BlazBlue Wiki Story:BBDW Event Aim For The Idol's Road ~MeiP's Idol Production Strategy~

Story:BBDW Event Aim For The Idol's Road ~MeiP's Idol Production Strategy~

From BlazBlue Wiki

第1節 プロローグ/

Summary
観測者がいない世界を調査中、そこに現れた

のは、ナオトと久音……そして二人をアイド ルとしてスカウトする冥の姿だった。

シエル

……確認。確認。 《浸入》完了。 ダイブ

Ciel
シエル

ラーベさん、レイさん。大丈夫ですか?

Ciel
ラーベ

ああ、隅々まで良好だ。レイも バイタルなどなど、問題なさそうだな。よしよし。

Raabe
ラーベ

となれば、問題あるほうに取り掛かろうか。

Raabe
ラーベ

調査対象は、 またしても観測者のいないファントムフィールドなわけだが。

Raabe
シエル

はい。窯を破壊し観測者を解放したファントムフィールドは、 本来の形に戻るために状態が停滞するはずです。

Ciel
シエル

ですがタカマガハラシステムによれば、停滞しているはずの ファントムフィールドに異質な変化が観測されたそうです。

Ciel
シエル

今回の《浸入》の目的は、 実態の調査及び問題が生じているようであればその解決です。 ダイブ

Ciel
ラーベ

うむ。とはいえ、 ざっと見た限りではおかしなところはなさそうだな。

Raabe
ラーベ

少し動いて、周囲を調査してみよう。

Raabe
ラーベ

うっわ、なんだ急に!?

Raabe
シエル

爆発音です。発生場所は通りの向こう側のようです。 現場の確認に向かいますか?

Ciel
ラーベ

もちろんだ。爆発なんて、そこに問題がありますと 言っているようなもんじゃないか。

Raabe
シエル

了解しました。

Ciel

くっくっくっく……追い詰めたぞ。 さあ、いい加減に観念するんだな!

Mei
ナオト

くそっ……!

Naoto
シエル

あれは…… ナオトさんと冥さん、それから久音さんです。

Ciel
ナオト

あっ……なあ! そこの人!

Naoto
ナオト

助けて……いや、警察を呼んでくれ! そして逃げろ、ここは危険だ!

Naoto
久音

そうよ、危険よ! このおかしな女の術に巻き込まれるわ!

Kuon

誰がおかしな女だ! 人聞きの悪いことを言うな!

Mei
ナオト

危険行為は事実だろうが!

Naoto

大きなことを成すためには、時に犠牲が必要となる……。

Mei

ん? お前……よく見ればお前もいい素材じゃないか。 ぜひ名前を教えてくれ!

Mei
シエル

私ですか?

Ciel
シエル

私はシエル=サルファーといいます。 こちらはラーベさんとレイさんです。

Ciel
ラーベ

……やはり、これまでファントムフィールドで遭遇した記憶は 保持していないようだな。そこは基本通りか。

Raabe

ふむふむ、なるほど……シエルか。 やはりいい目をしている。内に秘められた輝きを感じるぞ!

Mei

それに、レイとか言ったな? お前もなかなか見どころがありそうだ!

Mei

1: あ、ありがとうございます
2: すみません、なんの話ですか?

1:
2:

ふふふ……素直なところもいい!

Mei

ふふふ……いい質問だ。

Mei

合格だ。お前たち、私の計画に加わらないか?

Mei
シエル

計画、ですか?

Ciel
ナオト

おい、バカか、真面目に取り合うな! マジで巻き込まれるぞ!

Naoto
久音

いいから来て、逃げるのよ!

Kuon
ナオト

あっぶねぇ!? 冥、なに考えてんだ!

Naoto

新人をつれて逃亡を図るからだろうが。

Mei

大人しくしていれば手荒なことはしない。 さっきそう言ったはずだぞ?

Mei
ナオト

手荒すぎるんだよ!

Naoto

そう騒ぐな。私は夢のある話をしたいだけだ。

Mei

そう……お前たちにアイドルになってくれと言っているだけだ!

Mei

1: 僕が……アイドル!? / 私が……アイドル!?
2: 意味がわからない!?

1:
2:

私に任せておけ。悪いようにはしない……。

Mei

だがアイドルにならないというのであれば、 その心が変わるまで追い続けるぞ!

Mei
ナオト

じゃあわかりました、ってなるわけないだろ! 付き合ってられるか!

Naoto
久音

ちょっと黒鉄ナオト! 冥を止めなさいよ!

Kuon
ナオト

止められるなら初めから止めてんだよ!

Naoto
ラーベ

うわっとととと、爆風がかなり本気だぞ! ずいぶん熱烈なスカウトじゃないか。

Raabe
シエル

スカウトとは、 これほどまでの爆発を必要とするものなのですね。

Ciel
ナオト

んなわけあるか! こんなスカウトがあってたまるか!

Naoto

待て! 止まれ! 今止まれば死なない程度の仕置きで許してやる!

Mei
久音

ちょっと、近づいてきたわよ!

Kuon

1: このままだと捕まる!
2: もっと遠くに逃げないと……

1:
2:

ナオト

捕まったらアイドルにされちまうぞ!

Naoto
久音

だったら逃げきればいい話よ!

Kuon
久音

ええそうね。 面倒なことに巻き込まれるのはナオトだけでいいわ。

Kuon
ナオト

おい待て、俺を囮にしようとか考えてないよな?

Naoto
シエル

……検索……照合。確認。 皆さん、こちらへ!

Ciel
ナオト

こ、ここまでくれば、あいつもさすがに……。

Naoto

ふはははは! 馬鹿め。こんな場所へ逃げ込むとはな!

Mei
ナオト

な、なに!?

Naoto
シエル

そんな……逃走ルートは最適なものを選んだはずです。

Ciel

さあ……私のアイドルプロデュース計画に 加わってもらうぞ!

Mei

初期メンバーはナオト、久音、シエルの3名だ!

Mei
シエル

私とナオトさん、久音さんですか?

Ciel
シエル

レイさんにも、 見どころがあったかと思いますが。

Ciel

いや、そいつにはもっと適役がある。

Mei

レイには私の助手をしてもらう。 つまり、アシスタントプロデューサーだ!

Mei

1: プロデューサー、かっこいい!
2: プロデューサー……大変そう

1:
2:

そうだろう、そうだろう。 お前にうってつけの役割だと思うぞ!

Mei

気のせいだ!

Mei

アイドルの成長を間近で見ることができる 素晴らしい役割だぞ!

Mei
ラーベ

レイがアシスタントプロデューサーか。 そういうのは私のほうが適任だと思うがな……。

Raabe

お前はマスコットだ。

Mei
ラーベ

む……確かにこのキュートな容貌をもってすれば、 マスコットの大役も難なくこなせるだろうが。

Raabe
ナオト

自分で言うのかよ。

Naoto
久音

ああ、なんでこんなことに……。

Kuon
ラーベ

なんでといえば、お前たちはなんで一緒にいるんだ?

Raabe
ナオト

いや、俺が冥に追いかけ回されてる最中に会ったんだよ。 久音も冥に追われてるらしくて。一緒に逃げたってわけ。

Naoto
久音

冥に、急にアイドルになれだなんて言われてね……。 まったく、なんだっていうのよ、唐突に。

Kuon

そこ! ごちゃごちゃうるさいぞ!

Mei
ナオト

あっ、てめぇ!? なんの護符を貼りやがった!?

Naoto

私の意に背いたら安全に感電する護符だが?

Mei
ナオト

安全に感電するってなんだよ!?

Naoto

ふっふっふ……。 これでお前たちはアイドルを目指すしかなくなったな。

Mei
久音

ずーっと思ってたんだけど、 これってスカウトじゃなくて脅迫よね。

Kuon
シエル

一般的にはそうかと。

Ciel

安心しろ。この私がプロデュースするんだ。 必ずお前たちをトップアイドルにしてみせる!

Mei
ナオト

いやそう言われてもな。 まずトップアイドルになりたくないんだが。

Naoto

なぜだ。トップアイドルになったら儲かるぞ。 生きていくのにお金は必要だろう。お金は大事だぞ。

Mei
ナオト

そりゃあ否定はしねえけど……。

Naoto

まったく、さっきから文句ばかり並べおって。 これだから最近の若者は。

Mei

なにが不満なんだ、聞いてやるから言ってみろ。 話を聞くのもプロデューサーの仕事だからな。

Mei
ナオト

全部だよ!

Naoto

ふむ……ならば仕方がない。 奥の手を使うか。

Mei

黒鉄! お前がトップアイドルになったら、 最高級の紅茶を用意してやろう!

Mei

休日は紅茶を飲みながら、ゆっくりとした時間をすごす。 どうだ、最高だろう!

Mei

猫もいっぱい飼えるぞ! もふもふし放題だ!

Mei
ナオト

そ、それはまあ、悪くねえな……。

Naoto

久音! お前には最高級のカレーを用意してやる! 好きなんだろう、カレー。

Mei

あとは……読書が好きだそうだな。 それなら絶版本の初版を好きなだけ用意してやる!

Mei

なにせトップアイドルだ。 ほしいものはなんでも手に入る!

Mei
久音

うっ。 それは……悪くない条件かも……。

Kuon

そうだろう、そうだろう! だったら、さあ、私の計画に乗れ!

Mei

何事も挑戦だ。望むもののために挑戦もせずにいるなど、 時間の浪費! 人生の損失!

Mei

共に夢に向かって頑張ろうじゃないか!

Mei
久音

なんかうまく乗せられてる気がするけど……。 確かに、ものは試しでやってみるのもいいかも。

Kuon

レイやシエルにとっても いい経験になるはずだ。いや、なる!

Mei

アイドルとしての活動やプロデュースに関われるなんて そうそうない機会だぞ。

Mei
シエル

はい、非常に珍しい機会だと思います。

Ciel
シエル

アイドル……偶像。人の心を捉える象徴がどんなものなのか、 興味はあります。

Ciel

1: 同感! やってみたい!
2: シエルがそう言うなら……

1:
2:

よし、全員やる気になってきたようだな。 ならば早速プロデュース開始といこう。時は金なり、だ。

Mei

まずは体力作り! 手初めに町内100周から!

Mei
ナオト

いきなりハードだなおい! 100周ってアホか!

Naoto

おっと、それで終わりと思うな。 お前たちが目指すのはトップアイドルだ。

Mei

走り込みが終わったら、仕上げにこの敏腕トレーナー 木人君と戦ってもらう!

Mei

さあまごついている時間はないぞ、走れ!! そして戦え!!!

Mei

第2節 冥の夢/

Summary
アイドルになるためのトレーニングが始まっ

た。メンバーに自らの夢と情熱を語る冥。し かしトップアイドルへの道は険しい……。

まだまだだ!

Mei

この程度のトレーニングでへばっていたら トップアイドルにはなれないぞ!

Mei

そうだろう、レイ。 いや、アシスタントプロデューサー!

Mei

1: かなりいい感じだと思うよ
2: まだまだこれから

1:
2:

ほう、お前は褒めて伸ばすタイプなんだな。 それもいいだろう。必要なことだ。

Mei

それに、確かに初めてにしては上出来と言える。 だが……。

Mei

私は甘やかさないぞ!

Mei

うむ、同感だ。トップアイドルへの道は険しい。 数々の試練を乗り越えた先にあるものだ……。

Mei

だからこそ、この程度で満足していてはダメだ!

Mei
ナオト

待て待て! なんでお前まで攻撃してくんだよ!?

Naoto

愛の鞭だ!

Mei
ナオト

そんな愛はいらねえよ!

Naoto
久音

そもそも、なんで私たちをアイドルにしようと思ったのよ。

Kuon

そんなの決まっているだろう。

Mei

1: お金儲けのためとか?
2: 夢のためなのでは?

1:
2:

ラーベ

別に金を稼ぐことが悪いとは思わないがな。

Raabe

なかなかいいことを言うじゃないか、マスコット。

Mei

レイ、よくわかっているな!

Mei
ナオト

ほんとかよ。一攫千金とか狙ってるんじゃないだろうな?

Naoto

もちろん、金銭を欲していないとは言わない。

Mei

だが、それ以上にアイドルをプロデュースすることは 私にとっての夢なんだ。

Mei
ナオト

夢、ねぇ……。

Naoto

しかし! 私が作りたいのはただのアイドルじゃあない!

Mei

巫女をテーマにしたアイドルグループだ!

Mei

大きな社を建てて、そこをライブハウスにもする! 物販ではグッズと称してお札を売る! 売れるぞ!

Mei

だが、ライブハウスを建てるにも、 アイドルをプロデュースするのにも、莫大な資金が必要だ。

Mei

その足掛かりとするためにも、お前たち自身の努力と 地道な活動で、まずはトップに華々しく立ってもらう。

Mei
久音

そうは言うけど、そんなに上手くいくものかしら。

Kuon
久音

こんな素人寄せ集め集団が トップアイドルになるなんて無理な話だと思わない?

Kuon
シエル

いえ、我々ならば達成できる目標だと思われます。

Ciel
シエル

みなさんの体力も十分に回復しました。 そろそろトレーニングに戻ったほうがいいのではないでしょうか。

Ciel
ラーベ

随分やる気じゃないか、シエル。 お前がそんなにアイドルに興味があったとは。

Raabe
シエル

はい。 アイドルは、キャラを確立させるためにも役立つそうですから。

Ciel
ラーベ

お前キャラを気にするようなタイプだったのか……?

Raabe
シエル

――さきほど冥さんに教わりました。 社会で生きるためにキャラ立ちは重要だそうです。

Ciel
ラーベ

天ノ矛坂冥よ。 ウチの部下におかしなことを吹き込まないでもらいたいんだが。

Raabe

変なこととは心外だな。

Mei

モチベーションの管理もプロデューサーの役目だ。 すなわちこれもまたプロデュースの一環。

Mei

1: シエル、頑張ってね
2: シエル、本気……?

1:
2:

シエル

ありがとうございます。 今後の活動のためにも、必ずトップアイドルになってみせます。

Ciel
シエル

はい。今後私がどのような場所に赴いたとしても 問題なく活動できるよう、キャラを確立してみせます。

Ciel
シエル

では、冥さん。 次のトレーニングをお願いします。

Ciel

よし! 次はダンスのトレーニングをしてもらうぞ!

Mei
久音

木人と踊れとか言い出さないわよね?

Kuon

安心しろ。次は私が直接指導してやる!

Mei
ナオト

直接? 冥、ダンスなんかできるのか? イメージまったくないんだが。

Naoto

お仕置きビリビリ護符発動!

Mei
ナオト

がああああぁぁぁぁぁっ!?

Naoto

まったく、失礼なことをいうやつだ。 私じゃなかったら殴られているぞ。

Mei
ナオト

これ、さっき貼られた護符か……! そこそこの威力なんだが……?

Naoto

いいか! ダンスの基本は蝶のように舞い、 蜂のように刺す、だ! よく覚えておけ!

Mei
ラーベ

どこかのボクサーみたいだな。

Raabe
ナオト

そもそも刺す必要ねえだろ。

Naoto

違う!

Mei

軽やかなステップで舞い、 ファンの心を魅了するという意味だ!

Mei
シエル

わかりました。 冥さんのアドバイスをもとにトレーニングを開始します。

Ciel

第3節 新たな犠牲者/

Summary
冥が思い描く理想のため、追加メンバーとし

てバレットが参加。しかし用意されたライブ 衣装を巡って、彼女はグループと衝突する。

ナオト

うおおぉぉぉぉぉぉぉぉっ!

Naoto

いいぞ、黒鉄! やればできるじゃないか!

Mei
ナオト

オラァァァァァァッ!

Naoto
ラーベ

ダンスのトレーニングをしている掛け声とは思えんな。

Raabe
ナオト

うるせえ! どうせ引き返せねえんだ! こうなりゃ、やるところまでやってやろうじゃねえか!

Naoto
シエル

開き直り、というものですね。

Ciel
久音

あそこまで開き直れたら清々しいでしょうね。

Kuon
ナオト

ちくしょおぉぉぉぉぉっ!

Naoto

ふーむ……。

Mei
ラーベ

どうした、難しい顔をして。

Raabe

いやな。このままでもいいセンまではいくだろうが、 私の理想には程遠い。

Mei

やはり、このグループには足りていないものがある。 レイ、それがなにかわかるか?

Mei

1: 歌唱力、ですかね……
2: 協調性、ですかね……

1:
2:

たしかにそれも大事なことだな。

Mei

が、しかし! それより大事なのはビジュアル的なパワーだ!

Mei
久音

ビジュアル的なパワー?

Kuon

そう。それが今の私たちに足りないものだ。

Mei

だが安心しろ。 こんなこともあろうかと、すでに手は打ってある。

Mei

そろそろ到着するはずだが……。

Mei
バレット

雇われたバレットだ。よろしく頼む。

Bullet
久音

きゃあっ!? 急に出てこないでよ!

Kuon
シエル

バレットさんにダンスの経験が……?

Ciel
ラーベ

これは意外な人選。そして唐突にして思いがけない登場。 なんでもありか。

Raabe
バレット

冥、こいつらは本当に大丈夫なのか?

Bullet

心配するな。黒鉄たちもなかなかの逸材でな。 まったく問題ない。

Mei
バレット

見たところ、一般人のようだが……。

Bullet
バレット

だがまあ、戦いを教えてほしいということなら 私に任せておけ。

Bullet
バレット

傭兵仕込みの戦い方を教えてやる。

Bullet
ナオト

おいおい、アイドルはどこにいった。

Naoto
バレット

アイドル?

Bullet
久音

私たちはアイドルになるために トレーニングをしているの。

Kuon
バレット

なに……?

Bullet
バレット

近々避けられない戦いがあるから、隊に参加し、 お前たちを鍛え上げてほしいと聞いてきたんだが!?

Bullet
久音

あなた……それ騙されてるわよ……。

Kuon
バレット

冥、話が違うぞ! どういうことだ!

Bullet

なにも違わない! アイドルにとってステージは戦場だ!

Mei

お前にはステージの兵士になってもらうぞ!

アイドル

Mei
バレット

ふざけるな! この話は降りさせてもらうぞ!

Bullet

おっと、そうはいかない。

Mei

お前とはしっかり契約を結んでいるからな!

Mei
バレット

なにを……!

Bullet

傭兵が締結済みの契約を破るなんて…… 信用問題に関わると思うんだが?

Mei
バレット

くっ……。

Bullet
バレット

……わかった。契約を結んだからにはまっとうしよう。

Bullet
ナオト

それで納得するのかよ! いいのかよ!?

Naoto
バレット

契約は絶対だからな。

Bullet

よし、話もまとまったところで お前たちに報告することがある。

Mei
久音

報告?

Kuon

そうだ。アイドルの活動に必要不可欠な衣装についてな。

Mei
シエル

ライブのときに着用する衣装、ですか。

Ciel

察しがいいじゃないか。そう、その通り。 フリフリの可愛い衣装を用意するつもりだ!

Mei
バレット

ふ、フリフリだと!? まさかスカートなのか!?

Bullet

そんなに嬉しいか? それなら、夜なべしてデザインした甲斐があったな!

Mei
バレット

馬鹿を言うな!

Bullet
バレット

たしかにアイドルをするのは納得したが、 スカートを履くなんて聞いてないぞ!

Bullet
久音

たしかに日本のアイドルは フリフリの可愛らしい服を着ているけど……。

Kuon
久音

冥が目指しているのは巫女アイドルよね? 巫女服じゃないの?

Kuon

いや、もちろん巫女服だぞ?

Mei

ただまあ、巫女服はそのままでも十分可愛いが、 ステージ衣装としてのインパクトは控えめだからな。

Mei

だから巫女服をベースにしたフリフリな衣装を作製中だ! 斬新かつ大胆なアレンジだからな、かなり目を引くはずだぞ!

Mei
ナオト

な、なあ。そのフリフリって、まさか…… 俺の分もそんな感じとか、ないよな……?

Naoto

ん? ああそうか……黒鉄は男だったな。 全部の衣装を女性用で発注してしまった。

Mei
ナオト

そこ重要だろ! どうすんだよ! 俺にフリフリのスカートを履いて踊れってのか!?

Naoto
ナオト

しかも巫女服を!

Naoto
久音

ナオトちゃんになるわけね。それは面白そう。

Kuon
ラーベ

一部の人にはウケがよさそうだしな。

Raabe
ナオト

お前らバカなの!?

Naoto
バレット

<size=130%>そんなことはどうでもいいだろう!</size>

Bullet
ナオト

よくねえよ!? 大事なとこだよ!?

Naoto
バレット

契約であっても、フリフリだけは駄目だ!

Bullet

もう遅い! 今から作り直していたらライブに間に合わん! 諦めろ!

Mei
バレット

ぐっ……こうなったら…… 多少手荒になっても、止めさせてもらうぞ!

Bullet
シエル

バレットさんの攻撃性反応が上昇しています。

Ciel

1: プロデューサーって大変なんだね
2: これが音楽の方向性の違いか

1:
2:

レイ、わかってくれるか……。 お前はいいやつだな。

Mei

そうだ。数々の問題に常に直面しなければならない。 苦労の多い生き方だ

Mei

悲しいことだな。こうして才能あるグループが どれだけ消えていったことか……。

Mei
ナオト

音楽の方向性の問題ではねぇよ。

Naoto
ナオト

……って、そんなこと言ってる場合じゃねえ! あの人、完全にやる気になってんぞ!?

Naoto
バレット

レイたちはそちらの味方か。 いいだろう。立ちはだかるのなら容赦はしない。

Bullet
ナオト

どっちかっていうと、俺も冥を止めたい側なんだけど…… もうそういうの聞いちゃいない雰囲気だな。

Naoto
バレット

かかってこい! お前たち全員相手してやる!

Bullet

第4節 あの人は人気アイドル!?/

Summary
一行の噂を聞きつけ現れたライチ。人気アイ

ドル『R@iCHI』として活動する彼女は、頂 点の座をかけたライブバトルを申し出る。

バレット

負けた……だと……。

Bullet
バレット

私が……フリフリの服を、しかもミニスカート…… 着る、のか……。

Bullet
久音

もう諦めたほうがいいわ。私たちもそうだから。

Kuon
バレット

くっ……。

Bullet
ライチ

あなたたちね? トップアイドルの座を狙っているというグループは。

Litchi
ラーベ

ライチ……!?

Raabe
ラーベ

しかも当然のように、 こちらがアイドルという設定で話に入ってきたな。

Raabe
ラーベ

なんなんだこのファントムフィールド。

Raabe
シエル

ファントムフィールドは、不思議がたくさんです。

Ciel
ライチ

なにか言ったかしら?

Litchi
ラーベ

いや、こっちの話だ。

Raabe
ラーベ

それよりライチよ。 ……もしかして、お前もアイドルなのか?

Raabe

お前たち……人気アイドル『R@iCHI』のことを 知らないのか!?

Mei

1: あの有名な『R@iCHI』!?
2: まったく知りません……

1:
2:

レイはさすがだな。 私が目を付けただけある!

Mei
シエル

ご存知だったのですか、レイさん。 素早い情報収集能力……すごいです。

Ciel
ナオト

だよな。俺も聞いたことねえよ。

Naoto
久音

私もよ。

Kuon

お前たち……トップアイドルを目指す者として 恥ずかしくないのか!?

Mei
久音

いえ全然。まず自発的に目指してるわけじゃないし。

Kuon
久音

……それで? なんでその人気アイドルさんがこんなところにいるのよ。

Kuon
ライチ

最近、噂になっていたの。 トップアイドルの座を狙う新米グループがいるってね。

Litchi
久音

それが私たちだっていうの? にわかには信じられないわね……。

Kuon
ナオト

なんせついさっき、活動開始したところだしな。 させられた、が正しいが……。

Naoto
ライチ

謙遜しなくていいわ。

Litchi
ライチ

あなたたちのトレーニングを見させてもらったけど、 なかなかやるわね。

Litchi
ライチ

キレのある動き、軽やかなステップ。 被りがない個性豊かなメンバー……。

Litchi
ライチ

トップアイドルとしてふさわしい素質だわ。

Litchi
久音

嘘でしょう……!? 絶対にそんなことないわよ!

Kuon

やっぱりプロだな! 着眼点が違う!

Mei
リンファ

僕もびっくりしちゃったよ!

Linhua
ナオト

へぇ、こんなちっちゃいファンもいるんだな。

Naoto

黒鉄……今、なんて言った……?

Mei
ナオト

あ? ちっちゃいファンだって――

Naoto

<size=130%>馬鹿者!</size> お前はリンファさんを知らないのか!

Mei

この人はなぁ! 無名だった『R@iCHI』を 人気アイドルに育て上げたすごい人なんだぞ!

Mei
ナオト

そ、そうなのか!? とてもそうは見えなかった……。

Naoto
ラーベ

話を戻すが、私たちになんの用なんだ?

Raabe
リンファ

ライチ先生は、どっちがトップアイドルに相応しいか 決着をつけたいんだって!

Linhua
ライチ

ふふ、そういうこと。 アイドルの頂点は2つもいらないもの。

Litchi
ナオト

決着をつけるって言ったって、どうやってつけるんだよ。

Naoto

人気アイドル『R@iCHI』とライブバトルか! 燃えてきたな!

Mei

1: 練習の成果を見せよう!
2: ナオトがセンターで!

1:
2:

そうだな。あれだけ大変なトレーニングをこなしたんだ。 思う存分、ステージで輝くといい!

Mei
久音

軽く言ってくれるわね…… そんな急にステージとか言われても困るわよ。

Kuon
ナオト

そう言って逃がしてもらえる流れじゃねぇだろ。 こうなったらやるしかねぇ。

Naoto

黒鉄がセンターか! いいアイデアだ、採用!

Mei
ナオト

いやいや! おかしいだろ! そういうのは……ほら、久音とか!

Naoto
久音

ええっ!? わ、私よりシエルのほうがいいわよ、ね!?

Kuon
シエル

わかりました。私がセンターを務めます。

Ciel
バレット

バトルをすると聞こえたぞ! 戦いか、戦いなんだな!?

Bullet
ナオト

お、復活した。

Naoto
バレット

アイドルに興味などないが、戦いなら私に任せろ!

Bullet
久音

勘違いしてると思うけれど……いいの?

Kuon

わざわざやる気を削ぐこともない。 バレットには契約分きっちり働いてもらうぞ!

Mei
ライチ

リンファ、準備してくれる?

Litchi
リンファ

はーい先生!

Linhua

せっかく発注した衣装が間に合わないのは 残念なところだが、まあいい!

Mei

今の実力を知るいい機会だ! お前たち、特訓の成果を見せてやれ!

Mei
ナオト

もうやけくそだ! こうなったら全力でやってやらぁ!

Naoto

第5節 エピローグ/

Summary
見事、バトルに勝利した冥たち。願望を叶え

たことで世界は収束を始めるが、彼女の夢は さらなる高みへと羽ばたいていくのだった。

ライチ

……素晴らしいパフォーマンスだったわ。

Litchi

当然だ。 この私がプロデュースしたグループだからな!

Mei
ナオト

もう勘弁してくれ……。

Naoto

1: まだまだこれからだよ!
2: けっこう楽しかったけどな

1:
2:

ナオト

お前……冥に毒されてきてないか?

Naoto
ナオト

こんな真昼間に、ご近所さんの前で歌わされてんだぞ。 明日からどんな顔して歩けばいいんだよ……。

Naoto
久音

端から見ていれば、そうかもしれないけど……。

Kuon
久音

私は、しばらくこういうのは遠慮したいわよ。 アイドルとか、柄じゃないし。……恥ずかしいし……。

Kuon
バレット

また、騙されたのか……またしても戦いではなかっただなんて。 私は、戦っているつもりでいたのだが……。

Bullet
ライチ

なにを憔悴した顔をしているの。 あなたたちは私たち……つまり、トップアイドルに勝ったのよ。

Litchi
ライチ

そんな情けない姿を見せていていいの?

Litchi
リンファ

そうだよ!

Linhua
リンファ

レイたちは僕たちに勝ったんだから。 しゃきっと、顔を上げていてくれなくちゃ。

Linhua
ライチ

ふふ、そろそろ私も引退を考える時期かもしれないわね。 こうして優秀な後輩に巡り合えたんだから。

Litchi
リンファ

ライチ先生……。

Linhua

なにを言っているんだ。

Mei

ライチはこれからもアイドルでいてもらわないと困る。

Mei
ライチ

……どうして?

Litchi

お前たちは私たちのグループに吸収する!

Mei

その素晴らしいパフォーマンスを こんなところで終わらせるわけにはいかない!

Mei
ライチ

冥……あなた……。

Litchi

さあ、これから私たちと共に トップアイドルを目指していこうじゃないか!

Mei

……いや、違うな。 目指すのは単なるトップアイドルではない。

Mei
シエル

なにを目指すのですか?

Ciel

時代はグローバルだ!

Mei

国内のトップアイドルになるのはもちろん、 世界市場を視野に入れたマーケティングをしていくぞ!

Mei
ナオト

世界……じ、冗談だろ……!?

Naoto

冗談なわけがあるか! 私はいつでも本気だ!

Mei

世界を相手にするとなると、 衣装の改良、バリエーションも必要だな……。

Mei

より派手に、より愛らしく、よりフリフリに……。

Mei
バレット

なに……!?

Bullet

歌やダンス以外の活動にも目を向けねば……。 久音の写真集とかもいいかもしれないな!

Mei
久音

えっ……?

Kuon
ラーベ

張り切ってるな。冥プロデューサー。

Raabe

よし、だいたいの方針は決まった! 詳しくは私の家で話そう。

Mei
ナオト

あー、俺、用事を思い出した……。

Naoto
久音

私も、イシャナに帰らないと……。

Kuon
バレット

契約はここまでのはずだ! 私はこれで失礼するぞ!

Bullet
ナオト

あっ! あいつ逃げやがった!

Naoto
久音

わ、私も失礼するわね! さよならっ!

Kuon
ナオト

おい、待て……くそ! 俺だけ取り残されてたまるか!

Naoto
ラーベ

おっと。シエル、レイ。 この流れに乗じて、我々も退避するぞ!

Raabe

1: アイドル活動やめるの!?
2: みんなでトップアイドルを目指そうよ!

1:
2:

ラーベ

なにをしにここに来たんだお前は!!

Raabe
シエル

はっ。そういえばそうでした。 異質な反応を示したファントムフィールドの調査が目的でした。

Ciel
シエル

ですがラーベさん、調査はどうしますか? このまま逃げてしまって問題ないのでしょうか。

Ciel
ラーベ

その異質な反応が急速に弱まっているようだ。

Raabe
ラーベ

おそらくタカマガハラシステムが感知した反応の中心点は、 冥にあったんだろう。冥の願望にな。

Raabe
ラーベ

アイドルプロデュースをしたいという異常に強い願望が、 不安定なファントムフィールドになにがしか作用したんだろう。

Raabe
ラーベ

それが、トップアイドルに勝ったことで、 プロデュースに成功したと判断された。そんな感じだ、きっと!

Raabe
シエル

なるほど。願望が叶ったことで、 ファントムフィールドに与えられていた影響が消えたのですね。

Ciel
ラーベ

詳細はデータを持ち帰って、フガクで検証する。 今は退散だ。このまま残ると、第2幕が始まりかねない。

Raabe
シエル

了解しました。

Ciel

お前たち、どこに行く気だ!

Mei

ちっ、さては世界という言葉にビビったな……。 そんな軟弱な精神でどうする!

Mei

私たちの夢はこれからだ、逃がすものか!!

Mei
ナオト

うおぉぉぉぉぉぉぉぉッ!

Naoto

待て! 止まれ! 戻ってこい、私のトップアイドルたちーーーー!!!

Mei
ナオト

誰がアイドルだ、ふざけんなぁぁぁぁぁぁ――!

Naoto