to tweak some circuits.

テイガー

……任務遂行の優先を進言する。 今は目の前の障害を排除することを、考えるべきだと思うぞ。

Tager

......Moving to prioritize completion of the current mission. I think it's better to think about removing the obstacles before us.

量産型テイガー

オイ、ココノエ!

Mass-produced Tager

Hey, Kokonoe!

ラーベ

オイ、ココノエ!

Raabe

Hey, Kokonoe!

ラーベ

このままでは先に進めないうえに、消耗させられる一方だ。 お前が観測者なのだろう? なんとかしろ?

Raabe

At this rate, not only will we not be able to proceed further, we'll be completely wiped out. You're the Observer, right? Do something?

ココノエ

観測者は万能ではない。 そのくらい、貴様のほうがわかっているだろうが。

Kokonoe

Observers aren't omnipotent. You of all people should know that.

ラーベ

知ってる、言ってみただけだ。 オイ、ココノエ! そっちに1体行ったぞ。

Raabe

I know, I just wanted to try saying it. Hey, Kokonoe! One went your way just now.

ココノエ

クソがっ!

Kokonoe

This shithead!

ココノエ

……とはいえ、確かにこのままでは分が悪い。

Kokonoe

...Still, it's true things are headed in a bad direction.

ココノエ

量産型テイガー(仮称)のデータも十分収集できたことだし、 そろそろこのエリアを突破させてもらうとするか。

Kokonoe

We've got about enough data on the Mass-produced Tagers (name not final) now, so we can head to the next area soon.

シエル

なにか手立てがあるのですか?

Ciel

Do you have a way to do that?

ココノエ

ふん。当然だ。

Kokonoe

Hah, of course I do.

テイガー

ココノエ、もったいぶらずに指示をくれ! まだまだ集まってくるぞ!

Tager

Kokonoe, stop mincing your words and give me some orders! They're still coming!

ココノエ

そうだろうな。 気にするな。さっさと先へ進めばいい。

Kokonoe

Yeah, I bet. Just ignore them. Let's move on.

シエル

そ、そうなのですか?

Ciel

O-oh, can we?

ラーベ

連中の外装といい、出力といい、おそらく量産に特化した モデルだろう。このままだと本当に、無尽蔵に出てくる。

Raabe

Judging from their appearance and energy output, they're probably a model specifically tuned to be mass-produced. At this rate, they probably are infinte in number.

ラーベ

だが奴等は独立した判断や思考を持っていない。

Raabe

But they don't possess decision-making or intelligence.

ラーベ

そしてそれを一括制御しているシステムは、 この辺り一帯しか防衛範囲に含んでないようだ。

Raabe

And the defense system that manages them all probably isn't set up beyond this area.

ラーベ

……そういうことでいいかな、猫耳?

Raabe

...Right, cat ears?

ココノエ

ああ……そうだな。 やれやれ。いちいち説明が必要とは、面倒だな。

Kokonoe

Yeah...That's right. Geez. It's such a pain to have to explain everything all the time.

シエル

つまり、あの量産型テイガー(仮称)さんたちが出現するのは、 一定の範囲内ということですか?

Ciel

So, you're saying those Mass-produced Tagers (Name Not Final) will only appear in a certain region?

ラーベ

そういうことだ。そもそもあれは『防衛機構』にすぎない。 あくまで範囲内の侵攻を阻害する為のようなモノだな。

Raabe
ラーベ

見ての通り、この(仮称)とやらは、 私たちを来た方向へ押し返そうとしているだろ?

Raabe
ラーベ

だったら、いちいち相手にはせず、 想定されている範囲を抜けてしまえばいい。

Raabe
ラーベ

少々強引なやり口だけど、やってみる価値はあるんじゃないか。

Raabe
テイガー

なるほどな。確かに乱暴な理屈だとは思うが、 このままジリ貧になるよりはいい。

Tager
シエル

それだけのことを、この短時間に分析されていたなんて。 ココノエさんも、ラーベさんもすごいです。

Ciel
ラーベ

そうだろう、そうだろう。 というわけだから、ほら走った走った!

Raabe

1: 一気に駆け抜けよう!
2: 近くで爆発しませんように……

1:
2:

シエル

私の近くにいてください。 テイガーさんからも、爆発からも、守ってみせます。

Ciel

Please stay close to me. I'll protect you even if the Mr. Tagers explode.

テイガー

すまんがせめて『量産型』をつけてくれ。

Tager

Sorry, but could you at least add "Mass-produced" to it?

ココノエ

テイガー、正面のテイガーたちを撃破しろ!

Kokonoe

Tager, attack the Tagers in front!

テイガー

だから『量産型』と、それと(仮称)は何処に行った? ……まあいいか。お前たち、胸が痛むが、どいてもらうぞ。

Tager

I said, at least add "Mass-produced"...and where did the (Name Not Final) go? ...Well, alright. It hurts my heart to do this, but please, clear the way, you guys.

量産型テイガー

オイ、ココノエ!

Mass-produced Tager

Hey, Kokonoe!

2. 出口と門番④ / Exit and Gatekeeper - 4

Summary
『出口』に到着するシエル達。『出口』と思われる扉の前には色違いのテイガーが門番のように立っていた。 Ciel and the others reach the "exit." A differently-colored Tager stands in front of the exit as a gatekeeper.
門番のテイガーを倒すと、『出口』の扉が開いた。扉の向こうに続く階段をシエル達は下っていく。 Defeating the Tager acting as a gatekeeper, the door to the exit opens. Beyond the door is a long flight of stairs, which Ciel and the others descend.
シエル

突破完了。量産型テイガー(仮称)さんは、追いかけてこないようです。

Ciel
ラーベ

連中の行動範囲から抜け出せたようだな。この辺りは、あいつらの防衛担当エリアではないらしい。

Raabe
シエル

担当範囲が限られていてよかったです。あのテイガーさんを全部倒すのは、かなりの時間を要したと思います。

Ciel
ココノエ

大小様々なテイガーが入り乱れる光景は中々面白かったが、しばらくはいいな。

Kokonoe
ココノエ

それにやはり、テイガーは私自らが手掛けたオリジナルが一番だ。

Kokonoe
テイガー

……そうか。

Tager

1: 信頼してるんですね
2: 僕も頼りにしてます

1:
2:

ココノエ

もちろんだ。テイガーを制作した私の腕を、私はなによりも信頼している。

Kokonoe
テイガー

面と向かって言われると、気恥ずかしいが……。なるべく信頼には応えよう。

Tager

1: 信頼してるんですね
2: 私も頼りにしてます

ココノエ

もちろんだ。テイガーを制作した私の腕を、私はなによりも信頼している。

Kokonoe
テイガー

面と向かって言われると、気恥ずかしいが……。なるべく信頼には応えよう。

Tager
シエル

テイガーさんは……ロボット、なのですか?

Ciel
テイガー

うん? 私か?

Tager
シエル

はい。ココノエさんが作った、とおっしゃっていました。ですが反応は、どちらかというと生命体に近いですね。

Ciel
ラーベ

サイボーグというやつだな。元になった人間をベースに、ココノエが手を加えたと。

Raabe
テイガー

ああ、そうだ。死にかけていたところを、救われてな。

Tager
テイガー

生憎こうなる以前の記憶はないのだが、おかげでこうして生き長らえている。

Tager
シエル

そういうのを、命の恩人と言うのですよね。

Ciel
テイガー

ココノエが命の恩人か。確かに、間違いはないな。そう言って差し支えあるまい。

Tager
ココノエ

ちょうどいい実験体だったのでな。活用させてもらったまでだ。

Kokonoe
ラーベ

とかなんとか言って、ツンデレ属性狙いか?

Raabe
ココノエ

面白い口を利くなポンコツ。貴様には自爆装置を搭載してやろうか。

Kokonoe
ラーベ

ふふん、この私の構造をそう簡単に理解できるとでも?甘く見られたものだな。

Raabe
ココノエ

試してみる価値は十分にありそうだ。どれ、一度バラバラにして、私好みに組み立て直してみるとしよう。

Kokonoe
ラーベ

やれるものなら、やってみろ。

Raabe
ココノエ

ほう、強気だな。だがいいのか?このフィールドにおいては、観測者は私だぞ。

Kokonoe
ラーベ

おいちょっと待て、それはさすがに卑怯だろ。

Raabe
ラーベ

ええい、レイ!こいつから観測者の権限を奪ってしまえ!

Raabe

1: 出来るんですか!?
2: 無茶をおっしゃる……

1:
2:

ラーベ

……無論冗談だ。……ほんとに止めてくれよ。多分、洒落にならないことが起きそうな気がする……。

Raabe
ココノエ

……ふむ、私も早く観測者から開放されたいが……それには同意しよう。止めてくれ。

Kokonoe
シエル

あの……私の任務上、このようなことを言うのも不謹慎なのですが、

Ciel
シエル

なぜ、ココノエさんは観測者をやめようとしているのですか?

Ciel
ココノエ

なにか不自然か?

Kokonoe
シエル

世界が自分の思い通りになるとわかっていて、それを手放すメリットがわかりません。

Ciel
ラーベ

ふむ、確かにそれは私も興味があるな。

Raabe
ラーベ

ファントムフィールドは、観測者となった者の『意識』、言葉を変えれば『願い』を現実にしてくれる。

Raabe
ラーベ

だというのにそれを捨てるというのは、本来なら、とても勇気のいることだと思うけどね。

Raabe
ココノエ

くだらん。そんなもの、私にとってこの『場』が有益でないからに他ならない。

Kokonoe
ココノエ

確かに世界を操作できる経験は、興味深いものがあった。だが、自分の思い通りになる世界など、歪んでいる。

Kokonoe
ココノエ

そうは思わんか?

Kokonoe
ラーベ

そう思っても、そんなに簡単に感情を切り捨てられないのが人間なんじゃないか?

Raabe

Even if you think so, aren't people human exactly because they can't cut off their feelings so easily?

ココノエ

感情……か。ふん……。

Kokonoe

Feelings…? Hmph….

ココノエ

私は自分の感情を完全に遮断する (シャットアウト) ことができる。ただ、それだけのことだ。

Kokonoe

I can completely cut myself off from (shut out) my feelings. It's as simple as that.

1: 感情を遮断する (シャットアウト) ……
2: どうしてそんなことを?

1: Cut off (Shut out) your feelings....
2: Why would you do that?

ココノエ

そうする必要があったからだ。……だが今は、それは関係ない。

Kokonoe

Because I had to. ...But that's got nothing to do with right now.

テイガー

…………。

Tager

....

ココノエ

とはいえ、自分の思い通りになる世界というのは確かに魅力的だ。だから一通り、色々と試させてはもらった。

Kokonoe

In any case, a world that goes as I wish did sound alluring. So I did, more or less, test out everything I wanted.

ココノエ

だがそれも気が済んだ。となればもう、必要ない。それに……。

Kokonoe

But I'm done with that now. There's no need for it anymore. And....

シエル

それに?

Ciel

And?

ココノエ

私の意思を自由にしていいのは、私だけだ。

Kokonoe

The only one fine with me doing as I want, is myself.

シエル

どういう意味でしょうか?

Ciel

What does that mean?

ココノエ

そのままの意味だ。それより……そろそろ『出口』だぞ。

Kokonoe

Just as I said. Anyway...we're almost at the "exit" now.

ラーベ

ほう……『出口』だと?……あれがか?

Raabe

Huh, and by exit...you mean that?

テイガー?

……………………。

Tager?

....

1: テイガーさんが……
2: もうひとり!?

1: It's Tager...
2: Another one!?

テイガー?

……目標を補足した。警告すル。ここから先には進めない。早急に引き返したほうがいイ。

Tager?
シエル

あれは、一体……?先ほどの量産型さんとは様子が違います。

Ciel
テイガー

ああ。量産型と同じだとは思わないほうがいい。出力はまるで違うぞ。

Tager
ココノエ

あれは『門番』だ。とりあえず私はそう呼んでいる。

Kokonoe
ラーベ

『出口』を守る『門番』か。あいつの後方に、仰々しい扉が見えるな。あれが出口だろうな。

Raabe
テイガー

その通りだ。だが……困ったことに、あれを倒せない。

Tager
テイガー

何度か挑んだんだが、どれだけ攻撃を加えても倒れないのだ。

Tager
ココノエ

貴様らには、こう言ったほうがより正確に伝わるだろうな。あれを倒したという事象を『観測』できない。

Kokonoe

If I said it this way, maybe it'd be easier for you bastards to understand. A Phenomenon where it's defeated can't be Observed.

ラーベ

なるほどね。だから、このエリアから出られないと。

Raabe

I see. So we won't be able to leave this area.

テイガー

そういうことだ。

Tager

That's how it is.

ココノエ

だが、私が観測出来ないということは、ここは《掟》 (ルール) 外だ。

Kokonoe
ココノエ

ならば……こういうのは、得意だろう? レイ……いや、《最果てを観る者》 (エンドゲイザー)

Kokonoe

Then...this is your time to shine, right, Rei? ...Or rather, End Gazer's.

ココノエ

ここを抜けるには、私以外の『観測』が必要だ。

Kokonoe
ココノエ

さあ……この世界を構築する『私の意思』が知らない力で、門番をねじ伏せてこい。

Kokonoe

1: ねじ伏せます!
2: シエル、やっちゃおう!

1:
2:

シエル

了解。対象、門番テイガーさんを認識。これより戦闘行動に移行します。

Ciel
テイガー?

立ち去るつもりはないか……では仕方がなイ。こちらも全力で相手になってやル!

Tager?
テイガー?

グッ……! 機能低下……修復不能……。

Tager?
テイガー

どうだ、今度こそ……!

Tager
テイガー?

カウントダウン……3……2……1……オイ、ココノエーーーーーーーーー!!

Tager?
ラーベ

終わったか。見事な散り様だ、テイガー……。

Raabe
テイガー

すまないが、どうにかして別呼称で呼んでもらえないだろうか。

Tager
シエル

対象の消滅を確認しました。……復活してくる様子もありません。

Ciel
ココノエ

だな。これまでは自爆したこともなかった。やはり、貴様らで正解だったな。

Kokonoe
ラーベ

観測者自ら窯の破壊を望み、その手段として別の観測者を使うとは……まったく、どこまでも異例だらけの任務だな。

Raabe
ココノエ

こちらとしては、待った甲斐があったというものだ。上々の滑り出しだぞ、今回は。

Kokonoe
ラーベ

今回……世界のループも把握しているのか。しかも記憶を保持しているなんて。化け物か?

Raabe
ココノエ

生憎だが、期待されているほどではない。状況を把握し、そこから逆算しただけだ。

Kokonoe
ココノエ

貴様たちのことも、予想でしかなかった。だが性能は期待以上だ。素晴らしいぞ。

Kokonoe
ココノエ

これなら、イケるかもしれない。

Kokonoe
テイガー

ココノエ。ひとまずこっちを確認してもらいたい。例の出口が開くようだぞ。

Tager
シエル

はい。問題なく開きます。先ほど爆発したテイガーさんの、後方にあった大きな扉です。

Ciel
シエル

先には下り階段があるようです。先へ進みますか?

Ciel
ココノエ

無論だ。

Kokonoe

1: どこに続いてるんだろう
2: かなり長い階段みたい

1:
2:

ラーベ

ほほー……確かに。そのうえ薄暗くて先がよく見えない。ライトをつけてやるから、足元には気を付けるんだぞ。

Raabe
ラーベ

しかし、まさか階段とはな……。

Raabe
ラーベ

このまま地道に階段で窯のある地下まで降りるつもりなのか? 正気か、このフィールドは?

Raabe

Don't tell me it's going to be stairs all the way down to the Cauldron? Is this Field insane!?

ココノエ

いたって正気だ。というか、浮いてるやつがつべこべ言うんじゃない。

Kokonoe

It's proof that it's not. And you're the one floating, don't complain.

シエル

……検索……検索。階段前方には、特に反応はありません。

Ciel
テイガー

では先に行くとしよう。いつまたこの出口が、閉じてしまうともわからないからな。

Tager
ココノエ

言っておくが、ここから先は私もテイガーもどうなっているのかまったく知らん。

Kokonoe
ココノエ

なにが出てくるかもわからん領域だ。勝手に死なないように、十分注意しろ。

Kokonoe
シエル

はい。わかりました。

Ciel
ココノエ

シエルが先導しろ。テイガーは最後尾だ。

Kokonoe
テイガー・シエル

了解。

Tager & Ciel
ラーベ

シエルの上司は私なんだがなー。

Raabe

第3節 森の中の出会い① / 3. A Meeting in the Forest - 1

Summary
階段を下りきった先に広がる階層は木々が生い茂る薄暗い森。防衛機構について考えを巡らしている時、生い茂る木々から動き出す。 Waiting for them at the bottom of the stairs is a sprawling forest, flush with greenery. Just as they start thinking about possible defense mechanisms, the trees start moving.
シエル

これは……。

Ciel

1: 森だ!
2: さっきまで建物の中だったのに!

シエル

映像や作り物ではなく、本物の樹木です。私たちは階層都市の外に出たのでしょうか……?

Ciel
ココノエ

いや。まだ都市の中だ。

Kokonoe
シエル

そうなんですか?

Ciel
テイガー

ああ。『階層都市』とひとつの町のように呼んではいるが、実際はいくつものエリアを何層にも重ねた構造をしている。

Tager

Yeah. "Hierarchical Cities" are named as if they're one city, but in actuality they're made up of multiple areas stacked into many layers.

テイガー

その中には、市街よりも自然を多く含んだエリアも存在する。

Tager

Of them, there are places where nature is in greater abundance than city streets.

テイガー

環境も術式で整えることができるから、こういった森林が都市の中にあるのもおかしなことではないのだが……。

Tager

Ars Magus can be used to adjust the environment, so it's not strange for a lush forest like this to exist within a City, but….

テイガー

ここは、通称『ジャングル』だな。

Tager

This is pretty much a "jungle," isn't it.

そのまんまですよね!?

ジャングルは始めてだなぁ……(遠い目)

1: So it's just as it seems!
2: It's my first time in a forest this thick... (staring into the distance)

シエル

あの、テイガーさん。わかるのですが、全然わかりません。

Ciel

Excuse me, Mr. Tager. I understand, but I don't understand at all.

テイガー

ふむ……。先ず術式はわかるか? 簡単に言うと、誰にでも使えるようにした魔法の様なモノだ。

Tager

Hm. First, do you know Ars Magus? Basically, it's similar to magic, but anyone can easily use it.

テイガー

本物の魔法に比べれば遥かに劣るモノではあるが、それでも、魔道書と呼ばれる『術具』と、

Tager

It's greatly inferior compared to actual sorcery, but as long as you have the right tools--called grimoires...

テイガー

最低限の魔素に対する適正があれば、誰にでも使用できる。

Tager

...And are compatibile with the bare minimum amount of seithr, anyone can do it.

シエル

術式に魔素……ですか。確かに以前のファントムフィールドでお聞きした記憶があります。

Ciel

Ars Magus and seithr...is it? I feel as if we've heard those terms before in a previous Phantom Field.

ラーベ

そうだな。ちなみに聞いておくけど、お前、ドライブって術式みたいなモノだと思ってないか?

Raabe

That's right. By the way, I just want to ask: do you and Rei think that Drives and Ars Magus are similar?

1: あれ?
2: 違うんですか?

1: Huh?
2: Are they different?

シエル

はい。私もレイさんと同じ意見です。

Ciel

I feel the same as Rei-san.

ラーベ

やっぱりな。違うよ。

Raabe

That's what I thought. They're different.

ココノエ

うむ。術式は『技術』だが、魔術や魔法は『神秘』であり『奇跡』だ。

Kokonoe

Indeed. Ars Magus is an "Art", whereas magic and sorcery are "mysteries," as well as "miracles."

ラーベ

そしてドライブは『魂の力』……。なんて言えば、カッコいいかもしれないが、

Raabe

And Drives are the "power of the Soul." ...Ther'es no way to say this without making it sound cool, but,

ラーベ

能力者の『願望を具現化』した力だ。

Raabe

It's the power to "manifest the desires" of its wielder.

シエル

願望の具現化……ですか。

Ciel

Manifest...desires….?

1: ん?
2: シエル?

1: Hm?
2: Ciel?

シエル

あ、申し訳ありません、ぼんやりして。

Ciel

Oh. I'm very sorry for spacing out.

ラーベ

……まぁ、今すぐに必要となる知識でも無いし。

Raabe

...Well, this isn't really something you need to know right now.

ラーベ

時間があるときに、ちゃんと説明するよ。とりあえず今は目の前の状況に集中しよう。

Raabe

I'll explain it properly to you later, when there's time. Right now, let's just focus on the situation before us.

シエル

はい、了解しました

Ciel
テイガー

いいか? 術式の話を続けるぞ。この都市の様なそれなりの規模でも、人数や技術……、

Tager
テイガー

つまり魔導書なのだが、それを集めれば、気象環境を操作するような大掛かりなことも可能だ。

Tager
シエル

では、その術式を駆使すれば、都市をコロニーとしての環境を作り出すこともできるのですね。

Ciel
ココノエ

そうだ。しかも今、この階層都市には、私が把握出来ていない程の『世界』が詰め込まれている。

Kokonoe
ココノエ

なので敷地の広さ……つまり空間の広がりも、認識通りだとは思わないでくれ。

Kokonoe
ココノエ

フフフッ……この森に限らず、もっと特殊な環境のエリアが、この先現れるかもしれないぞ。

Kokonoe
ラーベ

『フフフッ』って……。何で楽しそうなんだよ、お前……。とにかく、用心しておくんだぞ、レイ、シエル。

Raabe

1: はい。用心します
2: 気を付けようね、シエル

1:
2:

テイガー

賢明だが、あまり肩に力を入れすぎないようにな。

Tager
シエル

了解です。どんな危険なエリアであろうと、レイさんに手出しはさせません。

Ciel
ココノエ

だ、そうだ、レイ。まぁ頑張れ。

Kokonoe
ラーベ

だからぁ〜おまえはぁ〜〜〜〜。

Raabe
???

……これも。予定通りなのですか?

???

...Is this also within expectations?

???

…………あぁ。

???

...Mm.

???

理解りました。でしたら、御心のままに……。

???

I understand. Then, as you wish....

ラーベ

しかし、深い森だな。うっそうとした、とはまさにこういうことを言うんだろうな。

Raabe
シエル

このエリアにも、先ほどの量産型テイガー(仮称)さんたちのような防衛機構が存在しているのでしょうか。

Ciel
テイガー

当然、そう考えるべきだろうな。

Tager
テイガー

わざわざフィールドを森に設定しておいて、なにもしてこないなど、ココノエらしくない。

Tager
ココノエ

同感だ。

Kokonoe
ラーベ

……はぁ。しかしまぁ、これだけ不気味な雰囲気の森だ。お化けでも出るかもしれないな。

Raabe
シエル

お化け……。資料では何度か情報を確認したことがあります。でも、困りました……。

Ciel
シエル

お化けは不可視の存在なこともあるようです。物理的な攻撃は通用するのでしょうか。

Ciel
シエル

お化けを相手にした戦闘訓練は行ってはいません……。

Ciel
ラーベ

……真面目に受け取るな。

Raabe
ココノエ

そんなものは非科学的……とも言い切れんよ。霊魂とは、その字のごとく魂の形だからな。

Kokonoe

If I said that was unscientific...there'd be no end to it. Spirits are just that, the shape of the soul.

ココノエ

魂の具現化であるドライブもある意味、霊魂と呼んで良い存在なのかも…………。

Kokonoe

In that sense, Drives, which manifest the soul, might be a better fit for the name "spirit."

ココノエ

……ふむ。防衛機構……ね。『仕組み』としては……『アリ』か。

Kokonoe
テイガー

? どうした、ココノエ。

Tager
ココノエ

いや。どちらにせよ、私の領域ではないな。

Kokonoe
ココノエ

ココが私の構築した世界である以上、『お化け』と呼ばれる非科学的なモノは存在しないだろう。

Kokonoe
シエル

そうですか……ではどのような防衛機構でしょうか。

Ciel

1: 両手に木を持ったテイガーさんとか
2: 体から木が生えたテイガーさんとか

テイガー

勘弁してくれ。

Tager
ココノエ

全身が木で出来たタイプのテイガーか。……悪くないな。

Kokonoe
ココノエ

光合成の機能を実装できれば、半永久的な駆動が可能になる。だが、火と乾燥に弱くなるのが難点か……。

Kokonoe
テイガー

おい、ココノエ。

Tager
ココノエ

便利だと思うぞ。爆発すれば、よく燃えるし……エコだ。

Kokonoe
ラーベ

鬼か、この猫耳は……。

Raabe
ココノエ

冗談だよ。まぁ、木製のテイガーが出てきても、それはそれで愉快だろうが――

Kokonoe
ココノエ

こんな森の中だ。警戒するような対象は、ひとつしかないだろう。

Kokonoe
ラーベ

木を隠すなら森……という訳か。なるほど、ユーモアがあるな。

Raabe
シエル

ユーモア?

Ciel
ココノエ

あぁ。ちょうどこんな感じだな。

Kokonoe
シエル

あ……! レイさん、下がって!

Ciel
シエル

木が動いています! 敵性反応を感知。ですが……反応そのものは、周囲の木と変わりありません。

Ciel

The tree moved! Registered reading as a foe. But...this reading isn't any different from those of the trees around us.

シエル

偽物の木が混在しているのではなく、本物の木が変質して、攻撃してきています。

Ciel

It's not that fake trees are hiding in the forest, it's that real trees are transforming and attacking us.

テイガー

実際に動き出すまで、どれが敵でどれがそうでないのか見分けがつかないということか。

Tager
テイガー

さすがと言うべきか、厄介だな。

Tager
ラーベ

そして気がつけば、こうしてすっかり囲まれてるって寸法だ。見事な隠密性能じゃないか。

Raabe
ココノエ

その分、戦闘能力はどうだ?今後のためにも少々データを収集しておくとしよう。

Kokonoe
テイガー

……いつも通りだな。とにかく、障害を排除する。

Tager
シエル

はい。戦闘態勢に移行。対象を排除します。

Ciel

第3節 森の中の出会い② / A Meeting in the Forest - 2

Summary
戦闘データを録ったラーベが周囲を調べるも、敵の反応を見つけることができない。 Even after Raabe registers the enemies' readings, she's unable to pick up anything after scanning their surroundings.
シエル

戦闘終了。対象の排除が完了しました。

Ciel
シエル

ですが……周囲にはまだ、いくらでも樹木があります。レイさん、警戒を怠らずにいてください。

Ciel
ラーベ

ふーむ、データを元にもう一度周囲を探ってみたけど、反応は引っかからないな。

Raabe
ラーベ

こいつは、本当に動き出すまで、どれが敵だかわからない仕様らしい。

Raabe
ココノエ

当然だ。構成物質は他の木となにも変わりがないからな。ただ、自立して動くというだけだ。

Kokonoe
ココノエ

無論、あらゆる計器で測定不可能だ。私の世界の防衛機構ならば、当然それくらいの性能は備えている。

Kokonoe
テイガー

……楽しそうだな、ココノエ。

Tager
ちょっと誰かに似てるような……

この感じ、身に覚えがあります

ラーベ

ロクでもない知り合いがいるんだな。友人は選んだ方がいいぞ。

Raabe
ラーベ

ほう、そうなのか。そいつは大変だな。

Raabe
テイガー

レイ……。

Tager
テイガー

まさかこんなところで、苦労を分かち合える者と遭遇するとは、思っていなかったぞ。

Tager
シエル

ですが、センサーの類で識別することもできないとなると、完全に目視でしか識別できないのですね。

Ciel
シエル

なにか、攻撃してくる樹木と、そうでない樹木との見分け方はないものでしょうか。

Ciel
ラーベ

ないだろう。相手はココノエだし。

Raabe
テイガー

同感だ。

Tager

1: 木を全部薙ぎ倒していくとか……
2: 一本一本確かめていくとか……

1:
2:

ココノエ

やるなら好きにしろ。私は付き合わんぞ。

Kokonoe
ラーベ

いくらなんでも非効率的すぎる。

Raabe
シエル

レイさんの指示ならば頑張りますが……。

Ciel
テイガー

向かって来る敵をその都度倒していくしか当面、解決策はなさそうだ。

Tager

1: ……冗談です
2: ……みんな意地悪だ

1:
2:

テイガー

……などと、おしゃべりしている暇もくれるつもりはないらしいな。

Tager
ラーベ

さあ、次が来たぞ。突破して、森の奥へ進むとしよう。

Raabe
シエル

了解しました。対象を補足。敵性反応を感知。いきます!

Ciel

第3節 森の中の出会い③ / A Meeting in the Forest - 3

Summary
階層を進むうち、敵に囲まれながらも孤軍奮闘するマコトを発見する。『回収』するため戦闘を開始する。 Continuing through the layer, they meet Makoto Nanaya, who's been surrounded by a group and is fighting them off alone. To "retrieve" her, they prepare for battle.
観測者であるココノエが状況を把握できないのは、外部から干渉されていることになる。回収したマコトと状況報告をしながら階層を進んでいく。 The reason why Kokonoe, the Observer, doesn't have a grasp of the whole situation, is because someone from the outside is Intervening. They continue through the layer while exchanging information with Makoto Nanaya, who they recovered.
シエル

対象を排除しました。

Ciel
ラーベ

やれやれ、本当に次から次へとだな。これで何体倒したのか、もうわからんぞ。

Raabe
シエル

36体になります。

Ciel
ラーベ

ああ、そう……。几帳面だねぇ、お前は。

Raabe
テイガー

まだまだ、数は増えるだろうな。

Tager
ラーベ

行けども行けども木ばっかり。出てくる敵も木ばっかりだ。ココノエ、この森、どれだけ広いんだ?

Raabe
ココノエ

さあな。だが安心しろ、私は密林と言うものを『知識』でしか知らん。……テイガー、どうだ?

Kokonoe
テイガー

ああ。確認した。近くに反応がある。

Tager
シエル

反応? なにか探しているのですか?

Ciel
ココノエ

いずれ分かる。それよりも、さっさと先に進むぞ。

Kokonoe
シエル

はい、了解しました。

Ciel
ラーベ

おい、シエル。お前の上司は私だぞ。

Raabe
シエル

はい、そう認識しています。

Ciel
ラーベ

うん……わかっているならいいんだけど。ちょっとここんところ、指揮系統がこんがらがってるからな。

Raabe
シエル

最優先事項には変更無しと認識しているのですが……。ラーベさん、レイさん。なにか聞こえます。

Ciel
ラーベ

お前なぁ……まぁいいか。それでどうした?

Raabe
シエル

女性の声のようです。あちらのほうから……。

Ciel

1: ???
2: 誰かーーー! 誰かいないの!?お願い助けてーーー!!

1:
2:

シエル

この声です。救助を求めているようですが、どうしますか?

Ciel

1: 助けなきゃ!
2: 行こう、シエル!

1:
2:

シエル

はい。救助に向かいます。

Ciel
ココノエ

テイガー。ついていけ。

Kokonoe
テイガー

了解だ。

Tager
???

せい! おりゃぁぁっ!こんのぉ、しつこい!

???

Hup! Ha! Damn, get outta my way!

???

ぜぇ、はぁ……ああもう、なんなのこいつら!倒しても倒しても、次から次へと……そもそも倒せてんの!?

???

...Geez, what's with this!? They just keep coming.... Do they even stay down!?

???

このっ、このっ、このぉぉっ!

???
???

ああもうわかったよ! そっちがその気なら、向かって来るやつ片っ端からぶっとばしてやる!

???
???

おりゃおりゃおりゃおりゃ〜〜〜!

???
シエル

女性がひとりで、樹木型の魔物と交戦中のようですが。……変わった容姿の方ですね。大きな尻尾が確認できます。

Ciel
ラーベ

亜人種だな、珍しい。リス型か。

Raabe

A demi-human? That's rare.... A squirrel one, too.

シエル

亜人種……獣人に代表される、動物などの身体的特徴を備えた人のことですね。

Ciel

Demi-humans….Representing beastkin, they're people displaying animal phenotypes.

シエル

リスとは確か……齧歯目リス科に属する動物の総称と認識しています。

Ciel

A 'squirrel' is...the common name for creatures in order Rodentia, suborder Sciuromorpha.

シエル

ということは、あの人はリスの特徴を備えているのでしょうか。とても身軽ですし、とても強いです。

Ciel

Which means this person possesses traits of squirrels. I can see that she's both nimble and strong.

テイガー

マコト=ナナヤだ。近距離での戦闘を得意としている。

Tager

That's Makoto Nanaya. She specializes in close combat.

シエル

知り合いの方なのですか?

Ciel

Is she an acquaintance of yours?

ココノエ

そんなところだ。テイガー、マコト=ナナヤを回収しろ。

Kokonoe

Something like that. Tager, retreive Makoto.

テイガー

わかった。だがかなりの混戦だ。近付くと我々まで、敵対生物だと勘違いされそうな勢いだが……。

Tager

Alright. But she looks like she's in pretty deep. If we get too close, she might mistakenly attack us....

ココノエ

だから『回収』しろ。

Kokonoe

Just go retreive her.

テイガー

了解した。

Tager

Yes, ma'am.

1: 回収っていうか……
2: それは捕獲というのでは?

1: By "retreive," you mean...
2: Kidnap her?

テイガー

もちろん、なるべく穏便にすませるつもりだ。向こうが応じてくれればの話だが。

Tager

Well, I want to do this as peacefully as possible. It depends on whether she's willing to listen.

ラーベ

状況も混乱しているが……多分、認識も混乱していそうだな。

Raabe
ラーベ

多少荒っぽい対処だが、その方が手っ取り早く話が進みそうだし、レイ、シエルと手伝ってやれ。

Raabe

1: 了解です!
2: 怪我はさせないように!

1:
2:

シエル

わかりました。戦闘態勢に移行します。

Ciel
テイガー

では、突っ込むぞ。

Tager
マコト

いったぁ〜〜〜! やったな!

Makoto
テイガー

待て、落ち着け、マコト=ナナヤ。

Tager

Wait, calm down, Makoto.

マコト

待てと言われて待つ人はいませんよー! ……って、あれ?テイガーさん?

Makoto

Who'd wait if you just ask!? ...Huh? Tager?

テイガー

そうだ。まったく、ようやく気がついたか。

Tager
マコト

あ、あははは、すみません〜。魔物の新手かと思っちゃった。

Makoto
ラーベ

……はぁ、レイ。彼女はどう見える?

Raabe

...(sigh). Rei. What does she look like to you?

1: どうって言われても?
2: すごくモフモフしてますね

1: What do you mean?
2: Extremely fluffy.

ラーベ

……そうか。ならいい。

Raabe

...Really? It's fine then.

シエル

落ち着かれたようでよかったです。お怪我はありませんか?

Ciel
マコト

うん、大丈夫! 心配してくれてありがとう。……てか、この子たち誰? はじめまして……だよね?

Makoto
ラーベ

一応そうなるな。私はラーベ。そっちがシエルで、こっちがレイだ。

Raabe
ラーベ

見てわかるように、頼もしい善意の味方だ。

Raabe
マコト

わあ、なにこの丸っこいの!これ、ココノエさんの発明品?

Makoto
シエル

いいえ、違います。ラーベさんはカ……御剣機関で開発された自立思考型支援ユニットです。

Ciel
ラーベ

間違って無いよ! 間違って無いけど!!

Raabe
マコト

御剣機関? 自立思考型?? よくわからないけど、ココノエ博士以外の人が、こんなの作っちゃうなんてすごいね!

Makoto
マコト

あ、そうだ、遅れたけどよろしく。あたし、マコト=ナナヤ。

Makoto

1: はじめまして
2: レイです

1: It's nice to meet you.
2: I'm Rei.

ココノエ

ふむ。ラーベやレイともかく、シエルは《未確定因子》 (ストレンジャー) ではないようだな。

Kokonoe

Hm. Raabe and Rei aside, Ciel doesn't seem to be a Stranger.

マコト

《未確定因子》 (ストレンジャー) ? なんです、それ。ココノエ博士?

Makoto

Stranger? Professor, what's that?

ココノエ

気にするな。大したことじゃない。

Kokonoe

Don't worry about it. It's not important.

ラーベ

やっぱり……。ココノエ、お前、シエルを疑っていたな?

Raabe

Yeah, that's what I thought.... Kokonoe, you were suspicious of Ciel.

ココノエ

当然だろ。

Kokonoe

Of course I was.

シエル

え? 私は疑われていたのですか? 理由がわかりません。

Ciel

Huh? I was under doubt? I don't understand why.

ラーベ

気にするな。だが、予想通りと言うか……。

Raabe

Don't worry about it. I thought as much, but...

ラーベ

ココノエのファントムフィールドは外部からの干渉を受けている……いや、いたのだろう。お前はその容疑者というわけだ。

Raabe

Kokonoe's Phantom Field might be affected from the outside by Intervention...well, it's probably already been affected. And you were the prime suspect, is all.

シエル

私が外部から干渉、ですか?

Ciel

Me, Intervene from the outside?

ラーベ

そうだ。

Raabe

That's right.

ラーベ

そう考えれば私たちが浸入 (ダイブ) したとき、網に引っかかった理由もわかる。

Raabe

If you think about it that way, when we first Dove in, the net had already been drawn.

ラーベ

なにか違和感でもあったんだろう。誰か……自分以外の『誰か』が、この世界の在り方に関わっているって。

Raabe

A nagging sense of doubt that wouldn't go away...that "someone," an Observer other than herself, was involved in the ways of this world.

ラーベ

もしかして、自身が観測者であると自覚したのも、それが理由じゃないのか?

Raabe

In fact, wouldn't that be how you became aware you were the Observer of this world in the first place?

ラーベ

だからココノエ。お前はこの階層都市に世界を無理やり詰め込んだ。

Raabe

So, Kokonoe. You stuffed way too much into this world's Hierarchical City.

ラーベ

《世界構造》 (ワールドコンソール) 』にまで干渉出来る程の観測者であるココノエが、状況を把握出来ないんだ。

Raabe

So much that even you, an Observer capable of Interfering with the World Console, can't grasp the entire situation at hand.

ラーベ

外部から干渉してきた相手にも把握できるはずが無い……。

Raabe

So there's no way someone who's Intervening from the outside would have a clear understanding either….

ラーベ

……だろう?

Raabe

...Right?

ココノエ

詳しく説明する必要はない。……ただ確信はしている、とだけは言っておこう。

Kokonoe

No need to explain it in detail. ...Let's just say I've been convinced.

マコト

あの〜、さっきからカンソクシャとかガイブとか、なんの話? ファントムフィールドってなに?

Makoto

Sooo... you mentioned "observers" and the "outside" earlier, but what do you mean? And what's a "phantom field"?

シエル

ココノエさんと、この世界のお話です。このファントムフィールドを解放するために、窯を……。

Ciel

They related to Kokonoe and this world. In order to release this Phantom Field, we're looking for the Cauldron and...

ラーベ

おっと、待て待て、シエル。……おい、ココノエ。こいつ、知らないのか?

Raabe

Ok, hold up, Ciel. ...Hey, Kokonoe. She doesn't know?

ココノエ

当たり前だろう。把握しているのは私だけだ。

Kokonoe

Of course not. I'm the only one who's got a good grasp on it.

シエル

え? でも、テイガーさんはご存知のようですが……?

Ciel

Huh? But, Mr. Tager acts like he knows, too...?

テイガー

ココノエから概要だけは聞いているが、それだけだ。理解しているわけではない。

Tager

I've heard the basics from Kokonoe, but nothing more. There's no way I could understand all of it.

テイガー

ただ、私にとってはそれで十分だ。ココノエがやろうとしていることに、私が異を唱える理由はないからな。

Tager

But that's more than enough for me. There's no reason for me to cast doubt on anything Kokonoe wants to do.

マコト

ちょっとちょっと〜! あたしだけ話に加われてないじゃんさ!なんの話ってば〜!

Makoto

Hold up! Doesn't that mean I'm the only one who doesn't know!? Say, let me in on it!

ココノエ

ややこしい話だ。今のお前に必要な情報ではない。それより……状況の報告をしろ。

Kokonoe

It's complicated, and you don't need to know right now. So instead, give me your report.

マコト

あ、はい!……って言われても、あたしもなにがなんだか。

Makoto

Oh. Yes, ma'am! ...But really, I have no idea what's going on.

ラーベ

長い話になりそうなら、進みながらにしないか?

Raabe

Seems like this will take a while. Let's walk while you report.

ラーベ

この森の場合、一度敵を倒したからといって安全が確保されるわけじゃない。

Raabe

But I don't think this'll be a peaceful walk. We might have to fight some monsters off while you talk.

シエル

そうですね。むしろ移動し続けていたほうが、敵性存在が他方から集まってくる事態を回避できます。

Ciel

You're right. In fact, if we continue moving, we might prevent being surrounded like before.

マコト

それもそっか。オッケ〜、了解! んじゃ、歩きながら話そ!

Makoto

I guess so. Alright then! Let's get walking!

第4節 似た者同士① / 4. Two of a Kind - 1

Summary
森の中を進むシエル達。向かうべき目的地の場所は分からないが、階層都市である以上『果て』は存在する。『果て』である階層の端へ進む。 They continue through the forest. They don't know where they're headed, but since this is within a Hierarchical City, they will eventually reach the "end." They continue towards the "end," the edge of the layer.
マコト

とはいえ、どう説明したものかなぁ……。あたし自身もなにが起こってるんだかサッパリなんだよね。

Makoto

Hmmm. Where should I begin.... Honestly, I have no idea what happened.

シエル

把握してることだけでも十分です。現状をより知るために、できるだけ情報がほしいので、聞かせてください。

Ciel
マコト

うん……ええっとね。本当に急になんだけど、気がついたらココノエ博士のところにいたんだよね。

Makoto

Yeah...so, let's see. All of a sudden, I found myself at Professor Kokonoe's place.

マコト

その前後のことは、はっきり覚えてないんだ。

Makoto

I don't remember much before that.

マコト

で、なにがあったんだろうって戸惑ってたら、博士からこの階層都市がおかしくなったって聞かされてさ。

Makoto

So, while I was wondering what was going on, Kokonoe told me there was something wrong with the Hierarchical City.

マコト

外部から完全に遮断されて、人もあたしたち以外いなくなった……って。

Makoto

...That the City has been cut off from the outside and most of the residents have disappeared.

マコト

一時的な『場』に閉じ込められたとでも思えばいい。とかって、言ってましたよね、博士。

Makoto

And that I could think of it as being trapped here. Right, Professor?

ココノエ

……ああ。そうだな。

Kokonoe

...Yeah. That's right.

ラーベ

なるほど、そういう風に説明してあるわけか。

Raabe

So that's how you explained it.

マコト

それであたしたち、この状況をなんとかするために、階層都市の調査をすることになったんだけど……。

Makoto

So we were told to perform an examination of the city to determine the situation...

マコト

あちこち調べてるうちにこの森に入り込んじゃってさ〜。そしたら今度は森から出られなくなっちゃって。

Makoto

So I went to a bunch of places and then ended up in this forest. And I couldn't figure out how to leave.

マコト

もうどうしたらいいんだろうって困り果ててたところに、君たちが来てくれたってわけ。

Makoto

Just when I was about to throw my hands up, you guys arrived.

1:無事でよかったよ
2:もっと早く来られればよかったね

1: I'm glad it worked out.
2: It would've been nice if we came sooner.

If Choice 1:
マコト

あ、あはは……むしろこっちが怪我させちゃうところだったよね。ほんと、ごめんね!

Makoto
If Choice 2:
マコト

そんな! 来てくれただけでも嬉しいよ。もうずっとひとりで、心細かったんだ〜。

Makoto
テイガー

こちらとしては、所在不明になってからというもの、連絡もとれなくなっていたから心配したぞ。

Tager

We were worried too when we lost you and couldn't contact you.

マコト

それはこっちも同じだって。通信も機能しないしさ……。

Makoto

I was worried too, since the comms didn't work...

マコト

ココノエさんたちどこ行っちゃったんだろうって、ずっと気がかりだったんですから。

Makoto

I was always wondering if you and Kokonoe had moved.

マコト

それにココノエさんたちだけじゃなくて……他のみんなも。

Makoto

And not just you guys...but the others, too.

ラーベ

ふむ、さっきも『あたしたち』と言っていたが、他にもメンバーはいたんだな?

Raabe

So when you said "us" earlier, you meant...it's not just you?

マコト

あ、うん。あたしの友達がね。

Makoto

Yeah. It's me and my friends.

マコト

だけど森に迷い込んじゃう少し前、はぐれちゃって。今どこにいるのかもわかんないんだ。

Makoto

But we split up before I got lost in the forest, so I don't know where they might be now.

マコト

みんな、無事だといいけど……。

Makoto

I really hope they're all safe....

ココノエ

そうだな。……実際に誰が残っているのかも確認したい。捜索に向かうぞ。

Kokonoe

Yeah. ...I want to check if anyone else is left. We'll search for them.

マコト

誰が残ってるか? それって、どういう意味ですか?

Makoto

What do you mean by "left"?

ココノエ

言葉のあやだ。

Kokonoe

What it sounds like.

シエル

……どういう意味ですか、ラーベさん?

Ciel

...Ms. Raabe, what does she mean?

ラーベ

実際に誰がこのファントムフィールドに残存しているのか、ココノエはまだ正確に把握できてないってことだろうな。

Raabe

It means Kokonoe doesn't know if there's anyone else in this Phantom Field.

ラーベ

おそらく、マコトたちが分断された辺りから、ループが始まっているんだろう。

Raabe

The loop probably starts around where Makoto and her friends split up.

ラーベ

調査しているという前提はあっても、そのメンバーが現在の世界に『採用』されているかは、定かじゃないんだ。

Raabe
シエル

では、誰も残っていない可能性もあるんですね。

Ciel
ラーベ

まあな。それ、マコトに言うんじゃないぞ。ややこしくなりそうだから。

Raabe
シエル

はい、わかりました。

Ciel
マコト

レイたちも、ココノエ博士と一緒に調査してるんでしょ?

Makoto
マコト

びっくりしたでしょ、急にこんなことになって。

Makoto

1: びっくりした
2: そろそろ慣れてきた

1:
2:

マコト

一体なにがあったんだろう……。突然、変な階層都市に閉じ込められるなんてさ。

Makoto
マコト

それにこうなると、なんだかこの階層都市だけが世界になっちゃったような気がしてくるよ。

Makoto
マコト

もしかして、あたしたちよりもっと先にここに閉じ込められてたの? うわぁ、災難だったね……。

Makoto
マコト

でもこうなるとさ、なんだかこの階層都市だけが世界になっちゃったような気がしてこない?

Makoto
ラーベ

思いの外に聡いな。

Raabe
マコト

むむ、ちょっと聞き捨てならないな〜。亜人種が本能だけで動いてるって思わないでよね。

Makoto
マコト

そりゃ、あたしはあんまり難しく考えるのは得意じゃないけど……。

Makoto
マコト

でもココノエさんとか!亜人種だけど、立派な博士なんだから!

Makoto
マコト

……立派……だよね?

Makoto
テイガー

どうして私に聞くんだ。

Tager
ココノエ

そうだぞ、なにを迷うことがある。胸を張って立派だと断言すればいいだろうが。

Kokonoe
ラーベ

ある意味、本能だけで行動してるじゃないか、お前は。それにそこは人望の問題なんじゃないのか〜?

Raabe
ココノエ

まるで自分には人望があるかのような言い様だな。

Kokonoe
ラーベ

ふふーん、まあそれなりにはな。な、シエル?

Raabe
シエル

そのような情報を聞いたことはまだありません。ラーベさんは、人望があるのですか?

Ciel
ラーベ

……うん、ごめん。聞いた私がいけなかった。

Raabe
ココノエ

素直な部下には恵まれているようだな。

Kokonoe
マコト

なに〜。ココノエ博士とラーベ、仲良しなんだ〜。

Makoto
ココノエ

いや別に。

Kokonoe
ラーベ

いや全く。

Raabe
マコト

ほらぁ、仲良しじゃん。

Makoto
テイガー

……盛り上がっているところ悪いが、ココノエ。進むべき方角は、こっちでいいのか?

Tager
ココノエ

うん? ああ、いいんじゃないか?

Kokonoe
テイガー

それならいいのだが……。

Tager
シエル

テイガーさん、どうかしたんですか?

Ciel
テイガー

いや……先程から、地磁気センサーが正常に機能していないようでな。

Tager
テイガー

簡単に言うと、方向感覚を失っている状態だ。

Tager
マコト

う〜ん、確かに、さっきから全然景色が変わってない気がする……。

Makoto
マコト

あたしたち、迷っちゃってない?

Makoto
ラーベ

安心しろ、そんなわけないだろう。

Raabe
マコト

あ、そうなの? な〜んだ、心配して損しちゃったよ〜。

Makoto
ラーベ

そもそも向かうべき方角がわかってもないのに、迷うもなにもない。

Raabe
マコト

そうだよね〜、あはは、あたしてっきり……えぇぇっ!?方角わかってないの!?

Makoto

1: それは迷っているのでは?
2: 確かに出口わからないしな……

ココノエ

なにも方角がわからないとは言ってないだろ。座標は、一定の方向に進んでいる。いちいち騒ぐんじゃない。

Kokonoe
ラーベ

ただ、どうやらこの森全体に、計器の類を狂わせる仕掛けが施されているみたいだな。

Raabe
ラーベ

そのうえ、木が自ら動き回るわけだから、地形の記憶や記録も意味を成さない。

Raabe
ラーベ

計器で方角を計るテイガーはもちろん、感覚で方向を見定めているだろうマコトなんかは、

Raabe
ラーベ

自分がどっちを向いているのかわからなくなるだろうな。

Raabe

We have no idea which way we're going.

シエル

まるで天然の迷路ですね。

Ciel

What a labyrinth.

マコト

迷路みたいに、順路があればむしろ親切だよね……。

Makoto

A labyrinth would be easier since it's got roads...

ラーベ

パンくずでも落としながら進むか?

Raabe

Hhow about dropping some bread crumbs behind us?

マコト

それ、鳥に食べられちゃうやつですよね!?

Makoto

Won't the birds eat it!?

テイガー

既に一度通った道の木に、目印でもつけられればいいのだが……。

Tager

We could mark the trees we pass by, if that's possible....

ラーベ

目印をつけた木が動いたら、意味がなくなるからな。

Raabe

But if they move, it won't help at all.

マコト

う〜〜〜ん……。

Makoto

Argh....

ココノエ

そう悩むこともない。

Kokonoe

No need to think that hard.

ココノエ

我々の目的はこの森を抜けて、出口へ辿り着くことだ。一定の方向にさえ進んでいれば、いずれ森は終わる。

Kokonoe

We want to leave this forest and reach the exit. If we just pick a direction and keep walking, we'll eventually get out.

マコト

問題はそこですよ〜。この森、本当に終わりなんてあるのかなぁ。

Makoto

That's the problem, though.... What if this forest goes on forever?

ココノエ

あるに決まっている。

Kokonoe

Obviously, it won't.

シエル

ココノエさんの知識に存在しない『果てのない森』は、ファントムフィールドにも存在しえないから、ですね。

Ciel

If Kokonoe doesn't know of an infinitely-large forest, then the Phantom Field won't have one either?

ココノエ

それもあるが、そもそもここは『階層都市』だ。この森もひとつの階層にすぎないことを、忘れるな。

Kokonoe

There's that, too, but don't forget, this place is fundamentally a Hierarchical City, and this forest, just one of the many layers of the City.

ラーベ

なるほど。それも、世界を『階層都市』ひとつにした理由か。

Raabe

I see. And that's one of the reasons you made the world a Hierarchical City.

1: どういう理由ですか?
2: 都市の一部ってことは……

1: I don't get it.
2: So if it's a part of the City, then...

テイガー

階層都市は高山地帯にプレート状の足場を作り、その上に住居や施設を建造している。

Tager

Hierarchical Cities make the peak of a high mountain into a plate and use it as its foundation, and build facilities and housing on top.

テイガー

つまり構造上、足場となるプレート以上の広さには、都市が存在できないんだ。

Tager

In other words, from a construction point of view, there aren't any Cities where the upper layers are bigger than the plate that forms its foundation.

テイガー

必然的に、森がどれだけ広くても、その面積はそのプレートの範囲内ということになる。

Tager

Inevitably, no matter how big this forest is, it will always be within the expanse of that plate.

ラーベ

情報の詰め込み過ぎで環境は目茶苦茶だが、それでも階層都市の『基本構造』は保たれているわけだ。

Raabe
マコト

えーと、少なくともこのエリアの端っこまで行っちゃえば、森は終わる……ってことだよね?

Makoto
ココノエ

そうだ。……同じことを何度も言わせるな。

Kokonoe
テイガー

おっと。だがそう簡単には、先へ進ませてはくれないらしいな。

Tager
シエル

樹木が動き出して、前方を阻んでいます。敵対反応を感知、戦闘態勢に移行します。

Ciel
マコト

よし、考えたりするのは頭のいい人たちに任せて、あたしはこっちに専念するよ!

Makoto

Great, I'll leave the thinking to the smart people! I'll take care of this!

マコト

どっからでもかかってこ〜い!

Makoto

Come at me!

第4節 似た者同士② / 4. Two of a Kind - 2

Summary
見通しの悪い、薄暗い森の中で延々と同じ作業を繰り返すことに悲鳴をあげるマコト。シエルの助言により、進む方向を明確にする。 Makoto screams in despair at having to continue walking in circles through the dim forest. With Ciel's help, the way out becomes clear.
マコト

でやあっ!

Makoto

Deyah!

マコト

おりゃぁ〜!!

Makoto

Orya!!

マコト

あ〜〜〜、も〜〜〜……いつまで続くのこの森〜〜〜!!

Makoto

Nooooo.... Whyyyy...... Just how big is this forest!?!

テイガー

マコト=ナナヤ。わめくと余計に体力を消耗するぞ。

Tager
マコト

わかってるけどさぁ! もうさっきからずーーー……っと、同じことの繰り返しなんだもん!

Makoto
マコト

延々と同じような森の中歩き続けて、次々襲ってくる木と戦って……。

Makoto
マコト

もう疲れたよ〜〜〜!

Makoto
ココノエ

なんだ、もうバテたのか?

Kokonoe
マコト

バテてはないけど、気持ちが疲れてきたの〜……。

Makoto
ラーベ

なるほど確かに。このエリアは、侵入者を疲弊させる構造になっているんだな。

Raabe
シエル

侵入者を疲弊させるための構造とは、どういうことですか?私にはただの森のように見えますが。

Ciel

What do you mean by that? It just looks like a regular forest to me.

ココノエ

ただの森だ。

Kokonoe

It is just a forest.

ココノエ

ただの、とりわけ見通しが悪く、明かりも十分に届かない、非常にうっそうとした森だよ。

Kokonoe
ココノエ

これだけ閉塞感のある景色が続けば、感情がある限りは、どうしても意気が消沈していく。

Kokonoe
シエル

心理的な効果があるのですか……。

Ciel
ラーベ

加えて、襲いかかってくる木だ。

Raabe
ラーベ

どいつがどこから襲いかかってくるのかわからない以上、常に周囲に気を配っている必要があるだろ?

Raabe
ラーベ

そうなると当然、気力や集中力を使う。

Raabe
シエル

そうですね……。ではこの森は、ただの森であることを最大限に活かして、侵入者の進行を妨害しているのですね。

Ciel
シエル

備わっている条件を幾重にも活用する。戦略的ですね、とても勉強になります。

Ciel
ラーベ

うーん、お前の教材としてはいかがなものかなー……。

Raabe
ココノエ

私の無意識を称賛してくれて構わんぞ。

Kokonoe
ラーベ

するかっ!

Raabe
テイガー

敵が潜んでいるかどうかすらわからない状況は、確かに堪えるな。

Tager
テイガー

元気だけが取り柄のようなマコト=ナナヤですら音を上げているくらいだ。

Tager
マコト

ちょっと、テイガーさん。元気『だけ』が取り柄ってひどくない?

Makoto
テイガー

おっと、すまん。失言だった。

Tager
ココノエ

事実だろ。

Kokonoe
マコト

え〜、私のいいところ、もっと他にもありますよ〜!ねえ、レイ?

Makoto

1: 元気なところ!
2: 明るいところ!

1:
2:

マコト

ほら! そうそう、元気なところ……って、同じじゃん!

Makoto
マコト

ほら! そうそう、明るいところ……って、あんま変わんなくない?

Makoto
マコト

じゃあはい、しえるん。しえるんはどう思う?

Makoto
シエル

……しえ、るん? 私の名前はシエルですが。

Ciel
マコト

わかってるよ〜。だからこれは、あだ名。シエルちゃんだから、しえるん。

Makoto
シエル

あだ名……ニックネームですね。気軽さや呼びやすさを求めてつける、名前や特徴を使った呼称です。

Ciel
シエル

しえるん……。

Ciel
マコト

だめ? 気に入らなかったら、やめとくけど。

Makoto
シエル

いえ、あの。……ええと……。どう思われますか、レイさん。

Ciel

1: かわいいと思うよ
2: 呼びやすいと思うよ

1:
2:

シエル

そうですか。レイさんには、いい印象の呼称なのですね。

Ciel
シエル

では、構いません。私はしえるんです。

Ciel
マコト

よかった!

Makoto
マコト

じゃ、しえるん。私のいいところどこか見つけて、テイガーさんとココノエさんに教えてあげてくれないかな。

Makoto
シエル

はい。マコトさんのいいところですね。いいところ……人より優れている特徴などですよね。

Ciel
シエル

でしたら、やはり亜人種として備えている、動物的な特徴ではないでしょうか。

Ciel
シエル

素早い身のこなしや、バランス感覚など、とても優れていると思います。

Ciel
マコト

そっちかぁ〜。まあ、そういうのも嬉しくないわけじゃないけどね〜、へへ。

Makoto
シエル

それに、その大きな尻尾も。柔らかそうで、ふかふかしていて。……いいものなのだと思います。

Ciel
マコト

ぷっ、いいものって。あははっ、ありがと。一生懸命考えてくれて、嬉しいよ。

Makoto
マコト

でもそっか。亜人種としての身体能力……よし!ちょっと元気出てきたぞ!

Makoto
テイガー

それはなによりだが……どうした、急に?

Tager
マコト

ふふーん、しえるんがヒントくれたんだ。この森の攻略方法!

Makoto
ラーベ

ほう? 参考までに聞かせてくれ。

Raabe
マコト

ほら、あたしって亜人種でしょ。普通の人よりちょっとだけ、体は身軽だし……鼻も耳もいいわけ。

Makoto
マコト

だからね、どこを歩いていても、自分たちの匂いがするほうが、今まで歩いて来た方角ってこと。

Makoto
マコト

木が動いちゃうから、多少混ざっちゃうけど……木は動いても、土は動かないでしょ。

Makoto
テイガー

なるほど。自分の歩いている方向が感覚的にわかれば、その分精神的なストレスも軽減されるだろうな。

Tager
マコト

少なくとも、同じ場所をぐるぐるずーっと歩き続けるってことには、ならないと思うんだ。

Makoto
マコト

だから元気出していこー!

Makoto
シエル

はい。

Ciel
ココノエ

やれやれ。単純だが、こういうときは単純な頭のほうが状況には適応できるな。

Kokonoe
ラーベ

まったくだ。だがそれで心理的負担を軽くできるのなら、悪くない。

Raabe
ラーベ

それに、いい方位磁石になりそうじゃないか。マコトの嗅覚は。

Raabe
ラーベ

下手な計器や観測よりも、こういうときは野生の感覚のほうがあてになる。

Raabe
ココノエ

違いない。

Kokonoe
マコト

ふたりが言うとな〜んか、褒められてる気がしないんだよなぁ。ま、いいですよ、あたしが方位磁石なりますよ〜。

Makoto
マコト

というわけで、先導するね!自分たちの匂いがまだないほうへ!

Makoto
シエル

よろしくお願いします。

Ciel
シエル

これで森も抜けられそうですね、レイさん。

Ciel

1: そうだね、しえるん
2: 頼りにしてるよ、マコト

1:
2:

シエル

照れ

Ciel
シエル

……はい。その。

Ciel
シエル

レイさんにそう呼ばれるのは、マコトさんに呼ばれるのとはまた少し違った感覚になりますね。不思議です。

Ciel
マコト

まっかせて!あっという間に森を抜けてみせるよ!

Makoto
マコト

ていうかさ、今までなんでそれに気付かなかったんだろう。事態が突然すぎて、パニクってたのかなぁ……。

Makoto
マコト

ん? おっと!

Makoto
シエル

敵です!

Ciel
マコト

ふふーん、そう簡単には、不意打ちされてあげないよ!

Makoto
ラーベ

よしよし、いい空気だ。その勢いで、さっさと蹴散らしてしまえ〜。

Raabe
マコト

うん。行くよ、テイガーさん、しえるん、レイ!

Makoto
シエル

はい。戦闘態勢に移行します!

Ciel

第4節 似た者同士③ / 4. Two of a Kind - 3

Summary
広大な森林地帯にうんざりするマコト。

いま使える転移装置はないと分かり肩を落とす。 そんな中「ラーベとココノエはそっくりだ」と言う。

Makoto grows bored of the sprawling expanse of the forest. It'd be much easier if they had a teleportation device. She mentions that Raabe and Kokonoe are very similar.
マコト

……ふんふんふん……よし、こっち。

Makoto
テイガー

歩みに迷いがなくなっただけでも、随分気が楽だな。

Tager
マコト

とはいえ、森の深さは変わらないから、うんざりはしてくるけどねー。

Makoto
マコト

なんか一気に、びゅーんと突破できる方法ないかな。瞬間移動とかさ!

Makoto
ラーベ

そんな都合のいいもの、あるわけないだろ。

Raabe
シエル

ないのですか?

Ciel
ラーベ

ないよ。

Raabe

1: あれ、でもイシャナで……
2: 転移はできないの?

1:
2:

ラーベ

あのときの転移は特別だ。今とは状況が違う。

Raabe
マコト

なになに? 瞬間移動、本当にできるの?

Makoto
ラーベ

だから、できないと言ってるだろ。でーきーまーせーん。

Raabe
マコト

なぁんだ、残念。

Makoto
マコト

あ、そうだ、ココノエ博士は!?転移できる装置とか、ないんですか?

Makoto

Oh, then, Professor Kokonoe! Do you have a device that can teleport us?

ココノエ

ないな。

Kokonoe

Nope.

マコト

えーっ!

Makoto

What!

テイガー

転移する装置自体は存在するが、さすがにどこへでも行けるような便利なものではない。

Tager

We have the teleportation device itself, but we have no idea wehre we are right now.

テイガー

転移先に装置を用意する必要があったり、装着する制限があったり……とにかく、今我々が使えるものではないな。

Tager

We also need to place a device at our destination, make preparations...anyway, we won't be able to use it right now.

マコト

ちぇ〜。なぁんだ……楽はできないかぁ。

Makoto
ココノエ

わかったら、さっさと進め。進まなければいつまでも森から出られないぞ。

Kokonoe
マコト

はーい。

Makoto
シエル

ラーベさん。質問してもいいですか?

Ciel

Ms. Raabe. Can I ask a question?

ラーベ

さっきの転移の話か?ややこしくなると面倒だから、手短にしなさいよ。

Raabe

About teleportation? It'll be annoying if you make it too complicted, so keep it short.

シエル

はい。なぜ転移ができないのですか?イシャナのときはできました。

Ciel
ラーベ

言っただろ。今とでは状況が違う。イシャナのときは、緊急事態だったから決行しただけだ。

Raabe
ラーベ

……転移するには、転移先の情報が必要だ。

Raabe
ラーベ

ここがどこで、転移先がどこなのか。まったくわからない状況で転移するのはかなりリスクがある。

Raabe

We have no idea where we are right now, and no idea where we're our destination would be. There's a pretty high risk to teleporting with zero knowledge.

ラーベ

前回は、イシャナ島の構造を概ね解析できていたから、多少でたらめに転移しても問題なかった。

Raabe
ラーベ

だが今は空間が複雑に入り組んだ状態だし、都市のどの辺りにいるのか、転移先がどうなっているのか、

Raabe
ラーベ

まったくわからない。

Raabe
ラーベ

そんな状態なのに、下手したら次元の狭間に放り出されるリスクを背負ってまで飛ぶ必要性がないよ。

Raabe

Under such circumstances, you'd need the guts to shoulder the risk of being thrown into the gap between dimensions if things go poorly.

シエル

次元の狭間、ですか?

Ciel

What's the gap between dimensions?

ラーベ

原理を説明すると長くなるから端折るが、感覚的にはそういう感じだ。転移に失敗すると、最悪存在が迷子になる。

Raabe

The explanation's going to be pretty long if I talk about the principles behind it, but here's the gist of it. If the teleportation fails, worst case, your existence could lose its way.

ラーベ

それに……タダで転移できるわけでもない。

Raabe

And...it's not as if you can just teleport.

ラーベ

……いい機会だから、ちょっと話しておくがな。

Raabe

...This is a good opportunity, so let me expand on this a bit more.

ラーベ

お前たち、環境さえ整っていれば半永久的にファントムフィールドで活動できるなんて、

Raabe

Don't think that as long as the environment is set up, you can semipermanently take action in a Phantom Field.

ラーベ

誤解はしてくれるなよ。

Raabe

Do not get this mixed up.

ラーベ

私たちがこのファントムフィールドに存在していられるのは、私たちがどこの誰なのか『観測』されているからだ。

Raabe

The reason why we can exist in this Phantom Field right now is because we're being "Observed" by someone, somewhere.

ラーベ

では、観測しているのは誰だ?

Raabe

Now, who do you think that is?

1: タカマガハラシステムですか?
2: 僕ですか? / 私ですか?

1: The Takamagahara System?
2: Me?

If Choice 1:
ラーベ

そうだ。よく覚えていたな、偉いぞ。

Raabe

That's right. Very good, you remembered.

ラーベ

私たちはタカマガハラシステムによって観測され続けているからこそ、存在し、活動できている。

Raabe

It's because the Takamagahara System continues to Observe us that we can exist and continue to act.

If Choice 2:
ラーベ

違う。確かにお前には力があるが、そこまで使いこなせてるわけじゃないだろ。

Raabe

That's wrong. You do have power, but it's not being used to that level.

ラーベ

……観測の力を、あまり自分自身のものだと思うな。かえって危険だからな。

Raabe

...It's better to not think of the power of Observation as your own. It's dangerous.

ラーベ

私たちを観測しているのは、タカマガハラシステムだ。システムに観測されているから、私たちはここで存在できている。

Raabe

The Takamagahara System is what Observes us. Because it Observes us, we can exist here and now.

ラーベ

だがそれも永久にできるわけじゃない。

Raabe

But that's not eternal.

ラーベ

難しい話は一旦飛ばすけど、外部からの機械的な観測は膨大なエネルギーを消費する。

Raabe

I'll skip the complicated part, but Observing from the outside with a machine takes up a huge amount of energy.

ラーベ

だからいつまでもダラダラやってたら、最終的にエネルギー切れを起こしてしまうわけだ。

Raabe

So if we spend too much time loitering around, that energy will eventually run out.

シエル

エネルギーが切れると、どうなるのですか?

Ciel

What happens when the energy runs out?

ラーベ

もちろん、システムが落ちて観測ができなくなる。

Raabe

Well, the System shuts down and can't Observe us anymore.

シエル

では、観測ができなくなったら?

Ciel

And when that happens?

ラーベ

私たちは存在できなくなる。フガクにも戻れない。おそらく我々は『消滅』するだろう。

Raabe

We stop existing. We won't be able to return to Fugaku. We'll probably be "erased."

シエル

消滅……ですか。

Ciel

Erased….

ラーベ

当然、そうなる前に強制回収させる。そのために、向こう(フガク)に私(破城カガミ)がいるんだからな。

Raabe

Of course, before that happens, we'll forcibly retrieve you. That's what the me over there (Fugaku's Hajou Kagami) is there for.

ラーベ

だがそれもそうそう気安く何度でも行えるわけじゃない。浸入 (ダイブ) にも転移にもエネルギーは消費する。

Raabe

But it's not something that can be done over and over again. Both Diving and teleportation take up energy.

ラーベ

だからこそ、時間とリスクは上手に配分しろ。私たちのリソースは有限であることを忘れるな。

Raabe

So be sure to balance time and risk together. Don't forget that our resources are limited.

シエル

わかりました。

Ciel

Yes, ma'am.

1: 努力します
2: ギリギリなんですね……

1: I'll strive to do so.
2: So we're barely making it....

ラーベ

ま、がんばってくれ。

Raabe

Well, do your best.

マコト

なになに、なんの話?

Makoto

Hey, what're you guys talking about?

ラーベ

こっちの話だ。お前が気にする必要はない。

Raabe

Just some internal stuff. Nothing you should be concerned about.

マコト

えー、内緒話? 仲間はずれなんて寂しいよ〜。

Makoto

Huh? You're leaving me out? It feels so lonely....

マコト

……んー、ていうかさ。さっきからちょっと思ってたんだけど。

Makoto

...So anyways. I've been thinking.

テイガー

なんだ、なにか気付いたことでもあるのか?

Tager

Did something catch your attention?

マコト

いやね、森の抜け方とかには全然関係ないんだけどさ。もしかしたら、みんなも思ってるんじゃないかなぁ〜?

Makoto

No, well, it's actually not related to us getting out of this forest. I've just been thinking that, you know, maybe everyone else has been feeling the same?

ココノエ

何だ、マコト。勿体ぶるな。

Kokonoe

What is it, Makoto. Don't dilly-dally.

ラーベ

そうだぞ、勿体ぶらずにさっさと言え。

Raabe

That's right. Stop beating around the bush.

マコト

うんうん、やっぱりそうだよ!

Makoto

Yeah, that's what I thought!

シエル

なにが、やっぱりなのでしょうか。

Ciel

And what would that be?

1: もしかして、ラーベさんのこと?
2: もしかして、ココノエさんのこと?

1: Are you...talking about Raabe?
2: Are you...talking about Kokonoe?

マコト

レイもそう思うよね!

Makoto

So you're with me on this, Rei!

シエル

すみませんが、私にはよくわかりません……。説明をお願いしてもよろしいでしょうか。

Ciel

I'm sorry, I don't understand. I request an explantion, please.

マコト

だからさ〜、ココノエさんとラーベさんって、ちょっと似てると思わない?

Makoto

Well, you know...don't you think Kokonoe and Raabe are kinda similar?

ココノエ

似てる?私とこいつがか?

Kokonoe

Similiar? To that?

ラーベ

そいつは心外だな。私は唯一無二にしてオリジナリティあふれる天才だぞ。

Raabe

That's unexpected. I'm a genius overflowing with unmatched orginality, I'll have you know.

ラーベ

たとえココノエが歴史に残る大天才だったとしても、私とは明らかに別物だ。

Raabe

And even if Kokonoe were to be left in the annals of history as the genius of her times, I'm clearly different.

ココノエ

同感だな。私は自他ともに認める天才ではあるが、その才に私以外のものが追い付けるとは到底思えん。

Kokonoe
ラーベ

はっはっは、大きく出るじゃないか。

Raabe
ココノエ

なに、至極当然の意見を言ったまでだ。

Kokonoe
マコト

ほらほら、気も合ってるし。

Makoto
ラーベ

おいマコト=ナナヤ。世の中には、指摘していいことと、あえてやめておくべきことがあるんだぞ。

Raabe
マコト

だって、ふたりを見てるとそう思っちゃうんだもん。話し方とか雰囲気とかさ、どっちも博士っぽいっていうか……。

Makoto
ココノエ

なんだその雑なくくりは。お前にかかれば、科学者はみんな似たり寄ったりか。

Kokonoe
マコト

そんなことないよ〜。

Makoto
シエル

ですが……確かに、マコトさんのご指摘の通り、類似している点は多いかと思います。

Ciel
シエル

どちらも素晴らしい技術と知識を持つ開発者ですし、どちらも指揮官のような立場にもあります。

Ciel

1: 部下の扱いが粗目のところも
2: ちょっと偉そうな話し方も

1:
2:

ラーベ

なにを言う。私は優しい上司だろうが。

Raabe
ココノエ

馬鹿を言え。私は部下にはそこそこ優しい。それと勘違いするな。テイガーは私の部下ではない。発明品だ。

Kokonoe
ラーベ

なにを言う。私は実際偉いんだ。

Raabe
ココノエ

ふん。尊大さと知性を勘違いされては困る。上司の教育がうかがえるな。

Kokonoe
マコト

あははっ、やっぱり似てる。

Makoto
テイガー

……ふっ。否定はできんな。私から見ても、両者はかなり似ていると思うぞ。

Tager
ラーベ・ココノエ

似ていない!!!

Raabe & Kokonoe
マコト

息ぴったりじゃん!

Makoto
ココノエ

おのれ……私とこいつが似ている?そう気軽にキャラかぶりを許容してなるものか。

Kokonoe
ココノエ

大体、私の方がずっと早くに登場しているんだぞ。だというのに、新参者がメインキャラ気取りとは……。

Kokonoe
ラーベ

おい待て、何の話だ。

Raabe
ココノエ

ラーベ、貴様にはわからんだろうな……。

Kokonoe

Raabe, you have no idea...

ココノエ

私がプレイアブルキャラクターになるまで、どれだけ待ったと思っているんだ!

Kokonoe

Just how long do you think I had to wait bofore I became playable!?

ラーベ

いや。なんの話だ、だから。

Raabe

No, well, I have no idea what you're talking about.

ココノエ

ふっ……いやいい。昔の話だ。だがな、ラーベよ。先輩としてこれだけは言っておこう。

Kokonoe

Ha...well, fine. It's all in the past now. But listen up, Raabe. As your senior in this business, I've got some advice for you.

ココノエ

そう簡単に戦闘モーションを作ってもらえると思うなよ!!

Kokonoe

DON'T THINK BATTLE ANIMATIONS ARE SO EASY TO MAKE!!

ラーベ

うぐっ、ぐぅぅ……! な、なんだこの、わけがわからないのに胸に突き刺さる言葉は……!

Raabe

Ugh…! What's with those words? They make no sense, but they cut straight to the core….

テイガー

オイ、ココノエ。そのあたりにしておけ。

Tager

Hey, Kokonoe. Put that aside for now.

ココノエ

くくくっ……いいだろう。情けをかけてやる。

Kokonoe

Heh heh heh... very well. I'll let you off this time.

ココノエ

そうだ、シエル、レイ。上司を変えたくなったら、採用してやるぞ。

Kokonoe
ココノエ

お前たちも、戦闘モーションのあるプレイアブルキャラのほうが上司に据えておくにも頼もしいだろう。

Kokonoe

1: アットホームな職場なので大丈夫です
2: ちょうど転職を考えようかと……

1:
2:

ココノエ

なんだ、つまらんな。

Kokonoe
ラーベ

おおお、レイ! よく言った!そうだろう、そうだろう。

Raabe
ラーベ

お前の上司は私以外にはあり得ないよな!

Raabe
ラーベ

ただなんだ、その言い方ちょっと引っかかるな。労働環境が思わしくない職場みたいじゃないか、それ。

Raabe
ココノエ

ほう、賢明な判断だ。歓迎しよう。

Kokonoe
シエル

レイさん、本当にココノエさんの部下になるのですか? 私たちとの任務は……。

Ciel
シエル

あ……冗談、でしたか。失礼しました。冗談の理解は、難易度が高いです……。

Ciel
テイガー

お前たち、賑やかなのはいいが、少し集中もしてくれ。森の様子が変わってきた。どうやら抜け出せそうだぞ。

Tager

Everyone. You can stay calm, but gather around. The forest is looking a little strange. I think we're near the end now.

マコト

おおっ! ついに!?

Makoto

Oh! Finally!!

シエル

っ! 樹木、多数動き出しました。周囲を取り囲んで、一気に襲撃するつもりのようです。

Ciel

A large number of trees are beginning to move. They're trying to surround us and attack all at once.

マコト

あたしたちを森から出さないつもりだね。そうはいかないよ!

Makoto
マコト

ようやく出口に着いたんだから。さっさと通してもらうからね!

Makoto
テイガー

では、排除開始だ。

Tager
シエル

はい!

Ciel

第4節 似た者同士④ / 4. Two of a Kind - 4

Summary
いよいよ森を抜けようとするところで、シエル達は地の底から這い上がるような恨めしい声を聞く。 Just as they finally prepare to leave the forest, they hear a bitter voice rising from the ground before them.
タオカカを返り討ちにするものの、補給物資の一部を渡して扉の先へ向かう。 Turning the tables on Taokaka, they hand over a portion of their rations and go beyond the door to the exit.
シエル

戦闘終了。対象の排除を完了しました。

Ciel
ココノエ

ふむ、あっけないもんだな。奇襲には優れているが、耐久性には欠けるか。今後の課題にしよう。

Kokonoe
マコト

ちょっとちょっと、ココノエ博士!せっかく倒せてるんだから、強化改造とかしないでよ!?

Makoto
ココノエ

わかってる。冗談だ。

Kokonoe
テイガー

あまり笑えない冗談だ……。

Tager
テイガー

ところで、先を見てくれ。森がこの先で終わるようだぞ。

Tager
シエル

本当ですね。うっそうとしていた木々が、この先でまばらになるようです。

Ciel
ラーベ

今の一戦が、この森の最後の抵抗だったのかな。となると……。

Raabe
???

うにゃ〜……うぅぅ〜。辛いにゃ〜……しんどいにゃ〜……切ないにゃ〜。

???

Mnya...ooohhh. How hard a life...how painful...how pitiful....

シエル

なにか聞こえます。人の声……でしょうか。

Ciel

I hear something. A person's...voice.

マコト

なになに!?この地の底から這い上がってくるような、恨めしい声は!?

Makoto
ココノエ

なにって。アレだろう。

Kokonoe

It's that over there, right?

???

うううう〜〜〜、うにゃぁ〜……もうだめにゃ〜、だめだめにゃぁ〜。

???

Ooooh...this is the end...I can't go on...

テイガー

あれは……カカ族だな。

Tager

That's.. one of the Kaka clan.

シエル

カカ族?

Ciel
テイガー

人とも亜人種とも違う、少々変わった連中だ。決して100体を超えない、という話を聞いたことがある。

Tager
ココノエ

…………。

Kokonoe
テイガー

非常に優れた身体能力を持った種族なんだが……。

Tager
???

うにゃぁ〜……。

???

1: どうしたんだろう?
2: 元気がないみたいだけど

1:
2:

シエル

声をかけてみましょう。カカ族の方、アナタは誰ですか?

Ciel

I will try speaking with them. Person of the Kaka clan, who are you?

タオカカ

ううう……タオは……タオニャス……。

Taokaka

Ohhh...Tao is...Tao....

タオカカ

お前はなんか……白いニャスね……白い人、お前はいい人ニャスか……?

Taokaka

You're...kinda pale.... Pale Lady, are you a good person?

シエル

やりました! 言っていることは良くわかりませんが、会話は成立しました!

Ciel

I did it! I don't understand what she's saying, but we were able to make conversation!

シエル

タオさんと仰るそうです!!

Ciel

Her name is Tao!!

1: うんうん……良かったねぇ
2: シエルが嬉しそうで、こっちも嬉しいよ

1: Nice...That's great.
2: If Ciel's happy, I'm happy.

シエル

ありがとうございます、レイさん。

Ciel

Thank you, Rei-san.

タオカカ

…………白い人、お前はいい人ニャスか……?

Taokaka

....Pale Lady, are you a good person...?

シエル

白い人……とは、状況から推測すると、私を指しているのですよね。はっ、これもあだ名でしょうか。

Ciel
シエル

では、私は白い人です。はじめまして、タオさん。

Ciel
シエル

『いい人』の定義があいまいなので、はっきりお答えできませんが、私たちに敵対の意思はありません。

Ciel
タオカカ

あってもなくても……タオはお腹が空いて動けないのニャス……。ううぅぅぅ〜〜〜……。

Taokaka

Whichever way....Tao's so hungry she can't move.... ohhhhh......

ラーベ

……なんだコイツ。行き倒れか?

Raabe
マコト

お腹か〜……そう言われても困ったなぁ。あたし、携帯食料なんか持ってないよ。

Makoto
シエル

少しでしたら、レイさんのためのものがありますが。

Ciel

If it's only a little, I have some saved for Rei-san.

シエル

あっ……!

Ciel

Ah!

タオカカ

食べ物、ゲットニャ〜ス!

Taokaka

Obtained food, meow!!

タオカカ

ふんふんふん……なんニャスこの食べ物、あんまりおいしそうな匂いがしないニャスね……。

Taokaka

(sniff sniff sniff)...What's with this food? It doesn't smell very tasty, meow....

タオカカ

でも、いいニャス、食べられるんならこの際なんでもい〜ニャス!

Taokaka

But, whatever. As long as I can eat it, meow!

マコト

動けないとか言ってたのに、めちゃくちゃ動けるじゃん!

Makoto

Great moves, for someone who supposedly can't move!

シエル

ま、待ってください、差し上げられるのは一部です、全部食べられてしまっては困ります!

Ciel

W-wait, please. I only meant to give you a portion of it! Please don't eat all of it!

タオカカ

ふふ〜ん、知らんぷい。いや待てよ。もしかしたらまだ食べ物、隠し持ってるんじゃないニャスか?

Taokaka

Hmmm? Like Tao cares, meow. Unless...you have more food hidden away somewhere?

タオカカ

きっとそうニャス! こんだけ大勢いるんだから、も〜っといっぱいあるはずニャス!

Taokaka

That must be it, meow! You're such a big group, there should be much, much more food to be had!

ラーベ

おいおい。とんでもない強盗理屈だな。

Raabe

Hey, that's some crazy bandit's line of thought you got there.

シエル

これ以上はありません。それより、レイさんの分の補給品を返してください。

Ciel

There isn't any more. Please return at least Rei's portion of the rations.

タオカカ

イヤニャ〜ス! 返してほしくば力尽くでくるニャス!タオも全力で奪いにいくニャス! この世は焼肉定食ニャ〜ス!

Taokaka

Nooooo, meow! If you want it back then you'll have to take it by force! Tao also gives her all to plunder! In this world, the special meal is roasted meat!

マコト

それ、弱肉強食じゃない!?

Makoto

You mean the strong eat the weak, right!?

タオカカ

問答ムヨ〜! いざ尋常に、勝負ニャス!タオが勝ったら、ありったけの食べ物をよこすニャス!

Taokaka

Noooooo questions! Now, right to it! Let's fight! If Tao wins, hand over all of your food!

ココノエ

やれやれ……面倒なのと関わってしまったな。テイガー、大人しくさせろ。

Kokonoe
テイガー

了解だ。

Tager
シエル

レイさんの補給品は取り返します!

Ciel
タオカカ

うにゃぁ〜……負けたニャス〜〜〜!

Taokaka

Meow...Tao lost...!

シエル

すみませんが、補給品は返していただきます。

Ciel

I'm sorry, but I'll be taking back our rations.

タオカカ

ううう、手ごわい奴等だったニャス……。

Taokaka

Ohhh...what a formidable foe....

タオカカ

華麗にワンツーフィニッシュで、たらふく食べ物をゲットするはずがぁ〜……。

Taokaka

It should've been a beautiful one-two finish, and then as much food as Tao can eat, meow....

タオカカ

ぐ〜きゅるるるる〜……お腹減ったニャス〜……。

Taokaka

Growwwwwwwl...Tao's hungry, meow....

1: 少しでよければどうぞ
2: 意外と美味しいよ、携帯食料

1: You can have a little bit. Here.
2: These rations are actually pretty tasty.

シエル

……レイさんがそうおっしゃるなら、当初の予定分はお渡ししますね。どうぞ。

Ciel
タオカカ

く……くれるニャスか?

Taokaka

Y-you'll give Tao some?

タオカカ

うひょ〜い、ありがとニャス! ありがとニャス!ふんふんふん……やっぱりおいしそうな匂いはしないけど……。

Taokaka

Oh, thank you, meow! Thank you, meow! (sniff sniff sniff)...It really doesn't smell tasty, but....

タオカカ

いただきますニャス! ニャスニャスニャスニャス……んん! こりゃまた意外といけるニャス!

Taokaka

Tao will eat it, meow! Meyum meyum meyum... Mmm! This isn't bad, meow!

ラーベ

ものすごい勢いで食べてしまったな……。

Raabe
マコト

本当におなかすいてたんだねぇ。

Makoto
タオカカ

ごちそうさまニャす!お前、優しい人ニャス! ありがとうニャス!!

Taokaka

Thank you so much for the food! You're a kind person, meow! Thank you, meow!

1: お粗末さまでした
2: どういたしまして

1: It was nothing.
2: You're welcome.

ココノエ

ところでお前、こんなところでなにをしている?

Kokonoe

By the way, what were you doing around here?

タオカカ

うニャ? はて、なんだっけ?

Taokaka

Meow? What was it again?

タオカカ

確か〜、この森から出てくる〜、悪いやつを〜、倒すことになっていたニャスけど……。

Taokaka

Tao was...leaving the forest...beating up bad guys...and then collapsing, meow....

タオカカ

食べ物くれたし、オマエたちは悪いやつじゃないニャス!

Taokaka

But you guys gave Tao food, so you guys aren't bad guys!

ラーベ

うむ、悪いやつではないニャス。なら、この先にある扉を通っても構わないな?

Raabe

Right, we aren't bad guys, meow. So you don't mind if we go through the door up ahead, right?

タオカカ

いいニャスよ〜。

Taokaka

Go ahead, meow.

テイガー

い、いいのか……? お前は門番なのでは……?

Tager

R-really...? You're the guard this time...?

タオカカ

モンバン? それはなんのパンニャス?

Taokaka

Guard? Is that some sort of gourd?

テイガー

……いや。お前がいいなら、いいんだ。

Tager

...Nevermind. If you're fine with it, I'm fine with it.

マコト

せっかくだし、通らせてもらっちゃおうよ。

Makoto

Well, then, we'll be moving on....

マコト

ここには私の友達もいないみたいだし、早く次のエリアに行かないと!

Makoto

It doesn't seem like my friends are here, so let's quickly go to the next area!

シエル

そうですね。では、失礼します、タオさん。

Ciel

You're right. Please excuse us, Tao.

タオカカ

ほいほ〜い、バイバーイなのネ!

Taokaka

Okaaay, bye-bye, meow!

シエル

……扉の先は、やはり先ほどと同じように長い下り階段になっているようです。

Ciel

...This door leads to another long set of stairs going down, just like the previous one.

シエル

先行します。

Ciel

I'll go first.

マコト

はぁ〜、やっとあの森から抜け出せるよ〜。いくらあたしがリス型亜人種とはいえ、しばらく木は見たくないかも。

Makoto
ラーベ

そんなこと言ってると、フラグになるぞ。

Raabe
マコト

なに、フラグって〜。

Makoto
ココノエ

木を見たくてたまらなくなるようなエリアに着くとかな。

Kokonoe
マコト

え〜? それどんなエリアですか。そんなわけ、ないない。

Makoto
テイガー

足元が暗い。全員気を付けろよ。

Tager

1: はーい、気を付けます
2: じゃあ、次へ行こう!

1:
2:

シエル

はい。

Ciel

5. 砂の海に這い寄る① / Crawling Up a Sea of Sand - 1

Summary
次の階層は灼熱の砂漠、荒野地帯。様々な全く違う気候を作り出せることに関心するシエル。逸れた友人について聞こうとした時、悲鳴が響き渡る。 The next layer is a scorching wasteland of a desert. Ciel is amazed at the variety of climates that can be created. Just as Ciel asks what kind of people Makoto's separated friends are, they hear a scream.
ノエル

はぁ、はぁ……あっ!

Noel

Ah!

ノエル

い、いや、こないで……。

Noel

N-no, don't come over here....

ノエル

きゃあああああああああああああっ!!

Noel

Noooooooooooo!!

マコト

あ……あ……。

Makoto

Hah....hah....

1: 暑い!!
2: 暑すぎる……

1: It's so hot!
2: Too hot....'

マコト

暑いよ、暑すぎる!なにこれ、もう砂漠じゃん!

Makoto

It's too hot! What the heck! Isn't this totally a desert!?

シエル

どちらかというと、荒野と呼ぶほうが適した地形かと思われますが。

Ciel
ラーベ

なんにせよ、生物には厳しい環境だな。

Raabe
テイガー

ぬぅぅ……オイルが蒸発してしまいそうだな……。

Tager
ココノエ

不具合は早めに報告するんだぞ。そこらの廃墟の一部になりたくなければな。

Kokonoe
テイガー

そうさせてもらうつもりだ。

Tager
シエル

これも、術式を使用して作られた環境なのでしょうか?

Ciel
ココノエ

そうなるな。誰が使った術式かは知らんが……この遠慮のない灼熱の気温も、そのせいだろう。

Kokonoe
シエル

本当に、どんな環境でも作り出してしまえるんですね。すごい技術です。

Ciel
マコト

だよね。昔、士官学校に通ってた頃、授業で習ったよ。

Makoto
マコト

昔にあった大きな戦争のときに、六英雄って呼ばれてる人のうちのひとりが開発したんだって。

Makoto
マコト

確か名前は、大魔道士ナイン。

Makoto
シエル

ナインさん、ですか?どこかで聞いた記憶があります……。

Ciel
ココノエ

…………おしゃべりはそのくらいにして、進むぞ。いつまでもこんな何もない場所で日光浴を楽しむ趣味はない。

Kokonoe
ラーベ

そうだな。このままだと、私はともかくレイが干からびる。

Raabe
ラーベ

ただ、油断はするなよ。

Raabe
ラーベ

一見、なにもないだだっ広いだけのエリアだが、ここもさっきの森と同様、どんな罠が潜んでいるかわからない。

Raabe
ラーベ

侵入者を排除するための罠がな。

Raabe
ココノエ

それについては否定しないぞ。そもそも過酷な環境だ。侵入者を阻むのであれば、ここに罠を仕掛けない理由がない。

Kokonoe
シエル

罠ですか……。一面の荒野、砂漠ですが、どのような罠が仕掛けられているのでしょうか。

Ciel
ラーベ

そうだな。砂漠の定番と言えば、アリ地獄や蜃気楼かな。

Raabe
ラーベ

もっとも、この猫耳がその程度で済ませてくれるとは思ってないけどね。

Raabe
ココノエ

褒めるな。

Kokonoe
ラーベ

褒めてない。

Raabe
マコト

うう〜ん、できれば厄介なことはなしにしてほしいんだけどなー。

Makoto
マコト

でもま、なにが仕掛けられてようと、ここを抜けなくちゃいけないんだよね。この世界を元に戻すためにも。

Makoto
ココノエ

ああ、そうだ。最下層まで行く。

Kokonoe
マコト

了解。じゃあ、張り切って行きますか。この暑さを思うと、気が進まないけど……。

Makoto
マコト

はぐれちゃったあたしの友達も、探さないとだし。みんな無事かなぁ。

Makoto
シエル

そういえば、はぐれてしまったお友達は、なんというお名前なんですか?

Ciel
マコト

ああ、えっとね。まずノエ……。

Makoto
???

きゃあああああああああああああっ!!

???
テイガー

今のは……!

Tager
シエル

悲鳴です。十一時の方向から。女性の声でした。

Ciel
マコト

あの声……もしかして、のえるん!?

Makoto
シエル

あ、マコトさん、単独行動は危険です!

Ciel
テイガー

勝手な行動を……ココノエ、追いかけるぞ。

Tager
ココノエ

そうだな。声の主の安否も確かめたい。

Kokonoe

1: 一緒に行くよ!
2: マコト、待って!

1:
2:

ラーベ

おいこらレイ!お前まで突っ走るんじゃない!

Raabe
シエル

追走します。あっ……レイさん、止まってください!

Ciel
シエル

反応、接近。敵性反応を感知しました。

Ciel
テイガー

なに?

Tager
ココノエ

来るぞ。

Kokonoe
シエル

対象、砂の中から出現しました!

Ciel
ラーベ

いくら厳しい環境といえど、魔物は現れるか。

Raabe
ラーベ

ここで手間取ると、マコト=ナナヤを見失う可能性がある。手早く片付けろ。

Raabe
シエル

はい。対象を確認、排除します。

Ciel

5. 砂の海に這い寄る② / Crawling Up a Sea of Sand - 2

Summary
悲鳴の元へたどり着くシエル達。そこに居たのはマコトの友人ノエルを捉える大きなタコの姿だった。 Ciel and the others reach the source of the scream. They find an octopus there, which has Makoto's friend Noel in its grasp.
打撃が効きにくい軟体動物あいてに攻撃を続けるシエル達だが、タコはノエルを抱えたまま砂中へ逃亡した。 Ciel and the others continue to attack the hard-to-hit mollusc, but the octopus makes a swift escape into the sand with Noel in its grasp.
ラーベ

いたいた、マコト=ナナヤだ。やーっと追いついたぞ。

Raabe
シエル

マコトさん、待ってください。単独行動は危険です。

Ciel
マコト

あ、みんな。ごめん、突っ走っちゃって。でも、のえるんが……!

Makoto
ココノエ

ノエル=ヴァーミリオンがいたのか?

Kokonoe
マコト

うん、あそこ!

Makoto
???

いやぁ〜〜〜〜、助けて〜〜〜〜〜!

???
シエル

対象、発見しました。女性です。金髪の女性が一名……あれは……なんでしょう?

Ciel
シエル

軟体生物の触腕に絡めとられているようですが……。

Ciel
ラーベ

私にはアレだな。アレに見えるな……。

Raabe

1: タコ……ですかね
2: たぶんタコ?

1:
2:

ココノエ

タコだな。

Kokonoe
テイガー

タコだ……。

Tager
シエル

……タコ?

Ciel
マコト

って! なんでこんな砂漠にタコがいるわけ!?

Makoto
ココノエ

砂漠に水生生物であるタコがいるはずがない、という思い込みを狙ったチョイスだろうか。

Kokonoe
ココノエ

砂の海に住まうタコとは、シャレが効いているな。

Kokonoe
ラーベ

砂の中に潜んで獲物を捕らえる魔物のようだな。

Raabe
ラーベ

タコの擬態能力も持ち合わせていて、奇襲能力に優れている。無数の触腕で獲物を捕え、体力を消耗させるわけか。

Raabe
マコト

もー! ココノエ博士もラーベさんも!感心してる場合じゃないですって!

Makoto
マコト

早くのえるんを助けなくちゃ!

Makoto
シエル

のえるんさん、というのですね。あの人は。

Ciel
マコト

名前はノエル=ヴァーミリオン、あたしの友達!今助けるから、待ってて!

Makoto
ノエル

あうぅぅ……ぬるぬるするぅ……お願い、早く助けて〜!

Noel
シエル

マコトさんを援護します。

Ciel
テイガー

こちらも援護する。ノエル=ヴァーミリオンを傷付けないよう、注意しろよ。

Tager
シエル

敵性存在の戦闘レベル低下を確認。ですが……。

Ciel
シエル

対象、再起動しました。戦闘レベル、上昇しています。

Ciel
ココノエ

うむ、流石はこの私の意識から生まれた存在だ。そうでなくてはな。

Kokonoe
テイガー

嬉しそうだな、ココノエ……。

Tager
ラーベ

すごく元気なタコだな。まさに、活きがいい。

Raabe

1: 歯ごたえがあるね
2: 焼いたら美味しいかな

1:
2:

ラーベ

毒がありそうだがな。

Raabe
ラーベ

タコ焼きか……いいな。

Raabe
マコト

……って、おしゃべりしてる場合じゃないでしょ!こんのぉ、のえるんを放せ〜!

Makoto
マコト

たぁああっ!

Makoto
マコト

うう〜っ、表面がぬめぬめしてて、パンチが滑る〜!利いてるのか全然わかんないよ!

Makoto
テイガー

ううむ……それなりにダメージは与えているはずだが、まるで効いている様子がないな。

Tager
ココノエ

軟体動物だからな。自身の柔らかさと伸縮性を利用して、打撃のダメージを上手く逃がしているのだろう。

Kokonoe
ココノエ

それに、体表を覆う粘液のおかげで、直線的な攻撃が通りにくい。手強い相手だな。

Kokonoe
ココノエ

まだまだこの程度のものではないぞ。

Kokonoe
マコト

って、ココノエ博士はあのタコとあたし達、どっちの味方なのさ〜!?

Makoto
ココノエ

私は私の味方だ。

Kokonoe
マコト

そんな自慢げに言われても――えっ……?

Makoto
シエル

巨大生物、行動パターン変化。足元の砂を掘っています!

Ciel
マコト

って、あーーー!こら待て、逃げるなーーー!

Makoto
テイガー

おい! 無茶をするな、巻き込まれるぞ!

Tager
マコト

でも、のえるんが……!ああ、待ってよ〜〜〜!

Makoto
ラーベ

凄まじい勢いで砂の中に潜ってしまったな……。

Raabe
シエル

反応を検索……すみません、対象をロストしました。どうしますか?

Ciel
マコト

追うに決まってるじゃん! 探さないと!すぐ助けるからね、のえるん……!!

Makoto

5. 砂の海に這い寄る③ / Crawling Up a Sea of Sand - 3

Summary
ノエルを追いかけるシエル達。ノエルの反応を感知すると、ノエルを抱えたタコが足元の砂中から飛び出してくる。 They chase after Noel. Soon after they pick up Noel's signal, the octopus bursts out of the sand at their feet.
マコト

はぁ、はぁ……こ……。

Makoto
マコト

ここどこ……?

Makoto
シエル

私たちが来たのは、あちらからです。

Ciel
マコト

あっちじゃなかったっけ?

Makoto

1: シエルの言ったほうじゃないかな
2: マコトの言ったほうだと思うよ

1:
2:

マコト

ありゃ? そうだったっけ?

Makoto
シエル

そうでしたか。失礼しました。

Ciel
ラーベ

どっちを向いても砂と瓦礫だ。先ほどの森と同様、方向感覚を失わせてくれるな。

Raabe
マコト

暑さのせいか、匂いの方向もなんかわかりにくいしさぁ……。

Makoto
マコト

でも早くさっきのタコを見つけて、のえるんを助けないと……!

Makoto
テイガー

焦るな、マコト。急いては事を仕損じるぞ。

Tager
マコト

わかってるけど!

Makoto
ココノエ

テイガー、どうだ?

Kokonoe
テイガー

うむ。北西方向に反応がある。ノエル=ヴァーミリオンで間違いないだろう。

Tager
ラーベ

あぁ、こちらでも感知してる。場所はそう離れてないようだな。

Raabe
マコト

でも、何も見えないけど――

Makoto
シエル

マコトさん、足元です!

Ciel
マコト

ひょわぁっ!?

Makoto
マコト

危な……っ!

Makoto
ノエル

うにゅぅ〜……。

Noel
マコト

のえるん!

Makoto
ココノエ

ノエル=ヴァーミリオンはまだ無事のようだな。

Kokonoe
ラーベ

無事、と言っていいのかなあれは。すでに意識はないようだぞ。

Raabe

1: 逃げられる前に倒そう!
2: 早く助けよう!

1:
2:

シエル

了解しました。対象を補足。今度こそ仕留めます。

Ciel
マコト

うん! 行くよ、しえるん、レイ!のえるんを助けるんだ!

Makoto

5. 砂の海に這い寄る④ / Crawling Up a Sea of Sand - 4

Summary
They defeat the octopus and save Noel, but Noel, affected by the octopus' nerve-affecting poison, points her guns at them.
Noel finally returns to her senses. She apologizes for her actions and makes her report while they move.

6. 砂漠の楽園① / Paradise in the Desert - 1

Summary
They proceed while listening to Noel's report. Maybe due to the octopus' poison, Noel is exhausted, so to let her rest, they search for a place with water.

6. 砂漠の楽園② / Paradise in the Desert - 2

Summary
In the blistering heat, Makoto and Noel reminisce about teir academy days. They proceed while staying wary of monsters and the Intervener.

6. 砂漠の楽園③ / Paradise in the Desert - 3

Summary
They reach the oasis, rinse themselves and rest. Makoto and the others have their fill of relaxation, while Kokonoe remains suspicious of the oasis itself.
After they defeat the group of monsters, a lone girl emerges from behind some nearby bushes.

6. 砂漠の楽園④ / Paradise in the Desert - 4

Summary
Guided by Linhua, Ciel's group reaches the sanatorium run by Litchi. They rest and eat while waiting for Litchi to arrive with the results of Noel's test.
Ciel's group fights off black beasts that Litchi and Linhua can't see. Kokonoe looks back with displeasure, while the group opens the door to proceed to the next layer.

7. トラップラビリンス① / Booby-Trapped Labyrinth - 1

Summary
The next layer is filled with winding, labyrinthine paths. Kokonoe has Tager take the lead to identify any defense mechanisms.

7. トラップラビリンス② / Booby-Trapped Labyrinth - 2

Summary
The group continues through the labyrinth, where heading down the wrong path greets them with explosions. Makoto feels uneasy about Kokonoe, who actively tries to go the wrong way.

7. トラップラビリンス③ / Booby-Trapped Labyrinth - 3

Summary
Setting off traps left and right, at one point, Makoto hits a switch and the trap doesn't activate. It turns out that it's not that it "didn't activate" but that it has "already been activated before."

7. トラップラビリンス④ / Booby-Trapped Labyrinth - 4

Summary
Ciel's group reaches an open area where the "exit" is. They look for the "gatekeepr" only to find she has already ceased operations after a battle.
Noel and Makoto defeat the rebooted Lambda-11 and leave her in a state where her operations have ceased. Ciel questions why they don't destroy her.

8. 先駆者① / The Trailblazer - 1

Summary
The sound of machinery echoes in the streets of the uninhabited Hierarchical City. In order to search for the "exit," they look for traces of people passing through before them, while watching for "enemies" and the "gatekeeper."

8. 先駆者② / The Trailblazer - 2

Summary
They search for "traces of people" but can't find any, disturbingly. They enter a cafe and faintly pick up the scent of black tea.
They save a young woman named Kajun who was being chased. While she rests, they exchange information.

8. 先駆者③ / The Trailblazer - 3

Summary
Kajun says she wasn't able to meet up with her best friend, Mai. When they move to reunite with Mai, they're attacked by the "gatekeeper."
After defeating the "gatekeeper" Chachakaka, the group starts taking actions to reunite with Mai. During this, Raabe pulls Ciel aside and gives her a special mission.

9. マイ=ナツメ① / Mai=Natsume - 1

Summary
While being bombarded by questions from Kajun, Ciel and company proceed through the empty streets. They head towards the sound of battle.

9. マイ=ナツメ② / Mai=Natsume - 2

Summary
Ciel and Rei are suspicious of Mai after they reunite with her, but Raabe calms them down. After sharing information, they split up to search for the "exit."
The "gatekeeper" Chachakaka returns to attack them. Driving her off again, they chase after her, having planted a transmitter on her.

9. マイ=ナツメ③ / Mai=Natsume - 3

Summary
They wake Chachakaka from her afternoon nap and fight her to gain access to the "exit." In the shadows, Ciel captures a shady actor.
After defeating the "gatekeepers" Chachakaka and Kajun, Noel is forced to retire due to the accumulated exhaustion and poison from earlier, and Makoto stays with her.

10. 見知らぬ街① / Unfamiliar Streets - 1

Summary
They tell Mai about the layers they've passed through as they descend the long stairway. As soon as they reach the next layer, Raabe requests an emergency extraction.

10. 見知らぬ街② / Unfamiliar Streets - 2

Summary
Increasing their guard against the "Intervener's" actions, Ciel and the others proceed down familiar streets.

10. 見知らぬ街③ / Unfamiliar Streets - 3

Summary
Ciel and the others follow the scent of spice wafting along the streets. At the end of its trail, they happen upon a shop that doesn't seem to fit in this Phantom Field.

11. ツルギ① / Tsurugi - 1

Summary
"Another Mai" shows up with the intent to kill Mai. The two rival each other in strength, so Kokonoe throws bombs into their fight.
The "gatekeeper" Zwei has already been defeated. Leaving Mai behind to buy time, Ciel and the others head down to the next layer.

11. ツルギ② / Tsurugi - 2

Summary
At the bottom-most layer, Ciel's group picks up the reading of the Cauldron. Before them, the "Intervener" Zara shows up. Kokonoe and Tager fight Zara, who doesn't show animosity towards Ciel.

11. ツルギ③ / Tsurugi - 3

Summary
A mysterious man, Hearn, appears along with Zara. They call themselves "those created by the Creator and given life"..."Babel".
The "sword" that appeared out of the "Cauldron" crumbles to pieces. Before new problems arise, they destroy the Cauldron and reunite with Mai's group right before they leave.

12. 敵と仲間 / Foe and Friend

Summary
Ciel, Rei, and Raabe successfully make their return. Hearn and Zara...the existence of an opposition called "Babel"...the resaon for a world's erasure...Ciel, in a state of confusion about her own emotions.
  1. BlazBlue Alternative: Dark War, In-game Announcements, April 1st, 2021, 19:45 JST