BlazBlue Wiki Story:BBDW Event A Dream of Empty Skies

Story:BBDW Event A Dream of Empty Skies

From BlazBlue Wiki

序節 Open eyes/

Summary
ラーベと二人で戦闘訓練を行う仮想フィール

ドに侵入者が現れる。一人はラケル、もう一 人は、マイ=ハヅキと名乗る少女だった。

暴走する訓練用ゴーレムを、マイは難なく退

ける。好戦的なマイの次の動向に警戒するが ……直後、彼女は空腹から倒れてしまった。

???

…………。

???
???

……ここは……?

???
???

ここは……どこだ? いや……それより、僕は?

???
???

……なんだ、頭がぼうっとする。 ここはどこで、僕は誰で……どうしてこんなところにいるんだ?

???
???

うろたえるな、男らしくない。 しっかりしろ、マイ。

???
マイ?

……マイ。そうだ、僕の名前だ。マイ=ハヅキ。 十二宗家ハヅキ家が当主、ホウイチロウ=ハヅキの息子。

Mai?
マイ?

息子? いや……女……だな。

Mai?
アナザーダーク=マイ

ああ、そうだ。なんで忘れてたんだ。 家の書庫にあった魔道書……あれに触れたせいで、僕の体は……。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

女に変わったことで、跡取りとしての資格も失った。 それで……学校に通うことになって……。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

…………。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

……それで? お友達と仲良く学生ごっこして、めでたしめでたし?

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

冗談じゃない。 そんなのは違う……『僕』の選ぶ道じゃない。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

僕は……。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

…………。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

……だめだ。頭の中がぼやけて、考えがまとまらない。 考えようとすればするほど、なにも考えられなくなりそうだ……。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

……ん?

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

…………あっち、か?

Another Dark Mai
ラーベ

……チェック。……チェック、チェック。チェック。 オールクリア。場の状態はおおむね良好。

Raabe
ラーベ

システム異常なし。 通信状況……は微妙だが、想定の範囲内か。

Raabe
ラーベ

まあまあ、だな。テストのときよりはずっとマシだ。 中々の観測具合だぞ、レイ。

Raabe

1: 仮想ファントムフィールド、でしたっけ?
2: ここ、本当に僕が観測してるんですか?

1:
2:

ラーベ

ああ、そうだ。

Raabe
ラーベ

タカマガハラシステムとレイの観測力を使って 疑似的に生み出した小規模な場になる。

Raabe
ラーベ

まあ、ファントムフィールド自体、疑似的な場ではあるから、 名称としてしっくりきてるかっていうと微妙なんだけど……。

Raabe
ラーベ

暫定ね。かっこいい名前、募集中。

Raabe
ラーベ

ああ、そうだ。

Raabe
ラーベ

といっても、お前ひとりで場を保持してるわけじゃないから 安心しろ。タカマガハラシステムがサポートしてる。

Raabe
ラーベ

レイとシステム、両方の観測力を使って疑似的に 小規模なファントムフィールドを構築しているわけだ。

Raabe
ラーベ

……安定して使えるようなら、 なにか正式な名称を考えるとしよう。

Raabe

1: 疑似ファントムフィールド、でしたっけ?
2: ここ、本当に私が観測してるんですか?

1:
2:

ラーベ

ああ、そうだ。

Raabe
ラーベ

タカマガハラシステムとレイの観測力を使って 疑似的に生み出した小規模な場になる。

Raabe
ラーベ

まあ、ファントムフィールド自体、疑似的な場ではあるから、 名称としてしっくりきてるかっていうと微妙なんだけど……。

Raabe
ラーベ

暫定ね。かっこいい名前、募集中。

Raabe
ラーベ

ああ、そうだ。

Raabe
ラーベ

といっても、お前ひとりで場を保持してるわけじゃないから 安心しろ。タカマガハラシステムがサポートしてる。

Raabe
ラーベ

レイとシステム、両方の観測力を使って疑似的に 小規模なファントムフィールドを構築しているわけだ。

Raabe
ラーベ

……安定して使えるようなら、 なにか正式な名称を考えるとしよう。

Raabe
ラーベ

さてさて。早速だが、今回の目的をおさらいだ。

Raabe
ラーベ

今からレイにやってもらうのは、 仮想戦闘訓練だ。

Raabe
ラーベ

現状、レイはシエルの 『蒼の魔道書・写本』を媒介にして『ユニット』を具現化し、 ブレイブルー

Raabe
ラーベ

戦闘を行っている。

Raabe
ラーベ

もちろんそれが一番、安定していて安全性も高い 方法なんだが……。

Raabe
ラーベ

それしかできないでいると、 もしも『シエル』が使えなくなったとき、

Raabe
ラーベ

レイの身を守る手段がなくなってしまう。

Raabe
ラーベ

それはちょっとリスクがある。

Raabe
ラーベ

そこでだ。シエルなし、レイの観測力だけで ユニットを具現化し、戦闘を行う練習をする。

Raabe
ラーベ

当然、そう簡単にはいかないから、 当面はタカマガハラシステムがフォローする。

Raabe
ラーベ

『蒼の魔道書・写本』の代役もシステムが行う。

ブレイブルー

Raabe
ラーベ

最終的には、レイの力だけで具現化して、 ユニットも問題なく動かせるのが理想だ。

Raabe
ラーベ

……とまあ、以上が今回の訓練のあらましだ。 なにか質問は?

Raabe

1: 理論上は可能なんですよね?
2: 本当にそんなことできるのかな……

1:
2:

ラーベ

可能だ。 ……理論上は。

Raabe
ラーベ

さあ〜、どうかな〜。 たぶんできると思うんだけどな〜……。

Raabe
ラーベ

いや、そんな不審そうな顔をするんじゃない!

Raabe
ラーベ

レイほどの観測力を持った人間なんて、 そう滅多にいるもんじゃないんだ。予測なんかたてられるか!

Raabe
ラーベ

というかレイにできないなら他の誰にもできない。 できる可能性があるだけで、ものすごいことなんだ。

Raabe
ラーベ

それに、安心しろ。 この場が疑似的なものなら、戦闘も疑似的なものだ。

Raabe
ラーベ

タカマガハラシステムが管理してるんだから、 ヤバくなったら中断すればいい。

Raabe
ラーベ

……ちょっと、怪我くらいはするかもしれないけど。 フガクではメディカルルームが万全の態勢で待ち構えている!

Raabe
ラーベ

どーんと、思い切り、訓練してくれ! 大丈夫、死なせない!

Raabe
ラーベ

そんな目で見るなって。 大丈夫、大丈夫。本当に大丈夫。

Raabe
ラーベ

とんでもないイレギュラーが起こらない限り、 安心安全設計だ。

Raabe
ラーベ

さあほら、まごついてても時間の無駄だ。 早速やってみるぞ。

Raabe
ラーベ

自分の力を信じて、思い切りぶつかってこい!

Raabe
ラーベ

事象へのシステム干渉を確認。エネミー確認。 よし、レイ、行け!

Raabe

…………。 …………………………………………。

1: ひい、ひい、なんだこれ、きつい
2: 具現化ってこんなに疲れるの……?

1:
2:

ラーベ

どうしたどうした、息があがってるぞー。 まだ3体目じゃないか。実戦はこんなもんじゃないぞー。

Raabe
ラーベ

弱音を吐いてる場合じゃないぞー。 どんどん観測して、どんどん具現化しろ。まだまだ終わらんぞ。

Raabe
ラーベ

今度は数を増やしてみた。はいもうひと頑張り。 これを倒したらちょっと休憩入れてやる。

Raabe

1: スパルタだ……
2: ええい、やってやる!

1:
2:

ラーベ

ぼさっとするなー! がんばれー!

Raabe
ラーベ

その意気だ、いけいけー! がんばれー!

Raabe
ラーベ

よーし、一旦休憩。

Raabe
ラーベ

いやー、システムの補佐があったとはいえ まさか本当に一発で具現化できるとは思わなかったぞ。

Raabe
ラーベ

……なんだ、その目は。 半信半疑だったのも仕方ないだろう。

Raabe
ラーベ

本来は大掛かりな装置と特殊な魔道書がなければ 一体すら具現化できないくらいの高度な技なんだぞ。

Raabe
ラーベ

とはいえ……やはり『蒼の魔道書・写本』ブレイブルーがないと どうしても不安定にはなってしまうな。

Raabe
ラーベ

出力と動きはお前の力でなんとかなるが、 安定性ばかりはなぁ。一朝一夕に制御できるもんでもないし。

Raabe
ラーベ

繰り返し練習して、レイに慣れてもらうしか ないんだけど……いけそうか?

Raabe
ラーベ

……今ちょっとそれどころじゃないか。 いいぞ、座ってて。ほら、水だ。

Raabe
ラケル

だらしないのね。『最果てを観る者』エンドゲイザーともあろう人が。

Raquel
ラーベ

なにを言ってる。レイ以外の観測者ならとっくに 自我を失ってもおかしくないエネルギー消費なんだぞ。

Raabe

1: '
2: …………え?

1:
2:

ラケル

あら、本当。今にも死にそうな顔をしているわ。

Raquel
ラケル

力を使いすぎて、体が透明になってきているけれど、 本当に大丈夫なの?

Raquel
ラケル

……ふふ。冗談よ。

Raquel
ラーベ

バイタル的にはまだまだいける。 だいじょーぶ。

Raabe
ラーベ

……ところでおいおい。 なんでお前がここにいるんだ、ラケル=アルカード。

Raabe
ラケル

なんだか変わった遊びをしているようだから、 覗きに来たのよ。

Raquel
ラケル

システムで小さな世界を作るだなんて、面白いもの。 神をも恐れぬ行為とはこのことね。さすが人間のすることだわ。

Raquel
ラケル

でも……この子については、少しばかり 荷を課しすぎなのではなくて?

Raquel
ラーベ

これはレイの身を守るために必要な訓練だ。 そちらに不都合はないだろう。

Raabe
ラーベ

というか、面白いからって勝手に浸入ダイブしてきたのか……。 いや……ラケル、お前の場合はちょっと理屈が違うか。

Raabe
ラーベ

魂が境界に繋がってるんだったな。

Raabe
ラーベ

だからある程度なら、自主的に未確定存在ストレンジャーのように ファントムフィールドに現れることができる。

Raabe
ラーベ

最強の吸血鬼、クラヴィス=アルカードの娘。

Raabe
ラーベ

特異な存在はどこまでも特異だ。こっちの都合や理論なんて お構いなしなんだから、まったく……。

Raabe
ラケル

なにか不都合があって?

Raquel
ラーベ

こっちの方はありまくりだ。 勝手に介入されるってことは、そこに穴ができるってことだ。

Raabe
ラーベ

なにかシステムに異常があったら、お前のせいだぞ……。

Raabe
ラーベ

……って、ん? さっそく異常事態だな。 なんだこの反応は?

Raabe
ラーベ

おい、レイ、立て。 イレギュラー発生だ。未確認反応がこちらに接近中……。

Raabe
???

…………。

???
ラーベ

な……。

Raabe

1: お前は……!
2: あなたは……!

1:
2:

???

…………。

???
???

…………?

???
ラーベ

な、な、なんでここにいる……!?

Raabe
ラケル

この子が……あなたたちが前にファントムフィールドで 遭遇したという子なの?

Raquel
ラケル

だけどそれにしては、ずいぶん存在が不安定ね。

Raquel
ラーベ

あ、ああ……そうだな。どうにも様子が変だ。

Raabe
ラーベ

前は遭遇したとたんに攻撃してくるような、 敵意バリバリ戦闘意欲モリモリって感じだったんだが……。

Raabe
???

…………君たち…… 僕の、知り合い?

???
ラケル

そのようよ。 あなたは……どなた?

Raquel
アナザーダーク=マイ

僕は……マイ=ハヅキ。 ハヅキ家当主、ホウイチロウ=ハヅキの子……。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

の、はずだ……。 よく、思い出せないんだけど。

Another Dark Mai
ラーベ

なんだ……どういうことだ?

Raabe
ラーベ

以前は未確定存在ストレンジャーとして、 観測状態もかなり安定していたはずだが……。

Raabe
ラーベ

これでは、ファントムフィールドに紛れ込んだ 異物のようじゃないか……。

Raabe
ラケル

あなたがそう思うのなら、そうなのではないの? 今の彼女は未確定存在ストレンジャーではなくて、異物。

Raquel
ラケル

どうして異物として紛れ込んだのかは、わからないけれど。

Raquel
ラーベ

……どこかの誰かが、 場に穴を開けたせいじゃないといいんだけどな。

Raabe
ラーベ

お、おい、タカマガハラ!

Raabe
ラーベ

エネミーデータの要求はしていないぞ! こっちは今取り込み中だ、引っ込めろ!

Raabe
ラーベ

……マジか。こいつはまずい。

Raabe
ラケル

ラーベ。敵が増えたわ。

Raquel
ラーベ

わかっとるわ!

Raabe
ラーベ

レイ、戦えるか? タカマガハラシステムとの連絡がとれなくなった!

Raabe
ラーベ

エネミーデータを消去できない、なんとか対処してくれ!

Raabe
ラケル

それは無理なのではないかしら。 満足に動ける状態とはとても思えないわ。

Raquel
アナザーダーク=マイ

……なんだ。あれは敵なの。 倒せばいいのかな?

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

いいよ。邪魔だし……僕がやる。

Another Dark Mai
ラーベ

なんだって?

Raabe
アナザーダーク=マイ

こんな雑魚、僕の敵じゃない。 まあ、見てなよ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

終わったよ。

Another Dark Mai
ラーベ

あっさり、だな。強さは相変わらず……いや、 前に見たときよりは、いくらか力が弱いか。

Raabe
ラーベ

だがそれは観測状態の違いによるものだろうな。 これが万全の状態であったなら、どれだけ脅威になるか知れない。

Raabe
アナザーダーク=マイ

もう敵はいないのか。なんだ。

Another Dark Mai
ラケル

すごいわ。強いのね、あなた。

Raquel
アナザーダーク=マイ

なに? 君……吸血鬼か?

Another Dark Mai
ラケル

そうよ。

Raquel
アナザーダーク=マイ

……ふん。でも弱い吸血鬼だ。 どうでもいいか。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

それより、君。名前は? ……へえ、レイか。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

面白いね、君。 特にその……眼。

Another Dark Mai

1: そんなに見つめられると照れる……
2: もしかして、僕の力のこと?

1:
2:

1: そんなに見つめられると照れる……
2: もしかして、私の力のこと?

1:
2:

アナザーダーク=マイ

君って……。

Another Dark Mai
ラーベ

<size=130%>まずい! 離れろ!!</size>

Raabe
ラーベ

油断も隙もないな。 今、レイになにをしようとしていた!?

Raabe
ラーベ

……ん?

Raabe
アナザーダーク=マイ

…………。

Another Dark Mai
ラーベ

へ!?

Raabe
ラケル

……倒れたわ。

Raquel

……ぐ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

ラケル

今、すごい音がしたわ。 この子のお腹から。なんの音?

Raquel
ラーベ

……腹の音、だな。 なに、もしかして……腹減りで行き倒れた……の?

Raabe

1節 いつかの学び舎/

Summary
食事を済ませ、体力を取り戻したマイは協力

の要請をあっさりと承諾。現状の調査を始め る一行の前にマコトが現れ、戦闘となる。

アナザーダーク=マイ

はぐはぐはぐはぐっ…… あむあむあむあむっ……。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

がつがつがつがつっ…… んがっ……あぐ、あぐっ……ごくん……!

Another Dark Mai
ラケル

呆れた。 まるで底なし沼ね。

Raquel
ラケル

そんなにお腹が空くまで、どうして 放っておいたのかしら?

Raquel
アナザーダーク=マイ

ふーっ、美味しかった。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

実は僕にも全然わからないんだ。 なんでこんなにお腹が空いているのか。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

でも、レイのおかげで助かったよ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

君って本当に面白いね。 なんでも具現化できちゃうんだ?

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

〆にもう一品おねがいできるかな。 そうだな……栄養たっぷりのメラス・ゾーモスとか。

Another Dark Mai

1: メラ……なに?
2: お客様、そろそろその辺にしては……

1:
2:

ラケル

メラス・ゾーモス。 古代に食べられたという、戦士のためのスープね。

Raquel
ラケル

動物の肉と血液、それに塩、コショウ、酢などを混ぜ合わせて 作られた、別名ブラックスープと呼ばれる食べ物よ。

Raquel
ラケル

作ってあげたらいいわ。 あなたの、具現化のいい練習になるわよ。

Raquel
アナザーダーク=マイ

頼むよ。君の出す料理がおいしすぎて、食欲が止まらないんだ。 まるで生まれて初めて味のあるものを食べたような感覚だよ。

Another Dark Mai
ラーベ

クソッ!

Raabe
ラーベ

……やっぱり駄目か。

Raabe
ラーベ

おいレイ、そのへんにしておきなさい。 あんまりむやみに力を提供するんじゃない。

Raabe
ラーベ

……でもそれ、いいな。 今度フガクでも色々と作らせてみるか。

Raabe

1: なにかわかったの?
2: 便利に使おうとしてません!?

1:
2:

ラーベ

ああ。事態は思っていたより悪そうだ。

Raabe
ラーベ

気のせいだ。 ……それよりも、悪い報せがある。

Raabe
ラーベ

フガクとの連絡が、完全に断たれている。

Raabe
ラーベ

レイの認識とシステムの認識の間に 余計なものが挟まって、正常に連携できなくなっている状態だ。

Raabe
ラーベ

現状では、システムからこちらへの介入はできない。 サルベージも緊急脱出も不可能だ。

Raabe
ラーベ

つまり連携が回復できない限り、 ファントムフィールドからは抜け出せない。

Raabe
ラケル

それじゃあ、帰れないわね。 大変だわ。

Raquel
ラーベ

そう、大変なんだよ、見ての通り!

Raabe

1: 僕が連携を保てなかったから?
2: 次はうまくやってみせる

1:
2:

ラーベ

連携を保てなかったのは事実だが、それを補佐するのが 私とシステムの役目だった。レイのせいじゃない。

Raabe
ラーベ

ファントムフィールドを構築したうえで具現化までやったんだ。 レイは十分うまくやれてる、心配するな。

Raabe

1: 私が連携を保てなかったから?
2: 次はうまくやってみせる

1:
2:

ラーベ

連携を保てなかったのは事実だが、それを補佐するのが 私とシステムの役目だった。レイのせいじゃない。

Raabe
ラーベ

ファントムフィールドを構築したうえで具現化までやったんだ。 レイは十分うまくやれてる、心配するな。

Raabe
ラーベ

今回のことは、イレギュラーを想定しきれなかった私の責任だ。

Raabe
ラーベ

タカマガハラの制御下だし、そうそうおかしなことは 発生しないと思ってたんだが……甘かった。

Raabe
ラケル

潔く非を認めるなんて、案外素直なのね。

Raquel
ラーベ

事実を述べているまでだ。 それよりラケル。お前、他人事みたいな顔してるけどな。

Raabe
ラーベ

そもそも誰かさんが勝手にここに来たせいで、 異物が混入する隙間が生じた可能性が高いんだからな。

Raabe
ラーベ

その誰かさんこそ反省すべきなんだけど、 わかってる?

Raabe
ラケル

言いがかりだわ。そんなの可能性の話でしょう。 憶測で私に責任を問おうだなんて、無礼よ。

Raquel
ラケル

上に立つ者としても、恥ずべき行為だわ。 反省して。

Raquel
ラーベ

なにおう……!? そりゃ確かに憶測だけれども! それしか考えられないだろうが!

Raabe
ラケル

証拠でもあるの? 私のせいだっていう。

Raquel
ラーベ

ぐっ、ぬぬ……物的証拠をあげろと、 目茶苦茶物的証拠から縁遠そうな吸血鬼に言われるとは……。

Raabe
ラーベ

というか、なんか自分でもわかってる風じゃないか?

Raabe
ラケル

なんのことかしら。 ちっともさっぱりわからないわ。

Raquel
ラーベ

誤魔化すの下手か。

Raabe
ラケル

私はただ、あなたたちが面白そうなことをしているから 様子を見に来ただけよ。

Raquel
ラケル

つまりあなたたちがおかしなことを始めなければ 私はここに来ていなかったとも言えるわ。

Raquel
ラーベ

このうえ責任転嫁まで始める気か!

Raabe
アナザーダーク=マイ

ああ、美味しい! 血の生臭さなんかまったく感じないよ! レイ、このスープもう一杯!!

Another Dark Mai
ラーベ

そこ! ナチュラルにおかわりを頼むんじゃない! というかいつの間にその戦士のスープを具現化したんだ。

Raabe
ラーベ

レイ、 あんま力を無駄遣いするんじゃないよ!

Raabe
ラーベ

まったく、皆のんきにしてるけど。 事態はけっこう深刻なんだぞ……。

Raabe
ラーベ

……そもそもマイ、そちらの目的はなんなんだ?

Raabe
ラーベ

食事が落ち着いたのなら、そろそろ私の質問にも 答えてもらわないと困る。

Raabe
アナザーダーク=マイ

駄目だよ、機械君。 初対面の人にそんな態度を取るのは。

Another Dark Mai
ラーベ

いやいや、初対面じゃないんだって。 前に……!

Raabe
ラーベ

いや、認識の混濁している異物に そんなこと言っても意味ないか……。

Raabe
ラーベ

ならばお前が記憶を失っているという前提で話をしよう。

Raabe
ラーベ

私はアストロラーベ。ラーベでいい。 そこにいるレイのお目付け役といったところだ。

Raabe
ラーベ

我々は現在、ちょっと困っている。 事態を把握する必要がある。そこで、質問に答えてくれ。

Raabe
ラーベ

マイは、ここに来た理由を覚えているか?

Raabe
アナザーダーク=マイ

いや、全然わからない。覚えてないんだ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

気が付いたら君たちのすぐ近くにいた。

Another Dark Mai
ラーベ

そうか……ふーむ……。 この『わからない』が真実だと仮定してだ。

Raabe
ラーベ

なぜマイが、このファントムフィールドに現れたのか…… きっかけと原因と経緯が気になるところだな。

Raabe
ラーベ

その考察をするためにも、 今はとにかくフガクとのリンクを回復させないといけない。

Raabe
ラーベ

このファントムフィールドは、 システムという観測の一端を失った状態にある。

Raabe
ラーベ

非常に不安定だ。 下手をすると、我々もろとも消滅する危険性だってある。

Raabe
ラケル

それは困ったわね。

Raquel
ラーベ

ラケルが言うと全然困った感じに聞こえないんだよなー。 言っておくが、最悪皆まとめて巻き込まれるんだからな。

Raabe
ラーベ

まあ……とにかくそういうわけで。 現状、どれだけの猶予が残されているかもわからない。

Raabe
ラーベ

効率的に安全を確保するためにも、ここにいる全員で 協力して脱出方法を探したいんだが。

Raabe
アナザーダーク=マイ

……ああ。僕に手伝えってこと? うん、いいよ。

Another Dark Mai
ラーベ
軽いな!
Raabe
アナザーダーク=マイ

だって、ほかに手はないんだろ? だったら、ほぼ強制だと思うけど。

Another Dark Mai
ラーベ

物分かりがよくて、非常に助かる。 裏がないことを祈ってるよ。

Raabe
ラーベ

ラケルも、それでいいな?

Raabe
ラケル

ええ、いいわ。 ここがどんな場所なのか、興味もあるもの。

Raquel
ラーベ

よし。なら、次は行動だ。 まずはフィールドの現状を把握しよう。

Raabe
ラーベ

レイの認識にどれだけ影響が出ているのか 確認したい。

Raabe
ラーベ

なんだ、これは……!!

Raabe
ラケル

どうしたの? 早速影響というのが見つかったのかしら。

Raquel
ラーベ

ああ、見つかったとも! どこだここは!? 私はこんな場所、設定してないぞ!

Raabe
ラーベ

フィールドへのなんらかの介入を、無意識に具現化したのか? ということは……まさか。

Raabe
アナザーダーク=マイ

この場所……知ってる。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

そうだ、ここは…… 僕が通っていた『士官学校』だ。

Another Dark Mai
ラーベ

学校……?

Raabe
ラケル

士官学校って、 あなた軍人なの?

Raquel
アナザーダーク=マイ

……わからない。 だけどこの場所は……知ってる。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

そうだ。ここはトリフネ……。 みんなと過ごした学校の、廊下だ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

僕はここで、仲間や、先輩たちと…… 授業を受けたり、術式訓練を……うっ……。

Another Dark Mai
ラーベ

……やっぱり、そうか。

Raabe

1: 原因はマイ?
2: なにかわかったの?

1:
2:

ラーベ

端的に言えばそうだ。 それとレイも。

Raabe
ラーベ

ああ、このフィールドが『こう』なった理由がな。

Raabe
ラーベ

経緯は不明だが、マイはレイの ファントムフィールドに異物として取り込まれた。

Raabe
ラーベ

そのマイを、観測者であるレイが 強く認識したことで、

Raabe
ラーベ

マイが持っていた願望や欲求、そういったものの情報が 世界を構成する情報に紛れ込んだんだ。

Raabe
ラーベ

結果、ファントムフィールドは想定とは違う形に再構成され、 タカマガハラシステムとのリンクも途切れてしまった。

Raabe
アナザーダーク=マイ

君たちが帰れなくなったのは、 僕のせいだって言うの?

Another Dark Mai
ラーベ

原因がそこにあるというだけだ。 責めてるわけじゃない。

Raabe
ラーベ

……だが、そういうことなら仕組み自体はシンプルだ。

Raabe
ラーベ

フィールドを構成する情報が入り乱れているだけで、 観測自体はレイが行えているようだしな。

Raabe
ラーベ

基本構造に大きな変化はなさそうだ。

Raabe
アナザーダーク=マイ

ややこしい話はいいよ。 脱出できそうなの? できないの?

Another Dark Mai
ラーベ

方法にあてはある。それは……。

Raabe
???

あれ? もしかして、マイ?

???
ラーベ

……マコト=ナナヤか? 待て待て、おかしな話になってきたぞ。 なんでマコトまでこのフィールドに……。

Raabe
マコト

いや〜、学校に誰もいないから焦っちゃったよ。 でもよかった、マイと会えて。

Makoto
マコト

他に誰か見た? ツバキものえるんも いつの間にかいなくなっちゃっててさ……。

Makoto
ラーベ

ち、ちょっと待ってくれ。 まず状況の整理をさせてくれ……。

Raabe
マコト

うわっ!?

Makoto
マコト

ちょっ……マイ、いきなりなにするのさ!?

Makoto
アナザーダーク=マイ

うるさいな…… 僕の名を気安く呼ぶなよ、獣人。

Another Dark Mai
マコト

な……マイ、どうしちゃったの!? あたしのこと、忘れちゃったの?

Makoto
マコト

もしかして…… そこの人たちに洗脳されたとか!?

Makoto
ラーベ

……は?

Raabe
ラーベ

いやいや、誤解しているようだが私たちとマイは……。

Raabe
マコト

そうでなきゃ、マイがあたしのことを わからなくなるなんて信じられないよ……。

Makoto
マコト

どこの誰だか知らないけど、あたしの親友によくも! 絶対に許さない!

Makoto
マコト

このあたしの拳で、あんたたちをぶっ飛ばして マイも正気に戻してやるんだから!

Makoto
ラーベ

うわっ!? こら、知らない人にいきなり殴りかかるんじゃない!

Raabe
ラケル

交渉できる雰囲気ではなさそうね。

Raquel
ラケル

それで、どうするの?

Raquel
ラーベ

くそ、仕方ない。 レイ、マイと一緒にマコトを抑えてくれ!

Raabe
ラーベ

このままじゃ落ち着いて弁解もできない!

Raabe
アナザーダーク=マイ

一緒に? ふん。手助けなんて必要ないよ。 君の戦いぶりに興味はあるけどね。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

かかってくる相手は、誰であれ倒す。 僕ひとりの手で。

Another Dark Mai
マコト

マイがそんなこと、言うはずない……。 やっぱりなにか、おかしいんだ。

Makoto
マコト

待っててね、マイ。 今、あたしがいつものマイに戻してあげる!

Makoto

2節 まやかしの友/

Summary
マコトの正体は、マイの意識が反映された訓

練用のエネミーだった。脱出のため窯を探す 一行の前に、今度はツバキが立ちふさがる。

アナザーダーク=マイ

あれ? 消えちゃった……。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

あの獣人、なんだったんだ?

Another Dark Mai
ラケル

実体ではなく、人為的に生み出された幻影だったようね。

Raquel
ラケル

誰かさんには心当たりがあるんじゃないかしら?

Raquel

1: 幻影? なんでそんなものが?
2: 誰かさんって、ラーベさん?

1:
2:

ラーベ

まあ、幻影と言えばそうだが。 実体がないというだけで、根本はもっとシステム的なものだ。

Raabe
ラーベ

そうだな。戦闘データを解析した。 憶測ではなく、これははっきり断言できる。

Raabe
ラーベ

簡単に言うとだな……さっきのマコトは タカマガハラシステムの生み出した訓練用エネミーだ。

Raabe
ラーベ

つまりレイ、お前が訓練で戦っていたものと 同一の存在……ということになる。

Raabe
ラーベ

じゃあなぜ今回はマコトの姿をしていたかというとだ……。 原因はやはり、世界に介入したマイの意識にある。

Raabe
ラーベ

本来ならレイ用に作られていた 訓練用フィールドとその仕組みが、

Raabe
ラーベ

介入してきたマイの意識の影響を受けて、 マイ用に作り変えられてしまったわけだ。

Raabe
アナザーダーク=マイ

へぇ……面白いな。 じゃあここは、僕の訓練用に作られた世界でもあるってことか。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

それで? だったら次はどうすればいい? 出てくる敵を全部殺せば、ここから出られるのかな。

Another Dark Mai
ラーベ

全部倒して、はい脱出〜なんてことなら楽だけど。

Raabe
ラーベ

最初にそう設定したわけでもないし、 どれだけ倒しても脱出にはつながらないだろうな。

Raabe
アナザーダーク=マイ

じゃあどうするんだ。

Another Dark Mai
ラーベ

システムで生み出されたといっても、 ここがファントムフィールドであることには変わりない。

Raabe
ラーベ

そしてフィールドである以上、世界を維持するためには窯が要る。 脱出のために我々がこれから目指すのは、そこだ。

Raabe
ラーベ

窯、つまりこの世界の最深部に向かう。

Raabe
アナザーダーク=マイ

窯? そこに行けばなにがあるの?

Another Dark Mai
ラーベ

窯は世界の根幹であり、境界と繋がる扉だ。 つまり、窯まで行けばフガクとの通信が可能になる……。

Raabe
ラーベ

……かもしれない。

Raabe
ラケル

機械なのに具体性に欠けるのね。

Raquel
ラーベ

そりゃね。まずこの状況自体がイレギュラーだ。 もはや確率を割り出せる状態にもない。

Raabe
ラーベ

シエルがいない状況では、窯を探すことだって大変なんだ。 それに、この先どれだけエネミーが出てくるかも不明。

Raabe
ラーベ

いつフィールドが消滅するかもわからない。 そんな状態で自信満々に明言できるか。

Raabe
ラーベ

可能性はあるが、割と細い道になると思うぞ。

Raabe
ラケル

そうなの。 でも、窯の位置ならわかるわよ。

Raquel
ラーベ

……へ?

Raabe
ラケル

シエル、と言ったかしら。彼女ほどではないけれど おおよその位置なら私にもわかるわ。

Raquel
ラケル

要は境界の気配を辿っていけばいいのでしょう。 望むなら、案内してあげてもいいけれど。

Raquel
ラーベ

驚いたな……いや。さすがと言うべきか。 アルカードの血族は伊達じゃないな。

Raabe
ラーベ

それならば話は別だ。最短距離で窯を目指せるのならば、 脱出の可能性は格段に上がるからな。

Raabe
アナザーダーク=マイ

アルカード……? へぇ、君、アルカードなんだ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

ククク、まさか最強の吸血鬼一族に会えるなんて光栄だなぁ。 さっきは弱い吸血鬼だなんて言ってごめんね。謝るよ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

君なら僕を楽しませてくれるかも。 ねぇ……今から僕と殺し合いでもどう?

Another Dark Mai
ラーベ

ストップ、ストーップ!

Raabe
ラーベ

頼むから、それだけはやめてくれ! いまラケルにいなくなられたらマジでシャレにならん!

Raabe
ラーベ

せっかく生まれた脱出の可能性を、 自分から捨てようとするのはやめなさい!!

Raabe
ラーベ

このまま脱出できなかったら、 みんなまとめて消えるんだぞ!?

Raabe
ラケル

……だ、そうよ。

Raquel
アナザーダーク=マイ

……それもそうか。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

そうだね、今だけはやめておこう。 でも、いつか必ず……ね。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

あのアルカードとやりあえるチャンスなんて、 そう何度もあることじゃないだろうし。

Another Dark Mai
ラーベ

……まったく、戦闘狂の問題児め。 そんなに吸血鬼に興味があるのか。

Raabe
アナザーダーク=マイ

吸血鬼に、じゃない。 強いやつに興味があるんだ。

Another Dark Mai
ラケル

言っておくけど、ラーベ。 あなたもたいして変わらないわよ。

Raquel
ラーベ

失礼な! 私はただ平和的、科学的に解析したいだけだ!

Raabe
ラーベ

まあ、可能なら解剖もしたいが。

Raabe

1: 絶対ダメですからね
2: 知的好奇心というやつですか

1:
2:

ラーベ

え? あ、ははは、冗談に決まっているだろう。 うん、冗談だ。

Raabe
ラーベ

なんだその目は。本当だぞ。 ちょっとだけしか思ってないぞ。

Raabe
ラーベ

そう、その通り。 さすがレイ、よくわかってる。

Raabe
ラーベ

これはあくまで知的好奇心だ。 もちろん、本気でなんて、ちょっとしか思ってないぞ。

Raabe
ラケル

…………。

Raquel
ラーベ

さて、冗談はさておきだ。

Raabe
ラーベ

そろそろ窯へ向かうとしよう。 話している間にタイムリミットなんて笑えない。

Raabe
ラーベ

……ん?

Raabe
ツバキ

……マイ。

Tsubaki
ラーベ

ツバキ=ヤヨイ。次のエネミーは彼女の姿か。 そうか、ツバキも士官学校にいたんだな。

Raabe
ラーベ

そしてマイとも面識があった……と。

Raabe
アナザーダーク=マイ

……さあ。 僕にはまったくそんな記憶はないけど。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

だけど、その名前は知っているよ。 同じ十二宗家だからね。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

ツバキ=ヤヨイ……正義感が強く、 誰に対しても平等に接する……とんだ偽善者だ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

僕のもっとも嫌いなタイプの人間だよ。

Another Dark Mai
ツバキ

……本当に、私たちのことがわからないようね。

Tsubaki
ツバキ

マイ。 どうしてマコトを倒したの?

Tsubaki
ツバキ

私たちは苦楽を共にした仲間であり、友人だわ。 あなたにマコトを倒す理由はなかったはずよ。

Tsubaki
ツバキ

返答によっては、たとえあなたでも容赦はしません。 さあ、答えなさい。

Tsubaki
アナザーダーク=マイ

しつこいなぁ……僕は『お前たち』なんか知らないし、 僕に友なんていない。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

僕があのうるさい獣人をどうしようが お前にはなんの関係もないことだ。

Another Dark Mai
ツバキ

……そう。

Tsubaki
ツバキ

変わってしまったのね、マイ。 ならば私は、あなたを断罪しなければならないわ。

Tsubaki
ラーベ

なぁ、なんかこっちの方が悪役みたいじゃないか? 私の気のせいならいいんだけど。

Raabe
ラケル

気のせいではないでしょうね。

Raquel
ラケル

どの角度からどう見ても、100パーセント悪役だわ。 友達を倒されて憤る少女と、それを挑発する悪い人ね。

Raquel
ラーベ

だよなぁ。けどあのツバキが訓練用エネミーである以上、 倒す以外に退ける方法はないんだよな……。

Raabe
ツバキ

マイに力を貸しているのは、あなたたちですね。

Tsubaki
ツバキ

何者かは知りませんが、私の友人に酷いことをしたあなた方を 到底許すことはできません!

Tsubaki

1: なんだ、この感覚……
2: すごく嫌な感じがする

1:
2:

アナザーダーク=マイ

レイ、君は下がっていた方が身のためだよ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

あの装備は『封印兵装・十六夜』。 君にとっては天敵だから。

Another Dark Mai
ラーベ

十六夜……『観測者殺し』か!?

Raabe
ラケル

タカマガハラシステムが構築したエネミーデータといっても、 あの気配はほとんど本物ね。

Raquel
ラケル

この場合は、レイ…… 具現化したあなたを褒めるべきなのかしら?

Raquel
ラケル

だけど本当にあれで攻撃されたら、 あなたは消えてしまうかもしれないわよ。気を付けなさい。

Raquel
ラーベ

おいおい、さすがにまずくないかこれ!?

Raabe
ツバキ

さあ、これ以上の問答は不要です。 あなたたちのその罪、命をもって償いなさい!

Tsubaki
ラーベ

くっ、レイ! なんとか自衛してくれ……!

Raabe
アナザーダーク=マイ

……くだらない。 あーだこーだ言っても、所詮まやかしか。

Another Dark Mai
ラケル

まやかし……ね。

Raquel
ラケル

これがただのまやかしなら、リスクに怯える必要はないはず。 レイの観測力には、驚かされるわ。

Raquel
ラケル

人格や兵装どころか、思念まで発生させるほど、 マイ=ハヅキの心象風景を具現化するなんて……。

Raquel
ラケル

ラーベ。あなた、この子を使って何をするつもり?

Raquel
ラーベ

…………。

Raabe
ラケル

まあ、別に構わないけれど。

Raquel
ラケル

その答えには、 今も近づいている途中なのでしょうから。

Raquel

1: それ、なんの話?
2: 答えって?

1:
2:

ラーベ

今は考えなくていい。 それより、体力はなるべく温存しておくんだぞ。

Raabe
ラーベ

この先へ進めばそのうちわかる。 それより、体力の方はまだ問題ないな?

Raabe
ラーベ

我々にとって最優先は、窯へと向かうことだ。 悪いがもうしばらく協力してくれ。

Raabe
アナザーダーク=マイ

…………。

Another Dark Mai

第3節 その槍が払うもの/

Summary
窯を目指し、地中深く境界の気配を辿る。そ

の途上、マイを親友と呼ぶカジュンとアカネ が現れるが、マイは容赦なく攻撃する。

「マイをお願い」という言葉を残し、カジュ

ンたちは消えてしまった。敵を失い興味をな くしたマイと共に、窯の探索へと戻る。

ラーベ

今度は開けた場所に出てきたな。 周囲の生体反応は……。

Raabe
ラーベ

うん、問題なし。 今のところ、エネミーもいないようだ。

Raabe
ラーベ

ラケル、窯の気配はどうだ? まだ感じ取れているか?

Raabe
ラケル

ええ。……だけどラーベ、どういうことなの?

Raquel
ラケル

窯の気配……いえ、私が感じているのは 境界の気配だけれど。

Raquel
ラケル

それはこの大きな都市の下、地下深くにあるのよ。 それなのにどうして都市を上がっていくの?

Raquel
ラーベ

ここが、階層都市をモデルにした ファントムフィールドだからだ。

Raabe
ラーベ

介入のおかげでエリアの様子はだいぶ変わってしまっているが、 基本構造はそのままのようだからな。

Raabe
ラーベ

階層都市は、建設の構造上、 中心部地下深くに窯を有している。

Raabe
ラーベ

もちろん100パーセントではないだろうが……。

Raabe
ラーベ

ラケルが感じ取っている気配が地下深くからなら、 どうやら間違いなさそうだ。

Raabe
ラケル

だったら下へ向かうべきではないの?

Raquel
ラーベ

最上層から、窯のある地下へ一気に降りられる装置が あるはずなんだ。ここが階層都市ならな。

Raabe
ラーベ

それを確認するほうが、 地下から入り込むより早いし安全だ。

Raabe
ラケル

ふうん、そうなの。

Raquel
ラーベ

……で、マイはさっきからなにを食べてるんだ。

Raabe
アナザーダーク=マイ

サンドイッチ。レイに具現化してもらったんだ。 味は……まあまあいけるよ。

Another Dark Mai
ラーベ

こらこら、ポンポン具現化してやるんじゃない。 いくらレイでも、不慣れな観測は体力を……。

Raabe
ラーベ

いや、待てよ……こういう軽い具現化も、持久力を底上げする トレーニングになるか? よし、前言撤回だ。

Raabe
ラーベ

レイ。思う存分具現化していいぞ。 倒れない程度にな。というか絶対に倒れるなよ。

Raabe
ラケル

それにしても、広い場所ね。 ここもあなたの知っている、学校なの?

Raquel
アナザーダーク=マイ

たぶんそうだと思う。この景色にも見覚えがあるよ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

士官学校はそれ自体が階層都市なんだ。 学園都市とも呼ばれていた。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

だからこれくらいの広大なエリアは、いくつもあったよ。 ……はっきり覚えてるわけじゃないけどね。

Another Dark Mai
ラーベ

信じられん……本当にこの学校に通ってたのか。 どんな学校生活を送っていたのか、気になってしょうがない。

Raabe
ラケル

どうして?

Raquel
ラーベ

いやだって、そうだろ。 ちょっと変わった子、じゃすまないぞ。

Raabe
ラーベ

それにしても、学校全体が階層都市か。

Raabe
ラーベ

そういう構造の合致も、今回のファントムフィールドに 影響を与えやすくさせていたのかもしれないな。

Raabe
アナザーダーク=マイ

ねえ、レイ。もっとなにか具現化してよ。 ハンバーガーとか……フライドチキンもいいなぁ。

Another Dark Mai
ラーベ

本当に大丈夫か? さっきから食べてばかりじゃないか。

Raabe
アナザーダーク=マイ

そうだね……どうしてだろう。 すごくお腹が空くんだ。食べても食べても、もっと食べたい。

Another Dark Mai
ラーベ

やれやれ……いいかレイ。 餌付けついでだ、マイから目を離すなよ。

Raabe
ラーベ

あいつが勝手に動き回り出したら面倒だ。 放っておくと、とんでもないことを引き起こす気がする。

Raabe
アナザーダーク=マイ

僕がどうしたって?

Another Dark Mai
ラーベ

いや、なんでもない。こっちの話だ。

Raabe
アナザーダーク=マイ

ふーん? ま、いいけど。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

それよりも……ふふっ、十二宗家のひとり、 しかも封印兵装持ちを倒せたし、次は誰が敵になるんだろうな。

Another Dark Mai
ラケル

ずいぶんと楽しそうね。 さっき戦った子たちは、あなたの友達なのではないの?

Raquel
アナザーダーク=マイ

違うよ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

彼女たちは僕の知り合いみたいだけど、友達なんかじゃない。 僕に友達はいない。

Another Dark Mai
ラケル

相手は、そうは思っていなかったように見えたけれど。

Raquel
アナザーダーク=マイ

そんなの僕にはどうでもいいことだよ。関係ない。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

重要なのはそんなことじゃなくて、優れた身体能力の獣人や、 封印兵装を持った相手に勝ったってこと。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

それはつまり……僕がそれだけ強いってことになるからね。

Another Dark Mai

1: 友達は大事だと思うよ
2: それほど強さを証明したいの?

1:
2:

アナザーダーク=マイ

大事だって? なにを言ってるんだ、君。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

大事なものであるのなら、なおのこと不必要だよ。 そんなものを持っていればいるほど、弱くなる。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

証明したいわけじゃない。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

僕は強くならなくちゃいけないんだ。それだけのことだよ。 だから、弱みになる友達なんてものはいらない。

Another Dark Mai
ラケル

友達がいると、弱くなるの?

Raquel
アナザーダーク=マイ

そうだろう。友達って要は、守らなくちゃいけないものだ。 なにかを守るための戦い方じゃ、なにも倒せないじゃないか。

Another Dark Mai
ラケル

でも最初にあなた、レイを守ったわ。

Raquel
アナザーダーク=マイ

守った、だなんて言われるのは心外だよ。 そんなつもりはないんだから。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

僕はただ、現れた敵を倒しただけ。 結果的にレイが助かっただけだよ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

運が良かったね。あのとき死んでたら、僕たちはもう この世界と一緒に消えてたかもしれないんでしょ?

Another Dark Mai
ラケル

そうね。

Raquel
ラケル

…………。

Raquel
ラーベ

気になるのか。

Raabe
ラケル

ええ。 あの子、変な子ね。

Raquel
ラーベ

確かにな。角や尻尾まであるんだ。 普通じゃない。

Raabe
ラケル

角と、尻尾……?

Raquel
アナザーダーク=マイ

……そう。僕は強くなりたい。 ならなくちゃいけない。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

誰にも負けないくらい……誰もが認めるくらい。 圧倒的で、絶対的な強さがほしい。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

だから……。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

君たちみたいなのは、邪魔なんだ。

Another Dark Mai
カジュン

マイ……!

Kajun
アナザーダーク=マイ

ほら。そうやって僕の名前を呼ぶ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

友達面ってやつで、僕の弱みになろうとしてくる。

Another Dark Mai
カジュン

マイ。マコトとツバキのことは聞きましたわ。 どうして2人を傷つけたんですの?

Kajun
カジュン

それに……ワタクシたちのことが、邪魔だなんて。 どうしてそんなことを言うんですの?

Kajun
アナザーダーク=マイ

どうしてって。聞いてたのに、もう一度言われたいの? 君たちが邪魔だからだよ。そして鬱陶しい。

Another Dark Mai
カジュン

そんな……! ワタクシたちは友達ではないですか。 そんなことを言うなんて、マイらしくありません。

Kajun
カジュン

一体どうしてしまったんです? ワタクシたちのことを忘れてしまったんですの!?

Kajun
アナザーダーク=マイ

また『友達』か。本当に、しつこいな……。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

僕に友達はいない。 だから君も、僕の友達じゃない。

Another Dark Mai
カジュン

マイ……!?

Kajun
アカネ

今のマイちゃんになにを言っても、無駄かもね……。

Akane
アカネ

いつもの彼女じゃない。君を見る目がまるで違う。 本当に……心から、友達じゃないと思ってるみたいだ。

Akane
カジュン

……ええ。ワタクシにも、そう見えます。 でもなぜ? あの優しいマイが、なんでこんなことを!

Kajun
ラーベ

優しい? その評価がマイに当てはまるとは 思えないな……。人違いじゃないだろうな?

Raabe
カジュン

ワタクシがマイを見間違えるはずがありません! ワタクシにとっては、唯一無二の大事な人なんですから!

Kajun
アカネ

まさかとは思うけど、君たち。 マイちゃんになにかしたんじゃないだろうね?

Akane
カジュン

マイは誰よりも友達のことを想い、信頼してくれる人。 そのマイがこんなことを言うなんて、あり得ない……。

Kajun
カジュン

外部からなにかしらの干渉を受けているとしか、 思えないですの!

Kajun
ラーベ

なるほど。外部からの干渉か……。

Raabe
ラーベ

中々興味深い事態になってきたな。

Raabe
アカネ

マイちゃん。君になにがあったのかは知らないけど、 僕たちは今からだって、同じ道を行けるはずだ。

Akane
アカネ

君のそんな姿は……タロだって悲しむと思うよ。

Akane
アナザーダーク=マイ

…………。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

その人がどんな人なのか、僕は知らないし、 君たちが言う『マイ』がどんな人間なのかも興味ないけど。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

僕のことを好き勝手言われるのは、面白くないな。 これ以上、不愉快なことを言うようなら……ただじゃすまさないよ。

Another Dark Mai
カジュン

マイ、あなた……?

Kajun
カジュン

……いいえ。あなたがどうであれ、 ワタクシにとってあなたはかけがえのない親友ですの。

Kajun
カジュン

大事な親友が道を外れようとしているのなら、 手を差し伸べないわけにはいきませんわ。

Kajun
カジュン

いつものマイに戻ってください!

Kajun
アナザーダーク=マイ

これがいつもの『僕』だよ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

その僕は、君のことが要らない。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

戦うよ、レイ。 これも、僕のための訓練用エネミーなんだから。

Another Dark Mai
カジュン

ワタクシ、負けません! アカネ先輩!

Kajun
アカネ

うん。僕も……君を止めてみせる!

Akane
カジュン

マイ……。 どんな形になっても、忘れないでくださいな……。

Kajun
カジュン

あなたは、ワタクシの親友。 いつだって、どんなことだって、力になります……。

Kajun
カジュン

だから……。

Kajun
アナザーダーク=マイ

……うざいなぁ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

これまでで一番目障りだ。今すぐ、消えて。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

っ! なんのつもり……レイ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

そこをどいてよ。とどめが刺せないじゃないか。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

はん。そいつを庇うの? 僕にそいつを殺されたくない?

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

意味のないことを……。

Another Dark Mai
カジュン

あなた……。

Kajun
カジュン

……マイのことを、お願いします。 強くて優しい子なんですの。

Kajun
カジュン

見ていて、あげてください……。

Kajun
アナザーダーク=マイ

……なんだ、消えちゃった。 じゃあもういいや。

Another Dark Mai
ラケル

飛び出すだなんて、無茶をするわね。

Raquel
ラーベ

まったくだ。こっちは一瞬フリーズしたぞ……。

Raabe
ラーベ

無事でなによりだが、勘弁してくれ。

Raabe
アナザーダーク=マイ

ねえ、行かないの?

Another Dark Mai
ラケル

……そうね。ここにはもう用はないわ。 進みましょう。

Raquel

第4節 /

Summary
上層に辿り着いた一行は、窯へと至る入り口

を探す。「仲間」を拒絶し、孤高の強さを説 くマイの前に、無数のファジーが現れる。

すべてのファジーを撃破。手ごたえが足りな

い、と不満をもつマイがラケルの力に改めて 興味を示し、ラーベは慌てて止めに入る。

ラーベ

ふむ……この辺りの地形は、 データとも大体一致しているな。

Raabe
ラーベ

ラケル、窯の気配はどうだ?

Raabe
ラケル

大雑把な方向しかわからないけれど…… ほぼ真下から感じるわ。

Raquel
ラケル

だけどずいぶんと深くよ。 こんなに上の層まで来て、本当に地下まで降りられるの?

Raquel
ラケル

たしか、そういう装置があるという話だったけれど。 そんなもの、あるようには見えないわ。

Raquel
ラーベ

定型通りなら、最上層の中心部に、 一気に降りられる装置があるはずなんだ。

Raabe
ラーベ

とはいえ、簡単に目につく場所に入り口はないんだろう。 ちょっと探してみるしかないかな。

Raabe
ラケル

お決まりの形があるのなら、 わざわざ案内なんていらなかったかしら。

Raquel
ラーベ

いや、昇降装置があることも、その先に窯があることも、 所詮は憶測でしかない。

Raabe
ラーベ

地下深くに窯があるらしいという情報のもと、 動けてるのは大きい。助力に感謝してるとも。

Raabe
ラケル

どういたしまして。

Raquel
ラケル

なら、私の助力に結果を出すためにも、 さっさと入り口とやらを見つけましょう。

Raquel
ラーベ

さて、こちらも捜索開始だ。

Raabe
ラーベ

……ところで、マイ。 頼むから、あまり無茶をやらかさないでくれ。

Raabe
ラーベ

こっちは決して万全な体制じゃないんだ。 必要なフォローができないこともある。

Raabe
ラーベ

レイも。

Raabe
ラーベ

さっきみたいに、交戦の最中に飛び込んでいくなんてのは もうなしだ。シエルは今回いないんだからな。

Raabe
アナザーダーク=マイ

フォローなんていらないよ。 ていうか、そもそもそんなこと頼んでないんだけど。

Another Dark Mai
ラーベ

あのなぁ。我々は一応、共に行動している協力者の関係だろうが。 最低限、必要な協力はしてくれないかな。

Raabe
アナザーダーク=マイ

してるだろ。戦力になってる。 それに今だって、よくわからない入り口を探してやってる。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

これ以上、なにしてほしいわけ。 お仲間ごっこならそっちだけでやっててよね。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

……はぁ、鬱陶しいな。やっぱり誰かと一緒に 行動だなんて、するんじゃなかった。

Another Dark Mai

1: ひとりは、寂しくない?
2: 仲間がいた方が心強いよ

1:
2:

アナザーダーク=マイ

寂しいだって? 馬鹿馬鹿しい。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

心強い? 守るものなんか邪魔なだけだ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

孤高こそ、強さの究極の形だよ。 庇うものがあればあるほど、敵を倒すことに集中できなくなる。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

守りたいと思えば、その感情が弱点になる。 そいつが弱ければ、それだけ軟な急所になる。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

そうだな、人質でもとられたところを想像してみなよ。 そいつは君の大事な人だ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

そんな状態で、全力で戦える?

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

弱いやつは足手まといでしかない。 そんなものに構っていて、強くなんてなれるものか。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

……ああ、弱いと言えば。 君も『弱者』だよね。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

自分の身を、自分の身ひとつで守れない。 細い腕、軟弱な体。特別な訓練も積んでない。君は弱い。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

……でも……君がその眼で見る世界は……。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

っ! どけ、レイ!!

Another Dark Mai
ラケル

誰?

Raquel
???

あ〜あ。見つかっちゃった。

???
???

結構勘がいいんだね。 少しは楽しめそうかな。かなかな〜?

???
ラーベ

お前は……いつの間に!?

Raabe
ファジー

あと少しでまとめて串刺しにできたのに。 あ〜ざんねん。

Fuzzy
ファジー

でも、よく気づいたね。 さすがはメイファンが目をつけてる素材なだけあるかな〜?

Fuzzy
アナザーダーク=マイ

メイファン……だって?

Another Dark Mai
ファジー

でもでも。 どうせみんな死ぬんだから無駄なあがきだけどね。

Fuzzy
ラケル

中途半端な存在が、 ずいぶんと分不相応な物言いをするのね。

Raquel
ファジー

え〜? 親のすねかじりのくせに偉そうだなぁ。

Fuzzy
ファジー

アルカードのお嬢様。世間知らずの箱入り娘。

Fuzzy
ファジー

すごいのは君の父親のクラヴィス=アルカードであって、 君じゃないよ。

Fuzzy
ファジー

勘違いしないほうがいいんじゃない? 分不相応なのはどっちかな?

Fuzzy
ラケル

なんですって?

Raquel
ファジー

君なんか僕の遊び相手にもならないよ。 フフフ……試してみる?

Fuzzy
ラケル

無礼ね。そういう振る舞いは気に入らないわ。 しつけが必要かしら。

Raquel
アナザーダーク=マイ

あれは僕の獲物だ。 邪魔をしないでくれるかな。

Another Dark Mai
ファジー

え〜、でも君はメイファンの素材だから……どうしようかな? まぁ、それはそれで面白いかもしれないけど。

Fuzzy
アナザーダーク=マイ

へぇ……人を『モノ』みたいに言ってくれるね。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

面白いかどうか、やってみようか。 息の根を止めても、そうやって笑っていられるかどうかさ。

Another Dark Mai
ファジー

息の根を止める? アハハハ、僕を殺せるつもりなんだ?

Fuzzy
ファジー

じゃあ僕と遊ぶ? 遊んじゃう?

Fuzzy
ファジー

それもまたいいかもね〜! ねえ? ほら、僕『たち』と遊ぼうよ!!

Fuzzy
ラーベ

増えた!? これは……幻影なんかじゃないぞ。 ひとりひとりに実体が存在している!

Raabe
アナザーダーク=マイ

ひとりじゃ勝てないから、数を増やすのか。 短絡的で浅い考えだね。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

群れる羊よりも、一匹の狼のほうが強いんだよ。 その体に、たっぷり教えてあげるよ!

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

また消えた。 そういえば、本物じゃなくて訓練用……なんだっけ?

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

結局はまがい物か。 思ってたより、手ごたえがなくてつまらなかったな。

Another Dark Mai
ラーベ

いやいや、かなりの強敵だったと思うんだけど……。

Raabe
ラーベ

まったく。こいつの戦闘意欲というか、闘志というか。 そういうものには呆れるな……。

Raabe
ラケル

それについては同感だわ。 頭の中に戦うことしかないみたい。

Raquel
アナザーダーク=マイ

ああ、そうだ……。ハーフヴァンパイアは つまらなかったけど、そっちはどうだろう。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

本物の吸血鬼。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

さっき聞いてびっくりしたよ。 クラヴィス=アルカードの娘なんだ?

Another Dark Mai
ラケル

自分のこともろくにわかっていないくせに、 お父様のことを知っているの?

Raquel
アナザーダーク=マイ

知ってるよ。どこで知ったんだっけな……。 家の本だったと思うけど。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

最強の吸血鬼なんでしょ。 なによりも強い、伝説上の化け物だ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

君を倒せば、クラヴィス=アルカードとも戦えるかな。

Another Dark Mai
ラケル

本当に呆れるわ。 お父様と戦って、勝てるとでも思っているの?

Raquel
アナザーダーク=マイ

勝つんだよ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

それくらい僕は、強くならなくちゃいけない……。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

世界にふたりといない、唯一無二の存在。幻想生物。 誰もそいつには及ばない。誰もそいつには並べない。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

究極の『ひとり』の形だよね。 存在そのものが孤高なんだから。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

そいつを倒すことができれば……僕は……。

Another Dark Mai
ラケル

あなたは勘違いをしているわ。

Raquel
アナザーダーク=マイ

勘違いだって?

Another Dark Mai
ラケル

お父様はあなたがしようとしているように、 誰も寄せ付けず誰も慈しまない。

Raquel
ラケル

だけど孤高だから強いのではないわ。 強すぎるから……そうならざるをえなかっただけよ。

Raquel
アナザーダーク=マイ

……君、父親が怖いんだね。

Another Dark Mai
ラケル

……っ。

Raquel
アナザーダーク=マイ

僕もそうだ。だけどそれは君みたいな、 怯えた仔兎のような気持ちじゃない。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

父親は強くて偉大なものだ。畏れるべきものだ。 君はそれを知らないんだね。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

僕、君になら勝てるだろうな。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

君は弱い。クラヴィスの娘なんて言われてるけど、 その座にふさわしくないほどに。

Another Dark Mai
ラケル

なんですって……?

Raquel
ラーベ

はいはいはいはい、ストーーーーーーップ!!

Raabe
ラーベ

最強論も父親論も、そこまでだ。 今は議論の時間でも力比べの時間でもない。

Raabe
ラーベ

目的を忘れるな。私たちは今、 このファントムフィールドからの脱出を目指している。

Raabe
ラーベ

順番を考えろ。まったくもう。

Raabe
ラケル

……そうだったわ。私としたことが。

Raquel
アナザーダーク=マイ

なんだよ、邪魔する気?

Another Dark Mai
ラーベ

あのな。たとえここでラケル=アルカードを倒したところで、 クラヴィス=アルカードは現れないぞ。

Raabe
ラーベ

この世界を構築しているのはお前の情報と、 レイの観測力だ。

Raabe
ラーベ

そのどっちも、現状で奴を詳細に再現などできない。 ……できる日が来てもびっくりだが。

Raabe
ラーベ

お前が弱いと断じたラケルを倒して、 満足するのか?

Raabe
ラーベ

それよりもこの先を目指して、眼前に現れるだろう 強敵を待ったほうがいいんじゃないか?

Raabe
アナザーダーク=マイ

…………。 ……それもそうか。

Another Dark Mai
ラケル

口がよく回る機械ね。

Raquel
ラーベ

お褒めにあずかりどーも。

Raabe
ラーベ

ん? どうした、レイ?

Raabe
ラーベ

お? おお! さっきの戦闘で壁に裂け目ができたのか。 ここから中に入れそうじゃないか。

Raabe
ラーベ

でかした、レイ!

Raabe
ラケル

ここから、窯へ繋がる装置へ行けるかしら。 どんなところなのか、楽しみになってきたわ。

Raquel
ラーベ

探検気分じゃ困るぞ。 とはいえ、探検しないわけにもいかない。

Raabe
ラーベ

行くぞ。マイも。

Raabe
アナザーダーク=マイ

ああ、うん。わかったよ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

レイ、なに? 変な顔。

Another Dark Mai

1: 変!? お礼を言いたいだけなのに
2: 庇ってくれてありがとう

1:
2:

アナザーダーク=マイ

お礼? ……ああ、あのハーフヴァンパイアが現れたときのことか。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

別にいいよ。 そうする必要があったから、そうしただけだから。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

そんなことでお礼だなんて。 やっぱり君、変だね。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

…………。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

あのハーフヴァンパイアが現れたときのことだよね。 別に感謝されるようなことじゃないよ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

どういたしまして、とも思わない。 だから恩や借りにしなくていいよ。

Another Dark Mai
ラーベ

そうだな。確かにマイのおかげで、助かった。 私からも礼を言わせてくれ。

Raabe
アナザーダーク=マイ

やめてよ……気持ち悪いな。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

……変わってるね、君。 弱いのに……変なところ強気だし。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

まあ、悪い気はしないけど。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

先を急ぐんだろう。なにがあるかわからないし、 僕が先に行ってあげるよ。ついてきたら。

Another Dark Mai

第5節 強者/

Summary
窯の付近でジンと遭遇し、矜持を掲げ戦うマ

イ。ラーベは今回の接触を通して彼女を分析 し、現在の姿を得た経緯について語る。

ジンを倒し、激昂するマイを宥め落ち着かせ

る。途端にお腹が空いた、と食べ物の要求を 始める彼女と、再び歩みを進めていく。

ラーベ

ほう、ここに出るのか。

Raabe
ラケル

知っている場所なの?

Raquel
ラーベ

よく似た場所を前に見てな。そこも階層都市だった。

Raabe
ラーベ

今回のシステムで用意したフィールドではないから、 ここもマイの潜在意識から引き出された場所なんだろう。

Raabe
ラーベ

やはり、階層都市の構造はどこも 同じようになっているみたいだな。だとしたらこの先に……。

Raabe
ラケル

窯があるということね。

Raquel
ラーベ

その通りだ。 ゴールはそう遠くなさそうだな

Raabe
アナザーダーク=マイ

あぁ……そういうことか。どうりで。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

今の話で合点がいったよ。 さっきから漂っているこの気配。肌を突き刺すような空気。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

ゴールが近いってことは……相応の敵がやってくるってことだ。

Another Dark Mai
ラーベ

これは……急激に気温が下がっている……。 下がれ、レイ!!

Raabe
アナザーダーク=マイ

くっ……!

Another Dark Mai
ラーベ

ジン=キサラギ!? 次のエネミーは奴か。これは簡単には突破させてもらえないぞ……。

Raabe
アナザーダーク=マイ

そのほうが都合がいいよ。 強い敵と戦わなくちゃ、意味がない。

Another Dark Mai
ジン

……『マイ=ナツメ』。

Jin
ジン

どういうつもりだ? 何故……ツバキたちに槍を向けた。

Jin
アナザーダーク=マイ

はぁ……またそれか。 もういいよ、そういうのは。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

それに僕は『マイ=ナツメ』じゃない。 僕はハヅキ家嫡男にして次期当主……マイ=ハヅキだ!

Another Dark Mai
ジン

次期当主だと?

Jin
ジン

笑わせるな。お前は自ら名を捨て、自身の境遇から逃げた。 その意思を翻して、今更『ハヅキ』を名乗るのか?

Jin
アナザーダーク=マイ

僕は名を捨ててなどいない!!!!

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

たとえ体が変わって、男から女になろうとも…… 僕はハヅキの跡取りだ。その名を継ぐ者だ!

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

現当主である『武帝』をもしのぎ、 強き者となる定めを担う男だ!!

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

くそっ……槍が、届かない……。 これがキサラギ家次期当主の力か……。

Another Dark Mai
ジン

定めか。ならば問う、『マイ=ハヅキ』。 貴様はなんのために強さを求める?

Jin
ジン

名誉か。家のためか。 それとも……それしか縋るものがないのか?

Jin
アナザーダーク=マイ

馬鹿に……するな!!!

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

名誉なんかじゃない。家に殉じるつもりもない! 僕が力を求め、強くなりたいのは、僕が僕であるためだ!!

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

僕が僕の求める自分であり続けるために、今よりももっと、 もっともっともっともっともっと、強くなる!!!

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

そのためにも、そうだ、ジン=キサラギ。 『強い』君を僕は倒す!!!

Another Dark Mai
ラケル

もはや執念ね。盲信するように強さを求めている。 なんだか憐れに思えてくるわ。

Raquel
ラーベ

……ま、正常な状態ではないだろうからな。 憐れといえば、そうかもしれないね。

Raabe
ラケル

ラーベ、あなたやっぱり……。

Raquel
ラケル

レイを介したこの『場』を利用して、 あの子のデータを集めているわね?

Raquel

1: マイのデータを?
2: 僕を利用したの? / 私を利用したの?

1:
2:

ラーベ

こんな絶好の機会を逃すわけにはいかないだろ。 なにせ相手は謎だらけの、元未確定存在だストレンジャー

Raabe
ラーベ

情報があるにこしたことはないからな。

Raabe
ラーベ

そう人聞きの悪い言い方をするな。 相手は謎だらけの、元未確定存在ストレンジャーだぞ? 情報はいくらでもほしい。

Raabe
ラーベ

使える物は使うのが、私の信条だ。

Raabe
ラケル

この世界は、あのマイという子の意識が介入したことで、 一部が改変された世界。

Raquel
ラケル

景色や物だけでなく、存在する人物やその思念さえも、 彼女にしか知り得ないものであるはず。

Raquel
ラケル

であれば、 あの子がこの世界でなにをして、なにを思うのか……。

Raquel
ラケル

その全てが、マイという存在を解析するのに とても重要な情報源となるでしょうね。

Raquel
ラーベ

その通り。

Raabe
ラーベ

例えば、マイはマコトやツバキを知らないと言っていたが…… あれは間違いだろう。

Raabe
ラーベ

マイはおそらく、彼女たちを『知っていた』。 なぜならここは、マイの介入で構築された世界だからだ。

Raabe
ラーベ

この世界にあるもの全てが、 あの『マイ』の『可能性の姿』とも言える。

Raabe
ラーベ

……現状はまだ解析中の段階だが……。

Raabe
ラーベ

我々に同行している『マイ』について、 少しはわかってくるかもしれない。

Raabe
アナザーダーク=マイ

はぁッ!

Another Dark Mai
ジン

フッ……!

Jin
ジン

虚空刃……雪風!

Jin
アナザーダーク=マイ

うあぁぁぁぁっ!!

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

くぅっ……強い。

Another Dark Mai
ジン

……くだらないな。

Jin
ジン

お前は未熟で、力不足だ。ハヅキの名になにを 夢見ているのか知らないが、まずは己の弱さを受け入れろ。

Jin
アナザーダーク=マイ

お説教? だけど残念だったね。僕は僕の弱さくらい知ってる。 だから強くあるために……余計なものを捨てることにしたんだ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

切っ先を鈍らせるものなどなにもかも切り捨てて、 純粋な強さだけを研ぎ澄ませる。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

その先にあるのは、君の心臓かもしれないよ。

Another Dark Mai
ジン

…………。

Jin
ジン

たとえ僕を倒したところで、 お前がなにか偉大なる頂点に立てるわけではない。

Jin
ジン

いや……世界中のすべての強者を倒しても、だ。

Jin
ジン

愚か者の目には映らない……今の貴様の目にも映るまい。 刃を向ける先を失った者の脆弱さは、無様だぞ。

Jin
アナザーダーク=マイ

フン……。 知ったことかぁぁぁぁぁぁッ!!!

Another Dark Mai
ジン

ッ……!?

Jin
ジン

これは……。

Jin
ラケル

この気配……嫌な感じ。 足元からなにかが流れ込んできているわ。

Raquel
ラケル

これは……窯から? それなら、まさか……。

Raquel
ラーベ

可能性のひとつだと思ってはいたが、 そういうことだったとはな。

Raabe
ラーベ

マイ=ハヅキの中には、黒い因子が潜んでいる。 災厄の遺伝子とでも言おうか……。

Raabe
ラーベ

『それ』があいつの想いを増幅させている。 その想いに駆られ過ぎた形が、あの『マイ』だ。

Raabe
ラケル

まるで風にあおられた炎のようね。 やがて己の身に火の粉が移って、燃え上がってしまいそう。

Raquel
ラケル

……助ける? あの子を。

Raquel
ラケル

そうね。 それがあの子にとって助けになるかはわからないけれど。

Raquel
ラケル

ただじっと、マイが燃え尽きていくのを見守るだけでは、 面白くないもの。

Raquel
ラケル

私が援護してあげる。 あなたに誰の攻撃も届かないように、風で守っていてあげるわ。

Raquel
ラケル

だから、少しだけ…… あの子の思い描く理想を乱してやりましょう。

Raquel
ラケル

さっき、お願いされたものね。 あの子をお願いって。

Raquel
ジン

……貴様も、僕に挑むのか。

Jin
アナザーダーク=マイ

余計な手出しはいらない! こいつは僕が倒す!!!!

Another Dark Mai
ジン

いいだろう。

Jin
ジン

……来い!!

Jin
アナザーダーク=マイ

くそっ……僕は……勝つ!!!!!

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

はぁ、はぁっ、はぁ……っ。僕の勝ちだ。 僕の勝ちだ、僕の勝ちだ!!!!!

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

<size=130%>僕は君より強い!!!!</size>

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

なんっ……! 今度は君か、吸血鬼!!

Another Dark Mai
ラケル

そうしないと、またレイが 飛び出しそうだったのよ。

Raquel
ラケル

もう敵はいないわ。ご覧なさい。

Raquel

1: マイは十分強いよ
2: マイの勝ちだよ

1:
2:

アナザーダーク=マイ

僕は……。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

…………。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

……うん。 そう、だね。そうだ……。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

僕の……勝ち?

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

…………。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

……ああ、そうか。そうだね。 僕が勝った……。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

僕はちゃんと戦える。力だってある。 だから……取り乱す必要なんかないはずなんだ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

……君は不思議だね、レイ。 君に見られていると、なんとなく……思考がクリアになってくる。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

自分がどうするべきなのか…… 考えられるようになってくる。

Another Dark Mai
ラーベ

どうやら、落ち着いたようだな。

Raabe
アナザーダーク=マイ

…………。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

うん。騒いだら。ちょっと疲れたよ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

レイ、なにか美味しいものを出してくれないかな。 お腹が空いた。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

……甘いものがいいな。ドーナツとか。

Another Dark Mai
ラーベ

やれやれ。手の平を返したように、 食いしん坊キャラが戻ってきたな。

Raabe
ラーベ

だがまあ、これで行く手を阻む者はいなくなった。 先へ進むとしよう。窯まではあと少しだ。

Raabe

第6節 Wake up/

Summary
窯へと辿り着いた一行の前に、宿敵メイファ

ンが出現。ラーベがフガクとの連絡を試みる 間、マイ、ラケルと共に彼女に立ち向かう。

戦闘後、マイの姿は別人のものへと変わる。

同刻、バベルの下で目を覚ました「マイ」は いい夢を見た、と小さく微笑んでいた。

アナザーダーク=マイ

……ここは?

Another Dark Mai
ラケル

ここが目的地……窯。 ふうん、こういう感じになっているの。

Raquel
ラケル

窯は正常に稼働しているようね。

Raquel
ラケル

確か……観測者が自分を『観測者である』と認識していれば、 窯の存在が確立するのよね?

Raquel
ラーベ

そうだ。今回のファントムフィールドの観測者は、 レイとシステムだからな。

Raabe
ラーベ

乱入者が続出するっていうイレギュラーに見舞われたが、 観測は乗っ取られたりしてないようでよかったよ。

Raabe
ラーベ

さて。窯まで来れば、フガクにも連絡が取れるだろう。 周囲に警戒しつつ、待機。私はフガクの反応を探す。

Raabe
アナザーダーク=マイ

…………。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

……ねえ、レイ。 君は……。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

……?

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

なにか来る。 嫌なものが……!

Another Dark Mai
ラケル

嫌なもの? 確かに……風が変わったような……。

Raquel
メイファン

ほう。階層都市の心臓部に入り込む害虫がいるようだと 来てみれば……お前だったか。

Meifang
メイファン

マイ=ナツメ。

Meifang
アナザーダーク=マイ

……っ!

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

メイファン=ラピスラズリ……。

Another Dark Mai
ラーベ

なんだ、今のは……事象干渉か? いや、違うな。どっちかっていうと、認識が……ブレた?

Raabe

1: マイの姿が、変わったような……
2: マイ、だよね?

1:
2:

ラケル

なにを言っているの。 さっきからずっと、彼女は彼女だわ。

Raquel
アナザーダーク=マイ

……っ、はぁぁぁぁっ!!

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

う、くっ……。

Another Dark Mai
メイファン

どうした。槍先が怯えているぞ。 私が恐ろしいのか?

Meifang
アナザーダーク=マイ

ふざけるな! 誰が恐ろしいものか。 君なんかに、僕は……!

Another Dark Mai
ラケル

見ていられないわね。冷静になりなさいな。 無闇に掴みかかって敵う相手ではないわ。

Raquel
アナザーダーク=マイ

なにを……余計な手を出さないでくれって言ってるだろ! こいつは……僕が倒さないと……。

Another Dark Mai
ラケル

ふうん、ご執心ね。因縁のある相手だというの?

Raquel
ラケル

そもそも、あの人は誰なの? メイファン、と呼んでいたようだけれど。

Raquel
アナザーダーク=マイ

メイファン=ラピスラズリ。 世界虚空情報統制機構、第零師団。通称『審判の羽根』。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

……要は裏切り者を処分する暗殺部隊だよ。 彼女はその団長。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

だけど僕にとってはただの敵だ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

あいつは僕の前に立ちはだかった。 圧倒的で、恐ろしい力を僕は確かに味わった。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

だから……今度は。 『僕』があいつを倒す!

Another Dark Mai
ラーベ

なるほどな。マイにとっての切り捨てるものというより、 克服したいもの……か。

Raabe
メイファン

フフフ……果たしてできるか? 貴様に。

Meifang
メイファン

いいぞ、気安く攻めてくるがいい。だがその身が私の前で 倒れ伏したならば、私は今度こそお前を手に入れる。

Meifang
メイファン

お前の体を手に入れる。 その身に魔道書を宿したお前を、我が主に献上する!

Meifang
ラケル

……なんとなくだけれど、関係性はうかがえたわ。 そして私、あの人をあまり好きになれなさそう。

Raquel
ラケル

一応聞くけれど、どうする、レイ? 彼女に加勢する?

Raquel

1: 当然。ここまで一緒にきた仲間だし
2: 微力ながらマイの手助けがしたい

1:
2:

アナザーダーク=マイ

仲間……?

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

そんなもの、僕には必要ない!!

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

君は僕の仲間なんかじゃない、便利な装置だ。 勘違いしないでくれ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

ふん、思い上がらないでもらいたいな。 君は僕のなんのつもり? 仲間だとでも思ってるの?

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

そんなもの、僕には必要ない。 足手まといはいらない!!!

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

僕はひとりで戦える。 ひとりでいい。ひとりがいいんだ。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

そのほうが、僕は強くなれる……。

Another Dark Mai
ラケル

あなた、まだそんなことを……。

Raquel
アナザーダーク=マイ

<size=150%>黙れ!!!</size>

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

レイ……君はただ見ていればいい。 僕があいつに、勝つところを。

Another Dark Mai
メイファン

どうした。吠えているだけでは、私は倒れんぞ。

Meifang
メイファン

どいつからでも構わない。 私の前に命を投げ出したいのなら、挑みかかってこい……。

Meifang
アナザーダーク=マイ

忌々しい薄ら笑い……気に入らない。 気に入らないな!!

Another Dark Mai
メイファン

ククッ……フフフ、拍子抜けだな。 その程度か!

Meifang
アナザーダーク=マイ

この……まだ……まだだぁぁぁぁっ!!!

Another Dark Mai
ラケル

あの子、メイファンという人が相手になると 輪をかけて子供のようね。それも、怯えた子供。

Raquel
ラケル

人のこと、言えないじゃない。 ……よっぽど恐い思いをしたのかしら。それとも、悔しい思い?

Raquel
ラケル

あのままだとあの子、 勝てたとしても無事ではすまないわ。

Raquel
ラケル

行きましょう、レイ。

Raquel
ラーベ

こっちは引き続き、フガクとの連携回復に努める。 だからこっちに被害が来ないようにしてくれよ!

Raabe
ラケル

勝手なことを言うのね。 努力してみるわ。光栄に思いなさい。

Raquel
メイファン

……私を打ち倒すか。 その眼が……私を観るのだな。

Meifang
メイファン

フフフ、いいだろう。私の……負けだ……。

Meifang
ラーベ

よく戦ったな、レイ。 倒したという事象をきっちり観測できたのも見事だ。

Raabe
ラーベ

かなりの強敵のようだったから、だいぶヒヤヒヤしたが…… 不完全な状態でこれだけ戦えるとは、驚いた。

Raabe
ラケル

対照的に、こちらは無茶をしすぎたわね。 力を使いすぎたんでしょう。倒れてしまっているわ。

Raquel
ラケル

ほら、しっかりなさい。

Raquel
マイ

う……うう……な、に……? ここ、どこ……?

Mai
ラーベ

……これは、どういうことだ?

Raabe
ラーベ

さっきまでのマイは、違う姿をしていたはずだ。 どうして急に……姿が変わった?

Raabe
ラケル

違う姿? なにを言っているの。 この子は最初からずっと、この見た目だったわよ。

Raquel
ラーベ

はぁ!? いや、そんなはずはない。

Raabe
ラーベ

頭には角のようなものがあって、目つきはもっと鋭かったし、 服装だって違っただろ!

Raabe
ラケル

そんなはずはない、はこちらの台詞よ。 一体なにを見ていたというの、ラーベ。

Raquel
ラケル

レイ……あなたまで。 本当に、違う姿に見えていたの?

Raquel
ラケル

だとしたら……その違う姿の『マイ』は、 あなたの認識に割り込んできたことになるわね。

Raquel
ラケル

違う姿……違う存在を、あなたに認識させた。

Raquel
ラーベ

まさか……。いや、あいつならあり得ることかもしれない。 なにせ、なにからなにまで得体が知れない。

Raabe
ラーベ

そのうえ、あの『因子』だ……。

Raabe
ラーベ

レイの観測下に割り込んでくるのも……ん? いや、ちょっと待てよ。

Raabe
ラーベ

そんな異常事態を引き起こした原因は そもそも別にあったよな!?

Raabe
ラーベ

未熟な観測者のテスト中フィールドに、 通り道を作った吸血鬼がいたよなぁ!?

Raabe
ラケル

あら、それは大変ね。

Raquel
ラケル

私が顔を覗かせたくらいで通り道ができてしまうだなんて、 未熟もいいところよ。

Raquel
ラケル

今後の課題ができたじゃない。 ますます精進しなさい、レイ。

Raquel
ラケル

それと、あなたたちのシステムもね。

Raquel
ラーベ

ぐ、ぬぬぬぬぬぬ……。 それはその通りなんだよなぁ……っ。

Raabe
マイ

……なにがあったのか、よくわからないな……。

Mai
マイ

レイ? どうしたの……なんだか寂しそうな顔をしてるけど。

Mai

1: 違うマイに会ったんだ
2: もうひとりのマイ……

1:
2:

1: '
2: 少し寂しそうに見えた

1:
2:

マイ

寂しそう……?

Mai
マイ

私じゃない私……が?

Mai
マイ

君にそう思ってもらえたんなら、 その『私』は幸運だったかもしれないね。

Mai
マイ

少なくとも君は、その子が感じていたかもしれない 寂しさを知ってくれたんだから。

Mai
ラケル

お小言よりも、通信の状態はどうなの? 窯まで来たら連絡が取れて、フガクに戻れるのでしょう?

Raquel
ラーベ

おのれ、勝手にさくさく話を進めおって。

Raabe
ラーベ

……フガクとの連携状態は回復した。

Raabe
ラーベ

レイに過剰に負担をかけている状態だからな。 一旦引き上げるぞ。

Raabe
ラーベ

マイも。戻ったら状態を確認させてくれ。

Raabe
マイ

うん……私からもお願いします。

Mai
マイ

それと、その『私じゃない私』のことも。 よかったら聞かせてほしいな。

Mai
ラケル

はぁ。ちょっと暇つぶしのつもりが、 とんだお散歩になったわ。

Raquel
ラケル

レイ。 戻ったら、美味しい紅茶を具現化してみせて。

Raquel
アナザーダーク=マイ

…………戻って……きたのか。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

……ふふ、そうか。 そういうことだったのか。

Another Dark Mai
ザラ

……こんなところにいたか。

Zara
アナザーダーク=マイ

君か。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

僕になにか用? 今ならちょっとくらいの無理、聞いてあげてもいい気分だ。

Another Dark Mai
ザラ

……? なんだ、機嫌が良さそうだな。

Zara
アナザーダーク=マイ

……うん。ちょっとね。

Another Dark Mai
アナザーダーク=マイ

いい夢を見たんだ。

Another Dark Mai