BlazBlue Wiki Story:BBDW Chapter 1

Story:BBDW Chapter 1

From BlazBlue Wiki
Revision as of 15:40, 12 January 2022 by Chao (talk | contribs) (→‎第1節 浸入①/ 1. Dive - 1: fixed ruby, minor edits)

Chapter 1: The Condition for Peace (平和の条件 Heiwa no Jouken)

The Phantom Field, created to grant one's wish.
Under Hajou Kagami's orders, before Ciel and the others
is a world where the NOL—an organization in control of the world—and the Resistance are in conflict.
The rulers, and the resistant. In the end, what wish does the world have...?
BlazBlue Alternative: Dark War Chapter 1, The Condition for Peace[1]

第1節 浸入①/ 1. Dive - 1

Summary
カガミから説明を受け、窯を破壊し観測者を

解放するため、シエルと共にファントムフィールドに浸入を開始する。

After listening to Kagami's explanation, Rei joins Ciel in Diving into Phantom Fields to destroy Cauldrons and release their Observers.
音声

事象確認……座標確認……座標固定、完了。 アンカー射出準備完了。3、2、1、射出。

Voice

Phenomenon confirmed...Coordinates confirmed...Coordinates set. Anchor prepared to deploy in 3, 2, 1... deployed.

音声

アンカー固定完了。浸入準備完了 (ダイブ・プロセス・コンプリート) 《浸入》 (ダイブ) ――開始します。

Voice

Anchor set. Dive process complete. Dive--commencing.

シエル

…………。 ……レイさん、気が付かれましたか?

Ciel

... ...Rei, are you awake?

シエル

意識の覚醒に時間がかかっていたようですが、 体調、精神状態に不具合はありませんか?

Ciel

It looks like waking up fully is going to take some time. For now, is there anything wrong with your physical or mental state?

シエル

……レイさん? まだ意識の混濁が残っているようですね。

Ciel

...Rei? Still in a state of confusion...

シエル

必要であれば、状況の整理と確認を行います。 ここに来るまでのことは、思い出せますか?

Ciel

If necessary, I will perform a maintenance check. Can you remember what has happened up until now?

1: 確か、カズマさんたちと別れて……
2: 船でカガミさんに会って……

1: I think we had just parted with Kazuma...
2: We met Kagami on the ship...

シエル

カガミさん。 レイさんをお連れしました。

Ciel

Kagami-san. Rei is conscious.

カガミ

ご苦労さま。取り急ぎメディカルチェックを 受けてもらったが、問題ないみたいだね。

Kagami

Good work. I was about to have you undergo a medical check, but it looks like you won't need one.

カガミ

さて、では改めて自己紹介といこう。 はじめまして、レイ。

Kagami

Now then, let me introduce myself again. It's nice to meet you, Rei.

カガミ

私は御剣機関の『破城カガミ』。 『次元境界潜航艦フガク』の艦長だ。

Kagami

I am Kagami Hajou, from the Mitsurugi Agency. Captain of the Dimensional Boundary Submersible Warship Fugaku.

カガミ

まずはこの場所について説明しようか。 今、私たちがいるのは『次元境界潜航船フガク』の艦内。

Kagami

I'll explain about this place a bit more. Right now, we're inside the Dimensional Boundary Submersible Warship Fugaku.

カガミ

次元境界潜航船とは言葉通り、境界を潜航可能な船のことだ。 そしてこのフガクは現在、境界内を航行中である!

Kagami

Just as the name implies, this is a ship that can submerge itself in the Boundary. And right now, we are currently inside that Boundary!

1: 境界?
2: どこですって?

1: Boundary?
2: Where did you say we were?

カガミ

境界だよ。知らない? まぁそりゃそうだ、普通は知らない。 ではざっと説明しよう。

Kagami

The Boundary. You don't know? Well I guess it isn't exactly common knowledge. Alright, then let me explain.

カガミ

『境界』ってのは、次元と次元…… 『世界』と『世界』の間にある空間だ。

Kagami

The "Boundary" is what spans between dimensions... between "worlds."

カガミ

『世界の外側』とでも言おうか。 そうだな……宇宙空間のようなものをイメージしてほしい。

Kagami

You can also say it's "the outside of the world." Let's see...we can use space travel as an analogy.

カガミ

宇宙空間を『境界』とするなら、大気圏は『時間』で、 惑星は『世界』だ。

Kagami

If we make the vast cosmos the "Boundary," then the atmosphere is like "time," and planets are like "worlds."

カガミ

境界の中を、時間に包まれた世界がいくつも漂っている。 宇宙を漂う惑星のようにね。どう? イメージできた?

Kagami

Within the Boundary, various worlds float about, each wrapped in their own time. Just like planets, suspended in outer space. Well? Think you can visualize it?

カガミ

ざっくりした説明だけど、世界っていうのはおおよそ、 そんなような仕組みになってるんだ。

Kagami

It's a rough explanation, but different worlds work pretty much like that.

カガミ

その境界を潜航できるのが、このフガクだ。

Kagami

And Fugaku can submerge into the Boundary.

カガミ

ちなみに、なんで『潜航』かというとだな、 私たちは境界に『潜る』と言うんだ。

Kagami

By the way, in case you were wondering why it's a submersible, it's because we say one "submerges" into the Boundary.

カガミ

この理由はまた今度話そう。今知らなくてもいいことだし、 いっぺんに全部話しても、わけがわからなくなるだろうからね。

Kagami

We'll have to talk about why later. You don't really need to know that now, and I don't want to confuse you with too much information all at once.

シエル

なるほど。そうだったのですか。

Ciel

I see. So that's how it is.

カガミ

……あれ、教えてなかったっけ? ま、まぁ、それならちょうどいいから、今学んでいきなさい。

Kagami

...Huh? Did I not teach you that before? W-well, perfect, you can just learn now.

シエル

はい。

Ciel

Yes, ma'am.

カガミ

よし、では話を続けよう。

Kagami

Good. Let's continue.

カガミ

もちろん、私たちが元々いた世界の外側にも 境界は存在している。

Kagami

The world that we came from also has the Boundary outside of it, of course.

カガミ

その境界を観測する技術を持っていた私たち『御剣機関』は、 日々研究にいそしんでいたわけだが……。

Kagami

We at the Mitsurugi Agency had the technology to Observe that Boundary, and spent day in, day out researching it, but....

カガミ

あるとき境界内に不可思議な『事象』を発見してね。 その調査のために、この『フガク』で境界へ潜航を開始した。

Kagami

One day, an inexplicable "Phenomenon" was detected within the Boundary. This Fugaku here was then submerged into the Boundary to look into it.

カガミ

……とはいえ、実のところ事象の詳細はもちろん、 境界についてだってわからないところだらけ。

Kagami

...Although I say that, even if we put aside the phenomenon we came here to research, there's still so much we don't know about the Boundary itself.

カガミ

実際になにがあるのかは、行ってみないとわからないって 状況での、ドタバタ計画でね。

Kagami

It's something we won't know until we see it for ourselves. And that's how this project was thrown together.

カガミ

広大な宇宙空間に人を乗せたロケットを放り出して、 未知の惑星を探査してこいって言ってるようなもんだよ。

Kagami

It's a bit like sending people off on a rocket to outer space to explore an unknown planet.

カガミ

まさに人道無視、無謀極まりない計画だ。 ……まあ、これは私の個人的なボヤきだけど。

Kagami

A thoughtless and unethical plan through and through. ...Well, that's just my personal thoughts on the matter.

シエル

御剣機関……人道無視で無謀……はい、覚えました。

Ciel

The Mitsurugi Agency...thoughtless and unethical...Okay. I'll remember that.

カガミ

いやいや、そこは覚えなくていいから。

Kagami

No, no, you don't have to remember that part.

カガミ

で、だ。 我々が調査するべき、不可思議な事象についてだが。

Kagami

And, so. Now we arrive at the inexplicable phenomenon we're here to investigate.

カガミ

今話した境界という空間の中に、 本来『無いはずの世界』が発生していることがわかった。

Kagami

We've become aware of "worlds that aren't supposed to exist" originally within the Boundary I just talked about.

カガミ

存在しえないはずの世界。 誰かの願望が創造 (つく) り出した、虚構の世界。

Kagami

Worlds that aren't supposed to exist. Fictitious worlds created, born from someone's wish.

カガミ

私たちはそれを『ファントムフィールド』と呼称している。

Kagami

We call them Phantom Fields.

1: 虚構の世界?
2: ファントムフィールド?

1: Fictious worlds?
2: Phantom Fields?

カガミ

レイも見た……いや、実際に体験しただろ。

Kagami

Rei, you've seen them too...no, you've actually experienced one, haven't you?

カガミ

あの『魔道都市イシャナ』は『トリニティ=グラスフィール』が 構築したファントムフィールドだ。

Kagami

That "Magister's City of Ishana" was a Phantom Field constructed by "Trinity Glassfille."

カガミ

構築された世界の大きさは、 観測者によってまちまちみたいだけど……。

Kagami

The size of a constructed world depends on its Observer, but...

カガミ

彼女にとっては、あの小さな島であるイシャナが 世界そのものだったのかもしれないね。

Kagami

To her, that small island of Ishana might as well have been the world itself.

シエル

私……いえ、 私とレイさんが窯を破壊したことで、

Ciel

I...no, Rei-san and I destroyed the Cauldron, and then,

シエル

トリニティさんは観測者としての『呪縛』から 解放されたのですよね?

Ciel

Trinity was released from the "curse" of being the Observer, correct?

カガミ

呪縛、か。その表現は、ある意味適切かもね。

Kagami

Curse, hm? That expression might actually be pretty spot-on.

カガミ

ついでだ。ファントムフィールドについて、もう少し詳しく 話しとこう。レイも聞いておいてほしい。

Kagami

So. I'm going to talk a little bit more about Phantom Fields. Rei-san, I want you to listen too.

カガミ

想像できる? たったひとりの願望によって、 何度も繰り返される世界っていうのを。

Kagami

Try imagining this: A single wish, and a world that repeats endlessly because of it.

1: 何度も……
2: 繰り返される?

1: Endlessly...
2: Repeating?

シエル

…………。

Ciel

...

カガミ

……観測者は、自らが構築している ファントムフィールドの中では『死なない』んだ。

Kagami

...The Observer "cannot die" within a Phantom Field of their own making.

カガミ

不死という意味ではないよ。 変な話、殺そうと思えば殺せる。

Kagami

That's not to say they're immortal. It's strange, but if someone tries to kills them, they can and will die.

カガミ

ただ、仮にそうしたとしても『無かった』事になるんだよ。 どんな法則かは、わからないんだけど。

Kagami

It's just that even if it happens, it'll be made to "have not happened." By what method? We don't know.

カガミ

世界が『ある時点』例えば観測者の死だ。 そういう『ある未来』に到達すると……。

Kagami

The world, at "certain points"...for example, at the death of its Observer... will, in order to reach "a certain future"...

カガミ

ファントムフィールドに『リセット』がかかる。 まるでゲームみたいにね。

Kagami

...Be "reset" by the Phantom Field. Like loading from save points in a video game.

カガミ

そしたら、はい、やり直し。どこがセーブポイントなのかは 観測者のみぞ知る〜……みたいな。

Kagami

And then, alright, it replays. Where the save point goes, only the Observer knows~ ...Pretty much.

シエル

レイさん。あのイシャナは、私が訪れた時点で、 182回繰り返していたと計測結果が出ています。

Ciel

Rei-san. That Ishana, by the time I visited it, was measured to have already repeated 182 times.

カガミ

182回、トリニティは同じ世界を同じように、 あるいは別の形で過ごした。

Kagami

182 times, Trinity went through the same world, in the same way, albeit in different forms.

カガミ

そして世界にリセットがかかると、 また観測者の願望を元に世界が再構築され、繰り返される。

Kagami

And when the world is reset, the world is rebuilt based on the Observer's wish, and everything repeats once more.

カガミ

何度も何度も何度も何度も……ね。

Kagami

Over, and over, and over again... you see.

カガミ

トリニティのどんな願いが あの世界を形作っていたのかはわからない。

Kagami

We don't know what wish Trinity had that caused the creation of that world...

カガミ

でもその願いを形にするために、そして願いを存続させる ために、それ以外のあらゆる可能性が閉ざされていく。

Kagami

But in order to give form to that wish, in order to continue on with that wish, other, alternate possibilities were closed off.

カガミ

それが『ファントムフィールド』なんだ。

Kagami

That's what a "Phantom Field" is.

1: そんな……
2: トリニティさん……

1: That's...
2: Trinity...

カガミ

ただ、観測者となった者を責めないでほしい。 望んで観測者になったわけではないんだ。

Kagami

Although, I don't want you to blame the Observer. They don't become Observers because they want to.

カガミ

世界が繰り返していることにも、たぶん無自覚だろう。 そのファントムフィールドに存在 () る人たちもね。

Kagami

Even looping the world is likely done unaware. And the Phantom Field is probably unknown, too, to its residents.

カガミ

というか、もし自覚している人がいたら、とんでもない話だよ。 まず間違いなく、精神をやられる。

Kagami

Actually, if someone did become self-aware, it'd be horrible. Without a doubt, they'd go insane.

カガミ

ああ、ええと、話が逸れすぎちゃったか。 とにかくだ。

Kagami

Ah, ahem, I've gotten a little sidetracked. Anyway.

カガミ

私たちの知る限り、ファントムフィールドを構築している 観測者を『解放』するには、観測者の力の源である、

Kagami

As far as we know, in order to "release" the Observer that created a Phantom Field, we must strike at the source of their power--

カガミ

その世界の『窯』を破壊する以外に方法がない。 シエルの持つ『蒼の魔道書・写本』 (ブレイブルー) を使ってね。

Kagami

--the world's "Cauldron"--and destroy it. There's no other way. And we use Ciel's "Azure Grimoire Transcription (BlazBlue Alternative) " to do that.

カガミ

窯を破壊すれば、ファントムフィールドは観測者を解放する。 そして私たちを目指す場所へと導いてくれる。

Kagami

Destroying the Cauldron forces the Phantom Field to release its Observer. And it'll guide us to where we're trying to go.

1: 導いて?

1: Guide you?

カガミ

ああ……ごめんごめん、 その辺については詳しく話せないんだ。

Kagami

Um...sorry. Sorry. I can't talk about that in much detail.

カガミ

それより、先を続けよう。 可能性を閉ざしながら、繰り返す世界ファントムフィールド。

Kagami

Anyway, Let's move on. Phantom Fields are endlessly repeating worlds that close off possibilities.

カガミ

ここで重要なのは、繰り返していることじゃない。 『リセット』のほうだ。

Kagami

What's important here isn't that they repeat. It's that they "reset."

シエル

リセットのほう……ですか?

Ciel

That they "reset"...you say?

シエル

イシャナへの浸入 (ダイブ) はリセット発生直後に行いましたが、 それとなにか関係があるのでしょうか?

Ciel

When I infiltrated (Dove) into Ishana, it was right after a reset had occured. Is that related to this in any way?

カガミ

シエル、イシャナのリセットが発生したときのこと、 覚えてる?

Kagami

Ciel, do you remember what happened when Ishana reset?

シエル

……いえ。すみません、記憶にないです。

Ciel

...No. I'm sorry, I don't remember.

カガミ

だろうね。リセットが始まると、ファントムフィールドでは このフガクでも『観測不可能』なある『現象』が発生する。

Kagami

Yeah, I figured. When a reset begins, the Phantom Field undergoes a certain "Phenomenon" that, even to Fugaku, is "un-Observable."

カガミ

実に大きな力を伴う現象だよ。 ただその詳細は……不明だ。

Kagami

It's a Phenomenon that uses up a great amount of power. But any details about it... are unknown.

カガミ

その調査もかねて、イシャナではリセット直後に《潜入》 (ダイブ) して、 再構築後の様子を観測したかったんだが……

Kagami

In order to look into that, we had you Dive into Ishana right after it reset, so you could observe how it looks right after a reset, but...

カガミ

今回は、ほら、ね。うん!

Kagami

This time was, well, you know!

シエル

なにが『ほら、ね。うん!』なのか、説明を求めます。 内容によっては、カガミさんへの信頼ポイントに影響します。

Ciel

What do you mean by, "well, you know?" I don't understand. Depending on what it means, my trust level for you will be affected.

カガミ

いやぁ、今回は想定外のことが多すぎたからさぁ〜。 多少、調査結果がグダグダしててもしょうがないかな〜って。

Kagami

Weeell, there were too many unexpected occurrences this time around. It sooort of led to our investigation results being pretty much useless.

カガミ

再構成は不完全だし、アストロラーベは絶不調だし。 そのうえ未確定存在 (ストレンジャー) が直接干渉してくるし。

Kagami

The rebuilding of the world was incomplete, Astrolabe malfunctioned. And a Unidentified Existence (Stranger) directly Interfered.

1: 未確定存在 (ストレンジャー)

1: "Unidentified Existence (Stranger) ?"

カガミ

ああ、ファントムフィールドに外部から乗り込んできた 存在のことだよ。イシャナでシエルがそうだったようにね。

Kagami

Mm, it refers to people drawn into the Phantom Field from outside of it. In Ishana, Ciel was one of them.

カガミ

未確定存在 (ストレンジャー) といえば、あのマイとかいう奴も 回収したかったんだけどな……。

Kagami

Speaking of Strangers, I really wanted to retrieve that Mai, too...

シエル

無理です。

Ciel

That's impossible.

1: あの状況ではちょっと……
2: 本当に恐かったんですよ!?

1: The situation wasn't very...
2: I'm gonna get angry, okay!?

カガミ

まぁまぁ、今回はシエルの初《浸入》 (ダイブ) だったわけだし、 シエルたちを無事に回収できただけでも上出来だ。

Kagami

Now, now. Ciel, this was your first Dive, so just extracting safely means a job well done.

カガミ

それに……マイ? 彼女を確認できたおかげで、私たち以外の 未確定存在 (ストレンジャー) の干渉を把握できたのも、いい収穫だった。

Kagami

And, that... Mai? Since we were able to confirm her existence, we've discovered there's other Strangers out there aside from ourselves, which counts as a good harvest.

カガミ

そしてなにより、非常に貴重な人材を確保できた。

Kagami

More than anything, we've obtained an extremely valuable human resource.

シエル

レイさんですね。

Ciel

You mean Rei-san, right?

1: 僕? / 私?

1: Me?

カガミ

そう。ただ貴重は貴重なんだけど、私たちから見ればお前も、 あのマイと同じく正体不明の未確定存在 (ストレンジャー) なんだよな。

Kagami

That's right. And valuable you may be, to us, you also are an unidentified Stranger, just like Mai.

カガミ

イシャナの不完全な再構成も、 お前の干渉が原因じゃないかと考えている。

Kagami

I'm thinking that incomplete Ishana was not because of your Intervention.

カガミ

第一だな、お前がなんであの『ファントムフィールド』に いたのかさっぱりわからないんだ。

Kagami

First of all, we have no idea why you were even in that "Phantom FIeld."

カガミ

お前はあの時、あの瞬間、あの時代にいるべき人間じゃない。 採取したデータからしても、それは間違いない。

Kagami

You're not someone from that time, that era, or that moment. According to our data harvest, at least, but there's no mistaking it.

カガミ

そもそもお前のデータはあんまりにも、 普通の人間すぎる。

Kagami

To begin with, your data suggests you're someone far too normal.

カガミ

どう考えても、あの『魔道都市イシャナ』に入学するような 素質じゃないんだよ。

Kagami

No matter how you think about it, there was no way you could have been admitted to THE "Academy of Magical Arts" in Ishana.

カガミ

だから、私はお前に対する認識を保留にせざるをえない。 味方なのか、敵なのか。はたまたそれ以外なのか。

Kagami

That's why I had to identify you at once. Were you a friend or a foe? Or something else entirely?

カガミ

そのあたりを見極めたいわけだ。 わかってくれるかな?

Kagami

That's everything I want you to be aware of. Did you get all that?

1: 言いたいことは、わかります
2: 僕も(私も)同じ気持ちではあります……

1: I think I understand what you're getting at.
2: I feel the same...

カガミ

そこでだ。ここからは提案だ。 お前の『能力』は、私たちの作戦にとって大きな助けになる。

Kagami

And there it is. I have a proposal for you. Your "ability" is something that will be a great help to our plan.

カガミ

その世界の観測者ではないのに、お前はそれ以上の観測能力を 持っている。非常に特異な『ドライブ』能力だ。

Kagami

Even though you weren't the Observer of that world, you possessed a greater power of Observation than her. It's an extremely unique "Drive" ability.

カガミ

便宜上、『最果てを観るもの』 (エンドゲイザー) と呼んでおこうか。

Kagami

Let's call it "One Who Sees the End (End Gazer) " for convenience.

1: ドライブ能力?
2: エンドゲイザー?

1: Drive ability?
2: End Gazer?

カガミ

ドライブ能力。 魂の持つ力を具現化したもの……と言われている。

Kagami

A Drive ability. It's said to be something that embodies the power of the soul.

カガミ

簡単に言うと、超能力みたいなものだよ。 個々に性質が違い、発現する人は非常に稀な、特殊な力だ。

Kagami

Simply speaking, it's like supernatural powers. It's a unique power that differs from person to person, and it only manifests very rarely in people.

カガミ

とはいえ、あんまり難しく考えなくていい。私たちも存在は 認めているけど、理屈や原理はよくわかってないしね。

Kagami

I say that, but you don't need to think too hard about it. We've been able to confirm its existence, but we don't know how it works or where it comes from.

カガミ

あ、それと名前はなんとなくだ。あったほうが便利だからさ。 気に入らなかったら、自分で付けたらいいよ。

Kagami

Oh, and the name was whatever came to mind, since it's easier to have one than not. If you don't like it, you can just come up with a name yourself.

カガミ

とにかくだ。私たちはお前の能力がほしい。その力を使って、 ファントムフィールドの解放を手伝ってもらいたい。

Kagami

Anyway. We're in need of your ability. Using that ability would be a big help for releasing Phantom Fields.

カガミ

お前が協力してくれるなら、フガクでの安全な生活と、 我々にできる限りのサポートを約束しよう。

Kagami

If you cooperate with us, then we promise you a safe life aboard Fugaku, and that we will to support you to the best of our ability.

カガミ

その間に、お前が戻るべき世界が見つかるかもしれない。 悪い話じゃないだろう?

Kagami

On the way, we might even find the world you came from. Not a bad deal, right?

1: 急に言われても困ります……
2: 悪い話じゃない、のかな?

1: It's so sudden, I don't know what to say...
2: It doesn't sound bad, I guess?

シエル

カガミさん。私たちの任務に レイさんの力は間違いなく必要です。

Ciel

Kagami-san. Our mission absolutely needs Rei-san's power.

シエル

ですが、私が今回無事に帰還できたのは レイさんの協力があったからこそです。

Ciel

But I was only able to extract safely this time because Rei-san cooperated with me.

シエル

その方に、判断を強要するような交渉は 控えていただけないでしょうか。

Ciel

That's why, I would like to ask that you don't force a decision.

カガミ

…………シエル、お前レイに甘くない?

Kagami

Ciel...Aren't you a little soft on Rei-san?

シエル

甘い……とは? 私の最優先事項には レイさんの護衛も含まれています。

Ciel

Soft...how? My highest-priority directive includes protecting Rei-san.

シエル

レイさんの安全のために、 適切な要請を行うことも、任務の一環だと思いますが。

Ciel

I believe that for Rei-san's safety, closing an appropriate deal is also a part of my mission.

カガミ

いやいや、お前の最優先事項は 窯を破壊して観測者を解放することだから。

Kagami

No, no, your highest-priority directive is the destroying of Cauldrons and releasing of Observers.

カガミ

その為の『蒼の魔道書・写本』 (ブレイブルー) でしょ?

Kagami

Thus, the "Azure Grimoire Transcription (BlazBlue Alternative) ," right?

シエル

だからこそレイさんの力が必要なのでは?

Ciel

And that's why Rei-san's power is necessary, isn't it?

カガミ

必要は必要なんだけど、最悪、洗脳って方法もあるし。

Kagami

It may be necessary, but if we really need to, we also have brainwashing available.

シエル

それは私が阻止します。

Ciel

I object.

1: シエル……頼れるのは君だけだね……
2: いま、さらっと凄いこと言った!
3: あのぉ……ぼく(わたし)のせいでもめてません?

1: Ciel...You're the only one I can trust...
2: Wait, you just revealed something really shocking!
3: Um...Please don't fight like I'm not here?

カガミ

はぁ……わかったよ。 ……確かに、シエルの言う通りだ。

Kagami

Haah... Alright. ...It really is just as Ciel says.

カガミ

現状、レイの観測下でなければ、 『蒼の魔道書・写本』 (ブレイブルー) が起動しないのも事実だし。

Kagami

As it is, it's true that without Rei-san Observing it, the BlazBlue Alternative wouldn't have activated.

カガミ

だから素直に頼む。 レイ、私たちに力を貸してくれ。

Kagami

That's why I'll make this direct. Rei, please lend us your help.

1: 解放した世界はどうなるんですか?

1: What happens to the released worlds?

TB

本来あるべき『世界』 (かたち) に再構築されるよ。 未来へと続く世界。僕らは事象連続帯って呼んでいるけどね。

TB

It is reconstructed into a "world" with a proper future. A world that continues *into* the future. We call it a Phenomenon Continuation.

TB

それは観測者だった者の望んだ世界ではないかもしれないけど、 『可能性』を秘めた世界だよ。

TB

It might not be the world that the Observer wished for, but it's a world with possibilities hidden in it.

1: え? なに?
2: だれ?

1: Huh? What?
2: Who?

カガミ

……これから紹介しようと思っていたんだが、 先走ってくれるね。

Kagami

...And here I was just thinking of introducing you, but you've beat me to it.

TB

実に計算された、完璧なタイミングで声をかけたと思うけど?

TB

But this was calculated to be the perfect timing to speak up?

カガミ

君がそう言うのなら、そうなのかもしれないな。 レイ、多少手順が狂ったが、紹介するよ。

Kagami

If you say so, then maybe it really is. Everything's out of order now, but Rei-san, I'll still introduce you.

カガミ

こいつはTB。 ……このフガクをコントロールするメインシステム、

Kagami

This is TB. ...The main system that controls Fugaku.

カガミ

『タカマガハラシステム』の、 3つあるパーソナルのうちのひとつだ。

Kagami

One of the three personalities of the "Takamagahara System."

TB

よろしく。あとTAとTCがいるんだけど…… 『僕ら』は無愛想だからね。

TB

A pleasure. There's also TA and TC, but... "We" aren't the social type.

1: 僕ら?

1: We?

カガミ

気にしなくていいよ。最初は混乱するが、そのうち慣れる。 とりあえず、このタカマガハラシステムがなければ、

Kagami

Oh, don't worry about that. Things will be confusing at first, but you'll get used to it eventually. Just know that, without the Takamagahara System,

カガミ

フガクは境界を航行することも、 ファントムフィールドを特定することもできない。

Kagami

Fugaku wouldn't be able to traverse the Boundary, and we wouldn't be able to pinpoint Phantom Fields either.

カガミ

とても重要なシステムだ、と理解していてくれれば十分だ。

Kagami

It's an incredibly important system, and as long as you know that, you're good.

カガミ

と、いうわけで、レイ。改めて。 何度も聞くのもなんだから、これが最後にしよう。

Kagami

So with that, Rei-san. Once again--and I've asked several times so let's make this the last--

カガミ

私たちに協力してくれ。

Kagami

Please lend us a hand.

1: 観測者の解放を?
2: 僕(私)にできるかな……

1: To release Observers?
2: I wonder if I can do it...

カガミ

イシャナでもシエルが言っていたと思うが、 お前には観測者の力がある。

Kagami

I believe Ciel told you this in Ishana too, but you have the power of an Observer.

カガミ

自己観測っていうんだが……難しい理屈は省くよ。

Kagami

It's called Self-Observation... and let me omit the complex explanation.

カガミ

その力があれば、 他の観測者の影響を受けずに存在することができる。

Kagami

If you have that power, you can continue existing without taking on other Observers' influencces.

カガミ

イシャナの事例でいうと、 観測者はトリニティ=グラスフィールだが、

Kagami

Using Ishana as an example, the Observer there was Trinity Glassifille.

カガミ

その存在がファントムフィールドの姿、 ざっくり言うと規則 (ルール) みたいなものを決めているんだ。

Kagami

Basically, she determines the Phantom Field's form, which you can consider to be the place's "rules".

カガミ

だから観測者の影響下にある世界に入ると、どうしても その規則の影響を受ける。

Kagami

That's why when Diving into a world under an Observer's influence, there's no way to avoid also becoming affected by its rules.

カガミ

逆らうと、ろくなことにならない。 最悪、規則違反でその世界から退場……なんてこともありえる。

Kagami

Looking at it another way, it's nothing to make light of. In the worst case,... it's possible a breach of the rules could lead to being expelled from the world.

カガミ

だが、お前は違う。定められた規則に干渉することで、 自由に活動することができるし……、

Kagami

However, it's different for you. You can Interfere with the rules that have already been set in place, and go about freely, as you please...

カガミ

例のドライブ能力で、別の事象から一時的に 他のドライブ能力者を具現化して戦わせる事ができる。

Kagami

That Drive ability, through another Phenomenon and for a certain amount of time, will let you manifest other Drive users to fight alongside you.

カガミ

その力は誰にでもあるものじゃない……。

Kagami

That's not something just anyone can do...

カガミ

何か意味のある……『特別な力』だ。

Kagami

It's got a purpose...it's a special power.

シエル

…………。

Ciel

...

カガミ

……とはいえ、これは私たちにとって非常に重要な任務であり お前を危険な状況に立たせることも事実だ。

Kagami

...But it's true that what, to us, is an extremely important mission, will put you in danger.

カガミ

正直にいえば生命の保証もできない。

Kagami

To be blunt, we cannot guarantee you will live.

カガミ

だから今すぐ決めろとは言わないよ。 部屋を用意したから、ひとまずゆっくり考えてくれ。

Kagami

That's why I won't ask you to decide immediately. A room has been prepared for you, so take your time to think it over.

1:  …………  よくわかんないです
2: なんとなくはわかります

1: ... I don't really know.
2: I think I get it, kind of.

カガミ

まあいい、とにかく休め。 必要なものはある程度用意してある。

Kagami

Well, just rest for now. We've got most of everything you might need already prepared.

カガミ

シエル、部屋に案内してやってくれ。

Kagami

Ciel, lead the way.

シエル

了解です。 レイさん。こちらです。

Ciel

Yes, ma'am. Rei-san, this way.

TA

……いいのかカガミ。 レイの観測能力は未知数だぞ。

TA

...You sure, Kagami? Rei's power of Observation is an unknown variable.

TC

イエス・今回のファントムフィールドの様に 不確定事象 (ランダムフェノメノン) の発生が予測されます。

TC

YES. We already predicted that Random Phenomenon would occur, just as it did during this last Phantom Field.

TB

でもさ、僕たちも新しい『事象』 (データ) が 蓄積できていいんじゃないかな?

TB

Yes, but we were able to store new Phenomena (data) this time, so can't we leave it be?

カガミ

…………。

Kagami

...

1: ファントムフィールド……観測者の解放……)
2: (急に言われても、実感がないな……)

1: (Phantom Fields... Releasing Observers...)
2: (All of it's so sudden, it doesn't feel real...)

1: (ノックの音? 誰だろう?)
2: はーい、どうぞー

1: (Someone's knocking? Who is it?)
2: Yes, please enter.

シエル

……休息を中断させてしまい申し訳ありません。

Ciel
シエル

…………。

Ciel

1: どうしたの?
2: なにか話があるんじゃ……?

1:
2:

シエル

……イシャナでは、ありがとうございました。

Ciel
シエル

先程も言いましたが、レイさんのおかげで、 私は生存しています。

Ciel
シエル

特に、あのマイさんという敵性体の戦闘能力は 私を遥かに凌駕していました。

Ciel
シエル

なので、アナタの能力 (ちから) がなければ、 私の帰還は不可能だったと思います。

Ciel
シエル

……また、現状、アナタの助力無しに、 この『蒼の魔道書・写本』 (ブレイブルー)

Ciel
シエル

起動させることが難しいのも事実です。

Ciel
シエル

それを踏まえても……これ以上、アナタを危険な状況に 置くことを私個人として賛同しかねていると、ご理解ください。

Ciel
シエル

レイさんはこのフガクに留まり、 身の安全を最優先させるべきと思います。

Ciel

1: つまり
2: 協力するなってこと?

1:
2:

シエル

そう解釈して頂いて構いません。

Ciel
シエル

…………。

Ciel
シエル

ですが……あの……もし、私……私たちの任務に 協力していただけるのでしたら

Ciel
シエル

私は身命を賭してアナタをお護りいたします。

Ciel

1: …………は?
2: …………え?

1:
2:

シエル

……お話は以上です。 すみません。お邪魔しました。

Ciel
シエル

ごゆっくり、お過ごしください。 失礼します。

Ciel
カガミ

……お前たちか? シエルを行かせたのは。

Kagami
TC

ノー。ストレージNo・5への新たな指示 (オーダー) は行っていません。

TC
TA

我々にはそれをさせる理由がない。

TA
TB

レイくんの力は貴重だけど、 必須って訳じゃないからね。

TB
カガミ

ふうん。だとしたら……面白いな。

Kagami
カガミ

……引き続き、モニタリングはしておいてくれ。

Kagami
シエル

おはようございます。 レイさんをお連れしました。

Ciel
カガミ

おはよう。よく眠っていたようだな。たっぷり休めたか?

Kagami
カガミ

……よしよし。顔色も悪くなさそうだ。

Kagami
カガミ

それで。 ここに来たということは、なにかしら考えてくれたのかな?

Kagami
シエル

…………。

Ciel

1: どこまでできるかわからないけど……
2: 協力してみてもいいですか

1:
2:

カガミ

そうか、力を貸してくれるか! よかった、ありがたい。 正直なところ、人手が足りてなくてな!

Kagami
カガミ

それに、我々とフガクはすでに境界の中にいて、 引き上げようにも事情があって帰れないんだ。

Kagami
カガミ

だからどの道、 お前はこの船から出られなかったってわけだ!

Kagami

1: そうなんじゃないかなとは思ってました……
2: 初耳ですけど!?

1:
2:

カガミ

そうかそうか。 まあ、結果オーライということで。な。

Kagami
シエル

レイさん。本当に良いのですか?

Ciel

1: 正直言うと怖いけど……

1: やれることがあるなら、やっておきたいかな

シエル

……了解しました。レイさんが 決めたのであれば、私はそれに従うだけです。

Ciel
カガミ

シエル。言ってる事と表情がバラバラだぞ……。

Kagami
シエル

そうですか?

Ciel
カガミ

まぁいい……とにかく、そうと決まったら早速任務だ!

Kagami
シエル

新たなファントムフィールドを確認したのですか?

Ciel
カガミ

そうとも。だからすぐにでも始められるよう、 昨日のうちに準備しておいた。

Kagami
カガミ

まぁ、断られたら洗脳でもすればいいかと思ってたし。

Kagami

1: 洗脳!?
2: やっぱり本気だった!!

1:
2:

TC

イエス。 破城カガミの発言が冗談である確率は8パーセントです。

TC

1:
2: 今度は誰??

1:
2:

カガミ

さあ、そんなことよりこっちを見てくれ。 次なるファントムフィールドの情報だ。

Kagami
カガミ

といっても、お前にはなにがなんだかさっぱりだろうが。 とにかく見るだけ見てくれ。

Kagami
シエル

……イシャナのときよりも、 規模の大きなファントムフィールドですね。

Ciel
カガミ

ああ。イシャナは小さな島にある町ひとつ程度の広さだったが、 今度はもっと広範囲を探索しなければならないだろうな。

Kagami
カガミ

それに、イシャナのときよりもさらに未来の時代のようだ。

Kagami

1: ち、ちょっと待って!
2: 未来?

1:
2:

シエル

はい。……未来へ行くことが、不思議ですか? レイさん。

Ciel
シエル

境界はあらゆる世界へ繋がっています。 それは同時に、あらゆる時間軸に繋がっているとも言えます。

Ciel
シエル

境界を漂っているファントムフィールドは、 様々な時間軸から発生した場ですから、そこでの時代は様々です。

Ciel
シエル

あのイシャナもレイさんの時間軸から 観測 () ると、未来に位置づけされます。

Ciel

1: 知らなかった……

1:

カガミ

だから、お前がどうやってあの場に浸入 (ダイブ) したのか謎なんだけど、 その件については後回し。

Kagami
カガミ

とりあえず今は目の前のファントムフィールドだ。

Kagami
カガミ

文明の存在している世界ではあるようだから、 あとは行けばなんとかなるはず。習うより慣れろ、だ。

Kagami
カガミ

タカマガハラシステムもあるし、浸入 (ダイブ) 直後に消滅なんて ことにはならないはずだから、安心して行ってきてくれたまえ。

Kagami
TC

ノー。ファントムフィールドへの浸入 (ダイブ) は試験段階です。 トラブル発生確率は40パーセント、消滅の可能性は……。

TC
カガミ

あー、んんっ、ごほんごほん! ……期待してるよ、レイ。

Kagami

1: 40……パーセント?
2: 消滅する可能性があるんですか?

1:
2:

カガミ

……大丈夫。自信を持って。 お前なら最悪、漂流で済むはずだ。そしたら回収するから。

Kagami
カガミ

まぁ……私たちが生きている間に回収できるかは、 保証できないけども。

Kagami
シエル

最低限の装備は、私が携帯しています。 必要なものがあれば、言ってください。

Ciel
カガミ

よし、始めよう!

Kagami
オペレーター

フガク、固定翼展開。アンカー射出準備。

Operator
オペレーター

該当ファントムフィールドにフガク時間軸同調開始。 《浸入》 (ダイブ) 地点の選別、完了しました。

Operator
カガミ

よし、アンカーを打ち込め、 《浸入》 (ダイブ) を開始する。

Kagami

第1節 浸入②/ 1. Dive - 2

Summary
無事ファントムフィールドに侵入できたシエ

ル達。発見したその世界の住人と思われる集 団と接触を試みようとする。

Ciel, Rei, and Raabe Dive into the Phantom Field successfully. Upon discovering some inhabitants of this world that they're seeing for the first time, they try to make contact.

1: バッチリ思い出した
2: カガミさんの非道さがよくわかった!

1:
2:

シエル

記憶の混濁はないようですね。

Ciel
シエル

《浸入》 (ダイブ) は無事に完了しました。 ここはすでにファントムフィールドの中です。

Ciel
ラーベ

私も問題なく機能しているようだな。よしよし。 あの短時間で完璧な調整とは、我ながら恐れ入る。

Raabe

1: あれ、この丸いボール……
2: この声、カガミさん?

1:
2:

ラーベ

正常な状態で対面するのは、これが初めてだったね。 レイ。

Raabe
ラーベ

私は『アストロラーベ』。独立思考型ユニットだ。

Raabe
ラーベ

ファントムフィールド内では、いつどんな不測の事態が 起こるかわからない。

Raabe
ラーベ

フガクとの通信状況も、いつでも保てるという保障はない。 だが責任者である私が、そっちに同行するのもまずい。

Raabe
ラーベ

なので『破城カガミ』と同様の思考回路を持つ、 この私、アストロラーベを同行させることにしたわけだ。

Raabe

1: ということは……
2: カガミさん本人ではないんですね

1:
2:

ラーベ

個体としては、別だね。思考を共有しているわけでもない。 ただ私は、破城カガミと同一の思考をし、独自に判断する。

Raabe
ラーベ

気軽にラーベと呼んでくれ。ラーベちゃんでも構わないよ。 戦闘では役に立たないが、頼もしいだろう。可愛いし。

Raabe
シエル

可愛いという感覚はよくわかりませんが、可愛いのですね。

Ciel
ラーベ

シエルにもそのうち、 この洗練された愛くるしさが理解できるようになる。

Raabe
シエル

そんなことよりも、喋れるようになったのですね、カガミさん。

Ciel
ラーベ

ラーベだって言ってんでしょうが。 あと、そんなこと、という発言は聞き流してあげよう。

Raabe
ラーベ

それに、喋れるのは元からだ。 イシャナではお前が無茶させるから、機能が損傷しただけだし。

Raabe
シエル

そうでした。

Ciel
ラーベ

今回はそんなことがないようにしてもらいたいね。 ……さて。とりあえず周囲の状況だが……。

Raabe
シエル

現在地周辺は森林地帯です。 ここはある程度開けた場所のようですね。

Ciel
シエル

近距離に山岳地帯が確認できます。 上部には人工物と思われる区画が見えます。

Ciel
ラーベ

あれは……都市、か? かなり大掛かりだな。 辺鄙な場所にある割には、しっかり整備されているみたいだ。

Raabe
ラーベ

まあでも、無理もないか。この辺りは魔素がやたらに濃い。 あまり人が住むのに適した環境じゃないからな。

Raabe
シエル

魔素……? 確かイシャナでも確認された、微粒子状の成分ですね。

Ciel
シエル

報告書によるとその成分は空気よりも重く、 生物が体内に取り込めば悪影響を与える恐れがあるとか。

Ciel
シエル

それで、 山岳部の高度のある場所に都市が築かれているのですね。

Ciel
ラーベ

まずは、あの場所に関する情報を集めるところから 始めるのがいいかな。

Raabe
ラーベ

観測者を探すにしても、窯を探すにしても、 このファントムフィールドの状況を理解する必要がある。

Raabe

1: 観測者はどうやって探すの?
2: 窯はどうやって探すの?

1:
2:

シエル

その件については私も気になります。

Ciel
ラーベ

それじゃあ、ざっくりと。窯を見つけるには、 先ず観測者の特定をしなければならないが……

Raabe
ラーベ

イシャナでの件で、私の仮説が立証できたからね。 観測者の特定とまではいかないけど、推測することは可能だ。

Raabe
シエル

驚きました。推測可能なんですか?

Ciel
ラーベ

まず前提として、ファントムフィールドは 観測者の願望に基づいて構築されている。

Raabe
ラーベ

ゆえに、その世界にどんな願望が反映されているのかが 見えてくれば、その願望の持ち主が観測者ということになる。

Raabe
ラーベ

加えて、観測者はドライブ能力者だ。ドライブ能力を 有していることで、窯を通して境界と繋がることが……

Raabe
ラーベ

ああいや、このあたりの理屈はややこしくなるからいいか。

Raabe
ラーベ

それから、ここからがイシャナで立証できた件だが……。

Raabe
ラーベ

シエル。イシャナのファントムフィールドでの 『リセット』のタイミングがいつだったのか、覚えてるか?

Raabe
シエル

確か……タカマガハラシステムによれば、 列聖式という儀式が行われた時点でした。

Ciel
ラーベ

そうだ。観測の結果、時期のズレは多少あったが、 必ずリセット付近に『十聖の列聖式』が発生している。

Raabe
ラーベ

魔道都市イシャナでは、相当重要な儀式らしい。

Raabe
ラーベ

理由は知らんが、新たな十聖の誕生 (わけ) が、 彼女にとってのRaabe重大なターニングポイント……

Raabe
ラーベ

トリニティ=グラスフィールの願望が 潰えた瞬間なんだろう。

Raabe
ラーベ

つまり、この世界でターニングポイントと思われる事象に 強く影響を受ける人物……それが『観測者候補』となる。

Raabe
シエル

なるほど。

Ciel
シエル

世界を構築するほどの願望があって、けれどなにかの事象で その願望が潰える可能性がある、ドライブ能力者……ですね。

Ciel
ラーベ

とは言っても、推測は推測だよ。リセットに至る事象だって 予定されたモノなのか突発的なモノなのかはわからない。

Raabe
ラーベ

少なくともリセットが発生する程の事象だ、 世界に対してかなり影響のある出来事なんだろうが……。

Raabe
ラーベ

なんにせよ、地道に情報を集めて、 観測者になり得る人物を探し出す事には変わりない。

Raabe
シエル

そうですね、了解しました。

Ciel
ラーベ

まぁ仮に観測者が特定できても、 問題はどうやって窯まで連れて行くかなんだが……。

Raabe
シエル

問題があるのですか?

Ciel
ラーベ

本来、観測者は窯へ近付くことを無意識に避けるんだ。

Raabe
ラーベ

だが観測者が窯を認識しなければ、 窯を破壊することはできない。

Raabe
シエル

では、観測者の特定ができたら、 次にどうやって窯まで誘導するかですね。

Ciel

1: すごく大変そうだ……
2: そう簡単にいくかな

1:
2:

ラーベ

簡単なはずないだろう。先程も言ったが、 観測者は無意識に窯を避ける。

Raabe
ラーベ

仮に観測者が判明しても、無理やり窯を認識させたら どんな不具合が発生するかわからない。

Raabe
ラーベ

最悪リセットが発生する可能性もある。 できるだけ、強引な手段は取りたくない。

Raabe

1: そういえば、ここにいる状況で
2: リセットが発生したらどうなるんですか?

1:
2:

ラーベ

一応緊急時にはタカマガハラシステムが私たちを 回収することになっているよ。ただ……。

Raabe
ラーベ

運が悪ければ消滅。

Raabe
シエル

もしくは境界を永遠に漂流ですかね。

Ciel

1: 最悪だ……
2: 絶望だ……

1:
2:

ラーベ

だからそうならないように、 まずはしっかり情報を集める。

Raabe
ラーベ

この世界がどういう状況にあるのかがわかってくれば、 こちらの動き方も定まってくるはずだ。

Raabe
ラーベ

……では、そろそろ行動しよう。 話をしているだけでは、事態は進展しないからな。

Raabe
ラーベ

シエル、お前は先行し周囲の索敵。 レイは私と共にここでシエルのバックアップだ。

Raabe
シエル

了解しました。 レイさん、よろしくおねがいします。

Ciel

1: がんばります!
2: でも、バックアップって何をすれば?

1:
2:

ラーベ

つまり、周囲の確認が終わるまで、 ここでおとなしくしていろということだよ。

Raabe
統制機構衛士A

くそっ! ここにも反逆者どもが! こいつら、一体どこから!?

NOL Soldier A
統制機構衛士B

視界が悪い、迂闊に術式を使うな! 同士討ちになるぞ!

NOL Soldier B
統制機構衛士C

とにかく本隊と連絡を……! 最低でも現状を伝えなければ……。

NOL Soldier C
統制機構衛士A

こちら探索隊第3班! 現在、反逆者から奇襲を……

NOL Soldier A
レジスタンスA

今だ! 一気に攻め込むぞ! 動ける奴はついて来い!

Resistance Member A
レジスタンスB

図書館の連中をぶっ潰せ!

Resistance Member B
レジスタンスたち

<size=130%>うおおおおおお!

Resistance Members
統制機構衛士A

くそっ! 持ち堪えろ! すぐに援軍が来る!

NOL Soldier A
統制機構衛士B

ぐあっ!

NOL Soldier B
統制機構衛士D

がっ……!

NOL Soldier D
レジスタンスA

押せ押せぇ! 今ならこいつらを潰せるぞ!

Resistance Member A
統制機構衛士E

こいつら勢いづきやがって……!

NOL Soldier E
統制機構衛士C

くっ、撤退すらままならないか……。

NOL Soldier C
レジスタンスB

図書館どもめ! 俺たちの苦しみを思い知れ!

Resistance Member B
レジスタンスB

うあ……!

Resistance Member B
ツバキ

落ち着いてください。隊列を崩さないように!

Tsubaki
統制機構衛士A

ヤヨイ中尉!

NOL Soldier A
ツバキ

すぐに増援も到着します。負傷者は速やかに後方へ。 動けない者には手を貸してあげてください。

Tsubaki
ツバキ

戦える者は、私と共に前へ。今は迎撃のみで十分です。 被害をこれ以上広げないことだけを考えてください。

Tsubaki
レジスタンスA

あいつ……十二宗家の! なんでこんな所に!?

Resistance Member A
レジスタンスB

くっ、図書館の連中、急に押し返してきたぞ! この……人数ではまだこちらが上のはずだ!

Resistance Member B
レジスタンスA

あの指揮官と無理に戦うな! 離脱したほうがいい!

Resistance Member A
レジスタンスC

ビビってんじゃねぇ! あの女さえ倒せば、こっちの勝ちだ。 ここで叩くぞ!

Resistance Member C
レジスタンスたち(数名)

<size=130%>おおおお!!

Resistance Members (Several)
ツバキ

その程度!

Tsubaki
ツバキ

今の内に体勢を整えてください!

Tsubaki
統制機構衛士A

はっ! 了解しました!

NOL Soldier A
レジスタンスD

駄目だ、あの女指揮官、強すぎる……!

Resistance Member D
レジスタンスC

くそっ! またあの女に……。

Resistance Member C
レジスタンスA

撤退だ! 逃げるぞ!

Resistance Member A
統制機構衛士C

敵対集団が撤退を開始したようです。 中尉、追撃しますか?

NOL Soldier C
ツバキ

……いえ、地の利はあちらにあります。 迂闊に追って、罠にかかるとも限りません。

Tsubaki
ツバキ

今は負傷者の救護を優先して下さい。 それから、捕虜にも十分な治療を。

Tsubaki
ツバキ

あなたは後続の分隊と合流後、部隊を再編成して、 周囲の警戒をお願いします。

Tsubaki
統制機構衛士A

了解しました!

NOL Soldier A
ツバキ

……それにしても、 彼らの扇動者は捕えられたというのに……

Tsubaki
ツバキ

これだけの攻勢を続ける士気が、 なぜ保たれているの……?

Tsubaki
ラーベ

唐突だがレイ。 今のうちに、ちょっと忠告しておくぞ。

Raabe
ラーベ

ファントムフィールドでは、 お前は自分の身を守ることを第一に考えてくれ。

Raabe
ラーベ

無論、任務遂行を優先して行動はしてほしい。 だが、身の危険を感じたら、シエルに任せてお前は退避しろ。

Raabe
ラーベ

ああ見えても……比喩ではなく、シエルはお前の百倍強い。

Raabe
ラーベ

それにシエルもお前の身の安全を最優先にするだろ。

Raabe
ラーベ

まぁ最終手段として、フガクから強制的に回収することも できるが、それも万能ってわけじゃない。

Raabe
ラーベ

いくらお前が観測の力を持っていても、 お前は不死身じゃない。だから無茶はしないように。

Raabe

1: わかりました、気を付けます
2: ラーベさんや、シエルもね

1:
2:

ラーベ

素直でよろしい。

Raabe
ラーベ

生意気言うじゃないか。でも、そうだな。

Raabe
シエル

ただ今戻りました。

Ciel
ラーベ

偵察ご苦労。どうだった?

Raabe
シエル

報告が2つあります。

Ciel
シエル

この近辺で、敵性生物を確認しました。恐らく、原生生物が 高濃度の魔素の影響で、凶暴化したものと思われます。

Ciel
シエル

移動する際に戦闘になる可能性が高いでしょう。

Ciel
ラーベ

魔物か。まあある程度はシエルが対応できるか。 もう1つは?

Raabe
シエル

はい、この先でファントムフィールドの住人と思われる 一団を発見しました。

Ciel
シエル

声と生命反応を確認した限りでは、 10人に満たない集団のようです。

Ciel
ラーベ

おっ、それはいい。レイ、今はとにかく情報だ。 その住人たちに接触してみよう。

Raabe
シエル

……!

Ciel
シエル

敵性反応、確認。 周囲の魔物がこちらに気付いたようです。

Ciel
ラーベ

ふむ……ちょっと長話が過ぎたか、それとも……。 まぁいい、魔物が数匹……というところか。

Raabe
シエル

撃退します。

Ciel
ラーベ

よろしく頼むぞ。 か弱いユニットである私は、安全圏からサポートしよう。

Raabe

第1節 浸入③/ 1. Dive - 3

Summary
集団と接触したシエル達だったが、敵対して

いる統制機構の衛士に取り囲まれ、やむなく 戦闘することとなる。

Ciel and the others are able to make contact with the group, but are surrounded by enemy soldiers of the NOL and are drawn into combat.
シエル

先程発見した反応は、この先です。

Ciel
レジスタンスA

だ、誰だ!?

Resistance Member A
レジスタンスD

う……うぅ……。

Resistance Member D
レジスタンスE

くそっ……新手か……?

Resistance Member B
シエル

全員負傷しているようです。 うち、数名は重傷ですね。

Ciel
ラーベ

人数は……6名か。何の集団かわからないが、 武装しているところをみると……。

Raabe
ラーベ

戦闘があって、そこから逃げてきた……って感じかな。

Raabe

1: だ、大丈夫ですか……?
2: ラーベさん、治療とか出来ます?

1:
2:

レジスタンスA

近づくな!

Resistance Member A
ラーベ

待て待て、レイ……。 さっき言ったことをもう忘れたのか?

Raabe
レジスタンスA

お前たちは何者だ!? 図書館に雇われた咎追いか!?

Resistance Member A
ラーベ

……ふむ、貸しを作るのもアリか……。

Raabe
ラーベ

これだけの人数の治療を行える準備は無いけど、 応急処置くらいなら……。

Raabe
レジスタンスA

な、なんなんだ、お前たち……その丸いのも……。 図書館の連中じゃないのか?

Resistance Member A
シエル

対象の警戒度上昇。攻撃の意思を確認。 ……レイさん。下がってください。

Ciel
ラーベ

待てシエル、落ち着け。急に我々のような得体の知れない連中が 現れたんだ、警Raabe戒して当然だよ。

Raabe
レジスタンスA

いいから答えろ! なぜ俺たちを追ってきた!?

Resistance Member A
シエル

私たちに、アナタ方に対する害意はありません。 ただ情報を聞き出そうと思っているだけです。

Ciel
レジスタンスB

情報だと? 捕えて、尋問しようってのか!

Resistance Member B
シエル

警戒度、さらに上昇しています。

Ciel
ラーベ

……うん。シエル、ちょっと言い方がまずかったな。

Raabe
シエル

複数の接近を新たに確認。……対象、魔物ではありません。 すでにこちらを補足しているようです。

Ciel
シエル

統率の取れた動きです。……早いです、既に囲まれました。

Ciel
統制機構衛士E

全員動くな! 武器を捨てろ!

NOL Soldier E
レジスタンスA

くそっ! 図書館め、もう追いつきやがったのか!

Resistance Member A
統制機構衛士E

反逆者どもを発見したと中尉に連絡しろ。 確保に移る。

NOL Soldier E
統制機構衛士F

待て、見慣れん連中がいるぞ。 子供か? 奴等の仲間には見えんが……。

NOL Soldier F
統制機構衛士E

構わん。一緒にいるということは、関わりがあるはず。 確保した後に聞き出せばいい。

NOL Soldier E
ラーベ

これは参ったな……かなりの人数だ……。

Raabe
シエル

先にいた負傷兵たちとは、敵対関係にあるようです。 どうしますか?

Ciel
ラーベ

ん〜どうするというより、どうなるか……。

Raabe
レジスタンスD

くっ……こんな所で……。

Resistance Member D
レジスタンスD

ぐあ……っ!

Resistance Member D
統制機構衛士F

この反逆者めが、 本来なら即刻処刑だと言うことを忘れるな!

NOL Soldier F
統制機構衛士E

他の連中も動くなよ。 余計な行動をすれば、命の保障はしないからな!

NOL Soldier E
ラーベ

……まぁ、こうなるか。

Raabe

1: ちょっと、怪我人相手に……
2: やりすぎじゃない?

1:
2:

ラーベ

レイ、お前はぁ〜〜!!

Raabe
統制機構衛士E

おい、貴様! 動くなと言ったはずだ!

NOL Soldier E
統制機構衛士E

ぐあっ!

NOL Soldier E
シエル

レイさんに武器を向けないでください。

Ciel
統制機構衛士F

貴様、歯向かう気か!?

NOL Soldier F
シエル

歯向かう? 発言の意味が理解できません。

Ciel
シエル

レイさんに対する攻撃的行動を確認したので、 私はそれを阻止しただけです。

Ciel
統制機構衛士F

なんだと……?

NOL Soldier F
ラーベ

あぁもう……こいつもか。

Raabe
統制機構衛士E

少し痛い目を見ないと、自分たちの状況がわからんらしいな。

NOL Soldier E
統制機構衛士E

子供といえど、反逆者に味方するとどうなるか、 身をもって思い知れ!

NOL Soldier E
シエル

……対象の戦闘意思を確認しました。 迎撃してもよろしいでしょうか?

Ciel
ラーベ

ハァ……今から穏やかに説得っていうのも……無理だなこれは。 こうなったら仕方ない。

Raabe
ラーベ

やっと見つけた情報源を、みすみす手放すのももったいないし。 ここはとりあえRaabeず、反逆者とか言う彼らに恩を売るとしようか。

Raabe
ラーベ

あ、と、よく見ておけレイ。 お前が無茶をすると……こうなるんだぞ。

Raabe
ラーベ

シエル、戦闘開始だ、敵性体を無力化しろ。

Raabe
シエル

了解。対象の無力化を開始します。

Ciel
統制機構衛士F

いいだろう。我々、世界虚空情報統制機構に楯突くならば、 反逆の意思ありとみなす! 捕えろ!

NOL Soldier F

第1節 浸入④/ 1. Dive - 4

Summary
統制機構衛士を倒したシエル達だったが、指

揮官であるツバキが現れ、シエル達を拘束し ようとする。

Ciel defeats the NOL soldiers, but their commander (指揮官) Tsubaki shows up and tries to capture them.
ツバキの攻撃をしのいだシエルたちだったが、

統制機構の増援が到着し、更なる戦闘を避け るため拘束されることになる。

統制機構衛士E

うぐっ……!

NOL Soldier E
シエル

対象の戦闘レベル低下を確認。

Ciel

1: シエルって……
2: こんなに強かったの……?

1:
2:

ラーベ

お前の影響だな。 イシャナ時よりも、お前の観測力は増しているようだ。

Raabe
統制機構衛士F

くっ……。反逆者どもの中にまだこんな奴らが……ぐっ。

NOL Soldier F
シエル

完全に無力化しますか? 命令を。

Ciel
ラーベ

いやいや、もう十分だ。

Raabe
ラーベ

うん。多少手荒い流れになったが、 やむを得なかったということにしておこう。

Raabe
ラーベ

レイ、軽率な行動は控えてくれよ。

Raabe

1: すみません……
2: 可能な限り控えます……

1:
2:

レジスタンスA

え、衛士たちをこんなに簡単に倒しちまうなんて……。 あんたたちも、図書館と戦っているのか?

Resistance Member A
シエル

いえ、御剣機関と図書館という組織との 戦闘に関する記録はありません。

Ciel
シエル

改めまして、私は御剣機関所属のスレイプニール、 シエル=サルファーと申します。

Ciel
シエル

こちらはレイさん、そしてこちらは……。

Ciel
ラーベ

私はいい。

Raabe
レジスタンスA

御剣機関? なんだそれは? ……聞いたこともないな。

Resistance Member A
レジスタンスB

レジスタンスに参加希望ってわけでもなさそうだが…… 少なくとも、図書館ではないってことか。

Resistance Member B

1: 図書館?
2: レジスタンス?

1:
2:

レジスタンスA

おいおい、何言ってんだよ。 ……お前ら……本当に図書館を知らないのか?

Resistance Member A
シエル

図書館という単語は知っていますが、 おっしゃっているのはどうやら固有の組織名のようですね。

Ciel
シエル

そのような組織については……。

Ciel
ラーベ

シエル、世間話は後にしよう。 さっさとこいつらを連れて、この場から離れたほうが……。

Raabe
シエル

……また誰か来たようです。

Ciel
統制機構衛士A

中尉、連絡にあった場所はこの辺りです。 すでに戦闘は落ち着いているようですが……なっ!?

NOL Soldier A
統制機構衛士A

お前たち、何があった!? 貴様ら……連絡にあった反逆者だな!?

NOL Soldier A
ラーベ

……ちょっとこっちの対応が遅かったか…… これはマズイかな。

Raabe
ツバキ

……状況の説明をお願いできますか?

Tsubaki
統制機構衛士F

や、ヤヨイ中尉!

NOL Soldier F
統制機構衛士E

はっ! 発見した反逆者どもを拘束しようとしたのですが、 あの奇妙な連中に不意の抵抗に遭いまして……。

NOL Soldier E
ツバキ

……彼らが?

Tsubaki
ツバキ

私は世界虚空情報統制機構の、 ツバキ=ヤヨイ中尉と申します。

Tsubaki
ツバキ

ここにいる私の部下…… 彼らを制圧したのは、あなた達で間違いありませんか?

Tsubaki
シエル

……質問の言葉をそのまま返すのでしたら、 そちらの方々を無力化したのは私です。

Ciel
統制機構衛士A

こんな子供が……馬鹿な!

NOL Soldier A
ツバキ

つまり……レジスタンスの一員として、 世界虚空情報統制機構に対し攻撃を行ったということですね?

Tsubaki
シエル

いえ、私達はレジスタンスではありません。

Ciel
シエル

そちらの方がレイさんに武器を向けたので、 警告をしたのですが……。

Ciel
シエル

それを無視したため、 防衛措置、つまり武力での措置を取らせていただききました。

Ciel
ツバキ

なるほど……言い分はわかりました。

Tsubaki
ラーベ

……………。

RaRaabeabe
ツバキ

事情があったようですが、 それでも統制機構の衛士を攻撃したのは事実です。

Tsubaki
ツバキ

この状況を見過ごすわけにはいきません。 事情も含め、詳しい話を支部でうかがいましょう。

Tsubaki
ツバキ

総員、反逆者とその関係者と思われる者を、 拘束しなさい!

Tsubaki
レジスタンスA

くそっ、そう簡単に捕まるか! 立て、お前ら! 俺たちには今、あの嬢ちゃんたちがついてる!

Resistance Member A
レジスタンスE

おお! 今ならあの女指揮官にも、勝てるかもしれない! 逆にあいつを捕まえて、連れ帰るぞ!

Resistance Member B
ラーベ

やめといたほうがいい。あの中尉さん、かなり強いぞ。 それと、シエルは私の部下だ。勝手に命令するんじゃない。

Raabe
レジスタンスA

なんだと!? この丸いの、何言ってやがる!

Resistance Member A
シエル

申し訳ありませんが、カガ……ラーベさんの言う通りです。

Ciel
シエル

私は御剣機関の所有物であって、 レジスタンスとは関係ありません。ですが……。

Ciel
統制機構衛士A

全員、大人しくしろ!

NOL Soldier A
シエル

敵対行動に対しての対応はさせていただきます。

Ciel
ラーベ

できれば逃げたいところだけど…… そうはさせてもらえそうにないな。

Raabe
ラーベ

レイ、シエルと対応を頼む。

Raabe
シエル

了解です。レイさんは後ろを。 ……迎撃開始、します。

Ciel
シエル

はあっ!

Ciel
ツバキ

くっ……! やりますね。 かなり戦えるようですが……。

Tsubaki
シエル

対象、健在。 戦闘を続行します。

Ciel
ツバキ

いえ、ここまでです。

Tsubaki
シエル

……っ! 動体総数……36……いえ39……更に増えそうです。

Ciel
ラーベ

なるほどな。 今の小競り合いは、増援到着までの時間稼ぎか……。

RaabeRaabe
ツバキ

すでにあなた達の包囲は完了しています。 これ以上の抵抗は無駄です。

Tsubaki
ツバキ

こちらも無闇に、力に訴えるつもりはありません。 大人しく従うのであれば、これ以上の攻撃は加えません。

Tsubaki
レジスタンスA

くそ……そんな脅しに屈するか……!

Resistance Member A
ラーベ

おい、レイ。

RaabRaabee

1:
2: これ以上は怪我人が増えるだけだよ

1:
2:今は大人しく従いましょう

レジスタンスA

ぐ……わかったよ。

Resistance Member A
シエル

……わかりました。レイさんに従います。

Ciel
ツバキ

安心してください、約束は守りますから。 この者達を連行しなさい。

Tsubaki
統制機構衛士A

はっ!

NOL Soldier A
レジスタンスF

くそ!離せっ!

Resistance Member F
統制機構衛士G

早く立て! この反逆者が!

NOL Soldier G
レジスタンスF

ぐっ……!

Resistance Member F
ツバキ

そこ。不必要な制裁は控えなさい。 捕虜には規則通りの扱いを徹底するように。

Tsubaki
統制機構衛士G

も……申し訳ありません。

NOL Soldier G
ツバキ

我々の行動は、全ての人に対し模範となるべきです。 これは帝のお言葉であるということを、忘れないように。

Tsubaki
統制機構衛士G

は、はっ!!

NOL Soldier G
シエル

ツバキ中尉という方は、 周囲と比べて理性的な人物のようですね。

Ciel
ラーベ

それに、ある程度の地位と権力を持つ 人物でもあるようだ。

Raabe
ラーベ

……レイ、どう思う?

Raabe

1: ……はい
2: すごく気になりました

1:
2:

ツバキ

あなた方も、統制機構の支部まで同行願います。 くれぐれも、反抗的な行動は控えてください。

Tsubaki
シエル

わかりました。

Ciel

第2節 秩序を望む者①/ 2. One Who Wishes For Order - 1

Summary
牢での事情聴取の際に、ツバキから統制機構

とレジスタンスの関係を聞き出すことに成功 する。

Locked up for questioning, they're able to hear from Tsubaki the situation regarding the NOL and the Resistance.

1: まいった……
2: まさか牢屋に入ることになるとは……

1:
2:

ツバキ

場所を変える手間を省いてすみませんが、 このまま、あなた方への尋問を始めます。

Tsubaki
ツバキ

多くの捕虜への尋問と、治療場所の確保のために、 余分な部屋が残っていないものですから……。

Tsubaki

1: 意外と快適です
2: 彼らも治療してくれたんですね

1:
2:

ツバキ

……落ち着いているのですね。このような状況だというのに。 それとも、危機感が薄いのでしょうか……。

Tsubaki
ツバキ

シエル=サルファー。レイ。 名前に間違いはありませんね?

Tsubaki
シエル

はい。

Ciel
ツバキ

あなた方2名と、連れている詳細不明の小型機械には、 反逆組織への関与の疑いがあります。

Tsubaki
ツバキ

あなた方と、レジスタンスと自称する彼らの関係について、 なるべく詳しく教えてください。

Tsubaki
ツバキ

最初に断っておきますが、虚偽の証言や黙秘は、拘束期間を 伸ばすだけでなく、ここでの立場を悪くさせます。

Tsubaki
ツバキ

なので返答は慎重に行ってください。

Tsubaki
シエル

わかりました。

Ciel
ツバキ

まず、あなた方は何者ですか? 名前を調べましたが、 この階層都市ヤマツミの住人ではありませんね。

Tsubaki
シエル

私達は、御剣機関の者です。

Ciel
ツバキ

御剣機関? 聞いたことのない名前ね……。

Tsubaki
ツバキ

御剣機関は、 先ほどのレジスタンスたちとどのような関係なのですか?

Tsubaki
シエル

レジスタンスという方々と、特別な関係はありません。

Ciel
シエル

そもそもレジスタンスの方々はなにを目的として 活動しているのか、説明していただけないでしょうか?

Ciel
ツバキ

……今は私の質問したことにのみ答えなさい。

Tsubaki
シエル

了解しました。

Ciel
ツバキ

なぜ、先ほど一緒に拘束された者たちに 協力したのですか? 活動の目的も知らないのに。

Tsubaki
シエル

それは、レイさんが……。

Ciel

1: な、なりゆきで
2: お、脅されて

1:
2:

ツバキ

では……あなた方はレジスタンスの関係者ではないと?

Tsubaki
シエル

はい。レジスタンスと呼称される方たちとは、 あの森の中で初めて会いました。

Ciel
ツバキ

なら、あなた方はなんの目的であの森にいたのですか?

Tsubaki
シエル

ファントムフィールドを調査するためです。

Ciel
ラーベ

お、おい、こら……!

Raabe
ツバキ

ふぁん、とむ?

Tsubaki
シエル

この世界の観測者を特定し、 ファントムフィールドの活動を停止……。

Ciel
シエル

きゃう!?

Ciel
ツバキ

えっ……、あの、今なにか凄い音が……。

Tsubaki
シエル(ラーベ)

気のせいだ。それよりこちらについてだが。

Ciel (Raabe)

1: 何て自然な二人羽織!
2: それで通用するのか……?

1:
2:

ツバキ

え、え? なにか口調も変わっているような……。

Tsubaki
シエル(ラーベ)

気のせいだ。

Ciel (Raabe)
ツバキ

そ、そう……。 こほん。では、改めて。あなた方の目的は?

Tsubaki
シエル(ラーベ)

我々御剣機関は学術機関だ。 環境についての調査を行っている。

Ciel (Raabe)
ツバキ

学術機関……? 環境調査と言いましたが、 そのためにわざわざ階層都市から出たのですか?

Tsubaki
シエル(ラーベ)

ああ、ええと。それなんだが。 我々はかなり遠方からやってきていてだな……。

Ciel (Raabe)
シエル(ラーベ)

少々トラブルがあって、ここへ辿り着いた。 だからここがどこなのかも、はっきりわかっていない状態なんだ。

Ciel (Raabe)
シエル(ラーベ)

レジスタンスがどういう活動をしているのかも、 実のところよくわかっていない。

Ciel (Raabe)
シエル(ラーベ)

なので改めてお願いしたい。出来ればこの都市の事も含めて、 その辺りの事を教えてもらえないだろうか。

Ciel (Raabe)
ツバキ

……もう一度忠告しますが、下手な嘘を吐いても 良いことはありませんよ。

Tsubaki

1: 嘘はついていません
2: 本当にわからないんです

1:
2:

ツバキ

……。わかりました、いいでしょう。

Tsubaki
ツバキ

ここは第十七階層都市ヤマツミ。世界虚空情報統制機構が 管理する、17番目の階層都市です。

Tsubaki
ツバキ

階層都市は、ご覧の通りいくつものプレート状の市街を築き、 それを何層も重ねて構築された都市のことです。

Tsubaki
ツバキ

ですがヤマツミは、階層都市としてはまだ建造中の段階です。

Tsubaki
シエル(ラーベ)

建造中? ここに来るまでに見えた限りでは、 とてもそうは思えなかったが……。

Ciel (Raabe)
ツバキ

ええ。この統制機構支部を始め、上層の都市部分はすでに完成し、 正常に機能しています。ですが……。

Tsubaki
ツバキ

下層部分は現在、施工作業が度々妨害され、 建造が半ば止まっている状態です。

Tsubaki
シエル(ラーベ)

その妨害をしているのが、件のレジスタンスたちか。

Ciel (Raabe)
ツバキ

彼らは、この階層都市ヤマツミの建設に反対し、 それを阻止しようとしています。

Tsubaki
ツバキ

その主体は、建設開始以前からこの山岳地帯に住んでいた 者たちですが、現在では多くの傭兵も所属しています。

Tsubaki
ツバキ

建設の反対に留まらず、統制機構そのものへの反対思想から、 やり方は次第に過激となっていって……。

Tsubaki
ツバキ

今では日常的に、武力衝突が絶えません。衛士だけでなく、 階層都市の市民にも、少なからず被害が出ています。

Tsubaki
シエル(ラーベ)

市民にもとなると、看過できない事態なんだろうな。

Ciel (Raabe)
ツバキ

もちろんです。階層都市を、そして世の秩序を管理する 機関として、統制機構がこれを見過ごすわけにはいきません。

Tsubaki
ツバキ

我々は一刻も早く反逆者を鎮圧し、市民の暮らしの 平穏を守り、都市建設を完了させなければなりません。

Tsubaki
ツバキ

そのため、彼らの活動を阻止するべく、 定期的に都市周辺を警戒巡回しているのですが……。

Tsubaki
シエル(ラーベ)

その最中に起こった、そちらとレジスタンスの衝突に、 我々が遭遇した、と。

Ciel (Raabe)
ツバキ

そういう事になりますが…… 本当に、なにも把握していないのですね?

Tsubaki
シエル(ラーベ)

そう。信じるかどうかはそちらに任せるよ。

Ciel (Raabe)
ツバキの部下

失礼します!

Tsubaki's Subordinate
ツバキの部下

ヤヨイ中尉、コハク大尉がお戻りになられました。

Tsubaki's Subordinate
ツバキ

わかりました、すぐに向かいます。

Tsubaki
ツバキ

……では、今日の尋問はここまでです。

Tsubaki
ツバキ

あなた達の処遇については、追って通達します。 それまではくれぐれも、問題を起こさないように。

Tsubaki
ツバキ

お待たせしました、コハク大尉。

Tsubaki
ヒビキ

ヤヨイ中尉、お疲れ様です。

Hibiki
ヒビキ

報告はすでに受けています。反逆者との交戦中に 所属不明の戦闘員を拘束したそうですね。

Hibiki
ツバキ

はい。先ほどまで、尋問を行っておりました。

Tsubaki
ツバキ

遠方から環境調査に来た 『御剣機関』という組織の調査員だと主張しています。

Tsubaki
ヒビキ

『御剣機関』……? 聞いたことのない名前ですね……。

Hibiki
ツバキ

レジス……反逆者とは無関係だと言っていますが、 事実関係はこれから確認をとるつもりです。

Tsubaki
ヒビキ

ヤヨイ中尉。あなたはどう感じているのですか?

Hibiki
ツバキ

私……ですか?

Tsubaki
ヒビキ

はい。事実確認はもちろんですが、直接尋問をした、 あなたの率直な意見を聞かせてください。

Hibiki
ツバキ

……嘘をついているようには、見えませんでした。

Tsubaki
ツバキ

いえ、嘘だとしたら不自然です。 あまりにも、この世界について知らなすぎる。

Tsubaki
ヒビキ

世界について……ですか。

Hibiki
ツバキ

階層都市や統制機構の名前すら、初めて聞いた様子でした。

Tsubaki
ヒビキ

正直、信じられないですね。 統制機構の名前を知らないなんて……。

Hibiki
ヒビキ

それで、彼らはどこに?

Hibiki
ツバキ

今は大人しく牢に入っています。

Tsubaki
ヒビキ

一緒に拘束された反逆者も、 彼らは仲間ではないと言っているようですが……。

Hibiki
ヒビキ

連中の仲間でないのなら、それはそれで厄介な……。

Hibiki
ヒビキ

全く……カグラ様が不在だというのに。 こうも問題続きでは、お戻りになったときになにを言われるか。

Hibiki
ヒビキ

……キサラギ少佐の到着には、まだ時間がかかりそうですか?

Hibiki
ツバキ

そのようです。どうやら向こうで、トラブルがあったとかで。

Tsubaki
ツバキ

ですが、このような事態に 少佐たちのお手を煩わせるわけにもいきません。

Tsubaki
ツバキ

できればご到着の前に、 こちらの問題を片付けておきたいところです……。

Tsubaki
ヒビキ

それについては、同感です。カグラ様のお力は、階層都市と 統制機構のより良い発展のために活かされるべきです。

Hibiki
ヒビキ

このような些末事に関わる時間はありません。

Hibiki
ヒビキ

だからこそ、その地盤固めが必要なのですが……。 とにかく、手の届くところから、順に片付けていくとしましょう。

Hibiki
ツバキ

はい。引き続き、あの『御剣機関』を名乗る不審人物の 尋問と調査は、私が担当します。

Tsubaki
ツバキ

コハク大尉、申し訳ありませんが、反逆者たちへの 対応をお願いしてもよろしいでしょうか……?

Tsubaki
ヒビキ

構いませんよ。もとより自分は、キサラギ少佐不在の間、 あなたの補佐をするようにと言われていますから。

Hibiki
ヒビキ

キサラギ少佐が正式に赴任するまでは、一時的にではあれど ヤヨイ中尉がヤマツミの責任者です。

Hibiki
ヒビキ

だから階級など気にせず、指示してください。

Hibiki
ツバキ

ありがとうございます。

Tsubaki
ヒビキ

ああ、ですがひとつだけ。 ヤヨイ中尉も重々、おわかりだとは思いますが。

Hibiki
ツバキ

……なんでしょうか。

Tsubaki
ヒビキ

自分がヤマツミに出向しているのは、 ひとえにここの建造が遅れに遅れているからです。

Hibiki
ヒビキ

第十七階層都市ヤマツミが完成しなければ、新たに住民を 受け入れることもできず、統制機構はその役目を果たせません。

Hibiki
ヒビキ

この件に関してはカグラ様も気にかけておられます…… その事だけは、お忘れなきようお願いしますね。

Hibiki
ツバキ

……はい、もちろんです。

Tsubaki
ツバキ

なっ!? 一体何が……!?

Tsubaki

第2節 秩序を望む者②/ 2. One Who Wishes For Order - 2

Summary
牢越しに出会ったレジスタンスのリーダーバ

レットは、助けに来た久音と一緒にシエル達 と脱獄することになる。

Ciel, Rei, and Raabe break out of jail together with the leader of the Resistance, Bullet, who they meet there, and Kuon, who has arrived to help.
シエル

……、……はっ!

Ciel

1: 気がついた?
2: ……大丈夫?

1:
2:

シエル

はい。ですが、ええと……私は一体……。 なぜだか後頭部が少し痛むような……。

Ciel
ラーベ

気のせいだ、気のせい。

Raabe
ラーベ

それより、シエル。 前もって言っておかなかった私も悪かったが……。

Raabe
ラーベ

『窯』や『観測者』のことを、みだりに口にしないように。 要らぬ混乱を招く恐れがあるからね。

Raabe
シエル

了解しました。以後注意します。

Ciel
ラーベ

もちろん、話すべきときは話したほうがいい。 じゃないと何も進まないし。

Raabe
ラーベ

役に立ちそうな協力者であるとか、 観測者かどうか見極めるためにであるとか。

Raabe
ラーベ

まあ、状況に応じてだ。下手に駆け引きしようとしても、 お前に人を騙せるとは思えないし……。

Raabe
シエル

そうですか?

Ciel
ラーベ

少しは自覚してほしいぞ。

Raabe
ラーベ

まあいい。ツバキ=ヤヨイから話を聞けたおかげで、 少し状況が見えてきた。

Raabe
ラーベ

ここは世界虚空情報統制機構に管理されている都市、 第十七階層都市ヤマツミ。

Raabe
ラーベ

この統制機構に対して、 レジスタンスは反抗し、武力衝突を繰り返している。

Raabe
ラーベ

公的治安維持組織と、それに抵抗する民間組織。 その抗争の最中に、我々はいるわけだ。

Raabe
シエル

統制機構は、 レジスタンスを制圧しようとしているようですね。

Ciel
シエル

対するレジスタンスは、統制機構に抵抗しているわけですから、 やはり統制機構を倒すことが目的なのでしょうか。

Ciel
シエル

先程の戦力から分析すると、レジスタンスが勝利する見込みは 限りなく低いと思われるのですが……。

Ciel
ラーベ

単純に考えれば、目的は打倒統制機構、だろうな。 でも、抵抗運動とはそういう単純なモノではないんだよ。

Raabe
シエル

勝利が目的ではないのですか?

Ciel
ラーベ

まだなんとも言えないな。 統制機構とやらの組織の大きさがまるでわからないし。

Raabe
ラーベ

無論、レジスタンス側も含めてな。

Raabe
シエル

そうですね……。では、両陣営の目的、戦力、組織の規模など。 そういったものを調査しましょう。

Ciel
ラーベ

その辺りが、調査の入り口としては妥当だろうな。

Raabe
ラーベ

繰り返しになるが、ファントムフィールドは、 観測者の願望や欲望の影響を強く受けている。

Raabe
ラーベ

どんな願望がこのファントムフィールドを構成しているか 見えてくれば、観測者を特定する重要な手がかりになる。

Raabe
ラーベ

それで、だ。観測者は基本的に ドライブ能力者であるとを考慮すると……。

Raabe

1: ひとり見つけたね
2: ツバキ=ヤヨイ中尉

1:
2:

シエル

はい。ツバキ中尉はドライブ能力者でした。 ファントムフィールドの観測者である可能性はあります。

Ciel
ラーベ

加えてツバキ=ヤヨイは、統制機構なる組織において それなりの地位の人物のようだし……。

Raabe
ラーベ

彼女については、もう少し詳しく知りたいところだな。

Raabe
シエル

……ですが、牢屋にいては情報の集めようがありません。 またツバキ中尉が尋問に来るまで待つしかないのでしょうか。

Ciel
ラーベ

それだよなぁ。いつ彼女が現れるかわからない以上、 気軽に待つのも悠長すぎるような……。

Raabe
シエル

牢を破壊しますか? 20秒程いただければ……。

Ciel
ラーベ

破壊って……脱獄する気か、お前は。

Raabe
シエル

事態を動かしたほうが、結果的に情報は集まる。 と、教えてくださったのはカガミさんです。

Ciel
ラーベ

私のバカ。とにかく、今は落ち着け。 もう少し様子を見てからでも……。

Raabe
ラーベ

なんだ?

RaRaabeabe
シエル

壁の向こうから聞こえました。 ……誰かが、壁を叩いているようです。

Ciel
???

……おい。聞こえるか? そっちの牢にいるんだろう?

???
シエル

……私達にコンタクトを取りたいようです。 答えますか?

Ciel

1: どちらさまですか?
2: 入ってます

1:
2:

???

ふっ……緊張感のない返事だな。あのツバキ=ヤヨイ相手に、 思い切った嘘をつき通しただけはある。

???
シエル

なにが嘘なのでしょうか?

Ciel
???

御剣機関、だったか? 学術機関? 環境調査? そんな嘘を大マジで話したのが逆に良かったのかもな。

???
???

いいか? この世界で、統制機構と関わりの無い組織は 存在しない。

???
???

つまり、ツバキ=ヤヨイが知らない時点で、 お前たちの名乗る組織は存在しないと言っていい。

???
???

どうしてそんな、子供も騙せないような嘘をつく?

???
シエル

嘘ではありません。ですが……そうですか。 この世界では、統制機構はそれ程の組織なのですね。

Ciel
???

『この世界では』だって? 『面白い』言い方だな。 まるでこの世界じゃない場所から来たみたいだ。

???
ラーベ

………………(面白い?)

Raabe
シエル

……そう理解していただいても、問題ありません。

Ciel
???

はははっ! 本当に面白いなお前ら。 それに……思っていた以上に度胸もある。

???
???

それなら、安心だな。

???
シエル

安心とは、どういう意味ですか?

Ciel
???

聞き間違いでないなら……。 牢を破壊とか脱獄するとか言っていなかったか?

???
シエル

はい。言いました。 正確には……。

Ciel
???

ああ、いい、いい。答え合わせがしたいわけじゃない。

???
???

脱獄の意思があって、 図書館に歯向かう根性があるかどうか、知りたかっただけだ。

???
シエル

図書館……。ここに来る前にも何度か耳にしましたが、 それは統制機構のことですか?

Ciel
???

なんだ、そんなことも知らないのか。 ああ、そうだ。世界虚空情報統制機構。通称、図書館。

???
???

連中、武器や格闘だけじゃなく、術式を使うだろ。 あれは『魔道書』を使ってるんだ。

???
???

管理するためだとか、なんとか言って、 世界中から『魔道書』をかき集めている。だから『図書館』だ。

???
シエル

なるほど。理解しました。

Ciel
ラーベ

……図書館でも統制機構でもいいが、 脱獄すると決めたわけではないぞ。

Raabe
ラーベ

こちらの事情のために、そうする必要が出てくるかもしれない、 という可能性の話をしていたに過ぎない。

Raabe
ラーベ

そもそも『この世界の常識』を知らないんだからな。

Raabe
???

そうか……。だがもう、あまり時間がない。 悪いが、早々に決めてほしい。

???
シエル

どういうことでしょう?

Ciel
???

お前たち、私と一緒に来ないか?

???
シエル

アナタと……ですか?

Ciel
???

そうだ。盗み聞きして悪いが、 お前たち……多分ここから出されることはないぞ。

???
ラーベ

彼女……ツバキ=ヤヨイから見れば、 私たちは怪しすぎるということか。

Raabe
???

そういうことだ。

???

1: でも……名前も知らない人についてっちゃ駄目って言われてるし

バレット

あぁ、すまない。名乗るのを忘れていたな。 私はバレット。レジスタンスの一員だ。

Bullet
バレット

数日前に投獄されたんだが…… こうしているのも退屈でな。

Bullet
バレット

そろそろ、ここを出ようと思ってるんだ。

Bullet
シエル

え?

Ciel
シエル

爆発音です!

Ciel
バレット

来たか。

Bullet
バレット

このタイミングで私の隣室とは、 お前たち、運がいい。

Bullet
牢番A

な、なんだ!?

Prison Guard A
牢番B

わ、わからん、突然爆発が……。 とにかく、上に連絡を!

Prison Guard B
牢番A

なっ……!

Prison Guard A
牢番B

ぐあっ!

Prison Guard B
レジスタンスA

バレットさん、ご無事ですか!?

Resistance Member A
バレット

ああ、こっちだ!

Bullet
レジスタンスB

待っててください、今開けますよ!

Resistance Member B
バレット

ありがとう、助かった。外はどうなってる?

Bullet
レジスタンスA

陽動はうまくいってます。 別のフロアの奴等も、今ごろ仲間が助け出しているはずです。

Resistance Member A
レジスタンスB

例の助っ人が、大活躍ですよ。

Resistance Member B
バレット

それはありがたい。 それで、助っ人は今どこに……。

Bullet
???

こっちはあらかた片付けたわ。そっちはどう?

???
レジスタンスA

久音さん! バレットさんも解放しました。あとは脱出だけです!

Resistance Member A
バレット

久し振りだな、久音。 まさか脱獄作戦にも協力してくれるとは思わなかったぞ。

Bullet
久音

脱獄作戦……って。 他に言い様あるでしょ。

'Kuon
久音

……さすがに、レジスタンスのリーダーであるあなたが 不在の中、しれっと出ていくのは気が引けたのよ。

'Kuon
久音

再会の挨拶はあと。 呑気におしゃべりしてる時間はないわ。

'Kuon
久音

衛士が大勢でやってきたら、さすがに手こずるもの。 今のうちにさっさと脱出しましょう。

'Kuon
バレット

ああ。だが、少し待ってくれ。

Bullet
バレット

ようやく、顔が見られたな。 お隣さん。

Bullet
シエル

アナタが、バレットさんですか。

Ciel
バレット

そうだ。お前たちは……思っていたより子供だな。 って、なんだそれは? ボールが、浮いている?

Bullet
ラーベ

失礼な、誰がボールだ。私はアストロラーベ。 あるいはラーベと呼べ。

Raabe
バレット

その声……驚いたな。まとめ役だと思っていた声の主が、 まさかこんな姿だったとは……。

Bullet
シエル

私はシエル=サルファーといいます。 こちらは、レイさんです。

Ciel
バレット

よろしく。

Bullet
ラーベ

お前がレジスタンスのリーダーか。

Raabe
バレット

代理だけどな。 待ってろ、すぐに鍵を開ける。

Bullet
バレット

さあ。これでお前たちも自由だ。

Bullet
シエル

私達はまだ、レジスタンスに参加するとは 言っていませんが?

Ciel
バレット

協力しなければ助けない、とも言っていない。

Bullet
バレット

仲間を助けてくれたんだろう。そのせいで疑われ、拘束された。 それを聞いて、放ってはいけない。

Bullet
バレット

なにか目的があって、この土地に来たんだろう? ここを出てからどうするかは、お前たちが決めればいい。

Bullet
バレット

まあ、そのうえで、我々に協力してくれると助かるがな。

Bullet
シエル

どうしますか、レイさん。

Ciel

1: ついて行ってみよう
2: 状況を変えよう

1:
2:

ラーベ

確かに、牢に拘束されたままでは 行動に制限がありすぎるしな。

Raabe
バレット

そうと決まれば、こんな所はさっさと脱出するぞ。

Bullet
久音

話がまとまったなら、急いで。 もたもたしてると全員捕まっちゃう。

'Kuon
シエル

わかりました。先導をお願いします。

Ciel
久音

ん……? あなた、その格好……。

'Kuon
シエル

レイさんが、どうかしましたか?

Ciel
久音

あ……いいえ、なんでもないの。 とにかく今はここを離れて……。

'Kuon
統制機構衛士A

おい、お前、動くな!

NOL Soldier A
久音

やばっ! もう来た!

'Kuon
バレット

だが相手は少数だ。強行突破するぞ!

Bullet

第2節 秩序を望む者③/ 2. One Who Wishes For Order - 3

Summary
脱獄したシエル達は警備用ゴーレムと対峙す

る。

The group fights off a security golem as they make their escape.
シエル達の脱獄後、ツバキは衛士達に指示を

出すため牢屋に足を運ぶ。

シエル

追っ手の反応はありません。振り切れたようです。

Ciel
バレット

他の仲間たちも脱出できたようだな。 では計画通り、3つのルートに分かれてヤマツミを出る!

Bullet
バレットの部下

了解! バレットさん、気をつけて下さいね。

Bullet's Subordinate
バレット

お前たちもな。

Bullet
バレット

レイとシエルはその丸いのを持って、 私について来い。

Bullet
バレット

少し遠回りになるが、撹乱しつつ撤退する!

Bullet
シエル

戦力を分散させるのですか?

Ciel
バレット

ああ。 中には戦闘に不向きな者や、負傷者もいる。

Bullet
バレット

彼らを安全に逃がすためには、真っ先に狙われるだろう私が 囮となって、統制機構を引きつけたほうがいい。

Bullet
バレット

私なら、多少の包囲ぐらい突破できる。 ……お前たちも、かなり戦えるんだろう?

Bullet
ラーベ

厄介なほうに巻き込んでくれたってわけか。 シエル、戦闘は任せるぞ。

Raabe
シエル

了解しました。

Ciel
久音

私も一緒にいくわ。

'Kuon
バレット

ああ、よろしく頼む。 派手に暴れて、こちらに注意を引きつけてくれ。

Bullet
久音

ふふ、任せて。そういうのは大得意。

'Kuon
バレット

レイ。 お前たちはあまり無理するな。

Bullet
バレット

危険だと思ったら、先に逃げてくれて構わない。 地獄にまで付き合わせるつもりはないからな。

Bullet
久音

来たわ! あっち、結構焦ってるみたいね。 いかついもの持ち出してきたじゃない。

'Kuon
バレット

警備用のガーディアンゴーレムだ。 兵器が相手なら、遠慮はいらない。思いっきりいかせてもらう!

Bullet
シエル

戦闘態勢に入ります。 レイさん、私の側にいてください。

Ciel
ツバキ

収容されていた反逆者たちは、 全員逃亡したようですね。

Tsubaki
統制機構衛士

現在、捜索を続けていますが、拘束には至っておりません。 申し訳ありません……。

NOL Soldiers
ツバキ

逃亡を許したのは残念ですが、 警備に不備はありませんでした。

Tsubaki
ツバキ

彼らの戦力が予想以上であったこと、奇襲が巧妙であったことが 原因です。自分を責めず、できることをしてください。

Tsubaki
ツバキ

それから、負傷者の治療は完了しましたか?

Tsubaki
統制機構衛士

まだ数名、治療中です。 ですが死者はなく、全員意識もあります。

NOL Soldiers
ツバキ

何よりです。……ここは、まず簡易的な修繕から始めましょう。 あなたは持ち場に戻ってください。

Tsubaki
統制機構衛士

承知いたしました!

NOL Soldiers
ツバキ

……レジスタンス。バレット……。 できれば一度くらい、きちんと話がしたかったけど。

Tsubaki
ツバキ

……そういえば、あの御剣機関と名乗った人たちも、 一緒に行ったのね。無関係だと言っていたのに……。

Tsubaki
ツバキ

でも、そういうことなら。 まだ私にも……希望はあるかもしれないわね……。

Tsubaki

第2節 秩序を望む者④/ 2. One Who Wishes For Order - 4

Summary
バレットと別れた後、久音は自身がこの世界

の『異物』であることを認識する。

When it comes time to part with Bullet, Kuon confirms that she's also a Contaminant.
久音

さすがに階層都市の外までは追ってこないみたいね。

'Kuon
バレット

外ではこちらに地の利がある。 ここまで来れば仲間とも合流できるし、この暗さだ。

Bullet
バレット

余計な被害を出したくないのだろう。 敵ながら、懸命な判断だ。

Bullet
シエル

先に撤退した方々との合流地点は、この辺りですか?

Ciel
バレット

ああ。この先だ。

Bullet
レジスタンスG

バレットさん!

Resistance Member G
レジスタンスG

声が聞こえたので、急いで迎えに来たんです。 ご無事で何よりです……。

Resistance Member G
バレット

ああ。そっちも無事か? 負傷者たちは?

Bullet
レジスタンスH

みんな無事です。向こうで休んでますよ。

Resistance Member H
バレット

そうか。お前たちもよくやってくれた。 おかげで助かった、礼を言う。

Bullet
レジスタンスH

そんな! 礼だなんて、とんでもない!

Resistance Member H
レジスタンスG

そもそも俺たちがしくじらなければ、 バレットさんが捕まることもなかったんですから……。

Resistance Member G
バレット

いや、あれは私の判断がまずかったんだ。 お前たちが気にする必要はない。

Bullet
バレット

それより、さっさとみんなと合流しよう。 夜のうちに、拠点に戻りたい。

Bullet
レジスタンスG

はい!

Resistance Member G
バレット

ところで。とりあえず図書館…… 統制機構の支部からは脱出できたわけだが。

Bullet
バレット

久音、シエル。 それに、レイ。

Bullet
バレット

改めて聞く。 私たちレジスタンスに加わらないか?

Bullet
シエル

レジスタンスに……ですか。

Ciel
久音

生憎だけど、私は遠慮しておくわ。

'Kuon
久音

元々、前回の作戦で最後にするつもりだったし。 他にやらなくちゃいけないことがあるから。

'Kuon
バレット

そうか……。 レイたちはどうだ?

Bullet

1: 少し考えさせてほしい
2: やることがある

1:
2:

バレット

さっきも、そんなことを言っていたな。 正直、お前たちの戦いぶりを見ていると、残念だ。

Bullet
シエル

助けていただいたのに、ご期待に添えず申し訳ありません。

Ciel
バレット

ああ、構わんさ。元々私が勝手に助けたんだ。 でも気が変わったら、いつでも来てくれ。歓迎する。

Bullet
シエル

そのときはよろしくお願いします。

Ciel
バレット

……では、ここでお別れだ。

Bullet
シエル

バレットさんたちは、これからどこへ向かうのですか?

Ciel
バレット

私たちは拠点に戻って、体勢を立て直すつもりだが……。 悪いがそこまで案内はしてやれないぞ。

Bullet
バレット

今のところお前たちは部外者だ。 拠点の場所を教えるわけにはいかないからな。

Bullet
久音

それもそうよね。となると、なにをするにしても ヤマツミに戻るしかないかしら……。

'Kuon
ラーベ

統制機構とやらの目が気になるところだな。

Raabe
バレット

む……そうだな。

Bullet
バレット

この辺りには、階層都市に住むことができない者たちの村が いくつかある。そこへ行けば、寝床くらいは借りられるだろう。

Bullet
バレット

やるべきこととやらの情報も、 少しは手に入るかもしれない。

Bullet
シエル

教えてくださって、ありがとうございます。

Ciel
バレット

なに。統制機構の評判を聞けば、我々に協力したくなる かもしれないからな。そうなることを、少し期待している。

Bullet
久音

そうなったとしても、あなたたちがどこにいるのかも わからないんだから、連絡の取りようがないと思うけど?

'Kuon
バレット

もしその時がくれば、おのずとどこかで顔を合わせるさ。

Bullet
バレット

特にレイ。 お前とは、なにか運命的なものを感じる。

Bullet
バレット

きっとまた会うことになるだろう。

Bullet
ラーベ

敵対関係で顔を合わせないことを、祈っているよ。

Raabe
バレット

はは、私もだ。

Bullet
バレット

では、これで失礼する。 魔素の濃い地域は魔物も出る。気を付けろよ。

Bullet
シエル

行ってしまいました。

Ciel
ラーベ

レジスタンスに、そのリーダーであるバレット……か。 特にバレットは、ドライブ能力者だ。動向を気にしておこう。

Raabe
シエル

我々も移動しますか? 魔物が出るとバレットさんも言っていました。

Ciel
シエル

レイさんが休める場所は、 少なくとも確保する必要があると思います。

Ciel
ラーベ

そうだな。確かに。 よく気付いてくれた。

Raabe
久音

ねえ。レイ。 ちょっと聞きたいんだけど。

'Kuon
久音

あなた……私と同じよね。

'Kuon
シエル

同じ、とはどういう意味ですか?

Ciel
久音

ここじゃない世界から来た。いいえ、少なくともここじゃない 時代から、気が付いたらこの世界に紛れ込んでいた。

'Kuon
久音

そうじゃない?

'Kuon
ラーベ

……どうしてそう思う?

Raabe
久音

レイが着てるそれ……イシャナの制服でしょ。

'Kuon
久音

しかも私が知ってるのより、ずっと古いデザイン。

'Kuon
久音

あなた、イシャナの学生なの?

'Kuon

1: 入学まであと10分くらいだったと思う
2: 入学まであと500メートルくらいだったと思う

久音

なにそれ、どういうこと?

'Kuon
シエル

イシャナを知っているということは、久音さんも 関係者なのですか?

Ciel
久音

ええ、そう。 ……改めて、きちんと名乗っておくわね。

'Kuon
久音

私は久音=グラムレッド=シュトルハイム。 魔道都市イシャナの学生であり、魔術師よ。

'Kuon
ラーベ

イシャナの魔術師? それがどうして、こんなところにいるんだ?

Raabe
ラーベ

座標的には、イシャナからはかなり離れているはずだが……。

Raabe
久音

さっき言ったと思うけど? 私と同じように、この世界に 迷い込んだ人なんでしょう? ……って。

'Kuon
シエル

……それは、久音さんが この世界の人では無いと言う意味に受け取れますが。

Ciel
久音

そう言ってるのよ。

'Kuon
ラーベ

なるほど。お前も『異物』か。

Raabe
久音

『異物』ってなによ、酷い言い方ね!

'Kuon
ラーベ

まあ、聞け。『異物』というのは、お前と同じように 別の世界から紛れ込んだ存在のことだ。

Raabe
ラーベ

どの程度の規模で混在するのかはわからないが、 ここに限らず、様々な……。

Raabe
ラーベ

そう。様々な、『場』で同様の現象が起こっている。 もちろん私たちも、その『異物』だ。

Raabe
久音

そう……そうなの。

'Kuon
ラーベ

そうだ。我々は、この世界にとっての異質な物だ。 ゆえに世界はその存在に反発し、異物を排除しようとする。

Raabe
久音

排除?

'Kuon
ラーベ

簡単に言うと、 その世界に存在する敵性生物に狙われやすい。

Raabe
ラーベ

こんな風にな。

Raabe
久音

ちょっと、こんな風って、そういうことは早く言いなさいよ!

'Kuon
シエル

対象の敵対反応を確認。 こちらへ攻撃してくるつもりのようです。

Ciel
久音

見ればわかるっての!

'Kuon

第2節 秩序を望む者⑤/ 2. One Who Wishes For Order - 5

Summary
久音とお互いの情報交換をしたシエル達。別

れる前にバレットから貰った情報を頼りに近 くの村に向かう。

They trade information with Kuon. Relying on Bullet's explanation from before they split ways, the group heads towards the village.
ラーベ

お見事。さすがはイシャナの魔術師だな。

Raabe
シエル

はい。とてもお強いです。

Ciel
久音

それはどうも。

'Kuon
久音

……で、これが私たち『異物』への、 世界からの反応ってわけね。

'Kuon
久音

ここに来てから、しょっちゅう私ばっかり魔物に襲われてる 気がしてたけど。気のせいじゃなかったのね。

'Kuon
シエル

久音さんも『異物』ですから、 世界が排除しようとしていたのですね。

Ciel
久音

でも、色々聞けてよかったわ。ちょっとほっとした。 だって、気が付いたら、見た事もない場所にいるのよ。

'Kuon
久音

そのうえ統制機構だとか、階層都市だとか、 聞いたこともない言葉が常識みたいに横行してるし。

'Kuon
久音

私の知ってる世界と違いすぎて、ずっと混乱していたの。

'Kuon
シエル

ただ、厳密には、私達は久音さんと状況が違います。

Ciel
シエル

久音さんは別の世界から紛れ込んだ、とおっしゃっていますが、 私達は世界の外側から意図してこの世界にやってきました。

Ciel
久音

は? ……それ、本気で言ってるの?

'Kuon
ラーベ

ペラペラ本当のことを喋りまくりやがって、 と思う程度には本気かな。

Raabe
久音

じゃあ……ここが何なのか、知ってるの? 知ってるから、わざわざこの世界に自発的に来たんでしょう?

'Kuon
シエル

はい。ここはファントムフィールドの中です。

Ciel
シエル

あ。

Ciel
シエル

……頭突きでしょうか。ラーベさん。

Ciel
ラーベ

いや。久音には、ある程度こちらのことを話しておいたほうが、 事がスムーズに進みそうだからな。

Raabe
ラーベ

……というかシエル。お前、そう聞くということは、 また考えなしに発言してたな?

Raabe
シエル

トライアンドエラーです。

Ciel
ラーベ

その都合のいい言葉をどこで覚えた。

Raabe
久音

ちょっとちょっと! ややこしい話してるときに、脱線しないでよ。

'Kuon
久音

なに? ファントムフィールドって。 なにか特別な領域なの?

'Kuon
ラーベ

まあ、そうだな。とても特別だ。

Raabe
ラーベ

詳しい解説をすると長くなるから、簡単に話すけども。 要は、作られた世界の断片だ。

Raabe
久音

作られた? ……誰かが作ったの?この世界を?

'Kuon
ラーベ

そうだ。我々はそれを『観測者』と呼んでいる。

Raabe
ラーベ

観測者は膨大な情報を集める、いわば磁石のようなものだ。 無意識に様々なものを寄せ集めて、仮初の世界を作り出した。

Raabe
ラーベ

それがファントムフィールドだ。

Raabe
久音

じゃあ、ここは……本物の世界じゃないってこと?

'Kuon
ラーベ

お前がいた本来のあるべき世界を『本物』と定義するのなら、 その世界とは別物だな。

Raabe
久音

そう……。 私、なんだかものすごく厄介なところに来ちゃってたのね。

'Kuon
久音

それで。そのファントムフィールドをどうにかすれば、 私は元の世界に戻れるのかしら?

'Kuon
シエル

はい。この世界と境界を繋いでいる窯を破壊すれば、 ファントムフィールドは活動を停止します。そうすれば……。

Ciel
シエル

ええと。どうなるのでしょう?

Ciel
ラーベ

結論から言えば、元の世界に戻れる。

Raabe
ラーベ

さっき、観測者を磁石と言ったが、 その磁力が消えるとでもイメージしてくれたらいい。

Raabe
ラーベ

寄せ集められていたものが、自由に解放される感じだな。

Raabe
久音

その話……信じて良いのかしら?

'Kuon
ラーベ

それは好きにしろ。 お前にどう思われようと私たちには関係の無いことだ。

Raabe

1: ち……ちょっと
2: カ……ラーベさん

1:
2:

久音

ふふふ、いいのよ、気にしないで。 確かにその通り、信じる理由は無いけど……

'Kuon
久音

あなたたちが私を騙す理由も無い。

'Kuon
シエル

……正しい判断かと思います。

Ciel
久音

はぁ、なんだか……ほっとしすぎて、涙が出そう。

'Kuon
久音

この世界に自分がいるって気付いてからずっと、 なにがなんだかさっぱりわからなかった。

'Kuon
久音

自分がここにいる理由さえわかれば、元の世界に戻れるかも って思って色々探ってみたけど、手がかりなんかどこにもなくて。

'Kuon
久音

なのに、町から出ればさっきみたいに、 やたらめったら魔物に襲われるしで……

'Kuon
久音

ああ、バレットとは、そのとき助けてもらった恩があって、 ちょっと手伝ってたんだけど。

'Kuon
久音

ほんとに、途方に暮れたところだったの。

'Kuon
久音

だから、あなたたちの話、確証なんかひとつもないけど、 とりあえず信用するわ。

'Kuon
久音

その窯を破壊する手伝いを、させてちょうだい。

'Kuon
シエル

いいのですか? 先ほど、バレットさんにやることがあると 言っていたように記憶していますが。

Ciel
久音

だから、それが元の世界に戻る方法を探すってやつよ。 そして方法が見つかった。だったら、あとはやるだけでしょ。

'Kuon
久音

どう? 少なくとも戦力になるって、もう見せたわよね。

'Kuon
久音

あと、私の方が、あなたたちより少しだけ、 この世界のことを知っているわよ。

'Kuon
ラーベ

確かに……有益だな。こちらにも損はない。

Raabe
シエル

久音さんが観測者という可能性は、ないのでしょうか。

Ciel
ラーベ

それはないね。もし観測者が久音なら、 世界は久音の知っている姿をしているはずだから。

Raabe
ラーベ

別世界から来たとはっきり自覚している者が観測者ということは、 まずあり得ない。Raabe

Raabe
久音

で、どう? ついて行ってもいい? まあ、ダメって言われても無理矢理ついて行くつもりだけど。

'Kuon

1: 一緒に来てくれたら頼もしい
2: よろしく、先輩

1:
2:

久音

期待されただけの働きはするわ。よろしく、レイ。

'Kuon
シエル

私も、久音さんのことを頼もしいと思っています。

Ciel
久音

え? やだ、仲間外れにしたわけじゃないからね。 シエルも、よろしく。ラーベもね。

'Kuon
ラーベ

気を遣ってくれなくても、 シエルよりは物事が理解できているんだけどね。

Raabe
久音

ちょっと、やめてよ、先輩なんて。

'Kuon
シエル

先輩、とはなんですか?

Ciel
ラーベ

簡単に言えば、物事を先に行っていた者、かな。 この場合、久音はイシャナの先輩といったところか。

Raabe
シエル

なるほど、勉強になります。

Ciel
久音

ふふっ、なんだかあなたたち、緊張感がないわねぇ。

'Kuon
久音

ま、いいわ。 それじゃあ、いよいよ出発しましょうか。

'Kuon
シエル

はい。ひとまず、休める場所が必要です。

Ciel
シエル

魔物が出るかもしれない森の中で 一晩を明かすのは、危険と考えます。

Ciel
久音

そうだったわね。といっても、今すぐヤマツミに戻ったって、 統制機構が待ち構えてるだろうし……。

'Kuon
ラーベ

バレットが、近くに村があると言っていたな。 それをあてにしてみようか。

Raabe
シエル

村……近くにそれらしい明かりは見えませんね。

Ciel
ラーベ

足元を照らすくらいの照明はあるから。 少し歩いてみよう。

Raabe
久音

ラーベ、あなた浮いてるんだから、 空を飛んで周りを見てみるとか、できないの?

'Kuon
ラーベ

無理だな。 私の自主的最高高度は2メートルだ。

RaabRaabee
久音

え、そうなの!? 不便……。

'Kuon
ラーベ

なにおう。私は独立思考型ユニットであって、 便利ロボットじゃないんだぞ。

Raabe
ラーベ

照明機能があるだけありがたいと思え。

Raabe
ラーベ

村が近いなら、そこの住人が使っている獣道があるはずだ。 それさえ見つければ、道の先に村があるだろう。

Raabe
シエル

わかりました。獣道を探します。

Ciel
シエル

周囲を索敵しながら、先行します。 皆さん、気を付けてついてきてください。

Ciel

==第3節 反抗する者①/ 3. One Who Opposes - 1

Summary
シエル達は村の人々から統制機構とレジスタ

ンスの印象を聞く。更なる情報を求め、別の 村に向かう。

The group listens to what the villagers have to say about the NOL and the Resistance. Wanting more information, they head to a different village.
シエル

レイさん。 おはようございます。

Ciel

1: おはよう、シエル
2: 寝坊しました……

1:
2:

ラーベ

やっと起きたか、レイ。まあ、無理もないか。 初めての《浸入》 (ダイブ) の後だしね。

Raabe
シエル

それに、何度も戦闘をしたり、脱獄をしたりと、 慌ただしい一日でしたから。疲労が蓄積していたと思われます。

Ciel
久音

あら。起きたのね。おはよう、レイ。 もう昼だけど。

'Kuon
久音

ぐっすり寝て、お腹すいたでしょ。 お昼ご飯、集落の人が用意してくれたって。

'Kuon
久音

レイにとっては、朝ご飯だけど。 行きましょ。待たせたら悪いわ。

'Kuon
集落の女性

はい、どうぞ。大したものはないけど、 せめて温かいスープを召し上がって。

Female Resident
シエル

ありがとうございます。昨夜と朝に続いて、 昼の食事までお世話になってしまい、すみません。

Ciel
久音

寝るところも貸してもらえて、本当に助かりました。

'Kuon
集落の女性

いいえ、粗末なところでごめんなさいね。 食事も……貧しいものばかりで。恥ずかしいわ。

Female Resident
集落の男性

あんたら、バレットさんの知り合いなんだろう? レジスタンスさんには日頃からお世話になってるからな。

Male Resident
久音

それで、昨夜すんなり私たちを受け入れてくれたのね。

'Kuon
シエル

ここの人たちもレジスタンスの一員なのですか?

Ciel
集落の女性

いいえ、ここに住んでいる人はみんな違うわよ。 何人か、レジスタンスに加わって出ていった人はいたけどね。

Female Resident
集落の男性

ここに残っているのは……統制機構に住む場所を追われ、 だというのに戦うこともできずにいる臆病者だけさ。

Male Resident
集落の女性

なにを言うの、戦うだなんて……。向こうは兵隊さんで、 私たちはほとんどが武器を握ったこともない農民よ。

Female Resident
集落の女性

この辺りの魔物にも太刀打ちできないような私たちに、 統制機構と戦うなんて無理よ。

Female Resident
集落の男性

そりゃそうだが……レジスタンスは、 それでも俺たちのために戦ってくれてる。

Male Resident
集落の男性

連中がいなかったら、俺達はとうに魔物の餌食だったかもしれん。

Male Resident
久音

見たところ、ここにレジスタンスが常駐してる感じじゃ なかったけど。魔物が出たりすると、来てくれるの?

'Kuon
集落の女性

ええ。それにね、統制機構から奪った魔道書を使って、 魔物避けの術式を残していってくれたりするの。

Female Resident
集落の女性

本当に、感謝しかないわ。

Female Resident
集落の女性

だからそのお礼に、私たちが育てた野菜や、 集めた薬草なんかをね、分けて差し上げたりしているのよ。

Female Resident
シエル

この村とレジスタンスは、 互いに補助し合う協力関係にあるのですね。

Ciel
ラーベ

レジスタンスに対しては、概ね好印象なようだな。 では統制機構はどうだ?

Raabe
シエル

住む場所を奪われた、と先ほど言っていましたし、 あまりいい印象はなさそうに思えます。

Ciel
集落の男性

そりゃあ、そうだ。

Male Resident
集落の男性

統制機構が我が物顔で町を作ってる、あの山……。 俺たちの村は、あの階層都市の、一番下の辺りにあったんだ。

Male Resident
集落の男性

だがあるとき、突然村は統制機構のものになっちまった。 俺たちが畑や猟をやってた山ごと、丸ごとな。

Male Resident
集落の女性

私たちの住んでいた家は取り壊されて、山は削られて、 あの大きな町が作られたの。

Female Resident
集落の女性

もちろん、統制機構はあの大きな町に私たちの居住区を 用意してくれるって言ってたのよ。

Female Resident
集落の女性

でもねぇ、強引に追い出されて、今度は連れ戻されて。

Female Resident
集落の女性

狭いところに押し込められたあげく、 統制機構の言いなりにならないといけない生活なんて……。

Female Resident
集落の男性

そりゃ、確かに安全な暮らしなのかもしれねぇ。

Male Resident
集落の男性

けどな、統制機構の連中は、俺たちのことを 家畜かなんかだとしか思っちゃいねぇんだ。

Male Resident
集落の男性

そんな連中に頭下げるくらいなら、 レジスタンスたちと魔素にまみれてたほうがマシだ。

Male Resident
久音

両陣営への印象は、対照的みたいね。

'Kuon
久音

この集落の人たちにとっては、 レジスタンスが味方で、統制機構は敵。

'Kuon
集落の女性

……私はね、敵って言い切るほどの気持ちじゃないのよ。 ただ、納得できないってだけで……。

Female Resident
集落の女性

統制機構の衛士さんが全員、恐い人ってわけでもないしね。 それにほら、ヤヨイ中尉……だったかしら。

Female Resident
集落の女性

あの人は、何度か村の様子を見に来てくれたの。聞いた話じゃ、 偉い人なんでしょう? なのに、個人的に気になったからって。

Female Resident
集落の女性

少しだけど物資を融通してくれたりね。 だから……全面的にレジスタンスの味方ってわけでも……。

Female Resident
シエル

複雑な立場なのですね。

Ciel
久音

むしろ、一番シンプルなんじゃない? ようは中立でいたいってことでしょ。

'Kuon
久音

統制機構もレジスタンスも、全面的に信じるには まだどちらも信用が足りない。だから立場を決められない。

'Kuon
集落の男性

……こっちも、生活で手一杯なんだ。 してくれたことに感謝はしてるけど……な。

Male Resident
シエル

周辺の地図をもらってきました。

Ciel
ラーベ

うむ、ご苦労。……ふむふむ。話に聞いていた通り、 ヤマツミの周囲に点々と、小さな村がいくつかあるんだな。

Raabe
シエル

一番近いのは、ここですね。 次の目的地は、この村でいいですか?

Ciel

1: そうしよう
2: 日が暮れる前に着こう

1:
2:

シエル

はい。了解しました。

Ciel
シエル

ところで、久音さんが戻られませんね。 情報収集に手間取っているのでしょうか。

Ciel
ラーベ

いや、噂をすればだ。戻ってきたみたいだぞ。

Raabe
久音

待たせたわね。 道中使いなさいって、飲料水を分けてもらったわ。

'Kuon
シエル

助かります。

Ciel
ラーベ

情報収集の成果はどうだった?

Raabe
久音

大して新しい発見はなかったわ。ここの人たちは、 割と慎重な考え方の人が多いみたい。

'Kuon
久音

統制機構は気に入らない。レジスタンスには感謝してる。 でもどちらかに積極的に加担するつもりもない。

'Kuon
久音

宿を貸してくれた女の人みたいに、 統制機構を敵視してるわけじゃない、って人もいたわね。

'Kuon
久音

そっちはどう?

'Kuon
シエル

同じです。中には、レジスタンスたちはなにをするか わからないところが少し怖い、と言っている人もいました。

Ciel
久音

それはそうよね。見た感じ、大部分は 流れ者とか傭兵の寄せ集めって感じだったし。

'Kuon
久音

そうね。となれば、長居する必要もないし。 次の村を目指すとしましょうか。

'Kuon
シエル

距離からして、日暮れまでには到着できそうです。

Ciel
シエル

ですが途中、どれだけ魔物と遭遇するかわかりません。 油断せず、早めに出発しましょう。

Ciel

==第3節 反抗する者②/ 3. One Who Opposes - 2

Summary
村が魔物の襲撃を受けているのを発見したシ

エル達。加勢するべく村に向かう。

Ciel and the group witness a village being attacked by monsters for the first time. They head towards the besieged village.
シエル

戦闘終了。……敵の数が増えてきましたね。

Ciel
ラーベ

やはりと言うべきか、ヤマツミから離れるほど 魔物の数も増えるみたいだな。

Raabe
久音

階層都市の周囲は、統制機構も定期的に見回りをするし、 村は魔物避けが仕掛けてあるし。

'Kuon
久音

だけどこの辺りは、 魔物を遠ざけるものがなにもないものね。

'Kuon
シエル

それに『異物』である私達に、魔物は引き寄せられる 性質があります。遭遇率が上がるのは、当然でしょう。

Ciel
久音

その迷惑な性質、 ここに来たばかりのときに知りたかったわ、ほんと……。

'Kuon
久音

そういえば、村での情報収集が終わったら、 どうするの?

'Kuon
久音

さっきの感じだと、 あんまり実りある内容には期待できそうにないけど。

'Kuon
ラーベ

同感だね。レジスタンスはともかく、統制機構については もう少し内情に突っ込んだ情報がほしいし。

Raabe
シエル

統制機構については、 階層都市ヤマツミで調査を行うべきでしょうか。

Ciel
ラーベ

そうなるかな……。あまり危険は冒したくないが、 だからといって行かないわけにも……。

Raabe
シエル

! 音声を感知しました。緊迫した人の声です。

Ciel
シエル

それから……これは、魔物の音声。 この先で誰かが魔物と戦っています。

Ciel
久音

行ってみましょう! 近くの村の人が、襲われてるのかもしれないわ!

'Kuon
レジスタンスA

くそ! まだ来やがる!

Resistance Member A
レジスタンスB

なんだってこんなときに……。 こっちは2人しかいないってのに!

Resistance Member B
レジスタンスA

もうすぐ、もうすぐ到着するはずだ! せめてそれまで……!

Resistance Member A
シエル

村が襲撃を受けています。 あそこで戦っているのは、レジスタンスの人でしょうか。

Ciel
久音

完全に囲まれてるじゃない。このままじゃ、あの人たちも 集落の人たちも、無事じゃすまないわ!

'Kuon

1: 放ってはおけない
2: すぐに助けよう!

1:
2:

ラーベ

助ければ恩も売れる。異論はないよ。

Raabe
シエル

了解しました。戦闘状態に移行します。

Ciel

==第3節 反抗する者③/ 3. One Who Opposes - 3

Summary
シエル達は再会したバレットの手伝いで各村

を回り、聞き込みを開始する。

They reunite with Bullet and join her in her inquiries around various villages.
久音

よし、片付いた。

'Kuon
ラーベ

村にも被害はなさそうだね。

Raabe
シエル

こちらの方々も、大きな怪我はなさそうです。

Ciel
シエル

大丈夫ですか? 立ち上がれないようでしたら、運びますが。

Ciel
レジスタンスA

だ、大丈夫だ、自分で歩ける……。 それより、助かった。ありがとう。

Resistance Member A
レジスタンスB

あんたたち、強いんだな。 どっから来た……げぇっ!?

Resistance Member B
久音

ん? 私? なによ、そのお化けでも見るような顔は。

'Kuon
レジスタンスB

お、お前は……『爆炎の魔女』! ど、どうしてここに……!

Resistance Member B
シエル

爆炎の魔女?

Ciel
久音

な、なんでその呼び名を知ってんのよ!?

'Kuon
ラーベ

なにか、いわくのあるあだ名なのか?

Raabe
久音

い、いわくってほどじゃないわよ。ただ……ヤマツミに 来たばっかりの頃、何度かガラの悪い連中に絡まれて。

'Kuon
久音

そのたびに、身の程を思い知らせてやってたら、 いつの間にかヒソヒソそう呼ばれてたの。

'Kuon
レジスタンスA

お、おお、俺たち、今はなにもやってねぇぞ! あのときのアレは、その、出来心っていうか……。

Resistance Member A
久音

ん? あ! 思い出した! あんたたち、ヤマツミでちょっかいかけてきた奴等ね!

'Kuon
レジスタンスB

うわわわ、か、勘弁してくれ! 反省してます! すんませんでしたぁ!

Resistance Member B
ラーベ

だいぶ深刻に、身の程を思い知ったらしいな。

Raabe
久音

からかうような言い方しないでよ、もう。 あのときは私も、ちょっと苛々してたから……。

'Kuon
シエル

ラーベさん、久音さん、 レイさん。

Ciel
シエル

なにやら村の方が騒がしいです。

Ciel
ラーベ

うん?

Raabe
バレット

お前たち!

Bullet
レジスタンスA

<size=130%>バレットさん!?</size>

Resistance Member A
バレット

魔物に襲われていると聞いたが、大丈夫だったか?

Bullet
バレット

……って、レイ! そうか、お前たちが仲間を助けてくれたのか。

Bullet
シエル

はい。 こちらの村に向かっている途中で、戦闘に遭遇しました。

Ciel
バレット

ありがとう。私からも礼を言う。 お前たちには助けてもらってばかりだな。

Bullet
バレット

本来ならば仲間もこの村も、 我々が助け、守るべきなのだが。本当に助かった。

Bullet
ラーベ

話には聞いていたが、 レジスタンスは本当に村を魔物から守っているんだな。

Raabe
バレット

ああ。彼らは、統制機構の強引な施政の被害者だ。 理不尽な権力に反旗を翻す者として、無視はできない。

Bullet
バレット

いや、強大な存在にも膝を曲げず、抗う者同士、 仲間だとすら思っている。

Bullet
ラーベ

仲間ね。でも、彼らはそこまでの強い思い入れを持って、 レジスタンスを見てはいないんじゃないか?

Raabe
バレット

それでも構わない。私が守りたいだけだ。

Bullet
バレット

今回のような有事の際にすぐに対応できるよう、 この近辺の村には、数人ずつ、仲間を滞在させているんだ。

Bullet
バレット

だが最近は、魔物が村の近くをうろつくことが増えてな。 被害がないか確認するために、近辺を回っていたところだった。

Bullet
バレット

お前たちは、どうしてここに?

Bullet
シエル

情報収集のために来ました。 村がいくつかあると聞いていたので。

Ciel
バレット

そうか。まあ、あのあとすぐにヤマツミに行くのは、 さすがに危険だろうからな。

Bullet
バレット

なにか有益な情報は、手に入ったか?

Bullet
ラーベ

いや、まだこれといってなにもないよ。 だから、この村でも色々と聞かせてもらうつもりだ。

Raabe
シエル

それと、どこか宿に借りられる場所はないでしょうか。

Ciel
バレット

宿? 休む場所か……なら、私たちが活動のために 借りている小屋がある。そこを使ったらいい。

Bullet
シエル

ありがとうございます。助かります。

Ciel
バレット

なんなら、食事も用意するぞ。といっても、豪華な夕食は 期待するなよ。我々も少ない物資でやりくりしているんだ。

Bullet
バレット

……ヤマツミの外では、まともな作物は育たない。 みんな貧しいが、懸命にやっている。

Bullet
久音

もちろんよ。それに、貧しいのは…… 見てれば、なんとなくわかるわ。贅沢は言わないわよ。

'Kuon
バレット

その代わりに、ちょっと手伝ってもらいたい。

Bullet
シエル

なにをでしょう?

Ciel
バレット

我々の任務を手伝ってくれ。 つまり、各村の見回りだ。

Bullet
ラーベ

ははーん、 私たちを連れ回して、魔物退治をさせるつもりだな?

Raabe
バレット

お前たちは強い。悔しいが、レジスタンスでまともに やり合えるのは私くらいだろう。

Bullet
バレット

中には、つい最近まで喧嘩すらまともにしたことがない 者もいるくらいだ。

Bullet
久音

ふうん。まさに寄せ集めね。

'Kuon
バレット

その通りだ。だが大切な仲間でもある。 無闇に命を懸けさせる必要はあるまい。

Bullet
久音

私たちならいいってこと?

'Kuon
バレット

信頼している。お前たちの力をな。

Bullet
久音

うまいこと言ってくれるわね。でも各村を、ってことは、 村を案内してくれるの?

'Kuon
バレット

もちろんだ。当然、そこでの宿泊場所と食事は用意する。 どうだ? 悪い話じゃないだろう。

Bullet
シエル

村を回るのなら、より地理に詳しい人に案内してもらうほうが、 道のりとしても効率的で安全だと思います。

Ciel
久音

そうね。それに食事や宿を確保する手間も省ける。 確かに、悪い話じゃないわね。

'Kuon

1: やってみようか
2: ぜひ手伝わせてください

1:
2:

ラーベ

ただ、私たちは情報収集のために村を巡ろうとしている。 そのための時間は、確保させてもらうぞ。

Raabe
バレット

ああ、わかっている。私たちも情報のやりとりだとか、 やるべきことがある。

Bullet
久音

なら、交渉成立ってことね。

'Kuon
バレット

助かる。ひとまず、小屋に案内しよう。 今日は時間も遅いから、我々もここで休んでいく。

Bullet
バレット

出発は明日の朝だ。それまでは、自由にしていてくれ。 行こう、こっちだ。

Bullet
久音

お待たせ。色々、聞いてきたわ。

'Kuon
シエル

私達も、話をうかがってきました。

Ciel
シエル

レジスタンスと統制機構の戦力差ですが…… 明確に、統制機構が優勢のようです。

Ciel
ラーベ

まあ、そうだろうな。向こうはいわば兵隊だ。 戦闘訓練だって積んでいるし、戦うための装備も支給される。

Raabe
ラーベ

対してレジスタンスは、多少それらしく訓練したところで 所詮素人。武器も食料も、十分とはお世辞にも言えない。

Raabe
久音

そうね。 これで戦ってるっていうのが、むしろ信じられないくらい。

'Kuon
久音

なのに彼らを統制機構に立ち向かわせているのは、 やっぱりバレットの存在が大きいみたいね。

'Kuon
久音

バレットがいるから、バレットが頑張ってくれているから、 だから自分も戦うんだっていう人がいっぱいいたわ。

'Kuon

1: バレットは強いんだね
2: バレットは慕われてるんだね

1:
2:

シエル

そのようです。

Ciel
シエル

それに、 この村では統制機構への敵対意識が強いように感じました。

Ciel
シエル

バレットさんを筆頭に抗い続ければ、いつか勝てるかもしれない。 そう信じている声もいくつか耳にしました。

Ciel
ラーベ

統制機構に対する印象は、決して一辺倒というわけでは ないみたいだね。

Raabe
ラーベ

温情に気持ちが傾く者もいれば、どっちにつくのが得か わかるまで中立でいようとする者もいる。

Raabe
ラーベ

その一方で、強く敵視している者もいる。 ……まあ、民衆ってのはそういうもんか。

Raabe
久音

あ。そうだ。ひとつ気になる話を聞いたわ。

'Kuon
久音

階層都市ヤマツミの現責任者、ツバキ=ヤヨイ中尉だけど、 彼女はどうも一時的な代理の責任者らしいの。

'Kuon
久音

本当は、ジン=キサラギ少佐っていう人が、 あそこの責任者になるはずだったんですって。

'Kuon
久音

でも別の都市でのトラブルに巻き込まれてて、 ヤマツミへの到着が遅れっぱなしだって。

'Kuon
シエル

ジン=キサラギ少佐、ですか。ツバキさんの上官でしょうか。

Ciel
久音

階級的にも、そうかも。で、そのキサラギ少佐って人がね、 そりゃもう目茶苦茶強いらしいのよ。

'Kuon
久音

ひとりで内戦を収めたとか、なんとか……。

'Kuon
久音

とにかく、その人がヤマツミに来ちゃったら、 レジスタンスなんてひとたまりもないって噂よ。

'Kuon
久音

だからその前に、統制機構を倒してしまいたいっていう動きが、 レジスタンス内部にはあるみたい。

'Kuon
ラーベ

なるほどな……。

Raabe
ラーベ

ふーむ……レジスタンスは、統制機構を倒した後 どうしたいんだろうね。

Raabe
久音

ヤマツミを……正確にはそこにある土地を、 奪還したいって感じかしら?

'Kuon
ラーベ

奪還してどうする? もうあのとんでもなくデカイ都市は、 ほとんど出来上がってるっていうのに。

Raabe
ラーベ

取り壊すのか? そのまま使うつもりか?

Raabe
久音

さあね。でも壊すのは一苦労だし、 自分たちの拠点として活用するほうがいいはずよね。

'Kuon
バレット

やっと見つけた。こんなところにいたのか、お前たち。

Bullet
シエル

バレットさん。 レジスタンスのお仕事は、落ち着いたのですか?

Ciel
バレット

ああ。今夜のところは、これでひと段落だ。 これから夕食にするが、一緒にどうだ。

Bullet
シエル

ありがとうございます。 お願いします。

Ciel
バレット

では、行こう。みんなも待っている。

Bullet
ラーベ

レイ。言い忘れていたが。

Raabe
ラーベ

行動を共にするとなれば、 バレットの様子には、注意しておいたほうがいい。

Raabe

1: バレットの?
2: ……ドライブ?

1:
2:

ラーベ

そうだ。 ヤマツミ脱出の際、彼女は確かにドライブを使っていた。

Raabe
ラーベ

ドライブ使いということは、観測者である可能性がある。 彼女自身の動向はもちろん、周囲にも気を付けておくように。

Raabe
ラーベ

我々も行こう。レイに倒れられるのが 一番まずい。補給と休息は、しっかり頼むよ。

Raabe

==第3節 反抗する者④/ 3. One Who Opposes - 4

Summary
次の村に向かう途中、前方に魔物を発見した

シエル達。倒してから進むことに決める。

While heading to the next village, the group is attacked by beasts. After defeating them, they decide to press forward.
バレット

もう少しで次の集落に着くぞ。 レイ、大丈夫か?

Bullet

1: 大丈夫!
2: 全然、余裕です……ぜえ、ぜえ

1:
2:

バレット

そうか。

Bullet
バレット

そ、そうか……。

Bullet
バレット

お前は一番体力がなさそうだからな。 無理そうだったら、休憩を挟むから遠慮するな。

Bullet
久音

それにしても、かなり森の奥のほうまで来たわね。 魔物の数も増えてきたわ。

'Kuon
シエル

魔素が濃くなってきたせいですね。

Ciel
シエル

……なのに、バレットさん以外のレジスタンスの方を、 連れてこられなかったのは、なにか理由があるのですか?

Ciel
バレット

ああ。この先にあるのは、 元々は我々レジスタンスが設営した野営地だ。

Bullet
バレット

そこに、行く場所のなかった人たちが集まって、 小規模な村になっているんだが……。

Bullet
バレット

つまり、すでに私の仲間が多数駐在しているんだ。

Bullet
バレット

そこでやることを終えたら、部隊を改めて編成して、 次の村に向かう。だから余計な戦力は、今は必要ない。

Bullet
久音

しんどいのは村につくまでってことか。 その村は、レジスタンスの拠点みたいなところなのね。

'Kuon
シエル

以前、拠点に部外者を案内するわけにはいかないと、 言っていませんでしたか?

Ciel
バレット

拠点ではあるが、いくつかあるうちのひとつにすぎない。

Bullet
バレット

見回りを手伝ってくれているんだし、村と同化している 拠点にくらいは連れて行っても構わないだろう。

Bullet
バレット

もちろん、我々の活動を左右するほどの重要な拠点にまでは、 連れて行くつもりはないぞ。

Bullet
バレット

……む?

Bullet
シエル

前方の反応を確認しました。 この先で、多数の魔物が活動しているようです。

Ciel
バレット

……村のあるほうだな。

Bullet
久音

迂回するのも馬鹿馬鹿しいわ。

'Kuon
久音

どうせこの辺りの魔物は、あとで一通り追い払わないと いけないんでしょ。だったら蹴散らして進みましょう。

'Kuon
バレット

そういう解決方法は、私も好みだ。 よし、殲滅してから、村に入る!

Bullet
シエル

レイさんは私の後ろへ。 周囲に警戒してください。

Ciel

==第3節 反抗する者⑤/ 3. One Who Opposes - 5

Summary
村の人々に慕われているバレット。彼女が誇

りのために戦っていることを知る。またシエ ル達にできる限り力になるという旨を話す。

The villagers adore Bullet. Rei learns that she takes pride in her fight. Again, she discusses trying to help Ciel's group as much as possible.
レジスタンスC

バレットさん! こっちの補修、終わりました!

Resistance Member C
レジスタンスD

すいません、ちょっといいですか。これなんですけど……。

Resistance Member D
集落の女性

もう、それくらい自分たちで決めなさいよ。なんでもかんでも バレットさんに聞いて、休憩する間もないじゃない。

Female Resident
バレット

はは、心配してくれてありがとう。でも大丈夫だ。 暗くなるまでには、一通り終わらせたい。

Bullet
腰の曲がった老女

本当に働き者ねぇ。でも無理はだめだよ。 バレットさんがいないと、みんな路頭に迷っちまう。

Stooped Old Lady
年老いたレジスタンス

そうだとも。 と言っても、あんたは大人しくなんかしてないんだろうが。

Aged Resistance Member
バレット

心配をかけているようだが、そう気遣ってくれるな。 それより、私がいない間、問題はなかったか?

Bullet
少年レジスタンス

なにもなかったぜ、リーダー! 近くを魔物が何回か通ったけど、俺たちが倒してやったし!

Young Resistance Member
バレット

よくやったな。お前もすっかり、立派なレジスタンスだな。

Bullet
シエル

バレットさんは、 ここの皆さんにとても慕われているんですね。

Ciel
久音

そうね。無邪気っていうか、なんかキラキラしちゃってさ。

'Kuon
ラーベ

それだけ、バレットというリーダーは、 レジスタンスにとってかけがえのないものなんだろうな。

Raabe
久音

でも、ちょっと危うい感じもするわね。

'Kuon
久音

彼女の判断ひとつが、事態を良くも悪くもする。 レジスタンスを生かすも殺すも、彼女次第ってことでしょ。

'Kuon
レジスタンスC

そりゃそうだが、 バレットさんは俺達を見捨てるようなことはしねぇよ。

Resistance Member C
久音

おっとっと。聞かれちゃってた……。

'Kuon

1: バレットを信じてるんだね
2: 確信できる理由は?

1:
2:

レジスタンスC

バレットさんはどんなときだって、 俺たちを守ろうと戦ってくれているんだ。

Resistance Member C
レジスタンスD

……統制機構に捕まったのだって、 あのときしくじった俺たちを逃がすためなんだよ。

Resistance Member D
レジスタンスC

誰よりも危険な場所で、誰よりも戦う。 そういう人なんだ、あの人は。

Resistance Member C
久音

ふうん。

'Kuon
バレット

なんだ、お前たち。もう休憩か?

Bullet
バレット

こっちの指示は一通り終わった。 手が空いているなら、手伝ってくれ。

Bullet
バレット

半壊したまま放置されていた小屋を直したいんだ。

Bullet
シエル

わかりました。お手伝いします。

Ciel
久音

仕方ないか。ご飯とお宿の恩もあるしね。

'Kuon
久音

でも私やレイは、肉体労働向きじゃないから、 そこんとこよろしく。

'Kuon
バレット

わかってる。無理しない程度に、頼む。

Bullet

1: つ……疲れた……
2: 大工さんは偉大だなぁ……

1:
2:

バレット

ほら、水だ。倒れ込む前に飲んでおけ。

Bullet

1:
2: ありがとう

1:
2:

バレット

シエルや久音はまだ作業中か。よく働いてくれて、助かってる。 おかげで小屋の修理も終わりそうだ。

Bullet
バレット

……ずっと前から倒壊しかけていた小屋でな。少しずつ修理 していたんだ。使えるようになれば、みんな喜ぶ。

Bullet
バレット

…………。

Bullet
バレット

ここからだと、この野営地の全体が見える。

Bullet
バレット

ここにいるのは、ほとんどがレジスタンスだ。 そうでない者も、我々に積極的に協力をしてくれている。

Bullet
バレット

互いに支え合い、励まし合い……老若男女関係なく手を取り、 暮らしている。戦っている。

Bullet
バレット

ここは、みんなにとって大きな家なんだと思う。 ここで一緒に暮らしている者は、みんな家族だ。

Bullet
バレット

私にも、かつてそういう場所があった。 それを与えてくれた人がいたんだ。

Bullet
バレット

……私も、そういう人になりたいと思った。 あの人のように戦えたら、いいと……。

Bullet
バレット

だから、戦っている。

Bullet
バレット

急にこんな話をしだして、驚いたか? ただの雑談だ。でも、ついでに知っておいてほしかった。

Bullet
バレット

私はレジスタンスや、村の人たちの自由と未来のために 戦ってるわけじゃない。

Bullet
バレット

もちろん、それも大事な理由だ。 だが……私は。

Bullet
バレット

私の誇りのために戦っているんだ。きっと。

Bullet

1: 誇りっていうのは……
2: 憧れの人のこと?

1:
2:

バレット

別にそれは……どうだっていいだろ。

Bullet
バレット

それより、聞きたかったんだが。 お前、私たちが怖くないのか?

Bullet
バレット

武器を持ち、声を上げ、 世界を統治している組織に喧嘩を売っている。

Bullet
バレット

戦って傷つく者はもちろんいる。 死ぬ者だっている。誰かを殺したりもする。

Bullet
バレット

そういう連中と、手を伸ばせば届くような距離で話をして、 同じ小屋で眠るんだぞ。

Bullet
バレット

……いや。余計なことを聞いたな。忘れてくれ。

Bullet
バレット

お前はどうも……こういう荒っぽい世界とは、 無縁の人間だと思えて仕方がなくてな。

Bullet
バレット

そういう、穏やかな世界で暮らしていた人間とは、 あまり付き合いを持ったことがない。

Bullet
バレット

少し居心地が悪いというか……対応に困るんだ。

Bullet
バレット

だからといって、いなくなれと言っているわけじゃないぞ。 レジスタンスは、居場所を求める者には開かれた組織だ。

Bullet
バレット

一晩であれ、共に戦い、共に飯を食えば、仲間だ。 お前はそのうち、目的のためにここを離れるんだろうが……。

Bullet
バレット

私に協力できることがあるなら、遠慮なく言ってくれ。 出来る限り力になる。

Bullet

第4節 影なる凶刃①/ 4. Shadowy Assassin's Dagger - 1

Summary
バレットに潜伏しているレジスタンスの工作

員を保護してほしいと頼まれ、ヤマツミに向 かうことになる。

Asked by Bullet to help out the Resistance's spies, the group heads for Yamatsumi.
何事もなくヤマツミに潜入できたシエル達。

念のため人目を避けながら工作員の隠れ家に 向かう。

ヒビキ

どうぞ。

Hibiki
統制機構衛士

失礼いたします!

NOL Soldiers
統制機構衛士

……例の工作員の件ですが、先に捕えていた1名の情報により、 もう1名は発見しました。ですが……。

NOL Soldiers
ヒビキ

もうひとり、いたはずですね。 そちらはまだ発見できていないと。

Hibiki
統制機構衛士

はっ……申し訳ありません。

NOL Soldiers
ヒビキ

……先に捕えていたほうは、もう死んだのでしたね?

Hibiki
統制機構衛士

……はい。尋問官が……その……。

NOL Soldiers
ヒビキ

わかっています。……もう1名を捕えたのも、彼ですか?

Hibiki
統制機構衛士

は、はい……。

NOL Soldiers
ヒビキ

では、死んでいるんですね。

Hibiki
統制機構衛士

はい……報告を受けたときには、もう。 申し訳……。

NOL Soldiers
ヒビキ

彼を使うと決めたのは自分です。 あなたが責任を感じる必要はありません。

Hibiki
ヒビキ

下がって結構です。 引き続き、もう1名の工作員を捜索してください。

Hibiki
統制機構衛士

はっ! ……あの。コハク大尉。差し出がましいようですが……。

NOL Soldiers
統制機構衛士

例の男は、一体何者なのですか? このまま、コハク大尉の下に置かれるおつもりなのでしょうか?

NOL Soldiers
ヒビキ

…………。

Hibiki
統制機構衛士

し、失礼しました! 過ぎた口を……!

NOL Soldiers
ヒビキ

いえ。訝しく思っているのは、 なにもあなただけではないでしょう。

Hibiki
ヒビキ

ですが……今の状況を動かすには、必要な人材です。 然るべき時が来れば、然るべき処置を自分が下します。

Hibiki
ヒビキ

以上です。下がってください。

Hibiki
統制機構衛士

はっ! し、失礼いたしました!

NOL Soldiers
ヒビキ

……使える人材ですが、制御が難しい。

Hibiki
ヒビキ

カグラ様の足元を汚される前に、やるべきことを終えて、 退場させるほうが得策かもしれませんね。

Hibiki
ヒビキ

それにしても、反逆者とは。

Hibiki
ヒビキ

都合よく現れてくれたのですから、 しっかり使わせていただきましょう。

Hibiki
ヒビキ

肥沃な土地を作るには、十分な肥料が必要ですからね。

Hibiki
久音

さて、今日もレジスタンスのお手伝いに、 情報収集と行きますか。

'Kuon
ラーべ

しかし、ここにもかなり長居しているな……。 そろそろ別の場所に行くか、展開を変えたいところなんだが。

Raabe
シエル

レイさん。ラーベさん。久音さん。 あちらで、レジスタンスの皆さんが何やら相談しているようです。

Ciel
久音

本当ね。どうしたのかしら。 なんだか物々しい雰囲気だけど。

'Kuon
ラーベ

トラブルかもしれんな。行ってみよう。 状況が膠着しているから、トラブルは歓迎したい。

Raabe
久音

ちょっと。それ……バレットの前で言わないでよ?

'Kuon
久音

バレット。なにかあったの?

'Kuon
バレット

ああ、お前たちか。ちょうどいい。こんなことばかりで すまないんだが……頼まれてほしいことができた。

Bullet
シエル

詳しい話をうかがえますか?

Ciel
バレット

もちろんだ。実は……。

Bullet
シエル

見えました。ヤマツミの正門です。

Ciel
ラーベ

数日前にも通ったな。 あのときは大勢の衛士に囲まれながらだったけども。

Raabe
久音

それは行きの話でしょ。 帰りはレジスタンスに囲まれながらだったはずよ。

'Kuon
シエル

そうですね。 あのときは混乱に乗じて、強引に突破しましたが……。

Ciel
シエル

さすがに今は、落ち着いた警備態勢です。

Ciel
久音

下手に暴れて騒ぎにするよりも、無害そうな顔でしれっと 通るほうが、もしかしたらうまくいくかもしれないわよ。

'Kuon
久音

一見、私たちはただの学生の集団って感じだし。 それっぽい理屈をこねれば、案外行けるかも。

'Kuon
シエル

目指すのは、ヤマツミの中層にある レジスタンスの隠れ家です。

Ciel
シエル

そこに、情報収集のために潜入している 工作員さんがいるはずです。

Ciel

1: 統制機構にバレたって……
2: かなりマズイ状況なんだよね?

1:
2:

シエル

はい。 ヤマツミに潜入中のレジスタンスの工作員、3名。

Ciel
シエル

そのうち1名が統制機構に拘束され、 工作員の情報を自白、別の1名と共に処刑されたそうです。

Ciel
シエル

残る1名が、まだヤマツミの隠れ家で身を潜めています。

Ciel
久音

工作員の逃亡を警戒して、都市から出ることへの警戒が 厳しくなってる。工作員本人は、顔も名前も割れてる。

'Kuon
久音

身動きできなくなっちゃって、なんとか状況だけ バレットの元に届いた……って話だったわね。

'Kuon
シエル

私たちに依頼された任務は、生き残りの工作員1名の確保と、 バレットさんのところへの帰還です。

Ciel
シエル

合流する前に見つかって、処刑されていないといいのですが。

Ciel
ラーベ

それなんだが、ちょっと疑問だ。ヤマツミの統制機構の指揮は、 あのヤヨイ中尉がRaabe行っているはずだよな?

Raabe
久音

ええ、そうよ。

'Kuon
ラーベ

前にレジスタンスを拘束したときは、 捕虜にも丁寧な扱いをするようにと部下を叱責していた人物だ。

Raabe
ラーベ

それが、工作員とはいえ、さくさくっと処刑してしまうとは。 意外というか、らしくない気がしてならない。

Raabe
シエル

確かに、彼女は優しい人に思えました。 工作員に対する冷静な処罰と、人物像が一致しません。

Ciel
久音

それはそうかもしれないけど、ひとまず考えるよりも先に 合流しちゃったほうがいいんじゃない?

'Kuon
久音

バレットから話を聞いた段階では、隠れ家は見つかって ないらしいけど、今この瞬間もそうとは限らないんだから。

'Kuon
シエル

そうですね。ですが、このような重大な任務を行うのが、 私達でよかったのでしょうか。

Ciel
久音

工作員の顔がバレてるってことは、 レジスタンスの人たちのことも知られてるかもしれないし。

'Kuon
久音

下手に身内を潜り込ませるより、一応部外者の私たちを 行かせたほうが、リスクは少ないんじゃない?

'Kuon

1: 自分たちも脱獄犯なんだけどね
2: 無事に連れて帰ろう

1:
2:

ラーベ

目を付けられているという条件が同じなら、それこそ 戦力が期待できるほうが、都合がいいという判断だろう。

Raabe
シエル

そうですね。任せていただいたのですから、 無事工作員さんを送り届けたいです。

Ciel
久音

さてと。いつまでもこうしていても仕方ないし。 とりあえず正門まで行ってみましょうか。

'Kuon
シエル

待ってください。

Ciel
久音

どうしたの?

'Kuon
シエル

森の奥から、敵性反応接近中です。魔物と思われます。 ……どうしますか?

Ciel
久音

どうするって、もしこっちに気付いてるんだとしたら、 逃げたらそのままついてきちゃうでしょ?

'Kuon
久音

ヤマツミに魔物を連れてはいけないわ。

'Kuon
ラーベ

その混乱に乗じて入り込む、という手もあるが……。

Raabe

1: 迷惑はかけられないよ
2: シエル、お願いしてもいい?

1:
2:

シエル

はい。戦闘態勢に移行します。

Ciel
久音

そうこなくっちゃ。私も付き合うわ。 目立つといけないから、さっさと片付けましょう。

'Kuon
久音

ずいぶんあっさり入れたわね……。 脱獄犯も一緒だっていうのに、統制機構って案外ザルなのね。

'Kuon
ラーベ

こんな下層で見張りをしているような末端の衛士には、 脱獄の情報自体がいっていないのかもしれないな。

Raabe
シエル

なんにせよ、幸運でした。 早速、工作員さんの状態を確認しましょう。

Ciel
久音

状態、って。無事、とか言ってよ。 隠れ家の場所は、聞いてるのよね?

'Kuon
ラーベ

ああ。私が記録してある。

Raabe
ラーベ

正門も通れたくらいだから、あまり警戒する必要は ないだろうが、一応、人目は避けていこう。

Raabe
ラーベ

ええと……地図がこうで、今がここだから……こっちだな。

Raabe

第4節 影なる凶刃②/ 4. Shadowy Assassin's Dagger - 2

Summary
シエル達は工作員の隠れ家に到着する。脱出

は夜に決行することになり、ラーベと工作員 を隠れ家に残し情報収集と昼食に出かける。

Ciel and company arrive at the safe house. They decide to escape at night, and leaving Raabe and the spy in the safe house, they go out to get dinner and gather information.
シエル

ここ……ですね。

Ciel
久音

普通の家ね。ノックしてみる?

'Kuon

1: では失礼して……
2: ごめんください

1:
2:

くたびれた青年

……はい? どちら様ですか?

Exhausted Youth
シエル

私達はレジ……。

Ciel
久音

はいストップ。合言葉、聞いてきたでしょ。 こほん。『西の村から手紙を預かってきた』わ。

'Kuon
くたびれた青年

っ! そ、そうか、君たちが……。よし、入ってくれ。

Exhausted Youth
工作員の青年

……誰にもつけられてはいないみたいだな。

Young Spy
工作員の青年

よかった……よく来てくれた、本当にありがとう。

Young Spy
工作員の青年

連絡員に状況を伝えはしたけど、 どうせもうダメだろうって、諦めかけてたんだ。

Young Spy
久音

生き残りはあなただけって聞いたんだけど……本当?

'Kuon
工作員の青年

……ああ。ひとり目が捕まって、俺たちのことを 白状したみたいなんだ。そいつはすぐに殺されたらしい。

Young Spy
工作員の青年

すぐに、もうひとりが町の中で殺されて……。 次は、俺だと思って。怖くて……ずっとここに隠れてた。

Young Spy
久音

そ、そんな震えないでよ。ほら、落ち着いて。

'Kuon
久音

……すぐに連れ出してあげたいところだけど、 そうもいかないわよね。

'Kuon
ラーベ

顔が知られているはずの工作員を連れて、真っ昼間に 堂々と正門から……ってのは、スリリングがすぎるだろうね。

Raabe
シエル

であれば、夜を待って、 どこか目立たない場所から抜け出すべきですね。

Ciel
久音

人目につかずに、ヤマツミから出る方法はある?

'Kuon
工作員の青年

ああ、ある。 俺たちが緊急時に、脱出経路にしようとしていた道だ。

Young Spy
工作員の青年

この階層都市の下水道を通るんだが……昼間のうちは、 忍び込むのが難しい。できるだけ暗い時間がいい。

Young Spy
シエル

安全面から考えても、そのほうが望ましいです。

Ciel
工作員の青年

統制機構の、夜間の巡回シフトは入手してある。 この近くから抜け道まで、数十分見張りがいない時間がある。

Young Spy
シエル

その時間帯に、下水道まで辿り着いてしまえばいいのですね。

Ciel
久音

となると……暗くなるまで、暇になるわね。

'Kuon
ラーベ

日没までは、まだしばらくあるな。 それまでの時間を有効に使いたいところだけど……。

Raabe

1: 情報収集してみるのはどう?
2: ……お腹がすきました

1:
2:

ラーベ

そうだな。せっかくヤマツミまで来たんだ。 この機会を無駄にするのは、もったいない。

Raabe
久音

あ、賛成。もうお昼過ぎてるし、私もお腹すいちゃった……。 それに、そのついでに情報収集もできるしね。

'Kuon
工作員の青年

お、おい、本気か? ここにいれば安全なのに、あえて外に出るつもりか……!?

Young Spy
シエル

心配は不要です。アナタはここに残っていてください。

Ciel
シエル

顔が知られている可能性がある以上、 アナタが外で行動するのはリスクがあります。

Ciel
シエル

ですが我々はどうやら、 この辺りでは特に警戒されていないようです。

Ciel
久音

ちょっとそのへんを歩くくらいなら、問題ないでしょ。

'Kuon
久音

下層は特に、色んな人がうろついてるし。 目立つことさえしなければ、紛れ込めるわよ。

'Kuon
久音

むしろこんな街外れの一軒屋で、人間が4人息を殺して ひっそりしてるほうが、かえって不自然さが出て目につくわ。

'Kuon
シエル

そうですね。辺りの家にはほとんど人がいませんから、 生体反応などを検知されれば明らかに不自然です。

Ciel
ラーベ

いや…… よほどの目的がない限り、そこまでしないと思うがな……。

Raabe
工作員の青年

だ、だが……。

Young Spy
ラーベ

ひとり残されるのも、不安か。 なら、私が残ろう。

Raabe
シエル

ラーベさんが、ですか?

Ciel
ラーベ

護衛の意味でも、シエルにはレイと 行動を共にしてもらったほうがいい。

Raabe
ラーベ

久音は私たちよりも、この辺りの知識がある。

Raabe
ラーベ

シエルやレイだけで送り出すのは、 あまりに不安だからな。ついていってやってほしい。

Raabe
ラーベ

となると、あとは私しかいない。だろう?

Raabe
工作員の青年

でも……その、こんなボールになにが……。

Young Spy
ラーベ

失礼な奴だな。確かに私に戦闘能力は無いが、 不審人物の接近や周囲の異変を察知することはできる。

Raabe
ラーベ

むしろ私が直々に側についていてやるんだぞ、光栄に思え。 それともひとりで留守番がいいか?

Raabe
工作員の青年

い、いいいや、いや、ありがたい。お願いします!

Young Spy
ラーベ

ふふん。始めからそう言えばいいんだ。

Raabe
久音

それじゃ、行ってくるわ。 情報収集と、ついでにお昼ご飯ね。

'Kuon
シエル

はい。 レイさんには定期的な栄養摂取が必要です。

Ciel
久音

私にも、ね。 それと、他人事みたいに言ってるけどシエルにもでしょ?

'Kuon
シエル

あれば、動力源として活用しますが、なければ補給剤などで 補えます。最優先はレイさんです。

Ciel
久音

機械みたいな言い方するのね。 まあいいわ。ヤマツミで3人でランチ。後、情報収集。

'Kuon
久音

日没までには戻ってくるから。 留守番よろしく。

'Kuon

第4節 影なる凶刃③/ 4. Shadowy Assassin's Dagger - 3

Summary
昼食の後、ちんぴらに絡まれたシエル達。怒

った久音は「お詫び」のために彼らを裏路地 に誘導し、お灸をすえる。

After eating, the group gets involved with some hoodlums. Angered, Kuon leads them into a side street under the guise of apologizing, and scolds them.
チンピラを撃退時の爆発を聞きつけた統制機

構衛士がやってきてしまう。しかし、シエル 達は見逃され、違和感を覚える。

久音

う〜ん、さっきのお店、 辺鄙なところにある割には、おいしかったわね。

'Kuon
久音

やっぱりおいしいものを食べると、気分がいいわ。

'Kuon
シエル

そうなんですね。 レイさんも、そうですか?

Ciel

1: 気分がいい
2: あんまり変わらない

1:
2:

シエル

なるほど。レイさんについての 新しいデータを獲得しました。

Ciel
久音

ふふ。なんか、懐かれてるのね、あなた。

'Kuon
久音

それにしても。 ちょっと引っかかるわよね。工作員の話。

'Kuon
久音

さっき聞いた感じだと、ひとり目はともかく、 ふたり目は拘束されずに殺されたみたいじゃない。

'Kuon
久音

普通、そういうことする? よっぽどの抵抗にあったら、 そうなる可能性はあるのかもしれないけど……。

'Kuon
シエル

工作員の人たちが、 それほど極端に戦闘に特化しているとは思えません。

Ciel
シエル

さっきの方も、 この事態にとても怯えているようでしたし……。

Ciel
久音

そう、割と普通の人だったわよね。

'Kuon
久音

他の人もそうだったんだとしたら…… ますます、ツバキが彼らを殺すなんて指示をするとは思えないわ。

Kuon
シエル

……そうですね。 このあたりの町でも少しお話も聞いて回りましたが、

Ciel
シエル

皆さん、ツバキさんに対しては とても優しく礼儀正しい方だという評価でした。

Ciel
シエル

実際に会った彼女の印象と、 ヤマツミの町中で聞ける評判は、合致しています。

Ciel
久音

逆に、今回の件に関わる部分だけ、印象が合致してない。 ってことは……単純に考えれば

'Kuon
久音

これはツバキの指示じゃないって可能性もあるわよね。

'Kuon
久音

まあ、私たちが知らない顔を持ってるって可能性も、 もちろんあるんだけど……。

'Kuon
久音

わっ、と。

'Kuon
ちんぴらA

お? おいおい、嬢ちゃん。どこに目ぇつけて歩いてんだよ?

Hooligan A
ちんぴらB

よそ見してると危ないぞ〜? 恐いお兄さんに見つかっちまうかもしれないだろ?

Hooligan B
ちんぴらC

俺たちみたいな、なぁ! ギャハハハハ!

Hooligan C
久音

……あっそう。ご忠告どうも。 でも明らかに今、あんたたちからぶつかってきたわよね?

'Kuon
ちんぴらA

はぁ? どこにそんな証拠があるんだよ。 俺たちはただ歩いてただけだぜ? 因縁つけようってのか?

Hooligan A
ちんぴらB

な〜に、そう怯えるなって。ちょっとお詫びをしてくれりゃあ、 許してやるからさぁ。

Hooligan B
ちんぴらA

そうそう、ちょ〜っとな。 へっへっへ、よく見ると中々美人じゃねぇか、嬢ちゃん。

Hooligan A
ちんぴらB

こっちの白い髪の子も、かわいいじゃ〜ん。

Hooligan B
ちんぴらC

大人しくしてれば優しくしてやるから……。

Hooligan C
久音

…………。

'Kuon
久音

……わかったわ。お詫びしようじゃないの。 でもこんな人通りのあるところでは恥ずかしいから……。

'Kuon
久音

ちょっと、こっちに来てくれないかしら?

'Kuon
久音

……よし。ここならいいわね。

'Kuon
シエル

薄暗い通りです。人通りもありませんが……。

Ciel
ちんぴらA

へっへっへ、意外と物分りがいいじゃねぇか。 さぁて、どうお詫びしてもらおうか……。

Hooligan A
久音

バカね。どう、って……。

'Kuon
ちんぴらB

うわっ、あっちちちち!

Hooligan B
久音

『こう』に決まってるでしょ!

'Kuon
久音

ふん。この私に喧嘩売ろうなんて、百年早いのよ。

'Kuon
ちんぴらA

ひ、ひぃぃぃ!

Hooligan A
ちんぴらB

たたたたたた助けてくれぇぇぇぇ!

Hooligan B
野次馬A

なんだ、喧嘩か?

Bystander A
野次馬B

おい、あの女……確か『爆炎の魔女』って噂の……!

Bystander B
野次馬C

うわ、本当だ! あいつ『爆炎の魔女』じゃないか。 ヤマツミを出たって噂もあったのに……。

Bystander C
野次馬A

お、おい、こっち見たぞ、気を付けろ。 下手なことすると、燃やされるぞ……!

Bystander A
シエル

……久音さんは、どうやら有名な人のようです。

Ciel
久音

ち、ちち、違うの、違うのよこれは、誤解よ! 私はなにもおかしなことしてないんだから!

'Kuon
久音

ちょっと……今の連中みたいなのを こらしめたことはあるけど……それだけだから……!

'Kuon
統制機構衛士

何事だ!?

NOL Soldiers
シエル

統制機構の衛士です……!

Ciel
久音

なっ!? 誰か通報したの? もう、ちょっとくらい街角で 爆発があったからって、血相変えてこなくてもいいのに……!

'Kuon
シエル

お言葉ですが、久音さん。 先ほどの爆発は、ちょっとくらいではないと判断します。

Ciel

1: それより、逃げ道が……
2: 塞がれちゃった……

1:
2:

シエル

……強引に突破しますか?

Ciel
久音

まずいでしょ。完全に目ぇつけられるわよ……。

'Kuon
統制機構衛士

……ふむ。そこのごろつきどもが、子供たちに絡んでいたと。 ……ん? お前たちは……?

NOL Soldiers
久音

ど、どうも。 駆け付けていただいて、助かりましたわ、おほほほ。

'Kuon
久音

それじゃあ、あの。あとのことはお任せしますので。 急いでおりますの、失礼〜!

'Kuon
統制機構衛士

…………。

NOL Soldiers
シエル

これは強引ではないのですか?

Ciel
久音

い、いいから、無害そうな顔してなさい……!

'Kuon
統制機構衛士

……いいだろう。行きなさい。

NOL Soldiers
久音

え? あ、あはは、それじゃあ、失礼します〜。

'Kuon
久音

……はぁ〜、よかったぁ。何事もなくて……。

'Kuon
シエル

何事かは十分ありましたが。

Ciel
久音

捕まらなくてよかったって話よ。……あの衛士たち、 完璧に私たちの顔見てたのに、見逃してくれたわね。

'Kuon
久音

やっぱりラーベが言ってたみたいに、末端の衛士には 脱獄のこととか伝わってないのかしら。

'Kuon
シエル

だと思います。そうでなければ、正門の件はともかく、 今の一件は不自然すぎます。

Ciel
シエル

……『爆炎の魔女』とのトラブルを避けたという 可能性もありますが……。

Ciel
久音

だ、だからそれは、この辺の人が勝手に呼び出しただけだから! そんな大げさに言うようなことなかったんだから!

'Kuon
シエル

そうなのですか? それにしては、知名度が高かったように思いますが……。

Ciel
久音

くっ……無垢な目で見られると、どうしてか胸が痛むわ……。

'Kuon
久音

そ、それより、さすがにそろそろ戻りましょう。 日が暮れてから戻るんじゃ、心配かけちゃうだろうし。

'Kuon
シエル

わかりました。では、行きましょう。

Ciel

第4節 影なる凶刃④/ 4. Shadowy Assassin's Dagger - 4

Summary
夜、工作員の下調べにより、見回りがいない

時間に行動していたが、情報になかった見回 りの統制機構衛士に見つかってしまう。

They execute their plan at night, at a time when the patrol isn't around, but are caught by a patrol that wasn't in their information.
久音

……いいわ。誰もいない。

'Kuon
工作員の青年

今の時間なら、衛士はこの町の反対側の巡回に行っているはずだ。 しばらくは戻ってこない。

Young Spy
久音

それでも、誰に見られるかわからないもの。 とりあえず早くここを出ましょう。

'Kuon
久音

抜け道の下水道に入ってしまえば、こっちのものよ。 そんなところまで、衛士も探しになんか来ないでしょうし。

'Kuon
ラーベ

抜け道までの道順は記録してある。ついてこい。 シエル、先導しろ。

Raabe
シエル

了解しました。

Ciel
シエル

…………。

Ciel

1: 静かだね
2: 誰もいない……

1:
2:

シエル

……広い通りを抜けます。周囲に気をつけて……。

Ciel
統制機構衛士

お前たち! そこでなにをしている!?

NOL Soldiers
シエル

!? 統制機構の衛士です!

Ciel
久音

嘘!? 見回りの連中はとっくに反対側に向かったはずよ!?

'Kuon
工作員の青年

ば、馬鹿な、別の巡回がいるなんて……!

Young Spy
統制機構衛士

なにをごちゃごちゃと言っている! そこを動くな。武器を持っているなら捨てろ!

NOL Soldiers
ラーベ

まずい、騒ぎになると別の衛士も集まってきかねない。

Raabe
久音

大事にならないうちに、強行突破しかないわね!

'Kuon
シエル

了解。戦闘行動に移行します。

Ciel

第5節 抜け道を行く/ 5. Taking the Side Streets

Summary
脱出経路である下水道の入り口に辿り着いた

シエル達。下水道は魔物の巣窟になっており、 倒しながら進むことを余儀なくされる。

Ciel's group makes it to the waterways. But descending into it, they are accosted by monsters and have to proceed while fighting them off.
久音

……どう?

'Kuon
ラーベ

とりあえず、追跡してくる反応はないみたいだ。 うまいこと撒けたな。

Raabe
シエル

驚きました。まさか巡回とは別に衛士がいて、 それにばったり出くわしてしまうとは。

Ciel
久音

あなた、本当に統制機構の巡回の情報、 掴んでたんでしょうねぇ?

'Kuon
工作員の青年

ほ、本当だ! 俺の掴んでた情報では、この時間は安全なはずだったんだ。

Young Spy
工作員の青年

別動隊なんて聞いてない。嘘じゃないって……!

Young Spy
久音

……まあ。嘘だったとしたら、自分で自分の首を 絞めてるわけだから、疑うのもお門違いか。

'Kuon
ラーベ

とりあえず、下水道までは来られた。 さすがにここまで追いかけてはこないと信じたいね。

Raabe
久音

でも、ここも楽な道じゃなさそうね。 暗いし、嫌な臭いがするし。

'Kuon
シエル

階層都市の構造の中でも、かなり下層のようです。 魔素も濃いですね……。

Ciel
シエル

レイさん、 あまり深く息をしないようにしてください。

Ciel
ラーベ

そうだな。あと、人よりも魔物に気をつけたほうがいい。

Raabe
ラーベ

ここの魔物は魔素に染まった原生生物が主だ。 そういう生き物にとっては、ここは格好の生息地だろう。

Raabe
シエル

……っ! 反応を確認。こちらに向かってきています。

Ciel
ラーベ

早速か。アポなしの来客も歓迎してくれるらしい。

Raabe
シエル

反応、増大。 非常に多数の魔物が、こちらに気付いているようです。

Ciel
ラーベ

全部を相手にしていると、いつまでたっても抜けられん。 駆け抜けるぞ!

Raabe
久音

もちろん。こんなところに長居なんてごめんよ。 人目を忍ぶ必要はもうないんだから、思いっきり蹴散らすわよ!

'Kuon

第6節 切り裂く者①/ 6. One Who Rips to Shreds - 1

Summary
統制機構の動きに違和感があると話すラーベ

と久音。出口が目前に見えていることもあり、 ひとまず魔物の排除に集中する。

Raabe and Kuon talk about the unease they feel from the NOL acting differently than they'd expected. The exit is right before them, so they first focus on defeating the monsters and reaching it.
久音

はぁ……はぁ……なんなのよ、この下水道! 魔物の巣窟じゃない!

'Kuon

1: 疲れた……
2: しばらくカニを見たくない

1:
2:

シエル

ですが、ずいぶん進みました。工作員さんが入手した 構造図に従えば、出口まではあと少しです。

Ciel
久音

野営地に戻ったら、速攻お風呂ね……。 あと服と靴も洗わないと……。

'Kuon
シエル

はい。衛生的に非常に劣悪な状況です。 感染症などが発生しては、一大事ですから。

Ciel
久音

それ以前の問題よ……。

'Kuon
ラーベ

…………。

Raabe
シエル

ラーベさん、どうかしましたか? 壊れましたか?

Ciel
ラーベ

壊れてないから、チョップの構えをやめなさい。

Raabe
シエル

よかったです。

Ciel
久音

でもどうしたの? 黙りこくって、考え事?

'Kuon
ラーベ

まあね。 ちょっと気になるというか、引っかかるというか……。

Raabe
久音

統制機構の動き……ね。

'Kuon
ラーベ

その通り。 ヤマツミに入ったときから、気になってたんだよ。

Raabe
ラーベ

正門の衛士は、私たちをすんなり通した。 街中で遭遇した衛士も、お前たちをあっさり行かせた。

Raabe
ラーベ

余計なトラブルを嫌っただけかもしれないし、 情報が行き渡ってないせいかもしれない。

Raabe
ラーベ

だが今は、内部に工作員が潜んでいる厳戒態勢中なんじゃ ないのか? それでなくてもレジスタンスとの抗争中だろう。

Raabe
久音

確かに、その割には都市の警戒が低いかもね……。 こっちに都合よく事が運ぶから、まあいいかって思ってたけど。

'Kuon
久音

さっき出くわした衛士たちも……動きがね、 こっちの想定といちいち違ってて、

'Kuon
久音

何か気持ち悪いって言うか……。

'Kuon
工作員の青年

気持ち悪いって……ど、どういうことだ?

Young Spy
シエル

想定外の動きをするのは、 なにか理由があると予想されます。

Ciel
シエル

その理由が不明なことが、 久音さんやラーベさんには気がかりなのではないでしょうか。

Ciel
久音

ええ、そうよ。考えすぎかもしれないけど。

'Kuon
シエル

であれば、迂闊に動くのは危険な可能性もあります。 ……どうするべきでしょうか。

Ciel

1: 目の前のことから片付けていこう
2: とりあえず、野営地に戻ろう

1:
2:

久音

そうね。こんなところで、あれこれ言っていても しょうがないし。ここまで進んだからには、後戻りも嫌だもの。

'Kuon
ラーベ

ああ。 だが、その前にもう少し汚れなければならなそうだぞ。

Raabe
久音

げっ……あちこちにある横穴から……。

'Kuon
久音

でも、冷静に考えると、魔物の住処を荒らしているのは 私たちなのかもね。

'Kuon
シエル

ですが、通り抜けるためです。敵性体の排除を開始します。

Ciel

第6節 切り裂く者②/ 6. One Who Rips to Shreds - 2

Summary
下水道を出ようとした瞬間、久音は暗闇から

突如現れたリッパーの一撃を受けてしまう。 リッパーを退けるため、迎え撃つ。

Just as they're about to exit the waterway, Ripper suddenly appears and Kuon takes a hit. To shake him off, they fight.
シエル

見えました! 外の明かりです。

Ciel
久音

ようやくね……。もう、靴がぐちゃぐちゃ。 こんなことなら、ブーツかなにか借りてくればよかった……。

'Kuon
ラーベ

思いの外、時間がかかってしまったな……。 こうも魔物が溜まっているとは、予想外だった。

Raabe
久音

バレットたちが心配してるかもしれないわね。 ちょっと急がないと。下手したら夜が明けちゃうわ。

'Kuon
シエル

レジスタンスの方々が無用に動揺してしまう前に、 野営地に辿り着きたいですね。

Ciel
久音

ええ。あ〜、でもここまで来ると少し空気も変わってきたわね。

'Kuon
久音

外の空気。魔素まみれとはいえ、下水道とは別世界の……。

'Kuon
久音

血の……臭い? ―― !?

'Kuon
久音

くっ……!

'Kuon
工作員の青年

ひぃぃっ!?

Young Spy
シエル

久音さん!

Ciel

1: 大丈夫!?
2: 誰だ!?

1:
2:

1: 大丈夫!?
2: 誰!?

1:
2:

久音

下がって、レイ!

'Kuon
シエル

対象、接近……!

Ciel
???

ありゃ。浅かったなぁ。もっと血がどばーっと出て、 女の悲鳴がキャーってのを期待してたんだけどな〜。

???
久音

あんたは……!

'Kuon
???

咄嗟に避けたか? ガキだと思って余裕こいてたら、 意外と動けるじゃん、ヒヒッ。

???
シエル

対象を捕捉……。暗がりに身を潜めていたようです。 すみません、気付きませんでした……。

Ciel
ラーベ

私の索敵にも引っかからなかったとは。

Raabe
ラーベ

出口が近いからって気が抜けていたか? それとも奴の特性か……?

Raabe
ラーベ

いずれにしても、気を付けたほうがいい。 尋常じゃない殺気だ。

Raabe
???

お? なにソレ、しゃべんの? へぇ〜、いいじゃん、カワイイじゃん。

???
???

全員切り刻んだら、お土産にすっか。 いいねェ、お楽しみが増えたぜ。

???
久音

まさか……リッパー!? どうしてあんたがここにいるのよ!?

'Kuon
リッパー

あ? 俺のこと知ってんの? ヒャッハハ、なに、俺ってばゆーめいじん?

Ripper
シエル

お知り合いなのですか?

Ciel
久音

違うわよ! まぁでも……知ってると言えば、知ってるんだけど。

'Kuon
久音

でもあいつはこっちのこと、知らないみたいね。

'Kuon
久音

あいつは通称リッパー。鋼鉄をも切り裂く指で、 多くの人を惨殺した……最低最悪の快楽殺人鬼よ。

'Kuon
リッパー

お、今のイイねぇ。気に入ったぜぇ〜。 アイドルのキャッチフレーズみたいじゃん。

Ripper
リッパー

あなたの心臓を鷲掴み、リッパーちゃんで〜す、ヨロシクね☆ ヒャハハハハッ! 掴んだら切れちゃうよなぁ〜。

Ripper
ラーベ

……なるほど、あいつも『異物』か。 それも、お前と同じ場所から紛れ込んだわけだ。

Raabe
久音

そういうこと。

'Kuon
リッパー

にしても、おっかしいなぁ〜。俺が殺すはずの、 工作員ってやつは、ひとりだったと思ったけど。

Ripper
リッパー

なのにこーんなに大勢いるとか、聞いてないんですケド。 これじゃあ……

Ripper
リッパー

……大サービスじゃん。

Ripper
リッパー

ヒヒッ、ひとりだと、軽く切り刻んでるうちに すぐ死んじゃうからさぁ。数がいるなら、大歓迎よ!

Ripper
工作員の青年

ひっ! あ、あいつ、俺を殺しに来たのか……。

Young Spy
ラーベ

そりゃあ、そうだろう。すでに他の工作員が死んでいるのなら、 お前を生かしておく理由は少ない。

Raabe
リッパー

他の工作員? あー、殺した、殺した。 殺した……と思うけど。どんな奴だったっけなぁ〜。

Ripper
リッパー

ま、いいか。昔の事なんてどーでもいいじゃん。 未来に生きようぜ〜。

Ripper
リッパー

とりあえず今は目の前に新しいオモチャがいるわけだし。 しかもい〜っぱい!

Ripper
リッパー

誰が一番、刻み心地がいいか…… チェックチェック、マイクテストマイクテスト〜。

Ripper
シエル

……対象の戦闘レベルの上昇を確認。 戦闘態勢へ移行します。

Ciel
リッパー

まずは試し切りから行くぜぇ〜〜〜!! ヒャーッハハハハハ!

Ripper

第6節 切り裂く者③/ 6. One Who Rips to Shreds - 3

Summary
絶体絶命の状態に陥ったシエル達。そこにバ

レットが合流し、興が削がれたリッパーは退 散した。

Ciel's group is stuck in a desperate situation with no way out. There they regroup with Bullet, and Ripper, now unmotivated, withdraws.
久音

っ、う……まずい……目が回ってきた……。

'Kuon
シエル

久音さんの動きが、徐々に鈍っています。 最初に受けた傷からの出血は、まだ止まっていません。

Ciel

1: そんな状態で激しく動いたら……
2: 早く止血しないと!

1:
2:

久音

だ……大丈夫、このくらい、かすり傷よ……。

'Kuon
シエル

その状態は、とてもかすり傷と呼べるものでは ありません。出血が続けば、やがて動けなくなります。

Ciel
ラーベ

あいつ、始めからただ息の根を止めるためじゃなくて、 じわじわなぶり殺しにするつもりだったな……。

Raabe
リッパー

ん〜ん、イイじゃん、イイじゃん。

Ripper
リッパー

ドブ臭ぇ中に漂う新鮮な血の匂い! ヘドロに飛び散る赤い色! まさに芸術ってやつ?

Ripper
リッパー

あー、血の匂い嗅いでたら、腹減ってきた。 そういやぁ、最近うまいモン食ってねぇなぁ……。

Ripper
リッパー

この辺の連中は、殺しても殺してもうまくねぇ。 前はもっと……あー……あれ、前っていつだ? まあいっか。

Ripper
リッパー

お前らはどうだ? うまいかなぁ。 食欲をそそる匂いはするんだけどよぉ。

Ripper
リッパー

隅々まで開いて、食えるとこないか探してやっから。 それまでは、た〜っぷりイイ声聞かせてくれよなぁ!

Ripper
シエル

くっ!

Ciel
リッパー

オラ、もっと踏ん張ってねぇと、腹の中身でぐちゃぐちゃに なる前に、なんだかわかんねぇ泥で全身ぐっちゃぐちゃだぜぇ!

Ripper
久音

この……!

'Kuon
久音

なっ!?

'Kuon
シエル

消えた……?

Ciel
ラーベ

シエル、索敵!

Raabe
シエル

! いけない……レイさん!

Ciel

1: え?
2: あ……

1:
2:

シエル

ぐぅ……が、はっ……。

Ciel
久音

シエル!?

'Kuon
リッパー

大事なお仲間を、身を挺して守るとか……泣かせるねぇ。 けど、そのせいで思いの外深くイっちまったぁ……あ〜あ。

Ripper

1:
2: シエル!!

1:
2:

ラーベ

レイ! しっかりしろ!

Raabe

1: なんだか急にめまいが……
2: 頭が痛い……

1:
2:

リッパー

ヒャーッハハハハ! 泣いちゃうなよ、すぐに同じ血の海に沈めてやっからさぁ!

Ripper
ラーベ

レイ、下がれ!

Raabe
リッパー

オラァ、次はテメェだぁ!

Ripper
リッパー

なにっ……!?

Ripper
シエル

……損傷軽微。戦闘行動を続行します。

Ciel
久音

シエル!

'Kuon
リッパー

チィッ!

Ripper
リッパー

あれー? おっかしーなー、ちゃんと刺したと思ったんだけどな……。

Ripper
リッパー

なんだぁ、雑魚ばっか刻んでたから、なまったか?

Ripper
リッパー

……ま、いっか。 さくっと終わっちまったら、つまんねーもんな。

Ripper
リッパー

むしろ生きててくれてラッキーだぜ。今度は指先から ちょーっとずつ、じわじわ細切れにしてやんよ!

Ripper
久音

シ、シエル、本当に大丈夫なの?

'Kuon
シエル

問題ありません。 ……想定よりも傷が浅かったようです。

Ciel
シエル

それより、久音さんも下がってください。 無闇に動けば出血量が増します。このままでは危険です。

Ciel
久音

怪我してるのは、あなたも同じでしょ。 それに、シエルひとりでどうにかできる相手じゃないわ。

'Kuon
久音

私も加勢する。 下がってたって、じっとしてたらあいつの格好の餌食よ。

'Kuon
ラーベ

リッパーの動きには、暗さも足元の悪さもまるで影響して いない。それどころか、この視界の悪さはいっそ奴の味方だ。

Raabe
ラーベ

久音の言う通り、じっとしていたら気付かないうちに 背後からざっくり……なんてことになりそうだな。

Raabe
工作員の青年

か、感心してる場合じゃねぇよ、どうするんだ、 このままじゃあの子ら、やられちまう。

Young Spy
工作員の青年

そうなったら、俺も……!

Young Spy
ラーベ

なに、死ぬときはみんな一緒だよ。 ……なんて、冗談言ってる場合じゃないか。

Raabe
ラーベ

どうにかしてこの場を脱出しないと、 奴の目論見通り、じわじわなぶり殺しにされるのがオチだ。

Raabe
工作員の青年

そ、そんな……駄目だ、そんなのは……。 この情報だけは、バレットさんに伝えねぇと……!

Young Spy
リッパー

バレット……ああ、お前がレジスタンスの工作員なのか。 まあまあ、そう焦るなって。

Ripper
リッパー

こいつら適当にバラしたら、次はお前と遊んでやるからさ。 それまでちゃーんと順番守って、大人しくしとけよー。

Ripper
工作員の青年

う、ぐ、くそ……。お、おい、お前! よくわかんねぇけど、要は機械なんだよな!?

Young Spy
ラーベ

お、おお、私か?

Raabe
工作員の青年

このデータを、バレットさんのところに届けてくれ。

Young Spy
工作員の青年

どんな形でもいい。お前なら、データを取り込んだりして 届けることもできるだろ!?

Young Spy
ラーベ

そりゃまあ……できるが。

Raabe

1: ラーベに預けてどうするの?
2: 自分で届けないの?

1:
2:

工作員の青年

俺が……あいつの気を引く。 その間に下水道を抜けてくれ。

Young Spy
工作員の青年

俺が残っても足手まといだが、お前たちなら……。 いや、お前だけでも、バレットさんのところに辿り着いてくれ!

Young Spy
ラーベ

おいおい。 お前でリッパーを抑えられるとでも思っているのか?

Raabe
工作員の青年

そんなわけないだろ。 でも……どうせ死ぬなら、意味のある死に方がしたい。

Young Spy
工作員の青年

頼んだぞ。 ……うおおぉぉぉぉぉお!!

Young Spy
久音

馬鹿! なにやって……!

'Kuon
リッパー

あららららら。んだよ、せっかちだなぁ。 でも……リクエストには応えてやんよぉ!

Ripper
リッパー

ぐおっ……!? 今度は、なんだぁ!?

Ripper
バレット

はぁぁっ!

Bullet
リッパー

うわっ、とっ、とっ! あぶねっ!

Ripper
バレット

何者かは知らんが、私の仲間に手を出すのなら容赦はしない!

Bullet
久音

バレット!

'Kuon
バレット

久音、無事か! シエルやレイは!?

Bullet
シエル

私は軽傷ですが、久音さんは深手を負っています。 早急な手当てが必要です。

Ciel

1: 助かった……
2: どうしてここに?

1:
2:

バレット

嫌な予感がしたんでな。この抜け道を使うことは わかっていたから、出口まで迎えに来たんだ。

Bullet
バレット

余計な世話かとも思ったが、 駆け付けて正解だったみたいだな。

Bullet
リッパー

チッ、レジスタンスかよ。 ぞろぞろ大勢連れて来やがって……。

Ripper
久音

形勢逆転、ね。

'Kuon
リッパー

面白くねぇなぁ。これじゃ情緒がないじゃん。 闇夜の殺しってのはもっと、静かでムードがねぇと……。

Ripper
バレット

ならばどうする? 両手を挙げて投降するか?

Bullet
リッパー

んなの、決まってんだろ? 帰るんだよ。

Ripper
久音

待ちなさい! そう易々と逃がすと思ってるの!

'Kuon
久音

あんたには、聞きたいことがたくさんあるの。 どうしてここにいるの? あんたに指示を出してるのは誰!?

'Kuon
久音

誰の指示で……レジスタンスの工作員を殺したの?

'Kuon
バレット

何? ということは……その男が、私の仲間を殺したのか!

Bullet
リッパー

あー……そっちは盛り上がってるみたいだけど、 俺は全然盛り下がっちゃってるんだわ。

Ripper
リッパー

また今度にしてくんない?

Ripper
リッパー

せっかく見つけた獲物だし。 今度はゆーっくり、楽しもうぜ〜。

Ripper
バレット

消えた……? いや、闇に紛れただけだ、まだ近くにいる! 追え!

Bullet
ラーベ

止めておいたほうがいいんじゃないか?

Raabe
バレット

なぜだ! あいつは仲間を殺したんだぞ!

Bullet
ラーベ

だからといって、大勢差し向ければ仕留められる相手でもない。 全員、暗がりのRaabe中で順々に殺されて終わりだ……。

Raabe
ラーベ

お前なら、さっき仕掛けたとき、 それくらいわかっただろう?

Raabe
バレット

くっ……それは……。

Bullet
久音

私もそう思う。リッパーは危険な奴よ……。 無闇に追いかけるべきじゃない。

'Kuon
シエル

追跡よりも、撤退を優先するべきです。 工作員さんは無事に保護できました。

Ciel
シエル

それと、久音さんの手当てをお願いします。

Ciel
バレット

そうか、深手を負っていると言っていたな…… 見せてみろ。

Bullet
久音

……ごめんなさい、私としたことが、奇襲に気付けなくて。

'Kuon
バレット

……これはひどいな。久音、外へ。 誰か、応急手当てをしてやれ!

Bullet
バレット

それとシエル、お前も怪我をしているようだな。 お前も手当てを受けろ。

Bullet
シエル

わかりました。 その前に、バレットさん。

Ciel
シエル

工作員の方が、 バレットさんにどうしても伝えたい情報があるようです。

Ciel
バレット

情報? 本当なのか?

Bullet
工作員の青年

あ……ああ、本当だ! 階層都市の建設に関わる機密だ。 今後の作戦に、きっと役立つ!

Young Spy
久音

自分の命を投げ出してでも、届けようとしてたのよ。 まったくもう、無茶してくれるんだから。

'Kuon
バレット

……ありがとう。ご苦労だった。

Bullet
バレット

仲間が命を懸けて手に入れた情報を、無駄にはできない。 ……お前たちの助言に従おう。

Bullet
バレット

情報は野営地まで戻ってから聞く。 総員、撤退! 怪我人の手当てがすみ次第、急いで戻るぞ!

Bullet
レジスタンスたち

<size=150%>はい!!</size>

Resistance Members
リッパー

……おー。仕事はちゃーんとやっといたぜ。 デキる男だからさー、俺。

Ripper
リッパー

……んだよ。前のやつ勝手に殺しちゃったこと、 まーだグチグチ言ってんのかよ。ありゃ事故だって、事故。な?

Ripper
リッパー

……ハイハイ。お仕事たくさんうれしーなー。 いや、マジマジ。殺していいとか、サイコーよ?

Ripper
リッパー

……ああ。あの喋るボールと一緒にいた奴等な。 匂いは覚えたからさぁ。

Ripper
リッパー

……ちゃんと俺に、殺させてくれよな?

Ripper

第7章 架け橋①/ 7. Mediator - 1

Summary
統制機構の動きが気になるためバレットと別

れ、戦える程度に回復した久音とともにシエ ル達はヤマツミに向かう。

Curious about the movements of the NOL, the group splits up from Bullet's group, and together with Kuon, who's recovered enough to be able to fight again, they head for Yamatsumi again.
シエル

対象の殲滅を完了しました。戦闘態勢を解除します。 ……お疲れ様でした。

Ciel
バレット

ふう。これで、この辺りの魔物はあらかた片付いたか。 明け方に戻ってきたばかりだというのに、手伝わせて悪いな。

Bullet
シエル

いえ、問題ありません。レイさんの バイタルにも問題はありませんでした。

Ciel
バレット

そうか。 ……相変わらずシエルは、妙な物言いをするな。

Bullet
ラーベ

ところで、いいのか? リーダーのお前が、 こんなところで魔物退治なんかしていて。

Raabe
ラーベ

昨夜保護した工作員が、 重大な情報を持ち帰ってきたんじゃないのか?

Raabe
バレット

ああ、その通りだ。 だから今、その情報を元にした作戦の準備を行っている。

Bullet
バレット

そのせいで、外に出て魔物退治をするような人手が、 私くらいしかいなくてな。お前たちにも手伝ってもらった。

Bullet
シエル

バレットさんは、準備に参加しなくていいのですか?

Ciel
バレット

もちろん、やるべきことには参加するさ。 それに、魔物退治だって大事な準備だ。

Bullet
バレット

いざ出発するとなったときに、 野営地を魔物に囲まれているようでは、身動きできん。

Bullet
シエル

確かにそうです。 では、私達も役に立っているのですね。

Ciel
バレット

もちろんだ。役に立つどころじゃない。

Bullet
バレット

……野営地に戻る前に、もう一度、改めて礼を言わせてくれ。 我々の仲間を連れ帰ってくれて、ありがとう。

Bullet
バレット

昨夜の作戦は、お前たちでなければ完遂できなかっただろう。

Bullet
バレット

お前たちがいなければ、私は今日、情報を手にすることも できなかったし、大切な仲間を見殺しにするしかなかった。

Bullet
バレット

本当に、心から感謝している。

Bullet

1: 気にしないで
2: 助けられてよかったよ

1:
2:

バレット

命に関わる危険な任務を依頼したというのに、 屈託のない顔で言うんだな。

Bullet
バレット

相手が違ったら、裏があるんじゃないかと疑うところだが。 お前だと不思議と疑う気になれない。

Bullet
バレット

……お前たちのような人材は、探して得られるものじゃない。 どうだろう、もう一度、考えてみてくれないか。

Bullet
バレット

私たちと共に戦ってほしい。

Bullet
ラーベ

……またその話か。

Raabe
シエル

私には判断できません。 レイさんはどう思われますか?

Ciel
ラーベ

一応、私からの意見を言っておくとだな。

Raabe
ラーベ

今レジスタンスに参加すれば、昨夜の情報を元にした なんらかの作戦に参加することになるだろう。

Raabe
ラーベ

それは恐らく、いや十中八九、 統制機構への攻撃を目的としたものだ。

Raabe
ラーベ

つまり参加を表明すれば、統制機構と戦うことになる。 ……そして私は、統制機構の動向が少し引っかかっている。

Raabe

1: そうですね、統制機構の動きが気になります
2: それに、もう一度会いたい人がいます

1:
2:

バレット

それは……以前にも言っていた、 『やること』というのに関係しているのか?

Bullet
シエル

はい。私達は依然、情報を探しています。

Ciel
バレット

情報、か。私たちにもなにか協力できないか? せめてもの礼だ、手伝えることがあれば、力になりたい。

Bullet
ラーベ

そうだな……だったら、試しに聞いてみてもいいか?

Raabe
バレット

なんだ?

Bullet
ラーベ

もしこの世界が、誰かの思惑によって思い通りに 動かされているとしたら、それは誰の意思によるものだと思う?Raabe

Raabe
バレット

世界が……? ずいぶんと壮大なことを聞くんだな……。

Bullet
ラーベ

深く考える必要はないぞ。 ちょっと参考までに、お前の意見を聞いてみたいだけだ。

Raabe
バレット

そうだな……。 誰かの意思で、世界が動かされているとしたら……。

Bullet
バレット

私はやはり、図書館……統制機構だと思う。

Bullet
シエル

それは統制機構が、 レジスタンスと戦っている敵だからですか?

Ciel
バレット

いや、順序が逆だ。戦っているから、 連中が世界を動かしていると主張しているんじゃない。

Bullet
バレット

奴等が世界を、自分たちの思い通りにしようとしていると 感じているから、我々は戦うと決めたんだ。

Bullet
シエル

なるほど……。

Ciel
バレット

個人を特定はできないが…… 今の世の中を操っているのは、統制機構だと断言できる。

Bullet
バレット

そして、それを不服に思いながらも 抗えずにいる人間は、とても多い……。

Bullet
バレット

私たちも、いずれ倒れる運命なのかもしれない。 だがそれまでは、できることをやると決めた。

Bullet
シエル

今、準備している作戦も、 その『できること』のうちのひとつなのですか?

Ciel
バレット

その通りだ。統制機構に、世界はお前たちのものではないと、 教えてやるつもりだ。

Bullet
バレット

お前たちも一緒に戦ってくれるのなら心強いのだが、 無理強いはできない。残念だが、諦めよう。

Bullet
シエル

お手伝いできなくて、申し訳ありません。

Ciel
バレット

いや、気にしないでくれ。 だが……お前たちはこれから、どうするんだ?

Bullet
バレット

まだ他の村を回るのか?

Bullet
ラーベ

いや、ヤマツミにもう一度入ってみようと思う。

Raabe
ラーベ

前回は工作員のこともあって、 あまり大っぴらに動き回れなかったからな。

Raabe
ラーベ

それに統制機構という組織も気になる。

Raabe
バレット

そうか。昨日の今日だ、危険だとは思うが……。

Bullet
久音

ちょっと、そこ! 勝手に話を進めないでくれる?

'Kuon
シエル

久音さん。 出歩いて大丈夫なのですか?

Ciel
久音

大袈裟ね。かすり傷だって言ったでしょ。

'Kuon

1: 無理はいけないよ
2: そんな傷じゃなかったような……

1:
2:

久音

う……べ、別に嘘をついてるわけじゃないわよ。 ただ本当に、身動きできないような傷じゃないの。

'Kuon
久音

ちゃんと手当てもしてもらったし、自分でもできる限り 治癒を試みてみたし。

'Kuon
久音

まだちょっと痛みと違和感はあるけど、 血も止まって傷口もくっついた。

'Kuon
久音

リッパーに奇襲を受けた直後より、よっぽどまともな状態よ。

'Kuon
シエル

そうですか。経過が順調で、よかったです。

Ciel
久音

そんなことより、あんたたち。 私を置いてヤマツミに行くつもりだったんじゃないでしょうね?

'Kuon
久音

足手まとい扱いはごめんよ。私も行くわ。

'Kuon
ラーベ

それは心強いが……ヤマツミにはリッパーがいる。 それを差し向けたやつもな。

Raabe
ラーベ

穏便なことばかりというわけには、いかないだろう。 本当に大丈夫なのか?

Raabe
久音

もちろん。そりゃ、万全ってわけじゃないけど、 そんじょそこらの衛士に引けを取るほどじゃないわ。

'Kuon
久音

それに……リッパーのこと、放っておけないの。 あいつはまた、きっと誰かを殺す。

'Kuon
久音

同じ世界から紛れ込んだ奴が、この世界で好き放題するのを、 黙って見てられないわ。

'Kuon

1: わかった、一緒に行こう
2: 無茶はしないでね

1:
2:

久音

ありがと。迷惑はかけないわ。

'Kuon
シエル

では、出来る限りサポートします。暗所での戦闘になれば、 リッパーさんに利があります。単独での対処は、非常に危険です。

Ciel
久音

それはお互いさまね。あいつ、また殺しに来るみたいなこと 言ってたから。シエルも気を付けて。

'Kuon
シエル

わかりました。

Ciel
バレット

お前たちがなにをしようとしているのかは知らないが、 十分注意しろ。

Bullet
バレット

最近の統制機構は、どうにも得体が知れない。

Bullet
シエル

得体が知れないとは、どういう意味でしょうか?

Ciel
バレット

わからん。ただ、私たちは幾度も攻撃を仕掛け、 何度かはこちらが優勢の状態に追い込んだんだ。

Bullet
バレット

だがそのたびに、統制機構は急に勢力を増して、 私達が築いた戦果をひっくり返してきた。

Bullet
久音

勝てそうだったのに、突然逆転されたってこと? そういうことが何度もあったの?

'Kuon
バレット

ああ。こちらの情報が漏れているのかもしれない。 だがそれにしたって、奴等の動きは柔軟すぎる気がする。

Bullet
バレット

なにか、私たちの知り得ない、 不可思議な力が関わっているのかもしれない。

Bullet
バレット

それこそ……世界を思い通りに操るような力が……。

Bullet
久音

それって……。

'Kuon
ラーベ

……意見を聞かせてくれて、ありがとう。 今後の活動の参考になるよ。

Raabe
バレット

あ、ああ。いや、とはいえ、私の思い過ごしかもしれない。 あまり惑わされないでほしい。

Bullet
シエル

はい。気を付けます。

Ciel
バレット

悪いが、こちらにも準備がある。送り届けることはできない。 だが水と食料は、少しだが支給しよう。持っていってくれ。

Bullet
シエル

ありがとうございます。

Ciel
バレット

昨夜の礼だ。 では……武運を。

Bullet
久音

そっちもね。あんまり無茶するんじゃないわよ。

'Kuon
バレット

それこそ、こっちの台詞だ。

Bullet

第7章 架け橋②/ 7. Mediator - 2

Summary
シエル達はヤマツミ上層部でツバキと遭遇し

た。ツバキの引き連れていた衛士達は彼女の 制止を振り切り捕らえようとする。

Ciel and company travel to Yamatsumi's headquarters and meet with Tsubaki. The soldiers accompanying Tsubaki ignore her directions of restraint.
シエル達との話し合いを望むツバキは、部下

の衛士たちを説得し、落ち着いて話し合いを できるところへ移動する。

Tsubaki, wishing to speak with Ciel's group, manages to convince her soldiers, and they change locations to a place where they can talk.
シエル

第十七階層都市ヤマツミ、下層市街地に入りました。 ……周囲に異常な反応はありません。

Ciel
久音

前来たときと同じね。 特に尋問もなく、あっさり正面から入れちゃった。

'Kuon
ラーベ

町の様子にも、変わりはなさそうだ。 といっても、昨日の今日で様変わりしていたら驚きだけど。

Raabe
シエル

これから、どうしますか。また昨日と同じように、 この辺りを散策して聞き込みをしてみますか?

Ciel
ラーベ

昨日と同じことを同じ場所でやっても、 大きな成果は期待できないだろう。

Raabe
ラーベ

手段を変えるか、場所を変えるかしたほうがいいかもな。

Raabe
久音

手っ取り早く、場所を変えましょうか。 少し上層へ行ってみない?

'Kuon
久音

階層都市は、上へ行くほど設備も整ってるし、 魔素もほとんどなくなる。

'Kuon
久音

それだけ、住むにはコストがかかるから、上層に住んでるのは 統制機構の関係者か一部の裕福な人だけって話よ。

'Kuon
久音

統制機構について知りたいなら、 下層にいるより情報も集まるんじゃないかしら。

'Kuon
シエル

確かにそうですね。いい選択だと思います。

Ciel
ラーベ

ついでに、統制機構にとって我々が どういう立ち位置の存在なのかも、掴めるといいな。

Raabe
ラーベ

今のところ、自由が利きすぎていて不気味だ。

Raabe
シエル

地図のデータからすると…… あちらから、上の階層に上がれるようです。

Ciel
久音

よし。行ってみましょ。

'Kuon
シエル

驚きました。空気の質がまるで違います。 たった少し、階層を上がっただけなのに。

Ciel
久音

この辺はもう、上層階って呼ばれる場所ね。 見た目からして、全然下とは違うでしょ。

'Kuon
シエル

はい。とても清潔感のある街並みです。

Ciel
シエル

建物の配置はゆとりがあって、道幅も広いですし、 あちこちに健康な植物も見られます。

Ciel
ラーベ

レジスタンスの野営地に比べれば、下層もかなり恵まれた 環境だったけど、これを見ちゃうとなんとも言えないな。

Raabe
久音

見える? あの一番高い場所にあるのが、統制機構の支部よ。 つまり、ちょっと前にあなたたちが捕まっていたところ。

'Kuon
シエル

改めて近くで見ると、かなり大きな建物ですね。 ここがヤマツミの行政の中心地なのですか。

Ciel

1: ツバキさんはどうしてるかな……
2: 脱獄の後はどうなったんだろう

1:
2:

久音

さあ。ただ、あれだけ大掛かりな脱獄があったんだもの。 平穏無事ってわけには、いかなかったんじゃない?

'Kuon
久音

ああ、そうそう。 支部の近くに行くときは、気を付けてよね。

'Kuon
久音

いくら下層の衛士に私たちのことが伝わってなかったとしても、 上層の衛士はそうはいかないかもしれないから。

'Kuon
シエル

久音さんはヤマツミの事情に詳しいですね。

Ciel
久音

まあね。気が付いたら、当たり前みたいにここにいたから。 右も左もわからないなりに、色々調べたのよ。

'Kuon
久音

少し歩いてみましょうか。 大通りの方に出れば、聞き込みもできるだろうけど……。

'Kuon
久音

あんまり人目がありすぎるのも問題よね。

'Kuon
ラーベ

とりあえず、行ってみよう。 ここで突っ立っていてもしょうがない。

Raabe
シエル

はい。

Ciel
久音

大通りまではわかるから、案内してあげる。こっちから……。

'Kuon
ツバキ

え……?

Tsubaki
久音

へっ?

'Kuon
ラーベ

あ。

Raabe
シエル

あなたは確か、ツバキ=ヤヨイ中尉。

Ciel
ツバキ

あ、あ、あ…… あなたたち、どうして……。

Tsubaki
統制機構衛士A

中尉、いかがされましたか!?

NOL Soldier A
統制機構衛士B

む? おい、お前たち、中尉になんのご用だ!?

NOL Soldier B
統制機構衛士C

待て、あいつらの顔、どこかで……あ!

NOL Soldier C
ラーベ

まずいぞこれは……。

Raabe
統制機構衛士A

いつぞやの脱獄犯! おのれ、まさかこんなすぐ近くに潜伏していたのか!

NOL Soldier A
統制機構衛士B

ひっとらえろ! ヤヨイ中尉はお下がりください。ここは我等が!

NOL Soldier B
ツバキ

あ、ち、ちょっと待ってください。私は彼らに……。

Tsubaki
ツバキ

あ、ち、ちょっと待ってください。私は彼女たちに……。

Tsubaki
統制機構衛士A

総員、構え!

NOL Soldier A
シエル

相手は問答無用のようです。迎撃の必要があります。

Ciel
ラーベ

ああ、待て、シエル。適当に手は抜くんだぞ。 度が過ぎると、あとで話がややこしくなりそうだ。

Raabe
久音

こんな乱戦で、難しいこと言わないで! 気を付けるけど、もしものときは恨みっこなしよ!

'Kuon
ツバキ

<size=120%>はぁっ!</size>

Tsubaki
シエル

!?

Ciel
統制機構衛士A

や、ヤヨイ中尉、なにを……!?

NOL Soldier A
ツバキ

そこまでです。双方、手を引きなさい。

Tsubaki
統制機構衛士B

で、ですが奴等は……!

NOL Soldier B
ツバキ

わかっています。彼らは統制機構の法を犯した者です。 ですが……そこにはなにか、事情があったはずです。

Tsubaki
ツバキ

わかっています。彼女たちは統制機構の法を犯した者です。 ですが……そこにはなにか、事情があったはずです。

Tsubaki
ツバキ

反抗の姿勢を見せているわけでもないのですから、 なにも暴力で押さえつけることもないでしょう。

Tsubaki
統制機構衛士A

なにをおっしゃいます。相手は反逆者ですよ! 統制機構に逆らう者に、慈悲など無用です!

NOL Soldier A
ツバキ

……もちろん、厳正に対処する必要があります。

Tsubaki
ツバキ

ですがそれは、 あえて事を荒立てて行うことでもないはずです。

Tsubaki
ツバキ

ましてや…… こんな、市民に危害が及ぶかもしれない街中で。

Tsubaki
統制機構衛士B

ですが……!

NOL Soldier B
ツバキ

わざわざ、こんな支部の近くに現れたのです、 そうするだけの理由があるのでしょう。……そうですね?

Tsubaki
シエル

はい。

Ciel
ツバキ

まずはそこから、聞かせてもらいます。 それに、私も……もう少し、話がしてみたいのです。

Tsubaki
ラーベ

では、ツバキ=ヤヨイ中尉。取引をしないか?

Raabe
ツバキ

取引……ですか?

Tsubaki
ラーベ

そう。それこそが、私たちがここまでやってきた 理由でもあるわけなんだが……。

Raabe
ラーベ

こちらの持つ、レジスタンスに関する情報を提供しよう。 代わりに、ヤヨイ中尉、あなたと個人的に話がしたい。

Raabe
統制機構衛士A

反逆者の分際で、なにが取引だ! 情報など、拘束してから洗いざらい吐いてもらう!

NOL Soldier A
ツバキ

いいえ。手出しは無用です。

Tsubaki
統制機構衛士A

ヤヨイ中尉!

NOL Soldier A
ツバキ

全責任は私が負います。 あなた方は持ち場に戻ってください。

Tsubaki
統制機構衛士A

反逆者の言うことを信用するおつもりですか!?

NOL Soldier A
ツバキ

私は、統制機構とヤマツミのより良い未来のために、 必要なことをしようとしているだけです。……お願いします。

Tsubaki
統制機構衛士B

……わかりました。

NOL Soldier B
統制機構衛士A

おい……!

NOL Soldier A
統制機構衛士B

ヤヨイ中尉がここまでおっしゃっているんだ。 俺たちが口出しするべきことじゃない。

NOL Soldier B
統制機構衛士B

それに、彼女はいくら若いとはいえ、上官だぞ。 これは上官命令だ。

NOL Soldier B
統制機構衛士A

……わかりました。

NOL Soldier A
統制機構衛士B

ヤヨイ中尉。我々はご指示通り、持ち場に戻ります。

NOL Soldier B
ツバキ

ありがとうございます。

Tsubaki
統制機構衛士B

いえ。十二宗家がひとつ、ヤヨイ家の方のなさることです。 統制機構に対し、間違いなどあるはずがないですから。

NOL Soldier B
ツバキ

……それと、こんなことをお願いするのは心苦しいのですが……。

Tsubaki
ツバキ

このことは、コハク大尉には……。

Tsubaki
統制機構衛士B

自分の認識では、この場に何も無かった……筈ですが。

NOL Soldier B
統制機構衛士B

では、失礼いたします、ヤヨイ中尉。

NOL Soldier B
統制機構衛士B

近頃『賊』の出現も報告されておりますので、 十分お気を付けください。

NOL Soldier B
久音

賊ねぇ……。

'Kuon
シエル

衛士の方々が、立ち去っていきます。 ということは、取引に応じていただけるということですか?

Ciel
ツバキ

ええ、そうです。 ……というより、取引だなんて口実でしょう?

Tsubaki
ツバキ

私があなたたちと話しやすいように、 持ち出してくださったのですね。

Tsubaki
ラーベ

そう思うなら、早速どこか手ごろな場所へ案内してほしいね。 ここは多少、目立つからな。

Raabe
ツバキ

はい、場所を変えましょう。ついてきてください。

Tsubaki

第7章 架け橋③/ 7. Mediator - 3

Summary
シエル達はツバキからレジスタンスとの和平

交渉の仲介を頼まれる。代わりに統制機構の 内情を教えてもらう。

Tsubaki requests that Ciel's group acts as intermediaries for entering negotiations for peace with the Resistance. In exchange, she talks about the inner workings of the NOL.
ツバキ

……ここでいいでしょう。

Tsubaki
シエル

植物がたくさんあります。 それも、外の森では見られないほど健康な状態です。

Ciel
ツバキ

住民の憩いの場所として、また階層の縁に 建物が建たないよう前もって整備された、緑地区域です。

Tsubaki
ツバキ

支部からも遠く、階層の端にありますから、 いつ来ても静かな場所です。

Tsubaki
ツバキ

ここに来る住民は滅多にいませんから、 今の私たちにはぴったりだと思いますよ。

Tsubaki
シエル

案内していただき、ありがとうございます。

Ciel
ツバキ

いえ、これは私のためでもありますから。

Tsubaki
ツバキ

……先ほどは、部下が先走り失礼いたしました。 お怪我はありませんか?

Tsubaki
久音

大丈夫よ。私もシエルも、そんなにヤワじゃないから。

'Kuon
ツバキ

そのようですね。

Tsubaki
久音

あなた、統制機構の偉い人なんでしょ? ずいぶんこっちに対して、丁寧ね。

'Kuon
久音

もっとみんな 偉ぶってる奴等ばっかりだと思ってたのに。

'Kuon
ツバキ

……私たちの中に、そういう傾向がないとは言いません。

Tsubaki
ツバキ

ですがそれは私たち、 世界虚空情報統制機構の理念とは一致していません。

Tsubaki
ツバキ

私たちは、世界の秩序を守り、 人々の安らかな生活を守るために存在しています。

Tsubaki
ツバキ

その模範となるべき私たちが、野蛮な無法者のように 振る舞うのはいかがなものかと、思っているだけです。

Tsubaki
久音

ご意見には賛同するけど。 あなた、真面目すぎて苦労するタイプっぽいわね。

'Kuon
ツバキ

う……そんなことは……ないと思いますけど。

Tsubaki
ツバキ

わ、私の話はいいのです。 それよりも、まず聞かせてください。

Tsubaki
ツバキ

あなた達が、危険を冒してまで ヤマツミに戻ってきた理由はなんですか?

Tsubaki

1: 統制機構の様子を探るため
2: ツバキさんに会うため

1:
2:

ツバキ

統制機構の? 様子とは、どういうことですか?

Tsubaki
ツバキ

私に? なぜそのような……?

Tsubaki
ラーベ

それはもちろん、統制機構の動きが不可解だからさ。

Raabe
シエル

昨日、私達はこのヤマツミに潜入しました。

Ciel
シエル

ですがその際、正面から入ったときも、町中で衛士の方に 遭遇したときも、私達は疑いすら向けられませんでした。

Ciel
シエル

私達は脱獄犯のはずです。それなのに、 特別引き止められることもなかったのは……不自然です。

Ciel
久音

だけどさっき、上層では違った。あなたが連れていた 衛士たちは、私たちをちゃんと脱獄犯だと認識したわ。

'Kuon
久音

となると、考えられるのは、下層の衛士は私たちをわざと 捕まえなかったか。あるいは、私たちのことを知らないか、よね。

'Kuon
久音

どちらにせよ、統制機構や、この都市の最高責任者である あなたに興味が湧くのは、自然でしょ。

'Kuon

1: 事情があるなら教えてほしい
2: 理由があるなら知りたい

1:
2:

ツバキ

……まず、あなた達が昨日、このヤマツミに侵入した…… と言うお話ですが、私の耳には入っていません。

Tsubaki
ラーベ

なに?

Raabe
ツバキ

それと、誤解があるようですから、訂正させていただきます。

Tsubaki
ツバキ

私はこの、第十七階層都市ヤマツミの、 最高責任者ではありません。

Tsubaki
ツバキ

本来この階層都市には、 別の人物が責任者として赴任する予定でした。

Tsubaki
ツバキ

ですが……今は別の都市でのトラブルに足止めされ、 こちらへの到着が先延ばしになっている状況です。

Tsubaki
シエル

以前に耳にしました。ヤマツミでは本当は、 『ジン=キサラギ』さんという人物が指揮を執るはずだったと。

Ciel
久音

えっと、何とかの英雄? とか言ってたわね……。 本当かどうか知らないけど、戦争を一人で終わらせたとか。

'Kuon
ツバキ

その通りです。

Tsubaki
久音

嘘……。ちょっと信じがたい話ね……。

'Kuon
ツバキ

私は、キサラギ少佐の補佐官にすぎません。

Tsubaki
ツバキ

ですからこれは……統制機構としての正式な決定というよりは、 私の独断による行動です。

Tsubaki
ツバキ

そのことをご理解いただいたうえで、お答えします。

Tsubaki
ツバキ

先ほど述べられた予想の通り、あの脱獄騒動に直接関わった 衛士以外には、あなた方の情報は通達されていません。

Tsubaki
シエル

それは、なぜですか?

Ciel
ツバキ

私も、あなた方と話がしたかったからです。 誰かを交えることなく、私とあなた方だけで。

Tsubaki
ツバキ

……脱獄犯として正式に、ヤマツミ全体に通達をすれば、 あなた方は罪を逃れることはできなくなります。

Tsubaki
ツバキ

理解されているかわかりませんが…… 統制機構に対する反逆は重罪です

Tsubaki
ツバキ

捕まれば、牢を出て話をすることなど 叶わなくなってしまう。

Tsubaki
ツバキ

ましてや……私から、個人的なお願いをすることなど、 到底不可能となります。

Tsubaki
シエル

お願い、ですか? 私達に、なにか依頼したいことがあるのでしょうか?

Ciel
ツバキ

ええ。それこそが、私が情報を止めて、 あなた方と共にここへ来た理由です。

Tsubaki
ツバキ

レイさん。 以前に牢でも尋ねました。同じことを、もう一度質問します。

Tsubaki
ツバキ

あなた方は、レジスタンスではないのですよね?

Tsubaki

1: 今は仲間になる気はないよ
2: バレットとは友達だけど……

1:
2:

ツバキ

……そうですか。 やはり、立場としてはあくまでも中立なのですね。

Tsubaki
ツバキ

であれば、やはり、あなた方にお願いしたい。

Tsubaki
久音

だから、なにを?

'Kuon
ツバキ

レジスタンスとの、交渉の仲介役です。

Tsubaki
シエル

交渉……?

Ciel
ツバキ

はい。 このまま戦い続けても、互いに流れる血が増えるだけです。

Tsubaki
ツバキ

それに……レジスタンスの壊滅は、時間の問題です。

Tsubaki
久音

ずいぶん自信があるのね。 ……というより、本気で確信してる風に聞こえるけど。

'Kuon
ツバキ

今のヤマツミは、最低限の補給で運営されています。 物資や人員の輸送を担う魔操船の運航が滞っているためです。

Tsubaki
ツバキ

ですがこれはあくまでも一時的なこと。 やがてトラブルは収束し、解決します。

Tsubaki
ツバキ

そうなれば、衛士も武器も いくらでも運び込めるようになるでしょう。

Tsubaki
ツバキ

なにより、本来の指揮官であるキサラギ少佐が到着されれば、 レジスタンスの壊滅など容易いことです。

Tsubaki
シエル

ジン=キサラギ少佐という人は、 それほどまでに強い方なのですか?

Ciel
ツバキ

先程、久音さんも言っていましたが、誇張ではなく……。

Tsubaki
ツバキ

あの方は一人で戦争を終わらせるほどの力を持っています。 私など、比較にもなりません。

Tsubaki
ツバキ

ですから無論…… レジスタンスのリーダー、バレットさんとも、比較になりません。

Tsubaki
久音

それが本当なら、確かにレジスタンスには分が悪いわね。 あの人たち、バレット以外は素人の寄せ集めって感じだし。

'Kuon
ツバキ

秩序を守るという役目がある以上、 レジスタンスの活動を放置するわけにはいきません。ですが……。

Tsubaki
ツバキ

行き場を失った人たちを、武力でねじ伏せたいとは思いません。 できるなら、平和的な解決を目指したい。

Tsubaki
久音

ちょっと待って。あなた、レジスタンスと よりによって和平交渉をしようっていうの?

'Kuon
ツバキ

はい。根本的な相互理解は難しいでしょう。 それでも……無益に戦う以外の道を、選びたいのです。

Tsubaki
ラーベ

理由を聞いても構わないか? なぜ和解したい?

Raabe
ツバキ

そんなの! 人が死ぬような戦いなど、したくないからです。 ……戦争は、嫌いです。

Tsubaki
ツバキ

失われていい命などないと、私は考えています。 敗北がわかっている戦いに身を投じて、死ぬなど……。

Tsubaki
シエル

人道的な考え方だと思います。

Ciel
ツバキ

……いいえ、単に甘いだけです。 でも今だけは、私がここの指揮官です。

Tsubaki
ツバキ

私が今の立場にいられるうちに、和平に応じてくれれば、 あの人たちに恩赦が下りるよう尽力いたします。

Tsubaki
久音

逆に、その和平に応じなかったら、 レジスタンスたちは壊滅の後に処刑、ってこと?

'Kuon
ツバキ

そう……なるでしょうね。 先程も言いましたが、統制機構に対する反逆は重罪です。

Tsubaki
ツバキ

だから、私がそれを止められるのは、今だけなんです。

Tsubaki
ツバキ

どうか。力を貸してください。

Tsubaki
ツバキ

私が直接乗り込んでも、彼らの戦闘意欲を逆撫でするだけです。 でもレジスタンスでも、統制機構でもない……。

Tsubaki
ツバキ

それでいて、彼らと信頼関係を築けているあなた方の話なら、 レジスタンスの方たちも聞いてくれるかもしれません。

Tsubaki
久音

それはどうかしらね。 あの人たち、説得になんて応じる雰囲気じゃなかったけど。

'Kuon
ツバキ

話を持ちかけてくれるだけでも、構いません。 こちらに和解の意思があることだけでも、彼女に伝えたいのです。

Tsubaki
ツバキ

リーダー……バレットとて、 仲間の命を投げ捨てたくはないはず。そう……信じたいです。

Tsubaki
ツバキ

お願いできませんか?

Tsubaki

1: 自分も、戦争は嫌いです
2: やるだけやってみます

1:
2:

ツバキ

ありがとうございます。

Tsubaki
ラーベ

…………。

Raabe
久音

どうしたの?

'Kuon
ラーベ

……いや。 とりあえず、取引は成立かな?

RaRaabeabe
ラーベ

ならばこちらの要求にも具体的な形で 示してもらいたいな。

Raabe
ツバキ

あ……そうですね。なにが必要ですか? 謝礼は……多くは用意できませんが……。

Tsubaki
久音

ちょっと、お金取る気!?

'Kuon
シエル

商魂、というものですね。聞いたことがあります。

Ciel
ラーベ

違うわ! 具体的な情報を要求しようと言ってるんだ。

RaRaabeabe
ツバキ

私に答えられる範囲であれば聞いてください。 ただ、全てにお答えできるかは、お約束出来ませんが。

Tsubaki
ラーベ

それで構わないよ。難しいことを聞くつもりはない。 ヤヨイ中尉。お前はドライブ能力者だな?

Raabe
ツバキ

え? 情報って、私のこと? ええ……そうです。でもそれが、なにか?

Tsubaki
ラーベ

いや、ちょっとな。 ……ついでに聞くが、ドライブ能力者についてどう思う?

Raabe
ツバキ

どうと聞かれても…… そうですね、不思議な力だとは思いますが……。

Tsubaki
シエル

先ほど連れていた衛士の人たちは、違うようでした。

Ciel
ツバキ

そうですね。統制機構といえど、 全ての者がドライブを持っているわけではありません。

Tsubaki
ツバキ

代わりに、魔道書で術式を使えるよう訓練を積みます。

Tsubaki
ツバキ

私も……このドライブは、 少し特殊な経緯で手に入れたものですから。

Tsubaki
ラーベ

(成る程……この世界でのドライブ能力は特殊ではあるが 『希少』では無いということか……)

Raabe
久音

そう言えば、レイ達を助けた時、 統制機構のどこかの偉い人が来たとか聞いたんだけど。

'Kuon
久音

あれは誰? そのキサラギ少佐って人とは違うのよね?

'Kuon
ツバキ

多分、ヒビキ=コハク大尉ですね。

Tsubaki
ツバキ

世界虚空情報統制機構の、総司令官直属のお方で、 現在、総司令官の特使としてヤマツミに駐在しています。

Tsubaki
久音

ふうん……どんな人なの?

'Kuon
ツバキ

……とても冷静で、厳しい方です。 いかなる時も毅然としていらして……尊敬しています。

Tsubaki
ラーベ

それは本心か?

Raabe
ツバキ

…………。

Tsubaki
ツバキ

……尊敬しているのは、本当です。 でも私は、コハク大尉のようには……なれません。

Tsubaki
シエル

ツバキさんとコハクさんは別個体ですから、 同じにはなれなくて当然ではありませんか?

Ciel
久音

そういう意味じゃないわよ……。 もしかして、その人は、レジスタンスとの和平に反対なの?

'Kuon
ツバキ

……はい。コハク大尉は、レジスタンスは全員逮捕し、 罪に問うべきだとお考えです。

Tsubaki
ツバキ

どんな平和的な解決をしても、心根には統制機構への 反感が宿っている。それを取り除くことなどできないと。

Tsubaki
久音

まあ……一理あるかもね。

'Kuon
ラーベ

そのヒビキ=コハクは、レジスタンスの壊滅、 もしくは全員の処刑を考えているのか?

Raabe
ツバキ

具体的にどこまでの罰を望んでいるかは、 お聞きしたことはありませんが……おそらく、そうかと。

Tsubaki
ラーベ

だがお前は、レジスタンスと和平を結ぼうとしている。 ……ふむふむ、なるほど。

Raabe
ツバキ

はい。私は望みが叶えばいいと、願っています。 どうか、よろしくお願いします。

Tsubaki

1: 責任重大だ……
2: やれるだけやってみます

1:
2:

ツバキ

……陽が沈んできましたね。そろそろ私は支部へ戻らないと。

Tsubaki
久音

私たちは、このまま見逃してもらえるってことでいいの?

'Kuon
ツバキ

拘束してしまっては、 和平交渉の仲介をお願いすることはできませんから。

Tsubaki
ツバキ

……統制機構への対処は、 私がなんとかしておきます。

Tsubaki
ラーベ

なんとかなるのか?

Raabe
ツバキ

やるだけやってみます。一応、今は責任者ですから。

Tsubaki
ツバキ

レジスタンスとの交渉のタイミングは、お任せします。 結果がどうあれ、知らせていただけるとありがたいです。

Tsubaki
ツバキ

一番安全なのは…… 私個人宛てに何か封書を送っていただくことでしょうか。

Tsubaki
シエル

わかりました。そうします。

Ciel
久音

でももう夕方だし、今日これからレジスタンスたちの ところに戻るってわけにはいかないわね。

'Kuon
久音

どこか目立たない場所で宿を取って、 早くて明日の朝出発かしら。

'Kuon
ラーベ

そうだな、それがいいだろう。

Raabe
ツバキ

では、地図の……この辺りにある宿はどうでしょうか。 このひとつ下の階層にあります。

Tsubaki
久音

いいんじゃない。行ってみましょう。

'Kuon
ツバキ

後ほど、簡易的な通信機を届けさせます。 なにかあれば、使ってください。

Tsubaki
ツバキ

では、失礼します。

Tsubaki
久音

ええ。こっちもいい報告ができるよう、頑張るわ。

'Kuon
ラーベ

……はぁ。

RaRaabeabe
久音

言いたいことはわかるんだけどね……。 まぁ、とりあえず私たちも移動しましょうか。

'Kuon
シエル

…………。

Ciel
久音

シエル?

'Kuon
シエル

あ、いえ。少し気になったので。

Ciel
ラーベ

ツバキ=ヤヨイがか?

Raabe
シエル

いえ、違います。 ほんの一瞬ですが……誰かいたような気がして。

Ciel
久音

え? 誰かって誰よ。衛士?

'Kuon
シエル

わかりません。 存在を感知したのは、一瞬のことでしたので。

Ciel
シエル

今、改めて周囲を索敵してみても、 それらしい反応は感知できません。

Ciel
ラーベ

シエルに限っては、気のせいというのは考えにくいな。

Raabe
ラーベ

警戒するべき人物がいたのかどうかわからんが、 念のため周囲には気を付けて移動したほうがいいだろう。

Raabe
久音

少なくともここからはね。さっさと離れましょ。

'Kuon

第7章 架け橋④/ 7. Mediator - 4

Summary
ツバキと別れたあと、再度リッパーが襲来。

情報を聞き出そうとするが、リッパーは何も 答えず、攻撃を仕掛けてくる。

After parting ways with Tsubaki, Ripper assaults them again. They try to get some answers out of him, but instead of saying anything, he attacks.
ツバキの助けによりリッパーは撤退する。彼

女は自身が知らない情報があることを知り、 内部調査に乗り出す。

Tsubaki arrives to help and Ripper retreats. After learning that there's information she wasn't aware of, she begins an internal investigation.
久音

ちょっと出歩いてたら、すっかり真っ暗ね。 冷えてもきたし……。早く宿に行きましょう。

'Kuon
シエル

情報収集は、あまり思わしくありませんでしたね。 ヒビキ=コハク大尉について、有益な話は聞けませんでした。

Ciel
久音

そうね。具体的にどんな人物なのかも よくわからなかったし……。

'Kuon
久音

ヤヨイ中尉の補佐らしいけど、 大尉が中尉の補佐っていうのも、なんだか不自然だし。

'Kuon
ラーベ

どちらかというと、お目付け役なんじゃないか?

Raabe
ラーベ

ヤヨイ中尉はまだ若いし、話してみた感じでは、 箱入り娘といった風情だった。

Raabe
久音

そうかも。なにせ……私たちを呼び出して、なにかと思えば、 レジスタンスとの和平交渉の仲介役をやってほしい、だものね。

'Kuon
シエル

良いことなのではありませんか? いつまでもゲリラ戦が 続くより、平和的に解決できた方が、人命も失われずにすみます。

Ciel
ラーベ

お前……あの理想論を本気にしてるのか? 完全に『統制機構』とやらの基準で話をしてたろ。

Raabe
ラーベ

そもそもレジスタンスたちは、その『基準』が嫌で 反抗運動をしているんじゃないか。

Raabe
久音

それに、レジスタンス側はつい先日、 工作員を殺されたばかりなのよ。

'Kuon
久音

それなのに、和平だなんて…… どう考えてもおかしいわよ。

'Kuon
シエル

おかしいとは、なにがですか?

Ciel
久音

和平を申し込むタイミングじゃないでしょ。 さっきも言ったけど、工作員を殺したばかりなのよ?

'Kuon
久音

そりゃ、そのことを公表したわけじゃないけど、 工作員の最後のひとりは、昨夜逃げのびてる。

'Kuon
久音

そうなったら、レジスタンスに工作員を始末したことが 伝わるって、当然判断できるはずよね。

'Kuon
久音

そのタイミングで和平なんて言い出したら、 相手の神経逆撫でするどころか、いっそ脅しよ。

'Kuon
久音

殺されたくなければ、和平に応じよ。……ってね。

'Kuon
シエル

ツバキさんは、 レジスタンスを脅そうとしているということですか?

Ciel
久音

……そう見えた?

'Kuon
シエル

いいえ。本心から和平を望んでいるように見えました。

Ciel
久音

私にもそう見えたわ。 だから……可能性としては、ふたつじゃない?

'Kuon

1: ツバキは工作員が死んだことを知らなかった
2: ツバキは巧みに本心を隠している

1:
2:

久音

もしくは、彼女は巧みに本心を隠して、 私たちを騙してる……とかね。

'Kuon
久音

もしくは、彼女は工作員が処刑されたことについて なにも知らない。

'Kuon
シエル

……そういえばツバキさん。私たちが昨日、この都市へ 潜入した事についても知らないと仰っていました……。

Ciel
ラーベ

リッパーとやらは統制機構の指示で、工作員を始末して、

Raabe
ラーベ

ツバキ=ヤヨイは、そのことを知らない……。

Raabe
ラーベ

つまりツバキ=ヤヨイとは別の誰かが、 リッパーとやらに指示をしているということか……。

Raabe
久音

そう。そしてその誰かは、 ツバキの意向なんてどうでもいいと思ってる。

'Kuon
ラーベ

現状をみれば、そんなことができるのは ひとりしか考えられないが……それ自体も……。

Raabe
シエル

…………。

Ciel
久音

え? なに、どうしたの。急に立ち止まって。

'Kuon
シエル

今……足音がひとつ多かったような……。

Ciel
久音

ちょっ……や、やめてよそういう非科学的なやつ……!

'Kuon
ラーベ

これは意外だな。イシャナの魔道士が、科学至上主義か?

Raabe
久音

そんなわけないでしょ! っていうか、これはそういうんじゃなくて……。

'Kuon
久音

っ!!

'Kuon
久音

リッパー……! 二晩連続で不意打ちなんて、他に芸がないみたいね。

'Kuon
リッパー

ありゃ、ハズレかぁ。ちょ〜っと出遅れちゃったもんなぁ。

Ripper
シエル

なぜ、私達に攻撃を仕掛けるのですか?

Ciel
シエル

工作員さんのいない現状で、アナタが私達に 敵対行動をとる理由が不明です。

Ciel
リッパー

おいおい、本気で言っちゃってるのそれ?

Ripper
シエル

質問に対して質問で返されるのは、困ります。 やめていただきたいです。

Ciel
久音

シエル、こいつと会話しようとするだけ無駄よ。 どうせ、工作員を取り逃がした仕返しにでも来たんじゃないの。

'Kuon
リッパー

あー、そういや、そんなこともあったっけなぁ。 ヒャハハ、殺す相手が誰とか、あんま興味ねーからさぁ。

Ripper
リッパー

てか、工作員とか今はもうどーでもいいんだわ。 言ったろ? また今度、ゆっくり楽しもうって。

Ripper
リッパー

……言ったっけ? 言ったよな? あれ。 まあいいか。

Ripper
リッパー

不思議なんだよ。昨日の夜のアレ。結構深くイったと 思ったのにさぁ、感覚っつーか、感触っつーか……。

Ripper
リッパー

とにかく、不思議なのよ。それになんだか、 お腹がすいちゃう『ニオイ』がした気がしてさ〜。

Ripper
リッパー

そういうわけだから、昨日の続きな。今度はもっと、 じっくりゆっくりた〜っぷり、切り刻ませてもらうぜ〜!

Ripper
シエル

くっ……。対象の戦闘レベルの上昇を確認。 警戒してください。

Ciel
久音

女の子に対して、ニオイとかやめてよね! 失礼でしょ!

'Kuon
リッパー

ヒャッハハハハ!

Ripper
久音

この……相変わらず、ちょこまかと!

'Kuon
ラーベ

影から影へと逃げ回る……下水道での戦いと同じ手か。

Raabe
久音

つっ……。

'Kuon

1: 久音、無理しないで!
2: あんまり暴れると、傷が開いちゃう

1:
2:

久音

わかってる。けど……あいつは私が仕留めないと!

'Kuon
リッパー

あ〜ん? なんだ、妙に熱烈じゃん。 もしかして俺のファン?

Ripper
久音

笑えない冗談ね。 あんたみたいな快楽殺人犯、虫唾が走るわ。

'Kuon
久音

私はただ、あんたみたいなのを許せないだけ。

'Kuon
リッパー

ハッハ、許すの許さないのって、 なんでお前に許されなきゃなんねーんだっつーの。

Ripper
久音

そうね。確かにこれは、私の自己満足からくる、 自己の正当化に他ならないわ。

'Kuon
久音

だけど、自分と同じ世界から紛れ込んでる『異物』が、 この世界に生きてる人を殺して回るなんて、見過ごせないのよ!

'Kuon
リッパー

はっは〜ん、なるほどね。お前、そういうクチか。

Ripper
リッパー

生憎、俺はお前のことがわかんねぇけど、お前は俺を 知ってるわけだ。それも『本来の世界』にいた俺を。

Ripper
久音

あんた……自分が『異物』だって気付いてるわけ?

'Kuon
リッパー

なに。『異物』っていうの? 呼び方は知らねーけど、 ああ、自分が何者なのかはなんとなーくわかってるぜ。

Ripper
リッパー

俺はこの世界の人間じゃない。 俺が殺してた連中とは匂いが違うしな。

Ripper
リッパー

それに……切り刻んでも開いても、なんっか物足りねぇ。

Ripper
リッパー

でもそんなことは、大した問題じゃねぇし。 どこの人間だって、中身は大体同じじゃん。

Ripper
久音

……話にならないわね。あんたにまともな理屈を求めるほうが、 どうかしてるんでしょうけど。

'Kuon
リッパー

あれ、怒っちゃった? そんな恐い顔すんなよ〜。 俺、おしゃべりは嫌いじゃないぜ。

Ripper
シエル

ならば教えてください。 レジスタンスの工作員を殺すよう指示をしたのは、誰ですか?

Ciel
リッパー

さ〜ぁねぇ。てか、それ聞いちゃう? ヒャハハ、答えるわけね〜じゃん。

Ripper
シエル

今夜、私達がここにいるという情報を アナタに提供したのも、その人物と同じですか?

Ciel
リッパー

だぁから、教えてあげねぇっての。せっかく殺しまくっても いい環境手に入ったのに、簡単にネタバラシしてやるかよ。

Ripper
リッパー

いくらこれから、 俺に切り刻まれる可哀想な獲物だったとしてもな!

Ripper
久音

この……これで!

'Kuon
久音

うっ……ヤバッ……昨日の傷……っ

'Kuon
リッパー

オラオラァ! 足が止まってんぞ!

Ripper
リッパー

チィッ! また邪魔が入るのかよ、クソ!

Ripper
ツバキ

そこまでです。武器を下ろして、大人しくしなさい。

Tsubaki
シエル

ツバキさん! どうしてここに?

Ciel
ツバキ

あなた方に届け物をしにきたのです。 ……訳あって私自身で来ましたが、正解だったようですね。

Tsubaki
リッパー

あ? お前……マジかぁ。こいつは困っちゃったなぁ〜。 ザックリいきたいとこだけど、殺しちゃマズイよなぁ……。

Ripper
ツバキ

なにをブツブツと言っているのですか。 指示に従いなさい。

Tsubaki
リッパー

ヒヒッ、指示に従いなさい、だって〜。ヒャハハ! 従うわけないだろぉ? 頭おめでたいんじゃないの、お前?

Ripper
リッパー

今まさに殺し邪魔されたってのに、その邪魔しやがったやつの 言うことなんざ聞こうと思うかよ。無理無理〜。

Ripper
ツバキ

殺人鬼、って……。それが事実ならばなおのこと、 見過ごすわけにはいきません。速やかに投降しなさい!

Tsubaki
リッパー

や〜だよん。捕まえたきゃ鴉でも捕まえてな! んじゃ、お先〜!

Ripper
ツバキ

待ちなさい!

Tsubaki
ツバキ

……馬鹿な、いない?

Tsubaki
シエル

索敵……追跡不能。 すみません、感知できません。

Ciel
ラーベ

どの道、夜に奴を追いかけるのは無謀だな……。 殺されるまではいかなくても、無事ではすまないだろう。

Raabe
久音

……あいつ、やっぱり工作員のときと同じように、 誰かから指示を受けて私たちのところに来たのかしら。

'Kuon
ラーベ

おそらく、そうだろうな。となると、我々を狙ってリッパーを 送り込んだのは……統制機構の誰かということになるか。

Raabe
ツバキ

え……待ってください、それはどういうことですか?

Tsubaki
シエル

リッパーさんという方は統制機構の指示で 工作員を処分していたと思われます。

Ciel
シエル

なので今回も同じく、統制機構側の指示で 私達を狙ったのではないかと予測できます。

Ciel
久音

一度、ちゃんと順を追って説明したほうがいいんじゃない? 余計な誤解を生まないためにも。

'Kuon

1: 説明しよう
2: ちょっと聞いてください

1:
2:

ツバキ

そんな……レジスタンスの工作員……? そのような情報、聞いていません!

Tsubaki
ラーベ

その言葉を、どの程度信用していいものかな……。

Raabe
ツバキ

本当です! 私はそのような指示はしていません。 そんなことをすれば……。

Tsubaki
ラーベ

そう、レジスタンスに工作員殺しが発覚すれば、 和平交渉には大きな亀裂が入ることになる。

Raabe
ラーベ

だがもし発覚しなかったら、あるいはそれがリッパーという 犯罪者の仕業に仕立てられたとしたら、

Raabe
ラーベ

表向き統制機構とは関わりのない場所で、 レジスタンスの情報経路を断つことができたかもしれない。

Raabe
ラーベ

その結果、攻勢に出る機会を失ったレジスタンスは、 容易に和平に応じるかもしれない。

Raabe
ラーベ

……そういう考え方もできるかな。

Raabe
ツバキ

……私を疑っているのですか?

Tsubaki
久音

もちろん、和平交渉を妨害するために、レジスタンスとの 関係を悪化させようとしている……って場合もあるわ。

'Kuon
久音

ただ、どっちにしたって、ツバキが無関係だと信じられる 根拠はないわけ。わかるでしょ。

'Kuon
シエル

少なくとも、リッパーさんに指示を出す以上、彼の行為が 公にならないよう手を回す必要があります。

Ciel
シエル

この都市に対して早々の影響力を持っている人物であると、 想定されます。

Ciel
ツバキ

私は、殺害など指示していません! ましてや、そんな方法で レジスタンスたちを追い詰めようとだなんて!

Tsubaki
ラーベ

主張はわかったが、こっちはなにもわからん状態なんだ。 自分は違うと言うのなら、ちょっと知恵を貸してくれ。

Raabe
ラーベ

例えば、リッパーを使って 工作員を排除しそうなのは誰なのか。可能なのは誰なのか。

Raabe
ラーベ

……心当たりはないのか?

Raabe
ツバキ

…………。

Tsubaki

1: ツバキさんには、僕たち(私たち)を殺す理由がない
2: ツバキさんのことは信じられる気がする

1:
2:

ツバキ

ありがとうございます。 そう言っていただけるのは、心強く思います。

Tsubaki
ツバキ

……少し、考えます。 心当たりについては、後日お話させてください。

Tsubaki
久音

ええ。是非、あなたの意見が聞きたいわ。

'Kuon
シエル

それまでは、 我々は依頼されたレジスタンスとの交渉を進めます。

Ciel
ツバキ

私の疑惑が晴れたわけではないのに……。 助かります。

Tsubaki
ツバキ

あ……忘れていました、これを。

Tsubaki
シエル

これは……通信機ですね。

Ciel
ツバキ

といっても、私の私物です。統制機構が使っているものを、 お渡しするのは問題がありますから。

Tsubaki
シエル

ありがとうございます。お預かりします。

Ciel
ラーベ

シエル。その通信機をここに入れろ。

Raabe
シエル

わかりました。

Ciel
ラーベ

……ごくん。

Raabe
久音

食べた!?

'Kuon
ツバキ

え、えっ……?

Tsubaki
ラーベ

……よし。スキャン完了だ。 ふーむ、中々面白い通信方式だな。

Raabe
ツバキ

あ、あ、あの……。

Tsubaki
ラーベ

言っておくけど、食べたわけではないぞ。 内部構造を調べるついでに、機能を取り込んだだけだよ。

Raabe
久音

な、なんだ……びっくりした。

'Kuon
ラーベ

お前らな……。 まあいい。

Raabe
ラーベ

通信機を持たされると、発信電波を辿って こちらの位置を特定される恐れがあるからな。

Raabe
ラーベ

私が取り込むことで、 そういう小細工を無効化させてもらった。

Raabe
シエル

なるほど。合理的な理由があったのですね。

Ciel
ラーベ

当たり前だろうが。……しかし、私物というだけあって、 あまり通信可能範囲は広くなさそうだな。

Raabe
ツバキ

はい。私が執務室にいるとしたら……上層の、この公園くらい までは来ていただかないと、お話できないかと思います。

Tsubaki
久音

逆に言えば、ここまで来れば通信できるんでしょ。 ないよりずっとマシよ。

'Kuon
ツバキ

……これで信用してくれとは、言いません。 ですが交渉の件は、どうかよろしくお願いします。

Tsubaki
久音

言っておくけど、さっき説明したように工作員のことが あったから、うまくいく可能性は低いわよ。

'Kuon
ツバキ

今は断られても、仕方ありません。 ですが、私の気持ちだけでも伝えてください。

Tsubaki
ツバキ

工作員の件については、こちらで調査します。わかり次第、 事情をレジスタンス側にも説明したいと思います。

Tsubaki
ツバキ

ですから、どうか……。 早急に、この状況を打開したいのです。

Tsubaki
シエル

はい。承知しました。

Ciel
ツバキ

……ありがとうございます。 では、今夜はこれで失礼します。

Tsubaki

第8節 襲撃作戦①/ 8. Plan of Attack - 1

Summary
シエル達は作戦遂行中のバレット達を発見。

シエルはバレットにツバキからの和平交渉を もちかけるが、受け入れられなかった。

Ciel's group happens upon Bullet's group, who are in the middle of executing a plan of attack. They deliver to Bullet Tsubaki's negotiations for peace, but are rejected.
レジスタンスたちを無力化し、バレットのも

とへ向かう。

Incapacitating the Resistance members, Ciel's group chases after Bullet.
久音

ツバキが言ってたけど、下層の衛士には あなたたちが脱獄犯だって情報が回ってないわけでしょ。

'Kuon
久音

ここからは、衛士にいちいち警戒しなくていいから、 気分が楽ね。

'Kuon
ラーベ

だがあまり無防備なのも考えものだぞ。そもそもツバキの言葉が どこまで信用でRaabeきるかわからんのだからな。

Raabe
シエル

ツバキさんは、嘘をついているようには見えませんでしたが。

Ciel
久音

彼女が嘘をついてなくても、結果的に嘘になってしまう、 ってことはあるかもね。

'Kuon
シエル

どういうことですか?

Ciel
久音

もしツバキがリッパーの件に無関係だったとしたら、 内部に、彼女を無視して行動してる人がいるってことでしょ。

'Kuon
久音

だったらそいつが、勝手に下層の衛士にも 私たちの情報を流してる可能性だってある。

'Kuon
久音

どうも、リッパーを差し向けるくらい、 私たちを始末したいみたいだし。

'Kuon
シエル

なるほど……衛士に指示を出せるのは、ツバキさんだけとは 限りませんよね。警戒レベルを引き上げます。

Ciel
ラーベ

そうしてくれ。 無用なトラブルは避けたいしな。

RaabeRaabe
ラーベ

まあもっとも、有益なトラブルは大歓迎なんだけど。

Raabe
シエル

周囲の反応を検索、分析しながら進みます。

Ciel
シエル

……え?

Ciel
久音

なに? 早速、衛士?

'Kuon
シエル

いえ……来てください。こちらです。

Ciel
久音

来て、って……ああ、ちょっと待って、シエル!

'Kuon
シエル

反応に接近しています。

Ciel
久音

ねえ、なにを見つけたの?

'Kuon
シエル

この先の……ここから、入れるはずです。

Ciel
久音

へ? そこって……。

'Kuon
シエル

ついてきてください。

Ciel
久音

えー……本気……?

'Kuon
久音

う……って身構えたけど、前に通った下水道とは違うのね。 内部構造の隙間……みたいな感じ?

'Kuon
男の声

<size=150%> う、動くな!</size>

Man's Voice
久音

わっ、な、なに!?

'Kuon
シエル

対象、発見しました。

Ciel
久音

あ。あなた!

'Kuon
レジスタンスA

え? あ、あんたら! どうしてここに……!?

Resistance Member A
シエル

周囲を検索していたら、データに記録されている レジスタンスの皆さんの反応が複数確認できました。

Ciel
シエル

理由が不明でしたので、コンタクトを試みたのですが…… そちらこそ、なぜここにいるのですか?

Ciel
バレット

決まっているだろう。

Bullet
久音

バレットまでいるの? ってことは……。

'Kuon
バレット

ああ。お前たちが連れ帰ってくれた工作員からの情報で、 統制機構への痛手となるだろう作戦を計画できた。

Bullet
バレット

その実行のために、ポイントへ移動している最中だ。

Bullet
バレット

まさかこんな風に遭遇するとはな。 お前たちとは、つくづく縁があるらしい。

Bullet
久音

でもずいぶん急ぎの作戦なのね。こういうのってもっと、 何日もかけて準備するものだと思ってたけど。

'Kuon
久音

善は急げってこと?

'Kuon
バレット

いや、本来ならそうしたいところだが、 今回は情報が入手できた時点で、決行日が近くてな。

Bullet
バレット

あまりじっくりと時間をかけることができなかった。

Bullet
ラーベ

情報、と言うが……つまりなんの情報だったんだ?

Raabe
バレット

ああ、そうだな。

Bullet
バレット

実は、階層都市の建設に使われるメインシャフトの、 重要なパーツが、数時間後にヤマツミに到着することがわかった。

Bullet
バレット

今回はそれを襲撃する。メインシャフトは、階層都市の機能を 最大限に稼働させるために必要なものらしい。

Bullet
バレット

その完成を左右させるパーツを失えば、 階層都市の建設が大幅に遅れるだろう。

Bullet
バレット

統制機構への一般市民からの不信感を煽ることができるし、 統制機構に大きな負担を与えることができるはずだ。

Bullet
久音

……ねえ、ちょっと。 レイ。

'Kuon
久音

どうする? このままバレットたちが作戦決行しちゃったら、 マズイわよね……。

'Kuon
久音

もしここで本当に統制機構に対して、 大々的にダメージを与えたりしたら……。

'Kuon
シエル

統制機構内部で、レジスタンスへの敵対感情が募るでしょう。 和平への賛同者は致命的に少なくなるかと。

Ciel
バレット

どうした? みんなでこそこそと。

Bullet

1: バレット……
2: 大事な話がある

1:
2:

バレット

話がある? 他ならぬお前たちの話だ。聞こう。

Bullet
バレット

総員待機! 今のうちに少しでも休憩しておけ!

Bullet
バレット

……統制機構と、和平だと?

Bullet
シエル

はい。このまま戦いを続けていても、双方の被害が 大きくなるばかりだと、ヤヨイ中尉は言っていました。

Ciel
シエル

それに、ヤヨイ中尉が責任者である今なら、 レジスタンスへの寛大な処遇も決定することができる、と。

Ciel
久音

お願いだから、冷静に考えて。今は、あなたたちに 勢いがあるかもしれないけど、それって現実的じゃないわ。

'Kuon
久音

統制機構って、ヤマツミにいる彼らだけってわけじゃない。 世界中に支部があるんでしょう?

'Kuon
久音

それを相手にして、いつまで戦えるわけがない。

'Kuon
久音

あなたたちの存在に理解を示そうとしている人が いるうちに……別の方法を探してもいいんじゃないの?

'Kuon
バレット

…………。

Bullet
シエル

ツバキさんは、戦争は嫌いだと、失われていい命などないと 言っていました。私は、その言葉に嘘はないと感じました。

Ciel
シエル

考えてみてはもらえないでしょうか。

Ciel
バレット

……ふっ。戦争は嫌い、か。

Bullet
バレット

舐められたものだな。 こっちは好き嫌いで戦ってるわけじゃないというのに。

Bullet
シエル

え……。

Ciel
バレット

和平には応じられない。 そもそも応じる理由がない。

Bullet
シエル

ですが、このままではいずれレジスタンスは……。

Ciel
バレット

全滅すると? そんなものは、図書館の一方的な主張に過ぎない。

Bullet
バレット

奴等が見ているものだけが、世界の全てなのか? 奴等の唱えることだけが、世界の真実なのか?

Bullet
バレット

そんな馬鹿な話があるか。奴等が認めない者こそが、 奴等の前に立ち塞がらなければならない。

Bullet
バレット

たとえどれほど強大な戦力を振りかざそうと、 それに怯えて図書館の傘下に下るなど、あり得ない!

Bullet
シエル

…………。

Ciel
バレット

それに……ここで和平だなどと言い出したら、 これまでに失われてきた命に顔向けができない。

Bullet
バレット

その中には、つい先日統制機構によって葬られた 工作員たちの命もある。

Bullet
久音

……それは、そうよね。 気持ちがわからないわけじゃないわ。

'Kuon
久音

でも、気に留めておいて。統制機構の中には、 ヤヨイ中尉みたいな考えの人もいるんだってこと。

'Kuon
久音

どこかで…… 戦わない選択が必要になるかもしれないでしょ。

'Kuon
バレット

…………。

Bullet
シエル

聞いていただいて、ありがとうざいます。 バレットさんの返答は、ツバキさんに伝えます。

Ciel
レジスタンスA

……ちょっと待ってもらおうか。

Resistance Member A
バレット

お前たち……。

Bullet
久音

武器を構えて取り囲むなんて、物騒ね。 どういうつもり?

'Kuon
レジスタンスB

どうもこうもねえ。お前らは、俺たちがこれからやる作戦に ついて聞いちまってる。それを図書館に漏らされたら困るんだ。

Resistance Member B
レジスタンスC

メインシャフトのことは、俺たちの仲間が命がけで 手に入れた情報だ! それを無駄にするわけにはいかねえ!

Resistance Member C
久音

馬鹿ね。あんたたちが束になってかかってきたって、 私たちを倒すことなんてできないわよ!

'Kuon
レジスタンスA

んなこたぁ、わかってる! けど、時間稼ぎと足止めくらいならできるはずだ。

Resistance Member A
レジスタンスB

さあ、ここは俺たちが引き受けます! 行ってください、バレットさん!

Resistance Member B
バレット

……わかった、この場は任せる。 お前たちが稼いでくれた時間、有効に使うぞ。

Bullet
レジスタンスA

はい!

Resistance Member A
久音

ちょっと、バレット!

'Kuon
ラーベ

……ん? 待て、バレット。 その情報を持ってきたという工作員はどこに……?

Raabe
バレット

残りはついてこい! 図書館の魔操船が到着するぞ!

Bullet
レジスタンスたち

<size=140%>おぉーーーー!</size>

Resistance Members

1: どうにかしないと……
2: 襲撃は止める!

1:
2:

シエル

はい。そのためにも…… ここで過剰に時間を浪費するわけにはいきません。

Ciel
レジスタンスA

邪魔はさせねぇ。 あんたらは、協力してくれた恩人だが……今は違う!

Resistance Member A
レジスタンスB

ああクソ、なんでだよ。最初から俺たちの仲間になってりゃ、 こんなことしなくてもすんだのによ!

Resistance Member B
レジスタンスC

悪く思うなよ……。

Resistance Member C
久音

それはこっちの台詞ね。悪く思わないで。

'Kuon
久音

私もね、大勢の人を傷付けるようなこと、 見過ごしておけないの!

'Kuon
レジスタンスA

うぐっ……くそぉ…… バレットさん、すみま……せ、ん……。

Resistance Member A
ラーベ

死んではいないな?

Raabe
シエル

はい。全員、失神しています。

Ciel
ラーベ

ならばよし。バレットたちを追うんだろう。急ぐぞ。

Raabe
久音

魔操船が来るのは上層部。一度戻って、街の中を 突っ切りましょう。そのほうが早いはず!

'Kuon
シエル

了解です。

Ciel

第8節 襲撃作戦②/ 8. Plan of Attack - 2

Summary
レジスタンスの作戦をツバキに伝えたシエル

達。ツバキと合流した矢先、ヒビキが現れ行 く手を阻む。

Ciel's group tells Tsubaki what the Resistance is planning. The moment they reunite with Tsubaki, Hibiki appears and blocks their path.
ツバキはシエル達にレジスタンスを止めても

らうため、ヒビキを一人で食い止めることに する。

To let Ciel and the others go stop the Resistance, Tsubaki stays behind alone to stop Hibiki.
ツバキ

……はい。こちらツバキ。

Tsubaki
シエル

シエルです。至急お伝えしたいことがあります。

Ciel
ツバキ

よかった、連絡を待っていました。ずいぶん早かったですね。 それで、結果は……。

Tsubaki
久音

期待を裏切って悪いけど、交渉は決裂よ。 それどころか、一大事なの!

'Kuon
ラーベ

レジスタンスたちはすでにヤマツミ内部に潜入し、 作戦を進行中だ。

Raabe
ツバキ

作戦って……?

Tsubaki
久音

狙われてるのは、上層の魔操船ポートよ!

'Kuon
久音

もうすぐ、階層都市のメインシャフトとかってやつの、 パーツが到着するのよね? それを破壊するつもりらしいの。

'Kuon
シエル

我々では、ポートに到着したとしても 自由に動き回ることは困難でしょう。

Ciel
シエル

ですので、ツバキさんに助力願えないでしょうか。

Ciel
ツバキ

ええ、わかりました。もちろん手を貸します。

Tsubaki
ツバキ

ですが……。

Tsubaki
久音

なに? 迷ってる時間はないんだけど。

'Kuon
ツバキ

そうではないのです。今、彼らはメインシャフトの パーツを破壊しようとしていると、言いましたよね?

Tsubaki
久音

あいつら、あの勢いだと船ごと襲う気よ。

'Kuon
ツバキ

それはおかしいです。

Tsubaki
ツバキ

パーツはすでに到着していて、設置工事も完了しています。 今日ポートに到着する船は、ほとんどが民間の船です!

Tsubaki
シエル

では、バレットさんたちが襲撃しようとしているのは……?

Ciel
ツバキ

とんでもない……そんなことになれば、 一般市民から犠牲が出ます!

Tsubaki
ラーベ

……これは、いよいよもって事態が動いてきたな。

Raabe
久音

そんなこと言ってる場合じゃないでしょ! これって、 バレットたちが偽の情報掴まされてるってことじゃない!

'Kuon
シエル

情報が操作されていたということですか? 誰かが、 バレットさんたちに民間船を襲撃させようとしていると?

Ciel
ラーベ

そうなれば、レジスタンスの社会的な立場は救いようが なくなるだろうが、それは副産物に過ぎないだろう。

Raabe
ラーベ

あくまでも統制機構の一番の目的は、レジスタンスの捕獲…… 特にバレットの確保だろうからな。

Raabe
ラーベ

レジスタンスを魔操船に乗り込ませて、そこを一網打尽に。 爆破してもいいし、出てきたところを叩いてもいい。

Raabe
ラーベ

ようは追い込み漁だ。少なくともバレットさえ仕留められれば、 レジスタンスの抵抗力をガタ落ちさせることができる。

Raabe
久音

でも、それでレジスタンスが大人しくなるとは限らなくない? むしろ、報復しようって、火をつけることになりかねないわ。

'Kuon
ツバキ

それだけは、いけません。レジスタンスの報復があれば、 きっと統制機構もまた報復しようとするでしょう。

Tsubaki
ツバキ

それを繰り返して……争いは、大きくなるのですから。

Tsubaki
ツバキ

すぐに行きます。先日お会いした、公園で落ち合いましょう。 ポートへも、警戒するよう通達します。

Tsubaki
シエル

わかりました。待っています。

Ciel
久音

……まだ騒ぎにはなってない……作戦決行は、まだみたいね。

'Kuon
シエル

事前に阻止できるでしょうか。

Ciel
久音

やるだけやってみましょう。民間人の船を襲撃だなんて、 冗談じゃないわ。

'Kuon
シエル

先日の公園への最短ルートを検出しました。 こちらから行きましょう。

Ciel
ツバキ

はぁ、はぁ、はぁ……お待たせしました!

Tsubaki
シエル

来ていただき、ありがとうございます、ツバキさん。

Ciel
ツバキ

いえ、こちらこそ知らせてくださって、ありがとうございます。

Tsubaki
久音

ヤマツミの最高責任者ともあろう者が、ひとりで来たの?

'Kuon
ツバキ

どこかでトラブルがあったのか、 衛士の多くが外に出ているようで……。

Tsubaki
ツバキ

ですが、手勢の者はポートに向かわせました。 向こうに話をつけておいてくれるはずです。

Tsubaki
久音

なにからなにまで、ありがとう。 あなたの立場を悪くさせるだろうけど……。

'Kuon
ツバキ

構いません。全てが終われば、理解も得られると思います。 行きましょう、騒動になる前に……。

Tsubaki
ヒビキ

どちらへ行かれるおつもりですか? ヤヨイ中尉。

Hibiki
ツバキ

ヒビキ大尉!? どちらにいらしたのですか。 外出中だとうかがいましたが……。

Tsubaki
ヒビキ

自分がどこにいようと、どうでもいいことです。 それよりもヤヨイ中尉、この状況をご説明いただけますね?

Hibiki
ツバキ

あ……はい。実は先ほど、 彼らからレジスタンスの動きについて連絡を受けました。

Tsubaki
ツバキ

あ……はい。実は先ほど、 彼女らからレジスタンスの動きについて連絡を受けました。

Tsubaki
ツバキ

それによりますと、本日、それもこれから、 レジスタンスたちが……。

Tsubaki
ヒビキ

ああ。その話なら、自分も聞いています。 反逆者たちが民間船を襲うとか。信じがたい話です。

Hibiki
久音

なに、その話……。 バレットたちは、民間船を襲うつもりなんかないわ!

'Kuon
ヒビキ

なぜ反逆者たちが、民間船を襲わないと言い切れるのですか? まるで彼らのことをよくご存知であるかのようですね。

Hibiki
久音

それは……。

'Kuon
ヒビキ

まあ、あなた方と反逆者の間にどのような繋がりがあろうと、 今の事態には関係ありません。

Hibiki
ヒビキ

現に彼らは民間船を襲撃しようとしています。 それは紛れもなく、非情極まりない犯罪行為です。

Hibiki
ツバキ

とにかく被害が出ないうちに、対応すべきです。

Tsubaki
ヒビキ

ええ、すぐにでも衛士の派遣を指示してもらわなければ なりませんね。責任者代行のヤヨイ中尉には。

Hibiki
ツバキ

はい、至急、通達を……。

Tsubaki
ヒビキ

ですが、ヤヨイ中尉。 あなたの身柄はここで拘束させていただきます。

Hibiki
ツバキ

なっ……!

Tsubaki
ヒビキ

理由がわからぬとは、言わせませんよ。

Hibiki
ヒビキ

あなたが今、親しげに肩を並べているその者たちは、 数日前に統制機構の牢を脱した脱獄犯です。

Hibiki
ヒビキ

この状況に、 どのような説明をなさるおつもりですか?

Hibiki
ツバキ

こ、これは……!

Tsubaki
ヒビキ

話は後ほど、正式に尋問手続きを済ませてから、 聞かせていただきます。

Hibiki
ヒビキ

ああ、ご安心ください。仮にも十二宗家。 そこの脱獄犯などとは、同等に扱いません。

Hibiki
ヒビキ

……あなたの処遇は、最高司令官……カグラ様に報告し、 ご決断いただくことになるでしょう。

Hibiki
ツバキ

いいえ……いいえ、コハク大尉! 今、ここで聞いてください!

Tsubaki
ツバキ

レジスタンス……いえ、反逆者たちを、 いたずらに押さえつけるべきではありません!

Tsubaki
ツバキ

元は住む場所を追われた、憐れな市民たちです。 制裁や抑圧ではなく、もっと平和的な解決ができるはずです!

Tsubaki
ヒビキ

……はぁ。ヤヨイ中尉がそのように甘い考えを お持ちだということは、よくわかりました。

Hibiki
ヒビキ

ですがそんなことでは、 真に争いを収めることはできませんよ。

Hibiki
ヒビキ

争いとは、もっと根深いものです。

Hibiki
シエル

レジスタンスの皆さんは、民間船ではなく 統制機構の船だと思って襲撃作戦を行っています。

Ciel
シエル

何者かが彼らに誤情報を流し、 彼らの闘争心を煽ったのだと考えられます。

Ciel
シエル

鎮圧を掲げるのであれば、 その情報の出どころも突き止めるべきではないのですか。

Ciel
ヒビキ

犯罪者の言うことに、信憑性は感じられませんね。

Hibiki
ヒビキ

……いつまでも、こうしていても仕方がありません。 反逆者の襲撃を食い止めねばなりませんので。

Hibiki
ヒビキ

そろそろ片を付けさせていただきます。

Hibiki
ヒビキ

レイ、シエル=サルファー、 久音=グラムレッド=シュトルハイム。小型機を含めて4名。

Hibiki
ヒビキ

世界虚空情報統制機構への反逆容疑で、拘束します。

Hibiki
ツバキ

ふっ!

Tsubaki
ヒビキ

……なんのおつもりですか、ヤヨイ中尉。

Hibiki
ツバキ

行ってください、レイさん!

Tsubaki
久音

あ、あなたはどうするのよ!

'Kuon
ツバキ

ここを引き受けます。

Tsubaki
ヒビキ

反逆の容疑者を、自ら進んで逃がすおつもりですか? ご自分がなにをなさっているのか、わかっておいでですか?

Hibiki
ツバキ

彼らは、ヤマツミを訪れた一般人です。 いたずらに乱暴を働くことは許しません。

Tsubaki
ツバキ

彼女たちは、ヤマツミを訪れた一般人です。 いたずらに乱暴を働くことは許しません。

Tsubaki
ヒビキ

ほう。あくまで、 彼らを容疑者として扱わないということですか。

Hibiki
ツバキ

コハク大尉。……ヤマツミには、レジスタンスを名乗る 反逆者の工作員が潜入していたそうですね。

Tsubaki
ツバキ

あなたなら、その情報はご存知だったはず。 どうして私の耳に入っていないのですか?

Tsubaki
ヒビキ

…………。

Hibiki
ツバキ

あなたは……レジスタンスが掴まされたという 誤情報に関わっていますね……?

Tsubaki
ヒビキ

なにを誰から聞かされたのかは知りませんが、 それについて、あなたに申し上げるべき言葉はありません。

Hibiki
ツバキ

結構です。 ですが私は、ここをどくつもりはありません。

Tsubaki
ツバキ

さあ、レイさん。ここを離れてください。 ……急いで!

Tsubaki
シエル

わかりました。ありがとうございます。

Ciel

1: 行ってきます!
2: 無茶はしないで!

1:
2:

ツバキ

はい。

Tsubaki

第8節 襲撃作戦③/ 8. Plan of Attack - 3

Summary
嘘の情報に踊らされたことに気づいたバレッ

ト達は衛士たちに囲まれる。そのとき、シエ ル達が助太刀に来る。

Realizing they've been fed false information, Bullet and the others are surrounded by soldiers. At that moment, Ciel's group arrives as backup.
ツバキは、自身の私室で軟禁状態にされてし

まう。

Tsubaki is placed under house arrest and confined to her personal quarters.
レジスタンスD

バレットさん、警備は全て無力化しました。

Resistance Member D
レジスタンスD

登録番号196653、茶色い船体に金色の装飾がついた、 盾と翼の紋章をつけた魔操船。あれに間違いありません!

Resistance Member D
バレット

よし。 目標は階層都市ヤマツミを完成させるための重要パーツだ。

Bullet
バレット

すぐに突入し、分隊ごとに船内を捜索。 目標を発見し次第、爆破しろ。完了したら即座に撤退する。

Bullet
バレット

……これは階層都市の工事を妨害、場合によっては 中止に追い込むことができるかもしれない、

Bullet
バレット

起死回生の一手となるだろう。

Bullet
バレット

我々の未来を切り開くためにも、みんな、力を貸してくれ!

Bullet
レジスタンスたち

<size=150%>はい!</size>

Resistance Members
バレット

では行くぞ。――突入!

Bullet
通信機の声A

こちらT分隊、シャフトパーツ、ありません!

Voice from Transmitter A
通信機の声B

こちらM分隊、目標なし!

Voice From Transmitter B
通信機の声C

こちら……。

Voice From Transmitter C
バレット

……どういうことだ、どこにもない? メインシャフトのパーツが積み込まれているはずだ!

Bullet
バレット

な……なんだ、今の爆発は!

Bullet
通信機の声B

うわ、な、なんだ……うわぁぁぁ! 退避、退却しろ!

Voice From Transmitter B
バレット

応答しろ。なにがあった……!

Bullet
通信機の声B

図書館です!  馬鹿な、警備は無力化したはず……!

Voice From Transmitter B

――ブツッ。

バレット

おい! どうした、なにが……。

Bullet
バレット

……っ、退却! 魔操船から出ろ!

Bullet
バレット

なに……!

Bullet
統制機構衛士A

反逆組織のリーダー、バレットだな。

NOL Soldier A
レジスタンスD

図書館……! そんな、どうして!? まさか、罠か……!?

Resistance Member D
バレット

謀られた……だと。

Bullet
統制機構衛士B

無駄な抵抗はやめておけ。……と言っても、それこそ無駄 だろうからな。抵抗されたという前提で、多少痛めつけてやれ!

NOL Soldier B
バレット

くっ! いいだろう…… そちらがそのつもりなら、相手になってやる!

Bullet
バレット

ここは私が引き受ける。 お前たちは脱出しろ!

Bullet
レジスタンスD

ほ、本気ですか、バレットさん! いくらなんでも、この人数を相手にするのは無茶が……!

Resistance Member D
バレット

わかっている。だがそれでも、抗わずに膝などつけるか!

Bullet
統制機構衛士C

馬鹿な反逆者どもめ! ひとりとして逃がすものか!

NOL Soldier C
久音

<size=150%>はぁっ!</size>

'Kuon
久音

バレット、無事!?

'Kuon
シエル

加勢します。 バレットさんたちも早くここから立ち去ってください。

Ciel
バレット

お、お前たち……なぜだ、なぜ助けにきた! 今度こそ、統制機構に追われるぞ!

Bullet

1: 友達の危機を見過ごせない
2: もう手遅れです

1:
2:

久音

こっちよ、早く!

'Kuon
レジスタンスD

ま、待ってくれ、でもシャフトのパーツがまだだ! あれを破壊しないと……!

Resistance Member D
久音

その話は嘘、この船にはそんなもの積まれてないわ!

'Kuon
バレット

なに?

Bullet
シエル

すでにパーツは運びこまれ、 設置工事も完了しているそうです。

Ciel
ラーベ

現在は本格稼働のための点検中だそうだ。 まんまとハメられたな。

Raabe
バレット

そんな……じゃあ、あの情報は……。 命がけで持ち帰ったと言っていたあいつは……?

Bullet
久音

細かいこと考えてる暇なんかないわ! 今は撤退が先よ。 こんなところにいたら、支部からいくらでも衛士が来る!

'Kuon
バレット

……ああ。そうだな。仲間を失うわけにはいかない。 総員、撤退! レイたちに続け!

Bullet
ヒビキ

ツバキ=ヤヨイ中尉。 しばらくの間、支部の私室にてお過ごしください。

Hibiki
ヒビキ

極力外出は控えるように。 見張りをつけますので、必要なものがあれば要求してください。

Hibiki
ツバキ

謹慎処分……ですか。

Tsubaki
ヒビキ

あなたがどんな理屈をつけようと、脱獄を犯した者を意図的に 逃がしたことは事実です。当然の処遇とご理解ください。

Hibiki
ヒビキ

カグラ様に事の次第を報告し、中尉の処分が決まるまでの ことです。ご辛抱くださいませ。

Hibiki
ツバキ

……処分によっては、そのまま反逆罪で 投獄となるでしょうね。

Tsubaki
ヒビキ

あなたの行いが問題となれば、 迷惑をこうむるのはヤヨイ家……ひいてはキサラギ少佐ですよ。

Hibiki
ヒビキ

そうならないよう、ご自分の立場をよく考えて、 振る舞っていただきたい。

Hibiki
ツバキ

……っ。

Tsubaki
ヒビキ

とにかく、現状ではあなたが最高責任者のままです。 窮屈な生活ではあるでしょうが、仕事はこなしていただきます。

Hibiki
ヒビキ

……それと。ヤヨイ中尉、ご忠告申し上げます。

Hibiki
ツバキ

これ以上、まだなにか?

Tsubaki
ヒビキ

無駄なあがきはやめたほうがよろしいかと。

Hibiki
ヒビキ

あなたの理想論はお見事ですが、 現実はそのように生易しくは進みません。

Hibiki
ヒビキ

レジスタンスたちは止まらないでしょう。 あなたの和平交渉を受け入れることはない。

Hibiki
ツバキ

なぜ、そう断言できるのですか?

Tsubaki
ヒビキ

平和を築くのは、優しさなどではないからですよ。

Hibiki
ヒビキ

火がくすぶったままの燃え滓を受け入れれば、 内側から燃えてしまう。

Hibiki
ヒビキ

一度完全に燃やし尽くしてから、徹底的に鎮火する。 それ以外に、一度始まった暴力を収める手段はないのです。

Hibiki
ツバキ

…………。

Tsubaki
ヒビキ

余計なものを排除して、よくお考えください。 あなたが求めるのは自身の理想なのか、民の平和なのか。

Hibiki

第9節 血の臭い①/ 9. The Smell of Blood - 1

Summary
シエル達がレジスタンスを連れて村に戻ると、

村が壊滅状態となっていた。その惨状をみて、 バレットは統制機構に復讐することを誓う。

Ciel and the others return with the Resistance to their village, only to find it completely destroyed. Standing among its ruins, Bullet swears vengeance against the NOL.
村人A

う……うぅ……。

Villager A
村人B

バ……バレット……さん……。

Villager B
シエル

…………。 これは……。

Ciel
久音

嘘……でしょ……?

'Kuon
バレット

……………………。

Bullet
レジスタンスA

おい……おい、しっかりしろよぉ! 目を開けろって……!

Resistance Member A
レジスタンスB

なんで……こんなことになってんだ? なんでこんな……大勢、死んでんだよ……。

Resistance Member B
レジスタンスC

一体……どんだけやられたんだ……?

Resistance Member C
シエル

……感知完了。この野営地の範囲内での生存者は12名です。 レジスタンスの皆さんの人数を考慮すると、死者数は……。

Ciel
久音

シエル、もういいわ。それ以上は……。

'Kuon
シエル

……はい。

Ciel
バレット

……………………。

Bullet
ラーベ

……やっぱりか。こっちもだな。

Raabe
ラーベ

どれも、鋭利な刃物で執拗に切り付けられて、殺されている。 多くは失血死だろう。恐ろしいことに、単独犯と見える。

Raabe
シエル

では、殺害したのはリッパーさんですか。

Ciel
ラーベ

……そうだろうな。

Raabe
久音

あいつ……なんてことを。

'Kuon
ラーベ

指示したのは、ヒビキ=コハクだろう。

Raabe
シエル

なぜそう思われたのですか?

Ciel
ラーベ

奴は魔操船の襲撃を知っていた。誤情報ではなく、 民間船だという、統制機構が真実にしたがるだろう情報をな。

Raabe
ラーベ

そのどちらも、最高責任者であるヤヨイ中尉は 知らなかったのに、だ。しかもすでに衛士を動かしていた。

Raabe
ラーベ

だというのに、船は無人だった。……少なくとも、 誤情報を仕込んだのが奴だってことは、ほぼ間違いないだろう。

Raabe
ラーベ

まあ、別の誰かが裏で工作員を操り、誤情報を流し、 情報をあのコハク大尉に与えたというパターンもあるが……。

Raabe
ラーベ

それより、我々に重要なのは、 彼がドライブ能力者ってことだ。

Raabe
シエル

『観測者』の可能性があるのですね。

Ciel
ラーベ

そういうことだ。

Raabe
バレット

……こんな……ことが……。

Bullet
久音

バレット、その……大丈夫? ちょっと座ったほうがいいんじゃない……?

'Kuon
バレット

なぜだ……。

Bullet
バレット

こんなことが、なぜできる!?

Bullet
バレット

私たちへの報復だと言うのか? これが図書館のやり方だと言うのか!?

Bullet
バレット

……はっ。 はははははっ!

Bullet
バレット

和平を説いたその裏で、これだけのことができるとは。 世界虚空情報統制機構、恐れ入る。

Bullet
バレット

和平に応じねばこうなるぞと、私たちの未来を示したつもりか? そうか。そうか……。

Bullet
バレット

ふざけるな! なにが和平だ!! 従わねば追放するに留まらず、今度は従わねば殺すのか!

Bullet
バレット

貴様らに従わぬ者は魔物と同等か!

Bullet
シエル

バレットさん。 野営地を襲撃したのは、リッパーさんという男です。

Ciel
シエル

指示をしたのは、ヒビキ=コハク大尉と思われます。

Ciel
シエル

今回のことに、ツバキさんは関わっていない可能性が高いです。 彼女は本心から、レジスタンスとの和平を望んで……。

Ciel
バレット

どっちだろうと同じことだ。

Bullet
シエル

違います。

Ciel
バレット

同じなんだよ! 私たちが戦っているのは、世界虚空情報統制機構だ。

Bullet
バレット

和平を持ちかけてきたのも、工作員を殺したのも、 私たちの仲間を辺り一帯にぶちまけていったのも!

Bullet
バレット

全部同じ統制機構なんだ!

Bullet
シエル

それは……。

Ciel
ラーベ

そこまでにしておけ、シエル。 こういうのは、理屈じゃない。

Raabe
シエル

……はい。

Ciel
バレット

くそ……くそぉ! う、う……うわぁぁぁぁぁっ……!

Bullet
久音

…………。

'Kuon

1: (黙祷する)
2: せめて埋葬しよう

1:
2:

バレット

……ああ、そうだな。 仲間たちを……このままには、しておけない……。

Bullet
シエル

お手伝いします。

Ciel
バレット

……ありがとう、シエル、レイ。

Bullet
久音

……これで、全部ね。 明るくなったら、墓標も作りましょうか。

'Kuon
バレット

……ああ。そうしたい。 みんな、名前のあるひとりの人だったんだからな。

Bullet
バレット

……くそっ。馬鹿にして……。 こうでもすれば、私が和平を呑むとでも思っているのか……?

Bullet
バレット

たとえ投降し、身の安全を獲得したとしても、奴等が私たちを どんな風に見ているのかは今、これ以上ないほど思い知った!

Bullet
バレット

踏みにじられたままで倒れられるか……。

Bullet
バレット

お前たちが踏みつけたものがなんだったのか、 教えてやるまで、負けてやることなどできるか!!

Bullet
シエル

バレットさん、バイタルが乱れています。 少し休まれたほうが……。

Ciel
レジスタンスA

……そうだ。これで負けだなんて、認められねぇ……。

Resistance Member A
レジスタンスB

これが統制機構のやり方だって言うんなら、 俺たちにだって俺たちのやり方ってもんがある!

Resistance Member B
レジスタンスC

これだけやっておいて、ただですむと思うなよ、 図書館の奴等め!

Resistance Member C
レジスタンスD

畜生! 畜生……絶対に仇を討ってやる……!

Resistance Member D
久音

ちょっと……気持ちはわかるけど、少し落ち着きなさいよ。 仇討ちっていったって、相手は統制機構なのよ。

'Kuon
レジスタンスA

だからなんだ!? 相手が誰だろうが、関係ねぇ! 仲間がやられたら戦う! 俺たちはずっとそうやってきたんだ!

Resistance Member A
レジスタンスB

バレットさん! 俺、このままじゃ悔しいですよ!

Resistance Member B
レジスタンスB

結局俺ら、あいつらの良いように踊らされて、 仲間大勢殺されただけじゃないですか!

Resistance Member B
レジスタンスC

倒せ! 統制機構を!

Resistance Member C
レジスタンスD

そうだ、倒せ!

Resistance Member D
レジスタンスたち

<size=140%>倒せ! 倒せ! 倒せ! 倒せ!!</size>

Resistance Members
シエル

これは……。

Ciel
久音

盛り上がりが異様なレベルになってきたわね……。

'Kuon
バレット

みんな! 聞いてくれ!

Bullet
バレット

……お前たちの気持ちは、よくわかった。 私も同じ気持ちだ。このまま黙ってなどいられない。

Bullet
バレット

……本当は、私ひとりでやろうと思っていた。

Bullet
バレット

こんなことがあった直後だ。心をくじかれる者も多いだろう。 もう戦えない者が出たとしても不思議はない。

Bullet
バレット

むしろそのほうがきっと正しい。戦えば傷つく。 傷つくことを恐れるのは、生き物として正しいはずだ。

Bullet
バレット

けれどそれは、私にとっては正しくない。

Bullet
シエル

……自分にとって……正しい……。

Ciel
バレット

行けば、待っているのは手酷く、厳しいものだろう。 命の保証は当然ない。だから、全員を道連れにするつもりはない。

Bullet
バレット

みんなは仲間だ。だが私とは違う人間だ。 恐れていい、逃げていい。生きていい。

Bullet
バレット

だがそれでも、 私と共に地獄へ立ち向かいたいと言う者があるのなら。

Bullet
バレット

行こう。

Bullet
バレット

私たちが何者であるのかを知らしめるために、 負った傷の痛みを思い知らせるために!

Bullet
バレット

<size=130%>共に戦おう!</size>

Bullet
レジスタンス

<size=140%>おおおぉぉぉーーー!!</size>

The Resistance
ラーベ

……死にに行くようなものだぞ?

Raabe
バレット

構わない。戦って死ねるなら本望だ。 それが仲間のためで、仲間と共に立った戦場なら、なおさらだ。

Bullet
バレット

それに……負けはしない。

Bullet
バレット

どんなに絶望的な状況であっても、 私たちは生き残り、立ち上がってきた。今度だってきっと……。

Bullet
シエル

非現実的です。希望的観測に過ぎません。

Ciel
久音

そうよ。それに戦うって、本格的に戦争でも始める気?

'Kuon
レジスタンスA

シャフトだ! メインシャフトを壊そう!

Resistance Member A
シエル

え……? でも、メインシャフトはすでに……。

Ciel
レジスタンスB

すでに工事は終わってるんだったよな。 だったら、その完成したものを壊せばいい!

Resistance Member B
レジスタンスC

俺たちを罠にはめるための餌にしたシャフトを、 今度は本当に破壊してやろう!

Resistance Member C
レジスタンスD

奴等の成したものを崩せ! 統制機構の支部なんざぶっ壊しちまえ!

Resistance Member D
レジスタンスE

よし、やるぞ! 戦いの準備だ!

Resistance Member B
バレット

武器を集めろ。手当てが必要なものには十分な治療を。 それから、食事をしろ。しっかり食え! 明日には出るぞ!

Bullet
ラーベ

熱気がすさまじいな。

Raabe
久音

ね、ねえ、これって大丈夫なの……? なんだか雰囲気が物騒すぎる気がするんだけど。

'Kuon
ラーベ

この空気に、私たちは加われない。 少し外れた場所で、話すとしよう。

Raabe
久音

この様子じゃ、和平なんてとんでもないわね。 口にするだけで殺されそう。

'Kuon
シエル

残念です。もしヤマツミで和平が成立していれば、 ここの人たちも助かったかもしれません。

Ciel
ラーベ

……いや。それはないだろうな。

Raabe
シエル

なぜですか? 野営地が襲われたのは、レジスタンスへの報復行為です。

Ciel
シエル

レジスタンスが統制機構にとっての脅威でなくなれば、 報復する必要もないのでは?

Ciel
ラーベ

死体の様子からして、襲撃されたのはおそらく昨日だろう。 バレットたちがいる間なら、被害はここまで深刻じゃなかった。

Raabe
ラーベ

ということは、襲撃されたのは、 レジスタンスたちが野営地を離れた後の出来事のはずだ。

Raabe
久音

昨日って…… 私たちがツバキに会って、和平交渉を頼まれたときよね。

'Kuon
久音

でもあの夜、私たちはヤマツミでリッパーに襲撃されてるから ……あいつはあのあと、ここに向かったってこと?

'Kuon
シエル

では、犯行は昨夜の明け方になるのでしょうか。 あ……では、翌日に和平交渉がうまくいったとしても……。

Ciel
久音

そのときにはもう、ここは、襲撃された後。 つまり――

'Kuon

1: この惨劇は回避できない
2: 和平は絶対に結ばれない

1:
2:

久音

ええ。 情報を元に、バレットは和平をはねのけて襲撃を決行した。

'Kuon
久音

その襲撃が成功しても、失敗しても、 レジスタンスは野営地全滅という痛手を受ける。

'Kuon
久音

もしも襲撃を諦めて、ツバキと和平を結んだとしても、 戻ってみれば……惨劇が待ってる。

'Kuon
久音

そうなったら、どんな話し合いがあったとしても、 バレットは……レジスタンスは統制機構を許さない。

'Kuon
シエル

観測者は、これを望んでいるのでしょうか。 つまり、和平を結びたくない、と。

Ciel
久音

観測者が、望むって? なんのこと?

'Kuon
ラーベ

ファントムフィールドは、観測者の無意識下にある 『願望』をベースに形作られている。

Raabe
ラーベ

つまりファントムフィールドの現状は、 観測者の意識や願望に強く影響を受けた結果となるわけだ。

Raabe
久音

ってことは……なるほどね。

'Kuon
久音

世界がどんな願望に影響を受けているのかがわかれば、 その願望を持ってそうな人が『観測者』ってことか。

'Kuon
久音

この場合『和平を結びたくない』人が、 観測者の可能性があるってことよね。

'Kuon
シエル

はい、そうです。

Ciel
久音

でも、そうだったとしたらなんで和平を結びたくないのかしら。 和平がなければ、対立は続いて……

'Kuon
久音

いずれレジスタンスは敗北する。レジスタンスの敗北が望み? それとも、それによって得られる平和?

'Kuon
ラーベ

統制機構による絶対的な支配。あるいはそれによって得られる 社会的な評価…Raabe…。願望そのものはまだ断定はできない。

Raabe
シエル

ですがこのファントムフィールドが、観測者の願望を 順調に叶えている可能性は、十分あると思います。

Ciel
久音

ねえ。でもこれじゃ、観測者が誰だとか、 特定なんていつまでもできなくない?

'Kuon
ラーベ

できればこの辺りで、 観測者に対して大きく揺さぶりをかけてみたいところだな。

Raabe
久音

なに、それ。どういうこと? 揺さぶりをかける……。 順調に行ってる予定を、狂わせてやろうってこと?

'Kuon
ラーベ

その通りだ。

RaabRaabee
ラーベ

例えば、和平が結ばれないよう仕組まれているのなら…… その和平を結んでしまえば、観測者はどう出ると思う?

Raabe
久音

この状況で和平って……。でも、不可能そうなことだからこそ、 無理矢理捻じ曲げる価値があるのよね。

'Kuon
久音

ってことは……キーマンはやっぱり、ツバキじゃない?

'Kuon
シエル

彼女だけが、和平を強く希望しています。

Ciel
久音

逆に言えば、 彼女なしでは和平という前提そのものが存在しない。

'Kuon
久音

もちろん、ツバキの本心が和平になかったとしても、 こっちが強引にでも和平に向かって動いていれば、

'Kuon
久音

観測者の想定に逆らうことにはなるはずよ。

'Kuon

1: ツバキに会おう
2: ヤマツミに戻ろう

1:
2:

シエル

……はい。

Ciel
ヒビキ

……反逆者たちは、逃亡したようです。 捕獲者を出せなかったのは非常に残念ですね。

Hibiki
工作員の青年

お、俺は、きちんとやりましたよ! 言われた通り、 あの船にメインシャフトのパーツがあるって、あいつらに伝えた。

Young Spy
工作員の青年

だから連中はのこのこ、あそこまで来たんじゃないですか!

Young Spy
ヒビキ

ええ。その通りです。あなたは偽りの情報を 反逆者一味に流し、彼らをおびき出してくれました。

Hibiki
ヒビキ

それなのに、捕獲に失敗したのは、こちらの落ち度です。

Hibiki
工作員の青年

じ、じゃあ……報酬は支払ってもらえるんだよな? へ、へへ、焦らせないでくださいよ。……ああ、でもそうだ。

Young Spy
工作員の青年

こっちは命がけだったんですから。 ちょっとは報酬に色をつけてくれても……。

Young Spy
ヒビキ

そうですね。それも手だと思うのですが……。

Hibiki
工作員の青年

じ、じゃあ! はは、さすが統制機構のお偉方は、話がわかる。

Young Spy
ヒビキ

報酬よりも、ご自分の身の振り方を 心配されたほうが、よろしいのではないですか?

Hibiki
工作員の青年

え……?

Young Spy
ヒビキ

情報が偽りであったと、彼らは当然、知ったでしょう。

Hibiki
ヒビキ

誤情報を持ち込んだ工作員を、 今後も信用することはあり得ない。つまり……。

Hibiki
ヒビキ

あなたをスパイとして反逆者たちの中へ潜り込ませることは、 もうできなくなってしまったのです。

Hibiki
ヒビキ

信用されなくなったスパイを、 こちらで保護する理由はありません。

Hibiki
工作員の青年

い、いいのか。今度はあんたらの情報を持って、 レジスタンスに戻るかもしれないぞ!?

Young Spy
ヒビキ

さっきも言った通り、 あなたはすでに彼らからの信用を失っています。

Hibiki
ヒビキ

それどころか……反逆者たちはあなたを裏切り者として、 狙っているかもしれませんよ?

Hibiki
工作員の青年

そん、な……馬鹿な……。でも、じゃあ、俺は……!

Young Spy
ヒビキ

今までご苦労様でした。 できればヤマツミから遠くへ身を置くことを、おすすめします。

Hibiki
工作員の青年

ふざけるな……なあ、待ってくれよ! あんたならどうにかできるだろ! 

Young Spy
工作員の青年

なあ……なあ! おい、なんとか言え……。

Young Spy
工作員の青年

えっ……?

Young Spy
リッパー

あーららら。ちょ〜っと深く刺さり過ぎちまったかな? あーあ、あっという間に血だまりになっちゃった。

Ripper
ヒビキ

……掃除が必要ですね。

Hibiki
リッパー

いっそ模様替えでもしちゃったら〜?

Ripper
ヒビキ

……リッパー。 まだ『殺せ』とは言っていなかったのですが。

Hibiki
リッパー

ありゃ、そうだっけ? 俺、ステイとか無理なタイプ。 ワオーン。

Ripper
リッパー

それに、どうせ殺すなら早いほうがいいだろ?

Ripper
ヒビキ

……殺すつもりはなかったんですよ。

Hibiki
ヒビキ

少し脅して、下手なことをしないよう 釘を刺しておくだけで済ませるつもりでした。

Hibiki
リッパー

へえ? ちょーっと甘いんじゃねぇの? クズは根っからクズだぜ。殺しといたほうが安全だって。

Ripper
ヒビキ

…………。

Hibiki
リッパー

にしても、可哀想になぁ、こいつも。

Ripper
リッパー

せっかく仲間裏切って、お前についたってのに。 あっさり捨て駒にされちゃってさぁ〜。

Ripper
ヒビキ

……無駄口は結構です。 それより、なぜ勝手なことをしたのですか?

Hibiki
リッパー

あ? だぁから、殺したほうが後々楽だろ? 脅しとかわけわかんねぇこと仕掛けなくたって……。

Ripper
ヒビキ

反逆者の野営地の件です!

Hibiki
リッパー

……ああ。なにイラついてんだよ。 お前の望みを叶えてやったんじゃん。

Ripper
ヒビキ

自分は、野営地の機能を失う程度に破壊してきてください、 と指示したのです。

Hibiki
ヒビキ

……住人を皆殺しにしろと、誰が言いましたか。

Hibiki
リッパー

全員死ねば、野営地じゃなくなるだろ? 死体置き場だ。ヒャハハハッ!

Ripper
ヒビキ

……っ。

Hibiki
リッパー

つか、皆殺しにしてねぇし? しようと思って張り切ってたのに、 途中で呼び戻されてさぁ。

Ripper
リッパー

だいぶ刻み損ねたぜ、もったいねーの。

Ripper
ヒビキ

……もう、結構です。命令があるまで、待機していてください。

Hibiki
リッパー

へいへい。

Ripper
リッパー

……でもさぁ、ぶっちゃけお前、思ってるだろ。 邪魔な奴はみんな、消えちまえばいいって。

Ripper
ヒビキ

…………。

Hibiki
リッパー

俺はお前の願いを叶えてやろうとしてやってんじゃん。 そんな恐い顔で睨むなよ。

Ripper
リッパー

んじゃ、またな。

Ripper
ヒビキ

…………。

Hibiki

第9節 血の臭い②/ 9. The Smell of Blood - 2

Summary
シエル達はツバキへ現状を伝えにヤマツミへ

向かおうとするが、レジスタンスが行く手を 阻み、拘束しようとしてくる。

Ciel and the others set out for Yamatsumi to tell Tsubaki the current situation. The Resistance surrounds them and attempts to prevent them from going.
久音

……おはよう。ずいぶん不愛想なあいさつね。

'Kuon
レジスタンスA

…………。

Resistance Member A
レジスタンスB

…………。

Resistance Member B
ラーベ

物々しい雰囲気じゃないか。 武器まで持ってテントを取り囲んで、なんの用だ?

Raabe
レジスタンスA

あんたら、この後ヤマツミに行くつもりなんだろう? あの統制機構の女に会いに行くそうだな。

Resistance Member A
久音

……昨日の私たちの話を、誰かが聞いていたのね。

'Kuon
レジスタンスB

統制機構に付こうってんなら、あんたらは俺たちの敵だ。 ……少なくとも、味方じゃねえ。

Resistance Member B
久音

ずいぶん恩知らずなことを言うじゃない。 昨日助けてあげたのは誰だったのかしら?

'Kuon
レジスタンスC

恩は感じてるよ! お前たちがいなかったら、 俺たちは図書館に捕まって、もう処刑されてたかもしれない。

Resistance Member C
レジスタンスC

バレットさんだって、まだ捕まったままだったかもしれねえ!

Resistance Member C
レジスタンスA

でも……でもよ。これから俺たちがやろうとしてることを、 あんたらに邪魔されたくないんだ。

Resistance Member A
レジスタンスB

統制機構にこっちの情報を流されたら、たまったもんじゃねぇ。 これ以上、余計な策略も裏切りもごめんだ!

Resistance Member B
レジスタンスC

殺しはしねぇ。 だが、あんたらには悪いが、大人しく捕まってくれ!

Resistance Member C

第9節 血の臭い③/ 9. The Smell of Blood - 3

Summary
無効化に成功したシエル達だが、バレットが

現れ、拘束しようとしてくる。その要求にシ エル達はおとなしく従うことにする。

Ciel and the others are able to knock them out, but then Bullet arrives and tries to capture Rei, so the group complies with Bullet.
レジスタンスA

ぐあっ……く、くそっ!

Resistance Member A
シエル

武器を下ろしてください。これ以上の戦いは無意味です。

Ciel
久音

そもそも、あんたらで私たちに勝てるわけないでしょ。 手加減してるうちに、馬鹿な考えは捨てることね。

'Kuon
久音

……弱いんだから、 わざわざ命投げ出すような真似するんじゃないわよ……。

'Kuon
バレット

……確かに、私たちは弱い。 お前たちに比べれば、雑兵もいいところだろうな。

Bullet
シエル

バレットさん……。

Ciel
レジスタンスA

ば、バレットさん! すいません、勝手なことをして……。 でも俺たち……!

Resistance Member A
バレット

いい。気持ちはわかる。 むしろ……私が指示するべきことだったかもしれない。

Bullet
久音

ってことは、こいつらを止めるために来てくれたわけじゃ、 ないってことね。

'Kuon
バレット

……ヤマツミに行くんだな。

Bullet
シエル

はい。ツバキさんに会いに行きます。

Ciel

1: 彼女がどうしてるか気になる
2: 彼女には恩がある

1:
2:

バレット

そうか……。 だが、それは困る。

Bullet
ラーベ

そうだろうな。我々は、お前たちがどれほどの意欲で 統制機構への反撃を企てているか、よく知っているんだから。

Raabe
バレット

その通りだ。 だから、私の仲間もお前たちを拘束しようとしたんだろう。

Bullet
バレット

私もそうする。

Bullet
久音

また戦おうっての? もうやめなさいよ。 これ以上、自分から自分を傷付けるようなこと……!

'Kuon
バレット

戦うことだけが私の生き方だ。 押さえつけられるなら跳ねのけ、立ち塞がられるのなら振り払う。

Bullet
バレット

ずっとそう生きてきた。 だから今回も……そうするだけだ!

Bullet
シエル

っ!

Ciel
バレット

せあぁっ!

Bullet
シエル

……一番、戦闘能力の低いレイさんを 人質に取るつもりですか? そうはさせません。

Ciel
バレット

チッ……! それが一番、穏便なやり方だと思ったんだがな。 こうなったら……。

Bullet
ラーベ

待て。シエル、手を引け。

Raabe
シエル

できません。 レイさんの身の安全が保証されません。

Ciel
ラーベ

いいから退け。 バレット、私たちはおとなしく従おう。

Raabe
久音

なに言ってんの!? それじゃあ、ヤマツミに行けないじゃない!

'Kuon
久音

それどころか、バレットたちがヤマツミに 攻め込むのを見過ごすっていうの!?

'Kuon
ラーベ

そうだ。これ以上、ここで戦闘するつもりはない。

Raabe
ラーベ

それなら、 レイに危害を加える必要もないだろ?

Raabe
バレット

なにを企んでいるんだ? ……いや。だが、まあいい。 大人しくしていてくれるのなら、それでいい。

Bullet
バレット

あの小屋に閉じ込めておけ。

Bullet
レジスタンスA

は、はい!

Resistance Member A
久音

本当にいいの……?

'Kuon
ラーベ

……さあ、大人しくついていこうじゃないか。

Raabe

第9節 血の臭い④/ 9. The Smell of Blood - 4

Summary
拘束されたシエル達だったが、和平の成立を

拒絶する観測者をあぶりだすため、ツバキに 会おうとヤマツミへ向かう。

Although Ciel's group has been restrained, they head to Yamatsumi to meet Tsubaki so they can shock the Observer, who seems to be rejecting peace.
久音

……静かになった。 外の様子は見えないけど、バレットたちは出発したみたいね。

'Kuon
シエル

ヤマツミに向かったのでしょう。野営地襲撃の報復のために。

Ciel
久音

行かせて、本当によかったの? なにがなんでも止めないと、 和平なんて結べなくなるんじゃない?

'Kuon
ラーベ

勘違いするな。 私たちは和平を結ぶためにここにいるんじゃない。

Raabe
ラーベ

観測者を探すために、和平を結ぼうとしているんだ。

Raabe
久音

結局、同じことでしょ。和平が駄目になったら、観測者も……。

'Kuon
ラーベ

まったく違うぞ。和平が結べるかどうかが重要なんじゃない。 和平を結ぼうと行動したら、どうなるかが重要なんだ。

Raabe
久音

……あ。そういうこと……。

'Kuon
シエル

どういうことでしょう?

Ciel
ラーベ

私たちは昨夜、和平のためにヤマツミに行こうとした。 そうしたら、どうだ。

Raabe

1: レジスタンスたちが妨害に入った
2: ここに閉じ込められた

1:
2:

シエル

この状況が、観測者からのリアクションだということですか。

Ciel
ラーベ

どうやら、この世界はよほど和平を望んでいないらしい。

Raabe
ラーベ

それが確認できた。となれば次は……。

Raabe

1: ここを出てヤマツミに向かおう
2: なにがなんでも和平を結ぶ!

1:
2:

久音

オッケー。そうと決まれば、急ぎましょう。 できるだけ早く、ツバキと合流したいじゃない。

'Kuon
シエル

小屋の前には、数名の見張りがいるようです。 ここを出るには、彼らを無力化する必要があります。

Ciel
久音

お願いしたら送り出してくれるわけでもないし。 手っ取り早く、扉吹き飛ばしちゃいましょうか!

'Kuon
シエル

よろしくお願いします。

Ciel

第9節 血の臭い⑤/ 9. The Smell of Blood - 5

Summary
シエル達はヤマツミに到着し、ツバキと通信

で情報を交換する。軟禁状態にあるツバキと 合流するため、統制機構支部へ向かう。

They reach Yamatsumi, contact Tsubaki, and exchange information with her. Since Tsubaki is under house arrest, they head for the NOL branch to meet with her.
シエル

……索敵完了。 公園内に統制機構衛士と思われる反応はありません。

Ciel
シエル

なんとか、ここまでは来られましたね。

Ciel

1: レジスタンスの人たち……
2: 大丈夫だったかな?

1:
2:

シエル

一時的に意識を失っていただけで、 生命活動には問題ありません。

Ciel
久音

ちゃんと手加減したわよ。安心して。

'Kuon
久音

それにしても、今回はさすがにどこを歩くのも緊張するわね。 さすがにもう、下層でも私たちのことは知られてるだろうし。

'Kuon
ラーベ

そうだな。入り口はデータをごまかしてどうにかなったが、 直接尋問されたら切り抜けられるかどうか。

Raabe
久音

ここで逮捕されて身動き取れなくなったら、野営地にいた ときとなにも変わらなくなっちゃうもの。用心しないと。

'Kuon
久音

さて。それじゃ、通信機使ってみましょうか。 この公園までくれば、通信が繋がるはずって言ってたわよね。

'Kuon
シエル

はい。呼びかけてみましょう、ラーベさん。

Ciel
ラーベ

よしきた。

Raabe
ツバキ

……こちら、ツバキ=ヤヨイです。 ラーベさんですか?

Tsubaki
ラーベ

そうだ。シエルや久音、 レイも一緒だ。

Raabe
ツバキ

よかった……無事だったんですね。あのあと、 結局駆け付けることができずに、申し訳ありませんでした。

Tsubaki
ツバキ

皆さんがヤマツミから逃げられたと聞いたときは、 衛士の身でありながら、ほっとしてしまいました。

Tsubaki
久音

ツバキが公園で、コハク大尉を足止めしてくれたおかげよ。 あの人までいたら、簡単にはいかなかったと思うもの。

'Kuon
ツバキ

少しでもなにかの役に立っていたなら、私としても…… 嬉しいです。

Tsubaki
ツバキ

……あら? でも、それならどうして通信を? レジスタンスと一緒に、ヤマツミを出たのではないのですか?

Tsubaki
ラーベ

その言い方からして、お前は知らないのか。 レジスタンスの野営地のことを。

Raabe
ツバキ

野営地……?

Tsubaki
久音

リッパーに襲撃されたの。野営地に残っていた、 レジスタンスに協力している人だとか、怪我人だとか。

'Kuon
久音

作戦に参加してなかった人たちがみんな襲われて…… 大勢、死んだわ。

'Kuon
ツバキ

え……そんな……。 まさか……。

Tsubaki
ラーベ

予想はついているんだろう? 私もそう思う。コハク大尉の関与の可能性は否定できない。

Raabe
ツバキ

そんな! でも……どうして、そこまで……。

Tsubaki
ラーベ

和平を結ばせないためじゃないかと、私たちは考えている。

Raabe
ラーベ

だがどうしてそんなにも和平を拒むのかは、わからない。 ……ヤヨイ中尉、お前はどう思う?

Raabe
ツバキ

……コハク大尉は、和平では事態の解決にならないと お考えのようです。

Tsubaki
ツバキ

解決のためには、徹底的にレジスタンスを叩くべきだと……。

Tsubaki
ラーベ

一理あるな。

RaabeRaabe
久音

ちょっと、どっちの味方なのよ。

'Kuon
ラーベ

私はどちらの味方でもないさ。 ただコハク大尉の言い分も理解できると言っているだけだ。

Raabe
ラーベ

一度殴り方を覚えた者は、どれほど平穏に暮らしていようと 殴り方を忘れることはない。

Raabe
ラーベ

一度反乱分子として暴れた経験を持つ者は、 また必要な場面に直面したとき、同じように反乱分子となる。

Raabe
ラーベ

生かしておけば、それだけの危険性を 常に抱え込むことになる。実にリスキーだ。

Raabe
久音

じゃあ、バレットたちみたいな人たちは、 もう救いようがないって言うの?

'Kuon
ラーベ

そんなことは言っていない。危険性を孕みながらも、 拳を振り上げない選択をすることもできる。

Raabe
久音

でもバレットたちは…… 拳を振り上げることを選んだのよね……。

'Kuon
ラーベ

だからその拳を、降ろす理由を与えてやればいい。 ツバキ=ヤヨイ中尉。お前がやるんだ。

Raabe
ツバキ

私が……?

Tsubaki
ラーベ

そうだ。お前はなんとしても、バレットを捕えろ。 出来る限り自分の手でだ。

Raabe
ラーベ

バレットたちと戦っている衛士たちは、レジスタンスを鎮圧し、 処罰したいと思ってる。コハク大尉はその筆頭と言っていい。

Raabe
ラーベ

ヤヨイ中尉以外に捕えられることがあれば、 バレットは無事ではすまない。

Raabe
ラーベ

そうしたら、 バレットの身柄と引き換えに停戦協定を結べ。その場でな。

RaabRaabee
ツバキ

停戦協定……。 バレットさんを人質にするということですか?

Tsubaki
ラーベ

そうだ。お前の主義には反するだろうけど、 バレットこそが和平の鍵となる。

Raabe
ラーベ

今のレジスタンスにとっては、 バレットほど失いたくないものはないだろうからな。

Raabe
ラーベ

逆に言えば、停戦を取り付けられれば、 そこから議論を重ねて和平へとつなげることもできるだろう。

Raabe
ツバキ

……わかりました。やってみます。 それで、バレットさんたちは今どこにいるのですか?

Tsubaki
シエル

そうでした。ツバキさん、昨夜起こった野営地の襲撃を受け、 レジスタンスは統制機構に対し、報復行動に出ようとしています。

Ciel
シエル

目標は、工事を終えた階層都市のメインシャフトと聞いています。

Ciel
ツバキ

ま、待ってください! 今、メインシャフトを破壊すると言いましたか?

Tsubaki
シエル

はい。

Ciel
ツバキ

それは……いけません! メインシャフトは階層都市の 構造を支える基軸に組み込まれています。

Tsubaki
ツバキ

破壊されれば、階層都市全体のバランスが狂い、 場所によっては崩壊する可能性があります。

Tsubaki
ツバキ

もし、上層部の階層が崩れたら……そこに住んでいる人も、 下の階層の人も、無事ではすみません!

Tsubaki
久音

嘘でしょ!? そんなことが起こったら、バレットたちは 完全に……悪そのものじゃない。

'Kuon
久音

統制機構と決定的に対立……いえ、もっと大きな、 社会と対立することになる。和平なんて。絶望的だわ。

'Kuon
ツバキ

和平のことも重要ですが、 むしろ今は都市の保持を優先しなくては。

Tsubaki
ツバキ

すぐに合流しましょう。 ああ、でも……。

Tsubaki
ラーベ

なにか問題か?

Raabe
ツバキ

情けない話ですが、 私は現在、支部の執務室に軟禁状態にあります。

Tsubaki
ツバキ

扉も窓も非常に強固に封じてあって…… ここを出るのは、少し苦労しそうですね……。

Tsubaki

1: すぐ助けにいくよ!
2: なんとか頑張って、今行くから

1:
2:

ツバキ

え? は、はい! ……ありがとうございます。

Tsubaki
ツバキ

え? は、はい! 頑張ってみます。

Tsubaki
久音

なら、ツバキの執務室の前で落ち合いましょう。

'Kuon
シエル

緊急のことがあれば、通信で知らせてください。 こちらからも連絡を取ります。

Ciel
ツバキ

わかりました。待っています。

Tsubaki
統制機構衛士A

お前たち、何者だ!?

NOL Soldier A
統制機構衛士B

ここは第十七階層都市ヤマツミにおける、 世界虚空情報統制機構の支部だぞ! 部外者は速やかに出ていけ!

NOL Soldier B
統制機構衛士B

部外者は速やかに出ていけ!

NOL Soldier B
久音

入ってすぐにこれだもの。悪いけど、通してちょうだい。 奥に用があるのよ!

'Kuon
統制機構衛士A

なにをふざけたことを言っているんだ! それにお前たち、その風体……反逆者の一味だな!?

NOL Soldier A
統制機構衛士B

反逆者の分際で支部に乗り込んでくるとは、馬鹿な連中だ。 捕えろ!

NOL Soldier B

第9節 血の臭い⑥/ 9. The Smell of Blood - 6

Summary
シエル達は敵を倒しながらツバキと合流する。

ツバキの部下も加勢し、メインシャフトへ向 かう。

Defeating the guards in their way, Ciel and the others regroup with Tsubaki. Together with Tsubaki's subordinates, they head for the main shaft.
シエル

……階段を上がって、右。廊下を真っ直ぐ……。 ツバキさんの指示通りに来ていますが……。

Ciel
シエル

あ、ありました。あそこで――

Ciel
久音

な、なに!?

'Kuon
ツバキ

けほっ、けほっ……ちょっと思いっきりやりすぎたかしら……。 中々開かないから……。

Tsubaki
ツバキ

しまった、見張りの人まで……ああ、ごめんなさい。 ……大丈夫ですか? 気を失ってるだけかしら……?

Tsubaki
ツバキ

そうみたいね、よかった……。 ああでも、ドアも壁も壊しちゃった……申し訳ありません……。

Tsubaki
シエル

ツバキさん!

Ciel
ツバキ

はっ! 皆さん!

Tsubaki

1: 自力で出られたんだね
2: お見事です……

1:
2:

ツバキ

その、皆さんが来てくださることを、 疑っていたわけではないんです。

Tsubaki
ツバキ

ただ、今まさにシャフトが攻撃されているかもと思いながら、 じっと待っているのに耐え切れなくなってしまって……。

Tsubaki
ツバキ

それで、色々試していたら、少々力加減を誤りました……。

Tsubaki
ラーベ

見張りを倒す手間も省けた。効率のいい時間短縮だ。

Raabe
ツバキ

これが、想定外の事故でなければ、 私もそう思えたかもしれないんですが……。

Tsubaki
ツバキ

それより、急ぎましょう。メインシャフトですよね。

Tsubaki
シエル

はい。場所はわかりますか?

Ciel
ツバキ

実のところ……メインシャフトの設置は 階層都市建設においての重要機密でもありまして、

Tsubaki
ツバキ

私も具体的にどう行けばたどり着けるのか、 わからないんです。

Tsubaki
ツバキ

でも……用途と支部の構造からして、予想はつきます。 不安な案内人で申し訳ありませんが、ついてきてください。

Tsubaki
久音

予想がつくだけで大助かりよ。

'Kuon
統制機構衛士C

動くな! これ以上騒動を起こすようなら、反逆罪で拘束する!

NOL Soldier C
久音

うわ、来た! ぼさっとしてると、あっちこっちから集まってきそうね。

'Kuon
統制機構衛士D

いた、こっちだ!

NOL Soldier D
久音

って、言ってる側から……!

'Kuon
統制機構衛士D

はぁ!

NOL Soldier D
統制機構衛士C

ぐあっ……!

NOL Soldier C
久音

え、あれ?

'Kuon
シエル

衛士の方が、同じく衛士の方を攻撃しました。

Ciel
統制機構衛士D

ヤヨイ中尉、ご無事ですか!?

NOL Soldier D
ツバキ

は……はい、問題ありません。ですが、あなた方……。

Tsubaki
統制機構衛士E

人数を集めるのに手間取り、遅くなってしまいました、 申し訳ありません。我等1分隊お供します、ヤヨイ中尉!

NOL Soldier E
ツバキ

いいのですか? 私は謹慎中の身です。それに加担したと あれば、あなた方にも罰則があるかもしれません。

Tsubaki
統制機構衛士D

構いません! 我々は統制機構の人間です。 そしてあなたは、このヤマツミの最高責任者です。

NOL Soldier D
統制機構衛士D

我々に指示をするべき立場なのはヤヨイ中尉であって、 コハク大尉ではありません。

NOL Soldier D
ツバキ

あ……ありがとう、ございます。

Tsubaki
久音

ふうん。意外と、慕われてるのね。

'Kuon
シエル

……反応、接近中。 騒ぎを聞きつけての増援と推測します。

Ciel
ラーベ

いい話の最中に悪いが、ゆっくりしてられそうにないぞ。

Raabe
ツバキ

はい。皆さん、ついてきてください。これから、現在支部に 侵入しているはずのレジスタンスと接触し、交渉します。

Tsubaki
ツバキ

これはヤマツミの秩序ある未来のために、必要なことです。 手を貸してください。

Tsubaki
統制機構衛士D

はっ! 了解しました!

NOL Soldier D
シエル

衛士を確認。敵対反応を感知しました。

Ciel
ツバキ

突破しましょう。 ……ですが、彼らも職務に忠実な、善良な一般衛士です。

Tsubaki
ツバキ

どうぞ、お手柔らかにお願いします。

Tsubaki
シエル

了解しました。お手柔らかにします。

Ciel

第10節 全てが壊れる前に/ 10. Before Everything is Ruined

Summary
(とくになし) (None) - This section consists of a set of three battle-only quests.

第11節 勝利を求めて①/ 11. Seeking Victory - 1

Summary
メインシャフトではバレットがヒビキと対峙

していた。シエル達はメインシャフトの目前 で、警備用ゴーレムに行く手を阻まれる。

At the main shaft, Bullet confronts Hibiki. Ciel's group plans to continue through the main shaft, but are blocked by a security golem.
警備用ゴーレムを倒したシエル達は改めてメ

インシャフトに向かう。

Defeating the security golem, Ciel's group resumes heading for the main shaft.
バレット

よし……脱獄の時に使った脱出経路が役に立ったな。 さすがの図書館も、数日では修繕しきれなかったか。

Bullet
バレット

いいか、みんな。この先は支部の中枢だ。 すでに我々が乗り込んだことは知られているだろう。

Bullet
バレット

くれぐれも、油断するな。 目指すは奥にある、シャフトだ。進め!

Bullet
レジスタンスたち

<size=150%>おおー!!</size>

Resistance Members
バレット

<size=140%>!?</size>

Bullet
統制機構衛士A

止まれ! 反逆者ども!

NOL Soldier A
統制機構衛士B

速やかに武器を捨てて投降しろ!

NOL Soldier B
レジスタンスA

来たな、図書館。俺たちの邪魔はさせないぞ!

Resistance Member A
レジスタンスC

仲間の仇だ! 絶対に許さねぇ!

Resistance Member C
バレット

こんなところで足止めを喰らっている場合ではない。 道を開けろ!

Bullet
バレット

はぁぁっ!

Bullet
統制機構衛士A

ぐぁっ!

NOL Soldier A
統制機構衛士B

がっ……強い……。

NOL Soldier B
バレット

進め! 私が道を切り開く! ついて来い!

Bullet
バレット

っ! 誰だ!?

Bullet
ヒビキ

あなたが、レジスタンスのリーダーですか。

Hibiki
バレット

お前は……ヒビキ=コハクか……!

Bullet
ヒビキ

直接お会いするのは初めてですね。

Hibiki
ヒビキ

野営地を攻撃されれば、 直接乗り込んでくるのではと思っていました。

Hibiki
バレット

なに……? では、あれは貴様がやったのか!?

Bullet
ヒビキ

生憎ですが、 自分はヤマツミを留守にできるほど暇ではありません。

Hibiki
バレット

……だが、なにが起こったのかは把握しているわけだ。 そうか……貴様が……。

Bullet
バレット

うおおおぉぉぉぉぉ!

Bullet
バレット

チッ……!

Bullet
ヒビキ

……抵抗の意思ありとみなします。 よって、全員ここで始末をつけさせていただきます。

Hibiki
バレット

舐めるな……図書館!

Bullet
レジスタンスA

バレットさん、後続の部隊が合流しました!

Resistance Member A
レジスタンスB

ここまで来たんだ、やってやりましょう!

Resistance Member B
バレット

ああ。全員、突っ込め! 図書館どもを蹴散らして、メインシャフトを破壊する!

Bullet
シエル

……なんとか切り抜けたでしょうか。

Ciel
久音

ほんと、後から後から…… 統制機構って、どれだけ人がいるのよ……。

'Kuon
ツバキ

…………。 妙ですね……。

Tsubaki
ラーベ

なにがだ?

RaabRaabee
ツバキ

いえ、妙に衛士の数が少ないのです。

Tsubaki
久音

少ないって、あれで!?

'Kuon
ツバキ

はい。支部内で、しかも執務室周辺で戦闘が起こっていたの ですから、もっと大勢集まってきてもおかしくないのに……。

Tsubaki
久音

追い払うことだけ考えたら、そうならなくてよかったけど…… その大勢は一体どこに行ったのよ?

'Kuon
ツバキ

……メインシャフトかと。

Tsubaki
シエル

レジスタンスの襲撃の情報が、入っていたのですか?

Ciel
ツバキ

いえ、それはわかりません。内通者がいたのかもしれませんが、 いなかったとしても、予想できることだと思います。

Tsubaki
ツバキ

……コハク大尉になら。

Tsubaki
統制機構衛士D

……そういえば、本日コハク大尉の動きは、 少々不審でした。

NOL Soldier D
統制機構衛士D

手勢の衛士を中心に隊を組み、通常とは違う配置での 警備態勢を敷いておられました。

NOL Soldier D
統制機構衛士E

我々は、ヤヨイ中尉や十二宗家に傾倒していると、 判断されたのでしょう。

NOL Soldier E
統制機構衛士E

特別命令が出るまでは、待機せよと指示を受けました。

NOL Soldier E
久音

……そもそも、工作員を使って偽の情報を流したのは、 彼の可能性が高いんだものね。

'Kuon
久音

それに、今回のきっかけになった、野営地の襲撃も……。

'Kuon
ツバキ

野営地への攻撃を受けて、レジスタンスたちが奮起し、 大規模な攻撃を仕掛けると……当然予想していたでしょう。

Tsubaki
ツバキ

むしろシャフトパーツ輸送の誤情報も、野営地への襲撃も、 今回の攻撃を誘発するためのものだったのかもしれません。

Tsubaki
ツバキ

そして迎え撃つための警備態勢、 隊の配置を行っていた……。

Tsubaki
久音

復讐心に燃え上がったレジスタンスたちは、きっと総戦力で 乗り込んでくる。もちろん先頭はバレット。

'Kuon
久音

……確かに、簡単に想像がつくことかも。

'Kuon
久音

あとはそれを、言い訳のできない場所で叩けば…… レジスタンスにはもう、反抗する戦力は残らなくなる。

'Kuon
ラーベ

メインシャフトに関しては、パーツ輸送船の襲撃を妨害され、 一度派手に失敗している。

Raabe
ラーベ

レジスタンスの中では、メインシャフトに対して 執着心も芽生えていたかもしれないな。

Raabe
ラーベ

報復作戦の標的としては、最適だ。

Raabe
ラーベ

そこまでヒビキ=コハクが読んで、 手を回していたのだとしたら、空恐ろしいな。

Raabe
シエル

バレットさんたちは、仲間の復讐のため、最も効果的な 攻撃としてメインシャフトの破壊を思いついたのではなく……

Ciel
シエル

復讐するよう仕向けられ、 シャフトを狙うよう仕組まれていたということになります。

Ciel
久音

……なんだか、こんなことを言ったら失礼だろうけど。 これじゃバレットたちが可哀想……。

'Kuon
ツバキ

……彼を止めなければ。

Tsubaki
シエル

彼……。コハク大尉のことですね。

Ciel
ツバキ

そうです。コハク大尉のやろうとしていることは、 確かに現実的かもしれません。

Tsubaki
ツバキ

ですがそのために、多くの罪もない人が犠牲になるのは、 間違っています。

Tsubaki
ツバキ

どんな境遇の人にだって、築かれる秩序や平和を受け取る 権利があるはずなのに。

Tsubaki
ツバキ

それを誰かが一方的に選別して、 選ばれた人にだけ配るなんてやり方は、おかしいです。

Tsubaki

1: バレットを止めよう
2: コハク大尉を止めよう

1:
2:

ツバキ

ありがとうございます。 そう言っていただけると、心強いです。

Tsubaki
ツバキ

バレットさんたちのことも、助けましょう。 このまま、統制機構の犠牲になっていい人たちではありません。

Tsubaki
ラーベ

最悪、私たちのせいにでもして、 うまいこと丸く収めたらいい。

Raabe
ラーベ

手腕に期待しているぞ、ヤヨイ中尉。

Raabe
ツバキ

できれば、誰も悪者にはせずにすませたいです。

Tsubaki
ツバキ

この奥に、通常の執務では使われないエリアがあります。 メインシャフトはその最奥にあると思われます。

Tsubaki
シエル

レジスタンスの皆さんは、 きっとそのエリアへ向かったのでしょう。

Ciel
ツバキ

一部の人間しか立ち入りを許可されていない場所です。 おそらく、コハク大尉もそこに。

Tsubaki

1: バレットが捕まる前に着かなくちゃ
2: コハク大尉が破壊活動に巻き込まれたら大変だ

1:
2:

ラーベ

ああ、そうだな。どうやらお前が焦りを感じるくらい、 事態は切迫しているみたいだ。

Raabe
久音

急がないとね。 ……あれを蹴散らすのも。

'Kuon
シエル

警告音です。敵対反応を感知しました。

Ciel
ツバキ

警備用のゴーレムです! なぜこんなところに……!?

Tsubaki
久音

対レジスタンス用警戒態勢ってこと? なんでもいいわ。 壊さないとシャフトに辿り着けないなら、片付けるまでよ!

'Kuon
シエル

対象の機能停止を確認。戦闘終了です。

Ciel
久音

よし。これで進めるわね。すぐに……。

'Kuon
ツバキ

待ってください。 ……誰か、います。

Tsubaki
シエル

あれは……。

Ciel

第11節 勝利を求めて②/ 11. Seeking Victory - 2

Summary
シエル達の目の前に現れたリッパー。シエル

達はツバキとともに、リッパーと戦う。

Ripper appears before Ciel's group. Together with Tsubaki, they fight.
リッパーを倒したシエル達は、バレット達や

ヒビキを止めるため、メインシャフトに急ぐ。

Defeating Ripper, they head for the main shaft to stop Bullet and Hibiki.
リッパー

よーお。遅かったじゃん。 待ちくたびれたって。

Ripper
久音

リッパー!? どうして……って、それは愚問か。 いて当然よね、むしろ。

'Kuon
ラーベ

コハク大尉の指示か?

Raabe
リッパー

いやいやいやいや。

Ripper
リッパー

あいつ、ガタガタうるせぇし、 今度は余計な手ぇ出すなとか言ってきたからさ。

Ripper
リッパー

逆に思いっきり手ぇ出してやろうと思って。待ってたわけ。

Ripper
リッパー

……ったく。なにかにつけ、勝手に殺すな、殺すなって…… つまんねー。内心じゃ喜んでるくせにさぁ。

Ripper
リッパー

そもそもあいつだって、散々殺してきてるじゃん。 なのに、なんだよ。自分ばっか楽しもうなんてよ。

Ripper
久音

もう、雇い主のことごまかさないのね。決別したってこと?

'Kuon
リッパー

いや? 適当に遊んだら、また殺させてもらうぜ。 あいつの周り、いくら死体転がしたって足りねぇだろ?

Ripper
リッパー

なんせあいつには、 消したがってる邪魔者がいくらでもいるんだからよ。

Ripper
リッパー

そいつら、みーんな消しちまいたいって思ってるんだからさ。 言わなくたってわかるよ。そういう匂いがすんだ〜……。

Ripper
リッパー

なんちゃって、ヒャハハハハハ!

Ripper
ツバキ

あなたが……レジスタンスの野営地を襲撃し、 罪もない人を殺害したのですか?

Tsubaki
リッパー

あ? あぁ、そうですよ〜。

Ripper
リッパー

いやぁ、爽快だったね、月夜に、逃げ惑う人間を切り刻む……。 飛び交う悲鳴に飛び散る血しぶき! 興奮したぜぇ〜。

Ripper
リッパー

ひとり残らず切り刻むつもりだったのに…… 中途半端なとこで呼び戻しやがってさぁ。

Ripper
リッパー

おかげで欲求不満、お腹もぺこぺこ……。

Ripper
ツバキ

なんということを……! いいえ、それだけでなく、 レジスタンスの工作員の命を奪ったことも、許せません!

Tsubaki
リッパー

許せないなら、どうするよ? えぇ? トウセイキコウのお嬢ちゃま。

Ripper
ツバキ

……っ!

Tsubaki
リッパー

ぶちのめしてとっ捕まえるか? それとも手っ取り早く殺しちまうか。

Ripper
リッパー

俺はどっちでもいいぜぇ〜。 どっちだろうと全員、骨と肉に切り分けてやるよ。

Ripper
久音

好きには、させないわよ。あんたを倒さないと元の世界に 戻れないっていうんなら、喜んで相手になるわ!

'Kuon
リッパー

は? 元の世界?

Ripper
久音

そうよ。あんただってわかってるって言ってたわよね。 その元の世界に、私はすぐにでも戻りたいの。

'Kuon
リッパー

まじで? え、戻りたいわけお前?

Ripper
久音

当たり前でしょ!

'Kuon
リッパー

なんでよ。むしろここ、天国じゃん。いくら殺しても捕まらねぇ。 それどころか、殺してくれって頼んでくるような世界だぜ?

Ripper
リッパー

今、目の前にも活きの良いのが並んでる。 うまそうな奴等がさぁ!

Ripper
シエル

させません!

Ciel
リッパー

ヒャハッ! いいぜ、どんどんこいよぉ!

Ripper
久音

そう……あんたがそのつもりなら、容赦はしないわ。 今度こそここで、ケリをつける!

'Kuon
ツバキ

本来ならば、多数でひとりを追い詰めるような戦い方は したくありません。ですが今は、一刻を争うとき。

Tsubaki
ツバキ

あなたの罪は、私が断ちます!

Tsubaki
リッパー

うおっとぉ……さすがにこいつは厳しいぜ。

Ripper
ラーベ

まただ……姿を消すつもりだぞ!

Raabe
ツバキ

逃がしません……そこ!

Tsubaki
リッパー

なに!? がぁっ……!

Ripper
久音

ここでケリをつけるって、言ったはずよ!

'Kuon
リッパー

うおっ、やべ……うがぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

Ripper
久音

はぁ、はぁ……。やっと捕まえた……!

'Kuon
リッパー

う……ぐ……くそ、下手こいた……。 ヒ……ヒ、ヒャハ、ハ……。

Ripper
リッパー

こりゃマズイわ……そしたら、お先に失礼……ってな……。

Ripper
久音

……ようやく倒せたわね……ほんと、手こずらせてくれるわ。

'Kuon
シエル

周囲を検索します。……敵対反応なし。 メインシャフトへ向かいましょう。

Ciel
ツバキ

…………。

Tsubaki
シエル

ツバキさん、どうしましたか?

Ciel
ツバキ

いいえ。行きましょう。コハク大尉はこの先にいるはずです。

Tsubaki

1: メインシャフトを破壊される前に……
2: レジスタンスと統制機構を止める!

1:
2:

シエル

はい。統制機構とレジスタンスの決定的な対立を防ぎ、 状況を和平へと向かわせましょう。

Ciel
久音

そのときに、どんな反応があるのか……。 確かめてみようじゃない。

'Kuon

1: 行こう!
2: ……行こう

1:
2:

シエル

はい。

Ciel

第11節 勝利を求めて③/ 11. Seeking Victory - 3

Summary
ツバキの言葉により、レジスタンス達は和平

を受け入れようとしていた。しかし、突如事 象干渉が起き、事態は一変する。

Through Tsubaki's words, the Resistance are swayed to accept peace. However, a Phenomenon Intervention occurs and the situation changes.
シエル

前方、反応を感知。レジスタンスの方々です。

Ciel
久音

な……全員倒れてるじゃない! ちょっと、大丈夫!? しっかりしなさい!

'Kuon
レジスタンスC

う……あ……あんた、は……。

Resistance Member C
ツバキ

よかった、息はあるようですね。すぐに人を呼びます。 手当てを……!

Tsubaki
レジスタンスC

い、いらん……それより、早く……。

Resistance Member C
ラーベ

……おい、バレットはどうした?

Raabe
レジスタンスD

奥だ……先に、向かった……。でも、図書館がそれを、 追って……くそ、足止めできなかった……!

Resistance Member D
シエル

奥ですね。わかりました。 バレットさんの元へは、私たちが向かいます。

Ciel
レジスタンスD

頼む……バレットさんを……!

Resistance Member D
ツバキ

死なせはしません。事態を収めて、すぐに戻ります。 それまで……じっとしていてください。

Tsubaki
久音

下の階から、人の声が聞こえるわ。 戦闘中ってことは、メインシャフトはまだ、たぶん無事よ。

'Kuon
久音

でもそれも時間の問題。取り返しがつかなくなる前に、 追いつきましょう!

'Kuon
バレット

う、ぐ……くそぉっ……。

Bullet
ヒビキ

……ここまでのようですね。

Hibiki
バレット

おのれ……卑劣な図書館めが……!

Bullet
ヒビキ

本来なら拘束して、正式な手続きを踏むべきですが……。

Hibiki
ヒビキ

今回は特例です。 抵抗が激しく、これ以上こちらの被害を広げないためにも。

Hibiki
ヒビキ

ここで、死んでいただきます。

Hibiki
ヒビキ

……思いの外、お早い到着でしたね。

Hibiki
バレット

お前、たち……。

Bullet
シエル

大丈夫ですか、バレットさん。

Ciel
久音

向こうであんたの仲間に言われてきたの。 あとで労ってあげなさいよね。

'Kuon
ラーベ

まあ、この状況を打破できればの話だけどな。

Raabe
ツバキ

……コハク大尉。これ以上の独断行為は認められません。

Tsubaki
ヒビキ

独断行為とは、心外です。

Hibiki
ヒビキ

反逆者が階層都市を破壊しようとしているのです。 それを阻止するのは、統制機構に属する者として当然のはず。

Hibiki
ツバキ

そう仕向けたのは、あなたなのではないのですか?

Tsubaki
ツバキ

その結果、大勢の市民を巻き添えにする危険を冒しています。 これは見過ごされていいことではありません。

Tsubaki
ヒビキ

事前に阻止できることはわかっていましたから、 危険はありません。市民に大きな影響は出ない。

Hibiki
ヒビキ

それよりも、これほど反逆者をのさばらせ、挙句、 支部への攻撃を許したことのほうが、由々しき事態です。

Hibiki
ヒビキ

その原因の一端は、あなたの指揮能力にもあります。 ご自覚ください、ツバキ=ヤヨイ中尉。

Hibiki
ヒビキ

それよりも、中尉には執務室にて謹慎をお願いしていたと 思いますが。どうしてこちらにいらっしゃるのでしょう?

Hibiki
ツバキ

それは……。

Tsubaki

1: ヒビキさんを止めるためです
2: 支部の指針を決めるのはツバキです

1:
2:

ヒビキ

……部外者が 軽率に口を出していいことではありませんよ。

Hibiki
ツバキ

……いいえ。コハク大尉。 それはあなたのほうです。

Tsubaki
ツバキ

ここは、私が預かった都市です。 キサラギ少佐から全権を任されたのは、私です。

Tsubaki
ツバキ

あなたがどのようにおっしゃろうと、現在のヤマツミにおいて 最終決定権を持つのは私です。私の指示に従ってください。

Tsubaki
ツバキ

この場にいる、全ての衛士も同様です。武器を収めなさい。 これ以上、戦う必要はありません。

Tsubaki
ツバキ

侵入者である彼らに、制裁を加える必要もありません。

Tsubaki
ヒビキ

…………。

Hibiki
バレット

貴様……どういうつもりだ!

Bullet
ツバキ

反逆者のリーダー、バレット。 あなたの身柄を、私が拘束します。

Tsubaki
ツバキ

あなたの身の安全は、私が責任を持って守ります。

Tsubaki
バレット

……はっ。守る? 馬鹿馬鹿しい。寝言は寝て言え! 情けは無用だ。いずれ罪に問われ処刑されるのなら、今殺せ!

Bullet
ツバキ

それはできません。 私は、あなたと対話をするためにここにきたのですから。

Tsubaki
バレット

対話……?

Bullet
バレット

……そうか。お前が、前にレイたちが 言っていた、ツバキ=ヤヨイか。

Bullet
バレット

対話など、くだらない! 私はお前と話したいことなど何もない!

Bullet
ツバキ

そうはいきません。あなたは、私と話すべきです。 誰かの生きる未来を、求めているのなら。

Tsubaki
ツバキ

私には部下がいます。守るべき市民がいます。 あなたにも守るべき仲間がいるのでしょう。

Tsubaki
ツバキ

彼らの生きる道を手に入れるために、戦っているのでは ないのですか? であれば、ここがその終わりです。

Tsubaki
ツバキ

戦いはここまで。剣や拳を交わすのをやめて、 今度は向き合って言葉を交わしませんか。

Tsubaki
バレット

なにを馬鹿なことを……。

Bullet
ツバキ

あなた方の気持ちはわかります。 きっと、私の知らない苦しみや痛みがあったことでしょう。

Tsubaki
ツバキ

でもそこにあるのが苦しみや痛みなら、 それを癒す方法を探すべきです。

Tsubaki
ツバキ

私たちはお互いを知らなすぎる。すれ違うことも あるでしょう、意見が合わないこともあるでしょう。

Tsubaki
ツバキ

それでもまず、話し合って、 お互いのことを知ることから始めていけるはずです。

Tsubaki
ヒビキ

……ヤヨイ中尉。そんな言葉で、 なにかが変えられるとお思いですか?

Hibiki
ヒビキ

あなたは戦争を知らなすぎる。あなたが今、しようとしている ことは……夢見がちな少女のままごとのようです。

Hibiki
ヒビキ

夢と理想など、儚いものです。 あなたもご存知でしょう。

Hibiki
ヒビキ

かつて我々が直面したイカルガ内戦が、 どれほどひどく醜い戦争であったか。あれこそが、人です。

Hibiki
ヒビキ

あなたの尊敬するキサラギ少佐とて、あの戦争を収めるには 圧倒的な武力を用いるしかなかったはずですよ。

Hibiki
ツバキ

……ええ。そうです。かつてキサラギ少佐は、 そのお力で戦争を終わらせました。

Tsubaki
ツバキ

でも、私たちに与えられた選択肢は、 それしかないわけではありません!

Tsubaki
ツバキ

私たちの前にあるのは、戦争ではありません。 まだ戦争にならずにすんでいるものです。

Tsubaki
ツバキ

このまま、本当に醜い戦争を始めるか、別のものを始めるか。 それを決められるのは、今の私たちではないのでしょうか。

Tsubaki
シエル

……迷いのない口調と表情です。 ツバキさんの言葉は、ツバキさんの本心そのものなのですね。

Ciel
ラーベ

中々の演説じゃないか。平和ボケと誹られる考え方かも しれないが、私は結構、ああいうのは好きだ。

Raabe
シエル

はい。私は、好きや嫌いはよくわかりませんが、 不快ではありません。

Ciel
ツバキ

バレットさん。ひとまず、我々と停戦していただけませんか。 その代わり、あなたの身柄は解放します。

Tsubaki
バレット

馬鹿な……ことを……。

Bullet
ツバキ

そして互いに、多くを預かる者として…… そしてひとりの人間として、話をしましょう。

Tsubaki
ツバキ

求めているものや、願っていること。大切なものや、 守りたいものや……。

Tsubaki
ツバキ

そういうものをお互いに明かして、譲り合えるものを探して、 歩み寄れる場所を見つけませんか。

Tsubaki
ツバキ

すべての希望が合致するとは思いません。 でもやってみないと、始めてみないと、なにも作れはしません。

Tsubaki
ツバキ

……レジスタンスの皆さんにも、お願いします。 憎しみ合い、傷つけ合うだけでは、痛いばかりです。

Tsubaki
ツバキ

どうか私たちと皆さんとで、 皆が一緒に暮らせる場所を、一緒に作りましょう。

Tsubaki
レジスタンスA

…………。

Resistance Member A
レジスタンスB

…………。

Resistance Member B
ツバキ

どうか力を貸してください。 ヤマツミはあなた方のための都市でもあるのです。

Tsubaki
レジスタンスA

お、おい……どうするんだ……? 話し合いなんて、無理だろう。今更……。

Resistance Member A
レジスタンスB

俺だってそう思うよ。でも……あんな風に言われると、 正直、気持ちが揺れちまう……。

Resistance Member B
レジスタンスE

戦うことに夢中だったけどさ。 俺たちって結局、どうしたくて戦ってたんだっけな。

Resistance Member B
レジスタンスF

前は……戦いなんかしない毎日が、普通だったんだよな。

Resistance Member F
レジスタンスF

……一緒に暮らせる場所か。そういうものがあったら…… もう誰も殺さなくていいのかな……。

Resistance Member F
レジスタンスB

……なあ、バレットさん。 俺……考えてみても、いいんじゃないかと思うんだ……。

Resistance Member B
レジスタンスA

お、おい、お前、なにを!

Resistance Member A
レジスタンスB

だってよ。今の俺達に、勝ち目はねぇだろ。なのに…… あの衛士さんは迎え入れようって言ってんだぜ?

Resistance Member B
レジスタンスA

…………。

Resistance Member A
久音

……空気が変わったわね。 ツバキの気持ちは、ちゃんと伝わってる。

'Kuon
シエル

レジスタンスの方々も、 戦いを終えたいと思っていたのでしょうか。

Ciel
ラーベ

それはそうだろう。戦うのには原因がある。 原因をどうにかしたくて、普通は戦うんだからな。

Raabe
久音

このまま停戦になって、ツバキとバレットが 対話することになったら、なにか起こるのかしら。

'Kuon
ラーベ

さあな。だが、和平の道は常に断たれてきた。 ツバキの執務室への軟禁もそのひとつだろう。

Raabe
ラーベ

なにかしら、状況の変化が訪れるはずだ。

Raabe
シエル

気になるのは、誰が、なぜ和平を拒絶するのか……ですが。 それもすぐにわかるでしょうか。

Ciel
バレット

……は……だ。

Bullet
ツバキ

バレットさん。どうか……。

Tsubaki
バレット

それは……だめだ。

Bullet
シエル

え……!?

Ciel
バレット

<size=150%> なにが対話だ、ふざけるな!</size>

Bullet
バレット

<size=150%>だめだ。認められない。認めてはいけない!</size>

Bullet
レジスタンスA

ば、バレットさん、どうしたんですか?

Resistance Member A
バレット

図書館に屈するのか、敵に屈するのか、戦士たち! 我等への侮辱を忘れたか!? 仲間の死を忘れたか!?

Bullet
バレット

戦場の土を思い出せ、死んだ皆の血の臭いを思い出せ! 私たちの戦いはまだ終わっていない!!

Bullet
ツバキ

すべての希望が合致するとは思いません。 でもやってみないと、始めてみないと、なにも作れはしません。

Tsubaki
ツバキ

……レジスタンスの皆さんにも、お願いします。 憎しみ合い、傷つけ合うだけでは、痛いばかりです。

Tsubaki
ツバキ

どうか私たちと皆さんとで、 皆が一緒に暮らせる場所を、一緒に作りましょう。

Tsubaki
レジスタンスA

…………。

Resistance Member A
レジスタンスB

…………。

Resistance Member B
ツバキ

どうか力を貸してください。 ヤマツミはあなた方のための都市でもあるのです。

Tsubaki

1: え!? これって……
2: 時間が巻き戻った……?

1:
2:

シエル

ラーベさん。明らかに事象が繰り返しています。 なんらかの干渉を受けたことは、明らかです。

Ciel
久音

……空気が張りつめてる。 ツバキの言葉は、ちゃんと伝わってるのかしら……?

'Kuon
シエル

……どうやら、久音さんも干渉を受けているようです。

Ciel
久音

え? 干渉? なんのこと?

'Kuon
バレット

――惑わされるな!

Bullet
バレット

対話だと? 一緒にだと? 笑わせる。 我等と統制機構の協力関係などあり得ない!

Bullet
バレット

私たちはなんのために戦っている? 対話などのためではない! 見せしめるためだ! 統制機構に、傲慢なる権力者に!

Bullet
バレット

お前たちに従う者だけが人間ではないのだと! お前たちが唯一の勢力ではないのだと!

Bullet
バレット

お前たちの唱えるものだけが、正義ではないのだと! 奴等の言葉に耳を貸す必要はない!

Bullet
レジスタンスA

……そうだ……そうだ、対話などあり得ない! 俺たちの戦いはまだ終わっちゃいない!

Resistance Member A
レジスタンスB

大勢の仲間が死んだんだ…… なにを語ったところで、あいつらが生き返るわけじゃない!

Resistance Member B
レジスタンスE

戦うぞ……。いつまででも、戦ってやる!

Resistance Member B
シエル

ラーベさん、レイさん。これは……。

Ciel
ヒビキ

これが彼らの本性です。 いい加減に諦めなさい、ヤヨイ中尉。

Hibiki
ヒビキ

対話など……くだらない。

Hibiki
ヒビキ

総員、戦闘態勢! 反逆者どもを始末する!

Hibiki
統制機構衛士たち

はっ!

NOL Soldiers
ツバキ

ま、待ってください! みんな、落ち着いて。どうか話を……!

Tsubaki
久音

話なんてできる状況じゃないことくらいは、わかるでしょ! あいつら、あなたを本気で殺すつもりよ!

'Kuon
シエル

戦闘態勢に入ります。

Ciel

第12節 願い請う者①/ 12. One Who Wishes - 1

Summary
バレットは自らが観測者だと自覚した。それ

に伴い出現した窯を守るため、大量の魔物や レジスタンスが襲い掛かる。

Bullet realizes by herself that she is the Observer. To protect the Cauldron, a large number of beasts and Resistance members attack.
レジスタンスA

ぐぁっ……!

Resistance Member A
シエル

はぁ、はぁ……凄まじい勢いです。

Ciel
久音

でも、いくら勢いがあったって、力の差は歴然でしょ。 優秀な指揮官がふたりもいたんじゃ、統制機構には到底勝てない。

'Kuon
ツバキ

防御術式展開! 相手を無力化させれば十分です。 速やかに拘束用の術式を!

Tsubaki
ヒビキ

右翼、さらに隊を伸ばして後方へ回り込みなさい。 敵陣は自分が背後から切り崩します。

Hibiki
ラーベ

みるみる鎮圧されていくな。さすがの手際だが……。

Raabe
統制機構衛士A

ぐっ……!

NOL Soldier A
統制機構衛士B

後方より新手です! 敵数不明! レジスタンスと思われます!

NOL Soldier B
ヒビキ

な……馬鹿な……。

Hibiki
ラーベ

やはりな。そうくるか。

Raabe
シエル

増援がくるとわかっていたのですか?

Ciel
ラーベ

いや、増援が来るとはっきりわかっていたわけじゃない。 ただ、何かしら対策してくるだろうとは、予想できる。

Raabe
ラーベ

負けないために、どうとでもできたろうさ。 なんせ……この世界の観測者は、彼女なんだからな。

Raabe

1: バレットが……
2: 観測者……

1:
2:

久音

バレットが観測者って、どういうこと? なんでわかるの?

'Kuon
シエル

先ほど、時間が巻き戻るような現象を確認しました。 私も体験するのは初めてですが、あれは事象干渉といいます。

Ciel
シエル

事象そのものに干渉する力。 『なにが起こるか』を書き換えることができる力です。

Ciel
ラーベ

それを行えるのは、観測の力を持つ者のみだ。 ……基本的にはね。

Raabe
久音

なに、それ……? 私はなにも感じなかったけど……。 そっか。シエルたちは、それを感じたのね。

'Kuon
久音

そしてそれをやってのけたのが、バレットっていうこと……。 つまり、自らが観測者だって証明してみせてくれたってわけね。

'Kuon
バレット

……さっきから、なにをわけのわからない話をしている。 私が……なんだって?

Bullet
シエル

バレットさんは、このファントムフィールドの観測者です。

Ciel
シエル

この世界で起こったことの全ては、 バレットさんの観測によって引き起こされた現象です。

Ciel
バレット

なにを……なにを馬鹿なことを言っている。 私が引き起こした? 全てを?

Bullet
バレット

この戦いも、レジスタンスも、統制機構もか!? 仲間の苦しみや痛み、わずかな勝利と多くの敗北もか!?

Bullet
ラーベ

その通りだ。

RaabRaabee
バレット

はっ……ははははは! 相変わらずだな。どこまでも妙な連中だ。

Bullet
バレット

ならば聞こう。私が全ての現象を引き起こしているのなら、 なぜ我々は統制機構に勝てない?

Bullet
バレット

何度も何度も何度も、多くの仲間を失いながら立ち向かった。 それなのに、なぜまだ統制機構は我が物顔でヤマツミにいる?

Bullet
ラーベ

それこそが、観測者であるお前の望みだからさ。

Raabe
バレット

なに……?

Bullet
ラーベ

ファントムフィールドは……この世界は、 観測者の無意識下にある願望に基づいて形作られる。

Raabe
ラーベ

初めは、統制機構による統治を目指した世界なのかと考えた。

Raabe
ラーベ

あるいはレジスタンスとの和平を結び、 平和になることを願って生まれた世界なのだろうかとな。

Raabe
ラーベ

だがそれは違った。

Raabe
久音

そうね。統制機構の統治を目指しているわりには、 レジスタンスの抵抗はいつまでも続いてる。

'Kuon
久音

逆に和平を求めているにしては、 チャンスのたびにどうしようもない障害が発生してた。

'Kuon
シエル

和平を絶対に成立させずに、レジスタンスの壊滅を 観測者は求めているのかも……という考えもありましたが、

Ciel
シエル

これも明らかな戦力差がありながら、 レジスタンスが抵抗を続けられたことから否定されます。

Ciel
ラーベ

では観測者が、つまりバレット、お前が望んでいた、 そして世界が勝手に汲み取って描いてみせたものとは……。

Raabe

1: 戦いが終わらないこと
2: いつまでも戦い続けること

1:
2:

ツバキ

戦いが……終わらない?

Tsubaki
ラーベ

そうだ。思い返してみれば、レジスタンスと統制機構の 対立構造が崩れそうになると、その流れは必ず断たれてきた。Raabe

Raabe
ラーベ

バレットが拘束されれば、強引な脱獄作戦はなぜか成功した。 誤情報でおびRaabeき寄せられたときも、待ち伏せから逃れられた。

Raabe
久音

そっか。和平交渉がどうしたってうまくいかなかったのも、 そのせいね。和平が成立すれば、戦いは終わるもの。

'Kuon
シエル

なにより、バレットさんはご自分の口で言いました。 『いつまででも、戦ってやる!』と。

Ciel
バレット

……ふっ。馬鹿な。私が望んだ……? 戦いを……?

Bullet
バレット

……そうか。……そうだな。 不思議な感覚だが、お前たちの言っていることが理解できる。

Bullet
バレット

確かに私は望んでいたとも。今日も、明日も、明後日も。 眠って起きるたびに次の戦闘が私を待っている……

Bullet
バレット

そんな日が、ただただ延々と続くのを…… ああ、願っていないと言えば嘘になる。

Bullet
ツバキ

なぜですか? 私には、レイさんや あなたの話が、まるでわかりません……。

Tsubaki
ツバキ

ですが、バレットさんが望んだからこそ、私たちのこの対立が あるのなら……なぜそんなことを望むのですか!?

Tsubaki
バレット

……さあな。理由なんか知らない。考えたこともない。 ただ私は、戦っていたいだけだ。

Bullet
ヒビキ

ずいぶんと身勝手な物言いですね。

Hibiki
ヒビキ

……不審人物たちの話を真に受けるつもりはありませんが、 これが事実なのだとしたら、

Hibiki
ヒビキ

あなたは自分勝手な願望によって、大勢のお仲間を 終わりなき殺し合いに巻き込んだということになりますね。

Hibiki
レジスタンスB

バレットさん……?

Resistance Member B
レジスタンスE

あの……?

Resistance Member B
バレット

…………。

Bullet
シエル

……ファントムフィールド内における、 窯の出現を感知しました。

Ciel
ラーベ

そうか。

Raabe
ラーベ

……バレット。窯が現れたということは、お前の願望が この世界を作り出したことは、間違いなさそうだ。

Raabe
ラーベ

でも、お前が意図的に戦いを引き起こしたわけでもないことを、 私たちは知ってRaabeいる。

Raabe
ラーベ

むしろお前は、この世界の中では真剣に、 仲間のために戦ってもいたんだろう。

Raabe
久音

でもそれを、ファントムフィールドが阻んでいた……。

'Kuon
久音

バレットが無意識に抱いていた、 『戦い続けたい』っていう願望を、形にし続けるために。

'Kuon
バレット

…………。

Bullet
ラーベ

この世界は、お前の願望を映し出した夢のようなものだ。 ここにいる限り、お前は永遠に戦い続けることになる。

Raabe
バレット

それが……私の望みだから……か。

Bullet
バレット

……やめる方法は、あるのか?

Bullet
ラーベ

もちろんあるとも。

Raabe
シエル

ファントムフィールドには、 必ずエネルギーの供給源である『窯』が存在します。

Ciel
シエル

それを破壊すれば、必要なエネルギーの供給を受けられず、 ファントムフィールドは維持できなくなります。

Ciel
シエル

そうなればこの場は消滅し、この世界に存在していた 全ての人は、本来あるべき世界に戻ります。

Ciel
バレット

本来あるべき世界? ……ここはそうじゃないのか?

Bullet
ラーベ

違う。さっきも言っただろ。 ここはお前の願望が生んだ世界だ。

Raabe
ラーベ

本来の世界は、誰かの願望で歪められることのない、 数多の可能性の中に存在している。

Raabe
バレット

元の世界に、戻るのか……。

Bullet
バレット

それで。その『窯』とやらは、どこにあるんだ? そいつを壊せば……全部、元に戻るんだろ?

Bullet
バレット

つまり……正常な世界ってやつに。

Bullet
シエル

はい。窯はこの奥……階層都市の地下にあります。 メインシャフトの真下から、反応を感じます。

Ciel
バレット

……そうか。そこに……あるのか。

Bullet
久音

その窯を壊せばいいのよね。行ってみましょう。 いいわよね、ツバキ?

'Kuon
ツバキ

はい。もちろんです。必要であれば、ご案内します。

Tsubaki
ヒビキ

……興味深いお話です。自分も同行しましょう。

Hibiki
シエル

では、参りま……。

Ciel
シエル

う、ぐ……っ! バレットさん?

Ciel
バレット

弾かれたか。さすがに強いな。

Bullet
久音

ちょっと、どういうつもり!?

'Kuon
バレット

どうもこうもない。

Bullet
バレット

私は戦いの中で生きてきた。物心ついたときには、戦場にいた。 周りは傭兵ばかり。誰も彼も、いつも戦いの中で暮らしていた。

Bullet
バレット

大事なことは戦いの中で覚えた。 下らないことも戦いの中で知った。

Bullet
バレット

友達も家族もみんな戦いの中にいた。 ……かけがえのない、大事な人も。

Bullet
バレット

……窯を壊せば、この世界はなくなるんだろう? 私の戦いの日々も終わる。

Bullet
シエル

そうです。ですから、早く窯を……。

Ciel
バレット

なぜだ?

Bullet
シエル

え?

Ciel
バレット

なぜ破壊する。 いや……なぜ、私が壊してほしがっていると思うんだ?

Bullet
久音

バレット! この世界は本物じゃない。あなたが本当に 生きてきた世界じゃないの。もうわかってるんでしょ!?

'Kuon
バレット

ああ、わかっている。ここは違う。 私の知ってる『世界』じゃない。

Bullet
バレット

だが私は、私から戦いを取り上げる 連中に従い、それを受け入れることなどできない!

Bullet
久音

バレット……!

'Kuon
バレット

私は戦うことしか知らない。戦いしかなかったんだ。 それを、私の生きる意味を奪うというのなら……。

Bullet
バレット

<size=130%> 私から『奪う』というのなら、</size> <size=130%> 『抗う』しかない!</size>

Bullet
バレット

<size=130%>お前たち! 我々から世界を奪う者たちを……</size> <size=130%>倒せ!!</size>

Bullet
レジスタンスたち

<size=130%>おおーーーーーーー!!</size>

Resistance Members
レジスタンス

俺たちの敵を倒せ! 倒せ!

The Resistance
レジスタンス

バレットさんと共に! 俺たちはどこまでもついていくぜ!

The Resistance
ツバキ

防御術式、展開!

Tsubaki
ヒビキ

これは……。

Hibiki
久音

やばいやばい、ものすごい勢いで来るわよ!

'Kuon
魔物

グアァァァァァァァ!

Monster
シエル

っ! 魔物の出現を確認しました!

Ciel
ラーベ

『窯』を守るために、ファントムフィールドそのものが 私たちを排除しようとしているんだろう。

Raabe
ラーベ

敵になるものならなんでも、ぶつけてくる可能性があるぞ。 気を付けろ、レイ!

Raabe
シエル

戦闘を開始します。 レイさん、側にいてください。

Ciel

第12節 願い請う者②/ 12. One Who Wishes - 2

Summary
観測者の力がコントロールできていないバレ

ット。彼女の影響でヒビキまでもがシエル達 の前に立ちはだかる。

Bullet is unable to control her powers as the Observer. Under her influence, even Hibiki is pulled in to stand in Ciel and the group's way.
シエル

はぁっ!

Ciel
久音

もう、いい加減にして!

'Kuon
ツバキ

はぁ、はぁ……一体、なにが……。

Tsubaki
ラーベ

……うん、よし。一旦落ち着いたか。 さすがはレイだな。

Raabe

1: どういうこと?
2: 僕がなに?

1:
2:

1: どういうこと?
2: 私がなに?

1:
2:

ラーベ

観測の力ってやつだ。お前がいなかったら今ごろ、無尽蔵に 湧いて来る敵対生物でもみくちゃになってるところだ。

Raabe
久音

聞いてないわよ、それ!

'Kuon
ラーベ

ならないかどうか、軽い賭けだったが。 やるな、レイ!

Raabe
久音

嘘でしょ……信じられない!

'Kuon
レジスタンス

うぐ、くそ……よくも俺たちを、裏切りやがって……!

The Resistance
シエル

私たちは、アナタ方を裏切ったわけではありません。

Ciel
ラーベ

まともな思考を求めるのは無駄だぞ、シエル。 今の奴等にとっては、我々は倒すべき裏切り者なんだからな。Raabe

Raabe
ラーベ

それが、あいつらにとっての『現実』だ。 観測者が選んだ『事象』なんだよ。

Raabe
久音

その人の意思どころじゃない……。誰がなにをするのか、 そういう出来事そのものを再確定させる力なのね……。

'Kuon
ラーベ

というか、あったかもしれない可能性の中から、 自分好みのものを選んで現実にしてしまう力だ。

Raabe
ラーベ

だから世界は、観測者に都合よくねじ曲がっていく。

Raabe
レジスタンス

すみません……バレットさん……っ。 俺たち……。

The Resistance
バレット

……よく戦ってくれた。お前たちは私の誇りだ。 ありがとう。

Bullet
ツバキ

もうやめましょう、バレットさん! お願いです……。

Tsubaki
ツバキ

彼らは、あなたの誇りなのでしょう。仲間なのでしょう? そんな彼らを、あなたのための犠牲にするつもりですか?

Tsubaki
バレット

……犠牲になど、しない。 私は誰も、見捨てたりはしない。

Bullet
バレット

誰も……置いて行ったりはしない。

Bullet
バレット

そうだ。犠牲になるものがあるとすれば…… それは……仲間ではない。

Bullet
ツバキ

もうやめましょう、バレットさん! お願いです……。

Tsubaki
ツバキ

彼らは、あなたの誇りなのでしょう。仲間なのでしょう。 そんな彼らを、助けたいとは思わないのですか。

Tsubaki
久音

な、なに? これ……時間が戻ってる……。 これが、事象干渉……?

'Kuon
ラーベ

お。久音が事象干渉を認識したか。 ……レイはちゃんと機能しているようだな。

Raabe
久音

こんなの、目茶苦茶じゃない!

'Kuon
ラーベ

そうとも。だが、これほど事象干渉を バレットが使いこなせるとは思えない。

Raabe
ラーベ

どちらかというと、使わされている、って感じだろうな……。

Raabe
久音

使わされるって、誰に?

'Kuon

1: それってもしかして……
2: ファントムフィールドに?

1:
2:

久音

そっか……。

'Kuon
久音

ファントムフィールドそのものが、戦いを終わらせないために、 バレットの観測者としての力を利用しているわけね。

'Kuon
シエル

ではもう、バレットさんには コントロールできていないということですか?

Ciel
ラーベ

そもそも、初めからコントロールなんかできてないだろ。 自在に使えるなら、もっと効率的なやり方がいくらでもある。

Raabe
ツバキ

戦いは終わりにするべきです。今なら、そしてあなたなら それができるはずです。どうか……。

Tsubaki
ヒビキ

――勝手なことをしてもらっては困ります、 ツバキ=ヤヨイ中尉。

Hibiki
ツバキ

コハク大尉……!

Tsubaki
ヒビキ

暴徒化する反逆者の鎮圧、ご苦労様でした。 ご助力いただき助かりました。

Hibiki
ヒビキ

ですがこれで、あなたの罪状が消えたわけではありません。

Hibiki
ヒビキ

ヤヨイ中尉、以下三名とユニット一機。 以上は統制機構を混乱させ、秩序維持を著しく妨害しました。

Hibiki
ヒビキ

よって、ここに制裁します。

Hibiki
ツバキ

ま……待ってください、コハク大尉! もう戦う必要はないはずです! 我々は……!

Tsubaki
ヒビキ

いいえ、戦う必要はあります。 乱れなき世のために。戦なき世のために。

Hibiki
ヒビキ

戦争というのは……争いというのは、 永遠に続くイタチごっこです。

Hibiki
ヒビキ

どちらかが負け、どちらかが勝ち、その勝敗を覆すために 繰り返される。終わることはない。

Hibiki
ヒビキ

それでも平和を望むのなら、上に立つべき者が立ち、 決められたルールに従わせるほかないのです。

Hibiki
ツバキ

コハク大尉……。

Tsubaki
ヒビキ

『レジスタンス』などと名乗る無法者は無力化しました。 次はあなた方です。……総員、戦闘用意!

Hibiki
ツバキ

……っ! これは……コハク大尉、一体どうされたのです!?

Tsubaki
ラーベ

説得は無意味だろうな。 彼らはすでに、観測者による事象干渉の影響下にある。

Raabe
ラーベ

こういう事象を観測者が選んだんだ。 それをツバキ、お前の言葉でも曲げることはできない。

Raabe
ラーベ

お前もまた、この世界の観測下にあるんだからな。

Raabe
久音

で、私たちは観測下にないから、 とにかくなんでも出して消そうってこと。

'Kuon
久音

バレットも……観測者も、後がないって感じじゃない。

'Kuon
ラーベ

だがこの調子でいくと、次はツバキが敵になるぞ。

Raabe
久音

う……それはちょっと、やりにくいわね。

'Kuon
バレット

…………。

Bullet

1: そのつもりなら、とことん付き合う
2: でも、これで終わりにしよう

1:
2:

バレット

……減らず口は、命を繋いでからにするんだな。

Bullet
ヒビキ

攻撃開始!

Hibiki
統制機構衛士

はっ!!

NOL Soldiers

第12節 願い請う者③/ 12. One Who Wishes - 3

Summary
ツバキはバレットに狙われるが、間一髪でジ

ンに助けられる。バレットを倒すためシエル 達はジンと協力する。

Bullet targets Tsubaki, but Jin saves her in the nick of time. To defeat Bullet, Ciel's group teams up with Jin.
ヒビキ

くっ……衛士は全員やられましたか。 しかし……!

Hibiki
久音

私がいるの、忘れてもらっちゃ困るわね。 観念してもらうわ、大尉さん!

'Kuon

1: 行ける、シエル!
2: 思いっきりやっちゃって、久音!

1:
2:

シエル

はい!

Ciel
久音

オッケー。なら思いっきり、いくわよっ!

'Kuon
ヒビキ

うぐっ、く……ぅ……。 まさか、自分が……。

Hibiki
ラーベ

どうやら、期待する展開に運ぶ力としては、 レイのほうが上だったようだな。

Raabe
ラーベ

あとは……。

Raabe
ツバキ

……あうっ!

Tsubaki
バレット

……どうして、邪魔をするんだ?

Bullet
ツバキ

あ、ぐ……はな、して……くださ……っ。 苦し……っ。

Tsubaki
バレット

対話だの、平和だの…… そんなものが、成立するはずがないというのに……!

Bullet
ツバキ

いいえ……そんなはずは、ありません。 あなたにだって……語り合い、わかり合えた人が、いたはずです。

Tsubaki
バレット

そんなものはない!

Bullet
ツバキ

大事な、人が……いたはずです。その人との時間は、 きっと……穏やかで、安らかだったはずです……。

Tsubaki
バレット

そんなものは知らない。知らない!

Bullet
ツバキ

バレットさん……!

Tsubaki
バレット

不愉快だ……お前の存在が! 対話などという可能性を示したことが、不愉快でたまらない!

Bullet
バレット

お前がいなければ……余計なことに惑わされる仲間も いなかったのに! お前がいなければ……!

Bullet
久音

冗談でしょ、なによこの数……!

'Kuon
久音

ちょっと、バレット、いよいよなんだかおかしくない!?

'Kuon
シエル

まるで、自分自身の事が コントロールできていないかのようです。

Ciel
ラーベ

と、いうより、まさにそういう状態だろうなこれは。 観測者でありながら、自分のことを正確に観測できていない。

Raabe
ラーベ

だがそれにしては、戦闘意欲だけは凄まじいのだから、 感心するな。

Raabe
久音

呑気なこと言ってる場合じゃないわよ! ツバキが……!

'Kuon
ツバキ

きゃぁっ!

Tsubaki
シエル

ツバキさん! くっ……魔物が多すぎて、近づけません……!

Ciel

1: ツバキ、危ない!
2: 誰かツバキを……!

1:
2:

バレット

うわぁぁぁぁぁっ!

Bullet
ツバキ

――っ!!

Tsubaki
シエル

これは……。

Ciel

1: 魔物がみんな氷漬けになってる……
2: 誰かいる!

1:
2:

ツバキ

ジン、兄様……キサラギ少佐!?

Tsubaki
ジン

……これはなんの騒ぎだ?

Jin
ツバキ

どうして、ここに……。

Tsubaki
シエル

キサラギ少佐……。 彼があの、戦争をひとりで収めたという……。

Ciel
バレット

馬鹿な……ジン=キサラギだと……? お前がここに来るはずがない……!

Bullet
ジン

『はずがない』? ならば僕は何者で、どうしてここにいる?

Jin
バレット

馬鹿な……馬鹿な、馬鹿な、あり得ない。あり得ない! お前がいたら、私たちは勝てない! いや、負ける!

Bullet
バレット

だからこそ……!

Bullet
久音

だからこそ、本来ならとっくに着任してるはずの少佐が、 いつまでも到着しなかった……ってことか。

'Kuon
久音

『来るはずがない』ってわかっていたのは、 観測者であるバレットだけ。

'Kuon
シエル

……そうなりますね。

Ciel
ジン

……例の反逆者の騒動か。 では、貴様がリーダーのバレットだな。

Jin
ジン

命までは取らない。大人しく降伏しろ。

Jin
バレット

……はっ。はは、ははははは! ……仲間はみんな倒れた。敵も倒れたが……。

Bullet
バレット

最後に現れるのはお前か、ジン=キサラギ。

Bullet
バレット

だが……私はまだ負けていない。私はまだ立っているぞ。

Bullet
バレット

私から、戦いは奪わせない。 どうしても奪いたいなら……。

Bullet

1: 力尽くで?
2: 戦って奪えってこと?

1:
2:

バレット

そうだ。レイ。 戦って、勝って、奪え。

Bullet

1:
2: わかった

1:
2:

久音

え、でも……!

'Kuon
シエル

了解しました。戦闘態勢に移行します。

Ciel
久音

シエルまで……んもう、わかったわよ、付き合うわよ!

'Kuon
ジン

……ツバキはそこにいろ。前線へは僕が出る。

Jin
ツバキ

わ、私も戦えます、一緒に……うっ……。

Tsubaki
ジン

命令だ、ヤヨイ中尉。 後方にて待機。動けるなら、倒れた衛士たちの介抱をしろ。

Jin
ツバキ

……はい。

Tsubaki
ジン

貴様ら。何者か知らんが……ツバキの知り合いか? ……足を引っ張るなよ。

Jin
久音

お言葉ね。そっちこそ、どんだけ強いのか知らないけど、 足手まといにならないでよね。

'Kuon
ジン

……フン。

Jin
バレット

上等だ。 さあ……<size=130%>来い!</size>

Bullet

第12節 願い請う者④/ 12. One Who Wishes - 4

Summary
バレットとの戦いに勝利したシエル達は窯の

破壊に成功する。シエル達はフガクに帰還し、 そして世界は、あるべき未来に進んでいく。

They successfully defeat Bullet and are able to destroy the Cauldron. Ciel and company return to Fugaku and the world continues towards its proper future.
バレット

く、は……っ。

Bullet
シエル

対象の戦闘レベルの低下を確認。 これ以上の戦闘の続行は不可能です。

Ciel
ジン

…………。

Jin
バレット

…………負けたのか。

Bullet

1: 大丈夫?
2: やり過ぎたかな……?

1:
2:

バレット

は、はは、気遣うな。私は敵だぞ。

Bullet
久音

そう割り切れないから、態度に困ってるのよね……。

'Kuon
バレット

……私もだ。お前たちには恩がありすぎる。 共に戦った仲間でもあるしな。

Bullet
久音

だったらこんなことしないで、 大人しくしててほしいわね。

'Kuon
バレット

そうはいかない。私は戦士だ。 守るべきもののために戦わなければならない。

Bullet
バレット

だが……さすがにすっきりした。

Bullet
シエル

すっきり、ですか? 戦って、気分が爽快になるのですか?

Ciel
バレット

人によるだろうけどな。私はなる。 ……なる、らしい。理由はわからないけどな。

Bullet
久音

はぁ。しょうがない人ね、あなた。

'Kuon
バレット

……手を貸してくれないか。 立ち上がりたいんだが、自力ではどうにもうまくいかない。

Bullet

1: はい、掴まって
2: 無理はしないで

1:
2:

バレット

……ありがとう。

Bullet
バレット

……お前たちは、まだ戦えそうだな。大したものだ。

Bullet
シエル

いえ、かなりの消耗率です。 損傷個所もあり、後ほどメンテナンスが必要です。

Ciel
バレット

そうか。だが、まだ動けるんだよな?

Bullet
久音

もう一回同じように戦えって言われなければね。

'Kuon
バレット

それは、私が無理だ。

Bullet
バレット

だがもう少し……歩くくらいならできる。 だから、見せてくれないか。その『窯』ってやつを。

Bullet
ラーベ

私たちはそれを破壊しに行くんだが、いいのか?

Raabe
バレット

ああ。もう邪魔はしない。お前たちは戦って、私に勝った。 だから遠慮なく奪っていけ。

Bullet
久音

つくづく不器用な人ねぇ。

'Kuon
シエル

では、向かいましょう。『窯』の反応は支部の地下です。 メインシャフトを使って降りられるでしょうか?

Ciel
ツバキ

そうだと思います。必要であれば、案内しましょうか?

Tsubaki
ラーベ

それは助かるな、お前の助けがあったほうがスムーズだろう。

Raabe
ツバキ

はい。では……あ……。

Tsubaki
ジン

ここには僕が残る。気にかかることがあるのなら、行けばいい。

Jin
ツバキ

ですが、キサラギ少佐に全てお任せしてしまうのは……。

Tsubaki
ジン

僕はなにも、休暇に来たわけじゃない。いいから、行け。 ……コハク大尉も、運ばせておく。

Jin
ジン

戻ったら、状況を知らせろ。

Jin
ツバキ

はい。ありがとうございます。行ってまいります。

Tsubaki
ジン

…………。

Jin
ツバキ

お待たせしてすみません。行きましょう。 メインシャフトは、こちらです。

Tsubaki
バレット

……これが……『窯』か。

Bullet
ツバキ

大きい……こんなものが、支部の地下にあっただなんて……。

Tsubaki
ラーベ

なるほど、今使った昇降装置はおまけか。

Raabe
ラーベ

メインシャフトの本来の目的は、この窯に統制機構の支部を 接続させる意味があったわけだ。

Raabe
ラーベ

今はたまたまここに『窯』があるが……実際の階層都市 とやらは、一体なにを腹の中に抱えていたんだか。

Raabe
ラーベ

……世界虚空情報統制機構、 思っていた以上に裏がありそうな組織だな……。

Raabe
久音

これを、壊すのよね? でもどうやって? ちっとやそっとじゃ、壊れそうにないけど。

'Kuon
ラーベ

『窯』は通常の物理攻撃を一切受け付けない。 破壊できるのは、唯一……『蒼の魔道書・写本』 (ブレイブルー) だけだ。

Raabe
バレット

ブレイ……なんだそれ?

Bullet
ラーベ

まあ、見てればわかる。 シエル、やってくれ。

Raabe
シエル

はい。では……始めます。

Ciel
シエル

第666拘束機関解放。次元干渉虚数方陣展開。 『蒼の魔道書・写本』 (ブレイブルー) 起動――

Ciel
シエル

……反応の消失を確認。『窯』の破壊を完了しました。

Ciel
久音

すごい……本当に壊しちゃった……。

'Kuon
ラーベ

よし。こちらでも確認した。無事にシステムの観測下に入ったな。 Raabe

Raabe
バレット

……これで、終わりなのか?

Bullet
シエル

はい。するべきことは全て完了しました。 あとは帰還するだけです。

Ciel
バレット

窯が壊れれば、この世界も終わるんだろう? だが……なんともないぞ?

Bullet
久音

そうね。姿が消えるとか、するのかと思ってたけど。

'Kuon
ラーベ

観測者の願望を元に構成される世界、 という在り方が終わったにすぎない。

Raabe
ラーベ

難しい話をしても仕方ないだろうから、省くが。 世界そのものがたちどころに消失するわけではない。

Raabe
ラーベ

これからは、この世界が本来持っていた 『進むべき未来』へと進んでいくだろう。

Raabe
ツバキ

私たちが進むべき未来……ですか。

Tsubaki
ラーベ

そうだ。観測者ではなく、 この世界に属しているお前たちが、作る未来にだ。

Raabe
ラーベ

……ただ、久音は別だ。 お前は異物だからな。本来、この世界の存在じゃない。

Raabe
久音

じゃあ、どうなるの?

'Kuon
ラーベ

じきにこの世界からは存在が消えるだろう。 だがそれは、お前が在るべき世界に存在を戻しただけのことだ。

Raabe
ラーベ

この世界で認識したことは忘れ、 本来の世界での、あるべき形で存在を続ける。

Raabe
久音

そう。ならいいわ。私の目的は果たされるんだから。

'Kuon
ラーベ

さて、やるべきことも終わったし、 我々は早々にここから脱出するとしようか。

Raabe
シエル

はい。回収をお願いします。

Ciel
久音

えっ、もう行っちゃうの?

'Kuon
シエル

ファントムフィールド内でやるべき任務は 全て完了しましたので。

Ciel
ラーベ

名残惜しいと思ってくれるのはありがたいが、 自ら出ていける以上、長居するわけにはいかない。

Raabe
ラーベ

私たちもまた、異物だ。 それもかなりイレギュラーな、な。

Raabe
ラーベ

存在が残れば残るほど、 この世界にあり得ない影響を与えてしまう。

Raabe
ツバキ

そうなのですか……。

Tsubaki

1: 色々ありがとう
2: 会えてよかった

1:
2:

ツバキ

それはこちらの台詞です。本当に、ありがとうございました。 あなた方に会えて、本当によかった。

Tsubaki
バレット

ああ。……ありがとうな、レイ。 最後まで、私と戦ってくれて。

Bullet

1: 戦う以外のこともあったよ 2: バレットと一緒にいられて楽しかったよ

1: 2:

バレット

そうだな。……お前と過ごした時間は、忘れがたい。

Bullet
バレット

さあ、ほら。もう行け。 ずるずると引き延ばすのは性に合わないんだ。

Bullet
シエル

はい。そうします。 では……お世話になりました。

Ciel
久音

またどこかで会えたら、今度はゆっくり、 あなたたちのことを聞かせてよ。

'Kuon
シエル

では、私達には久音さんのことを教えてください。

Ciel
久音

いいわ。情報交換ね。 楽しみにしてる。

'Kuon
バレット

私も、どこかでまた会うことがあったら、 今度は最後まで仲間として戦いたい。

Bullet
バレット

お前たちのために、戦ってみたい。

Bullet
シエル

頼もしいです。こちらこそ、お願いします。

Ciel
ラーベ

よし、帰還するぞ。

Raabe

1: ツバキもバレットも久音も、またね
2: きっとまた会えるよね

1:
2:

久音

ええ! また――……、……、…………――

'Kuon
久音

……行っちゃった、か。

'Kuon
ツバキ

……では、戻りましょう。 そこで改めて、バレットさんの身柄を拘束させていただきます。

Tsubaki
バレット

わかってる。負けは負けだ、好きにしろ。

Bullet
ツバキ

好きに……。では、停戦協定にも応じていただけますか?

Tsubaki
バレット

ここまでくると、しつこいなお前も。 わかった、わかった。停戦、和平、なんでもいい。

Bullet
バレット

……その代わり、言ったことは守ってもらう。

Bullet
バレット

我々を対等な人間として扱い、今後の在り方については、 私とお前が話し合うことで決める。

Bullet
バレット

お前の要求を一方的に飲むことはない。

Bullet
ツバキ

はい。わかっています。

Tsubaki
バレット

……信用しておいてやる。 統制機構は信用できないが、お前のことはな。

Bullet
ツバキ

その気持ちに応えてみせます。

Tsubaki
バレット

どうだか。ほら、さっさと上がろう。もうここに用はない。

Bullet
久音

そうね。でもレイたち、無事に戻れたかしらね。

'Kuon
バレット

レイ? ……誰のことを話してるんだ?

Bullet
久音

え? 誰って……。 あ……そういうこと。

'Kuon
久音

存在が残れば残るほど、あり得ない影響を与える……。

'Kuon
久音

つまり、影響をまったく与えないためには、 存在そのものが消える必要がある。ドライな考え方ね。

'Kuon
ツバキ

久音さん? どうしましたか?

Tsubaki
久音

なんでもないわ。

'Kuon
久音

……じゃあ、私もそのうち、そうなるのね。

'Kuon
久音

この世界から消えて……別の場所で存在することになって。 でもそのときには、あなたたちのことは覚えてない。

'Kuon
久音

ちょっと寂しいけど、きっとどこかで会えるわよね。 レイが、そう言ったんだもの。

'Kuon
バレット

置いていくぞ、久音!

Bullet
久音

ああ、待ってよ。行くわよ、今行くってば!

'Kuon
カガミ

お帰り〜! よしよし、手も足もあるな? 意識はどうだ? 自分の名前は言えるか? 指、何本に見える?

Kagami

1: レイです……
2: 2本です…… そんな危険なことさせてるんですか……?

1:
2:

カガミ

よーしよし、意識レベルに問題なし。 では改めて、ファントムフィールドの攻略、お疲れ様!

Kagami
シエル

お疲れ様でした、レイさん。おかげで、 ファントムフィールドをひとつ解放することができました。

Ciel

1: シエルもお疲れ様
2: みんなの力があったからだよ

1:
2:

シエル

はい。

Ciel
カガミ

ひとまず、これで一通りの流れは掴んでもらえたかな。

Kagami
カガミ

今後も同じように、様々なファントムフィールドに 《浸入》 (ダイブ) し、それを解放してもらうことになる。

Kagami
カガミ

次の《浸入》 (ダイブ) 先はまだ決まっていないから、 それまでは船の中でのんびりゆっくり過ごすといい。

Kagami
カガミ

……それにしても、見事なものだ。 まさか本当にやってのけるとはな。

Kagami
シエル

ファントムフィールドの解放を、ですか?

Ciel
カガミ

ああ。思っていたよりも物騒な展開になっていたし、 緊急時の準備をしてずっと気を張っていたんだが。

Kagami
カガミ

うまくいって、なによりだよ。色々なデータも取れた。 本当に、助かった。

Kagami
カガミ

さーて、あとはこちら、エンジニア側でのお仕事だ。 次の《浸入》 (ダイブ) 先が決まったら、よろしく頼むぞ。

Kagami
シエル

レイさん。 お休みになる前に、メディカルチェックを受けてください。

Ciel
シエル

私もメンテナンスを受けます。 そうしたら……。

Ciel
シエル

……ええと。すみません、なにを言おうと思ったのか、 わからなくなってしまいました。

Ciel

1: ミーティングでもしようか
2: お茶でもしようか

1:
2:

シエル

……名案です。そうしましょう。

Ciel
シエル

お茶……? はい、ご希望であれば、ご用意します。

Ciel

References