BlazBlue Wiki Story:BBDW Character Story Naoto

Story:BBDW Character Story Naoto

From BlazBlue Wiki

第1節 最近のお気に入り/

Summary
(とくになし) (None)
ナオト

<size=150%>だぁぁぁ!! なんで勝てねぇんだよ!!</size>

Naoto
シエル

また勝ちましたね。 さすがです、レイさん。

Ciel
ナオト

俺の方がやり込んでるはずなんだけどなぁ。

Naoto
ラケル

馬鹿な下僕ね。私の指示を聞いていれば、 こんな情けない負け方はしないはずだわ。

Raquel
ナオト

なーにが『指示』だ!  『そこ!』とか『やれ!』とか言ってただけじゃねぇか!

Naoto
ラケル

弱い犬ほどよく吠えると言うわね。 ほら、負け犬は主人にお茶でも淹れたらどうかしら。

Raquel
ナオト

わかったよ、まったく……。 紅茶を飲みたいならそう言えばいいだろ。

Naoto
ナオト

レイとシエルも飲むよな? 久しぶりの帰宅ついでに、ちょっといいやつ淹れてやるよ。

Naoto
ナオト

こっちの世界ファントムフィールドに来るのに付き合ってもらってるんだし、 何かお礼させてほしくてさ。

Naoto
ナオト

まあ、これがお礼になるかわかんねぇし、 厳密には俺の家じゃねぇけど……。

Naoto
シエル

ありがとうございます。いただきます。

Ciel
ナオト

そうか……。 んじゃ、ちょっと待っててくれよ。

Naoto
ラケル

……!

Raquel
ナオト

ん? ラケル、どうした――

Naoto

黒鉄! あのCDは聞いたか!

Mei
ナオト

うおっ!? なんだよ急に……。

Naoto

なんだではない! 前にCDを貸しただろう! いい加減、感想を聞かせろ!

Mei
ナオト

CD……? 俺、CDとか借りてたっけ?

Naoto

なに……? 黒鉄、まさか聞いてないなんて言わないだろうな?

Mei
ナオト

いや、そういうわけじゃねぇけど。 えっと、どれだったっけな……。

Naoto

これだろう!? 黒鉄、本当に聞いたんだろうな……?

Mei
ナオト

あー、これか。 そういえば、俺も友達から借りて聞いたんだよな。

Naoto

おい、何をごちゃごちゃ言っている。

Mei
ナオト

いやほら、見た目はめちゃくちゃ奇抜だけど、 歌は結構落ち着いた感じだっただろ?

Naoto
ナオト

なんか俺、あれの良さがわかんなかったんだよな。

Naoto

……なに?

Mei
ナオト

いや、普通にいい曲だったとは思うぞ? でも、ハマるかって言われたら、そうでもないなって。

Naoto

黒鉄、お前の音楽に対する理解の浅さ、呆れたぞ……! いいか、あのバンドはだなぁ!

Mei

――というわけだ! どうだ、ハマりそうだろう!

Mei
シエル

えっと…… ナオトさん、どうですか?

Ciel
ナオト

そこで俺に振るなよ……。

Naoto

あの華麗かつ荘厳かつ情熱的で叙情的、 練りこまれた設定と奥深い世界観がわからないのか!?

Mei
ナオト

いや、うーん……?

Naoto

1: ハマらないと思う……
2: ハマりそうかも

1:
2:

ナオト

そうだよな。 俺にはちょっと難しいって言うか……。

Naoto
ナオト

マジかよ……!?

Naoto
ナオト

つーか、話聞いてたら ますますわかんなくなってきた……。

Naoto

ええい、らちが明かん! お前ら表に出ろ!  音楽を理解しないその根性、叩き直してやる!

Mei
ラーベ

やれやれ……。 音楽のファンほど怒らせて怖いものはないのにな。

Raabe

第2節 突然の邂逅/

Summary
(とくになし) (None)
ナオト

ったく、そんなに怒ることねぇだろ。

Naoto

はぁ、はぁ……私としたことが、少し取り乱したな……。

Mei

……黒鉄! また別のCDを貸すから、 しっかり聞いておけよ! 今度こそ理解させてやる!

Mei
ナオト

へいへい、わかったよ。

Naoto

それじゃあ、私は帰る。

Mei
ひなた

ナオトちゃん、ご飯作りに来たよー……って、あれ? 冥ちゃん? どうしたの?

Hinata
ナオト

やべっ、ひなたが来ちまった……!

Naoto

いや、少し黒鉄に用事があっただけだ。 今から帰るところだから気にするな。

Mei
ひなた

そうなの? ……あっそうだ! 冥ちゃんも一緒に夕飯食べない?

Hinata
ひなた

今日はお鍋だから、大勢で食べた方が美味しいと思うんだ。 みんなも一緒にどうかな?

Hinata

1: '
2: ご馳走になります

1:
2:

ナオト

ちょっと待てよ。 今日は遠慮しておこうぜ?

Naoto
ひなた

どうして? ナオトちゃん、これから出かけるの?

Hinata
ナオト

そういうわけじゃねぇけど……。

Naoto
ひなた

だったら、一緒に食べてもいいよね!

Hinata
ナオト

そう、だな……。

Naoto

いいのか? 邪魔になるようなら、今日は帰るぞ?

Mei
ナオト

……邪魔とかそういうのじゃねぇって。 まあ、ひなたが良いって言ってるんだし問題ねぇだろ。

Naoto

そうか。それなら、私もご相伴にあずかるとしよう。

Mei
ひなた

ねえねえ、2人でなにを話してるの?

Hinata

いや、なんでもない。 それより姫鶴、夕飯の準備を手伝うぞ。

Mei
ひなた

ありがとう! じゃあ、ナオトちゃんは買い出しをお願いね! ……はいこれ、ここに書いてるものを買って来てくれる?

Hinata
ナオト

おう、わかった。

Naoto
ひなた

それじゃあ、よろしくね!

Hinata
ナオト

んじゃ、俺とレイたちは買い出しに行くか。

Naoto
ラケル

……ナオト、ひなたたちは?

Raquel
ナオト

キッチンに行ったぞ。 てか、やっぱり隠れてたのか。

Naoto
ラケル

隠れたわけじゃないわ。 たまたま隣の部屋に行きたくなっただけよ。

Raquel
ナオト

へいへい、そうですか。 ラケル、晩飯の買い出しに行くぞ。

Naoto
ラケル

どうして私が下僕の手伝いなどしなければならないのかしら?

Raquel
ナオト

どうしてって、言われてもなぁ。 まあ、日差しも強いし仕方がねぇか。

Naoto
ナオト

レイ、俺たちだけで行ってこようぜ。 ……ラケル、留守番を頼むな。

Naoto
シエル

肉が特売になっていますね。 売り切れる前に確保しておきましょう。

Ciel
ナオト

……ん? お、お前ら、なんでここにいるんだよ!

Naoto
レリウス

黒鉄ナオトか。 私達だって買い物ぐらいはする――……ほう?

Relius
ナオト

な、なんだよ。 ジロジロ人のカゴを見るんじゃねぇ。

Naoto
レリウス

その材料を見ると、諸君らも今夜は鍋のようだな。

Relius
ヴァルケンハイン

なんだと……?  おい小僧、貴様達もその特売肉を狙っていたのか?

Valkenhayn
レリウス

そうだとすれば、譲るわけにはいかんな。 我々も今日は鍋の予定なのだ……すべていただく。

Relius
ナオト

はぁ!? なんで買い占めようとしてんだよ! 独占していいようなもんじゃねぇだろ!!

Naoto
ヴァルケンハイン

知ったことか! 肉ナシ鍋なんぞで腹は満たされん!

Valkenhayn
ヴァルケンハイン

邪魔立てするようなら、貴様を叩き潰すまでよ!

Valkenhayn
ナオト

お、おい、ちょっと待てって――

Naoto
ヴァルケンハイン

問答無用ッ!!

Valkenhayn
ラーベ

話を聞かない奴だな……。

Raabe
シエル

ヴァルケンハインさんたちが戦闘態勢に入りました。 こちらも迎撃の準備を行いましょう。

Ciel
ナオト

くっそ……なんでこうなるんだよ!?

Naoto

第3節 肉の探究者/

Summary
(とくになし) (None)
ヴァルケンハイン

チッ……!

Valkenhayn
ナオト

よし! これに懲りたら肉の独占なんて―― ……って、あれ!? 肉がねぇ!?

Naoto
シエル

お肉が、全部売り切れに……? 私達が持っていたのも、いつの間にかなくなってます。

Ciel
ラーベ

さっき、ご婦人たちが持って行ったぞ。

Raabe
ナオト

じゃあ早く言えよ! どうすんだよ、肉買えないじゃねぇか!

Naoto
レリウス

……ふむ、あれを使うときが来たか。 検証材料も揃っているし、いい機会だな。

Relius
ヴァルケンハイン

レリウス……?

Valkenhayn
レリウス

これは提案なのだが、 諸君らにとっておきの肉を譲ってやってもいい。

Relius
ヴァルケンハイン

なんだと? 貴様、まさか肉を確保していたのか!?

Valkenhayn
ラーベ

何か企んでるんじゃないだろうな? お前が無条件で肉を譲るようなやつとは思えないんだが。

Raabe
レリウス

以前、とあるルートで手に入った極上肉だ。 量が多すぎてな、私だけでは処理できなかった。

Relius
レリウス

ヴァルケンハインに譲ってもよかったんだが、 今の今までその存在を忘れていてな。

Relius
ナオト

……タダでくれるんだろうな? あとからバカみてぇな金額とか請求してくんなよ?

Naoto
レリウス

安心しろ。そんなつもりは毛頭ない。

Relius
ナオト

ちょ、おい!? ……ったく、ついていきゃいいんだろ!

Naoto
レリウス

ここだ。ここに冷凍保存している。

Relius
ナオト

どこに行くのかと思ったら、御剣機関の倉庫かよ。 なんだってこんなとこに肉なんか――

Naoto

キチ、キチチチ……。

Insect
シエル

ナオトさん、危険です!

Ciel
ナオト

うおぁ!? こ、こいつは……蟲!?

Naoto
レリウス

ふむ、やはりこの肉に引き寄せられたか。 いやしかし……何度見ても面白い現象だ。

Relius
ナオト

おい! レリウスてめぇ……! これどういうことなんだよ!

Naoto
レリウス

ふっ、これでは肉を手に入れることができないな。 まずはこの蟲どもを排除しなくては。

Relius
ナオト

はぁ!? 肉をもらいにきただけなのに、 なんで蟲と戦うことになってんだよ!?

Naoto
ラーベ

レイ、ナオト。 相手は待ってくれないみたいだぞ。

Raabe
ナオト

ああもう、わかったよ! 相手すりゃいいんだろ、蟲野郎!!

Naoto

第4節 砕かれし平穏/

Summary
(とくになし) (None)
シエル

敵性反応の消滅を確認。 もう蟲はいないようですね。

Ciel
ナオト

くそっ、食前の運動にしてもハードすぎんだろ……。

Naoto
ナオト

そうだ、例の肉ってやつは大丈夫なのか!?

Naoto
レリウス

ああ、それなら問題ない。 ……これがその肉だ、受け取れ。

Relius
ナオト

これが……とっておきの肉?

Naoto
シエル

見たところ、普通の肉とたいして変わりませんね。 これのどこが特別なのでしょうか?

Ciel
レリウス

食べてみればわかる。 まあ、楽しみにしておくことだ。

Relius
レリウス

それでは、我々はここで失礼させてもらおう。 外せない用事があるのでな。

Relius
ひなた

ふんふ〜ん♪ もうちょっとでできるから待ってね〜。

Hinata
シエル

ひなたさん、すごく手際がいいですね……。

Ciel
ナオト

まあ、ひなたは自分ちの家事も ほとんどひとりでやってるぐらいだしな。

Naoto
ナオト

はいはい、今行きますよー。 誰だよ、こんな時間に来るのは……。

Naoto
ナオト

げっ……。

Naoto
キイロ

ナオトくん、会いたかったわ〜! 私を鍋に誘ってくれるなんて、嬉しい♪

Kiiro
ナオト

いや、誘った覚えねぇんだけど……。

Naoto
サヤ

気安く兄様の体に触れるな、この女狐……!

Saya
ナオト

サヤ!? お前まで来たのかよ……。 てか、なんでお前ら鍋するって知ってんだ!?

Naoto
キイロ

そりゃあ、愛するナオトくんのことだもの。 なーんでも知ってるわよ〜♪

Kiiro
レリウス

ほう、着々と準備が進んでいるようだな。

Relius
ナオト

お、お前らまで……!?

Naoto
ヴァルケンハイン

言っただろう、我々も鍋をするつもりだと。 だから貴様の家でご相伴にあずかろうと言うわけだ。

Valkenhayn
ナオト

いや、まったく意味わかんねぇ……。

Naoto
ひなた

お鍋の準備ができたよ〜!

Hinata

1: 賑やかでいいかも!
2: 食材足りるのかな……?

1:
2:

ナオト

いやいや、騒がしいの間違いだろ。

Naoto
ナオト

まあ、いざとなったら…… 買い出しに行けばいいだろ。

Naoto
ヴァルケンハイン

美味い……美味いぞ! 今までに食べた肉のなかで1番美味い!

Valkenhayn
ひなた

うんうん、ホントに美味しい! お肉もいっぱいあるから、たくさん食べてください!

Hinata
キイロ

ナオトくん、はい、あーん♪

Kiiro
ナオト

いや、自分で食えるって……。

Naoto
サヤ

兄様、女狐の期待に応える必要はありません。 一般的な兄妹のように私が食べさせます。

Saya
ナオト

そんな兄妹いねぇよ!?

Naoto
ラケル

ナオト、次は豆腐を取りなさい。 豆腐は小さめ、つゆは少なめにすること。

Raquel
ナオト

自分で取れよ……。

Naoto
ラケル

なによ。主人のお世話を放棄して、 自分だけ楽しもうって言うのかしら?

Raquel
ナオト

いやだから……はぁ。

Naoto

黒鉄、なんだその顔は。 世の男から見れば、こんなに嬉しいシチュエーションはないぞ。

Mei
ナオト

嘘だろ……? こんなのが続いたら、頭おかしくなるって。

Naoto

……今、世の多くの男を敵に回したからな。

Mei
レリウス

……。

Relius
ヴァルケンハイン

レリウス、お前は食わないのか? 全部俺が食うぞ?

Valkenhayn
レリウス

私は遠慮しておこう。 ……今は観察中だからな。

Relius
ナオト

……そういや、これって何の肉なんだ? すごく美味いけど、食べたことない味なんだよな。

Naoto
レリウス

ほう、これが美味しいのか?

Relius
レリウス

なるほど、実に興味深い……。 食後にどんな反応が出るか楽しみだ。

Relius
ナオト

お、おい? 明らかにヤバそうじゃねえか! 何の肉か教えてくれよ!

Naoto
ラーベ

見たところ、豚、鶏、牛の3つではなさそうだな。

Raabe
シエル

猪肉というものを聞いたことがあります。 それではないでしょうか?

Ciel
レリウス

ふ……どうだろうな。 なんにせよ、よく味わうといい。

Relius
ナオト

いや、ちょっと待て! 何の肉なのか、ちゃんと教えてくれよぉぉぉ!

Naoto